【デルタ・スカイマイル・アメックス】他社と比べた独自の利点&ゴールドとの比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【デルタ・スカイマイル・アメックス】他社と比べた独自の利点&ゴールドとの比較も
「航空会社の中でも、一番利用頻度の高い<デルタ航空>のマイルが貯まるカードが欲しい。
中でもネームバリューのあるアメックスは気になるけれど……?」

お仕事・プライベート問わず、デルタ航空の利用機会があるのなら便利な「デルタ航空提携カード」
日本国内でデルタ航空と提携を結んでいる発行元は4社と少ないものの……。
アメックス発行のものはブランドイメージに反して意外とコストパフォーマンスに優れ、申し込みやすいカードとなっています。

デルタ スカイマイル アメリカン・ エキスプレス®・カード
アメックスETCカード券面
年会費12,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率100円につき
1マイル付与
  • 家族カード1枚目年会費無料
  • ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「シルバーメダリオン」を無条件でご提供
  • 最大25,000マイルのファーストフライトボーナスやご入会ボーナスマイルをプレゼント
デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメックスETCカード券面
年会費26,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率100円につき1マイル(国内利用)
100円につき1.5マイル(海外利用)
  • 家族カード1枚目年会費無料
  • ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無条件でご提供
  • 最大25,000マイルのファーストフライトボーナスやご入会ボーナスマイルをプレゼント

今回はアメックス発行のデルタ航空提携カードについて、その基本情報や利用メリット、他社発行カードとの比較結果などを詳しくまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合ったデルタ航空提携カードを使って、おトクにスカイマイルを貯めていくことができますよ。

ステータスカードランキング
ラグジュアリーカード
年会費50,000円+税
重く冷たい、金属製のカードが人気。インビテーション無く申し込める。
ダイナースクラブカード
年会費22,000円+税
ステータスカードの代名詞。限度額に一律の制限無し!
アメリカン ・エキスプレス・カード(グリーンカード)
年会費12,000円+税
トップクラスの知名度。世界700以上のVIP空港ラウンジを年会費無料で

アメックス発行のデルタ航空提携カード、その基本情報と会員特典

まずはアメックス発行のデルタ航空提携カード、「デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・(ゴールド)カード」の基本的なサービス内容を見ていきましょう。

①一般カードとゴールドカードの2グレード展開:一般カードはアメックスのわりにコスパ良好

アメックスのデルタ航空提携カード(以後デルタ・アメックスカード)は、一般カードとゴールドカードの2グレード展開です。
これらのカードの、クレジットカードとしての基本情報は以下の通り。

★デルタ・アメックスカード間比較

デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・カードデルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カード
盤面(画像は公式HPより)デルタスカイマイルアメックス券面デルタスカイマイルアメックスゴールド券面
年会費(本人)12,000円+税26,000円+税
年会費(家族カード)6,000円+税
※1枚目は無料
12,000円+税
※1枚目は無料
国際ブランドAmerican ExpressAmerican Express
請求額に対するマイル還元100円につき1マイル付与100円につき1マイル(国内利用)
100円につき1.5マイル(海外利用)
海外旅行保険最高5000万円最高1億円
国内旅行保険最高5000万円最高5000万円
国内空港ラウンジ
ショッピング補償
(海外・国内)
年間最高500万円
(自己負担額1万円)
年間最高500万円
(自己負担額1万円)
その他補償
  • キャンセルプロテクション(やむを得ない事情でキャンセル料が発生した際の補償)
  • リターンプロテクション(返品補償)
  • ※保険に関しての詳細は比較項目に掲載

    年会費はアメックスのプロパーカード(非提携カード)と大きく変わりありません。一般カードは「アメリカン・エキスプレス・カード」と同額、ゴールドカードは「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」より3,000円安い価格設定となっていますね。

    一般的には年会費の高い、ステータスカードとして有名なアメックス発行カードですが……。
    デルタ航空提携の一般カードに限って言えば、

    • プロパーカードと変わらない価格でアメックスの各種特典を利用できる
    • そもそもデルタ航空の提携カードが全部で8種類しか無く、その中で比べれば3番目に年会費が安い(2番目に安いカードも年会費1万円)

    という点から、基本情報だけを見ても、比較的コストパフォーマンスに優れていると言うことができます。

    ★デルタ航空提携カードのうち、2番目に年会費の安い「デルタ スカイマイルJCBカード<一般カード>」と、アメックス・デルタカード(一般)の比較については当該項目をご覧ください。

    ★最も安価に手に入れられるデルタ航空提携カードは「デルタ スカイマイルJCBカード<テイクオフカード>」(年1,500円+税)です。
    アメックス独自のサービス(後述)こそ受けられないものの、マイル還元率1%を目的とするならこちらのカードを選んでも問題ナシ。詳しくは以下のページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    「スカイマイルJCB」のメリット・懸念&年会費別「デルタ航空」提携カード比較

    ★アメックスのANAカードのように、ポイント移行のために別途年会費が求められることはありません。
    というよりデルタ・アメックスカードの場合、アメックスの独自ポイントを経由せずに利用額に応じて直接デルタ航空の「スカイマイル」が貯まります。(利用額100円につき1マイル付与)

    ★取得難易度や入手の流れはアメックスのプロパーカード(非提携カード)と大きく変わりないと考えられます。
    これについての詳細は、以下のページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    アメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)の審査について

    あわせて読みたい
    アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの現在の通過条件目安

    ②アメックス最大の利点は「決済額に応じ<シルバーメダリオン><ゴールドメダリオン>資格を得られる」こと

    日本国内で手に入れられるデルタ航空の提携カードは、現在8種類しかありません。
    (JCB3種、アメックス2種、ダイナース1種、SuMi TRUST CLUB2種/米国はじめ海外発行カードについては公式HP参照のこと)
    JCBのテイクオフカードを除き、すべてが年会費1万円以上と総じて高額な傾向にあるこれらのカードですが……。

    実はこの8種のカードの中で、アメックスだけが利用額に応じデルタ航空の「シルバーメダリオン」「ゴールドメダリオン」会員資格を付与
    各会員資格の適用条件と、優待内容は以下の通りです。

    ★デルタ・アメックスカードのメダリオン資格付与条件

    デルタ・アメックスカード(一般)
  • 入会から一年間「シルバーメダリオン」会員資格付与
  • 年間カード利用額が100万円以上なら、翌年もシルバーメダリオン会員資格を得られる
  • (年間利用額100万円未満なら適用なし)

    デルタ・アメックス・ゴールド・カード
  • 入会から一年間「ゴールドメダリオン」会員資格付与
  • 年間カード利用額が150万円以上なら翌年もゴールドメダリオン会員資格を、100万円以上ならシルバーメダリオン資格を得られる
  • (年間利用額100万円未満なら適用なし)

    ★デルタ航空の上級会員制度

    シルバーメダリオン会員
    (通常入会要件:
    25,000MQM※1または30MQS※2の獲得)
  • デルタ航空のフライトマイル+40%
  • (通常会員の付与マイルは5マイル/1$に対し、シルバーメダリオン会員は7マイル/1$)

  • 座席のアップグレード特典
  • 手荷物のお預けが1個無料(同伴者含む)
  • 優先チェックイン、優先搭乗
  • その他特典あり

    ゴールドメダリオン会員
    (通常入会要件:
    50,000MQM※1または60MQS※2の獲得)
    シルバーメダリオン会員特典に加え

  • デルタ航空のフライトマイル+60%(8マイル/1$)
  • 「スカイチームラウンジ」の無料利用
  • 搭乗日当日の時間変更手数料・空席待ち手数料免除
  • その他特典あり

    ※1 MQM…年間メダリオン会員資格取得必要マイル

    (ここで言うマイルはポイントではなく、飛行距離の方)

    ※2 MQS…年間フライトの利用回数

    日本国内に拠点を置きながら、通常のメダリオン会員入会要件を満たせる方は多くないでしょう。(羽田・ニューヨーク間の飛行距離は片道7,000マイル弱)
    そんな中、アメックス・デルタカードを持っていればより易しい条件で上位会員のサービスを受けられるのは確かなメリットと言えます。

    年間利用額100万円、150万円という条件も、各支払いをアメックス・デルタカードに集中させられるなら厳しいものでもありませんね。
    「そこそこデルタ航空を利用するものの、シルバー/ゴールドメダリオン会員の通常入会要件を満たせるほどではない」という場合にこそ、アメックス・デルタカードを最も活かしやすいと言えます。

    ★ゴールド会員の上にも「プラチナ」「ダイヤモンド」といった会員資格が存在します。
    アメックス・デルタカードを持っていれば、こちらの適用条件も緩和されます。詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKデルタ航空公式HP「メダリオン会員資格取得に関する必要情報」

    ★目的地までの必要マイルはフライトの日付やお席のグレード、提携航空会社を利用するか否かといった点によって大きく変わります。
    詳しくはデルタ航空の公式HPをご覧ください。

    CHECKデルタ航空公式HP「フライトのご予約はこちら」

    ちなみに2018年9月3日、羽田空港→ロサンゼルス空港、15:15発 9:05着便(エコノミークラス)のお席は「77,000マイル+5,050円」で取得できるようでした。
    (この場合、現金決済時の価格=132,630円と照らすと1マイルの価値は1.65円前後)

    ③デルタスカイマイル・アメックス・カードの会員特典

    ここからは、デルタスカイマイル・アメックス・(ゴールド)カードに付与された会員特典について、簡単に紹介していきます。

    (1)デルタ航空提供の特典内容

    まずは気になる、デルタ航空提携カードならではの特典から。

    ★デルタスカイマイル・アメックスカードの会員特典(デルタ航空提供)

    一般ゴールド
    通常決済時の付与マイル100円につき1マイル付与(還元率1%)
    delta.comやデルタ航空予約センターでの付与マイルアップマイル還元率2%マイル還元率3%
    ☆海外カード利用時のマイル還元優遇獲得マイル1.3倍獲得マイル1.5倍
    デルタ航空ファーストフライトボーナス
    (入会6ヶ月以内にデルタ航空航空券を購入した場合に限り、ボーナスマイル付与)
    エコノミークラス
    …10,000マイル
    ビジネスクラス
    …25,000マイル
    継続ボーナスマイル2,000マイル/年3,000マイル/年
    ☆メダリオン会員資格初年度1年間「シルバーメダリオン」
    +年100万円の利用で翌年も適用
    初年度1年間「ゴールドメダリオン」
    +年150万円の利用で翌年も適用
    (年100万円以上150万円未満の利用で「シルバーメダリオン」適用)
    ☆:他社発行のデルタ航空提携カードにない、アメックス・デルタカード系列独自の特典。

    (ただしアメックスに無い特典が他社に設けられていることも。詳細後述)

    国内の航空会社のように空港での割引などは受けられません。が、アメックスの場合は強力な「メダリオン会員資格」付与特典があるのでさほど気にならないでしょう。

    例えば10万円のチケットを「delta.com」経由でデルタアメックス・ゴールドカードを使い購入したとき……。
    マイル還元率は3%ということで、与えられるのは3,000マイル

    さらに「ゴールドメダリオン」会員は支払い額1$あたり8マイルが還元されるので……。
    1$=112円と仮定したとき、チケット購入により直接もらえるのは約「7,142マイル」という計算に。
    これをアメックス・デルタゴールドの還元マイルと合わせると実に1万マイル以上が返ってくることになりますね。マイル還元率で言えば10%以上です。
    (同様にシルバーメダリオン会員+一般カードを前提に計算した場合、マイル還元率は8%強。これでも十分高いです)

    メダリオン会員資格の付与は「アメックス」系デルタカードだけが持つメリットです。
    「delta.com」等での優待を踏まえて考えるとアメックス・デルタカードは他社に比べ、デルタ航空を利用すればするほどおトクになりやすいと言えます。

    ★ただしその反面、普段の決済でもらえるマイルは他社に比べやや低額に設定されています。
    デルタ航空以外の場所での支払いでマイルを貯めていきたいのなら、他社カードを選んだ方が希望にかなうでしょう。

    詳細2.年会費の近い他社デルタ航空提携カードとの比較

    (2)アメックス独自の特典内容

    こちらはデルタ航空と直接の関係は無い、アメックス独自の特典内容。
    とは言え空港、特に国際線関連のサービスが充実していることから、デルタ航空ユーザーとは非常に相性が良いかと思います。

    ★デルタスカイマイル・アメックスカードの会員特典(アメックス提供)

    空港関連手荷物無料宅配サービス国際線を利用する際、自宅と空港間のスーツケース無料配送(1個まで)
    往路・帰路ともに対応
    ※対応空港:成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港
    ※事前予約必須
    国内空港ラウンジ国内28空港・海外2空港にある空港ラウンジを無料で利用できる
    同伴者も1名まで無料
    (2名以降は千円前後のラウンジ指定料金が発生)
    空港クロークサービス搭乗までの空き時間(乗り継ぎの時間含む)、2つを上限として無料荷物預かり
    ※中部国際空港のみ実施
    無料ポーターサービス空港内の指定場所やバス停⇔チェックインカウンター/到着ロビー間の荷物運び代行
    ※対象空港:成田国際空港、関西国際空港
    ※事前予約必須
    空港パーキング旅行中パーキング料金の優待
    ※事前予約必須
    旅行・手配関連アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン会員のみが利用できる、国内外のホテルや海外航空券、レンタカーなどの予約サイト
    ポイント還元率他、会員限定の優待を受けられる
    Expedia優待旅行関連予約サイト「Expedia」について

  • 宿泊料金8%オフ(国内・海外)
  • 海外ツアー料金3,750円オフ(税抜き15万円以上利用の場合)
  • アップルワールド優待アメックス会員専用ウェブサイト「アップルワールド」経由で国内外旅行を予約すると、代金が5%オフ
    「日本旅行」優待厳選された施設への宿泊プラン「特選の宿」を5%オフで利用できる
    一休.com優待厳選宿泊施設の予約専用サイト「一休.com」の
    指定プランに会員限定特典が付く
    毎月100名に3,000円クーポンが付与される
    エアポート・ミール(国内線)H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで対象国内線航空券の購入時、羽田・伊丹空港内の飲食店で使えるクーポン(1,000円分)プレゼント
    ※事前予約必須
    ※対象となるのは羽田または伊丹発の国内線航空券に限る
    グローバル・ホットライン24時間無料でほぼ全世界から電話サポートが繋がる
    サービス内容は緊急時対応に加え、航空券の取得やレストラン予約の代行など
    海外用レンタル携帯電話海外用レンタル携帯電話のレンタル料半額、通話料10%オフ
    ※事前予約必須
    京都特別観光ラウンジ高台寺塔頭 圓徳院の専用ラウンジ利用可
    お茶の接待、拝観優待、駐車場優待など
    その他アメリカン・エキスプレス・コネクトホテル、飲食店からガソリンスタンド等まで提携店の優待サービス
    ゴールド・ワインクラブソムリエやバイヤー直通の電話窓口にて希少価値の高いワイン、季節のおすすめワイン等の紹介・購入
    ※他e+会員特典、国内レンタカー優待、新国立劇場優待などあり

    一般カード・ゴールドカード共通特典

    ゴールドカード専用特典

    気になる点と言えば、ご覧の通り一般カードとゴールドカードの間に差がほとんど設けられていないことでしょうか。デルタ・アメックスカードにおけるグレード間の違いは、ほぼ「デルタ航空」関連に限られると考えて良いでしょう。

    よって、一般カードとゴールドカードのどちらを選ぶべきかは「ゴールドメダリオン資格をはじめとする、ゴールドカード限定の<デルタ航空>特典に魅力を感じるか」という点で判断することになります。

    デルタアメックス・ゴールドカードは年会費が若干安く設定されているせいか、プロパーゴールド(アメックス・ゴールドカード)にあるいくつかの特典(海外空港ラウンジ年2回無料、飲食店優待など)は適用されません。
    ただ、ゴールドメダリオン会員であれば世界各国の「スカイチームラウンジ」を利用できますので、プライオリティ・パス(海外空港ラウンジサービス)特典が無いのはさほどまで気にならないでしょう。
    (そもそもアメックスのプロパーカードで貯めたポイントは直接スカイマイルに交換できないことから、デルタ・アメックスとの比較対象でない
    =デルタ航空のマイルを貯めたいのならプロパー・アメックスはほぼ選択肢にならない)

    ★スカイチーム(デルタ航空含む20社の航空会社連合)が提供するラウンジサービス、「スカイチームラウンジ」の設置空港などについて詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。
    羽田空港、成田空港はじめ日本国内のラウンジにも適用があります。

    CHECKスカイチーム公式HP「スカイチームラウンジ」

    シルバーメダリオン会員は「スカイチームラウンジ」を利用できません
    この点を気に掛けるなら(あるいはスカイチームラウンジの設置されていない空港を利用する機会があるなら)プライオリティ・パス特典付きのクレジットカードへの申し込みも併せてご検討ください。年会費はかさむものの、2枚のカードの取得を同時に狙っても良いでしょう。

    年会費の近い他社デルタ航空提携カードとの比較

    アメックス系デルタカードの大体の特徴を把握したところで、年会費の近い他社デルタ航空提携カードとの比較結果を見ていきましょう。

    ①年会費1万円台のデルタ航空提携カード

    総じて年会費高めのデルタ航空系カードにおいては、年会費1万円前後のものでさえ(相対的に見て)安価とされます。
    ここでは年会費の近い「デルタ・アメックスカード」と「デルタスカイマイルJCB<一般カード>」を比較してみました。

    ★年会費1万円台の「デルタ航空」提携カード比較

    デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・カードデルタスカイマイルJCB
    (一般カード)
    盤面(画像は公式HPより)デルタスカイマイルアメックス券面デルタスカイマイルJCB券面
    年会費(本人)12,000円+税10,000円+税
    ※初年度半額
    年会費(家族カード)6,000円+税
    ※1枚目は無料
    3,000円+税
    ※初年度無料
    国際ブランドAmerican ExpressJCB
    請求額に対するマイル還元100円につき1マイル付与100円につき1.3マイル付与
    デルタ航空・航空券購入時のフライトマイル還元率2%2.6%
    継続ボーナスマイル2,000マイル無し
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料
    (2名以降ラウンジごとの料金発生)
    その他サービスなど
  • 初年度(無条件)または年間利用額100万円で「シルバーメダリオン」会員資格獲得
  • (デルタ航空での付与マイル+40%、手荷物お預け1個無料)

  • 国際線利用時の手荷物無料配送(1個まで/往路・帰路)
  • 無料ポーターサービス
  • 指定宿泊施設優待 他
  • 提携店での優待
  • 海外旅行傷害保険死亡・後遺障害最高5000万円※1
    (1000万円※2)
    最高5000万円
    治療費用

    最高100万円
    (同上)

    最高200万円
    疾病治療費用

    最高100万円
    (同上)

    最高200万円
    賠償責任

    最高3000万円
    (同上)

    最高2000万円
    携行品損害
    /1旅行

    最高30万円
    (同上)

    最高50万円
    救援者費用

    最高200万円
    (同上)

    最高200万円
    航空機乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    国内旅行傷害保険傷害死亡
    後遺障害

    最高5000万円
    (1000万円)

    手術費用
    入院日額
    通院日額
    航空機乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高500万円年間最高100万円
    ※海外利用分のみが対象
    その他補償
  • キャンセルプロテクション(やむを得ない事情でキャンセル料が発生した際の補償)
  • リターンプロテクション(返品補償)
  • ※1 保険項目中の赤字は利用付帯(当該カードで支払いを行った場合のみ適用)を示す

    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額

    特典内容を一見して分かる通り、JCBはほぼ選択肢にならないくらいにアメックスの圧勝ですね。若干の年会費差も、アメックスにだけ与えられる継続ボーナスマイルで十二分に取り戻せます。

    基本還元率で言えばJCBの方が上、つまり各種特典を気にせず「デルタ空港と関係ない場所で、デルタ空港のマイルを貯める」ことに重点を置くならJCBの方が優れているという結果となりますが……。
    それなら年会費の安い「テイクオフカード」の方が基本的におトクとなる(目安として年間カード利用額が185万円以下の場合)ため、「デルタスカイマイルJCB(一般カード)」はいずれにせよ選択肢に入りません。

    海外ではJCBの加盟店が少なく利用しづらいこともあって、年会費1万円前後のデルタ航空提携カードを持ちたいのであれば、申込先はアメックス一択と言って良いでしょう。

    ②年会費3万円前後のデルタ航空提携カード

    こちらは「デルタアメックス・ゴールド」と近い年会費帯(3万円前後)のデルタ航空提携カード。

    ★年会費3万円前後の「デルタ航空」提携カード

    デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カードデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードデルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUBプラチナVISAカード
    盤面(画像は公式HPより)デルタスカイマイルアメックスゴールド券面デルタスカイマイルダイナース券面デルタスカイマイルSumiTRUSTCLUBプラチナ券面
    年会費(本人)28,000円+税28,000円+税40,000円+税
    年会費(家族カード)12,000円+税
    ※1枚目は無料
    9,000円+税無料
    国際ブランドAmerican ExpressDinersVISA
    請求額に対するマイル還元100円につき1マイル(国内利用)
    100円につき1.5マイル(海外利用)
    100円につき1.5マイル100円につき1.5マイル
    デルタ航空・航空券購入時のマイル還元率3%1.5%1.5%
    継続ボーナスマイル3,000マイル3,000マイル5,000マイル
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    無し
    ただし「ゴールドメダリオン」会員資格があれば「スカイチームラウンジ」利用可
    類似サービスあり
    +年3回まで「デルタスカイクラブ」ラウンジ使用料無料
    無し
    ただし年6回まで「デルタスカイクラブ」ラウンジ使用料無料
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名無料

    同伴者有料

    同伴者有料
    その他サービス
  • 初年度(無条件)または年間利用額150万円で「ゴールドメダリオン」、年間利用額100万円で「シルバーメダリオン」会員資格獲得
  • (デルタ航空マイル還元率+60%)

  • 国際線利用時の手荷物無料配送(1個まで/往路・帰路)
  • 無料ポーターサービス
  • 指定宿泊施設優待 他
  • カード利用限度額に定めなし
  • 国際線利用時の手荷物無料配送(1個まで/帰路のみ)
  • 指定飲食店の優待
  • その他優待など
  • コンシェルジュサービス
  • SuMi TRUST CLUBダイニングセレクション(レストラン優待)
  • その他優待など
  • 海外旅行傷害保険死亡・後遺障害最高5000万円
    +5000万円※1
    (1000万円)※2
    最高5000万円
    +5000万円
    最高1億円
    (1000万円)
    治療費用最高200万円
    +100万円
    (200万円)
    最高300万円最高500万円
    (同上)
    疾病治療費用最高200万円
    +100万円
    (200万円)
    最高300万円最高500万円
    (同上)
    賠償責任最高4000万円
    (同上)
    最高1億円最高5000万円
    (同上)
    携行品損害
    /1旅行
    最高50万円最高50万円最高100万円
    救援者費用最高300万円
    +100万円
    (300万円)
    最高300万円最高500万円
    (同上)
    航空機乗継遅延最高2万円
    出発遅延最高2万円
    手荷物遅延最高2万円
    手荷物紛失最高4万円
    国内旅行傷害保険傷害死亡
    後遺障害

    最高5000万円
    (1000万円)

    最高1億円最高5000万円
    +5000万円
    (1000万円)
    手術費用5万円~20万円5万円~20万円
    (同上)
    入院日額5,000円5,000円
    (同上)
    通院日額3,000円3,000円
    (同上)
    航空機乗継遅延最高2万円
    出発遅延最高2万円
    手荷物遅延最高2万円
    手荷物紛失最高4万円
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高500万円年間最高500万円年間最高500万円
    その他補償
  • キャンセルプロテクション
  • リターンプロテクション(返品補償)
  • キャンセルプロテクション
  • 外貨盗難保険
  • ※1 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額

    ※2 保険項目中の赤字は利用付帯(当該カードで支払いを行った場合のみ適用)を示す

    アメックスに関して言えば、やはり「ゴールドメダリオン会員」関連サービスが大きいですね。
    ただ、ダイナースクラブの「様々な海外空港ラウンジを使える」「高還元かつ限度額に一律の定め無し」、
    SuMiトラストクラブの「VISAブランドの汎用性」「コンシェルジュサービス」「航空機遅延保証」あたりも見逃せないポイントではあります。

    このあたりまで来ると、各社のメリットが細分化してくるため「どれを選ぶべきかは申込者による」としか言えなくなってきます。
    そのため、まずは「ゴールドメダリオン会員の優待内容やアメックスが提供する会員特典に魅力を感じるか否か」を出発点に、申込み先を選んでみると良いでしょう。

    ★各カードの保険適用条件について詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKAmerican Express公式HP「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード会員規約集」(PDF)
    CHECKダイナースクラブ公式HP「保険サービスご利用の手引き」(PDF)
    CHECK三井住友トラストクラブ公式HP「保険サービスご利用の手引き(デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード用)」(PDF)

    ★デルタ・アメックスカード(一般)とデルタ・アメックスゴールドの中間にあたるカード(年会費1.8万円)も存在します。(JCB/VISA)
    アメックス系カードに比べ圧倒的なメリットが設けられているわけではないものの、こちらが気になるのであれば以下のページも併せてご覧ください。

    あわせて読みたい
    デルタスカイマイルJCB(ゴールド)とデルタスカイマイル SuMi TRUST CLUB(ゴールド)の比較

    まとめ

    ★8種類の国内発行デルタ航空提携カードのうち、アメックスは唯一「シルバーメダリオン」「ゴールドメダリオン」会員資格を付与
    マイル還元率アップ、お席のグレードアップ、ラウンジ利用(ゴールドのみ)等メリットは非常に多く、これだけでも他社カードとの差別化点となる
    「国際線利用時、往路・帰路ともに手荷物配送無料」はじめアメックス独自のサービスも国際線利用者と非常に相性が良い。ただしデルタ・ゴールドはプロパーゴールドに比べ一部特典が制限されている点には注意
    ★1万円前後のカードを希望するなら「デルタ・アメックス」(一般)ほぼ一択。一方、3万円前後のカードまで視野に入れるなら他社独自の特典もチェックしておきたいところ

    「シルバー/ゴールドメダリオン会員資格」はじめとするデルタ空港系サービスはもちろん、アメックス提供の会員特典も見逃せない「アメックス・デルタカード」
    しばしばデルタ航空を利用する機会があるのなら、最適な申込み先の一つと言ってまず間違いないでしょう。

    デルタ スカイマイル アメリカン・ エキスプレス®・カード
    アメックスETCカード券面
    年会費12,000円+税
    (本会員)
    ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率100円につき
    1マイル付与
    • 家族カード1枚目年会費無料
    • ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「シルバーメダリオン」を無条件でご提供
    • 最大25,000マイルのファーストフライトボーナスやご入会ボーナスマイルをプレゼント
    デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カード
    アメックスETCカード券面
    年会費26,000円+税
    (本会員)
    ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率100円につき1マイル(国内利用)
    100円につき1.5マイル(海外利用)
    • 家族カード1枚目年会費無料
    • ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無条件でご提供
    • 最大25,000マイルのファーストフライトボーナスやご入会ボーナスマイルをプレゼント

    デルタ・アメリカン・エキスプレス・(ゴールド)カードの基本情報

    カード名デルタ・アメリカン・エキスプレス・(ゴールド)カード
    申込み資格20歳以上、定職のある方
    提携カードデルタ航空
    利用可能額非公開
    審査時間最短1分以内
    到着までの目安数日程度~
    入会金不要
    年会費12,000円+税
    (一般)
    28,000円+税
    (ゴールド)
    支払日口座振替先の金融機関による
    支払い方式口座振替先の金融機関による
    分割払い(年率)14.9%
    ※事前登録制
    リボ払い(年率)契約時の書類参照
    キャッシング(年率)キャッシング機能無し
    遅延損害金(年率)14.6%
    担保不要
    保証人不要
    必要書類本人確認書類
    (本人限定受取郵便)
    金融機関名

    アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
    (American Express International, Inc.)

    住所・所在地東京都杉並区荻窪4-30-16
    電話番号0120-020222
    (新規カードお申し込み専用窓口)
    貸金業登録番号関東財務局(8)第00405号
    新規お申込はこちら
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトへ
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイトへ
  • 

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    SNSでもご購読できます。