【公共料金の支払い不可】楽天ペイのポイント制度&2%還元のための注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メルマガで案内の届いた<楽天ペイ>
普段のカード払いよりおトクにポイントが付くのなら使ってみたいけれど……?」

楽天グループの提供するQRコード決済サービス「楽天ペイ」
店員さんにスマートフォンの画面を見せて支払うこのアプリを使えば、ほぼ無条件で0.5%または1%の還元率をプラスすることができます。
が、一番メジャーな加盟店「ローソン」「ファミリーマート」では一部決済(公共料金の支払い等)が制限されることもあり、短期間で多くのポイントを貯めるのは少し難しいかも……。

今回は「おトクさ」の方面から見た「楽天ペイ」が気になるあなたのため、このアプリの基本的なサービス内容や利用上の注意点をいくつかまとめました。
読み終えていただければ、あなたがこのアプリを今後どのように利用していくべきかが分かります。

1分でチェック!このページと「楽天ペイ」ポイント制度の概要
1分でチェック!このページと「楽天ペイ」ポイント制度の概要
もらえるポイント 楽天スーパーポイント
(いわゆる「楽天のポイント」、楽天市場などで利用可)
還元率 1.0%:100円につき1ポイント(楽天カード利用時)
0.5%:200円につき1ポイント(その他のカード)
※月当たりの利用額ではなく、「1回あたりの支払い額」に応じ計算
ポイント付与条件 「楽天ペイ」を使ったすべての決済
コンビニでの公共料金の支払いなどは不可
※加盟店(使えるお店)についてはこちらのページ参照
ポイント付与タイミング 原則支払いの翌々月の2日~5日頃
有効期限 最後にポイントを獲得した月から1年
(期間限定ポイントを除く)

★そもそも「楽天ペイ」って何?どうやって支払うの?といった場合には、先に「楽天ペイの概要と基本的な使い方」ページをご覧ください。

「楽天ペイ」の基本的なポイント制度について

まずは「楽天ペイ」の利用によりもらえるポイントの概要についてお話していきます。

①「楽天ペイ」を通し決済するだけでポイント還元率が0.5%または1%アップ!

楽天ペイ」とは、アプリ上に表示されるQRコード(またはバーコード)を提示し、店員さんに読み取ってもらうことで決済を行うサービス。請求は原則として、あらかじめ紐づけておいたクレジットカードに向かいます(ポイントがあればポイント払いも可)。

そしてこの「楽天ペイ」のメリットは、決済に応じて確実に、紐付けておいたクレジットカードとの請求分とは別にポイントが貰えること。要は通常のクレジットカード払いの上から、楽天ペイ利用によるポイントが上乗せされるわけですね。

「楽天ペイ」利用によるポイント還元率
「楽天カード」を紐づけた場合 +1.0%
(100円につき1ポイント)
その他のカードを紐づけた場合 +0.5%
(200円につき1ポイント)
※別途、紐付けカードの種類に応じたポイントが貯まります。
(楽天カードなら100円につき1ポイント、三井住友カードなら1000円につき5円相当の1ポイント等)

「楽天ペイ」の利用で貰えるのは紐付けカードにかかわらず「楽天スーパーポイント」、「いわゆる楽天のポイント」です。

あわせて読みたい 貯めた「楽天スーパーポイント」は1ポイント=1円としてさまざまな場所で利用できる

ご覧の通り「楽天カード」ユーザーは還元率の面で優遇されますので、後述の決済アプリ「Kyash」を利用しないのであれば、素直に楽天カードを紐づけておきたいところ。
この場合はカードの利用と「楽天ペイ」の利用で同じ種類のポイントが貯まりますので、管理もしやすいかと思います。

あわせて読みたい 楽天ペイの使い方>事前準備(クレジットカードの紐付け)について

★ポイントは1回1回の支払い金額に応じ、個別に与えられます。
よって100円(楽天カード利用時)または200円(その他のカード利用時)未満の決済のために「楽天ペイ」を使っても、「楽天ペイ」利用分のポイントを受け取ることはできません。ご承知おきください。

★還元ポイントは「税込み価格」(=請求額)を基準に計算されます。
(本体価格380円、税込み410円の決済時、楽天カードを紐づけておけば4ポイント還元)

★クレジットカード自体に特定のお店での優待特典が付いている場合に限っては、「楽天ペイ」を通さない方がおトクとなる可能性があります。お気を付けください。

例:三井住友カードにおけるコンビニ・マクドナルドでのポイント優待dカードにおけるローソン優待

★VISAまたはMastercardのロゴが付いているのなら、デビットカードやプリペイドカードの紐付けも可能です。

②有効期限を気にする必要が無いのも嬉しい(期間限定ポイントを除く)

ポイントが貯まる、新しいサービスを利用する上で気になるのがその「有効期限」ですが……。

「楽天ペイ」の利用で貰える「楽天スーパーポイント」の有効期限は、「最後にポイントを貰った月から1年間」。要は1年に1回以上、楽天ペイや楽天カード、そして楽天市場(決済方法問わず)はじめとする楽天系のサービスを利用するのなら、失効することはないわけです。多くの利用者にとって、ポイントを失効させてしまう心配は不要でしょう。

ただしあなたが何らかの楽天系列のキャンペーンに参加したり、特典を受け取ったりした場合には、有効期限の短い「期間限定ポイント」が付与されます。
有効期限はキャンペーン・特典によって異なりますが、1ヶ月程度の短い期限が設定されていることも多いです。
これを手に入れた場合には、極力早く使い切れるようお気を付けください。

▲2019年3月以降、はじめて楽天ペイを利用された方全員が対象となる「1,000ポイント付与」特典の公式情報。
ポイント付与が条件達成の翌々月末、有効期限がその翌月末となると、見逃す可能性も高そうです。

例:4月1日に特典条件をクリアした場合、ポイントが付与されるのは6月末頃、有効期限は7月末

ポイント残高や期間限定ポイントの有効期限は「楽天Point Club」会員ページからを閲覧
できますので、こまめにチェックしておけると良いですね。
(期間限定ポイントの数だけであれば、「楽天ペイ」アプリのトップページでも確認できます)

CHECK楽天Point Club公式HP

③貯めた「楽天スーパーポイント」は1ポイント=1円としてさまざまな場所で利用できる

あなたが「楽天ペイ」の導入を検討されているのなら、おそらく既に何らかの楽天系のサービスを利用したことがあり、「楽天スーパーポイント」についてもどういったものなのか、おおよそご存知のことでしょう。
とは言えここ数年で変わったところもいくつかあるため、改めて解説しておくと……。

知っての通り、「楽天スーパーポイント」(=Rポイント、楽天ポイント)は楽天市場をはじめとする楽天系サービスにて、1ポイント=1円として利用可能。楽天系のサービスであれば、ポイント払いとその他の決済方法を組み合わせることもできます。

そして最近は、このポイントを使える楽天系列外の実店舗も増えてきました。主なところだとマクドナルド、ミスタードーナツ、デイリーヤマザキ等ですね。
実店舗でポイントを使うためには原則ポイントカードが必要ですが、これは「楽天カード」(クレジットカード)に最初から一機能としてくっついています
(=楽天カード一枚でクレジット機能+ポイントカード機能、ついでに楽天Edyの機能を利用可)
またポイントカードはマクドナルド等で無料で配布されているため、楽天カードをお持ちでないならこれを受け取るのも良いでしょう。

ちなみにこれらのポイントはインターネット上で一括管理されており、どこでポイントを貯めても/使っても同じ「楽天スーパポイント」と見なされますので、

  • 楽天ペイで貯めたポイントをミスタードーナツで使う
  • マクドナルドで貯めたポイントを楽天証券での投資に使う

といった活用も可能です。
このあたりの柔軟性は、楽天スーパーポイントの確かなメリットと言って良いでしょう。

CHECK楽天ポイントカード公式HP「使えるお店」

★ちなみに「楽天ペイ」の利用によるポイントが与えられるのは「決済の翌々月の2日~5日頃」とやや遅いです。これは後払いが原則の、クレジットカード払いを前提としている都合によるものですね。
楽天ペイで決済、即そのポイントを使ってお買い物……とは行きませんのでお気を付けください。

★楽天ペイ加盟店であれば、「楽天スーパーポイントを使って<楽天ペイ>の支払いを済ませる」ことも可能です。

あわせて読みたい 楽天ペイの使い方>楽天スーパーポイント/楽天キャッシュを使った支払いについて

★ポイント払いを利用する場合、期間限定ポイントをお持ちであれば、支払いにはこれが優先されます。
(=期間限定ポイント200P、通常ポイント300Pをお持ちの状態で400円の決済をするとき、期間限定ポイント200P+通常ポイント200Pが支払われる)

<「Kyash」との紐付けで合計還元率は3.5%前後までアップ>

貯めるポイントの種類にこだわらず、とにかくおトクに決済を行いたいのなら、楽天ペイと決済アプリ「Kyash」の紐付けが視野に入ります。

「Kyash」というのは無条件で2%のキャッシュバックを受けられるプリペイドカードアプリなのですが……。
こちらは「VISA」ブランドが付いているため、楽天ペイの請求が向かうカードとして設定できるんですね。
さらに「Kyash」側の請求は、これに紐づけたクレジットカードに向かうため、

  • 楽天ペイ(0.5%/楽天スーパーポイント)
  • Kyash(2%/Kyash残高)
  • Kyashに紐づけたクレジットカード(楽天カードなら1%/楽天スーパーポイント)

計3.5%(細かな数字は紐づけたクレジットカードにより異なる)の還元を受けることができます。

インストールしなければならないアプリが増える、紐付けられるクレジットカードが制限される(後述)、貯まるポイントが分散するというデメリットはありますが、これが気にならないのなら「Kyash」導入を検討しても良いでしょう。
詳しくは以下のページをご覧ください。

「Kyash」に紐づけられるのはVISA、またはMastercardブランドのクレジットカードのみとなります。

★「楽天ペイ」を通したオンライン決済では3Dセキュア認証という、任意のパスワードを使った本人確認が必要となります。
「Kyash」にはこの機能がありませんので、インターネット上の加盟店で「楽天ペイ」を利用する場合、Kyashを併用することはできません。通常のクレジットカード払いをご利用ください。

★「楽天ペイ」の支払先に「Kyash」を指定する場合、楽天カード紐付けによる還元優待は受けられません
(=Kyashの紐付け先に楽天カードを選んでもヤフーカードを選んでも、合計還元率は同じ3.5%)

★貯まった「Kyash残高」は様々なVISA加盟店(Amazonなど含む)でご利用いただけます。

ただしポイント付与の対象は「クレジット払いのできる決済」だけ、公共料金等の支払いは不可

先述の通り、楽天ペイは「使うだけでポイント還元を上乗せできる」決済サービス。ただし、実は「楽天ペイを使えそうで使えない」場面が少なくないのも事実です。

「楽天ペイ」は2019年3月現在、以下のコンビニエンスストアで利用可能。

  • ローソン(ローソン100、ナチュラルローソンといった派生店含む)
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ

※セブンイレブンは利用不可

そしてコンビニで還元率が上乗せされると言えば、真っ先に「じゃあ決済額の高い、公共料金の支払いで楽天ペイを使おう!」と考える方も少なくないとは思うのですが……。

残念ながら各コンビニは、現金以外での公共料金の支払いを一切認めていません
「各コンビニが現金以外での支払いを認めていない」決済は以下の通りです。

★各コンビニで「現金以外(楽天ペイ含む)」の決済ができないお支払い

  • 公共料金等の各種代金お支払い ※Amazon等ネットショッピングでのコンビニ払いを含む
  • Famiポート取扱い商品・サービス (チケット除く)
  • プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
  • 宅急便・宅急便コンパクト送料
  • 切手・はがき・印紙類
  • ゴミ処理券等の金券類
  • 一部の自治体指定ごみ袋
  • 電子マネーチャージ
  • コピー、FAX

(ファミリーマート公式HPより。その他のコンビニも大体共通)

やはり一番痛いのは「各種代金お支払い(公共料金、ネットショッピング代金など)」に利用できない点でしょう。

要は「楽天ペイ」を利用できるのは、各コンビニがどこかの委託ではなく、独自に販売している商品だけ
こればかりはどうにもなりませんので、受け入れた上で「楽天ペイ」を使っていく他ありません。

★その他コンビニ以外のお店であっても、「楽天ペイ」の利用を断られる場面は十分に考えられます。ご承知おきください。
(考えられるところでは飲食店でのドリンク回数券、その他お店独自のお得なサービスなど)

<ポイントを貯めながら公共料金を支払う方法はないの?>

現状、公共料金の支払いには一切利用できない「楽天ペイ」。それでも税金・保険料をはじめとする、重い負担を少しでも軽減できるに越したことはありませんよね。
これについて、現在考えられる支払い方法は以下の通りです。

セブンイレブンはその他のコンビニと異なり、公共料金の支払い等であっても「nanaco」での支払いが可能
この際普段通りnanacoポイントを手に入れることはできませんが、「nanacoのチャージ」でポイントが付くカードを使えば、実質1.2%リクルートカードの場合/ただし月3万円まで)の還元を受けられます。

また、カード払いができる支払い(年金保険料の支払い、ガスや電気の支払い等)であれば、これを設定しておくのも良いでしょう。
お住まいの地域によっては「Yahoo!公金払い」を使い、住民税を支払うことも可能です。
(ただし手数料が発生するため、1%以上還元のクレジットカードの利用推奨)

あわせて読みたい クレジットカードを使った年金保険料の支払いについて

まとめ

「楽天ペイ」ではその決済に応じ、0.5%(通常)または1%(楽天カード紐づけ時)の「楽天スーパーポイント」がクレジットカードの利用分とは別枠で貰える
1年に1回以上「楽天スーパーポイント」を獲得していれば、ポイント有効期限は実質ナシ。ただしキャンペーンや特典によりもらえる「期間限定ポイント」には気を付けたい
★貯めたポイントは「楽天市場」はじめとする楽天のインターネットサービスはもちろん、マクドナルド等での実店舗加盟店でも使える
いつもの決済を「楽天ペイ」に切り替えれば、それだけで使い勝手の良い「楽天スーパーポイント」がもらえる!
★ただしコンビニでの公共料金支払い等では「楽天ペイ」利用自体を受け付けてもらえないため注意

「楽天スーパーポイント」自体の使い勝手が良いことを含めても、おトクに利用しやすい「楽天ペイ」。
現状どこででも利用できる…とまでは言えませんが、「少しでもおトクに決済する」ことを重視するのなら、是非活用していきたいサービスとなっています。

★楽天ペイの基本的な使い方、クレジットカードの紐づけ方法等については以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
「楽天ペイ」主な加盟店と現在地から使える店舗を探す方法
「楽天ペイ」には楽天カードがベスト…とは限らない!場面別おすすめクレジットカード

ファミリーマート・ローソンでの一番おトクなキャッシュレス決済方法とは



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。