【スカイトラベラー発行終了】マイルが貯まる代替クレジットカードには何がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スカイトラベラー発行終了】マイルが貯まる代替クレジットカードには何がある?
「ポイントをいろんな航空会社のマイルに交換できる、スカイトラベラー・アメックスが気になっていたのに今はもう申し込めない…」

  • ポイントを複数の航空会社のマイルに交換できる
  • 航空券を購入したときに高還元を受けられる
  • という特性を持つ「スカイトラベラー・アメックス」…は、2021年9月に新規申込受付を終了
    ということで「このカードが気になっていたのに!」という方は、似た性質を持った別のカードを選ぶ他ありません。

    そこで今回は、アメックス系を中心とする「マイルが貯まる」カード情報を簡単にまとめました。
    読み進めて頂ければ、あなたの目的に近いカードが見つかるはずです。

    スカイトラベラー・アメックスは新規受付を終了済み…代替申込先候補は何?

    スカイトラベラー・アメックスは新規受付を終了済み…代替申込先候補は何?

    • 貯めたポイントを、複数の航空会社のマイルに交換できる
    • ポイントの交換とは別に、指定航空会社で航空券を購入すると高還元を受けられる

    という特性を持つ「スカイトラベラー・アメックス」。
    …でしたがこちらのカード、冒頭でも触れた通りすでに新規発行を終了しています。

    ということで、申込先は別のカードの中から選ぶ他ありません。
    そしてマイルを貯めることに向く主なクレジットカードをまとめると、大体以下のようになります。
    今回は多くのカードの中から、「スカイトラベラー・アメックス」と年会費帯やグレードが近いものを選んでみました。

    ★スカイトラベラーの代替カード候補
    Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード
    • 年会費23,100円(税込)
    • マイル実質還元率1.6%~
      ┗マイルを獲得する航空会社は選択可能
    • 毎年のカードご継続と条件達成で無料宿泊特典プレゼント
    • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が自動的に付与される 他
    JAL CLUB-Aゴールドカード
    (ワンワールド系)
    • 年会費17,600円
    • マイル還元率1.0%
    • 各種ボーナスマイル付与
      ┗JAL以外のワンワールド系航空会社の利用時含む
    • JAL、空港関連優待
    ANAワイドゴールドカード
    (スターアライアンス系)
    • 年会費15,400円~
    • マイル還元率1.0%
    • 各種ボーナスマイル付与
      ┗ANA以外のスターアライアンス系航空会社の利用時含む
    • ANA、空港関連優待
    • 国内線は時期によって必要マイルが変動するので注意
    デルタスカイマイル・アメックス
    (スカイチーム系)
    • 年会費13,200円
    • マイル還元率1.0%
    • デルタ航空でマイル還元率2倍(2%)
    • 貯めたマイルは他のスカイチーム系航空会社でも利用可
    ※いずれも国内空港ラウンジサービスあり

  • 「無料宿泊特典」・Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格に魅力を感じるならMarriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード
  • 利用する航空会社が決まっているのなら、優待の多い各航空会社提携カード
  • を選ぶのが基本となるでしょうか。

    ここからは、それぞれのカードについて簡単に解説させて頂きます。

    旅行好きなら「Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード」がやはり優秀

    旅行好きなら「Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード」がやはり優秀

    あなたが、

  • 無料宿泊特典
  • マリオット系ホテル優遇
  • マイルを獲得する航空会社を選択できる
  • …といった特徴に魅力を感じるのなら、筆頭申し込み先候補となるのが「Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード」でしょう。

    Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード券面

    ▲▼Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード
    年会費23,100円
    (本会員)
    1枚目無料/2枚目以降11,550円
    (家族会員)
    還元仕様100円につき2Marriott Bonvoyポイント付与
    (Marriott Bonvoy参加ホテルでの利用なら100円につき4Marriott Bonvoyポイント付与)
    国際ブランドAmerican Express
    付帯保険海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    詳細公式PDF
    ポイント詳細
    • 貯まったポイントはマリオット系列のホテル宿泊各航空会社マイルへの交換等に利用可
      ┗3ポイント→1マイル、ANAやJALも対象
      ┗さらに6万ポイント(2万マイル)移行時、ボーナスマイル+5000
    • カードを利用し続けている場合、ポイント有効期限は実質なし
      ┗ポイント失効条件は「24ヶ月間、ポイント獲得や利用がないこと」
    その他特典など
    備考、注意点
    • 海外空港ラウンジサービスはダニエル・K・イノウエ国際空港 (旧・ホノルル国際空港)のみ

    マイルの移行先候補は

  • ANA
  • JAL
  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空
  • ブリティッシュエア
  • エールフランス
  • などなど多岐にわたります(詳細マリオット公式HP)。

    この独自のメリットに魅力を感じたなら、申込先はこのカードに決めてしまって良いでしょう。

    JAL(ワンワールド)系クレジットカードの簡易比較

    航空連合「ワンワールド」に加盟しているJAL系クレジットカードのうち、スカイトラベラーと近い性質・グレードを持つ「JAL CLUB-Aゴールドカード」の基本情報は以下の通りです。

    ▲▼JAL CLUB-Aゴールドカード
    年会費17,600円
    (家族8,800円)
    ※VISA、Mastercard、JCBの場合
    還元仕様100円につき1マイル(JAL)還元
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB
    American Express
    Diners Club
    付帯保険カードによって異なる
    ┗最も優秀なのはJCBで、航空機遅延補償等付き
    その他特典など
    • 入会+初回搭乗で5,000マイル付与
    • JALフライトマイル+25%
    • 毎年初回搭乗時に2000マイル付与
    • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
    • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可
    • 国内空港ラウンジサービス
    • ダイナースブランドを選べば海外空港ラウンジサービス+独自特典も利用可
      ┗ただし高難易度かつ高年会費(約3万)
    備考

    アメックスブランドのカードも一応ありますが、

  • VISA等に比べ年会費が高い上、海外で利用しづらい
  • それにもかかわらず、VISA等と比べた差別化点が薄い
  • という理由であまり選択肢には入らないでしょう。スカイトラベラーとは異なり、発行元もアメックス社ではありませんしね。
    (JALアメックスの発行元は三菱UFJニコス社です)

    何にせよJALや「ワンワールド」系の航空会社を利用する機会が多いなら、ボーナスマイルの存在もありかなり有力な申し込み先候補となることは間違いありません。

    ★その他の「ワンワールド」系航空会社には、

  • アメリカン航空
  • ブリティッシュエア
  • キャセイパシフィック航空
  • フィンエアー
  • 等が挙げられます。
    これらの航空会社の航空券はJAL公式HPから購入可能、かつJALカードを使った決済であればフライトマイルの優遇対象となります。

    例:JALのゴールドカードを使い、JALとブリティッシュエアを乗り継ぐ航空券を購入した場合、フライトマイル+25%付与

    JAL CLUB-AカードとETCカードを作る5つのメリット
    2021.04.05

    ANA(スターアライアンス)系クレジットカードの簡易比較

    ANA(スターアライアンス)系クレジットカードの簡易比較
    日本における、スターアライアンス加盟の航空会社と言えばやっぱりANA。
    そんなANA系カードの中から、ここではスカイトラベラーと近い立ち位置にある「ANAワイドゴールドカード」について紹介させて頂きましょう。

    ▲▼ANAワイドゴールドカード
    年会費15,400円
    (家族4,400円)
    ※VISA、Mastercard、JCBの場合
    還元仕様100円につき1マイル(ANA)還元
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB
    American Express
    Diners Club
    付帯保険カードによって異なる
    ┗最も優秀なのはJCBで、航空機遅延補償等付き
    その他特典など
    • 入会または継続で2,000マイル付与
    • ANAフライトマイル+25%
    • ANA関連や空港内ショップ等で優待あり
    • 国内空港ラウンジサービス
    • ダイナースブランドを選べば海外空港ラウンジサービス+独自特典も利用可
      ┗ただし高難易度かつ高年会費(約3万)
    備考
    • 下位に「一般カード」「ワイドカード」、上位に「プレミアムカード」あり
    • その他学生カード、Suica提携カード等あり

    ゴールドカードで比べると、JALよりANAの方が若干年会費が安いですね。

    ただし国内線の場合、ANAはシーズンにより航空券交換に必要マイルを変動させます。
    (=ローシーズンはJALより必要マイルが安く、ハイシーズンはJALより必要マイルが高くなる)

    お盆や年末などのハイシーズンに国内線を利用する可能性が高いなら、年会費が若干高くても「JAL」を選んだ方が良いかもしれません。

    ★航空券交換に必要なマイル
    ANAJAL
    羽田⇔
    大阪
    名古屋
    10,000マイル
    ※ローシーズン(閑散期/6月中など)
    12,000マイル
    ※レギュラーシーズン
    15,000マイル
    ※ハイシーズン(繁忙期)
    ※以下同様
    12,000マイル
    羽田⇔
    札幌
    福岡
    沖縄
    12,000マイル
    15,000マイル
    18,000マイル
    15,000マイル
    日本⇔
    北京
    台北
    グアム
    17,000マイル
    20,000マイル
    23,000マイル
    20,000マイル
    日本⇔
    ホノルル
    35,000マイル
    40,000マイル
    43,000マイル
    40,000マイル
    日本⇔
    ロンドン
    45,000マイル
    55,000マイル
    60,000マイル
    45,000/52,000マイル
    (使用機により変動)
    日本⇔
    パリ
    52,000マイル

    ちなみにANAには「スカイトラベラー」と同じくアメックス社発行のカードがありますが…。
    これを選ぶくらいなら、少し年会費を上乗せしてでも独自の特典が多い「ダイナースクラブ」を選んだ方が良いように思えます。

    参考ANAアメックスゴールドは劣化ダイナース?特典一覧とメリット・デメリット
    参考ANAダイナースの審査通過目安と「ダメ元」申込みガイド:審査落ち後の代替カード情報も

    ★その他の「スターアライアンス」系航空会社には、

  • ユナイテッド航空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • スカンジナビア航空
  • エア・カナダ
  • ニュージーランド航空
  • 等が挙げられます。

    デルタ航空(スカイチーム)系クレジットカードの簡易比較

    ANAやJALに比べると申込先候補の少ないデルタ航空系カードについては、素直にスカイトラベラーと同じく「アメリカン・エキスプレス」社発行のカードを紹介させて頂きましょう。

    ▲▼デルタ スカイマイル・アメリカン・エキスプレス®・カード
    年会費13,200円
    (家族1枚無料)
    還元仕様100円につき1マイル(スカイマイル)還元
    国際ブランドAmerican Express
    付帯保険カードによって異なる
    ┗最も優秀なのはJCBで、航空機遅延補償等付き
    その他特典など
    • 新規入会で5,000マイル付与
    • デルタ航空スカイマイル上級会員資格「シルバーメダリオン」資格付帯(1年のみ)
      ┗一部国際線での座席無料アップグレード等
    • デルタ航空でマイル還元率2倍(2%)
    • 帰国時の手荷物無料配送サービス
      ┗羽田空港、中部国際空港、関西国際空港のみ
    • 国内空港ラウンジサービス
    備考
    • 上位にゴールドカードあり
    • その他VISAやJCBブランドの他社発行「デルタ航空」系カードあり

    日本の航空会社には「スカイチーム」加盟のものが存在しないため、国内線には活用できないものの…。
    デルタ航空や大韓航空といった系列航空会社の国際線を利用する機会が多いなら、こちらも候補に加えてみて良いだろうと思います。

    【デルタ・スカイマイル・アメックス】他社と比べた独自の利点&ゴールドとの比較も
    2021.07.05

    スカイトラベラー・アメックスの代替カードについてのまとめ

    スカイトラベラー・アメックスの代替カードについてのまとめ

    ★スカイトラベラーの代替カード候補(再掲)
    Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード
    • 年会費23,100円(税込)
    • マイル実質還元率1.6%~
      ┗マイルを獲得する航空会社は選択可能
    • 毎年のカードご継続と条件達成で無料宿泊特典プレゼント
    • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が自動的に付与される 他
    JAL CLUB-Aゴールドカード
    (ワンワールド系)
    • 年会費17,600円
    • マイル還元率1.0%
    • 各種ボーナスマイル付与
      ┗JAL以外のワンワールド系航空会社の利用時含む
    • JAL、空港関連優待
    ANAワイドゴールドカード
    (スターアライアンス系)
    • 年会費15,400円~
    • マイル還元率1.0%
    • 各種ボーナスマイル付与
      ┗ANA以外のスターアライアンス系航空会社の利用時含む
    • ANA、空港関連優待
    • 国内線は時期によって必要マイルが変動するので注意
    デルタスカイマイル・アメックス
    (スカイチーム系)
    • 年会費13,200円
    • マイル還元率1.0%
    • デルタ航空でマイル還元率2倍(2%)
    • 貯めたマイルは他のスカイチーム系航空会社でも利用可
    ※いずれも国内空港ラウンジサービスあり

    どのカードを選んでもかつての「スカイトラベラー」と同様、1%以上のマイル還元を実現可能。
    基本的には、

  • Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードの独自の特典に魅力を感じるか
  • 利用する航空会社が決まっているか
  • 等を元に、申込先を決めるのが良いでしょう。

    Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード
    アメックスETCカード券面
    年会費23,100円(税込)ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率1.0%
    • 毎年のカードご継続と条件達成で無料宿泊特典プレゼント
    • ご入会と同時にMarriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格を自動的に付与
    • 家族カード1枚目無料で無料宿泊特典獲得プログラム条件達成の近道に

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
    • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。