楽天Edyのチャージ【すべて解決】使い方とポイントの貯め方!カード・アプリ・iPhoneは?

楽天Edy完全ガイドチャージ方法・ポイントの貯め方を解説!

この記事で分かること

★ 電子マネー楽天Edyとは何か。特徴と、メリット・デメリット
★ Edyをはじめる前に知っておくべき注意点
★ Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを解説
★ 楽天Edyの使い方・Edyチャージ方法
★ 楽天Edyでポイントを貯める方法・Edyを使いこなすアドバイス
★ Edyを紛失したらどうするか

楽天Edy(エディ)は、利用できる加盟店がもっとも多い電子マネーです。

利用できるお店が多いので、ポイントが貯まりやすく、オススメできる電子マネーなのですが…始める時に、困ることが1つあります。

それは…「Edyチャージ方法・アイテム(カードやアプリなど)の 選択肢が多く、わかりにくい!」という点です。

このEdyとは、ユーザーが自分好みに使えるように設計されています。

その結果、チャージ方法や、アイテムの選択肢が多くなってしまっていて、構造が複雑に見えてしまっているんですね…

しかし、安心してください!解決策がたった1つあります。
それは、「どのアイテムでEdyを使うか」を最初に決めてしまうこと

・楽天カード
・楽天ポイントカード
・おサイフケータイ
・楽天以外の会社カード

上記内容を先に決めてしまえば、チャージ方法は、自然に決まってくるものです。

面倒なことがニガテな人にとって、この手順はオススメです!

電子マネーがはじめての人も、ここを読めば、安心して使いはじめることができますよ!

目次

楽天Edyとは?
 そもそも電子マネーってなに?
 他社の電子マネーと違う点は?
 Edyを利用するメリットは?
 楽天ポイント還元率?
 ポイントとEdyは交換ができる!
 「Edyギフト」って何?

【重要】Edyを始める前に知っておくべきこと、3つ!
 紛失・盗難の補償はされない
 Edy残高は移行できない?
 Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードで損しない

楽天Edyを使える店は?
 楽天Edyが使えるコンビニ
 圧倒的な多さ!Edy加盟店

どのアイテムでEdyを使う?メリットは?
 楽天カード
 他のクレジットカード
 Edy-楽天ポイントカード(旧 Rポイントカード)
 店の会員カード付帯のEdyカード
 おサイフケータイ
 iPhone
 Edy機能付きストラップ

チャージの手順
 現金でチャージ
 クレジットカードからチャージ
 オートチャージで簡単に
 いつでもEdyチャージで安心
 楽天e-NAVIよりチャージ
 楽天ポイントからチャージ
 楽天会員IDからチャージ
 銀行口座からチャージ

Edyの移行方法とは?
 楽天カードは移行できない?
 おサイフケータイなら移行可能!
 残高の移行前に機種変更をしてしまった!

【Edy活用術】Edy達人になる技
 クレジットカードの選択が重要!
 EdyキャンペーンでポイントUP
 ポイントアップ加盟店で、2倍!
 ポイント三重取りできるのは?
 楽天モバイルの利用で…

楽天Edyを紛失・盗難…
 至急、ココに電話!
 【紛失・盗難】防止対策を考えてみた

【番外編】Tポイントを貯めてみよう
 Tポイントを貯めるために必要なこと
 Edyのポイント設定
 Tポイント提携先で使おう
 Tマネーもおすすめ

まとめ
 【結論】アイテムさえ決まれば意外とカンタン!

楽天カードの関連ページ

楽天Edyとは?

楽天Edy(エディ)って聞いたことありますか?
聞いたことはないけど、ロゴは見たことがあるという人は多いかもしれません。

楽天Edy(エディ)とは、楽天 株式会社という企業がたちあげた電子マネーです。

楽天Edyの特徴として、楽天ポイントが貯まる・使えるという点があります。

レジに設置されている機械、あるいは自販機に、Edyカードやスマホをタッチするだけで、すばやい決済ができます。

そもそも電子マネーって何?

では、電子マネーって一体なんでしょうか?

電子マネーとは、現金をあらかじめ、カードや、スマートフォンのアプリ等に、入金(チャージ)して利用できるお金を指します。

つまり、自分で入金しようと決めた金額を、自分のカードやアプリに前払いし、確保しておくわけですね。

「前払い」=「プリペイド」という意味ですので、電子マネーはプリペイド式カードと呼ばれたりもします。

「マネー」なので、その名の通り「お金」の代わりとして、お支払いをするのに使います。
お店のレジや自動販売機などで、専用機にタッチするだけで支払いは完了です。
硬貨を数えたりする手間がかからないのがメリットですね。

また、ほとんどの電子マネーが、利用でポイントが貯まります。 ココは、現金との大きな違いです。

電子マネーは、大きく分けて「買い物系のプリペイドカード」と、「交通系のICカード」に分けることができます。

買い物系電子マネー 交通系電子マネー
(ICカード)
楽天Edy
nanaco
WAON

など…
PASMO
SUICAo
IKOKA

など

楽天Edyは、買い物系の電子マネー(プリペイド式カード)にあたります。

他社の電子マネーと違う点は?

「楽天Edy」のライバルにあたる、他社の電子マネーとの違いを見ていきましょう。

他社の電子マネーは、有名なところで、セブンイレブンが発行しているnanaco(ナナコ)カード、イオンのWAON(ワオン)等があります。

それぞれのカードには色々な特徴がありますが、一番の違いは、たまるポイントの種類が異なる点です。

電子マネーブランド 貯まるポイント
楽天Edy 楽天ポイント
200円で1P
(還元率0.5%)
nanaco nanacoポイント
100円で1P
(還元率1.0%)
WAON WAONポイント
200円で1P
(還元率0.5%)
Tマネー Tポイント
500円で1P
(還元率0.2%)
LINE Payカード LINEポイント
(還元率2.0%)
au WALLET WALLETポイント
200円で1P
(還元率0.5%)
※利用店で変動有

また、電子マネーによって、利用できる店舗(加盟店)が決まっていることも、違いの一つです。

電子マネーを使い始める時は、加盟店(現在どこで使えるか?)と、店数が多いかどうか?…を、チェックしてくださいね!

Edyを利用するメリットは?

Edyのメリット

● 楽天ポイントが貯まる・使える

● 楽天ポイントとEdyを相互に交換できる

● 利用できる加盟店が多い!

数ある電子マネーの中で、楽天Edyだけの最大のメリットは…
ズバリ!「楽天ポイント」です。

Edyの利用で、楽天ポイントが貯まる・使えるという特徴があります。

加えて、楽天ポイントをEdyに交換したり、Edyをポイントに交換することもできます。
ポイントとEdyを相互に交換できるのは、Edy楽天カードと、設定済みのスマートフォン携帯のみです。

楽天ポイントが効率よく貯まっていくので、「楽天ポイントを貯めたい!」…と考えている人には、Edyはうってつけの電子マネーではないでしょうか?

支払いを、楽天カードにまとめたいと考えている人にも お勧めです。

楽天ポイント還元率は?

Edyを利用しはじめると、200円決済のたびに1ポイントが貯まります。
(還元率0.5%)

それに加え、楽天カードからクレジットチャージ(入金)する場合には、200円チャージ毎にも1ポイント貯まります(還元率0.5%)

よって、楽天カードからクレジットチャージすると、トータルで還元率1.0%に!

その他のクレカを利用してチャージ(入金)する場合には、カードによって還元率が異なります。

他企業のクレカの場合、Edyチャージでポイントが貯まるカード限られていますので注意が必要です。

楽天Edyチャージでポイントが貯まるカードについては、後ほどの項目で解説しています。

ポイント と Edyは交換ができる!

Edyを、楽天カードまたは設定済みのスマートフォンや携帯で利用している人は、貯まった楽天ポイントをEdyに交換できます。

楽天カードは、楽天スーパーポイントが貯まるクレカなのですが、クレジットの支払いで貯まったこの楽天ポイントも、Edyに交換することが可能なんです!

ポイントのままだと、楽天のサービスでしかポイントを利用できませんよね。(楽天市場や、街の楽天ポイント加盟店などです…)

しかし!
ポイントをEdy交換することで、「ポイント」⇒「マネー」に変わり、お金(マネー)として、楽天Edy加盟店 全店で利用できるようになるんですね。

使えるお店が多くなるのは、かなりうれしいことですよね♪

Edyギフトって何?

ポイントから、Edy(電子マネー)に交換したマネーが「Edyギフト」と呼ばれています。

【重要】Edyを始める前に知っておくべきこと、3つ!

紛失・盗難のとき補償は…

Edy付きカード、またはEdyを利用している端末(おサイフケータイ・iPhone)を紛失した場合、Edy残高は補償されません。

また、万が一、スマホやカードが壊れてしまった場合、Edyの情報が失われてしまうことがあります。
情報が失われると、Edy残高の補償はされません。

なぜEdyの情報が失われてしまうかというと、Edyは、カードやスマホ内のICチップ内に情報を入れて動作しているためです。

「故障や紛失・盗難で残高が補償がされない」…ココが、楽天Edyの唯一のデメリットといえます。
唯一にして、大きすぎる欠点!

しかし、この点を十分に理解し、注意さえしておけば、快適にEdyを利用できると言えます。

紛失・盗難の際の連絡先、そして紛失の防止対策は、後の章で解説しています。

Edyの残高は移行できない?

Edy機能付きの楽天カードで、Edyを始めたい人は、損しないために今からお伝えすることに必ず目を通してください。

カードが切り替わるとき、楽天Edyは残高を新しいカードに移行できません
カードが切り替わる時というのは、大きく分けて2つあります。

・4年ごとのカードの切り替え
→有効期限が近くなると、新しい楽天カードが届く

・違う種類の楽天カードに切り替え
→楽天カードを楽天PINKカードなどに切り替え

クレジットカードの有効期限が近くなると、新しい楽天カードがあなたの自宅に届きます。

しかし!今まで使っていたカードにハサミを入れるのは、ちょっと待って!

今まで使っていたカードに、Edy残金がある場合、まずはEdyをすべて使いきるまで捨てないでください
ハサミを入れるのは、残高が0円になってから。

まだEdy残高が残っている古いカードに、ハサミを入れてしまった場合、その瞬間から古いカードのEdy残高は、全額使えなくなってしまいます…

新カードを受け取った後も、古いカードを持っていたら「カード2枚になるけどいいの?」って思いますよね?

いいんです!!まったく問題ありません。
もし、古いカードの有効期限が過ぎてしまっても、Edyの機能は生きています

また、楽天カードを「楽天PINK(ピンク)カード」や「楽天プレミアムカード」等に切り替える際も、同様です。

古いカードの残高を使い切るまで捨てないでおきましょう。

Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードで損しない

Edyチャージで、ポイントが付与されないクレジットカードがありますので、注意してください。

あなたのカードにEdy機能付いてる?
【Edy機能が入ってるか確認】

楽天カードに限らず、他社のクレカも ポイントカードも、Edyのロゴが入っているかどうか?
確認するのは、この一点のみです。

最近の楽天カードは、表面にEdyのロゴが印字されています。

表面にロゴがない人は、かならず裏面もご確認ください。


こんな感じで筆者の楽天カードの裏面にEdyのロゴがありました。

【Edyが使える店の目印は?】


Edyマークがあるお店なら、Edy決済ができます。

お店の外にも表示がなくても、レジにEdyマークが表示されている店舗もあります。

楽天Edyを使える店は?

いくら「Edyは便利でお得!」と言われても、登録や設定って、始めるのがめんどうですよね…

ですので、まずは「ココで使いたい!」というお店を見つけましょう。

「駅前のローソンで使える!」
「ランチタイムにガストで使いたい!」
…というように、ご自身が日常でEdyを利用できる場所が具体的にわかると、Edyを登録する意欲も湧いてくると思います。

楽天ポイントを本気で貯めている人は「ポイントが貯まる!」という点も、意欲になりますね。

現金での支払いでは、どれだけ使ったとしても貯まるポイントはゼロです…
が、楽天Edyを利用すると、ささやかながらも、コツコツとポイントを貯めることができますよ。

楽天Edyが使えるコンビニ

楽天Edyは、他の電子マネーに比べ、利用できるコンビニがとても多いのが特徴です。

急いでいる時、レジの待ち時間が少ないコンビニを利用することってありますよね。そんなときこそ、すばやい支払いができる電子マネーは便利です。

楽天Edyが使えるコンビニ
ローソン ファミリーマート
ローソンストア100 沖縄ファミリーマート
セブンイレブン サークルKサンクス
(2017年9月30日利用終了)
ミニストップ デイリーヤマザキ
セイコーマート スリーエフ
ポプラ 生活彩家
スリーエイト くらしハウス
セーブオン(埼玉、群馬) エブリワン
京阪アンスリー

圧倒的な多さ!Edy加盟店

コンビニ以外にも、たくさんの企業がEdyに加盟しています。

楽天Edyが利用できる店舗は45万店以上!!(2017年現在)

本記事でご紹介するのは、ごく一部。
公式ページ掲載加盟店では、すべての店舗が確認できますよ。

スーパーマーケット
イトーヨーカドー ピアゴ
アピタ 関西スーパー
平和堂 マツゲン
サミット やまや
ドラッグストア
ツルハドラッグ マツモトキヨシ
くすりの福太郎 ドラッグセガミ・パワードラッグワンズ
ココカラファイン セイジョー
ネットショップ
アマゾン アメーバ
グリー グルーポン
ニッセン DMM.com
楽天市場 Joshin
CD・DVD・本
ブックオフ(直営店) TSUTAYA
紀伊國屋書店 明屋書店
WonderGOO 八重洲ブックセンター
タワーレコード渋谷店 コミックシーモア
家電
ビックカメラ ヨドバシカメラ
エディオン ソフマップ
ケーズデンキ コジマ
百貨店・モール
高島屋 ららぽーと横浜
コレド日本橋 コレド室町
アクアシティお台場 東京駅一番街
玉川高島屋S・C Flags
レストラン・カフェ
楽天カフェ モスバーガー
マクドナルド ガスト
ロイヤルホスト 甘太郎
笑笑 大戸屋
すき家 上島珈琲店
サンマルクカフェ タリーズ
アミューズメント
ビッグエコー SHIDAX
ラウンドワン メディアカフェポパイ
としまえん タイトーステーション
カー用品・カーライフ
NEXCO中日本 NEXCO西日本
エッソ・モービル・ゼネラル ニッポンレンタカー
HONDA 宇佐美鉱油
飛鳥交通グループ 海ほたる
各種サービス
ヤマト運輸 キンコーズ
ホワイト急便 てもみん
ホテル・空港・機内販売
サンルートホテルチェーン 品川プリンスホテル
ルートインホテルズ チサン イン
コンフォートホテル 東急REIホテル
東急ホテルズ ウェスティンホテル東京
ANA(国内線機内販売・航空券) ANA FESTA
成田国際空港 羽田空港
八丈島空港

加盟店は、毎月のように増えているんです。

今後はさらに、楽天Edy使えるお店は増えていくと予想されます。

どのアイテムでEdyを使う?メリットは?

では、どのアイテムが自分に合うのかを比較できるよう、各種の特徴を比較してみましょう。

Edyを利用するには、以下のような手段があります。

チャージ方法から探したい人はこちらの「チャージ手順」へお進みください。

楽天カード(Edy機能付き)

メリット
・楽天カードからのオートチャージが可能
・楽天ポイントとEdyを相互に交換できる(1ポイント=1円分)

ポイントとEdyを相互交換できる点は、楽天Edyカードの大きな特徴といえます。

Edyに交換できると何がお得なのか?それは、支払いできるお店がぐっと増えることです。

楽天ポイントって、ポイントを使える場所が限られてますよね?

楽天市場のような楽天グループ、または 提携先(街の楽天ポイント加盟店)のみです。
しかし、「ポイントを使いたいけど、目的の商品が、楽天のサービス内に無い…」という時ってありますよね。

そんな時、ポイントをEdyに交換できると、すべてのEdy加盟店で、お金代わりとして使うことができるようになるんですね!

Edy加盟店は、ネットショップに加えて、リアル店舗でも非常に多いので、これってかなり便利です…!

また、楽天カードからのチャージ(入金)を選ぶと、「オートチャージ」を利用することができます。

ファミマのレジで自動でチャージされるので、便利です。

Edy機能が付いた楽天カードをすでに持っている人は、チャージ手順の「オートチャージ」で利用方法が説明されています。

Edy機能が付いた楽天カード(年会費無料)をくわしく知りたい人・作りたい人には、こちらの「楽天カードの申し込みで損しないポイント」がおすすめです。

申込みの手順に加え、審査に落ちないコツも解説しています。

他のクレジットカード(Edy機能付き)

メリット
・ANAカードはマイルがためられる

デメリット
・Edyチャージに指定しても、ポイントが貯まらないカードがあり、注意が必要

すでに、ご自身がお持ちのクレジットカードの中に、Edy機能付きカードはありますか?

Edyマークが付いたクレジットカードがお手元にあれば、そのカードですぐにEdyを始められますね。

ANAカードの場合、マイレージクラブ会員であれば、Edyの利用が高還元になります。

ただし、ANAマイレージクラブモバイルプラスという制度へ加入が必要。有料(月額324円)です!

ANA VISAプラチナプレミアムカードは還元率が高いです。

ここでご紹介したクレジットカード以外でも、Edyマークの付いたクレジットカードなら、利用可能です。

しかし!ここで非常に大事な注意点があります…

Edyへの入金を、クレジットチャージにする場合、チャージポイントが貯まらないクレジットカードが存在します!

Edy機能付きクレジットカードだからと言って、クレジットチャージでポイントが貯まるとは限らないんですね…

例えば、ANA AMEXカードEdy機能付きのクレジットカードですが、このカードを使ってEdyにチャージしても、チャージポイントはもらえません…

こういったクレジットカードは、結構多いです。

Edyチャージでポイントが貯まるクレカは、こちらの「クレジットカードの選択が重要!」で解説しています。

どうせなら、シンプルに
◎Edy機能付き
◎Edyチャージでポイントが貯まる

…この2つをおさえたカードで、Edyを利用できたら1番いいですよね。

おすすめする楽天カードはこちらの「Edy利用でオトクな 【楽天カード】」「Edy+女性の保険が付帯の【楽天PINKカード】」となります。ぜひ、ご覧ください。

他社のクレカでチャージしたい人は、チャージ手順の「クレジットカード」に記載されています。

Edy-楽天ポイントカード(旧 Rポイントカード

メリット
・楽天ポイントカードと一体型

デメリット
・ポイントカード発行は有料

このカードを利用する際に必ず行っていただきたいのが、ポイントカードを利用するための設定です。

ポイントカードを入手し、そのままEdyを使っても、ポイントは貯まりません。そのため、まずは利用登録をしましょう。

Edy-楽天ポイントカード登録手順

Step.1 楽天Edyサイトへログイン

まず、楽天Edyサイトの上部にある「ポイントを貯める」をクリックします。別窓で上記のような内容が表示するので、赤枠の設定ボタンをタップしてください。
ログインがまだの場合は、ログイン画面が出るので入力して進みましょう。
↓↓↓
Step.2 カード情報入力

続いて、ポイントカードの情報を入力する画面になります。ここで注意するべきなのは、入力する情報を間違えないことです。入力番号は、カード裏面の「楽天ポイントカード番号(16桁)」「セキュリティコード(7桁)」です。
入力したら、赤枠の「入力内容を確認する」をクリックします。
↓↓↓
Step.3 入力情報の確認

楽天ポイントカードの番号とセキュリティコードの確認画面となりますので、誤りが無ければ次進みます。
この時、項目すぐ下にある「利用規約」を確認し、チェックボックスにチェックを入れなくては利用登録するのボタンが押せませんので、忘れずにチェックを入れましょう
↓↓↓
Step.4 登録完了

今登録した情報が表示されます。(今回は登録済みのカードでしたが…)

これで一連の流れは完了となります。他にも登録するカードなどがありましたら、引き続き登録が可能ですので、忘れずに行いましょう。

また、このポイントカードを活用し、楽天スーパーポイントを多重取りできる技が存在します!

楽天カードからのクレジットチャージ
(200円で1P)

楽天ポイント加盟店で、カード提示
(200円で1〜3P)

楽天Edyでお支払い
(200円で1P)

Edy加盟店は、ポイントが2倍になるポイントアップ対象店があり、その店舗をターゲットにすればポイントはさらにUPします♪

Edy-楽天ポイントカードは、324円(税込)で、楽天市場で購入可能。

楽天ポイントカード(旧・Rポイントカード)でEdyをはじめたい人は、チャージ手順の各項目よりチャージ方法のご確認ください。

店の会員カード付帯のEdyカード

メリット
・発行店で利用するとお得

デメリット
・ポイントカード発行は有料
楽天ポイントカードと一体型ではないカードがある

例えば、PRONTO(プロント)をよく利用する人にとっては、プロン党Edy-楽天ポイントカードはオススメです。

「プロン党の日(毎月20日と30日)」は、カードの提示(見せるだけ)でもポイント5倍。楽天Edyで支払いをすると、なんと6倍に。
他にも、「ごひいき特権」と称した色々な特典が実施されています。

お店の提携カードも、Edy付きカードであれば、発行は無料ではない点に注意してください。

こうしたポイントカードを利用したい人は、上記ポイントカードと同じくチャージ手順の各項目よりチャージ方法のご確認ください。

店舗会員カード付帯のEdyカード(一部)
プロント ポプラ
マツゲン ルノアール
BIG ECHO タイトーステーション

おサイフケータイ

メリット
・チャージがもっともカンタン
・貯めるポイントを選べる

デメリット
・ケータイを紛失・盗難したときに厄介。手続きが面倒
・ケータイが壊れた場合、Edyの残高も失われる可能性がある

おサイフケータイだけの最大のメリットは、チャージが1番ラクにできる点です。

特に、楽天カードからのクレジットチャージは相性がよく、ポイントが貯まりやすいです。

そして、貯めるポイントを選べる点も嬉しいですね。

楽天スーパーポイント
Tポイント
Ponta
・WALLETポイント
・ANAのマイル
・ヨドバシゴールドポイント
・ヤマダポイント
エポスポイント
・ビックポイント
・プレミアムドライバーズカード
・マツモトキヨシ
・エディオンポイント

ですが、こちらの楽天スーパーポイントを貯めるには、まず利用登録をしなくてはなりません。その手順を確認していきます。

おサイフケータイ登録手順

Step.1 楽天Edyサイトへログイン

まず、楽天Edyサイトの上部にある「ポイントを貯める」をクリックします。別窓で上記のような内容が表示されますので、赤枠の設定ボタンをタップしてください。
ログインがまだの場合は、ログイン画面が出るので入力して進みましょう。
↓↓↓
Step.2 利用規約の確認

ここで利用規約や手順の確認が行われます。最終的には、おサイフケータイを使うスマートフォンへメールを送ります。
内容を確認できましたら必ず画像の赤丸の部分をチェックしましょう。入れなくては次に進めません。
↓↓↓
Step.3 メール送信先設定

では、メールの送り先を設定します。既に登録されているメールアドレスが表示されています。メールを受ける先がおサイフケータイを利用するものであればこのまま進めていきます。
もし、別のメールアドレスを使用するのであれば、青枠内の2行目にチェックを入れてください。メールアドレスを入力する項目が現れます。

送信先のメール設定ができたら、画像認証にある文字を入力し、次へ進みましょう。
↓↓↓
Step.4 送信完了

図のようにどこへ送信されたかが表示されます。
ここまでくれば、あとはおサイフケータイを使うスマートフォンでの操作となります。メールが送られているか確認をしましょう。
※時間などによってメールの到着が5分以上かかる場合もあるので、しばらくしても届かなければ再度設定をし直しましょう。
↓↓↓
Step.5 受信メールから接続

メールが届きましたら、その中に記載されているURLへ飛びましょう。すると、設定の確認画面が表示されます。
文章を確認し、大丈夫であれば「設定する」をタップしてください。
↓↓↓
Step.6 登録完了
画面がポイントが貯まるようになったというものに変われば登録作業は完了です。

おサイフケータイでチャージしたい人は、チャージ手順の各方法をご参照ください。

残高不足防止!「そろそろチャージ」
おサイフケータイ利用者で、残高不足の心配がないオートチャージが未設定の人はいると思います。

そういった人でもチャージ残高不足を解消できるサービスがあります。

それは、「そろそろチャージ」です。

名前の通り、残高が設定金額以下になると通知をしてくれるシステムです。嬉しいことに、1時間に1回という頻度で残高確認をしてくれます。

これなら、残高がわかるので会計時に残高不足になる!という事態は減るでしょう。

設定も簡単で、楽天Edyアプリの設定の「通知設定」項目の中にあります。金額も設定できて便利です。

是非、活用してみてください。

iPhone

メリット
・貯めるポイントを選べる

デメリット
・故障・水没の際は、手続きが面倒で厄介
・パソリ等、おサイフケータイ機能の機器が別途必要
(パソリなどの価格は安くない)

iPhoneでEdyを使いたい人は、Edyアプリと通信するための機器を用意する必要があります

おサイフケータイと違って、iPhoneは端末単体では、Edyは使えないんですね…

iPhoneでEdyを使う方法は、2つです。

iPhoneでEdyを使うには…

・iPhone+パソリ+Edy機能付きカード

・iPhone+おサイフケータイ対応機器

iPhoneでチャージしたい人は、チャージ手順の各方法をご確認ください。

Edy機能付きストラップ(キーホルダー)

メリット
・スマホや社員証にキーホルダーのように付けられる

デメリット
・楽天ポイントカードの機能は付いていない
・ストラップ部分が、一部ゴムなのでいつ切れてもおかしくない
・記載されている楽天Edy番号が小さくて見えにくい

ストラップの一部分が使いやすいよう、ゴムで伸びる構造になっています。

使用頻度が多いと、ゴムが切れてしまいそうなので、注意が必要です。

リラックマデザインのEdyストラップもあります。

Edy機能付きストラップでチャージしたい人は、チャージ手順の各方法をご確認ください。(Edy-楽天ポイントカードと同じです。)

チャージの手順

 

楽天Edyへのチャージする手段はいくつかあります。ここでは、そんなチャージする手順を説明していきます。

 

アイテム(カード、アプリなど)から探したい人はこちらの「どのアイテムでEdyを使う?メリットは?」をご確認ください。

また、チャージには上限があるので注意。1回のチャージの上限金額は25,000円1枚のEdy(カード、スマホ)につき、最大チャージ金額は50,000円です。

現金でチャージ

対象の加盟店のレジや店頭専用端末のEdyチャージャーで現金にてチャージをする手段のことです。

▼ 利用可能アイテム

楽天Edyポイントカード/楽天カード(Edy機能付き)/おサイフケータイ/Edyチャージアプリ/iPhone+Edyカード/iPhone+おサイフケータイジャケット

レジでチャージをするのであればどのアイテムでも可能です。しかし、Edyチャージャーの場合、未対応のアイテムもあるのでご注意ください。

Edyチャージャーの入金ではおつりはありません。入れただけ入金されます。

▼ チャージ方法
(1)レジまたはEdyチャージャーへ
レジの場合にはスタッフに「楽天Edyへチャージします」と伝えましょう。その場でチャージが行われます。
Edyチャージャー(現金入金機)の場合は、カードを置く場所があり、そこにカードまたはEdy登録をしたスマホを置き、入金する額を現金で入れて完了です。

この方法は、簡単であり、自分でチャージする金額を決めて入金します。そのため、どのくらいお金を使ったか実感がで、無駄遣いなどが減るかもしれません。

ただ、デメリットな部分があります。それは、現金でのチャージだと楽天ポイントが貯まりません。

もし、楽天ポイントをガッツリ貯めたい!という人であれば、こちらのやり方ではなく、クレカからのチャージなどをおすすめします。

チャージ対応加盟店

実際にどこなら現金でチャージができるか一覧にしてみました。(Edyチャージャーはこの中の一部で設置されてます)

現金チャージ対応店舗
サークルKサンクス セブンイレブン
ファミリーマート ローソン
スリーエフ ミニストップ
デイリーヤマザキ ピアゴ
セイコーマート ポプラ
生活彩家 くらしハウス
スリーエイト WonderGOO
プロント CAFFE SOLARE
喫茶室ルノアール ツルハドラッグ
くすりの福太郎 ドラッグストアウェルネス

さらに詳しく知りたい人は楽天Edy公式HPに掲載してます。

▲ チャージ手順TOPに戻る

クレジットカードでチャージ

これは、クレジットカードから直接Edyへチャージすることです。

▼ 利用可能アイテム

楽天Edyポイントカード/楽天カード(Edy機能付き)/おサイフケータイ/iPhone+Edyカード/iPhone+おサイフケータイジャケット

※Edy機能付きの楽天カードは、付帯クレジットカードによるチャージとなります。

アイテムによって利用の手順が変わってきます。ですが、基本的な流れはクレカ情報の登録をし、チャージをするものです。

細かい部分についてはこれから説明をしていきます。

楽天Edyポイントカードの場合

設定を始める前に「Edy Viewer」を利用する環境を整える必要があります。

このEdy Viewerとは、パソコンで楽天Edyを利用するために必要なサービスになります。まずはそこから説明します。

▼ チャージ方法
(1)事前準備
まずは機器を揃えます。パソコンで楽天Edyを利用するためにカードを読み取るための機器(Edyカードリーダー)です。「楽天EdyリーダーUSB型」「パソリ(RC-380)」または「FeliCaポート」を用意しましょう。
※FeliCaポートは2.0以降のもの、またはNFCポート搭載のパソコンとなります。
↓↓↓
(2)Edy Viewerをインストール
このサービスは、Internet Explorerで利用できます。また、こちらの動作環境の詳細やサービスインストールの細かい手順は公式HP「楽天Edy」、またはソニーの「NFCポートソフトウェア」にて確認をお願いします。
↓↓↓
(3)ユーザー情報を登録
「Edy Viewer」の利用環境ができたら、今度はそのサービスにクレカの情報登録をしていきます。
対象の機器にカードやスマホなどをセットし、Edy Viewerを開けば残高紹介やチャージを行える画面が開きます。その下部に「ユーザー情報登録」というボタンがあり、そこをクリック。すると、セットしたアイテムを読み込み始めるので、それが終わってから情報を登録設定していきます。
※この登録後、実際にチャージなど利用が出来るまで数日(2日程度)かかります。余裕のある登録をしましょう。
↓↓↓
(4)チャージ
利用可能になったらまた機器やカードをセットし、「Edy Viewer」を開きます。
「チャージ」のボタンがあり、そちらをクリックし、ユーザー登録をした時に設定したパスワードを入力。「次へ」を押すとチャージの金額が設定できます。希望する金額を入力し、次へをクリック。
↓↓↓
(5)登録完了
登録が完了すると、画面にEdyの利用明細が表示されます。
そこのチャージ金額やEdy残高などの利用履歴が見られるので、確認をしておきましょう。

この手順は、クレカ情報を登録するので、対象のクレジットカード会社であれば利用できます。

【チャージ対象クレジットカード会社】

どこのカード会社のものであればチャージができるか一覧にしてみました。チャージ分のポイント加算については、各カード会社によって変わりますので、事前に確認をしておいてください。

対象のクレジットカード会社
楽天カード 楽天銀行デビットカード(VISA)
アメリカン・エキスプレス 三菱UFJニコス(MUFGカードなど)
エポスカード オリエントコーポレーション(オリコカード・ザ・ポイントなど)
クレディセゾン(セゾンカードなど) ライフカード

上記一覧のものは対象カード会社の一部です。他にも対象となるカード会社があるので、詳細は公式HPにて確認をお願いします。

※各クレカに関する問い合わせは、発行している各会社にしてください。 ※もし、登録したクレカでの利用期間が30日未満の人は、1日にできるチャージ金額上限が10,000円となります。

楽天カード(Edy機能付き)の場合

クレジットカードでも、楽天カードの場合は少し手順が変わってきます。

利用するサービスは、楽天の会員サイト「楽天e-NAVI」。こちらにログインをして作業を行っていきます。

▼ チャージ方法
(1)「楽天e-NAVI」へログイン
楽天サイトにある「楽天e-NAVI」へログインをします。楽天会員ログインから進んでいきますので、もし、まだ登録をしていない人はこの時に登録をしておきましょう。
↓↓↓
(2)サービス申し込み
ログイン後、TOPにある楽天Edyのマークをクリックすると、「Edyチャージサービス」の項目があり、項目内の「いつでもEdyチャージ」をタップします。


「Edy番号を表示する」で番号を表示させ、左側のチェックボックスにチェックを入れます。


↓↓↓

その後、チャージしたい金額を設定します。



最後にセキュリティーコードを入力して確認画面へ進み、誤りがなければ申し込むを選択して完了となります。

※チャージ自体は完了していません。
↓↓↓
(3)Edyチャージの受け取り
先にも言ったように、まだ未入金の状態です。完了させるには、店舗へ行く必要があります。
ファミリーマート店頭にある「famiポート」から受け取りが可能です。


Famiポートのメニュー画面にある「楽天Edy」をタップします。
続いて、楽天Edyサービスの選択画面で「Edyを受け取る」という項目があり、それをタップして進みます。
すると、楽天Edyをかざすよう指示がでますので、機械に読み取らせます。
読み取ると、画面に受け取りする項目があり、それを選択してOKをタップ。内容が正しければ再びOKをタップします。

famiポートで受け取りが完了したと表示されれば、完全にチャージが完了となります。

※もし、登録したクレカでの利用期間が30日未満の人は、1日にできるチャージ金額上限が10,000円となります。

おサイフケータイの場合

おサイフケータイにカード情報登録をし、チャージをするので、そこまで手間もかからずチャージができます。

▼ チャージ方法
(1)アプリにクレカ情報登録
まずは、アプリ内の設定にあるユーザー情報登録などからクレカ情報を登録します。
また、こちらの情報は新規登録や情報変更などを行った際、登録期間というものが発生します。そのため、チャージができるのは、翌日の正午以降になります。
↓↓↓
(2)チャージ
登録期間を過ぎて利用が可能になりましたら、チャージを始めていきます。チャージは簡単で、残高の下にある「チャージ」というボタンをタップ。
↓↓↓
(3)金額設定
チャージする金額を選択します。この時、登録時に設定したパスワードを入力する必要があるので、パスワードは忘れないようにしましょう。
↓↓↓
(4)完了
上記設定をしたら「チャージする」をタップします。すると、これでチャージができますので、完了となります。

【チャージ対象クレジットカード会社】

対象となるクレジットカード会社を一覧にしてみました。ただし、こちらは一部となっていますので、詳細は公式サイト「楽天Edy」をご覧ください。

対象のクレジットカード会社
楽天カード 楽天銀行デビットカード(VISA)
アメリカン・エキスプレス 三菱UFJニコス(MUFGカードなど)
エポスカード オリエントコーポレーション(オリコカード・ザ・ポイントなど)
クレディセゾン(セゾンカードなど) ライフカード

※各クレカに関する問い合わせは、発行している各会社にしてください。

iPhone+Edyカードの場合

この方法の場合、Bluetooth(ブルートゥース)を使います。そこから機器へ通信を行うので、チャージをする時には通信距離に注意してください。

▼ チャージ方法
(1)情報登録
クレジットカードの登録を行います。TOPの「チャージ」をタップし、チャージ方法の「クレジットカード」を選び、情報登録します。
↓↓↓
(2)チャージ完了
登録が完了しましたら、チャージが出来るようになります。希望の金額を設定し、チャージを行いましょう。

この手順は、クレカ情報を登録するので、対象のクレカ会社であれば利用できます。

【チャージ対象クレジットカード会社】

どこのカード会社のものであればチャージができるか一覧にしてみました。チャージ分のポイント加算については、各カード会社によって変わりますので、事前に確認をしておいてください。

対象のクレジットカード会社
楽天カード 楽天銀行デビットカード(VISA)
アメリカン・エキスプレス 三菱UFJニコス(MUFGカードなど)
エポスカード オリエントコーポレーション(オリコカード・ザ・ポイントなど)
クレディセゾン(セゾンカードなど) ライフカード

上記一覧のものは対象カード会社の一部です。他にも対象となるカード会社があるので、詳細は公式HPをご確認ください。

※各クレカに関する問い合わせは、発行している各会社にしてください。

※もし、登録したクレカでの利用期間が30日未満の人は、1日にできるチャージ金額上限が10,000円となります。

iPhone+おサイフケータイジャケットの場合

iPhoneの利用者でもチャージ可能となるおサイフケータイジャケット。まずは、iPhoneでもおサイフケータイを使えるよう、機器の接続をします。この接続にはBluetoothによるペアリングを要します。

▼ チャージ方法
(1)機器の準備
まずは、利用環境を整えます。おサイフケータイに対応する機器を購入します。iPhoneには、おサイフケータイを使うためのアプリ「おサイフリンクアプリ」をダウンロードしておきましょう。
↓↓↓
(2)接続設定
準備ができましたら、今度はアプリと機器の接続です。あらかじめ、Bluetoothを起動させておき、「おサイフリンクアプリ」アプリを開いてペアリングをします。接続が完了しましたら、「接続できるサービスを表示する」の項目から楽天Edyを選択してください。これで接続は完了です。
↓↓↓
(3)チャージ
接続が完了したら、今度はチャージです。アプリのTOPより「チャージ」を選択し、チャージ方法、金額などが表示されますので、対象のものを選び、入金をしましょう。
↓↓↓
(4)完了
チャージが完了すると、最後に入金前、入金後の金額などの情報が表示されます。誤りなどがなければ完了となります。

▲ チャージ手順TOPに戻る

オートチャージで簡単に

これは、ローソンやファミリーマートなどのコンビニや、ブックオフ、ラウンドワンなどといった利用可能店舗にて使えるサービスです(利用可能店舗については、楽天Edy公式サイトよりご確認ください)。

残高によってクレジットカードなどから自動でチャージされるため、会計時に残高不足になってしまうことを防ぎます。

▼ 利用可能アイテム

楽天カード(Edy機能付き)/おサイフケータイ/iPhone+Edyカード

では、どのように利用していくのか、それぞれ説明をしていきます。

楽天カード(Edy機能付き)の場合

▼ チャージ方法
(1)「楽天e-NAVI」へログイン
楽天サイトにある「楽天e-NAVI」へログインをします。楽天会員ログインから進んでいきますので、もし、まだ未登録の人はこの時に登録しておきましょう。
↓↓↓
(2)サービス申し込み
ログイン後、TOPにある楽天Edyのマークをクリックすると、「Edyオートチャージ」の項目があり、そこを選択します。


中に入ると、申込内容を入力する画面になります。クレジットカード番号チャージ金額、1日の上限金額を設定してください。


最後にセキュリティーコードを入力して確認画面へ進み、間違いがなければ申し込みをしましょう。

↓↓↓
(3)設定を行う
申込みが完了したら、今度はサービスを使えるように設定をします。この方法は以下の3つあります。
▼ 1.対象店舗で設定
これは、オートチャージが可能な店舗で支払いをする際、設定とチャージが同時に行われます。ちなみに、利用代金は後日楽天カードから引き落とされます。
▼ 2.店頭端末にて設定
対象店舗:ファミリーマート、サークルKサンクス
※サークルKサンクスでの楽天ポイントカードの利用は、2017年9月30日にて終了となります。
今回はファミリーマートを例に挙げます。

これは、ファミリーマート店頭に設置してある「ファミポート」より設定を行います。


famiポートのメニュー画面の「楽天Edy」を選択。「Edyオートチャージ設定」をタップします。すると、カードを読み取るよう指示が出ますので、その通りにfamiポートへカードをかざします。画面に設定した内容が表示されますので、内容が大丈夫であればOKをタップし、設定が完了となります。
▼ 3.楽天EdyリーダーやFeliCaポート/パソリにて設定
これは、専用機器からの設定になります。まず、この機器がPCと接続されていない場合、「クレジットカードでチャージ > 楽天Edyポイントカードの場合」にあるチャージ手順(1)~(3)をご覧ください。 設定されている人は、申し込み完了画面から続けて手続きを進められます。
申し込み完了の画面から「パソリ」を選択し、専用機器を取り付けて対象のEdy機能付きの楽天カードを準備します。画面にある「準備完了」のボタンをクリックすれば、設定が完了となります。
以上が、オートチャージ機能の設定方法となります。

おサイフケータイの場合

▼ チャージ方法
(1)アプリを起動
アプリのTOP画面に表記される残高の上にある「オートチャージ」をタップし、オートチャージの設定・変更の項目を選択してください。
↓↓↓
(2)詳細設定
オートチャージの設定画面でチャージ方法や金額などの細かい設定をしていきます。
また、ここでオートチャージ方法は「クレジットカード」「楽天会員ID」「銀行口座振替」から選べます。
↓↓↓
(3)設定完了
詳細設定をすれば、オートチャージの設定が完了となります。

iPhone+Edyカードの場合

▼ チャージ方法
(1)アプリを起動
アプリのTOP画面の左上にあるメニューボタンより「チャージ設定」を選びます。
↓↓↓
(2)詳細設定
オートチャージをONにし、チャージ金額などの設定をしていきます。
また、ここでオートチャージ方法は「クレジットカード」「楽天会員ID」から選べます。
↓↓↓
(3)設定完了
詳細設定をすれば、オートチャージの設定が完了となります。

▲ チャージ手順TOPに戻る

いつでもEdyチャージで安心

楽天カードを所持している人、またはEdy利用で楽天スーパーポイントを貯めるサービスに登録している楽天Edyを所持している人は、事前にチャージしたい金額を設定しておけば、いつでもその金額を受け取ることができるサービスです。

ただし、この受け取りはいつでもできると言いましたが、1日1回までなのでご注意ください。

▼ 利用可能アイテム

楽天カード(Edy機能付き)

では、どのように利用していくのか、説明をしていきます。

楽天カード(Edy機能付き)

▼ チャージ方法
(1)「楽天e-NAVI」へログイン
楽天サイトにある「楽天e-NAVI」へログインをします。楽天会員ログインから進んでいきますので、もし、まだ登録をしていない人はこの時に登録をしておきましょう。
↓↓↓
(2)サービス申し込み
ログイン後、TOPにある楽天Edyのマークをクリックすると、「いつでもEdyチャージ(自動設定)」という項目があるので、こちらを選択します。


続いて対象のEdy番号を選択する画面になります。


↓↓↓


その中から対象となるものを選び、金額を設定していきます。ここで設定した金額が毎回チャージされるようになります。


最後にセキュリティーコードを入力して「確認画面へ」から次へ進みます。
注意事項や設定した内容が表示されますので、誤りがなければ「申し込み」を選びましょう。これで設定は完了です。
↓↓↓
(3)受け取り方法
申込みが完了したら、今度はチャージの設定したものを受け取ります。受け取り方法は以下の3通りです。

▼ 1.店頭端末より受け取り
対象店舗:ファミリーマート、サークルKサンクス
※サークルKサンクスでの楽天ポイントカードの利用は、2017年9月30日にて終了となります。
今回は、ファミリーマートを例に挙げます。

これはオートチャージで説明をした楽天カード(Edy機能付き)と手順は似ていて、ファミマの店頭端末「famiポート」のTOP画面にある楽天Edyの項目をタップします。すると、受け取りの項目がありますのでそこを選択。

楽天Edyの情報を読み込むために対象の楽天Edyをかざし、受け取りを行ってください。
▼ 2.アプリより受け取り
アプリ内にある「Edyを受け取る(Edyギフト)」の項目を選び、受け取るEdyを選択します。すぐに受け取り処理は完了します。

TOP画面にて残高を確認しておきましょう。
▼ 3.楽天EdyリーダーやFeliCaポート/パソリにて受け取り
専用機器が必要となるサービスを利用します。この機器がPCと接続されていない場合、こちらの「クレジットカードでチャージ > 楽天Edyポイントカードの場合」にあるチャージ手順(1)~(3)をご覧ください。

機器の準備が整いましたら「Edy Viewer」を開きます。そのTOPにある「Edyの受け取り」の項目をクリックしましょう。

あとは、対象の項目を選択すれば受け取りの処理が完了となります。処理後、残高確認をしておくことをオススメします。

▲ チャージ手順TOPに戻る

楽天e-NAVIよりチャージ

楽天カードを所持している場合、楽天e-NAVIより必要な分だけチャージをすることができます。

このチャージは、オートチャージやいつでもチャージなどとは違い、その都度金額設定が可能なサービスとなります。オートチャージだとお金を使いすぎてしまうという人はこのチャージがオススメです。

▼ 利用可能アイテム

チャージ元…楽天カード(Edy機能付き)

受け取り可…Edy-楽天ポイントカード/楽天カード(Edy機能付き)/おサイフケータイ/Edyチャージアプリ/iPhone+おサイフケータイジャケット

では、どのように利用していくのか、説明をしていきます。

楽天カード(Edy機能付き)

▼ チャージ方法
(1)「楽天e-NAVI」へログイン
楽天サイトにある「楽天e-NAVI」へログインをします。楽天会員ログインから進んでいきますので、もし、まだ登録をしていない人はこの時に登録をしておきましょう。
↓↓↓
(2)サービス申し込み
ログイン後、TOPにある楽天Edyのマークをクリックすると、「Edyチャージを申し込む」という項目があるので、こちらを選択します。


対象のEdy番号を選択する画面になりますので、その中から対象となるものを選び、必要な金額を設定してください。


↓↓↓



最後にセキュリティーコードを入力して「確認画面へ」から次へ進みます。


注意事項や設定した内容が表示されますので、誤りがなければ「申し込み」を選びましょう。これで設定は完了です。
↓↓↓
(3)受け取り方法
申込みが完了したら、今度はチャージの設定したものを受け取ります。3通りの受取り方は「いつでもEdyチャージ>(3)設定を行う」と同じなので、そちらをご参照ください。

▲ チャージ手順TOPに戻る

楽天ポイントからチャージ

これは、1ポイントを1円分としてEdyへチャージするサービスです。最低10ポイントからの交換が可能となります。

▼ 利用可能アイテム

楽天カード(Edy機能付き)/おサイフケータイ/Edyチャージアプリ/iPhone+おサイフケータイジャケット

利用可能なアイテムの中にある「Edyチャージアプリ」ですが、こちらは楽天カードが搭載されたEdyが対象となります。それ以外は利用できませんのご注意ください。

手順は、楽天スーパーポイントを貯める設定が完了してあるアイテムが対象となります。

交換方法

▼ 交換手続き
(1)申し込み手続き
ポイントからEdyへ交換するために、まずは申し込みページを開きます。


交換先のEdy番号を選び、交換するポイント数を入力します。


↓↓↓


交換できる上限数は1ヶ月で100,000ポイント1回で25,000ポイントとなります。
↓↓↓
(2)Edy受け取り
手続きが完了したら、ポイント交換するEdyを受け取ります。受け取り方法である3通りは「いつでもEdyチャージ>(3)設定を行う」と同じになりますので、そちらをご参照ください。

※受け取り期間は交換申し込みが完了より30日以内です。この日を過ると、交換しようとしたポイントは、元の口座へと自動で戻ります。
※もし、送り先を誤った場合、取り消しはできませんので、上記期間を過ぎてからポイントが戻されます。

▲ チャージ手順TOPに戻る

楽天会員IDでチャージ

これは、楽天市場の「買い物で常に使うカード」に設定 しているクレカが対象のサービスです。また、こちらの方法でオートチャージも可能ですので、詳しくはそちらの設定方法をご覧ください。

▼ 利用可能アイテム

おサイフケータイ/Edyチャージアプリ/iPhone+Edyカード/iPhone+おサイフケータイジャケット

アイテムによって利用の手順が変わってきます。ですが、いずれもこのサービスが使えるのは楽天PointClubシルバー会員以上の人限定です。

細かい部分についてはこれから説明をしていきます。

おサイフケータイの場合

▼ チャージ方法
(1)アプリ起動
まずはアプリを起動します。
TOP画面の残高の下にある「チャージ」をタップし、チャージ方法の設定にある「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」を選択しましょう。
↓↓↓
(2)情報入力
続いて、楽天会員IDの情報を入力し、次へと進みます。
すると、登録されているクレジットカードの情報が表示されますので、そちらで大丈夫であれば対象のカードのセキュリティーコードを入力し、設定をします。
↓↓↓
(3)チャージ
そのまま続けてチャージが可能なので、表示される項目の「続けてチャージする」をタップしましょう。
チャージ金額を設定してチャージを始めます。
↓↓↓
(4)完了
こちらは、特に受け取りが必要ではなく、そのままチャージが完了するので、TOP画面の残高表示にチャージした金額が加算されていれば完了となります。

※各クレカに関する問い合わせは、発行している各会社にしてください。対象のクレジットカード会社はこちらの一覧をご覧ください。
※もし、登録したクレカでの利用期間が30日未満の人は、1日にできるチャージ金額上限が10,000円となります。

Edyチャージアプリの場合

▼ チャージ方法
(1)アプリ起動
まずはアプリを起動します。
表示される対象のカードを選択し、その下にある「チャージ」をタップします。
↓↓↓
(2)情報入力
画面にチャージ金額の選択と楽天会員のパスワードを入力する項目が表示されますので、それぞれに情報を入力してください。
↓↓↓
(3)チャージ
情報の入力まで完了したら、対象のEdyカードをスマホにかざしてください。チャージが完了すればすぐに反映され、残高表示も行われます。

※各クレカに関する問い合わせは、発行している各会社にしてください。対象のクレジットカード会社はこちらの一覧をご覧ください。
※もし、登録したクレカでの利用期間が30日未満の人は、1日にできるチャージ金額上限が10,000円となります。

iPhone+Edyカードの場合

▼ チャージ方法
(1)アプリ起動
まずはアプリを起動します。
TOPに表示される残高の下にある「チャージ」をタップします。
↓↓↓
(2)情報設定
チャージ方法の選択の中に「楽天会員ID」があるので、それをタップし、楽天会員情報を入力していきます。
↓↓↓
(3)チャージ
情報を入力したら、希望チャージ額を入れてチャージが完了となります。

※各クレカに関する問い合わせは、発行している各会社にしてください。対象のクレジットカード会社はこちらの一覧をご覧ください。
※もし、登録したクレカでの利用期間が30日未満の人は、1日にできるチャージ金額上限が10,000円となります。

iPhone+おサイフケータイジャケットの場合

▼ チャージ方法
(1)アプリ起動
まずはアプリを起動します。
TOPに表示される「チャージ(入金)」をタップします。
↓↓↓
(2)情報設定
チャージ画面の項目で「チャージ方法」には「楽天会員ID」を選択し、あとはチャージ金額楽天会員IDパスワードを入力します。
↓↓↓
(3)チャージ
情報を入力したら、チャージ内容が表示されますので、確認をしてから「チャージ(入金)する」をタップしてください。
すぐにチャージ完了のページが表示され、残高が表示されれば手続きは完了となります。

▲ チャージ手順TOPに戻る

銀行口座からチャージ

これは、あらかじめ金融機関への口座振替の申込みをしてあれば、自動で銀行口座から引き落としでチャージされるサービスです。このサービスはオートチャージでも利用できます。

▼ 利用可能アイテム

おサイフケータイ

また、こちらのチャージは利用できるまで時間がかかります。最大申し込み日の翌日15時までかかる場合があります。一部の金融機関では先程の期間に加え、さらに3日~10日程かかる場合があります。

余裕を持ってチャージをしておきましょう。

チャージ方法

▼ チャージ手続き
(1)アプリ起動
まず、アプリを起動します。
TOP画面にある残高の下の「チャージ」をタップします。
↓↓↓
(2)情報入力
チャージ方法の設定が表示するので、その中の「銀行口座」を選択します。
続いて楽天会員IDパスワードの入力項目があるので、そちらを記入して次へ進みます。
↓↓↓
(3)口座の選択
既に銀行口座の情報が登録されている人は対象の口座を選択し、この手順の「(5)チャージ」へ進みましょう。
口座情報がない人は、「新しく口座を登録する」を選択してください。
↓↓↓
(4)口座情報設定
金融機関の追加というページに入ります。ここで登録する金融機関を設定していきましょう。この登録は、各金融機関のサイトへ飛び、そちらで申し込みをします。
この設定が完了後、「続けてチャージする」を選択し、チャージ画面へ移動します。
↓↓↓
(5)チャージ
チャージ金額と楽天会員IDのパスワードを入力し、「チャージする」をタップします。
↓↓↓
(6)完了
これでTOP画面に戻れば完了となります。
ただし、各金融機関によっては営業時間やシステムメンテナンス中の都合により、利用出来ない場合もあります。先に調べておきましょう。

【対象の金融機関】

金融機関によって営業時間などが変わってきますので、チャージ前に一度確認をしておいてください。

対象の金融機関
楽天銀行 三菱住友銀行
みずほ銀行 りそな銀行・埼玉りそな銀行
ゆうちょ銀行 足利銀行
千葉銀行 信用金庫

上記一覧のものは対象の金融機関のうち一部です。他にも対象となる金融機関がありますので、詳細は公式サイトをご覧ください。

※サービスの利用には楽天会員登録が必要です。

▲ チャージ手順TOPに戻る

Edyの移行方法とは?

おサイフケータイの機種を変更した際に、今まで使っていたポイントやEdyはどうすればいいのか。楽天カードの場合はどんな手続きをすればいいのか。

そういった疑問についてここでお答えします。

楽天カードは移行できない?

まず、楽天カードについて説明していきます。

楽天カードの更新時には、有効期限が近付くと自動的に新しいカードが送られるので、特に手続きなどは不要となっています。この時、ポイントなどが引き継がれます(公共料金などの設定につきましては各会社の必要な変更手続きにご注意ください)。

ですが、Edyは残念なことに引き継がれないのです。

そもそも、このEdyとは、カードに搭載されているICチップで認識し、利用できるのです。そのため、切り替え前のカードに楽天Edyの残高が残っているなら、それを使い切りましょう

今説明したように、EdyはカードにあるICチップで認識されているので、有効期限が切れた後でもEdyは利用可能です。

新たなカードが来たからすぐに楽天カードを破棄するのでなく、Edy残高を確認してからハサミを入れて破棄しましょう。

おサイフケータイなら移行可能!

続いておサイフケータイに関して説明をします。

結論から言いますと、おサイフケータイの機能がなければ移行は不可となります。

ただ、おサイフケータイ同士であれば簡単ですが、ジャケットなどへの移行となりますと少し手間があります。そのあたりを詳しく順を追っていきましょう。

おサイフケータイ同士の移行手順

まず、この引き継ぎには「楽天Edyオンライン」というサービスを利用します。旧機種から一時的にオンラインに預け、そこから新機種へと引き継ぐ形となるのです。

この時、注意すべき点は、このオンラインへ預けられる期間です。この期間は手続きをしてから90日間なので、その期間内に移行を完了させましょう。

また、移行手続きの前におサイフケータイ同士の移行には2つの手段があります。どちらがいいかを選んで手続きを行いましょう。

Edy残高のみの移行(無料)
Edy残高とユーザー情報の移行(手数料100円)
※残高100円(税別)以下の場合や、ユーザー情報未登録の人はこのサービスは使えません。

ここで、何が引き継げるのかをまとめてみました。

引き継ぎ可能 ・Edy残高
・メールアドレスやクレジットカード情報などのユーザー情報(有料の場合のみ)
引き継ぎ不可 ・Edy番号
・ポイント設定
・キャンペーン登録情報
・受け取っていないEdy

クレジットカードなどの情報を改めて入力するのが面倒という人は有料の移行方法をおすすめします。

▼ Edy残高のみの移行(無料)
Step.1 設定の解除
まずは、オートチャージや貯めるポイント設定済みの場合はその解除から始めます。

オートチャージの場合は、アプリTOPにある赤枠部分から設定ができます。オートチャージ解除という項目を選択し、解除完了となります。
貯めるポイントの場合は、アプリ内の設定画面の「ポイント」から解除を行います。
↓↓↓
Step.2 Edyギフトの受け取り
実は、機種変をすると、Edy番号は変わってしまいます。そのため、Edy受け取り(Edyギフト)を行っていないのであれば、受け取った後、移行を始めましょう。

アプリのメニュー画面にある「Edyを受け取る」を選択し、すべて受け取ってください。
↓↓↓
Step.3 移行作業
移行作業には「楽天Edyオンライン」に一度残高を預けます。

まず、アプリ内のメニュー画面にある「機種変更の手続き」を選択し、「残高を預ける」をタップします。
続いて、先程挙げた2つの移行手順のどちらかを選びます(今回は「楽天会員IDを利用する」を選んでください)。
楽天会員IDパスワードを入力する画面になりますので、必要な情報を入力して先へ進みます。
残高を預ける画面となります。この画面の上部に今の残高が表示するので、その内容を確認し、大丈夫であれば「残高を預ける」をタップしてください。これで預ける作業は完了となります。
↓↓↓
Step.4 楽天Edyを削除
残高を預けましたら、最後は楽天Edyを削除する画面が出ます。これは、機種変更をする場合、Edy番号が変わるからです。
そのため、まずは今までのをこのアプリから削除…登録した情報を削除します。
↓↓↓
Step.5 新機種にアプリダウンロード
では、続いては受取の作業へと入ります。まずは新機種にアプリをダウンロードすることから始めます。
ダウンロード後に起動したら、「機種変更の方」をタップしましょう。
↓↓↓
Step.6 Edy残高の受け取り

Edy残高のみの引き継ぎのため、受け取り方法の画面では「楽天会員IDで受け取る」を選択します。

楽天会員IDパスワードの入力画面になり、情報の入力、規約の確認をして次へ進みましょう。
受け取り画面になり、上部に預けた金額が表示されるので、それを確認し、大丈夫であれば「残高を受け取る」をタップして移行が完了となります。

この段階では、まだEdy残高を受け取ったのみの状態です。ユーザー情報や貯まるポイントなどの引き継げなかった情報の設定を忘れずに行いましょう。

▼ Edy残高とユーザー情報の移行(有料)
Step.1 設定の解除・Edyギフト受け取り
移行作業前の旧機種でやるべきことはEdy残高のみの受け取りと同じになります。詳しくはそちらをご覧ください。
(Step.2の残高を預けるまで手順同様)
↓↓↓
Step.2 移行作業
アプリの「残高を預ける」まで進みましたら、ここから手続きが少し変わります。
預ける方法の選択画面で「ユーザー情報を利用する(有料)」を選択します。電話番号とパスワードの項目が出ますので、そこに情報を入力して次へ進みます。
預ける画面に変わると、その上部に預ける残高額が表示。内容が大丈夫であれば「残高を預ける」をタップします。
↓↓↓
Step.3 楽天Edyの削除
預ける作業が完了すると、画面には受け取り期間が表示されます。この期間内に新機種で残高を受け取りましょう。
最後に、今までの機種で行うのは楽天Edyを削除することです。このアプリ内で削除作業をすることで、このEdy番号での登録情報が完全に削除できます。新機種では新たなEdy番号となるので、ここでしっかり削除しておきましょう
↓↓↓
Step.4 新機種にアプリダウンロード
では、続いては受取の作業へと入ります。ここもEdy残高のみの引き継ぎと同じですが、アプリをダウンロードしたらアプリを起動させ、「機種変更の方」をタップします。
↓↓↓
Step.5 Edy残高の受け取り
Edy残高とユーザー情報の引き継ぎのため、受け取り方法の画面では「楽天会員ID以外で受け取る」を選択します。

電話番号とパスワードを入力する画面になるので、情報を入力したら次へ進んでください。
受け取り画面になり、上部に預けた残高が表示されるので、大丈夫であれば「残高を受け取る」をタップして受け取りが完了します。

この段階では、貯めるポイントやキャンペーン登録などが設定されていませんので、忘れずに行いましょう

おサイフケータイからおサイフケータイジャケットへの移行手順

ここでの注意点は、おサイフケータイ同士の移行であれば可能だったユーザー情報の移行ができない点です。

では、手順を見ていきましょう。

▼ Edy残高の移行手順
Step.1 旧機種の残高を預ける
楽天Edyオンラインへの移行作業はこちらの「おサイフケータイ同士の移行手順(無料)Step.1~4」まで同じです。そちらを参考にしてください。
↓↓↓
Step.2 残高受け取り
おサイフケータイジャケットの受け取りは楽天Edyオンラインに接続しなければなりません。
先にも説明してあるように、ユーザー情報は移行できていないため、ユーザー登録などを済ませ、楽天Edyオンラインに預けた残高を受け取りましょう。

おサイフケータイジャケットからおサイフケータイへの移行手順

この手順でもユーザー情報は引き継がれません。Edy残高のみとなります。

では、手順を見ていきましょう。

▼ Edy残高の移行手順
Step.1 旧機種の残高を預ける
まず、アプリTOPページの「機種変更手続き」を選択し、楽天Edyオンラインをタップします。
続いて、移動方向と金額の設定画面となります。移動方向は「おサイフケータイ→楽天Edyオンライン」を。そして金額部分には全額を入力します。
規約の内容を確認したら「規約に同意して移動する」をタップ。

続いて楽天会員のパスワードの項目が表示するので、こちらに情報を入力し、次へをタップします。

以上の手順で残高の移行が完了となります。最後の完了画面に移動後のおサイフケータイ残高が表示するので、その部分が0であることを念のために確認をしておきましょう。
↓↓↓
Step.2 新機種での受け取り
新機種はおサイフケータイなので、こちらの「おサイフケータイ同士の残高移動(無料)Step.5~6」の内容と同じになります。
そちらの内容を参考に受け取り手続きを行いましょう。

残高の移行前に機種変更をしてしまった!

おサイフケータイにある残高を忘れて機種変更した、という事態があるかもしれません。

ですが、ご安心ください。

万が一、移行作業せず機種変更をした場合でも、おサイフケータイが使える可能性があります。

おサイフケータイで通信が可能な場合

端末が動き、Wi-Fiでもかまわないので、通信が可能な状態であればまだEdy残高を譲渡する作業はできます。

こちらの「移行手順」を参考に移行作業を済ませましょう。

おサイフケータイだけが動く場合

通信機能が使えないなら、オンラインを使うEdy残高移行はできません。

ですが、お店で端末をかざしてEdyで支払う分には支障がありません。おサイフケータイが動くのであれば、早くにEdy残高を使い切ってしまいましょう。

おサイフケータイが動かない場合

通信もおサイフケータイも機能しないのであれば、Edyレスキューサービスを利用すれば、端末の状態によってはEdyが返還される場合も…。

詳細は公式サイト「楽天Edy」をご覧ください。

Edyレスキューサービスとは?
故障や水没でおサイフケータイが使えなくなった時、新たなおサイフケータイへEdy残高が返還されるサービスです。

ですが、このサービス利用には、用意する書類があるのです。詳しい内容や書面につきましては公式サイトをご覧ください。

また、このサービスはあくまでも故障や水没などの破損時のサービスです。紛失や盗難については別の対応になります。

こちらの詳細は「楽天カードを紛失・盗難・不正利用の被害に…再発行と保険請求の手順」に記載されています。

【Edy活用術】Edy達人になる技

ここから、楽天Edyの活用術を説明します。

クレジットカードの選択が重要!

Edyチャージを、クレジットカード払いで考えている人は、チャージするときにポイントが貯まるクレカを使うべきです。

すべてのクレカが、チャージポイントが貯まるとは言えません。

チャージ還元される主なカードを以下の一覧にし、年会費が無料のクレカを厳選しました。

▼ ポイント還元率1.2%

リクルートカード
驚きの還元率ですが、Edyチャージでポイントが貯まるのはVISAのみ

▼ ポイント還元率 1.0%

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO)
東急グループ・ポイント加盟店で最大で10%の還元

▼ ポイント還元率 0.5%

楽天カード
ポイントの貯まりやすさはNo.1

楽天PINKカード
「女性のための保険」付帯で人気

エポスカード
丸井で10%の優待が受けられます

出光カードまいどプラス
出光が生活圏内にあるドライバーには得できる1枚です

NTTグループカード
NTTの通信料を安く出来るコースがある。

▼ ポイント還元率 0.33%

ライフカード
誕生日月にポイントが5倍!この期間だけ利用している人も多いサブカードの王者。

年会費は有料ですが、マイルを貯めている人には、楽天ANAマイレージクラブカード(Edy機能付き)もオススメです。

年会費は500円ですが、年に1度だけ利用すれば、年会費は0円に。
実質 年会費無料のカードですね。

マイルが貯まる「ANAダイナースカード」はメリットも多いです。Edyチャージは「200円⇒1マイル」貯まります。

楽天ポイントを貯めたいなら、一番のオススメは楽天カードです。(筆者も楽天カードでチャージしています♪)

なぜか?というと…
楽天カードの場合、Edyチャージでポイントがアップするキャンペーンが定期的に開催されるからです!

キャンペーンをねらってチャージするだけで、ポイントがお得に貯められます。

EdyキャンペーンでポイントUP!

楽天Edyは、さまざまなキャンペーンをしています。

主な特徴は、キャンペーン期間内にEdy利用ポイントがアップするというものです。

いずれもエントリーが必要になりますので注意してくださいね。
(ポイントは、エントリーしないと貰うことができません!)

なかには、アプリのダウンロードだけでポイントが獲得できるキャンペーンもあります。

これからEdyアプリをダウンロードしようとしている人は、エントリーをしてから、手順にしたがってダウンロードしてくださいね。

また、楽天カードはポイントをEdyに交換できるのですが、「交換するだけ」でポイントアップされるキャンペーンもあるんですよ♪

通常時に交換するよりも、キャンペーン中をねらって交換するとお得ですね。

ポイントプラス加盟店で、2倍!

ポイントプラス加盟店で、期間中の楽天Edy利用で、獲得ポイントが2倍にアップします!

楽天Edy
加盟店
楽天Edy
ポイントプラス加盟店
もらえるポイント 200円利用で1ポイント 200円利用で2ポイント
対象期間 常時 期間限定
(対象のお店が、月ごとに変わります)

数あるEdy加盟店の中から、「今月のポイントアップ対象店舗」がいくつかピックアップされます。

月ごとにポイントアップ対象のお店が変わるシステムです。

ということは…、あなたが頻繁に利用するお店がポイントアップの対象になるチャンスがあるということです。

こういう、ユーザーへのきめこまかい配慮は、嬉しいですよね。

ポイント三重取りできるのは?

ファミリーマートでクレジットチャージする時に、Tカードを提示するとTポイントも貯まります。

また、ローソンで入金(チャージ)するときに、ポンタカードを提示するとPontaポイントも貯める事ができます。

【必殺技!】三重取りのカラクリ

一重目 ⇒ クレジットカードからのチャージポイント
(ポイントGET! )

二重目 ⇒ ポイントカード提示

(Tポイント or PontaポイントGET!)

三重目 ⇒ Edy利用時の利用ポイント
(楽天ポイントGET! )

より貯まるポイントサービス
ポイントの2重獲得が可能 ★Tポイント
所持している人は多いのでは?T会員ランクの他にも、ファミマを利用するなら、ポイント特典が多いサービスです。

★Ponta(ポンタ)
ローソンをよく使う人ならこのポイント。ローソンで実施されている「買上げポイント」「ボーナスポイントサービス」などポイントの大量が可能です。
マイルの2重、3重、4重の獲得が可能 ★ANAマイル
加盟店でEdyで支払うのはもちろんのこと、Edyマイルプラスに加入、対象ANAカードでEdyへのチャージを行うことで多くのマイルが貯まります。
ポイントをEdyに交換が可能 ★マツキヨポイント
Edy支払いでポイントが貯まり、1,000ポイント単位のマツキヨポイントで700円分の楽天Edyへ交換もできます。

※他にもどんどんポイントが貯まるサービスがあるので、公式サイト「楽天Edy」をご確認ください。

楽天モバイルの利用で…

楽天モバイルへの切り替えをお考えの人は、必見!
(予定のない人はスルーでOK!次の章にお進みください!)

楽天Edyは、楽天モバイル購入者に向けて、キャンペーンを実施しています。

正しい手順でエントリーしないと、特典がもらえませんので、必ず内容を確認してから購入をしてくださいね。

詳しくは、公式サイト「楽天Edy」のキャンペーンをご覧ください。

楽天Edyを紛失・盗難…

至急、ココに電話!

まず、楽天カードを紛失した人はカードの利用停止手続きをしてください。詳しい手順は「楽天カードの紛失・盗難【電話番号】」にて確認ができます。

おサイフケータイを利用している人は、下記のページから手続きを行ってください。

特に、オートチャージ設定の人は、すみやかに手続きをする必要があります!

故障・水没の際には、正しい手順で手続きをしないと、Edyの残高が失われる可能性があり、注意が必要です。その手順は公式サイト「故障・水没時の手続き」をご覧ください。

【紛失・盗難】防止対策を考えてみた

Edyって本当に便利ですが、失くしてしまうと補償がないという致命的なデメリットを抱えています……

そこで、紛失・盗難を回避するための対策を考えてみました。

●ご自身が落とす可能性があるアイテムは、選択肢からはずす

例えば、一度でも携帯電話を紛失したり、水没させてしまったり…の経験がある人は、今後も 紛失してしまう可能性がゼロではないはず…

お財布を落とす危険がある人は、カードタイプ(クレジットカード、ポイントカード)のEdyはおすすめしません。

では、Edy機能付きのストラップ(キーホルダー)はどうか。
この商品、とっても手軽でかわいいので人気なのですが…ストラップの一部が伸びるタイプのゴムになっています。

支払いの際の使いやすさを優先したのだと思いますが、毎回伸ばして使っているうちに、いつか切れてしまいそうでコワイです…

ゴムの劣化も含めて、注意深く管理できる人以外は、おすすめできません。

おサイフケータイや、iPhoneでEdyを利用する方法は、便利で非常に魅力的ですが、筆者はスマホは選択肢からはずしました。

理由は、スマホを何度も紛失・水没させているからです(泣)

逆に、財布は一度も紛失したことがなく、特にクレジットカードは常に無くさないように注意を払っています。

筆者のようなタイプの人はカードタイプのEdyに向いていると言えます。

【番外編】Tポイントを貯めてみよう

上記「ポイント三重取りできるのは?」でも話に出ましたが、おサイフケータイ利用の人であれば、Edyは楽天ポイント以外のポイントを貯められます。

どうやればポイントが貯まるのかをTカードを例に見ていきましょう。

Tポイントを貯めるために必要なこと

まず、EdyでTポイントを貯めるための設定をおサイフケータイにします。

ここで注意する点はこのサービスはTカードを所持したT会員が対象となります。この会員登録がまだという人は先にT会員登録を行ってください。(ネットT会員の人は対象外です)

Tポイント登録方法などは「ファミマTカードのログイン方法」に手順が記載されています。

Edyのポイント設定

おサイフケータイ1台に設定可能なポイントサービスは1つとなります。貯めたいポイントを考えておきましょう。

設定はとても簡単です。

貯めたいポイントを選択

Edyアプリのトップ画面にある「ポイント設定」の部分をタップし、貯めたいポイント(今回の場合はTポイント)を選択します。

続いて各サービスによって異なりますが、カード番号などの必要情報を入力し、「設定する」をタップしてください。

以上でEdyで貯まるTポイント登録が完了となります。

※実際に設定されるまで手続き完了から3日ほどかかります。

また、ポイント設定はTサイト会員ページからも可能です。詳細は公式の「Tサイト」をご覧ください。

この設定はこのアプリからいつでも変更が可能なので、利用環境によって上手く変えて活用していきましょう。

Tポイント提携先で使おう

ポイント設定ができたらあとは利用するだけです。Tポイント加盟店(提携先)がどこか気になる人は公式「Tサイト」にてご確認ください。

Tカードを提示し、Edy200円利用分につき1ポイントが得られます。ただ、楽天カードとは違い、TカードからEdyへチャージという手段では、ポイントはもらえません。

EdyでTポイントを貯めたいのであれば、Tカード、Edyを登録したおサイフケータイを忘れずにセットで持ち歩きましょう。

Tマネーもおすすめ

もし、ファミリーマートやTSUTAYAくらいでしか利用しないという人がいれば、Edyではなく「Tマネー」を検討してみるのもおすすめです。

詳しくはこちらの「注目のTマネーについて」でも紹介されていますが、還元率は低いものの、通常ポイント以外でもポイント付与されるのです。

ですが、T会員ランクが高いヘビーユーザーは無理に電子マネーを利用せず、クレジットカード決済で貯めるというのが一番ポイントが貯まるのかも…。

まとめ

【結論】やはり、アイテムさえ決まれば意外とカンタン!

ずばり!
Edyを使い始めるのはまったく面倒ではありません。むしろ簡単です。

ただし、冒頭から何度もご説明しているように、「どのアイテムを使ってEdyを利用するか?」を先に決めることが重要です。

アイテムを決めかねている人は、「チャージ方法」から決めていってもOKですが、少しややこしくなります。

楽天Edyは、あらゆるユーザーが、自分のライフスタイルにフィットするように設計されています。

活用方法さえ知っていれば、Edyライフをお得に満喫できること間違いなしです!

楽天カードの関連記事

楽天クレジットカード【完全ガイド】

楽天カードで1ヶ月2万ポイント稼ぐための7箇条

楽天カードの審査【完全ガイド】審査時間・本人確認の電話・落ちたら?通らない理由は?

楽天カード審査通過者の口コミ19件!年収ゼロで受かった例も!

楽天カードの入会キャンペーンを確実にもらう方法

紹介キャンペーンでポイントがつかない原因は?紹介者IDとは?

楽天カードを紛失・盗難したときの再発行、保険請求の手順

楽天カードの引き落とし日はいつ?遅れると強制退会される?

楽天カードの家族カードを作ると、どこが損?いくら損?

家にいてもできる、楽天カードのキャッシング申し込み方法

e-NAVI(楽天eナビ)のログイン方法

楽天カードの利用明細を確認するには

楽天カードの限度額の確認・変更方法

楽天カードの海外旅行保険、海外利用ガイド

公共料金を楽天カードで支払う方法(年間いくら得?)

楽天カードの退会・解約方法と窓口の電話番号

住所変更するとき、楽天カードでの手続きがカードごとに異なる!?

楽天カードの引き落とし銀行口座変更を最速で済ませる手順

楽天ゴールドカードは人を選ぶ?プレミアムカード他との比較

年会費の5倍相当の優待が受けられる「楽天プレミアムカード」

楽天ANAマイレージクラブカード、マイルとポイントどちらがお得?

楽天KCカードとは? KCカード・楽天カードとの違い

楽天ピンク(pink)カードと楽天カードの違い、全解説!

楽天カードのデメリットのすべて、その対策

楽天カードマンCMのピンクって誰!?(楽天カードマンの動画まとめ)

楽天カードアカデミーと楽天カードの違い【完全解説】

楽天学割でどこまで安くなる?クーポンや割引きを使うとどうなる?

楽天デビットカードのJCBブランドがオトクな理由

楽天カードでFCバルセロナのデザインが選べるように

ファイナンシャルプランナーが選んだのは楽天カード(1)

ファイナンシャルプランナーが選んだのは楽天カード(2)

>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ


 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.