1分で分かる!ダイナースクラブ・ステータス性以外のメリット:特典一覧~提携カード比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「それなりに収入も上がってきたことだし、憧れのダイナースクラブカードに手が届くかも。
とは言えステータス性だけのカードなら、年2万円以上を支払うのはちょっと…。」

結論から言うとダイナースクラブカードには、「人によっては」年会費相当、またはそれ以上の価値を持つ特典やメリットが備わっています。
それなりに人を選ぶカードであることは間違いないのですが、もしダイナースクラブの利点があなたにフィットするものなら、他社のプラチナカード等よりもダイナースの選択が優先されることでしょう。

そこで今回は、ダイナースクラブカード(提携カード含む)の特典やメリット・デメリットを簡潔に、分かりやすくまとめさせて頂きました。
読み進めて頂ければ、今のあなたがダイナースクラブカードへ入会するべきか、もしそうならどのカードを選ぶべきかが分かります。

ステータスカードランキング
ラグジュアリーカード
年会費50,000円+税
重く冷たい、金属製のカードが人気。インビテーション無く申し込める。
ダイナースクラブカード
年会費22,000円+税
ステータスカードの代名詞。限度額に一律の制限無し!
アメリカン ・エキスプレス・カード(グリーンカード)
年会費12,000円+税
トップクラスの知名度。世界700以上のVIP空港ラウンジを年会費無料で

1分でチェック!ダイナースクラブカードに入会するメリットって結局何?

1分でチェック!ダイナースクラブカードに入会するメリットって結局何?
ダイナースクラブカードを取得する意味を、簡潔にまとめてしまうと以下のようになります。

★1分でチェック!ダイナースクラブカードのメリット
(1)審査難易度や「利用可能枠に一律の制限なし」に裏付けられるステータス性
(2)高級レストランやトラベル関係(特に海外)での優待
(3)ANAやJAL等の提携カードを選べば実質還元率2%~と高還元
┗飛行機を利用しない場合でも還元率1%
→特に相性が良いのは「航空券を取得し海外に行くor高級レストラン等を利用する機会のある」

ステータスカードは一般にコストパフォーマンスが悪いものとされていますが…。

ダイナースクラブの場合は提携カードも非提携カードも特典内容が大きく変わりません。
そのためANAやJAL等の提携カードを選べば、ダイナースならではの利点と航空会社系ならではの高還元やマイル優待等を両立可能となります。

こうして見れば、実用面・コストパフォーマンス面でもダイナースクラブを選ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

…が、一方で

  • 航空会社のマイルに用がない
  • 旅行や高級レストランにも縁がない
  • という場合、あえてダイナースを選ぶ意味は「ステータス性」に集約されてきそうです。

    ダイナースクラブカード会員が受けられる特典一覧

    現行のダイナースクラブカードの基本情報と、特典内容をまとめると以下のようになります。

    ▲▼ダイナースクラブカード
    年会費24,200円
    (非提携カードの場合)

    ※提携カードは+数千円~

    国際ブランドDiners Club
    ポイント仕様100円ごとに0.4円相当の1ポイント還元
    (=実質還元率0.4%)
    ┗ポイントをTポイントに交換する場合

    ※ANAダイナース等、航空会社提携カードならマイル還元率1%で実質還元率2%~

    付帯保険海外旅行保険
    ┗最高1億円
    国内旅行保険
    ┗最高1億円
    ショッピング保険
    ┗年500万円
    ※航空機遅延補償等は付かない
    追加カード家族カード
    ┗年5,500円
    ETCカード
    ┗年会費、発行手数料無料
    コンパニオンカード(後述)
    電子マネーApplePay
    その他特典等(ダイナースクラブ共通)
    その他特典等(コンパニオンカード)
    非提携のダイナースクラブカードに限り「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が無料付帯
    ┗通常年会費3,300円

    • 還元率0.5%相当
    • MastercardブランドなのでDinersが使えないお店でも幅広く利用可
    • レストラン優待
      ┗所定コースで1名分無料、ダイナースとは一部内容が異なる

    ※ANAダイナース等、提携カードは対象外
    ※扱いは家族カードのようなもので、支払いは本カード(ダイナース)に一本化

    ANA、JALダイナースカード特典
    • マイル還元率1%
    • 新規入会で以下のボーナスマイル付与
      • 2,000マイル(ANA)
      • 5,000マイル(JAL)
    • カード継続で毎年2,000マイル付与(ANA/JAL)
    • フライトマイル+25%(ANA/JAL)
    • その他ANA/JALや空港関連の優待あり
    その他備考
    JCBとの提携により、国内のJCB加盟店で利用可(ただし一部例外あり)

    特典内容はグルメ・トラベル関係に固まっていますね。外食がお好きだったり、会食の機会が多かったりするのなら、ダイナースのグルメ特典のみで年会費の元を取ることも難しくはないでしょう。

    トラベル関係の優待内容は、正直なところこの価格帯のカードと比べ、特別優れているというわけではありませんが…。
    やはり無料で海外空港ラウンジを利用できるというのは、特筆すべき点の1つです。

    逆に言うと、高級レストランや宿泊施設、あるいは海外に行く機会も予定もないようでしたら、ダイナースクラブカードを存分に活躍させることは難しいかもしれません。

    「利用可能枠に一律の制限なし」って実際どういうこと?

    ダイナースクラブカードのステータス性を裏付ける、理由の一つとなっているのが「利用可能枠に一律の制限なし」という特徴。
    要は決まった限度額がないわけですね。

    だからと言って、もちろん無限にカードを使えるわけではありませんが…。
    又聞きではあるものの、輸入車の購入にダイナースクラブカードを使ったという話も聞いたことがありますので、かなりの高額決済が可能であることは間違いありません。

    さすがにそれくらい大きな買い物をしたい場合には、事前にダイナースクラブへ連絡を入れることが推奨されています。
    ただ「限度額がない」というのはダイナースの特別性を示す重要なポイントだと言えるでしょう。
    他のカードに比べ、審査難易度が高いことにも納得できるかと思います。

    ちなみに似たような立ち位置のアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)の方も一律の限度額を提示しませんが…。

    そちらはインターネットサービスを使い「実質いくらまでの決済が可能か」確認できる形となっていますので、本当に「限度額が設けられていない」ダイナースとはやはり異なります。
    アメックスのグリーンカードに比べれば、ダイナースの方が取得難易度もずっと高いですしね。

    還元率を考えると「飛行機を利用する機会がなくても」提携カードを選びたい

    還元率を考えると「飛行機を利用する機会がなくても」提携カードを選びたい
    基本的に、ダイナースの場合はプロパーカード(非提携カード)よりも航空会社等との提携カードの選択が推奨されます。
    ここではそのように言い切れる理由について見ていきましょう。

    ①ダイナースの航空会社提携カード

    「プロパーカードより提携カードの方がおすすめ」と言える理由はごく簡単。

    具体的に挙げると、
    (1)還元率が圧倒的に高い
    ┗2倍以上~場合によっては10倍以上
    (2)提携カードになっても「ダイナースクラブ」が提供する特典がほとんど削減されない
    ┗例外はコンパニオンカードだが、多くの特典はダイナースの本カードと被るので問題なし
    (3)提携会社(ANA、JAL等)の特典が大きく上乗せされる
    といった事情によります。

    特典が増える分年会費も上がるものの、還元率のアップ分で問題なくペイできますので、そちらもあまり気にしなくて良いでしょう。

    ダイナースクラブの航空会社提携カードは以下の通りです。

    ★主な提携ダイナースクラブカード
    ANAダイナースカード
    ANAダイナースカード券面
    • 年会費29,700円
    • マイル還元率1%(ANA)
    • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
    • フライトマイル+25%
    • その他ANAや空港関連の優待あり
    JALダイナースカード
    JALダイナースカード券面
    • 年会費30,800円
    • マイル還元率1%(JAL)
    • 入会特典5,000マイルプレゼント
    • 継続特典毎年2,000マイルプレゼント
    • フライトマイル+25%
    • その他JALや空港関連の優待あり
    • ※同じ区間だとANAよりJALの方が必要マイルが少ないことが多い(国内線ローシーズン除く)

    デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
    デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード券面
    • 年会費30,800円
    • マイル還元率1.5%(スカイマイル)
      ┗飛行機関連以外のサービスには利用しづらい
    • 入会特典10,000マイルプレゼント
    • 継続特典毎年3,000マイルプレゼント
    • フライトマイル+25%
    MileagePlus ダイナースクラブカード
    MileagePlus ダイナース券面
    • 年会費30,800円
    • マイル還元率1%(マイレージプラス)
    • 入会特典5,000マイルプレゼント(条件あり)
    • 継続特典毎年2,000マイルプレゼント(条件あり)
    MileagePlus ダイナースクラブファーストカード
    MileagePlus ダイナースクラブファーストカード券面画像
    • 年会費47,300円
    • マイル還元率1.5%(マイレージプラス)
    • 入会特典10,000マイルプレゼント(条件あり)
    • 継続特典毎年3,000マイルプレゼント(条件あり)
    ※グルメ、トラベル関連他、ダイナースクラブ特典は共通
    ※その他「ニューオータニクラブ」「BMW」提携カード、「銀座ダイナースクラブ」カードあり

    一見すると高還元な「デルタ航空」提携カードが気になるところですが、そちらはマイルの用途が限定されるため、デルタ航空ユーザーでなければおすすめしづらいのが実際のところ。

    特にデルタ航空、ユナイテッド航空を利用する機会がないなら、ANAまたはJALダイナースを選ぶのが無難かと思います。

    ちなみにANAやJALのマイルは、国内線搭乗券への交換を前提とする場合、1マイルあたり2円前後~の価値を持つのが一般的ですね。(国際線であればその2~3倍となる場合も)
    そのため、ANA/JALダイナースの実質還元率は2%相当~となります。

    参考航空券交換に必要なマイル
    ANAJAL
    羽田⇔
    大阪
    名古屋
    10,000マイル
    ※ローシーズン(閑散期/6月中など)
    12,000マイル
    ※レギュラーシーズン
    15,000マイル
    ※ハイシーズン(繁忙期)
    ※以下同様
    12,000マイル
    羽田⇔
    札幌
    福岡
    沖縄
    12,000マイル
    15,000マイル
    18,000マイル
    15,000マイル
    日本⇔
    北京
    台北
    グアム
    17,000マイル
    20,000マイル
    23,000マイル
    20,000マイル
    日本⇔
    ホノルル
    35,000マイル
    40,000マイル
    43,000マイル
    40,000マイル
    日本⇔
    ロンドン
    45,000マイル
    55,000マイル
    60,000マイル
    45,000/52,000マイル
    (使用機により変動)
    日本⇔
    パリ
    52,000マイル

    ★ちなみに各マイルに交換できる、ダイナースのポイントに有効期限はありません

    ★非提携のダイナースクラブカードとは異なり、航空会社提携カードに移行マイル数の制限はありません

    ②マイルの価値を考えると「飛行機を利用する機会がなくても」提携カードの方がおトク

    航空会社提携カードと言うと、飛行機を利用する機会の無い方にとっては選択肢に入らないように思えます。
    実際、多くの場合でそれは正しいのですが…。

    ダイナースクラブの場合はその例外
    というのもダイナースのプロパーカード(非提携カード)は、0.4%程度の還元率しか持ちません。
    (ポイントをTポイントに交換する場合/キャッシュバック等に利用する場合はさらに低下)

    これに対し、ANAやJALのマイルは他社ポイントに交換する場合であっても1マイルあたり1円相当の価値を保ちます。
    つまり飛行機を利用しない場合でも還元率1%をキープできるということで、ANAやJAL提携カードを選べば実質還元率を最低でも2.5倍相当にできるわけですね。

    参考:ANAマイルの交換先例
    • 楽天ポイント
      (1万マイル→1万ポイント)
    • Tポイント
      (1万マイル→1万ポイント) 他

    マイルの価値と年会費を照らし合わせると、

  • 飛行機を利用する機会がある…同じ区間で必要マイルが少なくて済むことが多い「JAL」
  • 飛行機を利用する機会がない…年会費が若干安い「ANA」
  • を選ぶのが基本になるかと思います。

    ただしプレミアムカード+コンパニオンカードを狙う場合はプロパーカードがベター?

    実質還元率のことを考えると、飛行機の利用機会がある方はもちろん、そうでなくても優先度の高い「航空会社提携カード」。

    …ではあるものの、もしもあなたが

  • 完全招待制の「ダイナースプレミアムカード」(年会費14.3万円)を狙いたい
  • その際、無料で取得できる「TRUST CLUB ワールドエリートカード」がほしい
  • …という場合には、例外的にプロパーカードの選択が推奨されます。

    ANAダイナースにもプレミアムカードは存在するものの、「TRUST CLUB ワールドエリートカード」は付帯しないためですね。
    (JAL等、他の航空会社提携カードにはプレミアムカードの取り扱いなし)

    …が、逆に言うと上の2つの条件に該当しないなら、申込先はほぼ「ANA」か「JAL」の提携カードに決めてしまってよいだろうと思います。

    TIPS:JAL・ANA提携カードの中ではダイナースが最も安価に海外空港ラウンジを利用可能

    TIPS:JAL・ANA提携カードの中ではダイナースが最も安価に海外空港ラウンジを利用可能
    先述の通り、ダイナースは(アメックスと違い)提携カードだからといって特典が剥奪されることがほとんどありません。
    そのためANAやJAL等との提携カードであっても、ダイナースクラブと提携する「海外空港ラウンジ」を無料で利用可能です。

    そして他社カードの場合、海外空港ラウンジを利用できるのは主にプラチナカード相当から。

    その結果としてダイナースクラブは「ANA提携」または「JAL提携」のクレジットカードの中では、最も安価に海外空港ラウンジを利用できる存在となるんですね。

    参考他社提携カードとの比較(ANA)
    ANAダイナースカード
    ANAダイナースカード券面
    • 年会費29,700円
    • マイル還元率1%(ANA)
    • 入会、継続で毎年2,000マイルプレゼント
    • フライトマイル+25%
    • その他ANAや空港関連の優待あり
    ANAダイナースの審査通過目安と「ダメ元」申込みガイド:審査落ち後の代替カード情報も
    2021.09.08
    ANAカードプレミアム(VISA、Mastercard)
    券面
    • 年会費88,000円
      (VISA、Mastercard)
    • マイル還元率1.5%
    • 国内、海外空港ラウンジ
    • 入会特典10,000マイルプレゼント
    • 継続特典毎年10,000マイルプレゼント
    • コンシェルジュサービス
    • フライトマイル+50%
    • その他JALや空港関連の優待あり
    参考他社提携カードとの比較(JAL)
    JALダイナースカード
    JALダイナースカード券面
    • 年会費30,800円
    • マイル還元率1%(JAL)
    • 国内、海外空港ラウンジ
    • 入会特典5,000マイルプレゼント
    • 継続特典毎年2,000マイルプレゼント
    • フライトマイル+25%
    • その他JALや空港関連の優待あり
    JALプラチナカード(JCB/Amex)
    JALプラチナカード券面
    JAL アメックス プラチナ券面
    • 年会費34,100円
    • マイル還元率1%(JAL)
    • 国内、海外空港ラウンジ
    • 入会特典5,000マイルプレゼント
    • 継続特典毎年2,000マイルプレゼント
    • フライトマイル+25%
    • コンシェルジュサービス
    • その他JALや空港関連の優待あり

    ダイナースクラブカードは航空会社提携カードの中では「ゴールド」相当として扱われるため、航空会社関係の特典などは上位カードに比べると一部見劣りしますが…。

    コスパ度外視で語られがちなステータスカードでありながら、「最も安価に有効な特典を利用できる」という側面を持つのは特筆すべき点だと言えます。

    ★ダイナースクラブと提携を結んでいる海外空港ラウンジについては、以下の公式HP情報をご覧ください。

    ダイナースクラブ公式HP「海外空港ラウンジ」

    ★ちなみに航空会社提携のカード以外も含めると、最も安く海外空港ラウンジサービスを使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」(年1.1万円)となります。

    注意!海外ではAmexよりも使えるお店が少ない

    注意!海外ではAmexよりも使えるお店が少ない
    これまで解説してきた通り、空港・トラベル関連の特典が多いダイナースクラブカード。
    ということで、もちろん海外に出向く機会のある方との相性が良いのは間違いないのですが…。

    ここで重大な問題となりうるのが、「海外ではそもそもダイナースを使えるお店が少ない」こと。

    もちろん国や地域による部分はあると思いますが、少なくともわたしがしばらく滞在したことのあるフランス語圏の地域では、空港以外でダイナースのロゴマークを見かけることは無かったように思います。
    どこのお店も、使えるのはほぼVISAとMastercardだけでした。
    (たま~にアメックスが加わる程度)

    この問題に関しては、VISAやMastercardのサブカード(コンパニオンカード含む)を持っておけば一応解決できなくもないのですが…。

    海外ではダイナースをメイン使いしづらいという点については、あらかじめ知っておく必要がありそうです。

    ★ちなみに日本国内においてもダイナースのロゴは他ブランドに比べて見かけませんが…。
    現在のダイナースクラブはJCBと提携していますので、「JCB」ステッカーのあるお店であればダイナースカードを利用可能です。
    (一部例外もあるようですが)

    審査難易度はいまだ高く、必要な年収の目安は500万円~

    審査難易度はいまだ高く、必要な年収の目安は500万円~
    上級とされるクレジットカードの取得難易度が落ちているとされる昨今。
    実際、アメックスのグリーンカードでは年収200万円台という方の通過報告すら聞かれますが…。

    ダイナースクラブカードは一時期存在した年収制限を取り払ってなお、「高難易度」の位置をキープし続けています。
    例外がないわけではありませんが、審査通過者の多くは年収500万円以上となっていますね。

    参考ダイナースクラブカードの入会審査結果
    可決年収450万円
    会社員
    可決年収500万円
    会社員
    否決年収500万円
    会社員
    30万円程度のリボ債務あり
    可決年収600万円
    会社員
    否決年収700万円
    会社員
    20代、審査落ち理由不明(年齢?)

    とは言え「簡単に手に入れられるダイナースクラブカードじゃ意味がない」という方も多いでしょうから、入手難易度が高めであることをデメリットだとは言えません。

    FAQ:ダメ元で審査を受けてもいいですか?審査落ちにデメリットはありますか?

    FAQ:ダメ元で審査を受けてもいいですか?審査落ちにデメリットはありますか?
    はい、1つのクレジットカードの審査に落ちてしまうことに大したデメリットはありませんので、「ダメ元」での申し込みも十分視野に入ります。

    ただし一般に、再審査を受けるには6ヶ月の日数を開ける必要がありますので、6ヶ月以内に属性が向上する(家を持つ、収入が上がる等)可能性があるのなら、それを待って申し込みを行った方が良いかもしれません。

    FAQ:完全招待制のダイナースプレミアムカードについて知りたいのですが。

    基本情報は以下の通りです(非提携カードの場合)。

    券面

    ▲▼ダイナースクラブ プレミアムカード
    年会費(税込)基本還元率
    143,000円
    (家族無料)
    0.3%相当
    ※非提携カードの場合
    国際ブランドETCカード
    Diners Club無料
    付帯保険入会条件
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    ゴルファー保険
    キャンセル補償
    交通事故保険
    非公開
    主な特典
    • コンシェルジュサービス
    • 海外空港ラウンジサービス
    • 国内空港ラウンジサービス
    • 「TRUST CLUB ワールドエリートカード」の無料付帯(※非提携カードに限る)
      ┗国際線利用時の手荷物配送3つ無料等
    • グルメ優待等 その他非公開
  • ダイナースクラブカード(非提携)
  • ANAダイナースカード
  • のいずれかを利用し続けた場合には、ダイナース側からプレミアムカードの招待が届く場合があります。

    年会費の高さのため誰にでもおすすめ…とは到底言えませんが、興味があるなら積極的にダイナースクラブカードでの決済を進めたいところです。

    ダイナースクラブカードのメリットと特性についてのまとめ

    ダイナースクラブカードのメリットと特性についてのまとめ

    ★ダイナースクラブカードの特典は「高級レストラン」「宿泊」「トラベル・空港関連」に偏っている
    「利用可能枠に一律の制限なし」に裏付けられるステータス性はやはり唯一無二
    ★マイルの価値を考えると飛行機の利用機会がない場合でもANAまたはJAL提携カードの選択推奨
    ★「ANAまたはJAL提携カード」として考えると、海外空港ラウンジサービスを使えるカードの中では最安価となりコスパも◎
    ★国内ではJCB加盟店での決済が可能だが、海外ではまったく加盟店が見当たらない場合もあるためVISAやMastercardのサブカードは必須か

    高級志向でまったくクセがないとは言えないものの、特に飛行機や高級レストランを利用する機会がある方にとってはメリットも多いダイナースクラブカード。

    審査難易度は高いですが、それ含めてのブランド価値であることは間違いありません。
    年会費相当の魅力を感じたなら、チャレンジしてみる価値のあるカードだと言えるでしょう。

    ダイナースクラブカード
    年会費24,200円
    ※航空会社提携カードは数千円上乗せ
    ETC
    年会費
    発行手数料、年会費共に無料
    国際
    ブランド
    Diners Club還元率0.3%相当
    (通常カード)
    2.0%相当~
    (航空会社提携カード、航空券取得時)
    • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
    • 帰国時の手荷物一個配送無料
    • その他ゴルフ、エンタメ優待など

    ▲▼ダイナースクラブカード
    年会費24,200円
    (非提携カードの場合)

    ※提携カードは+数千円~

    国際ブランドDiners Club
    ポイント仕様100円ごとに0.4円相当の1ポイント還元
    (=実質還元率0.4%)
    ┗ポイントをTポイントに交換する場合

    ※ANAダイナース等、航空会社提携カードならマイル還元率1%で実質還元率2%~

    付帯保険海外旅行保険
    ┗最高1億円
    国内旅行保険
    ┗最高1億円
    ショッピング保険
    ┗年500万円
    ※航空機遅延補償等は付かない
    追加カード家族カード
    ┗年5,500円
    ETCカード
    ┗年会費、発行手数料無料
    コンパニオンカード(後述)
    電子マネーApplePay
    その他特典等(ダイナースクラブ共通)
    その他特典等(コンパニオンカード)
    非提携のダイナースクラブカードに限り「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が無料付帯
    ┗通常年会費3,300円

    • 還元率0.5%相当
    • MastercardブランドなのでDinersが使えないお店でも幅広く利用可
    • レストラン優待
      ┗所定コースで1名分無料、ダイナースとは一部内容が異なる

    ※ANAダイナース等、提携カードは対象外
    ※扱いは家族カードのようなもので、支払いは本カード(ダイナース)に一本化

    ANA、JALダイナースカード特典
    • マイル還元率1%
    • 新規入会で以下のボーナスマイル付与
      • 2,000マイル(ANA)
      • 5,000マイル(JAL)
    • カード継続で毎年2,000マイル付与(ANA/JAL)
    • フライトマイル+25%(ANA/JAL)
    • その他ANA/JALや空港関連の優待あり
    その他備考
    JCBとの提携により、国内のJCB加盟店で利用可(ただし一部例外あり)
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
    • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。