【楽天ピンクカードとは】2分で分かる楽天カードとの違い&選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天ピンク(pink)カードと楽天カードの違い、全解説!

「学生でも簡単に持てるという<楽天カード>が気になる。
そしてHPを見ていると、<楽天ピンクカード>という女性向カードもあるみたいだけれど…?」

名前の通りピンク色をした、女性向けの「楽天PINKカード」

特徴は「女性向けの有料オプションサービスを付けられる」ことにありますが、それ以外のサービス(基本年会費無料、還元率1%等)は通常の楽天カードと変わりありません。
そのため有料サービスを確認し、特に魅力を感じなければ、「見た目」だけで申込先を選んでしまって構わないでしょう。

今回はそんな「楽天ピンクカード」について、通常の銀色の「楽天カード」との相違点・共通を簡単にまとめました。
少し読み進めて頂ければ、今のあなたに合った「楽天カード」が分かります。

女性向けカードランキング
JCBカード W Plus L
年会費無料還元率:0.8%
JCBのプロパーカード。「JCB LINDAリーグ」の特典が受けられる。
三井住友アミティエ新券面画像(2020年3月~) 三井住友カード アミティエ
年会費1,250円+税還元率:0.5%
安価な年会費で各種保険が「自動付帯」!
ライフカードStella
年会費1,250円+税還元率:0.5%
ライフカードに充実の保険と海外キャッシュバックサービスをプラス。

単刀直入!「楽天ピンクカード」と普通の楽天カードはどちらを選べばいい?


冒頭でも触れた通り、「楽天ピンクカード」と通常の「楽天カード」の違いは

  • デザイン(見た目)
  • 有料オプションサービスを付けられる

の2点のみ。「年会費無料」「還元率1%」といった楽天カードの特徴は共通のものとなります。

そのため有料オプションサービスの内容をチェックし、特に魅力を感じなかったなら、後は「見た目」だけで申込先を選んで構いません

そして肝心な「有料オプションサービス」の例は以下の通り。

「楽天ピンクカード」主なオプション

  1. 毎月1度、楽天市場での5,000円以上の買い物が500円オフ
     他、楽天ブックスや楽天TVでのクーポン送付(詳細後述)
  2. tutuanna等指定店、脱毛サロン、レンタカー、カラオケ店等の割引
  3. 女性特有の疾病への簡易保険サービス

2のオプションサービス料はそれぞれ「月330円」3に関しては年齢で保険料が異なります。

とは言え

  • 2の方に関しては他社の無料カードで代用が利く
  • 3に関し、本気で病気に備えるのであれば生命保険等に加入するのが一般的

…ということで、基本的にはのサービスに月330円の価値を見出せるか否かで、有料サービス加入を決めると良いでしょう。

そして「楽天カード」とのもう一つの差別化点となるのが、カードの見た目です。こちらも見比べてみましょう。

「楽天ピンクカード」カードデザイン

(3種類から選択可)

「楽天カード」カードデザイン

(この他にもコラボデザイン等有)

ということで「楽天ピンクカード」を選ぶべき人の特徴をごく簡単にまとめると、

  • 楽天系のサービスをよく利用する
  • (特に月5千円以上、楽天市場を利用する)

  • ピンク色のカードデザインが気に入った

ということに。逆に言うとこの2点の両方に該当しないのであれば、銀色の「楽天カード」を選んで差し支えないことになりますね。

もちろんオプションサービスへの加入は必須ではありませんので、これを利用しないのであれば「無料の、ピンク色の楽天カード」として「楽天ピンクカード」をご利用頂けます。

通常の「楽天カード」と共通する「楽天ピンクカード」の基本情報


今のあなたが「楽天ピンクカード」と「楽天カード」のどちらを選ぶべきか確認できたなら、ここからはその両方に共通する基本情報についてお話しさせて頂きます。

①やはり年会費無料&1%の高還元は嬉しい

「楽天カード」最大のメリットとされるのが「年会費無料」「1%の高還元」の2つ。

正直に言うと同じ利点を持つカードは他にも多く存在するのですが、「楽天」系サービスの身近さ、あるいはCM等の効果があってか、最近は「高還元無料カードと言えば楽天カード」という流れが強いですね。

「楽天(PINK)カード」基本情報
年会費 還元
完全無料 請求額100円につき1ポイント付与
(楽天スーパーポイント)
国際ブランド 利用可能額
VISA
Mastercard
JCB
American Express
審査に応じ決定
(最高100万円)
申込条件
18歳以上(高校生除く)
※ピンクカードであっても男性の申込可
備考

以上の内容は「楽天カード」「楽天ピンクカード」共通となります。

  • 年会費無料(オプションサービスに加入しない場合)
  • 楽天系サービスでポイント優遇を受けられる

といった利点を考えると、はじめてのクレジットカードにもピッタリと言って良いでしょう。

また楽天ポイントカードの機能が付いていますので、マクドナルド等の加盟店(楽天ポイントが貯まる・使えるお店)を利用する機会が多い場合にも利用しやすいと言えます。

参考楽天ポイントカード公式HP「使えるお店」

国際ブランドはどれを選ぶべき?(クリック/タップで開きます)
楽天カードでは申込時に「VISA」「Mastercard」「JCB」「American Express」という4つの国際ブランドの中からどれか、1つを選択する必要があります。

前提として、あなたが極力多くのお店で楽天カードを使いたいのなら「American Express」は避けておくのが無難でしょう。この国際ブランドは他の3つに比べ、加盟店(使えるお店)が少ないからです。

残り3つに関しては大体どれを選んでも構いません「JCB」は海外で利用できるお店が少ないとされていますが、そもそも保険内容が微妙「楽天カード」自体が海外利用に向いていませんから、この場合はJCBの楽天カード以外にもう一つ、保険の充実したVISAかMastercardブランドのカードを作れば事足ります。

どのブランドを選んだからといって還元率やサービス内容等に違いはありません。
それこそ「見た目」だけで選んでしまっても良いでしょう。

★ただし「ディズニーデザイン」を選択できるのはJCBブランドのみとなります。

★「American Express」は高ステータスカードとしても人気がありますが、それは「American Express」社が発行するカードに限っての話であり、「Amerixan Expressブランドの楽天カード」の場合は特に関係ありません。

また、American Expressの提携カードには独自の特典(Amerixan Express Connect)が付いていることが多いのですが、無料の楽天カードにこれは適用されません。
(=American Expressブランドと他ブランドカードにサービス面での違いは無い)

②楽天市場での還元率は常時3%~

先にも少し触れた通り、「年会費無料で高還元」なカードは他にも存在します。
そんな中で「楽天カード」独自のメリットと言えるのは、やはり楽天系サービスや提携店での優遇でしょう。
具体的には以下の通りですね。

「楽天カード」利用特典

  • 「楽天市場」でのお買い物で常時3%還元
    (通常還元1%+カード還元分1%+優遇分1%/お店によってはさらに還元率アップ)
  • ローソン、大丸等の提携店でポイント+1倍
    (2019年12月実施分/事前エントリー必須)

提携店での優遇に関しては期間限定のものが多いため、これを一番の理由に「楽天カード」へ申し込むことはおすすめしかねますが……。

「楽天市場でのポイント優遇」は常時実施されていますので、同サービスの利用機会が多いのなら、楽天カードを取得して損はないでしょう。

③一方、旅行保険などの付帯サービスは微妙

そんな楽天カードではありますが、残念ながら「年会費無料&基本還元率1%」「楽天市場でポイント優遇」以外のサービス面は微妙と言わざるを得ません。

年会費が発生しないため仕方ないと言えば仕方ないのですが、一見充実しているように見える「海外旅行保険」も利用条件が妙に厳しいため、このあたりはよく確認しておきたいところです。

「楽天カード」付帯保険内容を見る(クリック/タップで開きます)
海外旅行保険
適用条件
「出国前に、自宅から空港までの交通費」または「旅行会社が提供する企画旅行の代金」を、楽天カードで支払っていること
※条件なしで保険の適用されることの多い他社カードに比べ非常に厳しい
※航空券代は適用条件に含まれない
傷害死亡、後遺障害 傷害治療
最高2000万円 最高200万円
疾病治療 賠償責任
最高200万円 最高2000万円
救援者費用 携行品損害
年間最高200万円 年間最高20万円
国内旅行保険

なし

海外旅行等へ出向く機会があるのなら、年会費無料ながらサービス面の充実した、

  • REXカード(基本還元率1.25%)
  • 横浜インビテーションカード(基本還元率0.5%、ただし買物保険付きでサブカード向)

あたりを取得した方が良いでしょう。楽天カードと同時に申し込んでも構いません。
(いずれも発行元はジャックス/ただし楽天カードより取得難易度はやや高いか)

CHECK【実録】REXカードへの申込みを決めた理由と懸念点【審査通過まで17日】
CHECK【横浜インビテーションカード】保険内容はREXカードと同じ?2つのカードの選び方

「REXカード」と楽天カードの比較(クリック/タップで開きます)
楽天カード
  • 年会費無料
  • 基本還元率1%
  • 使い勝手の良い「楽天スーパーポイント」付与
  • 楽天ポイントカード機能付
  • 楽天市場での優遇あり
  • 審査難易度が低い
REXカード
  • 年会費無料
  • 基本還元率1.25%
  • 貯めたポイントはほぼカード請求にしか使えない
  • 海外旅行保険は条件なしで付帯
  • 国内旅行保険は条件付き付帯
  • Amazon、その他ネットショップ等でポイント優遇
    (JACCSモール経由時)

  • カラオケ店などで優遇
  • 楽天に比べるとダイレクトメールが非常に少ない

ピンクカードならでは!主な有料オプションサービスについて


ここからは通常楽天カードとの差別化点となる、「楽天ピンクカード」の有料オプションサービス(公式名称は「カスタマイズ特典」)について解説させて頂きます。

楽天ピンクカードの有料特典
楽天グループ優待サービス 月額330円
  • 楽天系サービスをよく利用するなら必見
  • 初回2ヶ月無料
ライフスタイル応援サービス『RAKUTEN PINKY LIFE』 月額330円
  • 他社無料カードに同様のサービスがあるため非推奨
  • 初回2ヶ月無料
女性のための保険 会費は年齢による
  • 内容は気休め程度
※リンク先で詳細解説
※それぞれ好きなものをオプションとして付与可、またすべてを利用しなくても良い

★各オプションサービスは任意のタイミングで加入・解約可能です。
(ただし初回無料サービスを受けられるのは1度のみ)

①楽天グループ優待サービス

「楽天ピンクカード」の有料オプションサービスの中でも、一番目を引くのが楽天グループの優待サービス。
具体的な内容は以下の通りです。

楽天グループ優待サービス内容
会費

月330円(税込)
※初回2ヶ月無料
※任意のタイミングで解約可

サービス 条件
楽天市場の500円オフクーポン付与 5千円以上の買物にのみ利用可
クリスタルガイザー500ml×48円の50円オフクーポン付与 楽天24、楽天市場経由の買い物
Rakuten TV
20%オフクーポン付与
最新映画やアニメの「購入」が対象
楽天Kobo
電子書籍10%オフクーポン付与
1千円以上の買物にのみ利用可
楽天ブックス
100円オフクーポン付与
2,160円以上の買物にのみ利用可
楽天GORA
ゴルフ場予約で1,000円オフクーポン付与
一人予約は対象外
楽天トラベル
国内宿泊予約で1,000円オフクーポン付与
初回に1度のみ付与
15,000円以上の宿泊料金にのみ利用可

……正直なところ、優遇を受ける条件は有料サービスのわりに厳しいと言って差し支えないでしょう。

とは言え月330円の会費のリカバリーが可能なくらい各「楽天」系サービスを利用されているのなら、入会の価値は十分です。

②「ライフスタイル応援サービス」は他社カードで代用可

3つのオプションサービスの中でも特に優遇対象が広く、魅力的に映るのが「ライフスタイル応援サービス<RAKUTEN PINKY LIFE>」
これを使えばカラオケ店からエステサロンまで、様々なお店で優遇を受けられるのですが……。

こちらは楽天独自のサービスではなく、「ベネフィット・ワン」という会社の提供する優遇サービスを、楽天カードが仲介しているに過ぎません。
そのため同様のサービスを提供しているカード会社は他にも存在し、その中には年会費無料のものも複数含まれます。先述の「REXカード」もその一つですね。

そのため、月330円の会費を支払ってまでこのオプションサービスに加入する意味はありません。
「REXカード」「横浜インビテーション」等のジャックス系無料カードを取得し、「ライフスタイル応援サービス<RAKUTEN PINKY LIFE>」と全く同じ内容である「J’sコンシェル」を利用する方が聡明でしょう。

「ベネフィット・ワン」提供サービスの例
対象店舗 優遇内容
脱毛ラボ 全身脱毛17ヶ月無料(総額3万円超)
ベルリッツ
(英会話)
入会金無料
(通常3.3万円)
カラオケまねきねこ 室料30%オフまたはポテトフライ1皿
ビッグエコー 室料最高30%オフ
tutuannna 2千円以上購入で10%オフ

その他対象店舗多数
公式HP参照

★「三井住友カード(旧クラシックカード)」等にも同様のサービスが付帯していますが、REXカードと異なり年会費発生あり、かつ基本還元率も低い(0.5%)ことから積極的にはおすすめしかねます。

③女性のための保険「楽天PINKサポート」は気休め程度か

その他、「楽天ピンクカード」では有料で女性のための健康保険に加入することができます。

その費用は30円~870円(年齢によって異なる)とごく低額なのですが……。
内容は値段相応といったところで、結論から言うと気休め程度でしかありません。

金額が安いのは確かですので、入会をお勧めしかねる、と言うほどではありませんが……。
きちんと病気に備えたいのなら、もう少しお金を出して、ちゃんとした生命保険に加入した方が良いでしょう。

「楽天PINKサポート」内容
保険内容 支払い額
女性特有の疾病※で入院 3,000円/1日
女性特有の疾病※で手術 30,000円
(入院中)
15,000円
(入院中以外)
放射線治療 30,000円
死亡 なし
保険料(月額)
18歳~19歳 30円
20歳~24歳 140円
25歳~29歳 280円
30歳~34歳 350円
35歳~39歳 320円
40歳~44歳 280円
45歳~49歳 350円
50歳~54歳 430円
55歳~59歳 550円
60歳~64歳 670円
65歳~69歳 870円
※女性特有の疾病…一部を除く癌、乳房・子宮・卵巣・腎尿路・甲状腺など特定部位の良性新生物や内分泌腺障害、低血圧(症)、帝王切開を除く妊娠・分娩・産じょくにかかわる病気等

まとめ

ポイント
  • 「楽天ピンクカード」における、楽天カードとの相違点は
    • 最大で3つの有料オプションサービスに加入できる
    • カードデザイン(主に色)

    の2つのみ。「基本年会費無料」「基本還元率1%」といった利点は楽天カードと共通

  • 特に毎月楽天市場で5千円以上の注文を行うなら、有料オプション加入の価値あり。
    またこれに魅力を感じなくても、カードデザインが気に入れば「ピンクカード」を選んで良い
  • ただし
    • 海外旅行保険の適用条件が厳しい
    • 一番目を引くオプションサービスは他社の無料カードで代用が利く

    といったデメリットは確認しておきたいところ

楽天系列の優遇をはじめとするオプションサービスに魅力を感じたなら「楽天ピンクカード」を選ぶべき。
…とは言え3つのオプションに月会費相当の価値を見出せない方も少なくはないでしょう。

オプションサービスに加入しなければ会費が発生することはありませんので、その場合には単なる「楽天カードのデザイン違い」として、見た目の気に入ったものを選んで差し支えありません。

楽天PINKカードの基本情報

カード名 楽天PINKカード
申込み資格 18歳以上(高校生を除く)
提携カード 無し
利用可能額 最高100万円
審査時間 最短即日
到着までの目安 1週間程度
入会金 無料
年会費 無料
支払日 毎月末日締め
翌27日払い
支払い方式 1回払、分割払、リボルビング払、ボーナス併用分割払、ボーナス併用リボルビング払、ボーナス1回払又はボーナス2回払
※American Expressはリボ不可
担保 不要
保証人 不要
必要書類 原則不要
金融機関名 楽天カード株式会社
住所・所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
電話番号 0120-30-6910
貸金業登録番号 関東財務局長(3)第01486号
新規お申込はこちら 楽天PINKカード


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。