dカードGOLD徹底解説!各特典&マイル系カードとのおトクさ比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dカードGOLD徹底解説!各特典&マイル系カードとのおトクさ比較も※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント

なびお
docomoユーザーには『dカードGOLD』というクレジットカードがおトクらしい。
とは言え1万円の年会費負担には少し抵抗がある……

無料の一般カードとゴールドカードの2グレード展開となる「dカード」

十二分に優秀な一般カードの存在を考えると、1万円(税込1.1万円)の年会費支払いは抵抗を感じやすいかと思いますが……。
あなたがdocomoユーザーであれば心配は不要。このカードを使い、1年間で年会費以上の恩恵を受けることは決して難しくないでしょう。

今回はそんな「dカードGOLD」について、その利点・特典内容や、還元面でライバルとなる航空会社系ゴールドカードとの比較結果をまとめました。

読み終えていただければ、今のあなたがこのカードを作成すべきか分かります。

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント
  • 国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料

結論から言うと…「dカードGOLD」を取得すべきはどんな人?

結論から言うと…「dカードGOLD」を取得すべきはどんな人?

結論から言うと、「dカードGOLD」の取得を検討すべきは、以下の項目に1つ以上該当する方となります。

dカードGOLDはこんな人におすすめ!
  • ステータス性よりは「おトクさ」を重視したい
  • docomoユーザーであり、自分名義の携帯電話、または光回線の料金を自分で支払っている
  • 年間カード利用額が100万円以上である
     (200万円以上であればなお良し)

条件はわりとシンプル。該当する方は多いかと思います。

とは言えこの段階では、上の条件すべてに該当するからと言って「dカードGOLD」への申込みがベスト…と言い切ってしまうことはできません。

申込みの是非は、これから説明していく特典内容や、ライバルカードの存在を踏まえた上で決定することとなるでしょう。

★「自分にdカードGOLDは向いていないみたい…」という場合には、以下のページを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
おすすめのゴールドカードと、ゴールド相当のクレジットカードについて

「dカードGOLD」基本情報とメリット・デメリット

「dカードGOLD」基本情報とメリット・デメリット

ここからは「dカードGOLDを活用できるかも」というあなたのため、このカードについてより詳しく解説させて頂きます。

①dカードGOLDの基本情報

「dカードGOLD」の基本的なスペック・サービス内容は以下の通りです。

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント
  • 国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料
年会費(税込)実質還元率
11,000円
(家族1枚無料)
1.0%
還元ポイント付与方法
dポイント利用額100円につき1ポイント付与
ポイントの使い道国際ブランド
dポイント加盟店での決済
他社ポイントへの交換
携帯料金への充当等
VISA
Mastercard
付帯保険ETCカード
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
航空機遅延補償
ケータイ補償
(docomo)
初年度または年1回の利用で無料
(該当しないとき年550円)
電子マネー支払日
iD
Apple Pay
毎月15日締め
翌10日払い
申込条件
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
一般カードにないその他の利点・特典
一般カード共通の利点・特典
  • dポイントカード機能付き
  • ローソンでのdカード決済で1%ポイント還元

1万円(+税)の年会費は、三井住友カードやJCBといった大手のプロパー(非提携)ゴールドカードと同額。
ステータス性や堅実なイメージが利点となるそれらのカードに対し、「dカードGOLD」の利点はおトクさに尽きるでしょう。

  • ドコモの料金10%還元
    ※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
  • 年1万円のクーポン付与
  • 常時1%の高還元(無料カードも共通)

といった独自の利点は、この「dカードGOLD」を象徴するものとなっています。

★高還元、ローソン優遇、「iD」付帯といった無料カードと共通するメリットについては以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
dカードのメリットとデメリットを解説!
【電子マネーiDとは】概要・利用メリットと3つの導入方法

②ドコモユーザーなら「10%還元(ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント)」だけで年会費の元を取れるかも

「dカードGOLD」の中でも目を引く特典が、「ドコモの携帯料金・ドコモ光で10%還元」でしょう。
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント

仮にドコモに支払っている金額が月1万円程度なら、毎月「税抜き価格の10%」(税込価格の約9%程度)である、900円前後相当が戻ってくる計算に。

これを単純に12倍すると10,800円ということで、ほぼ年会費相当ですね。
このようにドコモユーザーは、ドコモ利用に対する還元分だけで、dカードGOLDの年会費をほとんど補うことが可能です。

また、あなたが

  • ドコモ光を利用している
  • 家族の分の携帯料金を、自分の名義で多めに支払うプランに加入している

といった場合であれば、この特典のみで年会費以上の還元を受けることも難しくはないでしょう。

★税抜10%還元の対象となるのは「ドコモとの通信契約」に関係のある部分(基本使用料、パケット定額料等)のみとなります。
本体代金やアプリへの課金などは10%還元の対象にはなりません
(通常の1%還元は問題なく受けられます)

★実は「(税抜)10%還元」の適用条件は「dカードGOLDを持っていること」であり、「dカードGOLDで支払うこと」ではありません。
(=dカードGOLD会員であれば、dカード以外の支払い方法でも10%還元)

扶養している家族の携帯料金は10%還元の対象になる?

dカードGOLDは、

  • (税抜)10%還元
    ※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
  • ケータイ補償(後述)

のサービスを受けるために、1枚のカードに対し1つの電話番号を紐付けることとなります。家族のもの含め、その他の番号を持つ回線料金や端末に、上記のサービスは適用されません

が、dカードGOLDの家族カードは1枚無料。
家族カード会員にも本会員と同じサービスが適用されることから、「あなたが携帯料金を支払っている、18歳以上の家族」の方には家族カードを発行してもらうと良いでしょう。
こうすれば家族の分まで「10%還元」「ケータイ補償」が適用されます。

★2枚目以降の家族カード年会費は1,100円となります。

★家族カード利用分の請求は本会員に向かいます。また、家族カードの利用明細は本会員がすべて確認可能となります。
ご了承の上でお申し込みください。

★ちなみに、やろうと思えば携帯電話ではなくiPad等の商品を上記サービスに紐付けることも可能です。

③年間利用額100万円で年会費相当のクーポンプレゼント、さらに…。

「dカードGOLD」は、年間利用額に応じた以下の特典が設けられています。

dカードGOLD利用額特典
年間利用額
100万円以上
200万円未満
1万円+税相当の選べる特典
年間利用額
200万円以上
2万円+税相当の選べる特典
「選べる特典」内容(2019年版)

  • ケータイ購入クーポン
  • d fashionクーポン
  • d トラベルクーポン
  • d ショッピングクーポン
  • d デリバリークーポン

「d~」というのはdocomo系列のショッピングサイトですね。(楽天市場のようなもの)

dカードGOLDの年会費は税込1.1万円ですから、年間カード利用額が100万円に達するのであれば、このクーポンだけで年会費を取り戻せます

年間100万円決済のために必要なのは、月当たり約8.3万円の支払い(200万円決済ならその2倍)。
付与クーポンの金額に対し、決して高いハードルではないでしょう。

ちなみに「dカードGOLD」の基本還元率は1%と十分で、メインカードとして利用することに不都合はありません。

★2019年5月に各クーポンを受け取るための、利用額の累計期間は「2017年12月16日~2018年12月15日」だったとのこと。

  • 累計期間があらかじめ決められている
  • クーポン付与までにタイムラグがある

ことは事前に確認しておきましょう。

★2020年2月現在、本年度版の情報が公開されていないため昨年度版の情報を掲載しています。
最新の情報については以下の公式HPをご確認ください。

CHECKdカード公式HP「dカード GOLD年間ご利用額特典」

④追加料金なしで携帯端末の補償を受けられるのも嬉しい

「dカード」系列独自の利点となるのが、「ケータイ補償」。名前の通り、携帯電話の破損や盗難を補償してくれるサービスですね。

同種のサービスは一般カードにも付きますが、補償額や適用期間が全く異なることから、実質「dカードGOLD」独自の特典と言っても良いでしょう。

dカードGOLD、ケータイ補償の概要

  • 補償額は最大10万円 (※一般カードは最大1万円)
  • 補償対象は「dカードに紐付けられた電話番号を持つ端末」
     ┗家族カード紐付け端末も対象
  • 補償期間は「端末購入から3年以内」
    (※一般カードは1年以内)
  • 補償方法は「dカードの請求額から保証金額を減額」
  • 補償の際、新しく購入するのは「破損した・盗難された機種と同一である」こと
     ┗販売されていない場合は原則として、それに近い機種で代用

追加料金なしでこういった補償が付くのは、単純に嬉しいポイントと言って良いでしょう。

画面のひび割れは補償対象外です

★「携帯をわざと壊して補償を受ける」ことを防止するため、補償を受けるためには簡単な審査が必要となります。

⑤旅行保険も航空機遅延補償付き&家族特約付きで充実

独自の特典の豪華さのために、目を向けられることは少ないものの……。
実はこのdカードGOLD、年会費に対して付帯保険もかなり充実しています。

この方面で優れるJCBゴールドには今一歩至らないものの、「三井住友カード ゴールド」に対しては完全に優勢と言って良いでしょう。

※表中(かっこ内)の数字は家族特約
 (配偶者、18歳未満の子供等に適用)
赤字は利用付帯(事前決済を条件に付帯)

2種のゴールドカードの付帯保険比較
dカード
GOLD
三井住友ゴールド
海外/傷害死亡5000万円
+5000万円
(1000万円)
4000万円
+1000万円
海外/治療費300万円
(50万円)
300万円
海外/賠償責任5000万円
(1000万円)
5000万円
海外/携行品50万円
(15万円)
50万円
海外/救援費用500万円
(50万円)
500万円
国内/傷害死亡5000万円5000万円
国内/入院日額5000円5000円
国内/手術費2.5~5万円最高20万円
国内/通院費3000円2000円
航空機
乗継遅延
2万円
航空機
出航遅延
1万円
航空機
手荷物遅延
1万円
航空機
手荷物紛失
2万円
ショッピング
(海外)
300万円300万円
ショッピング
(国内)
300万円300万円
※家族会員には、本会員と同じ保険が適用されます。
※より詳しい内容については公式HPをご覧ください。

dカード独自のメリット、というわけではありませんが、日々のショッピングや旅行に安心をプラスできるというのは、純粋なメリットと言えるでしょう。

⑥ただし有利な条件が揃っていないと、航空会社系カードの方がおトクかも

このように、独自の利点が非常に多い「dカードGOLD」。
同じ特典を持つカードは他にありませんので、他社カードと比較することも難しいのですが……。

「おトクさ」を前提にカードを選ぶ場合に意識しておきたいのは、やはり航空会社系のクレジットカードでしょう。

そして「dカードGOLD」は有利な条件が揃ってる場合であれば、マイルの価値の高さを加味しても航空会社提携カードよりおトクとなります。

ここでは実際に、dカードGOLDと「ANAワイドゴールドカード」を比べてみました。

前提条件

  • ドコモへの支払い額は月2万円
     ┗税抜き18,181円程度
  • それ以外のカード決済額は月15万円
     ┗月間カード利用額は計17万円
     ┗年間カード利用額は計204万円
      (年2.2万円のクーポン還元あり)
  • 1ANAマイル=2.5円相当として計算
     ┗航空券への交換を前提で換算

2つのゴールカードの年間還元額比較
d Gold計64,216円
 ○ドコモ還元月1,818円×12
 ○カード利用月1,700円×12
 ○2.2万円のクーポン還元
ANA Gold計56,000円
 ○カード利用月1,700マイル
  =4,250円相当、×12
 ○毎年2,000マイル付与
  =5,000円相当
参考:
三井住友 Gold
計10,200円
 ○カード利用月170ポイント
  =850円相当、×12

このように、

  • ドコモの月間利用額が多い
  • 年間カード利用額が200万円に達する

あるいは単に旅行や航空券取得に興味が無い、という場合には、「dカードGOLD」が最もおトクなカードになると考えられます。
「ケータイ補償」の存在もあって、申込み先はこのカードに決めてしまって良いでしょう。

一方、

  • そこまでドコモの利用額が高いわけではない
  • 年間カード利用額は200万円未満
  • 価値の高いマイルを積極的にを貯めていきたい

といった場合には、結果的に航空会社系カードの方がおトクとなるかもしれません。

どちらの方が高い還元を受けられるか、微妙な結果となりそうな場合には、

  • 貯めたポイントを旅行と買い物のどちらに使いたいか

が決め手となることでしょう。

参考:年間利用額100万円程度の場合の還元額計算例(クリック/タップで開閉)
前提条件

  • ドコモへの支払い額は月1万円
     ┗税抜き9,090円程度
  • それ以外のカード決済額は月10万円
     ┗月間カード利用額は計11万円
     ┗年間カード利用額は計132万円
  • 1ANAマイル=2.5円相当として計算

2つのゴールカードの年間還元額比較
d Gold計35,108円
 ○ドコモ還元分
  月909円×12
 ○カード利用分
  月1,100円×12
 ○1.1万円のクーポン還元
ANA Gold38,000円
 ○カード利用月1,100マイル
  =2,750円相当、×12
 ○毎年2,000マイル付与
  =5,000円相当

★ANA航空券購入時のボーナスマイルを考慮する場合、ANAの方がもう少し有利となります。

★ただしANAワイドゴールドカードの年会費はdカードGOLDより4,400円高額です。

参考:ANAワイドゴールドカードの基本情報(クリック/タップで開閉)

ANAワイドゴールドカード
年会費還元
15,400円1000円につき10マイル還元
国際ブランドETCカード
JCB
VISA
Mastercard
年会費、発行手数料ともに無料
付帯保険支払日
海外旅行保険
国内航空傷害保険
ショッピング保険
※JCBのみ航空機遅延補償付き
毎月15日締め
翌10日払い
その他
  • 年会費支払い時(入会/更新時)に2,000マイル付与
  • ANA航空券購入の際の付与マイル+25%
  • その他ANA系列、空港内ショップ優待
  • 国内空港ラウンジ
  • JCBブランドに限り、海外空港ラウンジ利用可(ただし入場料32US$)

「ANAワイドゴールドカード」には、2つの発行元が存在します。

  • JCB社…JCB
  • 三井住友カード社…VISA、Mastercard

保険内容、海外空港ラウンジサービス、その他特典等に優れるのは「JCB」社の方ですので、基本的にはこちらを選んで構いません。
(ゴールドカードの付帯保険内容は原則としてJCB>dカード>三井住友)

ただしJCBは海外の加盟店が少ないため、これを考慮するならVISAまたはMastercardを選択しても良いでしょう。

★もちろんJALなど、その他の航空会社との提携カードを選んでも良いのですが、ゴールドカードの年会費はANAの方が安いためこちらを掲載させて頂きました。
(ちなみにマイル還元率1%を実現させるだけならJALの方が計5,500円と安価)

参考:ANAマイルの価値の計算例(クリック/タップで開閉)
ハイシーズン
(往復18,000マイル)
往路
  • 2020年5月2日(土)
  • 東京→新千歳、普通席
  • 運賃は2.9万円程度
  • (スーパーバリューアーリー利用時)

    帰路
  • 2020年5月6日(日)
  • 新千歳→東京、普通席
  • 運賃は2.3万円程度
  • (スーパーバリューアーリー利用時)

    合計
  • 「スーパーバリューアーリー」を使い現金で航空券を購入した場合の価格は計5.2万円程度
  • →このとき18,000マイルの価値は5.2万円程度
    1マイルの価値は約2.88円

    ローシーズン
    (往復12,000マイル)
    往路
  • 2020年4月18日(土)
  • 東京→新千歳、普通席
  • 運賃は1.8万円程度
  • (スーパーバリューアーリー利用時)

    帰路
  • 2020年4月19日(日)
  • 新千歳→東京、普通席
  • 運賃は1.5万円程度
  • (スーパーバリューアーリー利用時)

    合計
  • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」を使い現金で航空券を購入した場合の価格は計3.3万円程度
  • →このとき12,000マイルの価値は3.3万円程度
    1マイルの価値は約2.75円

    ★その他、高級ホテルの利用に興味があるのなら、「SPGアメックス」カードの取得も併せてご検討ください。
    (JAL・ANA両方にマイル移行可、2年目以降の更新時にホテル1泊無料特典、など)

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • dカードGOLDの主な利点は以下の通り。
      • ドコモの通信料は税抜10%還元
        ※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
      • 利用額に応じ1万円または2万円+税のクーポン還元
      • 3年間の携帯破損・紛失補償
      • 年会費に対し充実した付帯保険
    • どれくらいおトクに使えるかはその人のカード利用額やドコモの利用状況によって変わってくるが、有利な条件下であれば実質還元率2.5%のANAゴールドより高還元に。
      この場合、「dカードGOLDが元もおトクなクレジットカード」と推測される
    • ドコモの利用額が高い
    • 年間カード利用額が100万円(できれば200万円)に達している

    といった要件を満たすことで、場合によっては航空会社提携カードよりもおトクとなる「dカードGOLD」。

    特に毎月ドコモへ支払う通信料が気になっているのなら、「クレジットカードを作る」ことが意外な緩和策となってくれるかもしれません。

    dカードGOLDの基本情報

    カード名dカードGOLD
    申込み資格
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
  • 審査時間最短即日
    到着までの目安1週間程度~
    入会金無料
    年会費11,000円
    支払日毎月15日締め
    翌10日払い
    支払い方式1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、分割払い
    担保なし
    保証人不要
    必要書類原則不要
    (インターネット上での口座登録時)
    金融機関名三井住友カード株式会社
    住所・所在地東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング
    電話番号お住まいの地域による
    貸金業登録番号近畿財務局長(12)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号
    新規お申込はこちら「dカードGOLD」公式サイト
    dカードGOLD

    ポインコデザインデザイン券面

    dカードETCカード券面

    年会費11,000円
    (家族1名無料)
    ETC
    年会費
    年550円
    ※初年度無料
    ※年1回のETC利用で無料
    国際
    ブランド
    還元率1.0%
    (dポイント)
    • dポイントカード機能付き
    • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
    • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント
    • 国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。