【クレジットカードなし】通販で使える後払い・分割払い方法のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「通販を利用したいけれど、今すぐにお金を作るのが少し難しい。
クレジットカードも持っていないけれど、何かいい方法はないかな?」

そんなとき、最も現実的な方法が「ショップが提携している<分割払い><後払い>サービスを使う」というもの。支払いを最長2ヶ月間先送りにできるZOZOTOWNの「ツケ払い」導入が話題になったことは記憶に新しいですね。

実際のところ、ここまで長期の先送りに対応しているショップは珍しいですが……。
「最長14日間の先送り」「年単位の分割払い」であれば、多くのお店(もちろん通販しか取り扱っていない会社も!)で利用できます

今回は「クレジットカードなしで後払い・分割払いをする」という目的を達成するため、考えられる手段をまとめました。
読み終えていただければ、希望の商品を無理なく購入する方法が分かるかと思います。

まずは購入先のお店が「後払い」「分割払い」サービスを導入していないかチェックしてみよう

購入先のお店が「後払い」「分割払い」サービスを導入しているのなら、それを利用するのが一番簡単。
というわけで、その確認方法を見ていきましょう。

①高額商品取り扱いのショップはほぼ確実に「ショッピングクレジット」等を導入

あなたが利用しようとしているのがインターネット通販なら、サイト内のどこかしらに「お支払い方法」の案内ページがあるかと思います。
ショップによってはこれを見つけにくいこともありますが、そんなときには「(ショップ・サービス名) 支払方法」などで検索を掛けてみるのが良いでしょう。

ジャパネットたかた公式HP
▲ジャパネットたかた公式HPより。このページは「ジャパネットたかた 支払方法」などで検索してもたどり着くことができます。

各ショップの「支払方法」を確認し、そこに「ショッピングクレジット」「ショッピングローン」あるいは「後払い」などの記載を見ることができたなら、それがショップ提携の後払い・分割払いサービスです。(各支払い方法の違いについては後に説明します)

「後払い」導入店よりは「ショッピングクレジット」(ショッピングローン)導入店の方がよほど多いですね。
特に数万円~数十万円単位の高額商品を取り扱っているお店であれば、かなり高い確率で利用できるのではないかと思います。

ジャパネットたかた公式HPより。「ショッピングクレジット」
▲ジャパネットたかた公式HPより。「ショッピングクレジット」を利用できることが分かりますね。

★カタログ通販を利用の場合にも、どこかしらに支払い方法の説明を見ることができるかと思います。
それでも「ショッピングクレジット」等を利用できるか分からないのなら、電話で尋ねてみるのも良いでしょう。

「後払い」「分割払い」の両方を取り扱っていないお店も多々存在します
この場合であれば、お店のサービスに頼らず支払いを済ませる他ありません。以下の項目をご覧ください。

CHECK2.お店が「後払い」「分割払い」に対応していないときには

②主な後払い・分割払いサービスとその導入店

通販サイト等で利用できる、主な後払い・分割払いサービスは以下の通り。

主な後払い・分割払いサービス
概要 使えるお店
NP後払い 商品到着の約1週間後に請求書が到着、
14日以内にコンビニなどで一括払い
※要簡易審査
※未成年OK
※手数料は原則無料とのことだが例外あり
FOREVER21
adidas
叙々苑(通販)
LUSH(通販)
その他公式HP参照
後払いドットコム 公式HPでの紹介なし
atodene BANDAIなど
公式HPでの紹介なし
GMO後払い サービス内容は同上だが手数料200円発生 ABC-MARTなど
公式HPでの紹介なし
ツケ払い
(ZOZOTOWN)
支払い期限が「購入時から2ヶ月後」と長い。期限以内にコンビニなどで一括払い
※手数料324円発生
※要簡易審査
※未成年OK
ZOZOTOWN
メルペイあと払い 支払い期限は翌月末。期限以内にコンビニなどで一括払い
※手数料324円発生
※要簡易審査
※未成年OK
メルカリ
ドコモ払い
※docomoユーザー限定
次回の携帯電話料金に決済額を上乗せして請求 amazon
メルカリ
Yahoo!ショッピング
バンドルカード
その他公式HP参照
auかんたん決済
※auユーザー限定
楽天市場
その他公式HP参照
PCサイト
スマートフォンサイト
ソフトバンク(ワイモバイル)まとめて支払い
※ソフトバンクまたはワイモバイルユーザー限定
メルカリ
Yahoo!ショッピング
その他公式HP参照
ショッピングクレジット(=ショッピングローン) お店が提携している信販会社(オリコ、ジャックス、セディナなど)と契約して分割払いを行う契約
※手数料は金利・返済回数による
※要審査
※原則18歳以上のみ利用可
多くの高額商品取り扱い店
後払い
分割払い(ショッピングローン)

他にもありますが、主なところを挙げるとこんなかんじでしょうか。
利用者視点であれば「NP後払い」や「後払いドットコム」「atodene」のサービス内容に、ほぼ違いはありません。
基本的に、購入者の立場でできることは「お店が提携している支払方法の中から、好きなものを選ぶ」ことだけです。例えば「GMO後払い」にしか対応していないお店で商品を購入するのなら、「GMO後払い」を選ぶ他ないわけですね。
複数のお店が同じ商品を同じ価格で取り扱っている場合を除き、支払方法の選択に悩む必要は無いでしょう。

★もしも「後払い」と「ショッピングクレジット」両方を利用できる場合には

  • 支払いを遅らせて、一括払いを行いたい場合→後払い
  • 一度に全額を負担せず、時間を掛けて支払っていきたい場合→分割払い

  • という基準で選ぶと良いでしょう。

    ★要審査とは言え「後払い」サービスを提供している会社の多くは個人信用情報機関に加盟していませんので、いわゆるブラック状態でも問題なく利用できるかと思います。
    (ジャックス子会社が運営するatodeneも同様)
    一方ショッピングクレジットは信販会社(クレジットカード会社)が取り扱うため、ブラック状態での審査通過は困難でしょう。

    お店が「後払い」「分割払い」に対応していないときには

    買い物したいお店が「後払い」「分割払い」に対応していない……。
    そんなときに考えられる方法について紹介していきます。

    ★18歳以上の方を対象に解説しています。18歳未満でも利用できる方法については以下のページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    中学生・高校生OK!簡単便利な「後払いアプリ」とその注意点

    ①この機会にクレジットカードを作ってしまうのが最も簡単か

    あなたが18歳以上、かつ高校生でないのなら、やっぱり「新しくクレジットカードを作る」のが簡単、かつ今後のメリットも大きいです。

    ほとんどの通販はクレジットカードを使った回数分割払い(またはリボ払い)に対応しています。
    クレジットカードがあれば、上で紹介した「後払い」のようにわざわざコンビニに出向いたり、信販会社と新しく契約を結ぶ必要もありません。
    ついでにキャッシュレス決済が可能になることから、スーパーやコンビニ等での日常の決済もずっと楽になりますね。
    (この場合には分割払いではなく一括払いをご利用ください)

    極端にお金の管理に自信がない場合にはおすすめしかねますが……。
    今後の支払いまで見据えると、やはりこれ以上の方法は無いのではないかと思います。

    クレジットカードの仕組みや特性については以下のページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    はじめてのクレジットカード入門:基本の仕組みと使い方

    申込の当日に受け取れるクレジットカードについては、以下のページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    申込みから審査・発行がはやいカードランキング

    ★ただしごく一部、クレジットカード払いに対応していない通販サイトも存在します
    (価格ドットコムで最安値を提示しているサイトに多い)
    お目当ての商品がカード払いに対応していることを事前にご確認ください。

    <クレジットカードがあることで回避できるデメリット:スーパーホワイト>

    クレジットカードを作って利用すると、クレジットヒストリーという記録が残ります。あなたが今後、車、住宅といった高額な買い物をしてローンを組まざるを得ないとき、審査で必ずチェックされる記録です。

    支払いが遅れた、長期間支払っていない残高があるなど、悪い情報はもちろん審査結果に影響します。
    逆にクレジットヒストリーが一切ないこと(いわゆるスーパーホワイト)も、審査に悪影響を与える場合があるのです。

    クレジットヒストリーを残す個人信用情報機関(CIC、JICCなど)の記録では、問題を起こすと記録が5年間のこります。その間はローンなどが組めないので記録が残りません。5年たって事故情報が消えると、クレジットヒストリーが真っ白になるのです。
    これはカードなどの利用がまったくない人と同じ状態。若いうちは「カードやローンを利用しなかっただけ」と見てもらえても、年齢を重ねると「問題を起こした人では?」と疑われやすくなってしまいます。

    普段からクレジットカードを利用していると、少額の決済でも記録が残ります。「きちんと支払いをしている」というクレジットヒストリーを作れるので、結果として将来大きな買い物でローンが組みやすくなるのですね。

    ②外部でローンを組むのなら、目的に応じて申込先を選ぼう

    クレジットカードを持つことに抵抗がある、あるいは単に審査に通過できず作れない、という場合には外部でローンを組む方法も考えられます。
    通販のために使えるローンには、以下の3種類が挙げられますね。

    いずれも原則20歳以上の方しか利用できません
    (労金やJAなどのローンであれば18歳以上の社会人でも利用できる場合あり)

    通販のために使えるローン3種
    概要 取り扱い金融機関
    カードローン 限度額の範囲で何度でも現金を借り入れられるローン。支払いはリボ払い
    消費者金融会社(アコムなど)取り扱いのものならクレカの審査に通らない状況でも利用できる(無職は不可)
    アコム、プロミスなどの消費者金融会社
    あらゆる銀行、信用金庫
    その他労働金庫など
    フリーローン 使い道自由で、クレジットカードの分割払いのように「先に支払い回数を決めて返済」ができる。
    リボ払いや長期契約に抵抗があるならこちら
    主に銀行、信用金庫など
    多目的ローン
    フリーローン
    (資金使途確認書類が必要なもの)
    お金の使い道を確認できる書類(ネットの情報でもOK)が必要。
    契約は面倒だが、カードローンやフリーローンよりかなり低金利(年利6%未満)。高額決済におすすめ
    主に銀行、信用金庫など

    それぞれのローンは特性が異なりますので、あなたの状況に合ったものを選択できると良いですね。
    借入をお急ぎでないのなら、普段使っている銀行や信用金庫に相談してみるのも良いでしょう。

    まとめ

    • クレジットカードなしで分割払い・後払いを利用したいのなら、まずはショップが提供する支払方法をチェック。
      高額商品取り扱い店なら高い確率で「ショッピングクレジット」(ショッピングローン)を利用できるし、その他一部のショップでは「後払い」サービスが導入されている
    • ショップの支払い方法を利用できそうにないのなら、最も有力なのは「クレジットカードを作る」という方法か(18歳以上に限る)。
      あなたの状況や決済額によっては消費者金融や銀行でローンを組むという方法も

    どの決済方法を利用できるかは「通販サイトによる」ため、購入者の立場で工夫できることは少ないですが……。
    はじめての決済方法を利用する場合には何にせよ、その特性やデメリット(手数料はいくらか?支払いのできるコンビニは近くにあるか?等)をよく把握した上で申し込みを行いましょう。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。