JCBゴールドにラウンジキー付帯!ただし…。他社海外空港ラウンジサービスとの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なびお
クレジットカードを選ぶ上で、機能性もステータス性も捨てたくない。
海外空港ラウンジサービス付きの有名カードが使えれば、それに越したことはないんだけれど……

今まで「海外空港ラウンジサービス付きのステータスカード」と言えば、ダイナースクラブカードや各プラチナカードが真っ先に挙げられましたが……。

2020年2月より、「JCBゴールド」はじめとするJCB社発行のすべての上位カード(ゴールド以上)に、海外空港ラウンジを利用するための「ラウンジキー」サービスが付帯
これと引き換えに失われたサービスはありませんので、この改定は利用者にとって純粋に嬉しいものと言って良いでしょう。

今回はそんなJCB社発行の上位カード、特に「JCBゴールド」について、新サービスの概要や懸念、似たメリットを持つ他社カードとの比較結果などをまとめました。

【管理人】なびこ
読み終えていただければ、あなたに合った方法で海外空港ラウンジの利用権を得ることができるでしょう。
JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費10,800円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5%程度
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円を補償する付帯保険
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF
人気ゴールドカードランキング
MUFGカード
初年度年会費無料還元率0.5%
年会費がなんと2,095円(税込)。相場の5分の1という、格安ゴールドカード。
三井住友カードゴールド2020年新デザイン三井住友カード ゴールド
初年度年会費無料(オンライン入会)還元率0.5%~2.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが条件を満たせば年会費4,000円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!

ゴールド以上のJCB社発行カードが「ラウンジキー」付帯に!ただし……。

ゴールド以上のJCB社発行カードが「ラウンジキー」付帯に!ただし……。
まずは今回のJCB社における改定の内容について見ていきましょう。

そもそも海外空港ラウンジって?(クリック/タップで開きます)

日本を含む世界各国の空港は、VIPと呼ばれるような方を対象に「空港ラウンジ」と呼ばれる場所を提供しています。

サービス内容は空港によって異なりますが、一般には

  • インターネット環境の提供
  • 軽食やドリンクの提供
  • その他会議室、シャワーの提供等

といったところ。
また、単に一般ラウンジの混雑や騒音から解放されるという意味でも利用価値は高いです。

そしてあなたが「ラウンジ・キー」等の海外空港ラウンジサービスの利用資格を得られたなら、こういった場所を自由に利用できるわけですね。

旅行や出張をより快適なものにするため、各「空港ラウンジサービス」付帯カードを入手する重要性は非常に高いと言って良いでしょう。

ロサンゼルス空港ラウンジ「ROCK & BREWS」(ラウンジ・キー公式HPより)

▲ロサンゼルス空港ラウンジ「ROCK & BREWS」(ラウンジ・キー公式HPより)
フランクフルト空港ラウンジ「LuxxLounge」(ラウンジ・キー公式HPより)
▲フランクフルト空港ラウンジ「LuxxLounge」(ラウンジ・キー公式HPより)

①海外空港ラウンジ利用の都度、32USドル(3600円程度)が発生

今回の改定によって、新しく付与されたサービスの内容をまとめると以下のようになります。

  • すべての「JCB社発行の、ゴールドカードまたはそれ以上のカード」「ラウンジキー」サービスが新しく付帯(家族カードやビジネスカード含む)
  • ただし実際に海外空港ラウンジを利用する場合には、その都度32USドルの支払いが必要
    ┗家族会員でない同伴者も同額にて利用可
  • すでに対象カードを持っている場合、手続きなどは不要。カードを提示するのみで入場可

「ラウンジキー」は海外空港ラウンジを利用するための会員限定サービス。これによって、すべての上位JCBカードユーザーが、各海外空港ラウンジを利用できるようになったわけですね。

……が、ご覧の通りこのサービスを利用する際にはその都度32USドルの支払いが必要。1ドル=113円とした場合、これは3,600円強に相当します。

頻繁に海外空港ラウンジを利用されるのなら、無料で各サービスを利用できる「ダイナースクラブカード」あるいは「プライオリティ・パスのプレステージ会員資格付帯カード」等を選ぶべきでしょう。

とは言えこの年会費帯(1万円程度)で海外空港ラウンジサービスの付くカードは貴重。
「たまに海外旅行に行き、可能ならラウンジでくつろぎたい」といった場合には嬉しいサービスとなってくれるはずです。

主なカード間の比較
ラウンジサービス
JCBゴールド
※1.1万円
  • 国内空港ラウンジ
  • 海外空港ラウンジ
    32USドル/回 new!
三井住友カード ゴールド
※1.1万円
  • 国内空港ラウンジ
MUFGカード
ゴールドプレステージ
※1.1万円
  • 国内空港ラウンジ
楽天プレミアム
※1.1万円
  • 国内空港ラウンジ
  • 海外空港ラウンジ
    (何度でも無料)
アメックス・グリーン
※1.32万円
  • 国内空港ラウンジ
    同伴者1名無料
  • 海外空港ラウンジ
    ┗32USドル/回
ダイナースクラブ
※2.42万円
  • 国内空港ラウンジ
  • 海外空港ラウンジ
    (何度でも無料)
※特に記載のない限り、同伴者有料

★JCBの「日本国内の」空港ラウンジサービス(利用料無料)について詳しくは、以下のページをご覧ください。

JCB公式HP「空港ラウンジサービス」

「JCB社発行カード」と「ただのJCBブランドのカード」はどう見分ける?

今回の「ラウンジキー」サービスの対象となるのは「JCB社が発行する」ゴールドランク以上のカードに限られます。

が、少し紛らわしいことに「JCB」と書かれたカードには、「JCB社が発行するもの」「JCBブランドが付いただけの、他社発行カード」の2種類が存在するんですね。

とは言え見分け方は簡単。あなたのお持ちの「JCB」ブランドカードの裏面をチェックし、発行元の会社を確認してみてください。
ここに「株式会社ジェーシービー」といった記載が見られれば、あなたのカードはJCB社発行。さらにゴールド以上のランクであれば、ラウンジキーのサービスを利用可能です。

参考主なJCB発行ゴールドカード


★発行元がJCBでなかった場合、各カード会社の空港ラウンジサービスをご確認ください。
とは言え他社ゴールドランクのカードの場合、海外空港ラウンジサービスが付いている可能性は低いです。

②プライオリティ・パスより対象ラウンジは少ないが、多くの場合で心配は不要

さて、海外空港ラウンジサービスを提供するクレジットカードをお探しであれば、「ラウンジキー」より頻繁に見かけるのが「プライオリティ・パス」の文字でしょう。

両者の関係についてですが、まず提供元の会社は同一です。
そしてラウンジ・キーで利用できるのは、「プライオリティ・パス」対応空港のうちの84%程度。図にするとこんな感じですね。
2つのサービスの利用可能空港の関係

▲2つのサービスの利用可能空港の関係
よって一部「プライオリティ・パスなら入場できるが、ラウンジ・キーだと使えない」ラウンジも存在するわけですが……。

実際に両方のサイトで検索してみたところ、ラウンジ・キーにのみ対応していないのは、主に各国の地方空港

アメリカ、中国の差異はやや気になるところですが、利用者の多い主要空港を利用する分であれば、ラウンジ・キーであっても困ることは無いでしょう。

以下、2020年2月現在の対応ラウンジ状況となります。

★表中※印は「プライオリティ・パスでなら入場できるが、ラウンジ・キーでは入場できない」空港例を指します。

2020年2月時点の利用可能ラウンジ数
プライオリティ・パスラウンジ・キー
アメリカ55件32件
※ツーソン国際空港、フォートローダーテール国際空港他
イギリス27件
ドイツ14件13件
※ザールブリュッケン
(Saarbruecken)
フランス5件
中国73件46件
※揚州泰州空港、 桂林両江国際空港他
韓国6件3件
※光州空港、済州空港、大邱空港
南アフリカ8件

ちなみに日本国内で言うと、

  • 成田空港、関西国際空港、中部国際空港…ラウンジ・キーでも入場可
  • 福岡空港…プライオリティ・パスのみ対象

となります。他の国でも似たような状況と考えれば、いくらか分かりやすいでしょう。

★各ラウンジサービスの対応空港は、以下の公式サイトから検索可能です。
利用する空港がすでに分かっているのなら、こちらをチェックしてみると良いでしょう。

プライオリティ・パス公式HP
ラウンジ・キー公式HP(JCB)

★プライオリティ・パス/ラウンジ・キーの対象空港は日々更新中です。
上記は2020年2月現在の情報となります。

上位カードの「プライオリティ・パス(空港ラウンジ無料)」が無くなるわけではない

JCBの「ゴールドより上位のカード」、つまり

  • ゴールドプレミア(招待制)
  • プラチナ
  • THE CLASS(招待制)

の各カードには、以前から「プライオリティ・パス、プレステージ会員資格」が付帯されています。
(=プライオリティ・パス対象空港を完全無料で利用可能)

今回の改定のため、これらの上位カードにも「ラウンジキー」サービスが付帯されることとなりましたが……。
プライオリティ・パスのサービスが無くなるわけではありませんので、上位会員はこれまでの通り、完全無料の「プライオリティ・パス」を利用すると良いでしょう。

基本的に「ラウンジキー+利用料の支払い」を利用すべきは原則として「ゴールド」会員のみとなります。

★例外的に、プライオリティ・パスを発行できない「ゴールドより上のカードの、家族会員が、本会員を伴わず」海外旅行に行く際にも、ラウンジ・キーの利用が想定されます(ゴールドの家族会員もラウンジ・キーの利用が可能です)。

③プライオリティ・パスと異なり、専用カードが必要ないのは嬉しい

対象空港の数、という意味では「プライオリティ・パス」の下位互換と言わざるを得ない「ラウンジ・キー」のサービスですが……。
「ラウンジ・キー」ならではのメリットが無いわけではありません。

というのも、「プライオリティ・パス」会員資格を用いるためには専用カードの発行・取得が必須となります。扱いとしてはETCカードや家族カードと同じ、「追加カード」ですね。カード会社に申込後、1~2週間が経ってから送られてくるのが一般的です。

しかもこの専用カードは一般に有効期限が1~2年と短く設定されているため、期限が切れるたびに申請が必要というやや面倒な面も。

これに対し、ラウンジ・キーはサービス対象のクレジットカードを提示するのみでラウンジサービスを利用可能となっています。

追加カード発行や、その有効期限を気にしなくてよいという意味では「プライオリティ・パス」より使い勝手が良いと言って構いません。

要は「プライオリティ・パス」しか使えない空港ラウンジを利用する場合でなければ、「ラウンジ・キー」の方が便利ということですね。

各空港ラウンジの利用方法
プライオリティ・パスあらかじめ専用カードを発行、旅行先に持っていき提示
ラウンジ・キー対象クレジットカードの提示のみ
(JCBの場合、別途利用料の支払いあり)

★「ゴールドプレミア」以上のJCB会員であれば、「プライオリティ・パス専用カードを持ってくるのを忘れた際、ラウンジ・キーを使い入場」といった対応も可能です。
ただしこの場合には32USドルの利用料が発生します。

★その他の相違点として、「プライオリティ・パスのみカード会社を通さず個人で契約できる」という点が挙げられます。
が、カード会社の付帯サービスとして契約した方がよほど安価で済むことから、この点について考慮する必要は無いでしょう。

④JCBゴールドを取得すべきはどんな人?

さて、こういったサービスの追加されたJCB社発行の上位カード。
該当するカードは多いため、ここでは代表的な「JCBゴールド」に絞って話を進めさせて頂くと……。

残念ながら今回の、「有料で海外空港ラウンジサービスを利用できる」という1点のみが申込先決定の理由となることは無いでしょう。
これは、

  • 同じ、またはごく近い年会費で、入場料無料で海外空港ラウンジを使える他社カードが存在する
    (楽天プレミアムカード、TRUST CLUBワールドカードなど)
  • 手荷物無料配送サービスの付帯条件が厳しい
    JCBトラベルデスクでの事前予約必須
  • Discoverとの提携を加味しても、海外でJCBブランドを利用できるお店が少ない

といった理由によります。要は海外利用を想定するのなら、もっと他に良いカードがあるわけですね。

JCBゴールドのメリットとは?

やはりJCBゴールドの主眼は、以前通り

  • 年会費1万円(+税)で堅実なステータス性を示せる
  • 大手カード会社の安心感

といった点にあります。

基本的には国内利用を前提としたカードであり、今回付帯した海外空港ラウンジサービスはおまけ程度に考えておくのが良いでしょう。

よってJCBゴールドの利用が向いているのは、

  • 普段使いのカードはそれなりのステータス性が示せるものが良い
  • 大手の、ちゃんとしたカード会社で発行されたカードを使いたい

という方。

そして今回のサービス追加は、上に該当する方のうち、さらに「たまには海外旅行に行きたいな」という層の申込みを後押しするものと言って良いかと思います。

JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費10,800円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5%程度
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円を補償する付帯保険
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF

★ANAやJAL提携のJCBゴールドカードであれば、マイル還元や各航空会社優待も申し込みの理由となります。
「国内線は良く利用するが、国際線はたまにしか使わない」という場合にはこういったカードを選ぶと良いでしょう。

参考JCBブランドのANAカードと他社ブランドとの比較

参考海外空港ラウンジサービス付きクレジットカードの比較

ここからは、

  • JCBゴールドへの申込みを決めかねている
  • もっと海外で便利に利用できるカードが欲しい

といったあなたのため、海外空港ラウンジサービスやそれと相性の良いサービスの付いたカードと、「JCBゴールド」を比較していきます。

①「ステータス性と海外空港ラウンジサービスの両立」最大のライバルはダイナースカードか

おそらく多くのカード会社の中からJCBを選んだ理由として、上位に挙げられるのが「大手で安心感があるから」「ステータス性があるから」といったものでしょう。
この意味で、最大のライバルとなるのはおそらく「ダイナースクラブ・カード」です。

JCBとダイナースの比較
JCBゴールド
JCBゴールド券面年11,000円
(家族1名無料)
基本還元率0.5%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
  • ラウンジ・キー付帯、ただし利用のたびに32USドルの入場料発生
  • 代表的な国産ステータスカード
  • 年会費に対して保険内容が充実
  • セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇
JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費10,800円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5%程度
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円を補償する付帯保険
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード券面年24,200円
(家族1名無料)
基本還元率0.3%
旅行保険最高1億円
ダイナースクラブカード
年会費24,200円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料
国際
ブランド
Diners Club還元率0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
  • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
  • 帰国時の手荷物一個配送無料
  • その他ゴルフ、エンタメ優待など

JCBプラチナ
JCBプラチナ券面年27,500円
(家族1名無料)
基本還元率0.5%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
  • プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
  • コンシェルジュサービス
  • セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇 他

「ダイナースクラブカード」の年会費はJCBのゴールドカードより、プラチナカードに近いのですが……。

JCBゴールド以上のステータス性を持ち、海外空港ラウンジサービスを利用可能、さらに空港関連特典付きとなると、やはりこちらのカードも比較対象になってくるでしょう。

海外空港ラウンジの利用が年1回くらいであればJCBゴールドを選んで問題ありませんが、それ以上の海外空港利用を前提とするなら、ダイナース(あるいはJCBプラチナ)等への申込みも検討したいところです。

★ダイナースクラブの入会目安は「27歳以上、年収500万円以上」となります。

②「安価に海外空港ラウンジを利用する」ことが目的なら、楽天カードに軍配が上がる

単に安価に空港ラウンジを利用することを目的とするなら、最大のライバルとなるのが「楽天プレミアムカード」

こちらはJCBゴールドと全く同じ年会費で、「プライオリティ・パスのプレステージ会員資格」付帯を実現させています。

 

楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面年11,000円
(家族550円)
基本還元率1.0%
旅行保険最高5000万円
  • プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
  • 手荷物宅配等のサービスは選択制
  • 楽天市場でポイント優遇
JCBゴールド
JCBゴールド券面年11,000円
(家族1名無料)
基本還元率0.5%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
  • ラウンジ・キー付帯、ただし利用のたびに32USドルの入場料発生
  • 代表的な国産ステータスカード
  • 年会費に対して保険内容が充実
  • セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇
JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費10,800円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5%程度
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円を補償する付帯保険
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF

ステータス性という意味では「JCBゴールド」の方が完全に上ですが……。

「すでにメインのカードを持っており、海外空港ラウンジのために安価なサブカードを作りたい」という場合には、楽天プレミアムカードを選ぶべきと言えるでしょう。

③アメックス・グリーンとは一長一短といったところ

ステータスカードとして有名な「アメリカン・エキスプレスカード」(いわゆるアメックス・グリーン)は、JCBゴールドと同じく海外空港ラウンジ利用のたびに入場料が発生します。

アメリカン・エキスプレスカード
(グリーン)
アメックス・グリーン券面年13,200円
(家族6,600円)
基本還元率0.3%
旅行保険最高5000万円
  • プライオリティ・パス、スタンダード会員資格付帯
    ┗利用のたびに32USドルの入場料発生
  • 国内空港ラウンジは同伴者1名無料
  • 国際線利用時の手荷物配送無料
    (往路・帰路ともに1つずつ)
     その他旅行・空港関連の特典が多い
アメリカン・エキスプレス®️・カード・グリーン
アメックスETCカード券面
年会費12,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.3%前後
※ANAマイルへの交換ならマイル還元率0.5%
  • アメリカン・エキスプレスならではのご優待
  • 日々のお支払いや特別なお買い物で、ポイントがムダなく貯まる
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート
  • ◎家族カード有り

JCBゴールド
JCBゴールド券面年11,000円
(家族1名無料)
基本還元率0.5%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
  • ラウンジ・キー付帯、ただし利用のたびに32USドルの入場料発生
  • 代表的な国産ステータスカード
  • 年会費に対して保険内容が充実
  • セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇

海外旅行・出張関連で差別化を図るなら、

  • 手荷物無料配送などの特典に優れるアメックス
  • 航空機遅延保険含む付帯保険に優れるJCB

といったところでしょうか。

いずれのカードもステータス性の意味では申し分ありませんので、このあたりはそれぞれのメリットを見比べて、好みで申込み先を選んでしまっても良いでしょう。

④その他の海外空港ラウンジサービス付きカードの比較

その他の主な海外空港ラウンジサービス付帯カードをまとめると、以下のようになります。

その他の海外空港ラウンジ対応カード
TRUST CLUBワールドカード
TRUST CLUB ワールドカード券面年会費1.32万円
(家族無料)
基本還元率0.75%
旅行保険最高7000万円
キャンセル保険
  • ラウンジ・キー付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
  • 国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
  • 所定レストランのコース1名無料
MUFGプラチナ・アメックス・カード
MUFGプラチナ券面年会費2.2万円(税込)
(家族1名無料)
基本還元率0.4%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
犯罪被害傷害保険
  • プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
  • コンシェルジュサービス
  • 国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料
  • 所定レストランのコース1名無料
セゾンプラチナ・アメックス・カード
【プライオリティ・パス/プレステージ】
セゾンプラチナ・アメックス券面年会費2.2万円
(家族3000円)
マイル還元率1%(JAL)
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
  • プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
  • コンシェルジュサービス
  • 国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料
  • 各種優待制度
セゾンETCカード券面

新規入会&利用で最大9,000円分ポイントプレゼント
※ ビジネスカードの申し込みページへリンクしますが、個人も申し込み可能です。
ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • ►年会費2.2万円
    (家族無料)
  • 基本還元率1.5%
    旅行保険最高1億円
    航空機遅延保険
    • ラウンジ・キー付帯、年6回まで海外空港ラウンジ無料
    • コンシェルジュサービス
    • 国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
    • 所定レストランのコース1名無料

    国際ブランド提供サービスの充実度の違いにより、コストパフォーマンスに優れる上位カードの多くは「American Express」または「Mastercard」ブランドとなっています。

    「海外空港ラウンジの入場料を無料にしたい」「手荷物配送サービスやコンシェルジュを利用したい」といった場合には、JCBよりもこういったカードの方が向いているかもしれませんね。

    まとめ

    まとめ

    • 2020年2月より、「JCB発行のゴールド以上のカード」にラウンジ・キーサービスが付帯。
      年会費1万円で海外空港ラウンジを利用できるカードは珍しい…とは言え利用の都度32USドルが請求されることから、このサービスはおまけ程度のものとなりそう
    • JCBゴールドの主眼は今までと変わらず、「堅実なステータス性と大手カード会社発行の安心感」
      基本的には国内利用を前提としたカードであり、海外や空港での使い勝手を重視するのなら、他社カードを選びたい

    機能に優れたカードは多いものの、「ステータス性」「安心感」といった要素は替えが利きにくいもの。

    今回の改定はJCBゴールドを大きく変える!…といった内容ではないものの、「たまには海外ラウンジを利用したい」という方にとっては嬉しいお知らせと言って良いでしょう。

    あわせて読みたい
    プライオリティ・パス付帯の無料カードは存在しない…安価に海外空港ラウンジを使うには

    JCBゴールドの基本情報

    カード名JCBゴールド
    申込み資格20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
    利用可能枠50万円~300万円
    審査時間最短即日
    到着までの目安最短翌営業日(諸条件あり)
    入会金無料
    年会費11,000円
    支払日公式サイト参照
    支払い方式公式サイト参照
    担保なし
    保証人不要
    必要書類原則不要
    (事前に口座登録が済んでいる場合)
    金融機関名株式会社ジェーシービー
    住所・所在地東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
    電話番号0120-668-500
    貸金業登録番号関東財務局長(12)第00183号
    新規お申込はこちら「JCBゴールド」公式サイト
    JCBゴールド
    JCB ETCカード券面
    年会費10,800円ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    JCB還元率0.5%程度
    • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
    • 最高1億円を補償する付帯保険
    • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
    • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
    • 全国250店舗で飲食代金20%OFF

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。