ポイント高還元率クレジットカードランキング!年会費無料の最強おすすめカードも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高還元率クレジットカードランキング:年会費&用途別の最強クレカはどれ?

「どうせ新しくクレジットカードを作るのなら、ポイント還元率が高いものを選びたい!」

利用者にとってクレジットカードの還元率が、高いに越したことはありません。

とは言え図抜けて還元率が高いカードは、「年会費が高い」「支払いにクセがある」といった性質を持つことも多いので、結局はあなたに合ったバランスのカードを探すことが重要となります。

そこで今回は、用途・年会費別に各クレジットカードを、「本当に還元率の高い順」にまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたに合った1枚を見つけられます。

目次

【年会費無料】はじめてのクレカにもおすすめ!高還元クレジットカードランキング:

【年会費無料】はじめてのクレカにもおすすめ!高還元クレジットカードランキング:

まずは「年会費無料」で作れるクレジットカードを、還元率の高い順に見ていきましょう。

①「P-one Wiz」は一癖あるものの無料カード最強の1.495%還元

年会費無料かつ特別な申込条件(学生限定など)のないクレジットカードの中で、最も高い還元率を実現しているのが「P-one Wiz」です。

毎月の請求を自動的に1%、さらに残額に0.5%相当のポイントが付くということで、実質還元率は1.495%ですね。

P-one Wiz券面

▲▼P-oneカード<Standard>
年会費完全無料
還元率実質1.495%
請求額が自動的に1%減+残額に0.5%相当の「ポケット・ポイント」付与
国際ブランドMastercard
付帯保険ショッピング保険のみ
ETCカード発行手数料1,100円
スマホ決済ApplePayのみ
その他特典など
  • リボ払い専用
    ┗ただし「ずっと全額コース」への変更で、実質的な一回払いが可能
  • レンタカー優待他

「リボ払い専用」というクセはあるものの、こちらは会員専用ネットサービスを通し「ずっと全額コース」へ変更することで、実質的な一回払いが可能になります。

年会費無料で高還元率なクレジットカードがほしいという場合には、有力な申込先候補となってくれることでしょう。

②「リクルートカード」は1.2%還元かつ付帯保険なども充実で優秀

リクルートカード
年会費無料ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.2%
  • 無料、高還元、ポイントも腐りにくい優良カード
  • 「nanaco」等へのチャージでもポイントが貯まる
  • 海外旅行保険に加え国内旅行、ショッピング保険付き
  • JCBブランドに限り、ETCカード関連費用無料
  • ◎家族カード有り

「P-one Wiz」に続く無料&高還元なクレジットカードが「リクルートカード」です。

毎月の利用金額合計の1.2%貯まるリクルートポイントは、ネットショッピング等の支払いに使えるほか、Pontaポイントやdポイントに交換も可能です。

リクルートカード
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
スマホ決済Apple Pay
Google Pay(JCBのみ)
その他特典など
  • 「ポンパレモール」で優遇キャンペーンが行われやすい
  • nanaco、モバイルSuicaへのチャージでも1.2%還元(月3万円まで)

このカードは1.2%と無料カードの中でも秀でた還元率を達成しながら、付帯保険も充実しています。

「リボ払い専用」などのデメリットもありませんので、「高還元と安心感を両立させたい」という場合にはこのカードを選ぶと良いでしょう。

ちなみにリクルートポイントは、「ホットペッパー(ビューティ)」やPontaポイントへの交換などに利用できます。

★ETCカードが年会費、発行手数料ともに無料になるのは、JCBブランドを選んだ場合のみです。
VISA・Mastercardを選んだ場合は、発行手数料1,100円が必要になります。

③「楽天カード」(1%還元)は楽天ペイとの連携で1.5%還元

楽天カード

JALカード navi ディズニーデザイン券面

年会費永年無料ETC
年会費
550円(税込)
国際
ブランド
還元率1.0~3.0%
  • ETCポイントが100円刻みで貯まる!
  • 楽天市場でのお買い物はいつでもポイント3倍
  • キャンペーンで還元率5~10%以上にUP!

はじめてのクレジットカードの、定番の申込先とも言えるのが「楽天カード」です。

楽天スーパーポイントは、100円につき1ポイント貯まります。
楽天市場など、別の楽天サービスを使うことで還元率が上がることもあります。

楽天カード
付帯保険海外旅行保険
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など

高還元率を達成するという意味で、チェックしておきたいのは「楽天ペイ」との連携でしょう。

あなたが「楽天カード」を使いQRコード決済アプリ「楽天ペイ」へのチャージを行い、その「楽天ペイ」で支払いを行ったなら、合計1.5%の還元を受けられます。

楽天ペイ×楽天カードの還元仕様
(1)楽天カードで「楽天ペイ」にチャージするとき0.5%還元
(2)楽天ペイでの決済時、1.0%還元
合計1.5%還元

「楽天ペイ」は各コンビニをはじめとして、幅広いお店で利用できます。

普段のお支払いをよりお得なものにするため、この支払い方法を日常に取り入れてみるのも良いでしょう。

CHECK楽天ペイ公式HP「近くの使えるお店を探そう」

また「楽天ペイ」との連携を抜きにしても、「楽天ポイントの使い勝手の良さ」「楽天市場でポイント優待」といったメリットは、素直に嬉しいところですね。

★合計1.5%還元を受けられるのは「楽天カードを使ったチャージ」時のみとなります。

「楽天カードを紐づけし、決済」した場合の還元率は1.0%止まりですのでご注意ください。

★楽天カードのETCカードは、原則年会費550円がかかります。
ただし、楽天PointClubでダイヤモンド会員・プラチナ会員の場合は無料です。

楽天カード

JALカード navi ディズニーデザイン券面

年会費永年無料ETC
年会費
550円(税込)
国際
ブランド
還元率1.0~3.0%
  • ETCポイントが100円刻みで貯まる!
  • 楽天市場でのお買い物はいつでもポイント3倍
  • キャンペーンで還元率5~10%以上にUP!

④「Amazon MasterCard」(1%還元)はプライム会員ならAmazonで2%還元

あなたがAmazonをよく利用するのなら、「Amazon MasterCard」をチェックして損はないでしょう。

Amazon Mastercard券面 Amazon Prime Mastercard券面
▲▼Amazon Mastercard
年会費完全無料
還元率1.0%
請求額100円につき1ポイント還元
(Amazonポイント)
国際ブランドVISA
Mastercard
付帯保険海外旅行保険
ETCカード初年度または年1回の利用で無料
(該当しない場合、年550円)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など
  • プライム会員ならAmazon還元率2%
    ┗プライム会員でないなら1.5%
  • セブンイレブン、ローソンなどで還元率1.5%
  • 最短3分でテンポラリーカード発行
    ┗Amazonでのみ使える仮カード
備考
プライム会員は自動的にプライム会員向けデザインカードに申し込み

ポイントはやはりコンビニ、そしてAmazonでのポイント加算ですね。

あなたがプライム会員ならば、Amazonでの還元率がいつでも2%となります。
Amazonを利用する機会が多いほど、お得なクレジットカードだと言えるでしょう。

また貯めたポイントは、Amazonでの決済に1P=1円相当として利用可能です。

⑤「Delight JACCS CARD」(1%還元)は高還元に加え17万件以上の優待サービス付き

Delight JACCS CARD
ETCカード
年会費無料ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.5%
  • ネットショッピングなら還元率1.5%以上!
  • 貯まったポイントはキャッシュバック=Jデポだから使いやすい
  • 年会費無料でも保険は充実

「Delight JACCS CARD」(旧REXカード)は、1%の基本還元率と17万以上の優待サービスに加え、旅行保険も充実しています。

Delight JACCS CARD
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など
備考
旧REXカード
「J’sコンシェル」優待例

  • 国内外のホテルや旅館の割引
  • TOHOシネマズ、109シネマズ等の割引
  • 遊園地や水族館、舞台鑑賞などの割引
  • 歌広場、ビッグエコーなどのカラオケ割引
  • コスモ石油割引(対象外店舗あり)
    その他資格取得、介護関連などなど…

年会費無料ながら還元率と優待、付帯保険が高いレベルでまとまったカードということで、バランスが良いですね。

ホテル・旅館優待やレジャー施設、カラオケ優待などの「J’sコンシェル」のサービスを活用できるなら、チェックしておきたい一枚です。

★100円につき1ポイント還元されるDelight POINTは、1ポイント=1円分としてカードの支払いに充当することもできます。

Delight JACCS CARD
ETCカード
年会費無料ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.5%
  • ネットショッピングなら還元率1.5%以上!
  • 貯まったポイントはキャッシュバック=Jデポだから使いやすい
  • 年会費無料でも保険は充実

⑥「P-oneカード<スタンダード>」(1%還元)は自動キャッシュバックでポイント管理が不要

高還元クレジットカードの中でも、変わり種と言えるのが「P-oneカード<スタンダード>」です。

P-oneスタンダード券面

▲▼P-oneカード<Standard>
年会費完全無料
還元率1.0%
請求額が毎月、自動的に1%減
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
付帯保険不正利用補償のみ
ETCカード発行手数料1,100円
スマホ決済ApplePayのみ
その他特典など
レンタカー優待他

こちらはポイントが貯まらない代わりに、毎月の請求額が自動的に1%減額されるクレジットカードです。

「日々の支払いを今よりお得にしたいけれど、ポイントの管理は煩わしい」「ポイントの有効期限や使い方を気にしたくない」という場合には打ってつけですね。

⑦「dカード」(1%還元)はdポイントを貯めたい方向け&「d払い」併用で1.5%還元も可能

dカード

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費永年無料ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • 年会費は永年無料
  • ローソンではdカード決済で1%ポイント還元!
  • ポイントの使い道が多い。「iDキャッシュバック」がおすすめ

あなたが普段から「dポイント」を貯めているのなら、携帯キャリアにかかわらずチェックしておきたいのが「dカード」です。

dカード(レギュラー)
付帯保険29歳以下のみ旅行保険付帯
スマホ決済ApplePayのみ
その他特典など
備考
docomoユーザーはdocomo優待が充実している「dカードGOLD」(年11,000円)の選択推奨
┗docomoで10%還元など

「dポイント」はローソンやマクドナルドなどで、1ポイント=1円相当として使えるポイントですね。
利用額100円につき、1ポイントたまります。
(還元率1.0%)

またこちらは、QRコード決済アプリ「d払い」との併用で、合計1.5%還元を受けられます。

「d払い」に対応しているお店はdポイント加盟店よりも多いため、こちらのサービスと組み合わせるとより効率よくdポイントを貯められることでしょう。

その他、「かざすだけ」の決済サービスである「iD」が、クレジットカードそのものに標準搭載されているのも特徴です。

CHECKd払い公式HP「街のお店から探す」

dカード

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費永年無料ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • 年会費は永年無料
  • ローソンではdカード決済で1%ポイント還元!
  • ポイントの使い道が多い。「iDキャッシュバック」がおすすめ

⑧「PayPayカード」(1%還元)はPayPay未対応店でもPayPay利用実績を獲得+最高1.5%還元へ

PayPayカード
PayPayカードバナー(~2022/8/31まで)
年会費永年無料ETC
年会費
550円(税込)
国際
ブランド
還元率1%
  • 申込&審査で最短7分で使える
  • 安心の番号レス券面
  • PayPayでのPayPayカード決済で1%還元
※ ヤフーカード会員の方は、PayPayカードにお申し込みできません。ヤフーカード退会済みの方はPayPayカードのお申し込みはできますが、特典は対象外です。

あなたがスマホアプリ「PayPay」を普段から利用しているのなら、「PayPayカード」をメインで使うのも良いでしょう。

「PayPay」では以下の条件を達成することで、最高1.5%のポイント還元を受けられます。

参考:PayPayの基本還元率アップ(PayPayステップ)条件
(1)1ヶ月中に300円以上×50回の「PayPay」または「PayPayカード」払いで還元率+0.5%
(2)1ヶ月中に以下のサービスのうち3つ以上の利用で還元率+0.5%

  • PayPayモールまたはYahoo!ショッピング
  • ヤフオク!またはPayPayフリマ
  • Yahoo!トラベル
  • LOHACO by ASKUL
  • ebookjapan
→基本還元率0.5%と合わせて、合計で最高1.5%還元

とは言えPayPayだけで、1ヶ月に50回以上の支払いを達成できる方は多くないでしょう。

そんなときに役立つのがこの「PayPayカード」で、こちらを使えばPayPay決済に対応していないお店でも、PayPayの利用実績を獲得できます。

残念ながらこのカードは、PayPayポイントの二重取りなどには対応していません。

ただし「PayPayを普段から使っているのにポイントアップまで少し足りない」という場合には、強い味方となってくれるはずです。

PayPayカード券面

▲▼PayPayカード
還元ポイントPayPayポイント
付帯保険不正利用補償のみ
スマホ決済Apple Payのみ
特典など
  • Yahoo!ショッピング、LOHACOで還元率+1%(計3%)
  • 最短7分でカード番号発行
  • PayPayチャージや紐づけはポイント還元対象にならない
    (PayPay決済分のみ付与=二重取り不可)

CHECKPayPayカードは日曜日に最大20%超還元!メリット・デメリットから審査まで解説

★PayPayの利用実績を積んで還元率を上げられるのはスマホアプリ「PayPay」を使った決済です。
「PayPayカード」の基本還元率は、利用額にかかわらず1%ですのでご留意ください。

PayPayカード
PayPayカードバナー(~2022/8/31まで)
年会費永年無料ETC
年会費
550円(税込)
国際
ブランド
還元率1%
  • 申込&審査で最短7分で使える
  • 安心の番号レス券面
  • PayPayでのPayPayカード決済で1%還元
※ ヤフーカード会員の方は、PayPayカードにお申し込みできません。ヤフーカード退会済みの方はPayPayカードのお申し込みはできますが、特典は対象外です。

⑨「JCBカードW」(最大1%還元)は将来的にゴールドカードなどにグレードアップしたい方向け

JCBカード W
JCB ETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
永年無料
国際
ブランド
JCB還元率1.0〜5.5%
  • 39歳以下だけが申し込める特別なJCBカード!
  • 普段からポイント1.0%還元と一般カードの2倍!
  • Amazonやセブンイレブン、スタバなどよく行くお店でポイントアップ!

あなたが将来的に、高いステータス性を持つクレジットカードを作りたいとお考えなら、「JCBカードW」を候補に加えるのも良いでしょう。

JCBカードW
付帯保険海外旅行保険
ショッピング保険(海外のみ)
スマホ決済
Apple Pay
Google Pay
18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
その他特典など
  • 他のJCBカードと比べ、常時還元率2倍
  • セブンイレブン、スターバックスなどでポイントアップ

還元率1.0%を達成するためには、貯めたポイントを「JCBプレモカード(プリペイドカード)」または「nanacoポイント」に交換する必要があります。
(その他の主要ポイントやギフトカードへ交換した場合の還元率は0.8%)

JCBカード W
JCB ETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
永年無料
国際
ブランド
JCB還元率1.0〜5.5%
  • 39歳以下だけが申し込める特別なJCBカード!
  • 普段からポイント1.0%還元と一般カードの2倍!
  • Amazonやセブンイレブン、スタバなどよく行くお店でポイントアップ!

ただし大手カード会社「JCB」が発行する、純国産の高還元率クレジットカードということで、唯一無二のポジションを持っていることは確かです。

若いうちに「JCBカードW」で信用と実績を積めば、早い段階で「JCBゴールド」や「ご招待」が必要なインビテーションカードを作れるかもしれません。

参考:JCBオリジナルの上位カード
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス(※利用料は有料)
  • 最高1億円の付帯保険+航空機遅延補償
JCBゴールド ザ・プレミア(招待制)
JCBゴールド ザ・プレミア券面
  • 年会費16,500円
    ┗年間利用額100万円以上なら11,000円
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • JCBから「ご招待」を受けたゴールド会員のみ取得可
JCBプラチナ
JCBプラチナ券面
  • 年会費27,500円
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • 指定レストランでのグルメ優待等
JCB THE CLASS
JCB THE CLASS券面
  • 年会費55,000円
  • 海外空港ラウンジサービス
  • USJでの特別優待 他
  • JCBから「ご招待」を受けたゴールド会員以上のみ取得可
※特典は主なもののみ抜粋して記載
※基本還元率はいずれも0.4%~0.5%(JCBカードWの半分)

【年会費あり&さらに高還元】本当に還元率が高い最強のクレジットカードランキング

【年会費あり&さらに高還元】本当に還元率が高い最強のクレジットカードランキング

ここからは、年会費が発生する代わりに「もっと高還元率」なクレジットカードについて触れさせていただきます。

①「ANAカードプレミアム(VISA/ダイナース)」は年会費も高いが実質還元率は3%相当~

おそらく現在、実質的なポイント還元率が最大となるのは「ANAカードプレミアム(VISAまたはダイナース)」かと思います。

ANA プラチナカード券面

▲▼ANAカードプレミアム(VISA/ダイナース)
年会費88,000円
(VISA)
170,500円
(ダイナース)
基本還元率マイル還元率1.5%
実質還元率3%~
(ANAマイルを航空券に交換する場合の目安)
国際ブランドVISA
Diners Club
※JCB、American Expressもあるがそちらはマイル還元率1%
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険 他
ETCカード完全無料
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
特典など
  • 入会、継続で毎年10,000マイル付与
  • 搭乗ボーナスマイル+50%
  • ANA航空券の購入時、マイル還元率3.5%(VISA)または4.5%(ダイナース)
  • 国内空港ラウンジサービス
    ┗一般のカードラウンジに加え、ANAのラウンジも利用可
  • 海外空港ラウンジサービス
  • コンシェルジュサービス
  • その他グルメ、宿泊特典など
その他
ANAダイナース プレミアムカードは「ANAダイナース」会員からの完全招待制
※VISAは招待不要

ご覧の通り、年会費は最低でも88,000円ですが、ANAマイルは航空券との交換を前提とする場合、1マイル=2円以上の価値を持つことが珍しくありません。

そのためマイル還元率1.5%のこのカードであれば、実質3%、またはそれ以上の還元を受けられます。

高額なボーナスマイルの存在もあり、毎月のカード利用額が非常に大きい方、あるいはANA・スターアライアンス加盟航空会社の飛行機を良く利用される方であれば、年会費以上のリターンを得られることでしょう。

②「Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード」はマイル交換時、還元率2.5%~

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
アメックスETCカード券面
年会費49,500円(税込)ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.0%〜2.0%
  • 毎年のカードご継続と条件達成で無料宿泊特典プレゼント
  • ご入会と同時にMarriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格を自動的に付与
  • 家族カード1枚目無料で無料宿泊特典獲得プログラム条件達成の近道に

続いて紹介するのは「Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード」(旧SPGアメックス)です。

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
付帯保険
追加カード
  • 家族カード
    ┗1枚目無料
  • ETCカード
    ┗発行手数料935円
スマホ決済ApplePay
Google Pay
申込条件
20歳以上の、定職のある方
その他の特典
  • 年150万円以上の決済&カード継続時、一泊二日の無料宿泊特典
    ┗交換レート50,000ポイントまで
  • Marriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格を無条件で付帯
    ┗宿泊時の付与ポイント+25%、客室アップグレード
  • (詳細:公式HP
    ☆年100万円の決済でMarriott Bonvoy「プラチナエリート」会員資格付帯
    ┗50%の追加ポイント等
    (詳細:公式HP

  • リッツカールトンまたはセントレジスに2連泊以上で、館内で使える100US$分のプロパティクレジット付与
  • 国内空港ラウンジサービス
    ┗同伴者1名も無料で利用可
  • 国際線利用時の手荷物無料配送サービス
    ┗帰国時、1個のみ対応
  • 空港パーキング優待
  • 空港クローク特典 他

※コンシェルジュサービス、海外空港ラウンジサービスは付かない

このカードでは、「マリオットポイント」を100円ごとに3ポイント獲得できます。
特筆すべきは6万ポイント単位での交換を前提とした場合の「マイル還元率1.25%=実質還元率2.5%〜相当」ですね。
(1マイル当たりの価値を2円相当と見積もった場合)

「年1回の無料宿泊特典」と、マリオットグループのホテルでの優待も見逃せません。

こちらも年会費は49,500円と高額ですが、マイルや特典を活用できそうならば、かえってコスパの良いクレジットカードと言えるかもしれません。

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
アメックスETCカード券面
年会費49,500円(税込)ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.0%〜2.0%
  • 毎年のカードご継続と条件達成で無料宿泊特典プレゼント
  • ご入会と同時にMarriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格を自動的に付与
  • 家族カード1枚目無料で無料宿泊特典獲得プログラム条件達成の近道に

③「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」はJALマイル獲得で還元率2.25%相当~

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費22,000円(税込)ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.75%~1.00%
  • <永久不滅ポイント優遇>国内1.5倍ポイント、海外2倍ポイント
  • ショッピングでJALマイルが貯まる

続いて紹介する「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の年会費は、コンシェルジュ付きプラチナカードの中では安価な「22,000円」です。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®︎・カード
家族会員年会費3,300円
還元仕様1000円につき10マイル(JAL)還元
+2000円につき5円相当の「永久不滅ポイント」付与
┗SAISON MILE CLUB(無料)登録時
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
航空便遅延補償
(詳細:公式PDF
追加カード
  • 家族カード
    ┗年3,300円/枚
  • ETCカード(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など

注目したいのは、「SAISON MILE CLUB」加入時に1%(実質2円相当〜)のJALマイルを獲得できる点ですね。
「SAISON MILE CLUB」への加入は無料です。

「SAISON MILE CLUB」への加入時でも、JALマイルに加え0.25%(2000円につき5円相当)の「永久不滅ポイント」を獲得できます。

つまり「1%=2円相当〜のJALマイル」「0.25%相当の永久不滅ポイント」が一度に貯まるということで、実質還元率は2.25%相当〜となるわけですね。

さらに海外空港ラウンジサービスやコンシェルジュサービスといったプラチナカードならではの特典も備わっていることから、プレミアムカードながらコストパフォーマンスの良い一枚だと言えるでしょう。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費22,000円(税込)ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.75%~1.00%
  • <永久不滅ポイント優遇>国内1.5倍ポイント、海外2倍ポイント
  • ショッピングでJALマイルが貯まる

④「JALカード」は実質年会費5,500円から還元率2%~を実現できる

JALカード
ETCカード券面
年会費5,500円※
(初年度無料)
ETC
年会費
発行元により異なる
(JCBや東急カード発行なら完全無料)
国際
ブランド
還元率2.0%~※
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり

ここまで紹介したカードはいずれも安くない年会費が発生しますが、「JALカード」シリーズは実質年会費5,500円から、1%のマイル還元(実質還元率2%〜)の実現が可能です。

実質5,500円」は、基本年会費2,200円に、
マイル還元率1%を実現させるための「ショッピングマイル・プログラム」の年会費3,300円を加えた金額です。

JALカード(普通カード)
還元仕様100円につき1マイル(JAL)還元
┗航空券への交換時、実質還元率2%前後~
付帯保険海外旅行保険
┗ただし携行品損害補償などはなし
国内旅行保険
追加カード
  • 家族カード
    ┗年1,100円/枚
  • ETCカード
    ┗価格は発行元によって異なる
スマホ決済発行元によって異なる
ポイント詳細
普通カードの場合、基本マイル還元率は0.5%。
ただしショッピングマイル・プログラム(年3,300円)への加入によりマイル還元率を1.0%に引き上げられる
その他特典など
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可
備考
  • 学生なら学生向けの「JALカードnavi」、20代なら20代専用の「JALカード CLUB EST」の選択推奨

できる限り安い年会費で高還元を実現させたいのなら、有力な申込先候補となってくれるでしょう。

JALカード
ETCカード券面
年会費5,500円※
(初年度無料)
ETC
年会費
発行元により異なる
(JCBや東急カード発行なら完全無料)
国際
ブランド
還元率2.0%~※
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり

また「JALの利用機会が多い」「付帯保険を充実させたい」といった場合であれば、「CLUB-Aゴールド」「プラチナカード」の選択もおすすめです。

※参考:JALの上位カード
JAL・Visaカード
JAL・Mastercard
(CLUB-Aゴールド)
JALカード CLUB-Aゴールド券面
  • 年会費17,600円
  • マイル還元率1%
  • フライトマイル+25%
  • 入会で5,000マイル付与
  • 毎年初回搭乗で2,000マイル付与
  • 機内販売10%オフ等のJAL関係優待
  • 旅行保険の上限額5000万円
  • ☆国内空港ラウンジサービス

JAL・JCBカード
(CLUB-Aゴールド)
JAL JCB CLUB-Aゴールドカード券面
  • 年会費17,600円
  • マイル還元率1%
  • フライトマイル+25%
  • 入会で5,000マイル付与
  • 毎年初回搭乗で2,000マイル付与
  • 機内販売10%オフ等のJAL関係優待
    ☆旅行保険の上限額1億円
  • ┗VISA等に付かない航空機遅延補償等付

    ☆国内空港ラウンジサービス
    ☆海外空港ラウンジサービス
    ┗ただし利用料32$/回
    Club-Off
    ┗国内外多数のお店やサービス、宿泊施設優待
    ☆その他グルメ優待、ゴルフ関連優待等

JAL・JCBカード
(プラチナ)
JALプラチナカード券面
  • 年会費34,100円
  • ☆海外空港ラウンジサービス
    ┗完全無料
    ☆コンシェルジュサービス

  • その他はゴールドと共通

※その他American Expressも選択可(一部サービスが異なります)

☆:下位カードにない特典など

★American Expressブランドのみ、年会費などが異なります。
(普通カードの基本年会費6,600円、家族カード2,750円/枚)

⑤その他の航空会社提携クレジットカードも要チェック

ANA JCB 一般カード

ANA JCB (STARWARSデザイン)券面

年会費 2,200円
※初年度無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.00%~2.00%
  • 普段の生活がグッとおトクになるANA JCBカードのスタンダード。
  • 旅行傷害保険 最高1,000万円(海外)
  • 搭乗ボーナスマイル 10%、入会・継続ボーナス 1,000マイル

あなたがANAをはじめとするスターアライアンス加盟航空会社を利用したいのなら、「ANAカード」をチェックしてみるのも良いですね。

こちらでもマイル還元率1%は実現可能です。
基本年会費2,200円に加え、「ポイントをマイルに自動移行するコース」の年会費が必要になります。

  • JCB:マイル自動移行コース10マイル
     +5,500円
  • VISA/Mastercard:自動移行サービス 2倍コース
     +6,600円

ANAカード(画像は普通カード)
還元仕様100円につき1マイル(ANA)還元
┗航空券への交換時、実質還元率2%前後~
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
付帯保険カードによって異なる
追加カード
  • 家族カード
    ┗年1,100円/枚
  • ETCカード
    ┗価格は発行元によって異なる
スマホ決済発行元によって異なる
ポイント詳細
普通カードの場合、基本マイル還元率は0.5%。
ただし

  • 10マイルコース(JCB/年5,500円)
  • 2倍コース(VISA、Mastercard/年6,600円)への加入によりマイル還元率を1.0%に引き上げられる
その他特典など
  • ANA航空券購入時の付与マイル+10%
  • 入会または更新で1000マイル付与
  • ANA関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可

こちらは毎年のカード更新時に、無条件でボーナスマイルがもらえるのがポイントです。

ANA JCB 一般カード

ANA JCB (STARWARSデザイン)券面

年会費 2,200円
※初年度無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.00%~2.00%
  • 普段の生活がグッとおトクになるANA JCBカードのスタンダード。
  • 旅行傷害保険 最高1,000万円(海外)
  • 搭乗ボーナスマイル 10%、入会・継続ボーナス 1,000マイル

また各カード会社の特典や付帯保険がプラスされる、ゴールドカード以上を選択するのも良いでしょう。

ANAカードのグレード間比較
ANAカード(一般)
ANA VISA券面
  • 実質年会費7,700円(JCB)または8,800円(VISA、Mastercard)円
    ┗マイル還元率1%達成時
  • マイル還元率1.0%
    (ANA)
    ┗2倍コース、または10倍コース加入時
  • ANAフライトマイル+10%
  • 毎年カード継続時に1000マイル付与
  • ANA関連や空港内ショップ等で優待あり
    ※Suica付帯カードなども選択可
ANAカード(ワイド)
ANA JCB ワイドカード券面
  • 実質年会費13,575円(JCB)または14,575円(VISA、Mastercard)円
    ┗マイル還元率1%達成時
  • マイル還元率1.0%
    (ANA)
    ┗2倍コース、または10倍コース加入時
  • ANAフライトマイル+25%
  • 毎年カード継続時に2000マイル付与
  • ANA関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 付帯保険は一般カード以上
ANAカード(ワイドゴールド)
ANA VISAワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
  • マイル還元率1.0%
    (ANA)
ワイドカードの内容に加え、

  • 国内空港ラウンジサービス
  • 付帯保険の充実

【JCB限定】海外空港ラウンジサービス
┗利用料32$/回
【JCB限定】Club-Off優待 他

ANAカード(プレミアム/VISA)
ANA プラチナカード券面
  • 年会費88,000円
  • マイル還元率1.5%
    ┗VISAの場合
  • 入会、継続で毎年10,000マイル付与
  • ANAフライトマイル+50%
  • ANA航空券の購入時、マイル還元率3.5%(VISA)または4.5%(ダイナース)
  • 国内空港ラウンジサービス
    ┗一般のカードラウンジに加え、ANAのラウンジも利用可
  • 海外空港ラウンジサービス
  • コンシェルジュサービス
  • その他グルメ、宿泊特典など

★その他、「デルタ航空」「ユナイテッド航空」「AirDO」などの航空会社提携カードが存在します。

★国際ブランドはAmerican Expressもありますが、年会費(税込7,700円)などが異なります。

⑥「ジャックスカードプラチナ」はマイルに頼らず還元率2%を達成可能

国内外で使いやすい「Mastercard」ブランドの中で、高還元&充実のサービスを実現させているのが「ジャックスカードプラチナ」です。

こちらの年会費は22,000円ですね。
コンシェルジュサービスや海外空港ラウンジが付くカードの中では安価です。

ジャックスカードプラチナ券面

▲▼ジャックスカードプラチナ
年会費

22,000円(税込)
※家族カード無料
国際ブランド

Mastercard
基本ポイント仕様

200円につき15円相当の「ラブリィポイント」付与
(=基本還元率1.5%)
※前年度利用額に応じ、最大2.0%(年間利用額が300万円以上の場合)
付帯保険

海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カード

  • 家族カード(無料)
  • ETCカード(無料)
スマホ決済

ApplePay
Google Pay
その他特典など


このカードの特徴は、Mastercardが提供するプラチナサービス(国際線利用時の手荷物の無料配送)やグルメ特典などに加え、最大で2%のポイント還元率を、飛行機やマイルと関係なく得られるところにあります。

実質還元率が高いカードとなるとどうしても航空会社のマイルが貯まるものが多くなります。

これに対し飛行機の利用に関わらず最大2%の高還元を実現できる「ジャックスカードプラチナ」は、貴重な存在と言えるでしょう。

⑦「au PAY ゴールドカード」はauで還元率11%+「au PAY」併用で2.5%還元

au PAY カード ゴールド
年会費11,000円
(税込)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1%
  • au PAY マーケットクーポンを進呈
  • 通信料金のお支払いでポイントがたまる
  • 一流ホテル・旅館優待サービス

あなたがau、または「au PAY」のユーザーならば、「au PAYゴールドカード」をチェックして損はないでしょう。

au PAYゴールドカード
基本ポイント仕様100円につき1ポイント還元
┗Pontaポイント
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カード
  • 家族カード(1枚目無料)
    ┗2枚目以降は年2,200円/枚
  • ETCカード(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など
  • 毎月のau携帯電話利用料、auひかりの10%(税抜)を還元
    ┗通常ポイント還元と合わせ、約11%還元
  • au PAYとの併用で2.5%還元
  • 「auでんき」「都市ガス for au」にて3%還元
  • 「au PAY マーケット」で最大9%還元
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 「Relux」優待 他

特筆すべきはau携帯電話利用料、auひかりの約11%還元ですね。
(通常の税込1%還元+税抜10%還元)

またQRコード決済アプリ「au PAY」のコード支払いと組み合わせれば、計2.5%の還元を受けられるのも大きな特徴です。

auユーザーはもちろん、QRコードを使った支払いで高還元を得たいという場合にも、おすすめのメインカード候補と言えるでしょう。

CHECKau PAY公式HP「au PAYの使えるお店」

au PAY カード ゴールド
年会費11,000円
(税込)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1%
  • au PAY マーケットクーポンを進呈
  • 通信料金のお支払いでポイントがたまる
  • 一流ホテル・旅館優待サービス

⑧「dカードGOLD」も通常還元率1%&docomoの利用料金10%還元

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント

「dカードGOLD」は、docomoユーザー向けのクレジットカードです。

こちらを使えば「docomo」「ドコモ光」の料金を支払う場合、約10%のポイント還元を受けられます。

dカードGOLD
基本ポイント仕様100円につき1ポイント還元
┗dポイント
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カード
  • 家族カード(1枚目無料)
    ┗2枚目以降は年1,100円/枚
  • ETCカード
    ┗初年度または年1回以上の利用で無料
    ┗該当しない場合は年550円
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他特典など

あなたがdocomoユーザーなら、無料のdカードよりもゴールドカードを選んだ方が、かえってお得となる可能性もありますね。

docomoで購入した携帯電話の破損を、3年間10万円まで補償してくれるというのも嬉しいところです。

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント

⑧「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」はiD/QUICPay払いでいつでも還元率1.5%



「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、高還元で知られるオリコカードのゴールドカードです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
年会費1,986円
国際ブランドmastercard
JCB
還元仕様還元率1.0%
┗オリコポイント
付帯保険☆海外旅行保険
(最高2000万円)
☆国内旅行保険
(最高1000万円)
☆ショッピング保険
(年100万円)
追加カードETCカード(無料)
家族カード(無料)
スマホ決済ApplePay
その他特典など
  • 入会後6ヶ月はポイント2倍
    ┗決済額50万円まで
  • 「かざすだけ」決済サービスであるiD、QUICPay付帯
    ┗コンビニやドラッグストアなどの加盟店で利用可能
  • iD、QUICPay決済で還元率+0.5%
    ┗計1.5%還元

    「Club-Off」特典付帯で全国多数のお店やサービスで優待あり
    ☆国際線利用時の手荷物配送優待など(Mastercardのみ)

  • 「オリコモール」経由のネットショッピングでポイントアップ
☆:無料のオリコカードにない特典

1.0%という十分な基本還元率に加え、このカードでは「QUICPay」「iD」加盟店にて、「カードをかざすだけ」でいつでも1.5%の還元を受けられます。
対象となるのは主にコンビニやドラッグストア、喫茶店チェーンなどですね。

CHECKiD公式HP「使えるお店をさがす」
CHECKQUICPay公式HP「QUICPayの使えるお店」

また20万以上のお店やサービスで優待を受けられる「Club-Off」特典が付帯するのも嬉しいポイントです。

年会費も1,986円ということで、ゴールドカードながら申し込みやすい一枚と言えるでしょう。

「特定の場所で高還元」なおすすめクレジットカード

「特定の場所で高還元」なおすすめクレジットカード

これまでに紹介したのは「どこで使っても1%以上の還元」を受けられるクレジットカードでした。
ここからは「特定の場所で1.5%以上の高還元」を得られるクレジットカードを紹介させていただきます。

①「三井住友カードNL」はコンビニ等で5%~ポイント還元

三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)ETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
年1回利用で無料
(利用がなければ年550円)
国際
ブランド
VISA
Master card
還元率0.5~5.0%
  • ナンバーレス・アプリ管理で安心安全
  • マクドナルド・コンビニ2社などでポイントが+2%還元※1
  • Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスならさらに+2.5%還元※2
  • 選んだ3店でいつでもポイント+0.5%還元
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

「特定の場所で使った時に高還元」なクレジットカードとして真っ先に挙げられるのが、「三井住友カード(NL)」です。

三井住友カード(NL)
付帯保険海外旅行保険
(※個人賠償責任保険などに変更可)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
その他の主な特典
  • 以下のお店で「Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス」決済時、最大5%還元
     ▶マクドナルド
  •  ▶セブンイレブン
     ▶ローソン など
    ※二親等内に三井住友カードユーザーがいれば最大10%還元

  • 対象店のうち選んだ3店でポイント還元率+0.5%(詳細:公式HP
  • 【学生限定】指定サブスクの支払いで還元率が最大10%(学生ポイント
  • 三井住友カード「Vpass」アプリのインストール必須 他

このカードに貯まるのはVポイントです。

特徴は何と言ってもコンビニなどでタッチ決済を行った場合の5%〜還元ですね。

聞き慣れない決済方法かもしれませんが、こちらは店員さんにカード払いと伝えた上で、電子マネーの読み取り端末にカードをかざすだけで利用できますのでご安心ください。

あなたがセブンイレブンなどのコンビニやマクドナルドをよく利用するのであれば、ぜひ1枚持って行きたいカードです。

またあなたが学生なら、各サブスクリプションサービスの支払いに使うのも良いでしょう。

三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)ETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
年1回利用で無料
(利用がなければ年550円)
国際
ブランド
VISA
Master card
還元率0.5~5.0%
  • ナンバーレス・アプリ管理で安心安全
  • マクドナルド・コンビニ2社などでポイントが+2%還元※1
  • Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスならさらに+2.5%還元※2
  • 選んだ3店でいつでもポイント+0.5%還元
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

②「エムアイカードプラス」シリーズは三越伊勢丹グループの百貨店で5%~10%還元:大きな買い物にも◎

エムアイカード プラス ゴールド
年会費11,000円(税込)
初年度無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 三越伊勢丹グループ百貨店でのお買物で最大10%ポイントが貯まる!
  • エムアイポイントがお得にどんどん貯まる「エムアイポイントワールド」

あなたが三越伊勢丹グループをよく利用するのであれば、「エムアイカードプラス」の活用がおすすめです。

こちらは三越伊勢丹グループでの年間決済額によって、5%または8%〜10%のポイント還元を受けられるのが特徴ですね。

またゴールドカードは基本年会費も1.0%と十分高いため、普段のお買い物に使うメインカードとしても選択肢に入るでしょう。

2つのエムアイカード
エムアイカード プラス(MI CARD+)
エムアイカードプラス券面
  • 年会費2,200円
    ┗初年度無料
  • 基本還元率0.5%
    ┗エムアイポイント
  • VISAまたはAmerican Express
  • 三越伊勢丹グループで、還元率5%~10%
    ┗百貨店での年間お買い上げ額により変動
エムアイカード プラスゴールド
(MI CARD+GOLD)
エムアイカードプラスゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 基本還元率1.0%
    ┗エムアイポイント
  • VISAまたはAmerican Express
  • 三越伊勢丹グループで、還元率8%~10%
    ┗百貨店での年間お買い上げ額により変動
  • 毎年4,200円分の三越伊勢丹グループクーポンプレゼント
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 付帯保険の充実
  • 一休.comのポイント優待
  • 一休プレミアサービスの「プラチナ会員」を最大1年間利用可
エムアイカード プラス ゴールド
年会費11,000円(税込)
初年度無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 三越伊勢丹グループ百貨店でのお買物で最大10%ポイントが貯まる!
  • エムアイポイントがお得にどんどん貯まる「エムアイポイントワールド」

★三越伊勢丹グループにおける食料品やレストランなどでの還元率は1%となり、5%〜10%還元の対象外となります。

★三越伊勢丹グループ以外の百貨店も、よく似たメリットを持つクレジットカードを発行していることは多いです。

百貨店をよく利用するのなら、提携カードをチェックしてみて損はないでしょう。

③「ビックカメラSuicaカード」はビックカメラ10%還元+Suicaチャージも1.5%還元

「ビックカメラSuicaカード」は、名前の通りビックカメラとSuica(JR東日本)どちらでも優待を受けられるクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカード券面

▲▼ビックカメラSuicaカード
年会費初年度無料
年1回の利用で翌年無料
┗該当しない場合、年524円
基本還元率0.5%+0.5%
JREポイントとビックポイント
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
付帯保険海外・国内旅行保険
ETCカード年524円
スマホ決済Apple Payのみ
特典など
  • JREポイントカード機能付帯
  • Suica機能付帯
  • Suicaオートチャージ機能付帯
  • Suicaチャージ時、還元率1.5%
    ┗オートチャージを含む
  • 「えきねっと」「モバイルSuica」での乗車券や定期券購入時、還元率3%
  • ビックポイントカード機能付帯
  • ビックカメラで10%還元(ビックポイント)
    ┗このカードでチャージしたSuicaを使った支払いなら、計11.5%還元
  • ビューカード会員優待

ビックカメラにおけるクレジットカード払い時のポイント還元率は通常8%ですが、こちらのカードを使えば現金払いと同じく10%のポイント還元を受けられます。

またビューカード(JR東日本グループのカード会社)の発行カードの中では珍しく年会費を無料にしやすいということもあり、「Suica」オートチャージや「えきねっと」優待のためにこのカードを作るのも良いですね。

④「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」はスマホ決済時、還元率2%

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費1100円

※初年度無料
※年1回の利用で翌年無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 即日発行できる貴重なカード
  • 特約店(セブン-イレブン・イトーヨーカドー)で還元率1.5%

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」はQUICPayでのお支払い(実質的にはApplePayまたはGoogle Payでのお支払い)時、還元率が2.0%となります。

永久不滅ポイントはその名の通り、有効期限がなく、長期間貯めることができます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
付帯保険不正利用補償のみ
ETCカード完全無料
スマホ決済ApplePay
Google Pay
特典など

QUICPay対応のお店はコンビニエンスストアからドラッグストア、喫茶店チェーンなど多岐に及びますので、スマホ決済さえ利用できるのならとてもお得なカードです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費1100円

※初年度無料
※年1回の利用で翌年無料
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 即日発行できる貴重なカード
  • 特約店(セブン-イレブン・イトーヨーカドー)で還元率1.5%

★「QUICPay2%還元」特典は、2022年10月末までの予定となっています。

⑤その他よく使うお店やガソリンスタンドの提携カードも要チェック

これまでに挙げたクレジットカードの他にも、特定のお店や場面でお得に使えるカードは多く存在します。

スーパーマーケットやガソリンスタンドの提携カードは、最も分かりやすい例だと言えるでしょう。

あなたがよく利用するお店などが提携カードを取り扱っているのなら、そちらも併せてチェックできると良いですね。

参考:主なガソリンスタンド優待付きクレジットカード
apollostation card
出光カードまいどプラス券面
  • 年会費無料
  • 基本還元率0.5%
  • ETCカードは年会費、発行手数料ともに完全無料
  • 出光興産系列SSでガソリン2円/L、灯油1円/L割引
    ┗出光、apollostation、昭和シェル
  • さらに値引額がアップするオプションサービス(年550円)にも加入可
ENEOSカードS
エネオスカード券面
  • 年会費1,375円
    ┗初年度または年1回の利用で無料
  • 基本還元率0.5%
  • ETCカードは年会費、発行手数料ともに完全無料
  • ENEOSでガソリン2円/L、灯油1円/L割引
コスモ・ザ・カード・オーパス
コスモザオーパス券面
  • 年会費無料
  • 基本還元率0.5%
    ┗WAON POINT
Delight JACCS CARD
Delight JACCS CARD券面
  • 年会費無料
  • 基本還元率1.0%
    ┗Delight POINT
  • ETCカードは年会費、発行手数料ともに完全無料
  • 付帯保険が充実
  • 全国17万以上のお店やサービス優待
  • 宇佐美直営サービスステーションでガソリン2円/L、灯油1円/L割引

あなたに合った高還元クレジットカードの選び方

あなたに合った高還元クレジットカードの選び方

ここからは、多くの優秀なクレジットカードの中からあなたに合った申込先を選ぶ方法についてお話していきます。

①迷ったら「年会費無料&高還元」なカードを選ぶのがおすすめ

あなたがどのクレジットカードを使えばよいか迷ったなら、基本的に「年会費が無料で高還元」なものを選ぶと良いでしょう。

特にはじめてクレジットカードを作る場合には、高い年会費を支払ってもカードを上手く使いこなせない可能性があります。

例えばクレジットカードはお店での利用~支払いまでに1~2ヶ月ほどのタイムラグが発生するのですが、これに上手く対応できない方は意外と少なくありません。

年会費が発生するクレジットカードを使うのは、クレジットカードの決済に慣れてからでも遅くはないでしょう。

またカードを作るのが初めてなら、「リボ払い専用」などのクセがあるカードを選ぶのは少しリスキーかもしれません。

はじめてのカード選びには、加点方式ではなく減点方式で、「デメリットの少ないカード」を優先することをお勧めします。

②月に10万円カードを使う人におすすめのクレジットカード

毎月の決済額が少額なら、基本的に「年会費が無料のクレジットカード」を選ぶ形で差し支えありません。

また決済額が高額ならば、年会費が発生する高還元カードを選ぶのも良いでしょう。

そんな中で中間層となるのが「月に10万円程度クレジットカードを使う」方ですね。

月に10万円カードを使うとすれば、年間決済額は120万円程度と十分な数字となります。
還元率1%のカードなら、1万2000円相当のポイント還元を得られる計算となりますね。

そのため基本的には、年会費の有無にかかわらずあなたに合ったポイントを獲得できる、高還元のカードを優先する形で差し支えないでしょう。

ただし一見すると高還元でなくても、「年間決済額が100万円以上でボーナスポイント付与」といった特徴を持つカードは複数存在します。

場合によってはこういったクレジットカードも、申込先候補に加えてみると良いでしょう。

月に10万円前後クレジットカードを使う方におすすめのカードの例
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)券面
  • 年会費5,5000円
    ┗年間100万円のご利用で翌年以降の年会費無料
  • 基本還元率0.5%
    ┗Vポイント
無料カードの優待に加え、

  • 年間100万円のご利用で毎年10,000ポイントプレゼント
  • 各保険の充実
  • 国内空港ラウンジサービス 他
JALカード(普通)
JALカード券面
  • 実質年会費5,500円
    ┗マイル還元率1%達成時
  • 実質還元率2.0%~
    ┗マイルを航空券に交換する場合
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
    ┗CLUB-Aカード以上なら+25%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
    ┗CLUB-Aカード以上なら2000マイル
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
P-one Wiz
P-one Wiz券面
  • 完全無料
  • 実質還元率1.495%
    ┗自動1%引き&残額に0.5%相当の還元
  • リボ払い専用
    ┗ただし設定変更で実質一回払いOK
  • (回数分割払いは不可)

  • ショッピング保険
リクルートカード
リクルートカード券面
  • 完全無料
  • 還元率1.2%
    ┗リクルートポイント
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険
楽天カード
楽天カード券面
  • 完全無料
  • 還元率1%
    ┗楽天ポイント
  • 楽天ポイントカード機能付帯
  • 楽天市場で還元率+1%
  • 楽天ペイ併用で還元率最大1.5%

③月に20万円以上、または大きな買い物/高額決済を想定する方におすすめのクレジットカード

あなたが月に20万円以上カードを使うことを想定するのなら、年会費を支払ってでも還元率の高いカードを優先したいところです。

月に20万円以上カードを利用する方におすすめのクレジットカードの例
Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード券面
  • 年会費49,500円
  • 実質還元率2.5%~
    ┗マイルとの交換、ボーナスマイルの獲得を前提とする場合
  • 年150万円以上の決済&カード継続時、一泊二日の無料宿泊特典
  • Marriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格を無条件で付帯
    ☆年100万円の決済でMarriott Bonvoy「プラチナエリート」会員資格付帯
    ┗50%の追加ポイント等 他
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメックス券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率2.25%~
    ┗SAISON MILE CLUB加入時
ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率1.5%~2.0%
    ┗前年度の決済額によって変動
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
    ┗年6回まで
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 年間利用額に応じたボーナスポイント
    ┗最大1万円相当
  • 国際線利用時の手荷物配送無料
    (往路・帰路2つずつ)
  • グルメ、宿泊優待他
JALカード(普通)
JALカード券面
  • 実質年会費5,500円
    ┗マイル還元率1%達成時
  • 実質還元率2.0%~
    ┗マイルを航空券に交換する場合
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
    ┗CLUB-Aカード以上なら+25%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
    ┗CLUB-Aカード以上なら2000マイル
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり

※保険などが充実したゴールドカードもおすすめ

P-one Wiz
P-one Wiz券面
  • 完全無料
  • 実質還元率1.495%
    ┗自動1%引き&残額に0.5%相当の還元
  • リボ払い専用
    ┗ただし設定変更で実質一回払いOK
  • (回数分割払いは不可)

  • ショッピング保険
リクルートカード
リクルートカード券面
  • 完全無料
  • 還元率1.2%
    ┗リクルートポイント
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険

毎月の決済額が大きいほど多くのポイントを獲得できると考えると、ポイント還元分だけで高額な年会費の元を取れる方は意外と多いはずです。

例:セゾンプラチナ・アメックスの場合

1JALマイル=2円相当と見た場合、このカードの実質還元率は2.25%。
年会費22,000円の元を取るために必要な決済額は、

22,000÷0.025=880,000

つまり月あたり約7万3000円カードを使う人なら、特典を度外視しても年会費の元を取れる

そこにさらに特典がプラスされると考えたなら、「ゴールドカードやプラチナカードを作った方がお得だった」という場面も少なくはないでしょう。

④「特定の場所で高還元」なカードは「2枚持ち」で使うとお得

「基本還元率はそれほどでもないが、特定の場所で使うと高還元」なクレジットカードは、2枚目以降の申込先とするのがおすすめです。

クレジットカードの使い分けの例

このように、「特定の場所で使うと高還元」なカードは優待対象のお店でのみ使うことで、メリットだけを活用できるわけですね。

いつものクレジットカードをよりお得に使うテクニック

いつものクレジットカードをよりお得に使うテクニック

ここからは、あなたのクレジットカードをよりお得に使っていくテクニックについて触れさせていただきます。

①「ポイントアップモールを通したネット決済で還元率アップ」が使えるカード会社は多い

クレジットカード会社は、「特定のサイトを通してインターネットショッピングを行えばポイントアップ」といったポイントアップモールを用意していることが多いです。

ポイントアップモールの例

▶楽天グループ「楽天リーベイツ」
▶三井住友カード「ポイントUPモール」
▶JCB「Oki Dokiランド」
▶ジャックス「JACCSモール」 
▶ポケットカード「ポケットモール」 他多数

「楽天市場」などメジャーなショッピングサイトであっても+ 0.5%、特定のサイトであれば+ 10%といったポイント加算を受けられることは珍しくありません。

インターネットでお買い物を行う前には、こういったポイントアップモールを活用できないかチェックしてみるのがおすすめです。

②意外と知らない各カード会社のポイント優待店

クレジットカード会社は、意外なお店などでポイントアップなどの優待を用意していることがあります。

グループ会社ではないお店で優待サービスを受けられることも多々ありますので、お買い物前には各カード会社のインフォメーションを確認してみるのも良いですね。

カード会社が提供する優待の例
楽天カード
三井住友カード
  • マクドナルド+コンビニ2社などでタッチ決済時、還元率5%~
  • 対象店のうち選んだ3店でポイント還元率+0.5%(詳細:公式HP
  • 【学生限定】指定サブスクの支払いで還元率が最大10%(学生ポイント
イオンカード
  • 毎月20日、30日はイオングループ「お客さま感謝デー」で5%オフ
    ┗55歳以上の方に限り、毎月15日の「G.G感謝デー」も5%オフ
  • イオンシネマ優待
  • イオンカード会員優待
    ┗カラオケ、レジャー施設など

③一部のクレジットカードはスマホ決済(QR決済)との組み合わせでポイントアップ

一部のクレジットカードは、スマホ決済との連携でさらに高還元率を実現させられる場合があります。

スマホ決済との連携でお得なクレジットカード
楽天カード
楽天カード券面
  • 完全無料
  • 還元率1%
    ┗楽天ポイント
  • 楽天ポイントカード機能付帯
  • 楽天市場で還元率+1%
  • 楽天ペイ併用で還元率最大1.5%
dカード
dカード券面
  • 完全無料
  • 還元率1%
    ┗dポイント
  • dポイントカード機能付帯
  • 「d払い」併用で還元率1.5%
PayPayカード
PayPayカード券面
  • 完全無料
  • 還元率1%
    ┗PayPayポイント
  • PayPayが使えないお店でも「PayPay」利用実績を獲得し、PayPay決済時の1.5%還元を狙える
    ┗PayPayやPayPayカードそのものの還元率が、すぐに上がるわけではないので注意
au PAYカード
au WALLETカード券面
  • 完全無料
  • 還元率1%
    ┗Pontaポイント
  • au PAY併用で還元率1.5%
au PAYゴールドカード
au PAY ゴールドカード券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1%
    ┗Pontaポイント
  • au PAY併用で還元率2.5%
  • au料金の最大11%還元
  • 空港ラウンジサービスなど

少しでも効率よくポイントを貯めていきたい場合は、クレジットカードとスマホ決済の組み合わせも活用していきたいですね。

クレジットカードのポイントと還元についてのよくある質問と回答

クレジットカードのポイントと還元についてのよくある質問と回答

ここからは、クレジットカード払いで還元されるポイントについてのよくある質問にお答えしていきます。

①クレジットカードのポイントが還元されるのはいつ?

クレジットカードのポイント還元が行われる日は、使うカードによって異なります。

ここではいくつか例を挙げさせて頂きました。

各社のポイント還元日
【楽天カード】
毎月末までのカード利用分を、翌月15日頃に還元(楽天スーパーポイント)
※支払日は27日
【三井住友カード(NL)】
毎月の支払い日が10日なら支払い月の前月の25日頃
毎月の支払い日が26日なら支払い月の当月の10日頃に還元(Vポイント)
※支払日は選択可能
【JCBカードW】
毎月10日の支払い日当日に付与
(Oki Dokiポイント)
【dカード】
利用の数日後に付与

カード会社によって、支払い日より前にポイントが還元されることもあれば、支払い日当日にポイントが届くこともあるということですね。

②ポイント還元率/実質還元率はどうやって計算するの?

「ポイント還元率(マイル還元率)」「実質還元率」は、主に以下のように計算されます。

還元率の概要と計算方法
例:JALカードゴールド
100円につき1マイル(2円相当~)還元
ポイント/マイル還元率決済額に対し、何%分の「ポイント/マイル」が還元されるかを示す。

例:JALカードゴールドのマイル還元率は1%

実質還元率決済額に対し、何円分の「ポイント/マイル」が還元されるかを示す。

例:JALカードゴールドの実質還元率は2%相当~

1ポイント/マイルが1円相当とは限りませんので、「100円につきいくらのポイントが返ってくるか」ではなく「100円につき何円分相当のポイントが返ってくるのか」を重視した方が良いでしょう。

③ポイントは何と交換すると一番お得?

クレジットカードの利用により帰ってくるポイントの使い道は、ポイントによってさまざまです。

ここでは主な例をまとめさせて頂きました。

おすすめのポイント交換先
ポイント使い道
楽天ポイント
Amazonポイント
リクルートポイント
など、1P=1円で使えるポイント
ポイント加盟店などで、1P=1円として使う
航空会社のマイル航空券への交換
(可能なら国際線がベター)
Oki Dokiポイント
(JCB)
「JCBプレモカード」へのチャージ、またはnanacoポイント
Vポイントスマホ決済
または他社ポイントやギフトカードへの交換
ポケットポイント等、カード会社独自のポイント他社ポイントやギフトカードへの交換
※できる限り高レートなものを選ぶこと

「1ポイント=1円で使えるポイント」は、交換のことを考えずそのままお店で使うのが一番手軽です。

一方、「Oki Dokiポイント」をはじめとするカード会社独自のポイントは、ポイント交換先によって実質還元率が変わることが多々あります。

少しでもお得にポイントを使うためには、ポイント交換レートをあらかじめ確認しておきましょう。
 

OkiDokiポイントの交換レート
ポイント交換先交換レート
nanacoポイントまたはJCBプレモチャージ1P→5円相当
※JCBカードWなら実質還元率1.0%
dポイント
Pontaポイント
WAONポイント等
1P→4円相当
※JCBカードWなら実質還元率0.8%
楽天ポイント1P→3円相当
※JCBカードWなら実質還元率0.6%

用途別・おすすめ高還元クレジットカードについてのまとめ

用途別・おすすめ高還元クレジットカードについてのまとめ

主な高還元クレジットカード
リクルートカード
リクルートカード券面
  • 完全無料
  • 還元率1.2%
    ┗リクルートポイント
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険
楽天カード
楽天カード券面
  • 完全無料
  • 還元率1%
    ┗楽天ポイント
  • 楽天ポイントカード機能付帯
  • 楽天市場で還元率+1%
  • 楽天ペイ併用で還元率最大1.5%
P-one Wiz
P-one Wiz券面
  • 完全無料
  • 実質還元率1.495%
    ┗自動1%引き&残額に0.5%相当の還元
  • リボ払い専用
    ┗ただし設定変更で実質一回払いOK
  • (回数分割払いは不可)

  • ショッピング保険
JALカード(普通)
JALカード券面
  • 実質年会費5,500円
    ┗マイル還元率1%達成時
  • 実質還元率2.0%~
    ┗マイルを航空券に交換する場合
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
    ┗CLUB-Aカード以上なら+25%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
    ┗CLUB-Aカード以上なら2000マイル
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード券面
  • 年会費49,500円
  • 実質還元率2.5%~
    ┗マイルとの交換、ボーナスマイルの獲得を前提とする場合
  • 年150万円以上の決済&カード継続時、一泊二日の無料宿泊特典
  • Marriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格を無条件で付帯
    ☆年100万円の決済でMarriott Bonvoy「プラチナエリート」会員資格付帯
    ┗50%の追加ポイント等 他
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメックス券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率2.25%~
    ┗SAISON MILE CLUB加入時
ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率1.5%~2.0%
    ┗前年度の決済額によって変動
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
    ┗年6回まで
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 年間利用額に応じたボーナスポイント
    ┗最大1万円相当
  • 国際線利用時の手荷物配送無料
    (往路・帰路2つずつ)
  • グルメ、宿泊優待他

一口に高還元なクレジットカードと言っても、「年会費が無料か、有料か」「どこで使ってもそこそこ高還元か、特定の条件下で高還元か」といったポイントは異なります。

それぞれのポイント獲得条件を見比べた上で、あなたに合った1枚を選んでみてくださいね。



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト監修

天野 伴 (税理士)税理士/お金管理と仕組み化の専門家 | 天野 伴
税理士事務所所長。企業向けの会計・税務業務のみならず「仕組み化」のコンサルティング業務も展開。家計管理のコツなど、時間と労力を掛けずに自然とお金が貯まる仕組みづくりを得意としている。著作『1行家計簿―――世界一かんたんにお金が貯まる本』他多数