ゴールドカードのおすすめ&人気ランキング:優待&年代別の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールドカードのおすすめ&人気ランキング:優待&年代別の選び方

「次のクレカにはゴールドカードを選びたい。
と言っても、実際どのカードを選べばいいんだろう?」

「ゴールドカード」は一般カードに比べ年会費が上がる一方、特典やサービスも上乗せされるのが特徴です。
また社会的ステータスや信用を示す手段としても有効ですね。

今回は多くの「ゴールドカード」の中から、特におすすめの申込先をピックアップしまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたに合った1枚が分かります。

目次

ゴールドカードの人気&おすすめランキング

ゴールドカードの人気&おすすめランキング

それでは早速、おすすめのゴールドカード情報について見ていきましょう。

①「三井住友カード ゴールド(NL)」は年間100万円の決済で年会費無料&1万ポイント還元

三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)ETCカード券面
年会費5,500円
※年100万円利用で永年無料
ETC
年会費
年1回利用で無料
(該当しない場合、年550円)
国際
ブランド
VISA
Master card
還元率0.5~5.0%
  • お買い物好きな人に進化したゴールド
  • カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!

あなたが年間100万円ほどクレジットカードを使うのなら、チェックしておきたいのが「三井住友カード ゴールド(NL)」です。

利用合計金額に応じてもらえるVポイントは、支払い以外にも、景品交換や他社ポイントへの移行に使うことができます。

三井住友カードゴールド(NL)券面

▲▼三井住友カード ゴールド(NL)
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
(※個人賠償責任保険などに変更可)
ショッピング保険
不正利用補償
スマホ決済ApplePay
Google Pay
ゴールドカード限定特典
  • 年間利用額100万円以上なら毎年1万ポイントプレゼント
  • 国内空港ラウンジサービス
  • ゴールド会員専用ダイヤル
  • 宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」優待
  • 医師への24時間・年中無休の無料電話
一般カードと共通の特典
  • 以下のお店で「Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス」決済時、最大5%還元
     ▶マクドナルド
  •  ▶セブンイレブン
     ▶ローソン など
    ※二親等内に三井住友カードユーザーがいれば最大10%還元

  • 対象店のうち選んだ3店でポイント還元率+0.5%(詳細:公式HP
  • 三井住友カード「Vpass」アプリのインストール必須 他

こちらのカードでは年間利用額が100万円以上なら、通常5,500円の年会費が永年無料になる上、10,000円相当のポイント還元を受けられます。

このボーナスポイント特典と、一般カードと共通する「コンビニなどでの5%還元」特典により、基本還元率よりもお得に使えるカードと言えるでしょう。

CHECK三井住友カードの審査難易度は?ナンバーレスやゴールドの特徴とあわせて解説

三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)ETCカード券面
年会費5,500円
※年100万円利用で永年無料
ETC
年会費
年1回利用で無料
(該当しない場合、年550円)
国際
ブランド
VISA
Master card
還元率0.5~5.0%
  • お買い物好きな人に進化したゴールド
  • カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!

②「JCBゴールド」は最高1億円の付帯保険&よりプレミアムなカードへの招待も狙える

JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費11,000円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5~5.0%
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円(※一部利用付帯)の海外旅行保険付帯
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF

純国産クレジットカードの発行元として知られるJCBのゴールドカード「JCBゴールド」は、付帯保険や充実の会員特典が特徴です。

JCBゴールド券面

▲▼JCBゴールド
付帯保険海外旅行保険
(最高1億円)
┗乗継遅延補償などを含む
国内旅行保険
(最高5000万円)
┗乗継遅延補償などを含む
ショッピング保険
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
ゴールドカード限定特典
  • 海外空港ラウンジサービス
    ┗利用料32$/回
  • 国内空港ラウンジサービス(無料)
  • Club-Off
    ┗国内外多数のお店やサービス、宿泊施設優待
  • グルメ優待
    ┗事前予約・専用クーポン提示・JCBゴールドでの支払いで、20%OFF/全国250店舗
  • ゴルフ優待
  • ポイントの有効期限が長くなる(2年→3年)
一般カードと共通の特典
  • セブンイレブン、スターバックスなどでポイントアップ
  • ワイキキ・トロリーの乗車料無料
  • 海外決済時のポイント還元率2倍
  • JAL ABC優待サービス
    ┗手荷物配送の優待、レンタル携帯電話の優待など 他
備考
継続利用で完全招待制の
「JCBゴールド ザ・プレミア」
(年11,000円/年間決済額100万円以上の場合)
「JCBザ・クラス」
(年55,000円)
のインビテーションが届く可能性あり

トラベル関係の優待や保険が充実していることから、海外に出向く機会のある方にも相性が良いですね。

また20万以上のお店やサービスで優待を受けられる「Club-Off」の内容は、こまめにチェックしておきたいところです。

その他JCBからの「ご招待」がなければ作れないステータスカードに興味があるのなら、「JCBゴールド」がはじめの一歩となってくれそうですね。

参考:JCBオリジナルの上位カード
JCBゴールド ザ・プレミア(招待制)
JCBゴールド ザ・プレミア券面
  • 年会費16,500円
    ┗年間利用額100万円以上なら11,000円
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • JCBから「ご招待」を受けたゴールド会員のみ取得可
JCBプラチナ
JCBプラチナ券面
  • 年会費27,500円
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • 指定レストランでのグルメ優待等
JCB THE CLASS
JCB THE CLASS券面
  • 年会費55,000円
  • 海外空港ラウンジサービス
  • USJでの特別優待 他
  • JCBから「ご招待」を受けたゴールド会員以上のみ取得可
※特典は主なもののみ抜粋して記載
※基本還元率はいずれも0.4%~0.5%
JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費11,000円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5~5.0%
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円(※一部利用付帯)の海外旅行保険付帯
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF

③「JALカード CLUB-Aゴールドカード」はJALやoneworldアライアンスのユーザーに

JAL CLUB-Aゴールドカード
ETCカード券面
年会費17,600円ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料(共通)
国際
ブランド

還元率実質2%~
※マイルを航空券に交換する場合
  • JAL航空券購入時、付与マイル+25%
  • 国内線ラウンジサービス
  • その他提携ブランド(JCBまたはDCカード)のゴールド会員向けサービス

あなたがJAL、あるいはoneworldアライアンス加盟航空会社を利用するのなら、JALのゴールドカード「CLUB-Aゴールドカード」はメリットが多いです。

還元は100円につき1マイル(JAL)です。
航空券に交換した場合、1マイルは2円以上の価値を持ちます。

JAL JCB CLUB-Aゴールドカード券面

▲▼JALカード CLUB-Aゴールドカード
付帯保険海外旅行保険
国内航空保険
ショッピング保険
ゴールドカード限定特典
  • 新規入会&搭乗で5,000マイルプレゼント
  • 毎年の初回搭乗時、2,000マイルプレゼント
  • JALやワンワールドアライアンス加盟航空会社への搭乗時、フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジサービス

【JCB限定】海外空港ラウンジサービス
┗利用料32$/回
【JCB限定】Club-Off優待 他

特典(全JAL一般カード共通)
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 国内、海外パッケージツアー優待
  • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可

ボーナスマイルの獲得には年1回の搭乗が必要ということで、こちらは年に1回以上飛行機を利用する方向けですね。

特典や保険の充実したJCBと、海外でも使いやすいVISA/Mastercardのどちらを選ぶかは、目的に応じて決めると良いでしょう。

国際ブランドごとの利点
VISA
Mastercard
(三井住友カード発行)
海外での加盟店数が圧倒的に多い
JCB
(JCB発行)
  • 海外空港ラウンジサービス(有料)
    Club-Of優待
  • ハワイで各種優待あり
  • 付帯保険の充実
    ┗乗継遅延補償を含む
  • グルメ優待
  • ゴルフ優待 他
JAL CLUB-Aゴールドカード
ETCカード券面
年会費17,600円ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料(共通)
国際
ブランド

還元率実質2%~
※マイルを航空券に交換する場合
  • JAL航空券購入時、付与マイル+25%
  • 国内線ラウンジサービス
  • その他提携ブランド(JCBまたはDCカード)のゴールド会員向けサービス

④「ANA ワイドゴールドカード」は飛行機の利用機会があるなら実質2%~還元も

ANA JCB ワイド ゴールドカード

ANA JCB (STARWARSデザイン)券面

年会費15,400円ETC
年会費
年会費無料
国際
ブランド
還元率0.50%~2.00%
  • あなたの確かなステイタスを表すANA JCBカードのフラッグシップと呼べるゴールドカード。
  • 旅行傷害保険 最高1億円(海外)※一部利用付帯
    最高5,000万円(国内)
  • 空港ラウンジサービス(国内・海外)
  • ゴールド会員専用デスク

あなたがANA、あるいはスターアライアンス加盟航空会社を利用する機会があるのなら、「ANAワイドゴールドカード」も選択肢となります。

と言うのもANAのマイルは、航空会社への交換を前提とした場合、1マイル=2円相当以上の価値を持つことも珍しくないためですね。

さらにボーナスマイル特典を加味すると、使い方によっては年会費以上のリターンを得ることもできるでしょう。

ANA VISAワイドゴールドカード券面

▲▼ANAワイドゴールドカード
付帯保険
  • 海外旅行保険
  • 国内航空保険
  • ショッピング保険
追加カード
  • 家族カード
    ┗年4,400円
  • ETCカード
  • 銀聯カード
    ┗VISA、Mastercardのみ
スマホ決済ApplePay
Google Pay
ゴールドカード限定特典
  • 入会、または1年ごとのカード更新で2,000マイルプレゼント
  • ANAやスターアライアンス加盟航空会社への搭乗時、フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジサービス

【JCB限定】海外空港ラウンジサービス
┗利用料32$/回
【JCB限定】Club-Off優待 他

特典(全ANA一般カード共通)

年会費15,400円で作れるのは「VISA」「Mastercard」「JCB」の3ブランドですが、それぞれメリットが異なるため、あなたに合ったものをお選びください。
「American Express」「Diners Club」ブランドもありますが、年会費などが異なります。

ANA JCB ワイド ゴールドカード

ANA JCB (STARWARSデザイン)券面

年会費15,400円ETC
年会費
年会費無料
国際
ブランド
還元率0.50%~2.00%
  • あなたの確かなステイタスを表すANA JCBカードのフラッグシップと呼べるゴールドカード。
  • 旅行傷害保険 最高1億円(海外)※一部利用付帯
    最高5,000万円(国内)
  • 空港ラウンジサービス(国内・海外)
  • ゴールド会員専用デスク

★年会費や審査難易度は上がるものの、海外空港ラウンジを無料で使えるANA提携のダイナースクラブカード(ANAダイナースカード)も有力な選択肢です。

CHECK「ダイナースクラブ・カード」は審査難易度の高さ&ステータス性だけでなく優待も充実

⑤「dカード GOLD」はdocomo関連の料金支払いで10%還元

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント

あなたが「docomo」ユーザーなら、「dカードGOLD」で多くのポイント還元を受けられる可能性があります。

このカードの特徴は、docomoの携帯料金や「ドコモ光」の料金に対し、約10%の還元を受けられることにあります。

dカードゴールド券面
券面

▲▼dカードGOLD
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カード
  • 家族カード(1枚目無料)
    ┗2枚目以降は年1,100円/枚
  • ETCカード
    ┗初年度または年1回以上の利用で無料
    ┗該当しない場合は年550円
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など

また10%還元の他にも、docomoで購入した携帯電話の破損などを3年間、10万円まで補償してくれる「dカードケータイ補償」サービスも特徴ですね。

特に「家族の分までdocomoの携帯料金を支払っている」といった方にとっては、非常にコストパフォーマンスの良い一枚です。

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント

⑥auユーザー&QRコード支払い派は「au PAY ゴールドカード」の特典に注目

au PAY カード ゴールド
年会費11,000円
(税込)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1%
  • au PAY マーケットクーポンを進呈
  • 通信料金のお支払いでポイントがたまる
  • 一流ホテル・旅館優待サービス

あなたがauユーザー、もしくはコード支払いアプリ「au PAY」を利用できるのなら、特典を活用しやすいのが「au PAY ゴールドカード」です。

こちらのカードがあれば、auの携帯料金や「auひかり」「auでんき」等の料金の約11%のポイント還元を受けられます。

このカードと「au PAY」との併用で合計2.5%の還元を受けられるのもポイントですね。

au PAY ゴールドカード券面

▲▼au PAYゴールドカード
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カード
  • 家族カード(1枚目無料)
    ┗2枚目以降は年2,200円/枚
  • ETCカード(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など
  • 毎月のau携帯電話利用料、auひかりの10%(税抜)を還元
    ┗通常ポイント還元と合わせ、約11%還元
  • au PAYとの併用で2.5%還元
  • 「auでんき」「都市ガス for au」にて3%還元
  • 「au PAY マーケット」で最大9%還元
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 「Relux」優待 他

ちなみにau PAYは、コンビニやドラッグストアなど、多くのお店で利用可能です。

CHECKau PAY公式HP「au PAYの使えるお店」

au PAY カード ゴールド
年会費11,000円
(税込)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1%
  • au PAY マーケットクーポンを進呈
  • 通信料金のお支払いでポイントがたまる
  • 一流ホテル・旅館優待サービス

⑦「ビューゴールドプラスカード」はJR東日本グループの特典に加えボーナスポイントも



あなたがJR東日本をよく利用するのなら、「ビューゴールドプラスカード」も選択肢に入ります。

ビューカードゴールドプラス券面

▲▼ビューゴールドプラスカード
年会費11,000円
国際ブランドJCB
還元仕様0.5%
┗JREポイント
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カードETCカード(無料)
家族カード(1枚目無料)
└2枚目は3,300円
スマホ決済ApplePay
その他特典など
☆:一般カードに無い、または一般カードより上位の特典
ビューカード会員向け・各種還元率
ゴールド一般
「えきねっと」でJRの切符予約8%3%
グリーン券購入
(モバイルSuica)
8%3%
定期券購入
(モバイルSuica)
4%3%
各種切符など購入
(モバイルSuica以外)
1.0%0.5%
Suica(オート)チャージ1.5%

このカードの還元率は0.5%と特別高くはありませんが、特筆すべきはボーナスポイント(ビューゴールドボーナス)特典ですね。

年間のご利用額累計が100万円以上なら10,000円相当、さらに最大で12,000円の追加ポイントがもらえるということで、実質的な還元率が1%を超えることも珍しくはないでしょう。

また「えきねっと」で切符を購入した場合の8%還元や、ゴールドカード限定の「ビューカード」会員特典(Suicaチャージ時のポイントアップを含む)も見逃せません。

ちなみにカードの利用により貯めたJREポイントは、「Suica」のチャージやJREポイント加盟店(アトレなど)で利用可能です。

⑧「楽天プレミアムカード」は海外空港ラウンジを最も安い年会費で無料利用できる

楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
年会費11,000円ETC
年会費
年会費、発行手数料ともに無料
国際
ブランド
還元率1.0%
  • 楽天市場のお買い物がポイント5倍
  • 国内・海外の空港ラウンジ無料
  • ◎家族カード有り

年会費11,000円の「楽天プレミアムカード」は、海外空港ラウンジを無料で使えるカードの中では年会費が安いのが特徴です。

楽天プレミアム券面

▲▼楽天プレミアムカード
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カードETCカード(無料)
家族カード(年550円)
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
その他特典など
  • プライオリティ・パス「プレステージ」会員資格付帯(=海外空港ラウンジ無料)
    ┗要個別申し込み
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 楽天市場で還元率+4%
    (通常還元と合わせて5%)
  • お誕生月は楽天市場で還元率+1%
  • 以下の3コースより選択特典
    • トラベルコース
        ┗国際線利用時の手荷物配送無料(年2回のみ)
    •   ┗楽天トラベルで還元率+1%

    • 楽天市場コース
        ┗火曜、木曜は楽天市場で還元率+1%
    • エンタメコース
        ┗Rakuten TV還元率+1%
    •   ┗楽天ブックス還元率+1%

  • 「楽天ビジネスカード(年2,200円)」との同時申し込み可

楽天プレミアムカードの特典は3種類から選択できるのですが、中でも「トラベルコース」における国際線利用時の「手荷物宅配サービス」は、海外空港ラウンジサービスとも相性が良いですね。

基本還元率も1%と高めなので、メインカードとしてもサブカードとしても使いやすい1枚と言えます。

楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
年会費11,000円ETC
年会費
年会費、発行手数料ともに無料
国際
ブランド
還元率1.0%
  • 楽天市場のお買い物がポイント5倍
  • 国内・海外の空港ラウンジ無料
  • ◎家族カード有り

⑨「MICARD+ GOLD CARD」は三越などの百貨店で最大ポイント10%

エムアイカード プラス ゴールド
年会費11,000円(税込)
初年度無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 三越伊勢丹グループ百貨店でのお買物で最大10%ポイントが貯まる!
  • エムアイポイントがお得にどんどん貯まる「エムアイポイントワールド」

「MICARD+ GOLD CARD」は、三越伊勢丹グループの百貨店で優待を受けられるクレジットカードです。

エムアイカードプラスゴールド券面

▲▼MICARD+ GOLD CARD
年会費11,000円(税込)
国際ブランドVISA
American Express
基本ポイント仕様1%
┗エムアイポイント
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カードETCカード(無料)
家族カード(年2,20円)
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
その他特典など
  • 毎年、三越伊勢丹グループで使える4,200円分のクーポンが届く
  • 三越伊勢丹グループで、還元率8%~10%
    ┗百貨店での年間お買い上げ額により変動
  • 一休.comのポイント優待
  • 一休プレミアサービスの「プラチナ会員」を最大1年間利用可
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 国際線利用時の手荷物配送無料
    ┗American Expressのみ、往路のみ
  • ┗帰路、またはVISA選択時は15%オフ

  • 海外での決済時、ポイントアップ
    ┗American Expressは2%、VISAは1.5%

三越伊勢丹グループにて、毎年4,200円分のクーポンプレゼント+最低でも8%のポイント還元を受けられるということで、これらの百貨店を利用する機会があるのならメリットは大きいでしょう。

ちなみにこのカードは三越伊勢丹グループのカードカウンターを利用することで、即日発行も可能です。

★食料品やレストランは、8%〜10%還元の対象外となります。

エムアイカード プラス ゴールド
年会費11,000円(税込)
初年度無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 三越伊勢丹グループ百貨店でのお買物で最大10%ポイントが貯まる!
  • エムアイポイントがお得にどんどん貯まる「エムアイポイントワールド」

⑩「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は年会費こそ高いがステータスカードの大定番

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメックスETCカード券面
年会費29,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.3%前後
※ANAマイルへの交換ならマイル還元率0.5%
  • ゴールド・カードならではの多彩なサービス
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート

ステータス性の高いゴールドカードの代表的存在と言えるのは、やはり「アメリカン・エキスプレス」のものでしょう。

アメックス・ビジネス券面

▲▼アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
付帯保険☆海外旅行保険
☆国内旅行保険
┗乗継遅延補償等付き
☆ショッピング保険
☆キャンセル保険
☆スマートフォン保険
☆返品保険
(詳細:公式PDF
追加カード家族カード
┗1枚無料、2枚目以降13,200円
ETCカード
┗手数料935円
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など
☆:グリーンカードに無い、または上位互換にあたる特典

年会費は3万円を超えますが、毎年のカード継続のたびに合計18,000円分のクーポンをもらえるため、実質的な負担額はより軽くなるでしょう。

ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」は、支払い100円につき1ポイント(0.3円相当)がたまります。
また、「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間3,300円)への加入で、特定加盟店での利用時に100円につき2ポイントのボーナスがつきます。

特典はトラベル関係が中心となっていますが、プレミアムカードらしいレストラン優待などはチェックしておいて損はないでしょう。

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメックスETCカード券面
年会費29,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.3%前後
※ANAマイルへの交換ならマイル還元率0.5%
  • ゴールド・カードならではの多彩なサービス
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート

⑪「ダイナースクラブ・カード」は審査難易度の高さ&ステータス性だけでなく優待も充実

ダイナースクラブカード
年会費24,200円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料
国際
ブランド
Diners Club還元率0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
  • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
  • 帰国時の手荷物一個配送無料
  • その他ゴルフ、エンタメ優待など

審査難易度の高さでも知られるステータスカードが「ダイナースクラブ・カード」です。

こちらのカードの最大の特徴は、「限度額に制限がない」ことでしょう。
承認さえ下りれば、どれだけ高い買い物でもこのカードで済ませられます
(あまりに高額な決済の前には事前連絡が推奨されていますが)

ダイナースクラブカード券面

▲▼ダイナースクラブカード
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
┗年500万円
追加カード家族カード
┗年5,500円
ETCカード
┗年会費、発行手数料無料
コンパニオンカード(後述)
電子マネーApplePay
その他特典等(ダイナースクラブ共通)
その他特典等(コンパニオンカード)
非提携のダイナースクラブカードに限り「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が無料付帯
┗通常年会費3,300円

  • 還元率0.5%相当
  • MastercardブランドなのでDinersが使えないお店でも幅広く利用可
  • レストラン優待
    ┗所定コースで1名分無料、ダイナースとは一部内容が異なる

※ANAダイナース等、提携カードは対象外

その他備考
JCBとの提携により、国内のJCB加盟店で利用可(ただし一部例外あり)

「ダイナースクラブ リワードプログラム」は100円につき1ポイントが貯まります。
ETCカードは200円につき1ポイントです。
ポイントをTポイントに移行する場合、実質還元率は0.4%になります。

ダイナースクラブカード
年会費24,200円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料
国際
ブランド
Diners Club還元率0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
  • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
  • 帰国時の手荷物一個配送無料
  • その他ゴルフ、エンタメ優待など

ダイナースカードには優秀な提携カードも多いため、航空会社のマイルを貯めたいという場合にはそちらをチェックしてみるのも良いですね。

主な提携ダイナースクラブカード
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード券面
  • 年会費29,700円
  • マイル還元率1%(ANA)
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • その他ANAや空港関連の優待あり
JALダイナースカード
JALダイナースカード券面
  • 年会費30,800円
  • マイル還元率1%(JAL)
  • 入会特典5,000マイルプレゼント
  • 継続特典毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • その他JALや空港関連の優待あり
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード券面
  • 年会費30,800円
  • マイル還元率1.5%(スカイマイル)
    ┗飛行機関連以外のサービスには利用しづらい
  • 入会特典10,000マイルプレゼント
  • 継続特典毎年3,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
MileagePlus ダイナースクラブカード
MileagePlus ダイナース券面
  • 年会費30,800円
  • マイル還元率1%(マイレージプラス)
  • 入会特典5,000マイルプレゼント(条件あり)
  • 継続特典毎年2,000マイルプレゼント(条件あり)
MileagePlus ダイナースクラブファーストカード
MileagePlus ダイナースクラブファーストカード券面
  • 年会費47,300円
  • マイル還元率1.5%(マイレージプラス)
  • 入会特典10,000マイルプレゼント(条件あり)
  • 継続特典毎年3,000マイルプレゼント(条件あり)
※グルメ、トラベル関連他、ダイナースクラブ特典は共通
※その他「ニューオータニクラブ」「BMW」提携カード、「銀座ダイナースクラブ」カードあり

ゴールドカードの選び方:メリット・優待別のおすすめゴールドカード

ゴールドカードの選び方:メリット・優待別のおすすめゴールドカード

ここからは、メリットや特典ごとに選ぶおすすめのゴールドカードについて触れさせていただきます。

①国内空港ラウンジサービスを安く使えるゴールドカード

まずは日本国内の空港ラウンジサービスを無料で使えるクレジットカードのうち、年会費の安いものを順に紹介させて頂きましょう。

安い年会費で国内空港ラウンジを使えるクレジットカード
MUFGカードゴールド
MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス®・カード券面
  • 年2,095円
  • 還元率0.4%
  • 三菱UFJグループ優待
  • 国内渡航便遅延保険
  • 空港ラウンジ
    対象空港は7つのみ
MUFGカードゴールド
楽天ゴールド券面
  • 年2,200円
  • 還元率1.0%
  • 楽天市場で還元率+2%
  • 楽天ポイントカード
  • 国内ラウンジは年2回のみ無料
TRUST CLUBプラチナマスターカード
TRUST CLUBプラチナマスターカード券面
  • 年3,300円
  • 還元率0.5%
  • └ポイント有効期限なし

  • 指定レストランコース料理1名無料等のグルメ優待
  • 国内空港ラウンジ
  • 手荷物配送優待
ミライノカードGOLD
ミライノカードゴールド券面
  • 年3,300円
  • └年100万円決済で翌年無料

  • 還元率1.0%
  • 国内空港ラウンジ
  • 手荷物配送15%オフ
  • 住信SBIネット銀行優待
NTTグループカードゴールド
NTTグループカードゴールド券面
ジャックスカードゴールド
券面
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)券面
  • 年5,500円
  • └年100万円の決済で翌年以降永年無料

  • 還元率0.5%~
  • 大手コンビニでタッチ決済時、還元率5%
  • 手荷物配送優待
  • 国内空港ラウンジ
※招待制のものは除外

年会費が3,300円未満で空港ラウンジを使えるクレジットカードは、利用できる場所や回数に制限があるためご注意ください。

また上記のカードの場合、同伴者が空港ラウンジを利用する際には1,100円ほどの入場料が発生します。

申込先については使いたいラウンジの場所や利用頻度、その他の特典の利用機会があるか等に応じて選べると良いですね。

★国内空港ラウンジサービス特典のあるクレジットカードを持っていなくても、各カードラウンジは1,100円/人ほどで利用可能です。

②海外空港ラウンジサービス(プライオリティ・パス)を安く使えるゴールドカード

海外空港ラウンジサービスを無料で使えるクレジットカードは、最低でも1万1000円の年会費が必要となります。

海外空港を無料で使えるクレジットカードの例
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
  • 年11,000円
  • 還元率1.0%
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express
  • 楽天ポイントカード機能
  • 楽天市場で還元率+3%~
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
  • ┗プライオリティ・パスのプレステージ会員資格

  • 手荷物配送年2回無料
    ┗「トラベルコース」選択時
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
  • ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生

  • 最高1億円の付帯保険+航空機遅延補償
JCBゴールド ザ・プレミア(招待制)
JCBゴールド ザ・プレミア券面
  • 年会費16,500円
  • ┗年間利用額100万円以上なら11,000円

  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • JCBから「ご招待」を受けたゴールド会員のみ取得可
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード券面
  • 年会費29,700円
  • マイル還元率1%(ANA)
  • ┗実質2%相当~

  • Diners Club
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗ダイナース独自のもの
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • ダイナースクラブ共通優待
    ┗グルメ優待、トラベル優待他
参考:セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメックス券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率2.25%~
  • ┗SAISON MILE CLUB加入時

  • American Express
参考:ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率1.5%~2.0%
  • ┗前年度の決済額によって変動

  • Mastercard
  • コンシェルジュサービス
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ
  • 年6回まで無料/Lounge key

  • 年間利用額に応じたボーナスポイント
  • ┗最大1万円相当

  • 国際線利用時の手荷物配送無料
  • (往路・帰路2つずつ)

  • グルメ、宿泊優待他

申込先はラウンジを使う頻度や国際ブランドの他、「海外空港ラウンジサービスのみを目的とするか、その他の特典や還元率を重視するか」に応じて選ぶと良いでしょう。

また海外の、あまりメジャーでない地方空港を利用する可能性があるのなら、各空港ラウンジサービスで使える空港の違いもチェックしておいた方が良いかもしれません。

★同伴者が海外空港ラウンジを利用する場合には、32$ほどの入場料が必要となります。

★各国の国際空港を使う分であれば、どのサービス(プライオリティ・パス、Lounge key、ダイナース)を使っても空港ラウンジを利用出来るだろうと思います。

③決済額が多い方(家族カード含む)におすすめの、高還元ゴールドカード

毎月の決済額が高い方におすすめの、主な高還元カードは以下の通りです。

毎月の決済額が多い方におすすめのゴールドカード
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)券面
  • 年会費5,500円
  • ┗年間100万円のご利用で翌年以降の年会費無料

  • 基本還元率0.5%
    ┗Vポイント
無料カードの優待に加え、

  • 年間100万円のご利用で毎年10,000ポイントプレゼント
  • 各保険の充実
  • 国内空港ラウンジサービス 他
au PAYゴールドカード
au PAY ゴールドカード券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1%
  • ┗Pontaポイント

  • Mastercard
  • au料金(携帯電話、auひかり)最大11%還元
  • au PAY併用で還元率2.5%
  • 国内空港ラウンジ(無料) 他
ANAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
  • (VISA、Mastercard、JCBの場合)

  • マイル還元率1%(ANA)
  • ┗実質2%相当~

  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • その他カード発行元ごとの優待あり
JAL CLUB-Aゴールドカード
JALカード CLUB-Aゴールド券面
  • 年会費17,600円
  • (VISA、Mastercard、JCBの場合)

  • マイル還元率1%(JAL)
  • ┗実質2%相当~

  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
  • 入会+初回搭乗で5,000マイルプレゼント
  • 継続+初回搭乗で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • その他JALや空港関連の優待あり
  • その他カード発行元ごとの優待あり

実質還元率という意味で言うと、やはり航空会社の提携カードが強いですね。

プラチナカードを含む、高還元クレジットカード情報については以下のページも参考にしてみてください。

ポイント高還元率クレジットカードランキング!年会費無料の最強おすすめカードも紹介
2022.10.03

④実は無料で作れるゴールドカード

ごく限定的な条件ではあるものの、無料で作れるゴールドカードも存在します。

該当するのは以下の3つのカードですね。

無料で作れるゴールドカード
イオンゴールドカード(招待制)
イオンゴールドカード券面
  • 年会費無料
  • 基本還元率0.5%
  • ┗WAON POINT

  • VISA、Mastercard、JCB
  • 「イオンカード(WAON一体型)」などを年間50万円以上利用した場合に無料で発行可能
  • すべてのイオンカードが対象ではないため注意

  • 「毎月20日、30日はイオングループ5%オフ」などのイオンカードの各優待に加え、以下の特典が追加
    • 国内空港ラウンジサービス
    • 国内、海外旅行保険
    • 「イオンラウンジ」を利用できる
セブンカード・プラス(ゴールド)
券面
  • 年会費無料
  • 還元率0.5%
  • nanacoポイント
  • VISA、JCB
  • 「日頃から特にセブンカード・プラスをご愛顧いただいている」会員に対し発行
  • nanacoオートチャージなど、セブンカード・プラスの各機能に以下の特典が追加
    • ショッピング保険

※空港ラウンジ利用不可

エポスゴールドカード
  • 年会費5,500円
  • ┗ただしエポスカードからの案内があれば永年無料

  • 還元率0.5%
  • ┗エポスポイント

  • VISA
  • インビテーションなしでも申し込めるが、無料エポスカード会員がカード会社の案内を受けた場合、年会費は永年無料
  • ┗年50万円以上このカードを利用した場合も翌年以降無料

  • 年間利用額に応じたボーナスポイント付与
    ┗50万円以上100万円未満
     …2,500ポイント
    ┗100万円以上
     …10,000ポイント

  • マルイの通販でポイント2倍(1%)
  • マルイの通販で不定期にポイント10%還元(ポイントプレゼント5DAYS)
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」でマルイ10%オフ
  • 国内空港ラウンジサービス 他

無料で作れるゴールドカードは、基本的にインビテーション制(招待制)ですね。

この中に普段から利用しているカードがあり、ゴールドカード独自のメリットに魅力を感じているのなら、招待を狙って一般カードを重用し、利用実績を積むのも良いかと思います。

⑤海外旅行&出張におすすめな、付帯保険の充実したゴールドカード

安心の海外旅行や出張のためにおすすめな、付帯保険が充実したゴールドカードは以下の通りです。

付帯保険が優れたゴールドカード
ジャックスカードゴールド
券面
  • 年会費5,500円
  • ┗初年度無料

  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 最高3000万円の海外旅行保険(家族特約あり)
  • ┗この年会費帯では珍しく、乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む

  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 17万以上のお店やサービスで優待を受けられるJ’sコンシェル優待
  • グルメ優待 他
dカードGOLD
券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1.0%
  • ┗dポイント

  • VISA、Mastercard
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
  • ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む

  • dポイントカード機能付帯
  • 電子マネー「iD」付帯
  • ドコモの携帯料金/ドコモ光の支払いで最大10%還元(税抜)
  • 「d払い」との併用で合計還元率1.5%
  • dカードケータイ補償(3年間で10万円まで)
  • 国内空港ラウンジサービス 他
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
  • ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む

  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
  • ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生

  • 20万以上のお店やサービスで優待を受けられるClub-Off優待
  • グルメ優待 他

※利用実績を積み、「JCBゴールドプレミア」(海外空港ラウンジ無料)への招待を受けられる可能性あり

ANAワイドゴールドカード(JCB)
ANA VISAワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
  • マイル還元率1%(ANA)
  • ┗実質2%相当~

  • JCB
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • その他カード発行元ごとの優待あり
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
  • ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生

  • Club-Off優待
  • グルメ優待 他

海外に行く機会があるのなら、付帯保険の充実を申し込みの理由にするのも良いでしょう。

特に乗り継ぎ便を利用する機会が多い方ならば、「乗継遅延保障」「手荷物遅延保障」などが付いているカードを選べると安心ですね。

⑥海外旅行&出張におすすめな、手荷物無料宅配サービスを使えるクレジットカード

海外旅行・出張関連ということで「国際線利用時の、手荷物無料宅配サービス」を利用できるゴールドカード(またはゴールドカード相当カード)もいくつか紹介します。

手荷物無料宅配サービス付きのクレジットカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
  • 年11,000円
  • 還元率1.0%
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express
  • 手荷物配送は年2回無料
    ┗「トラベルコース」選択時
  • 楽天ポイントカード機能
  • 楽天市場で還元率+3%~
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
    ┗プライオリティ・パスのプレステージ会員資格
TRUST CLUBワールドカード
TRUST CLUB ワールドカード券面
  • 年13,200円
  • 実質還元率0.75%
  • Mastercard
  • 手荷物配送は往路、帰路ともに2個ずつ無料
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
    ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生
  • グルメ優待 他
アメリカン・エキスプレス・カード
アメックス・グリーン券面
  • 年13,200円
  • 還元率0.3%
  • ┗メンバーズ・リワード・プラス(年3,300円)加入で3倍

  • American Express
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックス・ゴールド券面
  • 年31,900円
  • 還元率0.3%
  • ┗メンバーズ・リワード・プラス(年3,300円)加入で3倍

  • American Express
  • 国際線利用時の手荷物配送無料
    ┗往路、帰路1個ずつ
  • 国内空港ラウンジサービス
    ┗同伴者1名も無料
  • 海外空港ラウンジサービス(年2回まで無料)
  • 毎年の継続特典として
    • 国内対象ホテルで2泊以上のご予約の際に使える15,000円クーポンをプレゼント
    • スターバックスドリンクチケット3000円分プレゼント

参考:ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率1.5%~2.0%
  • ┗前年度の決済額によって変動

  • Mastercard
  • コンシェルジュサービス
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ
  • 年6回まで無料/Lounge key

  • 年間利用額に応じたボーナスポイント
  • ┗最大1万円相当

  • 国際線利用時の手荷物配送無料
  • (往路・帰路2つずつ)

  • グルメ、宿泊優待他

基本的に申込先は、予算や「無料配送」の個数や回数、その他の特典に応じて選ぶと良いでしょう。

またこの他にも手荷物宅配についての優待を設けているカードは多いものの、「無料で配達するのは帰路だけ」「無料ではなく割引のみ」といった場合も多いためご注意ください。

⑦優秀なプラチナカード等のインビテーションを狙えるゴールドカード

プラチナカードをはじめとする、上位カードへのアップグレードを狙えるゴールドカードは、主に以下の通りです。

招待制カードへのインビテーションなどを狙えるゴールドカード
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
▶利用実績を積み、「JCBゴールドプレミア」(海外空港ラウンジ無料)への招待を受けられる可能性あり
▶利用実績を積み、「JCBザ・クラス」への招待を受けられる可能性あり
┗国内トップクラスのステータスカード

  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生
  • 20万以上のお店やサービスで優待を受けられるClub-Off優待
  • グルメ優待 他
エポスゴールドカード
  • 年会費5,500円
  • ┗ただしエポスカードからの案内があれば永年無料

  • 還元率0.5%
  • ┗エポスポイント

  • VISA

▶エポスカードから案内があれば、「エポスプラチナカード」の年会費優待
┗年3.3万円→年2.2万円

  • 年間利用額に応じたボーナスポイント付与
    ┗50万円以上100万円未満
     …2,500ポイント
    ┗100万円以上
     …10,000ポイント
  • マルイの通販でポイント2倍(1%)
  • マルイの通販で不定期にポイント10%還元(ポイントプレゼント5DAYS)
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」でマルイ10%オフ
  • 国内空港ラウンジサービス 他
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード券面
  • 年会費29,700円
  • マイル還元率1%(JAL)
  • ┗実質2%相当~

  • Diners Club
▶継続利用で完全招待制&トップクラスのステータス性と還元率を持つ「ANAダイナース プレミアムカード」の招待を受けられる可能性あり
┗ただし年会費は170,500円

  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗ダイナース独自のもの
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • ダイナースクラブ共通優待
    ┗グルメ優待、トラベル優待他

ここでは「ご招待が必要なクレジットカード」または「招待により優待を受けられるクレジットカード」に繋がるカードを紹介しました。

ただしここに乗っていないカードでも、ゴールドカードで利用実績を積むことが、プラチナカード等へのアップグレードに繋がることは多いでしょう。

年代別のおすすめゴールドカード

年代別のおすすめゴールドカード

ここからは、年代別のおすすめゴールドカードについて触れさせていただきます。

①20代におすすめの、年会費5,500円以下のゴールドカード

20代の方でも利用しやすい、年会費5,500円以下かつ年齢制限が厳しくないゴールドカードは主に以下の通りです。

年会費5,500円以下の主なゴールドカード
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)券面
  • 年会費5,500円
    ┗年間100万円のご利用で翌年以降の年会費無料
  • 基本還元率0.5%
    ┗Vポイント
無料カードの優待に加え、

  • 年間100万円のご利用で毎年10,000ポイントプレゼント
  • 各保険の充実
  • 国内空港ラウンジサービス 他
エポスゴールドカード
  • 年会費5,500円
    ┗ただしエポスカードからの案内があれば永年無料
  • 還元率0.5%
    ┗エポスポイント
  • VISA
  • 年間利用額に応じたボーナスポイント付与
    ┗50万円以上100万円未満
  •  …2,500ポイント
    ┗100万円以上
     …10,000ポイント

  • マルイの通販でポイント2倍(1%)
  • マルイの通販で不定期にポイント10%還元(ポイントプレゼント5DAYS)
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」でマルイ10%オフ
  • 国内空港ラウンジサービス 他
ミライノカードGOLD
ミライノカードゴールド券面
  • 年3,300円
    └年100万円決済で翌年無料
  • 還元率1.0%
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 手荷物配送優待
  • 住信SBIネット銀行優待
NTTグループカードゴールド
NTTグループカードゴールド券面
ジャックスカードゴールド
券面
  • 年5,500円
  • 還元率0.5%~
    ┗年間決済額により変動

年間利用額によってボーナスポイントがもらえたり、還元率が変わるカードも多いため、このあたりも申込先を選ぶ上での基準にできると良いですね。

②30代におすすめの、バランスの良いゴールドカード

年会費が1万円台のゴールドカードは機能性に優れているものも多く、バランス重視の30代の方におすすめだと言えるでしょう。

30代の方におすすめのゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
  • 年11,000円
  • 還元率1.0%
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express
  • 楽天ポイントカード機能
  • 楽天市場で還元率+3%~
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
    ┗プライオリティ・パスのプレステージ会員資格
  • 手荷物配送は年2回無料
    ┗「トラベルコース」選択時

▶コスパ重視の方、特に海外に行く機会のある方におすすめ

dカードGOLD
券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1.0%
    ┗dポイント
  • VISA、Mastercard
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • dポイントカード機能付帯
  • 電子マネー「iD」付帯
  • ドコモの携帯料金/ドコモ光の支払いで最大10%還元(税抜)
  • 「d払い」との併用で合計還元率1.5%
  • dカードケータイ補償(3年間で10万円まで)
  • 国内空港ラウンジサービス 他

▶コスパ重視のdocomoユーザーにおすすめ

JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生
  • 20万以上のお店やサービスで優待を受けられるClub-Off優待
  • グルメ優待 他

▶利用実績を積み、「JCBゴールドプレミア」(海外空港ラウンジ無料)への招待を受けられる可能性あり
▶利用実績を積み、「JCBザ・クラス」への招待を受けられる可能性あり
┗国内トップクラスのステータスカード

▶「JCB発行」に魅力を感じる方、将来的にステータスカードを手に入れたい方におすすめ

アメリカン・エキスプレス・カード
アメックス・グリーン券面
  • 年13,200円
  • 還元率0.3%
    ┗メンバーズ・リワード・プラス(年3,300円)加入で3倍
  • American Express

▶ステータス性重視の方におすすめ

ANAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
    (VISA、Mastercard、JCB)
  • マイル還元率1%(ANA)
    ┗実質2%相当~
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • その他カード発行元ごとの優待あり

▶ステータス性&高還元を重視したい方におすすめ

申込先は還元率やトラベル特典、カードのアップグレードを希望するかなどによって選択できると良いですね。

③40代・50代以上におすすめの、ステータス性も優秀も高いゴールドカード

40代、50代以上の方におすすめの、ステータス性・機能性ともに優れるクレジットカードは以下の通りです。

40代以上の方におすすめのゴールドカード
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生
  • 20万以上のお店やサービスで優待を受けられるClub-Off優待
  • グルメ優待 他

▶利用実績を積み、「JCBゴールドプレミア」(海外空港ラウンジ無料)への招待を受けられる可能性あり
▶利用実績を積み、「JCBザ・クラス」への招待を受けられる可能性あり
┗国内トップクラスのステータスカード

アメリカン・エキスプレス・カード
アメックス・グリーン券面
  • 年13,200円
  • 還元率0.3%
    ┗メンバーズ・リワード・プラス(年3,300円)加入で3倍
  • American Express
ANAワイドゴールドカード
ANA JCBワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
    (VISA、Mastercard、JCB)
  • マイル還元率1%(ANA)
    ┗実質2%相当~
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード券面
  • 年会費29,700円
  • マイル還元率1%(JAL)
    ┗実質2%相当~
  • Diners Club
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗ダイナース独自のもの
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • ダイナースクラブ共通優待
    ┗グルメ優待、トラベル優待他

※審査難易度は高い

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックス・ゴールド券面
  • 年31,900円
  • 還元率0.3%
    ┗メンバーズ・リワード・プラス(年3,300円)加入で3倍
  • American Express
  • 国際線利用時の手荷物配送無料
    ┗往路、帰路1個ずつ
  • 国内空港ラウンジサービス
    ┗同伴者1名も無料
  • 海外空港ラウンジサービス(年2回まで無料)
  • 毎年の継続特典として
    • 国内対象ホテルで2泊以上のご予約の際に使える15,000円クーポンをプレゼント
    • スターバックスドリンクチケット3000円分プレゼント

あなたが安定した収入を得ているのなら、審査難易度の高さやステータス性で知られるクレジットカードを選んでみるのも良いですね。

ゴールドカードとは?そのメリットは「ステータス性」だけじゃない!

ゴールドカードとは?そのメリットは「ステータス性」だけじゃない!

ここからは参考情報として、「ゴールドカードを選ぶメリット」について触れさせていただきます。

①一般的には「年会費が上がる代わりに、優待やサービスがアップする」カード

クレジットカード会社は「一般」「ゴールド」「プラチナ」といったように、カードにグレードを設けていることが多々あります。

そして言うまでもなく、ゴールドカードは「一般のクレジットカードより上のグレード」に当たるわけですね。

グレードが上がることで、基本的には審査難易度と年会費がアップする代わりに特典や付帯保険の内容が向上します。

「ゴールドカードならではの特典」に年会費相応の価値を感じたなら、ゴールドカードを選ぶ意味は十分だと言えるでしょう。

またもちろん、一般カードより審査難易度が高いカードを持っていることは、安定した収入や社会的な地位の証明にもなります。

このステータス性も、ゴールドカードのメリットの一つですね。

3グレードのJCBカードの比較
JCB一般カード
JCBオリジナル券面
  • 年会費1,375円
    ┗初年度、または年50万円以上の利用+Web明細で翌年も無料
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • セブンイレブン、スターバックスなどでポイント優待 他
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
一般カードの特典に加え、

  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生
  • 20万以上のお店やサービスで優待を受けられるClub-Off優待
  • グルメ優待 他
JCBプラチナ
JCBプラチナ券面
  • 年会費27,500円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
ゴールドカードの特典に加え、

  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • 指定レストランでのグルメ優待 他

★上の例を見ても分かる通り、カードのグレードが上がったからと言って基本還元率が上がるとは限りません
むしろポイントシステム自体は据え置きのことの方が多いです。

②特典や付帯保険によって、年会費以上のリターンを得られることは珍しくない

選ぶカードにもよりますが、あなたがゴールドカードの利点を活かしきれたなら、結果的に一般カードよりもお得となることは珍しくありません。

特に分かりやすいのは、海外で病気やけがをしてしまった時の医療費の補償(海外旅行保険)や、本来4,000円以上かかることも珍しくない空港への手荷物無料宅配特典などでしょうか。

また一部のゴールドカードは「指定レストランでコース料理を複数名で注文したとき、1名分が無料」になるような特典を設けています。

場合によってはこの特典だけで年会費の元を取ることもできるでしょう。

③一般カードより利用限度額が高く、大きな買い物にも使えることが多い

ゴールドカードの審査難易度は、一般カードよりも高く設定されています。

つまりゴールドカードは支払い能力が高い人に発行されるカードということで、利用限度額(利用可能枠)も一般カードより高く設定されていることが多いですね。

一般カードでは大きな買い物や旅行などに対応できないことがあったとしても、ゴールドカードであればその心配を解消できることでしょう。

三井住友カードの利用可能枠
三井住友カードNL
(一般)
最大100万円
三井住友カードNL
(ゴールド)
最大200万円
参考:プラチナカード原則300万円~

★ちなみにクレジットカードの利用可能枠は、決済〜引き落としまでにタイムラグが生じる仕様上、「2ヶ月分」の利用上限と考えておくことをおすすめします。

④空港ラウンジサービスなどの優待には「無料でご利用」以上のメリットも

ゴールドカードの定番の特典の一つとして挙げられるのが「国内空港ラウンジサービス」です。

この特典により利用できるのは、一般にカードラウンジと呼ばれる最も一般的な空港ラウンジですね。

わたしも何度かこのラウンジを利用したことがありますが、wi-fiやテーブル・デスクの設備により特にパソコン等でできる作業を抱えている方にメリットが大きいです。

▲羽田空港公式HPより、実際のラウンジのイメージ
空港での空き時間を作業に充てられるということに、「通常1,100円程度の入場料を無料にできる」という実利以上のメリットを見いだせる方は少なくないでしょう。

もちろんラウンジを、リラックス目的で利用しても構いません。

例:福岡空港ノースラウンジのサービス

  • 缶ビールまたはドリンクバーを無料で選択可
  • 電源とwi-fiを自由に使える広いスペース
    ┗隣の席との仕切りがあるスペースも
  • ラウンジ専用トイレ

※出発前だけでなく、到着後も利用可
※LCCでも利用可

また一部のゴールドカードは、海外空港ラウンジサービスを利用可能となっています。

こちらは国内ラウンジよりもさらに充実した軽食ビュッフェなどのサービスが設けられていることも多いため、国際線の乗り継ぎを行う場合などにはメリットが大きいですね。

例:イスタンブール空港IGAラウンジのサービス

  • wi-fiを4時間自由に使える広いスペース
    ┗ラウンジ外のフリーwi-fiは1時間限定
  • (その後は課金制)

  • 軽食ビュッフェサービス
  • 無料のバーサービス
  • ラウンジ専用トイレ
  • ラウンジ専用シャワー

⑤ゴールドカードを「やめた」理由の多くは「特典を上手く使えなかったから」か 

メリットが多いゴールドカードですが、確かに「年会費相当の価値を見出せず、途中で解約・ダウングレードしてしまう」方はいらっしゃいます。

その理由の多くは、ゴールドカードならではの特典を活用できなかったことにあるでしょう。

例えばトラベル特典が充実しているゴールドカードなら、「海外に行く機会がないと独自の特典を活用しづらい」ということは珍しくありません。

この場合、「年に1万円以上も支払っているのにリターンが少ない」という気持ちになってしまうのは致し方ないところです。

申し込みを後悔しないためには、「ゴールドカードに、年会費相当の価値を見出せるか」をカード選びのポイントにできるとよいですね。

とは言えもちろん、特典を度外視で「ゴールドカードであること」そのものに意味を見出すのも立派な取得理由の一つです。

おすすめのゴールドカードとその選び方についてのまとめ

おすすめのゴールドカードとその選び方についてのまとめ

おすすめのゴールドカード(抜粋)
MUFGカードゴールド
MUFGカード券面
  • 年2,095円
  • 還元率0.4%
エポスゴールドカード
  • 年会費5,500円
    ┗ただしエポスカードからの案内があれば永年無料
  • 還元率0.5%
    ┗エポスポイント
  • VISA
  • 年間利用額に応じたボーナスポイント付与
    ┗50万円以上100万円未満
  •  …2,500ポイント
    ┗100万円以上
     …10,000ポイント

  • マルイの通販でポイント2倍(1%)
  • マルイの通販で不定期にポイント10%還元(ポイントプレゼント5DAYS)
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」でマルイ10%オフ
  • 国内空港ラウンジサービス 他
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)券面
  • 年会費5,500円
    ┗年間100万円のご利用で翌年以降の年会費無料
  • 基本還元率0.5%
    ┗Vポイント
無料カードの優待に加え、

  • 年間100万円のご利用で毎年10,000ポイントプレゼント
  • 各保険の充実
  • 国内空港ラウンジサービス 他
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
  • 年11,000円
  • 還元率1.0%
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express
  • 楽天ポイントカード機能
  • 楽天市場で還元率+3%~
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗プライオリティ・パスのプレステージ会員資格
  • 手荷物配送年2回無料
    ┗「トラベルコース」選択時
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率0.4%~0.5%相当
  • JCB
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗Lounge Key/別途32$/回の利用料発生
  • 最高1億円の付帯保険+航空機遅延補償

▶利用実績を積み、「JCBゴールドプレミア」(海外空港ラウンジ無料)への招待を受けられる可能性あり
▶利用実績を積み、「JCBザ・クラス」への招待を受けられる可能性あり
┗国内トップクラスのステータスカード

au PAYゴールドカード
au PAY ゴールドカード券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1%
    ┗Pontaポイント
  • Mastercard
  • au料金(携帯電話、auひかり)最大11%還元
  • au PAY併用で還元率2.5%
  • 国内空港ラウンジ(無料) 他
dカードGOLD
dカードゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1.0%
    ┗dポイント
  • VISA、Mastercard
  • 最高一億円の海外旅行保険(家族特約あり)
    ┗乗換遅延補償、手荷物紛失補償などを含む
  • dポイントカード機能付帯
  • 電子マネー「iD」付帯
  • ドコモの携帯料金/ドコモ光の支払いで最大10%還元(税抜)
  • 「d払い」との併用で合計還元率1.5%
  • dカードケータイ補償(3年間で10万円まで)
  • 国内空港ラウンジサービス 他
ANAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
    (VISA、Mastercard、JCBの場合)
  • マイル還元率1%(ANA)
    ┗実質2%相当~
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • その他カード発行元ごとの優待あり
JAL CLUB-Aゴールドカード
JALカード CLUB-Aゴールド券面
  • 年会費17,600円
    (VISA、Mastercard、JCBの場合)
  • マイル還元率1%(JAL)
    ┗実質2%相当~
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
  • 入会+初回搭乗で5,000マイルプレゼント
  • 継続+初回搭乗で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • その他JALや空港関連の優待あり
  • その他カード発行元ごとの優待あり
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード券面
  • 年会費29,700円
  • マイル還元率1%(ANA)
    ┗実質2%相当~
  • Diners Club
  • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
  • フライトマイル+25%
  • 国内空港ラウンジ(無料)
  • 海外空港ラウンジ(無料)
    ┗ダイナース独自のもの
  • その他ANAや空港関連の優待あり
  • ダイナースクラブ共通優待
    ┗グルメ優待、トラベル優待他

一口にゴールドカードと言っても、年会費が無料のものから3万円を超えるものまでさまざまです。
もちろんカードのサービス内容も申込先によって大きく異なります

「還元率」「ステータス性」「特定の特典」など、重視したいポイントを決めた上で申込先を絞り込めると良いですね。



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト監修

天野 伴 (税理士)税理士/お金管理と仕組み化の専門家 | 天野 伴
税理士事務所所長。企業向けの会計・税務業務のみならず「仕組み化」のコンサルティング業務も展開。家計管理のコツなど、時間と労力を掛けずに自然とお金が貯まる仕組みづくりを得意としている。著作『1行家計簿―――世界一かんたんにお金が貯まる本』他多数