利用者から見るクレジットカードの「オーソリ」とは:1円オーソリの意図も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カードの利用明細に、見覚えのない少額決済が。
調べてみたら<1円オーソリ>と呼ばれる手続きらしいけれど……?」

クレジットカードにおけるオーソリ(オーソリゼーション)とは、一般に「支払い枠を確保すること」「カードが使えるものかどうか、確かめること」を言います。
場所によって若干違う意味で使われている言葉ではありますが、正直に言うと一利用者の立場であまり気にする必要はありません
というのも、あなたの周りで「オーソリ」はすでに自然に行われているため、いまさら意識する意味もほとんどないからです。

今回はそんなクレジットカードの「オーソリ」について、利用者の立場から見た概要や「1円オーソリ」の意味をまとめました。
実生活に直接役立つ内容ではないものの、クレジットカードの仕組みについてより詳しくなれることは間違いなしです。

★このページの内容は、デビットカード・プリペイドカードにも共通します。
これらのカードを利用されているのなら、「クレジットカード」の文字を読み替えてご覧ください。

「オーソリ」ってどういう意味?直訳すると「権限の付与」

まずは「オーソリ」とは一体何を意味する言葉なのか、簡単に解説していきます。

①有効期限は切れていないか、利用枠に空きはあるか等、決済ができることをチェック

「オーソリ」とは「オーソリゼーション」(authorization)の略称。あまり聞き慣れない英単語ですが、直訳すると「権限の付与」「認可」といった意味を持ちます。

さて、それならクレジットカード決済における「権限の付与」「認可」とは何を指すかと言うと……。
決済代行会社の公式ページなどを見る限り一般的には与信枠の確保、つまり「利用可能枠を押さえる」ことを指す模様。
(=例えば1万円分のオーソリが行われると、購入者のクレジットカードの残り利用枠が1万円減る)
これには「有効なクレジットカードかどうか確かめる」という意味も含まれます。

お店でクレジットカードを使ったとき、数秒間の「承認待ち」の時間が発生することがあるでしょう。これが最も分かりやすい「オーソリ」の例ですね。
あの短い時間に、「利用停止処分を受けたカードでないか」「有効期限は切れていないか」「利用可能枠(利用限度額)に十分な空きはあるか」といった、カード情報の照合がなされているわけです。

有効なカードであれば、そのまま決済処理が行われ、滞りなく取引が完了するわけですが……。
何らかの問題が見つかれば、ここでカードは利用できなくなってしまいますね。この場合、別のカードや現金などを使って支払いを済ませる必要が出てきます。

②「事前に利用枠を確保する」という意味で使われることも

前述の通り、オーソリとは「利用可能枠を押さえる」「有効なクレジットカードかどうか確かめる」といった意味合いを持つのですが……。
これが利用されるタイミングは、決済時に限りません。

例えばネットショップにおいて、決済処理を済ませた商品が何らかの事情(在庫切れ、破損など)で発送できなくなったとします。
このとき一般的にお店側の返金手続きはなかなか面倒で、できる限り避けたいものとなるのですが……。
商品配達までの処理をオーソリ、つまり「利用可能枠を確保する」にとどめておいたなら、仮に商品を発送できなくとも「オーソリ」、つまり「利用可能枠の確保」を解除するだけで済むわけですね。こういった過程は「仮売上処理」と呼ばれることが多いです。
(反対に実店舗での決済は「実売上処理」と呼ばれ、これをキャンセルしようとすると返金が遅くなるなど手間が掛かることも多い)

決済代行会社やその加盟店の間では、こういった意味で「オーソリ」が使われることも多いため、一応掲載しましたが……。
正直に言うとこれは利用者の立場ではどうでもいいことなので、あまり気にしなくてよいでしょう。

購入者の立場で「利用可能枠が確保されている」状態なのか、「実際に決済が完了している」状態なのか知ることは難しいですし、知ったところでどうすることもできないからです。
(どちらの決済方法が採用されているかはお店のスタンスや、利用しているクレジットカード決済サービスによります)

同様にオーソリ(利用可能枠の確保)がいつ行われているのか、自動なのか手動なのかといった詳細についても、利用者が左右できることはありませんので、気に掛けるにあたりません。

1円等の少額決済(1円オーソリ)は気にする必要ナシ

さて、基本的にはすでに当たり前に行われているか、利用者の立場ではどうにもなりにくい「オーソリ」。
ただし唯一、利用者の立場で気にかかりやすい「オーソリ」の処理として、「1円オーソリ」と呼ばれるものが挙げられます。

これは、主に有料サービスを取り扱う会員制のサイト(iTunes store他)に登録した際、「1円」あるいはそれに準する少額を請求し、有効なカードであるか確認する手順のこと。利用明細に覚えのない請求が載ることから、疑問あるいは不審に思われる方は多いものの……。
結論から言うとこの1円オーソリについても、利用者の立場で気にする必要はありません
これを示す「ライフカード」公式HPの情報をご覧ください。

カードをご利用いただました際、カードの有効性確認のために、ご利用先よりご利用金額と同額あるいは1円や100円などの小額の承認金額データがライフに届き、ライフにてカード有効性について回答する仕組みがございます。
当承認金額データは、ご利用可能額から一旦減算し、ご利用残高に加算されますが、一定期間後に取消し、または正式売上データ到着時に相殺され、実際にご請求させていただくことはございません

ライフカード公式HPより)

というわけで、あなたの利用明細に1円、あるいはそれに準する少額の身に覚えのない請求があったとしても、最終的には返金(正しくは請求額から相殺)されますのでご安心ください。
おそらくは次回、もしくは次々回の利用明細において、返金の旨を見ることができるかと思います。

あわせて読みたい
クレジットカードの返金とその方法について

ただし身に覚えのない請求が、すべて「オーソリ」目的のものとは限りません
高額の、身に覚えのない請求が行われていた場合には不正利用の可能性がありますので、直ちにカード会社へ問い合わせを行ってください。

まとめ

オーソリ(オーソリゼーション)は直訳すると「権限の付与」「認可」。
これをクレジットカードに当てはめれば与信枠の確保、つまり「必要な金額を決済できるカードであることを確かめる」といった意味で使われる。
「実売上処理」が行われるか「仮売上処理」が行われるかは加盟店側の方針や決済システムによるが、利用者の立場では気にしなくて良い
★利用者の立場で気にかかりやすいのは、利用明細にも記載されるいわゆる「1円オーソリ」
仮に引き落としがなされた場合であっても翌月あるいは翌々月には返金されるため、こちらも気にする必要は無い

名前はやや聞き慣れなくとも、ごく日常的に行われている「オーソリ(ゼーション)」
これに関して行動するのは加盟店(カードを使えるお店)側ですので、利用者の立場でさほど気に掛ける必要はありません。
利用可能枠にゆとりを持つ、有効期限に気を配るなど最低限の注意を配ること、請求内容が不正なものでないことを確認することが、利用者にとっての義務と言えるでしょう。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。