三井住友カードゴールド徹底解説:デザイン変更後のメリット・デメリット&審査難易度も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友カードゴールド徹底解説:デザイン変更後のメリット・デメリット&審査難易度も
「そろそろ自分も、還元率よりステータス性やセキュリティに優れるクレジットカードが欲しい。
となると気になるのは、大手<三井住友カード>のゴールドカードだけれど…」

日本で初めて「VISA」ブランドのクレジットカードを発行した「三井住友カード」。言わずと知れた大手ですね。

こちらのカードの特徴は、世界基準でもトップクラスのセキュリティとアフターサービス。
還元率や「ゴールド会員らしい特典」の充実に関してはイマイチと言わざるを得ませんが、クレジットカードを選ぶ上で「安心して使えること」を重視するなら、最適な申込み先の一つと言えるでしょう。

今回はそんな「三井住友カード」のゴールドカードについて、他社カードと比べたメリット・デメリット、その他目安となる審査通過条件などを詳しくまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたがこのカードへ申込みを行うべきか否かが分かります。

三井住友カードゴールド
三井住友カードゴールドETCカード券面
年会費11,000円
※ネット入会時、初年度無料
ETC
年会費
500円+税
国際
ブランド
VISA
Master card
還元率0.5%
  • 大手コンビニ、マクドナルドで還元率+2%(計2.5%)
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」にて5%(初回は7%)優待
  • ◎家族カード有り

人気ゴールドカードランキング
MUFGカード
初年度年会費無料還元率0.5%
年会費がなんと2,095円(税込)。相場の5分の1という、格安ゴールドカード。
三井住友カードゴールド2020年新デザイン三井住友カード ゴールド
初年度年会費無料(オンライン入会)還元率0.5%~2.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが条件を満たせば年会費4,000円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!

1分で分かる!「三井住友カードゴールド」を作るべきはどんな人?

1分で分かる!「三井住友カードゴールド」を作るべきはどんな人?

結論から言うと、「三井住友カードゴールド」への入会を検討すべきは、以下の条件のいずれかに該当する、「30代以上の」方となります。

三井住友カードゴールドを作るべき人
  • クレジットカードを作る上で最重視したいのは、「安心して使えること」(セキュリティやアフターサービスの充実)
  • ある程度のステータス性を示せるカードが欲しい
  • 上記いずれかの利点に加え、海外でも使いやすいカードが欲しい

当てはまる点があるのなら、このままページを読み進め、「三井住友カードゴールド」のメリット・デメリットをさらに詳しくご確認ください。

一方、カードを作る上で「還元率」「ゴールドカードらしい豪華な特典」等を望むのであれば、「三井住友カードゴールド」は向いていないと言えます。

目的別おすすめゴールドカード:高信用、高還元、低年会費他
2020.10.15

★あなたが20代であるのなら、20代20代専用ゴールドカード「三井住友カードプライムゴールド」をお選びください。
「三井住友カードゴールド」の申込対象は「原則として、満30歳以上」の方です(公式HPより)。

「三井住友カードゴールド」他社カードと比べたメリット・デメリット

「三井住友カードゴールド」他社カードと比べたメリット・デメリット

ここからは「三井住友カードゴールド」の特色について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①入会後のアフターサービスは世界トップクラス、ゴールドデスクはさらに精鋭が対応

「三井住友カードゴールド」…というより三井住友カード社でクレジットカードを作る最大のメリットは、その「安心感」

三井住友カード社は言わずと知れた大手カード会社であることに加え、2018年にはカスタマーセンターサービスの大会にて、

  • アジア大会金賞(1位)
  • 世界大会銀賞(2位)

を受賞しています。入会後のアフターケア(問合せ対応等)については世界トップクラスであると言って良いでしょう。ちなみに還元率重視の無料カードだと、このあたりがなおざりとなっていることは多いですね。

…というのは、一般カードでも共通する内容ですが…。
三井住友カード社の場合、ゴールドデスク(とプラチナデスク)は、専用の研修や一定の評価を受けた、さらなる精鋭が対応しているとのこと。

部署はいっしょなんですけれども、対応デスク(電話が繋がる先)が異なります。ゴールドデスク、プラチナコンシェルジュデスクといった感じですね。

カード券種によって付帯されているサービスが異なるので、ゴールドデスクやプラチナコンシェルジュデスク対応の者は専用の研修を受けていたり、一定の評価を受けています。

(三井住友カード社へのインタビューより)

世界トップクラスの「入会後のアフターケア」の中でも、さらに選りすぐりのサービスを受けられると言うのは、「三井住友カードゴールド」の確かな利点と言って良いでしょう。

★また、三井住友カード社は人工知能を用いた最新の不正利用監視システムを導入済み。セキュリティの方面においても、安心して利用しやすいと言えるでしょう。
当然、不正利用による損失が発生した場合には全額補償を受けられます(紛失・盗難届から60日間)。

三井住友カード社へ直撃取材!他社と比べたメリットは「安全性&アフターケア」
2020.08.27

②「大手カード会社の上位カード」ということで、ステータス性も◎

「三井住友カードゴールド」は、大手カード会社が発行する、それなりに信用のある方しか持てないカードということで、いわゆる「ステータスカード」の一つに数えられます。

一定の社会的信用を示せるということで、場所を問わず利用できるカードであることは確かでしょう。

③VISAまたはMastercardブランドなので海外でも使いやすい

「三井住友カードゴールド」は、入会時に「VISA」ブランドと「Mastercard」ブランドをお選びいただけます。

どちらのブランドも国を問わず利用しやすい国際ブランド(世界シェア1位、2位)ですので、海外でのカード利用を想定するのなら他ブランドより使いやすいことは間違いないでしょう。この点はJCBやAmerican Express、Diners Clubと比べた明確な差別化要素となります。

★ちなみにVISA、Mastercardはどちらを選んでも構いません。基本的には「すでに持っているカードのブランドと重ならない」ものを選ぶ形となりますが…。

各ブランドが提供するサービスは一部異なりますので、以下のページを見比べた上で申込み先を決めるのも良いでしょう。

CHECK三井住友カード公式HP「Visaカード会員さま向けプロモーション」
CHECK三井住友カード公式HP「Mastercardカードをお持ちの会員さまが対象のプロモーション」

とは言えサービス内容に差が出るのは、多くの場合で「プラチナ」カードからです。

④一方、基本還元率やゴールド限定特典は優秀とは言い難い

高品質なカスタマーサービスや最新のセキュリティを誇り、国や地域を問わず利用しやすい「三井住友カードゴールド」。

が、その汎用性の高さの一方で「おトクさ」には優れません

三井住友カードゴールド
年会費基本還元率
11,000円
※ネット入会時、初年度無料
0.5%
(Vポイント)
国際ブランドETCカード
VISA
Mastercard
年550円
※初年度無料
※年1回の利用で翌年無料
付帯保険電子マネー
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
iD付帯
Apple Pay
Google Pay
その他
☆一般カードにない特典

基本還元率は0.5%(一般カードと共通)。
特に流通系のクレジットカードなどに比べた場合、決して高いとは言えません。
(参考:楽天カードの還元率は1%)

また、三井住友カードの場合は「ゴールドカードらしい特典」にも優れず、一般カードとの違いと言えば、

  • ゴールドデスク対応
  • 国内空港ラウンジサービス
  • Relux優待
  • ドクターコール24
  • 付帯保険の充実

といった程度。
「おトクさ」や「豪華特典」を求めるのであれば、「三井住友カードゴールド」は不向きと言って差し支えないでしょう。

目的別おすすめゴールドカード:高信用、高還元、低年会費他
2020.10.15

★三井住友カード社のポイントサービスは、2020年6月より旧「ワールドプレゼント」から「Vポイント」へ一新されました(基本還元率などは変化なし)。

現在、「Vポイント」の具体的な交換レート等やログイン必須、つまり三井住友カード会員しか確認できないようですが…。
ギフトカードや他社ポイントへの移行は以前と同様に可能ですのでご安心ください。

三井住友カードの安心+高還元を両立できる提携カードについて

おトクさには優れない「三井住友カードゴールド」ですが…。
三井住友カードが他社と提携して発行するゴールドカードを選べば、「三井住友カード社の安心感」と「おトクさ」を両立できる場合があります。

代表的なのは、以下の2つのカードですね。

三井住友カード社が発行する、高還元提携ゴールドカード
ANAワイドゴールドカード
  • 年15,400円
  • マイル還元率1%(実質2%相当~)
  • 各ボーナスマイル
  • Amazon Mastercardゴールド
  • 年11,000円
  • 還元率1%(Amazonポイント)
  • Amazon Prime会員資格付帯
  • ANAやAmazonの利用機会があるなら、こういったカードを選んでも良いでしょう。
    特にANAカードは、高還元とステータス性を両立できるという意味で優先度が高いです。

    ⑤付帯保険の内容は、ライバルとなる「JCBゴールド」に比べ劣る

    一般カードとゴールドカードの大きな違いの一つとして挙げられるのが「付帯保険」
    が、「三井住友カードゴールド」(というより三井住友カード社が発行するゴールドカード全般)の付帯保険は、同じ年会費帯のカードに比べ優れているとは言い難い内容となっています。

    ここでは「安全性に優れる大手カード会社のステータスカード」という意味で立ち位置の似た、「JCBゴールド」と比較してみました。

    二社の付帯保険比較(上限金額のみ記載)
    三井住友ゴールドJCBゴールド
    海外旅行保険傷害死亡
    後遺障害
    5000万円
    +家族特約※
    1億円
    +家族特約
    治療費300万円
    +家族特約
    300万円
    +家族特約
    賠償責任5000万円
    +家族特約
    1億円
    +家族特約
    携行品損害50万円
    +家族特約
    50万円
    +家族特約
    救援者費用500万円
    +家族特約
    400万円
    +家族特約
    航空機遅延・欠航2万円
    手荷物遅延、紛失4万円
    国内旅行保険傷害死亡
    後遺障害
    5000万円5000万円
    入院5000円/日1万円/日
    手術20万円10~40万円
    傷害通院2千円/日2千円/日
    航空機遅延・欠航2万円
    手荷物遅延、紛失4万円
    その他ショッピング保険300万円/年500万円/年
    ※家族特約…18歳以下のお子様に適用される補償。金額などは公式HP参照

    金額の差も気になるところですが、それ以上に注意したいのは「航空機遅延補償」関連でしょうか。
    JCBであれば航空機の遅延や欠航により宿泊の必要が生じた場合などの損失を補償してくれますが、三井住友のゴールドカードにこういったサービスはありません。

    海外で利用しやすいのは圧倒的に「VISA」「Mastercard」ブランドですので、このあたりは一長一短ですが…。

    特に乗り換えを要する国際線の利用機会があるなら、

    • 任意での保険加入
    • 航空機遅延補償の付いた別カードの取得
      JCBゴールドの他、三井住友のプラチナカード(ただし年5.5万円)等も候補
    • 航空機遅延補償の付いたサブカードの取得
      ┗最も安価なのは年5,500円のジャックスカードゴールド

    なども検討したいところです。

    旧パルテノンデザインのカードは残っていないの?

    2020年2月に、一斉にスタンダードカード(プロパーカード/非提携カード)のデザイン変更を行った「三井住友カード」。
    …が、いまだパルテノン神殿がデザインされた旧デザインの方が良かった、という声は多く聞かれます。

    三井住友銀行との提携カード等を含め、「三井住友カード」社が発行するカードの中に、パルテノン神殿のデザインは残ってはいませんが…。

    親戚筋にあたる「三井住友トラスト・カード」社は今も、パルテノンデザインのカードを発行中。
    旧デザインにこだわりがあるのなら、こちらの発行元を選ぶのもありでしょう。

    券面

    ▲三井住友トラストVISAゴールドカード
    ちなみにこちらのカード、最高1億円の自賠責保険が付くという珍しい特徴を持っています。

    三井住友トラストカードの特典と留意点&「三井住友トラストクラブ」との比較
    2020.10.30

    「三井住友カードゴールド」気になる審査難易度は?

    「三井住友カードゴールド」気になる審査難易度は?

    さて、ステータスカードの一つとして数えられる「三井住友カードゴールド」。
    気になるのはやはり、その審査難易度ですが…。

    これまで寄せられた結果報告を見るに、メインの審査通過層は「年収400万円以上」の方。
    ですが一般カードやその他の三井住友カードで利用実績を積んだという方に関しては、年収300万円台での審査通過もかなり多いです。パブリックイメージに対し、そこまで大きな信用や支払い能力を求められることはないと考えて良いでしょう。

    基本的には「一度申し込んでみて、ダメだったら三井住友カード社で別のカードを作り、最低1年くらい利用実績を積んで再申込み」を行う形になるだろうと思います。

    ★「三井住友カードゴールド」は30代以上の方向けのカードです。
    あなたが20代であるなら、20代専用ゴールドカード「三井住友カードプライムゴールド」をお選びください。
    こちらの審査難易度は、通常のゴールドカードに比べいくらか低いと推測されます。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 「三井住友カードゴールド」の利点は、世界レベルのカスタマーサービスと最新のセキュリティシステム。
      さらに堅実なステータス性、「国や地域を問わず利用しやすい」といった点もポイント
      ┗一方で「おトクさ」や特典、付帯保険はイマイチ。
    • 利用者は主に年収400万円~の方だが、利用実績があれば300万円台でも十分取得可能な模様。申し込んでみてダメだったら一般カードで実績を積むのが良いか

    「<安心して使えること>に特化し、おトクさや特典はイマイチ」という、わりと分かりやすい性質を持つ「三井住友カードゴールド」。

    クレジットカード選びで重視したい点が「三井住友カードゴールド」の利点とぴったりハマるようであれば、強い味方となってくれること間違いなしでしょう。

    三井住友カードゴールド
    三井住友カードゴールドETCカード券面
    年会費11,000円
    ※ネット入会時、初年度無料
    ETC
    年会費
    500円+税
    国際
    ブランド
    VISA
    Master card
    還元率0.5%
    • 大手コンビニ、マクドナルドで還元率+2%(計2.5%)
    • 国内空港ラウンジサービス
    • 宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」にて5%(初回は7%)優待
    • ◎家族カード有り

    三井住友カードゴールドの基本情報

    カード名三井住友カードゴールド
    (旧:三井住友ゴールドカード)
    申込み資格原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
    利用可能額50万円~200万円
    審査時間最短即日
    到着までの目安1週間~
    年会費11,000円
    (ネット申込みなら初年度無料)
    支払日毎月15日締め翌10日払い
    毎月末締め翌26日払い
    (選択可)
    支払い方式一回払い他
    必要書類原則なし(ネット上での口座登録が可能な場合)
    金融機関名三井住友カード株式会社
    住所・所在地東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング
    新規お申込はこちら「三井住友カードゴールド」公式サイト
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。