楽天カードの種類と特徴は?あなたにオススメの一枚は、ずばりコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


楽天カード

年会費 永年無料 ETC年会費 500円
国際ブランド 還元率 1.0~3.0%
  • 100円きざみのポイントだからETCでめちゃ貯まる
  • 楽天市場でのお買い物はいつでもポイント3倍
  • キャンペーン利用で還元率は5~10%以上にUP!
  • 最高額2,000万円の海外旅行保険
  • ◎家族カード有り

↓今なら! 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!↓

この記事でわかること

★ 楽天カードは何種類ある?
★ それぞれのカードのメリット
★ 楽天スーパーポイントの使い方とは
★ カード選びに大切なこと
★ クレジット機能のない楽天のカード(楽天デビットカードなど)とも比較

クレジットカードを持つなら楽天カードがいい!と言われていますが、その楽天カードの中でもいろいろな種類があることをご存知でしょうか?

・楽天カード
・楽天ゴールドカード
・楽天プレミアムカード
・楽天PINKカード
・楽天ANAマイレージクラブカード
・楽天カード アカデミー
・楽天銀行カード
・楽天ビジネスカード
・楽天ブラックカード

クレジットカードだけでも9種類!驚くことにクレジットカード以外もあります。

しかも、年会費がかかるものやポイントの貯まり方、付帯サービスなど、カードによっては違いがあったりして、全てを比較するのはとても大変なことです。

そこで、どのカードがどんな人におすすめなのか、また、それぞれカードの特徴を簡単にまとめて分かりやすく紹介をしていきます。

また、クレジットカード以外のカードについても触れますので、もしかしたら「こっちの方が自分に合うかも…」といった新たな発見があるかもしれませんね。

あなたにぴったりの楽天カードがどれか、ぜひ比べてみてください。

目次

楽天カードの種類。一覧と特徴

まず、それぞれの特徴をまとめてみました。(くわしいメリットは下のほうで説明いたします)
これを見て、だいたい自分はどういったものを求めているのか見当がつけば、探すカードを絞れます。

※各カード名をクリックすれば詳細項目へ移動

▼ クレジットカード

カード名 年会費 特徴

楽天カード
楽天カード

永年無料 ポイントを貯めたい人や、初めての人におすすめの基本のカード

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード

2,160円(税込) よく国内旅行をする人、ポイントを多く貯めたい人におすすめのカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード

10,800円(税込) 海外・国内旅行が好きな人におすすめのカード

楽天PINKカード
楽天PINKカード

永年無料 女性が安心できるサービスをカスタマイズ可能で、女性におすすめのカード(男性の申し込み可)

楽天ANAマイレージクラブカード
楽天ANAマイレージクラブカード

初年度無料
※翌年度以降は540円(税込)
(年1回利用すれば無料)
普段の買い物でもANAマイルを貯めたい人におすすめのカード

楽天カード アカデミー
楽天カード アカデミー

永年無料 学生専用カードなので、遊びたい、オシャレをしたい!という学生におすすめのカード

楽天銀行カード
楽天銀行カード

永年無料 キャッシングを必要とする人におすすめのカード

楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード

2,160円(税込) 個人事業主やビジネスマンにおすすめのカード

楽天ブラックカード
楽天ブラックカード

32,400円(税込) 申し込みはできず、楽天からのインビテーション(招待)された人だけが持てる特別なカード

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style
ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

永年無料 貯めたポイントでJリーグのヴィッセル神戸のグッズと交換ができる、ファンなら持っておきたいカード

▼ その他のカード

カード名 年会費 特徴

楽天ポイントカード
楽天ポイントカード

永年無料 楽天ポイントを貯められれば十分という人におすすめのカード

Edy-楽天ポイントカード
Edy-楽天ポイントカード

永年無料 ポイントを貯めつつ、楽天Edyを利用したい人におすすめのカード

楽天デビットカード
楽天デビットカード

永年無料 クレジットカードを持つことに不安を感じるものの、いざという時にのために備えたい人におすすめのカード

簡単にそのカードがどんな人におすすめなのかをまとめました。

気になるカードがありましたら、早速比較してみましょう。

あなたにおすすめの楽天カードはコレ。それぞれの詳細を紹介

楽天カードは、どのカードでも新規入会キャンペーンポイントアップキャンペーンなどを多く行っています。
公共料金携帯電話料金をカード払いにすればポイント付与される部分など、全カードに共通するものがあります。

ですが、それぞれのポイント獲得数や付帯されるサービスなどに違いが出てきます。

カードが多いということは、選択肢が増えていいことかもしれませんが、逆に種類が多すぎて「どれにしたらいいか」迷ってしまう人もいるでしょう。

そういった人のために、どんなところを見てカードを選べばいいのか、実際にそれがどんなカードなのか、くわしく見ていきましょう。

おすすめNo1!安心安定の「楽天カード」(オリジナル)

楽天カード

年会費 永年無料 ETC年会費 500円
国際ブランド 還元率 1.0~3.0%
  • 100円きざみのポイントだからETCでめちゃ貯まる
  • 楽天市場でのお買い物はいつでもポイント3倍
  • キャンペーン利用で還元率は5~10%以上にUP!
  • 最高額2,000万円の海外旅行保険
  • ◎家族カード有り

↓今なら! 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!↓

普段使いにはこのカードが一番人気です。
そして、特典なども特殊なものはなく、他のカードと比べても基本となるサービスが付いているので、クレジットカード初心者にも向いています。

カードデザインは、お買いものパンダや楽天イーグルスなどクレジットカードの中で種類が一番多いのもポイントですね。

楽天カードのデザイン

年会費無料なのに海外旅行保険まで備わっているカードは珍しいと言えます。

もちろん、楽天カードなので、楽天ポイントも貯まりますよ。

楽天カード概要

年会費 永年無料
申し込み対象 18歳以上(高校生除く)
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard
利用可能額 最大100万円
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・紛失、盗難対応

さらに楽天カードについて知りたい人は「楽天クレジットカードの申し込み【完全ガイド】」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

「楽天ゴールドカード」ですこしランクが上のサービスを目指す

年会費は2,160円(税込)がかかりますが、年間これだけで持てるゴールドカードというのはかなり安いと言えます。
それでいて、付帯サービスが充実しているので魅力的なカードです。

たとえば、楽天スーパーポイント。
楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループのサービスを利用していれば、ポイントが2倍~5倍貯まります。

また、このカードがワンランク上だというのは、国内空港ラウンジの利用が無料だからです。
国内旅行を楽しむ人なら、搭乗時間を待つ間、ゆっくりできる魅力がわかるでしょう。

楽天ゴールドカード概要

年会費 2,160円(税込)
(家族会員1人:540円(税込))
申し込み対象 20歳以上で安定した収入がある人
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard
利用可能額 最高200万円
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・カード盗難保険

さらに楽天ゴールドカードについて知りたい人は「楽天ゴールドカードは人を選ぶ?」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

「楽天プレミアムカード」はさすがの安心感と最上級の贅沢感

年会費は10,800円(税込)と高額であり、家族会員も高めです。
ですが、それに見合うだけの高いサービスと保険が付いています。

買い物で言えば、楽天プレミアムカード会員限定のサービスが併用できるので、とても大きな獲得ポイントとなります。
選べるコースの「楽天市場コース」「お誕生日サービス」を併用すれば、合計7%という高還元が可能となります。

旅行で言えば、海外空港のラウンジサービスを利用できる「プライオリティ・パス」無料で発行されます!

さらに、楽天プレミアムカードと当日の航空券(半券も可)を提示すると、国内空港ラウンジを無料で利用可能となります。

そして、空港だけではなく、旅行先でのパスポートやカードの紛失や盗難、現地の情報を紹介、レストラン予約などもサポートするトラベルデスクが充実。

この一枚があれば最高の贅沢が味わえるまさに「プレミアム」なカードなんです。

楽天プレミアムカード概要

年会費 10,800円(税込)
(家族会員1人:5,400円(税込))
申し込み対象 20歳以上で安定した収入がある人
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard
利用可能額 最高300万円
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
・国内旅行傷害補償(最高5,000万円)
・動産総合保険(最高300万円)

さらに楽天プレミアムカードについて知りたい人は「楽天プレミアムカードで年会費以上に得する方法」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

「楽天PINKカード」は女性の気持ちを考えたカード

カードデザインが基本ピンクで可愛らしいものであり、買い物パンダデザインも好評です。

そんな楽天PINKカードは、選べる女性対象の保険が備わっています。まさに女性におすすめしているカードです。

また、嬉しいポイントは楽天カードと同じ特典を持ちながらも、さらに自分に合わせた付帯サービスをカスタマイズできるのが一番のポイントです。

★楽天グループサービス(月額324円(税込) 楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループのサービスをお得に使えるサービス
★ ライフスタイル応援サービス(月額324円(税込) 飲食店やエンターテイメント、習い事などさまざまな施設で優待特典や割引が使えるサービス
★ 楽天PINKサポート(月額は各プランによって異なります) 女性が安心して過ごせるような補償が付いたプラン。全4種類あるので、自分に合わせたカスタマイズが可能なサービス

以上のようなサービスを選べます。

とはいっても、男性にとっても嬉しいサービスがあるので、男性でも持ちたい人がいるかもしれません。

もちろん、女性向けとなっていますが、男性も申し込めます。ですが、このピンクのカードのデザインを持つには少し勇気がいるのかも…。(可愛い過ぎるので)

楽天PINKカード概要

年会費 永年無料
申し込み対象 18歳以上(高校生除く)
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard
利用可能額 最大100万円
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・紛失、盗難対応

さらに楽天PINKカードについて知りたい人は「楽天ピンク(pink)カードと楽天カードの違い、全解説!」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

「楽天ANAマイレージクラブカード」はマイルを貯めるのに適している

このカードは、普段の買い物でもANAマイルを貯めることが可能となっています。

もちろん、生活に合わせて「楽天スーパーポイントコース」「ANAマイルコース」と分かれているので、好きな方を選びましょう。
一度選んでも、途中でコースの変更も可能なので安心してください。

マイルとポイントの交換もできるので、実際はどちらも貯められるカードなんです。

また、マイルに特化しているだけではなく、実際に空港でも便利に使えます。

一番の特徴は、飛行機をよく利用される人は分かるかもしれませんが、搭乗手続きが面倒ではありませんか?

このカードで予約をしていれば、その面倒な搭乗手続きなどが必要なく、直接、保安検査場に進める「スキップサービス」というものを利用することができるのです。

飛行機をよく利用する人にとって、とても嬉しいサービスが付いた便利な一枚です。

楽天ANAマイレージクラブカード概要

年会費 初年度無料
※翌年度以降は540円(税込)
(年1回利用すれば無料)
申し込み対象 ・満18歳以上(高校生除く)
・楽天会員登録済みの人
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard
利用可能額 最大100万円
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険

さらに楽天ANAマイレージクラブカードについて知りたい人は「楽天ANAマイレージクラブカードのマイルとポイントは貯るのか?マイレージカード全解説」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

「楽天カードアカデミー」(学生専用)は遊びやファッションを存分に楽しめる

楽天カードアカデミー

学生専用カードということで、大学や専門学校でできた友人と遊んだり、オシャレに目覚めたりする年頃におすすめするカードです。

楽天ブックスや楽天トラベルなど、学生が楽しめる。楽天ビューティーや楽天RAXYなどでオシャレになれる。
学生にこそ必要なサービスが豊富です。

一人暮らしを始めたのであれば、いろいろな買い物をするかもしれません。楽天市場でカード利用をすれば、ポイント4倍に。

他にも便利に使えるサービスがあります。(サービスについては「嬉しい楽天カードのサービス」にも掲載されています)

また、このカードの利点は楽天サービスをお得に使えるだけではありません。

このカードが使える対象でなくなる学生を卒業した後は、自動で普通の楽天カードに切り替えることが可能となっています。(ただし、審査があります)

クレヒス(クレジットカードヒストリー)が作れるのも大きなメリット。
学生のうちから良い状態にしておくと、楽天カードへの切り替えはもちろん、他のクレジットカードにする場合も審査で有利になります。

以上のように、早くからクレジットカードを持ちたい、学生時代を楽しみたい人はこちらのカードはいかがでしょうか?

(15歳~25歳が対象の学生割引に同時入会するともっとお得になります!こちらも年会費無料です)

楽天カードアカデミー概要

年会費 永年無料
申し込み対象 満18歳~28歳以下の学生(高校生除く)
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA、JCB
利用可能額 最大30万円
追加可能カード ETCカード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・紛失、盗難対応

さらに楽天カードアカデミーについて知りたい人は「楽天カードアカデミーと楽天カードの違い【全解説】」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

キャッシュカード機能がついた「楽天銀行カード」はコンビニATMからも利用可能

楽天銀行カード

このカードは、キャッシュカードとしても利用ができる「キャッシュカード一体型」です。

そのため、お金を下ろすことも可能で、下ろせる場所も銀行ATMだけでなく、コンビニATMでも利用できます。しかも、手数料は無料です。

また、一体型なので、普段の買い物でも使えます。楽天ポイントは100円につき1ポイント…ここは、楽天カードと同じですね。

ただ、ETCカードは作れるものの、家族カードは作れません。

このカードは、キャッシングをしたいけれど、楽天ポイントも貯めたいという人にぴったりのカードです。

楽天銀行カード概要

年会費 永年無料
申し込み対象 ・楽天銀行の普通口座を持つ18歳以上(高校生除く)
・電話連絡ができる
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド JCB
利用可能額 1,000円単位で最大50万円(1日)
追加可能カード ETCカード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・紛失、盗難対応

さらに楽天銀行カードについて知りたい人は楽天カード公式サイトをご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

楽天ビジネスカードは仕事で使えるサービスを割引価格で提供

楽天ビジネスカード

これは、仕事で使えるサービスが揃っています。

たとえば、楽天ビジネスカードで経費を払うのであれば、経費の管理が一本化できるので、コストの削減が可能となります。

仕事で必要となることが多い出張や接待。この場合もこのカードのサービスが役立ちます。

出張で飛行機を利用したり、宿泊先を予約する際も、楽天ビジネスカードのサービスで利用料が割引になります。

接待ではホテルはもちろん、レストランやゴルフ場の予約ができるので、余裕をもった接待ができます。

ほかにも、仕事で遠出をするのであればETC利用が必要となる場合があると思います。そんなときも、このカードであればETCカードを複数追加が可能です。(2枚目以降は年会費540円(税込))

他にもプレミアムカードの特典が使えるので、個人事業主やビジネスマンにぴったりのカードです。

しかし、ここで1つ面倒な点があります。それは、楽天ビジネスカードを持つには、「楽天プレミアムカード」を持つ必要があるからです。

すでに楽天プレミアムカードを持っているのであれば、スムーズに申し込みが進みます。持っていないのであれば、楽天ビジネスカードと同時に楽天プレミアムカードにも申し込まなければいけなくなります。

そのため、審査基準は楽天プレミアムカード独自のものになりますので、ご注意ください。

この点が少し面倒となっていますが、これにより楽天プレミアムカードのサービスも利用できます。

仕事で利用すれば楽天ポイントも貯められるようになります。

▼ 楽天プレミアムカードサービス(一部)

・国内空港ラウンジ
・海外、国内旅行傷害保険
・動産総合保険
・現地情報の紹介

など

個人事業主やビジネスマンにおすすめの1枚です。

楽天ビジネスカード概要

年会費 2,160円(税込)
申し込み対象 20歳以上で安定した収入がある人
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド VISA
利用可能額 最高300万円
※楽天プレミアムカードとの合算
追加可能カード ETCカード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害補償
・動産総合保険
※上記記載の保険は楽天プレミアムカードのみ付帯

さらに楽天ビジネスカードについて知りたい人は楽天カード公式サイトをご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

「楽天ブラックカード」は楽天カードの中で最も入手困難

楽天ブラックカード

楽天カードの中で最高級のクレジットカードです。

これは申し込み制度ではなく、インビテーション(招待)されることで持てるカード…楽天から認められた利用者しか持てないのです。

とてもレアで、年会費が32,400円(税込)とかなり高いです。

ですが、保険や優待サービスを見れば納得の金額と言えます。

たとえば保険。
「国内旅行傷害保険」は最高5,000万円、「海外旅行傷害保険」は最高が驚きの1億円となっています。

さらに、ブラックカード会員専用デスクで国内宿泊を予約し、ブラックカード決済をすると、利用ポイント1%からさらに1%プラスされます。つまり、合計2%のポイントが付くんです。

ほかにも「楽天プレミアム」が1年間無料で利用できたり、国内・海外空港ラウンジの利用が無料でできます。

まさに、最高の楽天カードと言えます。

楽天ブラックカード概要

年会費 32,400円(税込)
申し込み対象 楽天からのインビテーションがあった人
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド JCB、Mastercard
利用可能額 最大1,000万円
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害補償
・動産総合保険

さらに楽天ブラックカードについて知りたい人は楽天カードの公式サイトをご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

ヴィッセル神戸ファン必見!「V-styleカード」の特典が超豪華!

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカード V-style

このカードは「ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカード V-style」といい、神戸市をホームタウンとしているJリーグ加盟チーム「ヴィッセル神戸」のクレジットカードです。

このカードは、サポーターであれば持っておいて損はないカードです。

チケット購入やショッピングでカード利用をすると、常に5%OFFなうえ、ポイントが2倍つきます。(対象店舗のみ)
ただ、対象店以外になると、還元率は0.5%…つまり、200円で1Pとなって、ちょっと低めです。

ここでいうポイントとは、「貯まってうれしいポイント」という特殊なポイントです。このポイントは楽天スーパーポイントと交換も可能となっています。

また、貯まったポイントはヴィッセル神戸の好きな選手直筆のサイン入りグッズと交換が可能に。

▼ グッズラインナップ

商品名 必要ポイント
フラッグ 2,000ポイント
マフラータオル 4,000ポイント
サポーターズTシャツ 8,000ポイント
応援セット 12,000ポイント
レプリカユニフォーム 20,000ポイント

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカード V-style概要

年会費 永年無料
申し込み対象 18歳以上(高校生除く)
ポイント還元率 対象店以外:200円ごとに1P
対象店舗:100円ごとに2P
※貯まってうれしいポイントが貯まる
国際ブランド VISA
利用可能額 最高100万円
追加可能カード ETCカード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・カード盗難保険

くわしくは、楽天カードの公式サイトをご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

クレジットカード以外はこの3枚

これまで楽天のクレジットカードについて話してきました。
ですが、中には

・すでに別会社のクレジットカードを持っている
・学生でまだ楽天カードが持てない

などの理由で、クレジット機能を必要としない人もいるでしょう。

楽天ポイントはいろいろな店舗で使えるので、せっかくならポイントを貯めて有効活用したいですよね。

ここでは、そんな人にピッタリのクレジット機能が付かないカードを紹介していきます。

楽天ポイントカードはシンプルにポイントだけが貯まる

楽天ポイントカード

現金派で、クレジットカードを持ないけれど、ポイントだけ貯めたい人におすすめなのは、やはりポイントカードです。

入手方法も店頭にあるものがもらえるので、とても簡単です!

そして、カードデザインが豊富。
マクドナルドやミスタードーナッツなど、お気に入りのお店のカードで作ってみると愛着がわいてついポイントを貯めたくなります。

ポイント加盟店であれば、毎回買い物をしてポイントを付けないなんてもったいないので、普段現金で払っているのであれば、1枚持っておくと便利ですよ。

楽天スーパーポイントについて詳しく知りたい人は「楽天スーパーポイントの特徴」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

楽天Edyでより多くのポイントが貯められる

街中でもよく見かけるのが電子マネー「楽天Edy」

電子マネーは、あらかじめカードにお金をチャージしておくことで利用できるので、使い過ぎの心配はありません。

さらに、楽天スーパーポイントもカードの提示で100円で1ポイント、楽天Edy支払いでさらに200円1ポイント貯まります。

カードデザインも種類が豊富で、店舗で発行しているデザインの他にも、楽天市場でも販売しています。300~500円(税抜)くらいなので、一枚持っておくといざという時に助かります。

ただ、紛失した場合、補償がないというのがデメリットではりますが…気付いたらすぐに楽天へ電話することでカードを一時停止しましょう。

楽天Edyを上手に使う方法やポイント獲得方法などの詳細は「楽天Edyのチャージ【すべて解決】使い方とポイントの貯め方!」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

楽天デビットカードは銀行口座があれば持てる

みなさんはデビットカードをご存じでしょうか?

デビットカードとは、クレジットカードのようにお金を借りる(借金する)のではなく、ご自身が持つ銀行口座から買い物をした直後に引き落とされるシステムのカードを言います。

銀行口座の残高がなくなればお金が使えなくなるので、使い過ぎを防げます。

還元率も楽天カードと同じくカード利用100円で1ポイントが加算されます。

また、このカードとクレジットカードの違いはお金が引き落とされる場所以外にもあります。

それは、このカードを持つときに審査がないこと。

これは、先にも言ったようにお金を借りるのであれば審査というものが必要になります。(くわしくはこちらの「審査なしで作れるクレジットカード」へ)

申し込み対象が16歳以上というのもメリットの1つです。

クレジットカードを持てない、持ちたくない人はこちらのデビットカードもおすすめです。

楽天デビットカードを選ぶなら「JCB」
このカードは国際ブランドが「JCB」「VISA」の2つあります。

このどちらかを選ぶのですが…おすすめしているのは「JCB」です。

というのも、理由は簡単で、JCBは年会費無料でポイントは100円で1ポイントです。

ですが、VISAの場合は年会費が1,029円(税込)で、ポイントも1,000円で2ポイント

好みもありますが、どちらでもいいと言うのであれば「JCBブランド」を選ぶと色々お得ですよ。

楽天デビットカード概要

年会費 JCB…無料
VISA…1,029円(税込)
申し込み対象 満16歳以上
ポイント還元率 100円ごとに1P
国際ブランド JCB、VISA
利用可能額 限度なし
※銀行口座の残高があれば利用可能

楽天デビットカードについては「楽天デビットカードは年会費0円!」をご覧ください。

▲ カード一覧へ戻る

楽天スーパーポイントの使い方は?

それぞれカードを紹介しているときに「楽天ポイント」「楽天スーパーポイント」が多く貯まるかどうかという部分を話したかと思います。

実際に楽天ポイントを貯めて何に使うのか、どうやれば効率よく貯まるのか。

楽天ポイントには、「通常ポイント」「期間限定ポイント」の2種類があります。
キャンペーンなどで期間限定のポイントを獲得したのに、いつの間にか失効していた…という悔しい思いをした事があるかもしれません。

期間限定ポイントを獲得した時には、そのポイントを早目に使い切ることが無駄なくお得に使いこなすコツです!

…といったことを簡単に言いましたが、実際にはどういった場面で使えるのか、どこで貯められるのかといったポイントの仕組みが少し複雑です。(これは楽天ポイントのデメリットな部分です)

そこで、楽天スーパーポイントを効率よく活用する方法はどういうことか「楽天スーパーポイントの特徴」にて説明をしています。

楽天カードを持つのであれば、楽天ポイントをガッツリ貯めて、お得に使いたいですよね。

楽天カードを持つと決めたら、一度目を通してみてください。きっとみなさんのお役に立てます。

クレジットカードを選ぶコツ

楽天カードに限らず、他のクレジットカードを選ぶ際にも必要となる項目なので、一度目を通しておくことをおすすめします。

自分の状況と利用条件をチェック

カードを選んだとしても、そのカードを持てるか審査をする必要があります。
そして、その審査に通らなければ、クレジットカードを持つことはできません。

申し込む前に、自分の収入雇用形態、その他、各カード会社が設定している申し込み条件に合っているかを確認しましょう。

もし、自分のステータスよりも上のカードを持ちたいと思っても、返済などに不安があると見られてしまい、審査に落ちてしまいます。(詳しくは「審査に通らない可能性があるのは「自分に合わないステータスカードを選ぶ」人」を参照)

より高いカードを持つにはいいクレヒスを

それでも、中には「サービスも良いからこっちがいい!」という人もいるでしょう。

ですが、前にも言いましたが、自分より上のカードを申し込んでしまうと、審査に落ちてしまいます。するとどうなるか。

あなたのクレヒス(クレジットカードヒストリー)に傷が付いてしまいます!

このクレヒスはカードを持つには重要な役割をするのです。くわしくはこちらの「クレジットカードの基本!審査の必要性とは?」にも書いてありますが、審査を行うときは、この情報が必要となります。

申込みをする前に、自分のクレヒスを確認し、条件に合うカードを探しましょう。
審査に落ちるといった傷を付けることなく、カードを入手できます。

もし、審査に対する不安があれば、こちらの「クレジットカードの審査に通らない!その理由と対策を解説」をご覧ください。

カードを選ぶときは「国際ブランド」を確認

国際ブランドの選び方

各カードの特徴からなんとなく絞れても、実はさらに細かく分かれている場合があります。

それは「国際ブランド」

こう言っても初めて持つ人にはピンと来ないかもしれません。
この国際ブランドとは「JCB」「VISA」「MasterCard」「アメックス(アメリカンエキスプレス)」といったようなブランドのことです。

ここを確認する必要がある理由は、自分がよく使うお店はそのブランドに対応しているかをみるためです。
もし、VISAカードを作っても、その店舗がVISAに対応していなければカードを使うことはできません。

他にも、

海外でも使いたいなら…「VISA」「MasterCard」
国内でよく利用したい…「JCB」
高級感があるカードがいい…「アメックス」

といったような選び方もあります。(楽天でアメックスは扱っていません)

つまり、自分に合ったブランドを選ばないとせっかくのカードがお得に使えなくなります。

そんな後悔をしないためにも、この部分を確認することは重要になります。

ブランド特有のサービスも付帯

店舗がそのカードに対応しているかの確認が重要なのですが、お店によっては幅広いブランドに対応しているところもあります。

そんなとき、次に注目したいのは「ブランドに付帯されたサービス」です。

これは、それぞれのブランドカードを持っている人だけに与えられる優待サービスのことを言います。

たとえば、国際ブランド加盟店にレストランがあった場合、同じブランドのカードで支払いをすれば合計金額からいくらか割引きがされる。
海外旅行先で国際ブランド加盟店のホテルがあれば、特別なトラベルサービスが受けられる。

こういった特殊なものが利用できるようになります。

人によっては、その中のサービスで特に利用したいといった内容のものもあるかもしれません。

各サービスの特典もあわせて確認をしておくことにより、より一層クレジットカードをお得に使いこなすことができるようになります。

どの国際ブランドがいいか悩んでしまう人は、是非参考にしてください。

楽天カードの国際ブランド変更は面倒
もし、現在使用している国際ブランドよりも自分に合うブランドを見つけ、そっちに変えたいとなった場合は少し面倒です。

楽天ではカードのブランド変更ができず一度解約してから改めて申し込みをする必要があります。

また、楽天カードをブランド違いで2枚持ちすることもできないので、新規カードの発行中は楽天カードが手元にない状態に…。

変更するのであれば、余裕があるときに行いましょう。

結論

一番最初に持つなら、まずは基本となる「楽天カード」でクレジットカードというものに慣れることをおすすめします。

もし、女性限定の補償が欲しい、マイルを貯めたい、などの目的があればそれに特化したカードを。

クレジットカードを持とうと思ったが、ポイントを貯めるだけでもいいかな、と考えを改めた人であれば楽天Edyデビットカード

楽天カード以外で探してみたいという人はこちらの「おすすめクレジットカード人気ランキング」も見てはいかがでしょうか?

どういったカードが欲しいのか、目的がしっかりしていれば自分に合ったカードが見付かるでしょう。

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選び、より快適に買い物を楽しんでいきましょう。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。