PayPay(ペイペイ)とKyashを使った三重取りは「過去の話」…今おすすめの支払い方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PayPay(ペイペイ)とKyashを使った三重取りは「過去の話」…今おすすめの支払い方法は?

「PayPayでの決済を出来る限りおトクにしたい。
Kyashという別のアプリを組み合わせれば、ポイントの三重取りができるって本当?」

結論から言うと、「PayPay+Kyash+クレジットカード」でポイント三重取りができたのは過去の話。
近年PayPayもKyashもサービスの「改悪」を続け、ポイント還元率や還元方法が様変わりしてしまいました。
そのため、現在PayPayを利用したポイントの三重取りはできません

そこで今回は、2021年2月現在のPayPayのチャージ方法とポイント還元率について解説しながら「ポイント二重取りができるお得な高還元決済方法」をご紹介します。

【管理人】なびこ
読み終えていただければ、あなたに合ったお得な支払い方法に向けてすぐに方向転換ができるようになりますよ。

「PayPay」と「Kyash」でポイント三重取りが出来たのは過去の話……。

「PayPay」と「Kyash」でポイント三重取りが出来たのは過去の話……。

QRコード決済を利用する際、チャージの仕方を工夫する事でポイントの二重取り・三重取りをする方法があります。

中でも神還元とされてきたのは「PayPay」に「Kyash」と「クレジットカード」を紐付けるチャージ方法。
「クレジットカードからKyashへチャージ→KyashからPayPayへチャージ」することで、それぞれから高還元のポイントを得ることができていました。

ところが、現在PayPayは二重取りもできないばかりか、Kyashを紐づけることすら困難になってしまいました。

プリペイドアプリ「Kyash」について

「Kyash(キャッシュ)」は株式会社Kyashが運営する決済・送金サービスです。

Kyash公式HPより
使い方はスマホ型とカード型があり、ショッピングに利用すると支払額に応じてポイントが還元されるシステムです。

スマホ型のKyash Card Virtualならメールアドレスや電話番号だけで、本人確認もなく最短1分で発行することが可能。
アプリではKyashアカウントを持っている友達への送金や銀行への出金が出来たり、家計簿機能があるのでお金の管理もラクにできる手軽さが人気です。

チャージ方法は現金や銀行引き落としの他、クレジットカードからもチャージが可能です。
そのため、チャージでポイントが貯まるクレジットカードに紐づけることでポイント二重取りを行うことができます。

また、PayPayとKyashを紐づけることでさらに還元が得られるポイント三重取りを実現できていました。

★Kyashを使ったポイント三重取りの方法

クレジットカードからKyashへのチャージはVISA、Mastercardブランドのもののみ対応可能です。

①「PayPay」「Kyash」の仕様が改悪!紐付けもほぼできない

ですが、この1~2年で、「PayPay」と「Kyash」の仕様は大きく改変を重ね、ネット上でも「改悪し続けている」と言われています。

大きな改悪ポイントとしては還元ポイントの激減が挙げられますが、PayPayについてはチャージ方法が大きく削減。
銀行口座、現金チャージ、ヤフオク!/PayPayフリマの売り上げ、ヤフーカード、ソフトバンク/ワイモバイル料金と合算以外のチャージ方法が選べなくなってしまいました。

ヤフーカード以外のクレジットカードをPayPayに紐づけることは可能ではありますが、支払い方法はクレジットカード払いのみでチャージは出来ず、ポイントは一部対応しているキャンペーン時を除き、PayPay決済の還元はありません。

また、Kyashをはじめとするプリペイドカードも、PayPayへの登録時や支払い時にエラーが生じるため、紐付けはできないと考えていいでしょう。
仮に登録ができたとしても、PayPay決済のポイント決済の還元対象にはなりません。

そのため、ヤフーカード以外のクレジットカード等をPayPayに紐づけることのメリットは皆無であると言えます。

②PayPayへのチャージで常時ポイント還元される方法はなく、PayPayで高還元を維持するのは簡単ではない 

以前はヤフーカードがPayPayへのチャージで唯一ポイント還元されていましたが、2020年2月1日以降に廃止。
そのため、現在は常時チャージポイントを得る方法はありません。 

また、キャンペーン時をのぞき、現在PayPayでポイント還元されるのは支払い時のみとなります。

現行の「PayPay」還元率(詳細版)
PayPay残高払い
ヤフーカード払い※
0.5%
優遇1月に100円以上を50回以上PayPayで支払い+0.5%
優遇2月にPayPayを10万円以上利用+0.5%
他社カード払い
(Kyash含む)
0%
※優遇制度なし
※この場合、ヤフーカードの通常還元(Tポイント)は適用されない(=ヤフーカード還元分も併せて0.5%)

なお、ポイント還元の上限額は1回あたり7,500円相当、1カ月で15,000円相当となります。
2019年初頭にはPayPayとKyash、ヤフーカードを組み合わせると常時3.5%の還元が得られていました。

それに対し、現在は毎月50回以上、月10万円以上の決済を続けてやっと最高の1.5%の還元を達成できます。
還元上限額も設定されていることから、今のPayPayのシステムは高還元を維持するのはハードルが高く、効率的なポイント活用の手段ではありません。

効率的なポイント活用を考えるなら、PayPay以外の決済方法を検討してみるのも良いでしょう。

CHECKプロパーカードは高ステータス

結局今は、どの支払い方法がおトクなの?

結局今は、どの支払い方法がおトクなの?

では、PayPayとの紐付けが難しくなってしまったKyashの使い勝手はどうなのでしょうか。
ここからは、「大幅なシステム改変をしたKyashはお得なポイント活用手段となるか?」という点について解説していきます。

①Kyashも改悪…高還元なら他の決済方法が吉

Kyashは現在3つの種類があり、それぞれ持ち方や機能が異なります。

Khashの種類
名称

  • 持ち方と始め方
  • 発行手数料

  • ポイント還元率
  • 決済上限
  • 特徴
    Kyash Card

  • プリペイドカード型(オンライン申し込み)
  • 発行手数料:900円

  • ポイント還元率:0.2~1.0%
  • 決済上限:30万円/回、100万円/月
  • ネット決済/国内外のVisa加盟店で利用可
  • タッチ決済機能付き
  • 要本人確認
  • Kyash Card Lite

  • プリペイドカード型(オンライン申し込み)
  • 発行手数料:300円

  • ポイント還元率:0.2~0.5%
  • 決済上限(本人確認なし・あり):5・10万円/回、12・15万円/月
  • ネット決済/国内のみのVisa加盟店で利用可
  • 本人確認は任意(なしの場合機能制限あり
  • Kyash Card Virtual

  • スマホ型(アプリをダウンロードして会員登録)
  • 発行手数料無料
  • ポイント還元率:0.2~0.5%
  • 決済上限(本人確認なし・3Dセキュア認証確認あり・本人確認あり):0.5・3・10万円/回、2・12・15万円/月
  • ネット決済のみ
  • ※一部利用不可能な店舗があるため注意が必要です(下記リンク参照)。

    Khash 利用不可能な店舗

    3つの選択肢にはそれぞれメリットもありますが、カード型でもKyash Card Liteは機能制限があったり、決済上限やポイント還元率が低かったりと中途半端さが感じられます。

    また、Kyash Card Virtualは発行手数料はかからないものの、決済上限が低く実店舗での決済ができないことから、極端に自由度が低い印象です。
    そのため、他のバーチャルカードや電子マネーより敢えてこちらを選ぶ理由が見当たりません。

    そうなると、この3種類の中から選ぶべきはKyash Card一択…ということになるのですが、ここで注意しておきたいのが冒頭で触れた「Kyashの改悪」です。

    その前に、まず確認しておきたいのがKyashの残高の種類について。

    Kyashの残高は、チャージ方法によって「Kyashマネー」と「Kyashバリュー」の二種類に分けられます。
    Kyashマネーは決済や送金、出金に利用できますが、Kyashバリューは決済にしか利用できません。

    Kyash公式HPより

    Kyashのポイント還元率や月間の還元上限は持ち方や本人確認の有無、残高の種類によってこのように異なります。
    ですが、2021年2月10日のポイントシステム改変により、還元率と還元上限が大きく下がることになりました。これがKyashの最大の改悪です。

    Kyash残高別のポイント還元率と還元上限
    残高の種類ポイント月間還元率ポイント月間還元上限
    Kyash CardKyashマネー1.0%1200ポイント
    Kyashバリュー0.2%(改正前:1.0%)100ポイント(改正前:500ポイント)
    Kyash Card Lite
    Kyash Card Virtual
    Kyashマネー
    本人確認ありの場合のみ
    0.5%600ポイント
    Kyashバリュー0.2%(改正前0.5%)100ポイント(改正前:250ポイント)

    Kyash Cardを例にとると、Kyashバリューの還元率が1.0%から0.2%へ大幅減。
    クレジットカードからチャージした残高はKyashバリューとなります。

    つまり、今まではクレジットカードのポイント+1.0%だったポイントの二重取りが、+0.2%になってしまったのです。
    銀行口座や現金からのチャージなら1.0%還元されますが、この場合ポイントの二重取りはできません。

    Kyash Cardの発行手数料は900円ですが、元を取るためにはKyashマネーで9万円、Kyashバリューなら45万円の決済が必要という計算になります。

    確かに、クレジットカード単体で使うよりもKyashを組み合わせる方が二重取りができるためわずかにお得にはなります。
    ですが、この低還元にはそれににかかる手間や発行手数料は見合わないように思われます。

    決済のポイントをあげる方法を考えるのであれば、今はKyashとの二重取りよりも他の決済方法を検討する方が簡単で近道と言えるのではないでしょうか。

    ②コード決済なら「指定クレジットカード+LINE Pay、楽天ペイ等」で高還元を達成可

    現行の「PayPay」における基本還元率は0.5%。
    「月に50回以上かつ10万円以上PayPayを使う」という厳しい条件を満たせば1.5%の還元を受けられますが…。

    実は他社コード決済サービスを使えば、より簡単に同等のポイントを獲得できます。

    高還元を受けられるQRコード決済アプリ
    LINE Pay
    楽天ペイ
    • 基本還元率1.0%
    • 楽天カードを使ったチャージで計1.5%
      ┗チャージでは無く紐付け(カード払い)だと1%にしかならないので注意
    au PAY
    • 基本還元率0.5%
    • au PAYカードを使ったチャージで計1.5%
      ┗Mastercard、Amexブランドなら他社カードを使ったチャージも可、VISA/JCBは一部発行元のみ対応
    d払い
    • 基本還元率0.5%
      ┗dカード以外のクレジットカード紐付け時は0.5%+カードの還元率
    • dカードとの併用で1.5%

    最も高還元を得られるのは今のところ「LINE Pay」(いつまで続くかは分かりませんが…)。
    ですが、

    • 初年度はLINE Pay本体より、1年間還元率3%「Visa LINE Payクレジットカード」を使った方が高還元
    • 1%超の還元を受けるには支払い額をあげてランクをあげなくてはならない

    といった点が気になるなら、「楽天カード+楽天ペイ」等の方が優先されるでしょう。
    ★ただし「LINE Pay」等の他社決済サービスを利用できるお店は、

    • PayPay
    • VISA加盟店(Kyash含む)

    に比べ少ないのが実情です。
    コード決済サービスを導入する際には、いつも使うお店の対応状況を確認しておきましょう。
    ちなみに還元率は高い順に以下の通りです

    3%~JALカード+Kyash
    ※マイルを航空券に交換する場合
    3.2%初年度の「Visa LINE Payクレジットカード」+Kyash
    3%初年度の「Visa LINE Payクレジットカード」
    LINE Payのチャージ&ペイ(プラチナランク)
    2%~JALカード
    ※マイルを航空券に交換する場合
    2%LINE Payのチャージ&ペイ(ゴールドランク)
    1.5%楽天カード+楽天ペイ
    au PAYカード+au PAY
    dカード+d払い
    PayPay(最高還元時)
    LINE Payのチャージ&ペイ(シルバーランク)
    1.2%楽天カード+Kyash
    1%楽天カード
    Visa LINE Payクレジットカード(2年目以降)
    LINE Payのチャージ&ペイ(レギュラーランク)
    0.5%PayPay

    ③Kyashとの紐付けも◎な高還元クレジットカードについて

    さて、ここまでの内容をまとめると、

    • PayPayにKyashを紐付けることはほぼできない
    • 「クレジットカード+Kyash」はKyash改悪によりお得度が激減(常時還元率+1%→0.2%)
    • お得さを追求するなら他の決済方法を選択するのが吉。決済額が常に高いならLINE Payのチャージ&ペイ、それ以外は楽天カード+楽天ペイがおすすめ
    • 使いたいカードが決まっているならKyashの紐付けもアリ

    ということに。
    他の決済方法に変えるなら楽天カード+楽天ペイやdカード+d払いのようにセット申し込みが必要になります。
    それ以外に、このカードでマイルを貯めたいなど使いたいカードがあるならKyash紐付けで還元を微増させるのも有効です。

    そこでここでは「Kyash」紐付けにも良い、還元率1%超のクレジットカードのみをまとめさせて頂きました。

    高還元カードの例
    JALカード(普通)
    JALカード券面年5,500円
    ※ショッピングマイル・プログラム加入時
    実質還元率2%~
    ┗国内航空券購入時。海外ならこの2倍~
    ※ショッピングマイル・プログラム加入時
    • JALの利用機会があるなら筆頭候補。ETCの利用でもマイルが貯まる
    • ANAと異なり、ハイシーズンでも航空券購入に必要なマイルが変わらない
    • 20代学生はよりオトクなカードあり
    • Kyash紐付けを前提とする場合、VISAまたはMastercardブランドを選ぶこと
    ANAカード(一般)
    ANA JCB券面7,700円(初年度無料)
    ※10マイルコース加入時
    実質還元率2%~
    ┗国内航空券購入時。海外ならこの2倍~
    ※10マイルコース加入時
    • ANAの利用機会があるなら筆頭候補。ETCの利用でもマイルが貯まる
    • ただしJALより年会費がやや高い。ローシーズンだけは必要マイルがJALより軽くなりやすいので、ローシーズンに飛行機を利用する方向け
    • Kyash紐付けを前提とする場合、VISAまたはMastercardブランドを選ぶこと
    P-one Wiz
    P-one Wiz券面無料
    還元率1.495%
    • リボ払い専用、カード到着後の設定変更(実質一括払い設定)は必須
    • 1%オフ+残額に実質0.5%還元で実質1.495%還元
    • ETCカード発行には手数料(1,100円)が発生するため注意
    • Kyashを紐付ける場合、VISAまたはMastercardブランドを選ぶこと
    リクルートカード
    リクルートカード券面無料
    還元率1.2%
    • 無料、高還元、ポイントも腐りにくい優良カード
    • nanacoのチャージでもポイントが貯まる(月3万円まで)
    • Kyash紐付けを前提とする場合、VISAまたはMastercardブランドを選ぶこと
    ※2年目以降の還元率が1%となる「Visa LINE Payクレジットカード」は除外しました。

    搭乗機会が多いなら「JALカード」や「ANAカード」、それ以外なら「P-one Wiz」や「リクルートカード」が高還元ですが、「P-one Wiz」はリボ払い専用カードのためご注意ください。

    また、Kyash CardやKyash Card Liteには発行手数料がかかるため、支払額が少ない場合は意味がないばかりか損になってしまうことも頭に入れておきましょう。

    ★これらのカードには、PayPayを紐づけても還元率は変わりませんが「決済の手軽さ」では「スマートフォンをかざすだけ」で支払いが済む

    • Apple Pay(Apple系)
    • Google Pay(Android系/利用できないカードも多いので注意)

    が優秀です。こちらも還元率は通常カード払い時と変わりありません。

    キャンペーン実施中には「PayPay」もチェックしたい

    基本的に現在、「おトクさ」の上でPayPayを選ぶ利点はほぼありません
    …が、PayPayがキャッシュバックやポイント還元などのキャンペーンを行っている場合は話が別。
    例えば2021年3月現在ではこんなキャンペーンを実施しています。

    2021年3月現在開催中のPayPayキャンペーンの例
    PayPay残高の支払いで誰でも最大20%戻ってくる!
    ~2021年3月28日
    【ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザー】
    付与上限:2,000円

    • 誰でも:最大30%
    • 3月に新規登録した方:最大50%
    • 半年利用がない方:最大50%

    【ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザー以外】
    付与上限:1,000円

    • 誰でも:最大20%
    • 3月に新規登録した方:最大40%
    • 半年利用がない方:最大40%
    COKE ONで戻ってくるキャンペーン
    ~2021年3月28日
    Coke ON Payで初めてPayPay残高で対象商品を買うと毎週100円相当戻ってくる!
    ペイペイジャンボ
    ~2021年3月26日
    Yahoo! BEAUTYの対象加盟店でPayPay残高で支払いすると、抽選で最大全額戻ってくる!
    一等:100%
    二等:10%
    三等:1%
    付与上限:50,000円相当/回および期間
    フィナーレジャンボ(3月27日(土)・3月28日(日)の2日間):付与上限100,000円相当/回および期間

    他にもPayPayアプリでは最大10~20%が還元されるクーポンもあります。
    よく利用するお店があるなら活用しない手はありませんね。

    【最大20%付与】

    • 七輪焼肉 安安
    • Victoria
    • EXCELSIOR CAFE
    • かっぱ寿司
    • CAFE LEXCEL
    • キャスティング
    • 牛角
    • Kirindo
    • GooDay
    • サツドラ
    • しゃぶしゃぶ温野菜
    • スーパースポーツゼビオ
    • スーパードラッグひまわり
    • ステーキ宮
    • 2nd STREET
    • ドトール
    • ドトール珈琲店
    • Tomodo’s
    • ドラッグイレブン
    • ZAG ZAG
    • ドラッグストア セキ
    • ドラッグストア モリ
    • BARISSIMO
    • ピザーラ
    • Vdrug
    • フレッシュネスバーガー
    • 築地銀だこ

    【最大10%付与】

    • アカチャンホンポ
    • Ash
    • セイコーマート
    • ダイソー
    • 東急ストア
    • 東急ハンズ
    • ベイシア
    • 平和堂
    • ミニストップ
    • カメラのキタムラ
    • スタジオアリス
    • 西友

    【最大500円付与】

    • Honeys

    PayPay公式HP「キャンペーン」
    ★キャンペーン参加の際には必ずその参加条件をご確認ください。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 改悪に次ぐ改悪により、「PayPay+Kyash+クレジットカード」の三重取りは現在不可能。Kyashとの紐付けもほぼできなくなった。
    • 「Kyash+クレジットカード」は紐付けられるが還元率は0.2%と激減。
    • KyashにこだわりがないならLINE Payのチャージ&ペイ、それ以外は楽天カード+楽天ペイがおすすめ。
    • Kyash+クレジットカードをするなら、おすすめは「JALカード」「リクルートカード」といった高還元クレジットカード。

    新しい決済サービスでは、「派手なサービスで注目を集めたところで還元率を引き下げる」といった手法が目立ちます。

    ポイントの重ね取りは出来なくなってしまったPayPayですが、キャンペーンやクーポンなどお得に使える機会はまだあります。
    こまめにキャンペーンページをチェックして、お得に利用したいですね。

    また、クレジットカードやコード決済サービスのシステムは改変を重ねるものも多くあります。

    【管理人】なびこ
    新たな決済方法を検討する際は最新情報をチェックして、自分に合ったものを見つけましょう。
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
    • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。