【常時還元率2.5%!?】楽天ポイントを賢く&手間なく稼ぐ方法一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「普段の買い物を、できる限りポイントでまかないたい。
自分にとって一番身近なのは楽天ポイントだから、これを活用できればいいんだけど…」

楽天市場、楽天カード、楽天モバイル…と、私たちの生活に密着したサービスを多く展開する「楽天」グループ。
そして各サービスの利用に応じてもらえる「楽天ポイント(楽天スーパーポイント)」を上手く獲得・利用できれば、普段の決済がおトクになることはまず間違いありません。

そこで今回は、楽天ポイントを普段の生活を通し、賢く貯める方法をピックアップしまとめました。
読み終えていただければ、無理なく「ポイ活」を進めていく方法が分かります。

【年会費無料】高還元率カードランキング
VIASOカードVIASOカード
年会費無料還元率0.5%〜1.0%
年会費永年無料でネットでオトク、オートキャッシュバックが便利。
JCB CARD W
年会費無料還元率1~7%
セブンイレブン、アマゾンでポイント4倍、スターバックスはポイント6倍!
楽天カード
年会費無料還元率1~3%
ポイントの貯まりやすさピカイチの超人気カード!
三井住友デビュープラス券面三井住友カード デビュープラス
初年度年会費無料還元率1.0%~3.0%
安心の三井住友カードブランド+ポイント付与率は通常カードの2倍。

目次

一目で分かる!日常生活で楽天ポイントを稼ぐ方法一覧

一目で分かる!日常生活で楽天ポイントを稼ぐ方法一覧
このページで触れる、主な「楽天ポイント」を稼ぐ方法は以下の通りです。

★主な「楽天ポイント」獲得方法
楽天ペイ
  • 「楽天カード」との併用で還元率1.5%
    ┗ポイント加盟店なら+1%(計2.5%)
  • コンビニ等、意外と多くのお店で利用可能
楽天カード
  • 楽天ポイント還元率、常時1.0%
    ┗ポイント加盟店なら+1%
  • この中だと最も使えるお店が多い
その他の楽天系サービスの利用
  • 楽天ひかり、楽天モバイル、楽天銀行など
  • 導入が難しい場合もあるので無理をする必要はない
ポイントサイト、ポイントアプリ等
  • 各ポイントサイト、「楽天チェック」等のアプリを通したポイント獲得
  • 「ポイントを貯めるための手間」が掛かりがちではある

このあたりの方針は人によって異なる部分だろうとは思いますが…。

個人的には「ポイントを貯めるための手間や時間」をあまり掛けたくないため、今回はできる限り手間なく、効率的にポイントを獲得する方法について重点的にお話しさせて頂こうかと思います。

それでは詳しく見ていきましょう。

コンスタントに楽天ポイントを貯める最強の方法は「楽天ペイ+楽天カード」

コンスタントに楽天ポイントを貯める最強の方法は「楽天ペイ+楽天カード」
比較的手間なく、かつ効率的に「楽天ポイント」を稼ぐ方法は、「楽天ペイ+楽天カード」の組み合わせ。
まずはそう言える根拠について見ていきましょう。

①「楽天カードで事前チャージ+楽天ペイ払い」でいつでも還元率1.5%

「楽天ペイ」とは、スマートフォンアプリを使ったスマホ決済サービスの一つ。
「PayPay」の楽天バージョンと言えば、イメージが付きやすい方も多いでしょうか。

この楽天ペイ、基本的にはQRコードやバーコードの読み取りで支払いを行うこととなるのですが…。

「楽天ペイ」で支払うための電子マネーを「楽天カード」でチャージすれば、実は常時1.5%の「楽天ポイント」還元を受けられます。
楽天カードの還元率は1.0%ですから、楽天ペイを併用した方が1.5倍おトクとなるわけですね。

「楽天ペイ」対象店舗は、

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • 西友
  • 各ドラッグストアチェーン
  • 各家電量販店
  • 等、多岐にわたります。

    これらのお店でいつでも「楽天カードで事前チャージ+楽天ペイ払い」ができたなら、非常に効率的にポイントを貯めていけることでしょう。

    楽天ペイの利用イメージ▲公式HPより、楽天ペイの利用イメージ。
    コンビニであれば、スマホアプリ上に表示してあるバーコードを読み取ってもらうだけで簡単に支払いが完了します。

    ★楽天ペイのインストールは無料です。

    ★「楽天ペイ」加盟店については同アプリ、もしくは以下の記事をご覧ください。

    20年8月版!楽天ペイを使えるお店と現在地から加盟店を探す方法
    2020.08.20

    ★楽天ペイでは事前チャージ不要の「楽天カード紐付け支払い」等も可能ですが、この場合1.5%の還元を受けることはできません
    最高還元には「楽天カードによる事前チャージ」が必須となりますのでご承知おきください。
    また楽天ペイの還元率は、0%~1.5%とチャージ・支払い方法によって変動します。

    参考楽天ペイの還元率
    楽天カードチャージ計1.5%
    (楽天カード還元分を含む)
    楽天銀行、ラクマ、楽天ウォレットからチャージ1.0%
    楽天銀行口座払い1.0%
    クレジットカード払い
    (楽天カード含む)
    0%
    (別途カード会社のポイントは付く)

    ②さらに「楽天ポイント」加盟店ならポイント還元率+1%(計2.5%)

    各コンビニはじめ、多くのお店で使える「楽天ペイ」ですが…。

    その中でも「楽天ポイント」加盟店(=楽天ポイントカードを出してポイントが貰えるお店)を利用できたなら、ポイントがさらに1%上乗せされます。
    主なところだと「ファミリーマート」「デイリーヤマザキ」「マクドナルド」等ですね。

    楽天ポイントカードを出す手間も省けますので、可能であれば「楽天ポイント」加盟店を積極的に活用していきたいところです。

    ★楽天ペイを使う場合の還元率まとめ
    楽天ペイ+楽天カード事前チャージ
    (通常)
    1.5%
    楽天ペイ+楽天カード事前チャージ
    (楽天ポイント加盟店)
    2.5%

    楽天ポイントカード公式HP「使えるお店」

    ★「楽天ペイが使えるお店」「楽天ポイント加盟店」はそれぞれ異なりますのでご注意ください。
    どちらかにしか対応していないお店・どちらにも対応しているお店はそれぞれ多数存在します。

    楽天ペイを使えない決済なら「楽天カード」で支払いを:カードランクはどれがいい?

    楽天ペイを使えない決済なら「楽天カード」で支払いを:カードランクはどれがいい?
    常時1.5%還元を受けられる「楽天ペイ」の加盟店は常に増えてはいるものの、やはりクレジットカードである「楽天カード」には及びません。

    ということで、「楽天ペイ」を使えないお店に関しては、これまで通り「楽天カード」を使っていくのが基本となるでしょう。
    それでは解説していきます。

    ①「楽天カード」系列は常時1%ポイント還元、貯めたポイントは交換不要でそのまま使える

    今更解説は要らない、という方も多いかもしれませんが…。

    「楽天カード」は「無料&高めの還元率&審査の通りやすさ」で知られるクレジットカード。
    こちらのカードを使って支払えば、常に1.0%相当の楽天ポイントが還元されます。
    (楽天ポイント加盟店であれば+1%で計2%)

    ▲▼楽天カード(一般)
    年会費完全無料
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB
    American Express(非推奨)
    ポイント仕様100円につき1ポイント(楽天ポイント)還元
    ┗実質還元率1.0%
    付帯保険海外旅行保険
    申込み条件(公式HPより)
    18歳以上の方(高校生の方は除く)​
    特典など
    • 新規入会で2000ポイント~プレゼント
      ┗付与ポイントは入会タイミングによって異なる
    • 楽天ポイントカード機能付き
    • 楽天市場で還元率常時+1.0%
    • 楽天Edyの機能を付けられる
      (が、キャンペーン時でもなければ特におトクさの上でのメリットはない)

    正直なところ、楽天カードより還元率が高いカードは他にもたくさん存在するのですが…。

    「手間なく、コンスタントに楽天ポイントを貯められる」という意味で、ベストな選択肢であることは間違いありません。

    楽天カードそのものに楽天ポイントカード機能が付いているため、貯めたポイントを加盟店(ファミリーマート等)ですぐに使えるのも嬉しいところです。

    ★「楽天カード」決済に応じたポイントは、「毎月月末までの利用分に応じ、翌15日」に還元されます。
    つまりカードの利用~ポイント還元までには半月~1ヶ月半程度のタイムラグが生じますので、あらかじめご承知おきください。
    とは言えこれはどのクレジットカードを利用する場合であっても同じです。

    ★はじめてクレジットカードを利用する上での基礎知識(基本的な使い方や支払い、VISA、Mastercadの違い等を含む)などについては以下のページをご覧ください。

    【クレジットカード初心者入門】支払いの仕組み・注意点とおすすめカード5選
    2021.12.23

    ②ゴールド以上なら「楽天市場」での還元率が上がるが、基本還元率はどれも同じ

    さて、「楽天カード」には「一般・ゴールド・プレミアム(+完全招待制のブラック)」の4グレードが存在します。
    そして積極的に楽天ポイントを貯めていくなら、上位カードを選んだ方が良いように思えますが…。

    実際のところ、基本還元率(1.0%)は無料カードもブラックカードも同じ
    よって上位カードを選ぶべきは、「上位カードにしかないメリット」を享受したい場合に限られるでしょう。

    個人的に「普段の生活で楽天ポイントをおトクに貯めたい」といったかんじであれば、無料カードで十分だろうと思います。

    ★楽天カードの各グレード間比較
    楽天カード(一般)
    • 年会費無料
    • 楽天市場で還元率+1%
      ┗通常還元、加盟店還元と合わせて計3.0%
    楽天カード(ゴールド)
    券面
    楽天カード(プレミアム)
    • 年会費11,000円
    • 楽天市場で還元率+3%
    • 海外空港ラウンジサービス
    • 国内空港ラウンジサービス
    • 国際線利用時の手荷物配送無料(年2回、トラベルコース選択時)
    ※いずれも基本還元率1.0%
    ※完全招待制のブラックカードは割愛
    「楽天カードを使っている」「使わなかった」56人が回答!楽天カードのリアルな評判
    2022.01.27
    楽天ゴールドカードの審査落ちしない【正しい手順】を解説!
    2021.07.01
    楽天プレミアムカードで年会費以上に得する方法(優待特典のすべて)
    2021.09.09

    メインバンクを「楽天銀行」に設定できたならさらにポイントを貯められる

    メインバンクを「楽天銀行」に設定できたならさらにポイントを貯められる
    あなたが普段使う銀行口座を「楽天銀行」に乗り換えられたなら、その利用状況によっても楽天ポイントを獲得することができます。

    ★楽天銀行ユーザーへの楽天ポイント還元例
    他行への振込
    他行から振込
    ATM入出金
    給与受取
    自動引き落とし
    Pay-easy
    1~3ポイント/件
    会員ステージにより変動
    楽天カードの自動引き落とし3~9ポイント/回
    ┗会員ステージにより変動
    楽天銀行コンビニ支払サービス10ポイント/件
    ※その他の還元対象については公式HP参照

    メインバンクを乗り換える手間こそ掛かるかもしれませんが…。
    一旦それが済んでしまえば、普段通り振込や給与受取を済ませるだけでポイントを獲得できるわけですね。

    今後とも長く「楽天」ポイントを貯めていきたいとお考えなら、ぜひとも楽天銀行口座を活用していきたいところ。

    ちなみにこの楽天銀行、ネット銀行らしく会員ステージによりATM手数料が無料化される等の特典が設けられているのも嬉しいポイントとなっています。

    楽天銀行公式HP「ハッピープログラム(楽天ポイント・手数料優遇)」

    楽天市場で還元率15倍!その他の楽天系サービスとSPU(スーパーポイントアッププログラム)

    楽天市場で還元率15倍!その他の楽天系サービスとSPU(スーパーポイントアッププログラム)
    ここまで挙げた以外にも、楽天系のサービスは多数存在します。
    現実問題としてすぐに導入しづらいものもあるかもしれませんが、参考情報として挙げさせて頂きました。

    ★その他の主な楽天系サービス
    楽天市場アプリ
    • アプリを通した決済で「楽天市場」還元率+0.5%
    楽天リーベイツ
    • 「楽天リーベイツ」を経由したネットショッピングでポイント還元率アップ(還元率はお店により異なる)
    楽天モバイル
    • 1%ポイント還元
    • 安価だが限定的な海鮮エリア等に注意
    • 楽天市場で還元率+1%
    楽天でんき
    • 「楽天カード」での支払なら還元率1%
    • 楽天市場で還元率+1%
    楽天ひかり
    • 楽天市場で還元率+1%
    楽天生命
    • 1%ポイント還元
    • 楽天カードでの支払いを条件に楽天市場で還元率+1%
    楽天証券
    • 月1回500円以上のポイント投資を条件に、翌月楽天市場で還元率+1%
    楽天トラベル
    • 1%ポイント還元
    楽天ビューティ
    • 1%ポイント還元
    ※その他の対象サービス等については公式HP参照

    表中にも記載が多い、「楽天市場で還元率+○%」という特典はSPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれ、この条件をすべて満たせば楽天市場での還元率が15%となります。

    実際の契約条件などを考えると、すべてのサービスを楽天系に揃えることは難しいという方も多いとは思いますが…。
    導入できそうなサービスがあれば、申し込み・利用を検討してみるのも良いでしょう。

    特に「楽天市場アプリ」「楽天リーベイツ」あたりはアプリやサイトを通して買い物をするだけで還元率を上乗せできるので、導入しやすいだろうと思います。

    楽天市場公式HP「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」

    暇があればポイントサイトや「楽天チェック」などのポイントアプリも活用したい

    暇があればポイントサイトや「楽天チェック」などのポイントアプリも活用したい
    その他、隙間時間を使ったポイント獲得を狙うのであれば、各ポイントサイトや「楽天チェック」等のポイントアプリを使ってみるのも手ですね。

    ★その他の楽天ポイント獲得方法の例
    各ポイントサイト
    (モッピー、ポイントタウンなど)
    • 指定商品の購入、申し込みなどによりポイント還元
    楽天チェック
    • ローソン、デイリーヤマザキ等の対象店でチェックイン(アプリ操作)することでポイント獲得(1ポイント~)
    楽天スーパーポイントスクリーン
    • 指定ページ、広告の閲覧などでポイント獲得
    毎日ラッキーくじ
    • 毎日楽天ポイントを貯められる「くじ」に無料で参加可能
    楽天インサイト
    • アンケート回答により謝礼として楽天ポイントプレゼント

    上のような方法で、一気に多額のポイントを稼ぐことは難しいかもしれませんが…。
    (ポイントサイトを通し、高額あるいは継続的な契約を結ぶような場合を除く)

    暇があるときにこういった「ポイ活」を行うことで、長期的に見れば無視できない量のポイントを獲得できることでしょう。

    FAQ:楽天カードとは別に「デビットカード」もあるようですが、違いは何ですか?

    FAQ:楽天カードとは別に「デビットカード」もあるようですが、違いは何ですか?
    クレジットカードと混同されやすいカードとして挙げられるのが「デビットカード」。そして「楽天銀行」も、この種類のデビットカードを提供していますが…。

    主な違いをまとめると、以下のようになります。

    ★2つの楽天系カードの違い
    楽天カード
    (クレジットカード)
    楽天銀行デビットカード
    年会費完全無料
    基本還元率1.0%
    使えるお店国際ブランド(VISA等)に応じた加盟店国際ブランド(VISA等)に応じた加盟店

    ※ただし会費等、継続的な支払いを除く

    基本システム1ヶ月分の利用分を原則翌27日に支払いカードを使った瞬間引き落とし
    支払い口座自由
    (楽天銀行なら優待あり)
    楽天銀行のみ
    その他
    • 楽天ペイとの併用で還元率1.5%
    • 分割払い等を利用可
    • 要審査(ただし甘い)
    • 無審査
    • 16歳から利用可

    基本還元率はどちらも同じですが、「デビットカード」を利用する上では楽天銀行の口座と決済額に応じた預金額が必須に。
    また「楽天ペイ」での還元率を上乗せできるのは「楽天カード」のみということもあり、基本的には「楽天カード」の選択が優先されますが…。

    • お金の管理に自信がなく、決済~支払いまでのタイムラグが不安
    • 16歳または17歳である
    • いわゆるブラック状態で、楽天カードの審査に通過できない

    といった場合には、デビットカードを選ぶのも良いでしょう。

    ちなみに会費など継続的な支払い、その他一部加盟店を除き、使えるお店は大体共通です(インターネット決済含む)。

    券面

    楽天デビットカード(VISA)

    FAQ:現在進行形で開催されている楽天ポイントのキャンペーンは、どこで確認できますか?

    楽天グループは頻繁にポイントアップのキャンペーンを行っていますが、最近はその対象が多すぎて、追いかけていくのも大変です。

    そんなときにはあなたが普段利用している楽天系サービスの公式HP、アプリ情報の他、以下の「楽天ポイント」総合サイトをチェックしてみると良いでしょう。

    楽天ポイントカード公式HP「キャンペーン一覧」

    ただしキャンペーン内容によっては、事前エントリー(インターネット上で簡単に完了します)が必要ですのでご注意ください。

    FAQ:楽天ポイントの有効期限はどのようになっていますか?

    楽天ポイントの有効期限は「最後にポイントを獲得した月から数えて1年間」です。

    と言うことで年に1回以上楽天ポイントを獲得できるなら、有効期限は実質なしと言って良いでしょう。

    ★ただしキャンペーン参加などによりもらえる「期間限定ポイント」は、通常ポイントより失効しやすくなっているためご注意ください。

    期間限定ポイントの有無や失効期限については、楽天Point Club等にログインすることで確認できます。

    FAQ:家族と楽天ポイントを合算することはできますか?

    残念ながらできません。あらかじめご了承ください。

    ★ただし楽天カードで「家族カード」を発行することは可能です。
    この場合、家族が使った分の請求・ポイント還元は本会員に向かう形となります。

    ★「一人が複数の楽天ポイントカードを持っている」場合には、ポイントの統合が可能です。

    楽天ポイントカード公式HP「複数の楽天ポイントカードをまとめたい」

    楽天ポイントを賢く稼ぐ方法についてのまとめ

    楽天ポイントを賢く稼ぐ方法についてのまとめ

    ★特におすすめな「楽天ポイント」獲得方法
    楽天ペイ
    • 「楽天カード」との併用で還元率1.5%
      ┗ポイント加盟店なら+1%(計2.5%)
    • コンビニ等、意外と多くのお店で利用可能
    楽天カード
    • 楽天ポイント還元率、常時1.0%
      ┗ポイント加盟店なら+1%
    楽天銀行
    • 給与受取、ATM取引、振込などのたびにポイントを獲得できる
    楽天市場アプリ
    楽天リーベイツ
    • アプリやサイトを経由して買い物するだけでポイント還元率アップ
    その他の楽天系サービスの利用
    • 楽天ひかり、楽天モバイルなど
    • 導入が難しい場合もあるので無理をする必要はない
    ポイントサイト、ポイントアプリ等
    • 各ポイントサイト、「楽天チェック」等のアプリを通したポイント獲得
    • 「ポイントを貯めるための手間」が掛かりがちではある

    日々の生活に「楽天ペイ」はじめとする各サービスを導入するだけで、楽天ポイントの貯めやすさは格段に上がります。

    無理をして新しい契約を結ぶ必要はありませんが、簡単に導入、そして任意のタイミングでストップできるサービス(ポイントアプリ等)も多いため、まずは手近なところからトライしてみると良いでしょう。

    「楽天カードを使っている」「使わなかった」56人が回答!楽天カードのリアルな評判
    2022.01.27
    楽天ゴールドカードの審査落ちしない【正しい手順】を解説!
    2021.07.01
    楽天プレミアムカードで年会費以上に得する方法(優待特典のすべて)
    2021.09.09

    ▲▼楽天カード(一般)
    年会費完全無料
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB
    American Express(非推奨)
    ポイント仕様100円につき1ポイント(楽天ポイント)還元
    ┗実質還元率1.0%
    付帯保険海外旅行保険
    申込み条件(公式HPより)
    18歳以上の方(高校生の方は除く)​
    特典など
    • 新規入会で2000ポイント~プレゼント
      ┗付与ポイントは入会タイミングによって異なる
    • 楽天ポイントカード機能付き
    • 楽天市場で還元率常時+1.0%
    • 楽天Edyの機能を付けられる
      (が、キャンペーン時でもなければ特におトクさの上でのメリットはない)
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
    • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。