「PayPay+ヤフーカード」は罠!現在おすすめのクレジットカード/決済方法って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「PayPay+ヤフーカード」は罠!現在おすすめのクレジットカード/決済方法って?
「コンビニ等で使っている人を見かける『PayPay』
おトクなサービスなら自分も取り入れてみたいけれど…」

結論から言うと、現在(2020年4月の改定後)の「PayPay」おトク度は「現金以上、高還元クレジットカード未満」
厳しい条件をクリアした場合やキャンペーン期間中はその限りでないものの、「おトクさ」を重視したいのならPayPay以外の方法を選ぶのが無難でしょう。

今回はそんな「PayPay」、そしてその他のキャッシュレス決済を通し、極力賢く日々のお買い物を済ませる方法をまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたに合ったお支払い方法が分かります。

PayPay決済でポイントが貯まるクレジットカードは「ヤフーカード」だけ、しかし…。

PayPay決済でポイントが貯まるクレジットカードは「ヤフーカード」だけ、しかし…。
現行の「PayPay」において、「PayPay払いのときに」ポイントが貯まるクレジットカードは「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」のみ。

ですが、だからといって「PayPayにヤフーカードを紐付けて、日々の支払いを行うべき」…とは言えません
まずはその理由について解説していきます。

①「ヤフーカード+PayPay」の基本還元率は0.5%(二重取り不可)と楽天カード未満

現行の「PayPay」基本還元率は以下の通りです。

    

PayPay還元率
PayPay残高払い
(事前チャージが必要)
0.5%~
※ヤフーカードでのチャージ時含む
┗ヤフーカードチャージ時、Tポイント還元なし
ヤフーカード
+PayPay払い
0.5%~
通常のTポイント還元なし
その他クレジットカード
+PayPay払い
0%
※ただしカードごとの通常還元あり
→楽天カードなら実質1%
参考通常のクレジットカード払いそのカードの還元率による
(楽天カードなら1%)

ご覧の通り、クレジットカード決済に伴い「PayPay」上で還元を受けられるのは「ヤフーカード」のみ。
が、ヤフーカードの公式HPには以下のような注意書きが見られます。

「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」ご利用分へのクレジットポイントの進呈はございません。

(ヤフーカード公式HPより)

このことから、「PayPay」還元率が0.5%であるなら、はじめから「楽天カード」(還元率1%)等の高還元カードで支払った方がおトクとなるわけですね…。

参考:各還元仕様について

ヤフーカード+PayPay払い
 (カード紐付け/チャージ共通)
PayPay上での
還元
0.5%
カード会社の
通常還元
0%
※通常は1%だがPayPay利用時は例外
合計0.5%
他社カード+PayPay払い
 (または通常のカード払い)
PayPay上での
還元
0%
カード会社の
通常還元
カードによる
(楽天カードなら1%)
合計1%
(楽天カードの場合)

②諸条件を満たせば最高1.5%の還元が可能だが、そこまでやる意味があるかというと…。

さて、上の表をご覧になって気になったのは、PayPay還元における「0.5%の部分だろうと思います。

楽天カード(またはPayPayを通さない場合のヤフーカード他)における基本還元率は1.0%。
何らかの条件をクリアすることでこの数字を超えられるのであれば、「ヤフーカード+PayPay」払いの意味もあるというもの。
そして実際、この支払い方法では最高1.5%までの還元を受けられるのですが……。

結論から言うと、PayPayで1.5%の還元を受ける条件はかなり厳しいです。

PayPayにおける還元率アップ条件
+0.5%1ヶ月間で「100円以上を50回以上」PayPayで支払う
+0.5%1ヶ月間でPayPayを「10万円以上」利用する
※PayPay残高または「ヤフーカード+PayPay」決済時のみ適用。他社クレカ払いの場合、上のサービスは適用されない

各条件をご覧になって分かる通り、1日1回コンビニで「PayPay」を利用する程度であれば1.5%の還元を得ることはできません

あなたが
        

  • 1日あたり平均1.66回(3日に5回)以上
  •         

  • 1日あたり平均3,333円以上
  • PayPayを利用している、というのなら「PayPay」のためにヤフーカードを取得することも視野に入りそうなものですが…。

    ほとんどの利用者にとって、「PayPay+ヤフーカード」(またはPayPay残高払い)の還元率は0.5%と言ってしまって良いだろうと思います。

    特筆すべきキャンペーンが実施されている場合を除くと、いまや多くの方にとって、一般店での「おトクさ」を理由にPayPayを利用する意味はありません

    ★その他、「PayPay」における還元には以下の上限が設定されています。

    • 7,500円相当還元/回
    • 15,000円相当還元/月

    とは言え還元額が15,000円に達するのは「PayPay」月間利用額が100万円のときですので、多くの方にとって気にする必要はないでしょう。

    詳細PayPay公式HP「PayPay STEP」

    ③スマホ決済を利用したいだけなら、通常の高還元カードを紐づけた方が多くの場合でおトク

    ここまでの内容を元に、各支払い方法ごとの還元率をまとめると以下のようになります。

    主な支払い方法とその還元率
    ヤフーカード+PayPay原則0.5%
    (厳しい条件をクリアできれば最高1.5%)
    PayPay残高払い
    他社カード+PayPay
    (または通常のクレジットカード払い)
    カードの還元率による
    (楽天カードなら1%)

    …つまり還元率に関して言うのなら、PayPayでのサービスは無視して高還元クレジットカードを紐づけた方が良いと言うわけですね。
    (1.5%還元を実現できるPayPayヘビーユーザー除く)

    この場合の還元率は、通常のクレジットカード払いと何の変動もありませんが…。

    クレジットカード払いよりも「PayPay」を使った支払いをスムーズと感じられるのなら、PayPayには任意のクレジットカードを設定してしまって良いでしょう。

    あわせて読みたい
    PayPayに代わる高還元決済>高還元クレジットカード

    ★PayPayで不定期に実施されているキャンペーンにおいては、他社カード紐づけ時の決済が除外されることが多いためご注意ください。
    とは言えこの場合も、銀行振替などを使い「PayPay残高」をチャージし決済すれば特に問題ありません。

    ヤフー系サービスなら還元率は1.0%

    現在、「PayPayの利用自体」を理由に高還元を受けることは難しいと言わざるを得ませんが…。

    あなたが

  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • 等のヤフー系サービスを利用する機会があるのなら、PayPayの利用で還元率+1%を獲得可能です。

    2種類のポイントを貰える場合の例▲実際のヤフーショッピング画面より、2種類のポイントを貰える場合の例。
    ソフトバンク、ワイモバイルやYahoo!プレミアム会員なら合計10%~の還元が適用されることもあります。

    ヤフーショッピングなどで「PayPayボーナス」還元を受けられるのは「PayPay残高払い」利用時のみ。
    そのためあなたが1%超の還元率を持つクレジットカードをお持ちであれば、そちらを利用した方が結局おトクとなってしまうのですが…。

    PayPay残高を持て余している場合などにはチェックしてみて損はないでしょう。

    詳細PayPay公式HP「Yahoo! JAPANのサービスでもPayPayを便利に使おう」

    PayPayに代わる高還元決済サービスは無いの?

    PayPayに代わる高還元決済サービスは無いの?
    無視できない改悪が続く「PayPay」。
    そんな中での乗り換え先・キャッシュレス決済サービス候補についてまとめさせて頂きます。

    ①「LINE Pay」は専用クレジットカードの取得で最高3%還元

    PayPayに次ぐ普及率を誇る「LINE Pay」では、2020年7月現在においても最高3%の還元を受けられます。

    LINE Pay還元率
    VISA LINE Pay(クレジットカード)払い
    ※スマホ決済ではなく通常のクレジットカード
    3%
    ※2021年4月末まで
    LINE Pay払い
    (スマホ決済)
    1%~3%
    半年ごとの獲得ポイント等に応じ決定
    ※クレジットカードの紐づけ不可
    (=二重取りも不可)
    ※付与ポイントに上限はありません。

    還元率を重視するのなら、2021年4月までは「VISA LINE Pay」の利用がベストでしょう。
    また仮にこのクレジットカードを作れない場合であっても、基本還元率は「PayPay(0.5%)」より「LINE Pay(1.0%)」の方が上です。

    ……ただしPayPayに比べると「LINE Pay」を利用できるお店はかなり限られる印象
    (参考2020年1月のICT総研調査)。
    スマホ決済希望であれば、あらかじめ加盟店を確かめておきたいところです。

    LINE Pay公式HP「LINE Payが使えるお店」

    ★「VISA LINE Pay」はスマホ決済ではなく通常のクレジットカードですので、すべてのVISA加盟店で利用可能です。

    ★PayPayと同じく、突然改悪が入る可能性は否めません。最新情報を確認の上でご利用ください。

    ②「楽天ペイ+楽天カード」で1.5%の還元を受けられる

    最高還元率は「LINE Pay」に劣るものの、簡単な条件で誰でも1.5%還元を受けられるのが「楽天ペイ」です。

    「楽天ペイ」還元率
    楽天カードでチャージ
    +楽天ペイ払い
    1.5%
    ※楽天カードの通常還元分含む
    楽天銀行またはラクマでチャージ
    +楽天ペイ払い
    1.0%
    楽天ポイント
    +楽天ペイ払い
    楽天カード
    +楽天ペイ払い
    1.0%
    ※楽天カードの通常還元分含む
    通常の楽天カード決済1.0%
    他社カード
    +楽天ペイ払い
    カード還元率による

    残高が減るたびにチャージをするのは面倒ですが、年会費無料かつ入手難易度も低い「楽天カード」1枚あれば1.5%還元が約束されるのは嬉しいところ。
    特に難しいことなしに高還元を実現させたいなら、「楽天ペイ」の選択が無難でしょう。

    ……ただし「楽天ペイ」を利用できるお店はLINE Payよりさらに少ない印象(具体的な利用可能店舗数の公開なし)。
    普段使っているお店が「楽天ペイ」に対応しているか確認した上で、導入を検討したいところです。

    楽天ペイ公式HP「使えるお店」

    ★PayPayと同じく、突然改悪が入る可能性は否めません。最新情報を確認の上でご利用ください。
    ちなみにPayPayも以前は、ヤフーカードさえあれば1.5%の還元が約束されていました。

    ③スマホ決済が面倒なら、素直にクレジットカード払いを使っても問題ナシ

    ここまでご覧になって、「結局どの決済方法が自分に合っているのか選べない」とお考えの方も少なくないかと思います。
    実際、スマホ決済サービスはどれも一長一短。一概にこれがベスト、とは言えません。

    3つのスマホ決済比較
    PayPay加盟店数はダントツだが低還元
    LINE Pay条件をクリアすれば最も高還元
    楽天ペイ簡単な条件(楽天カードを使ったチャージ)でそこそこの還元率

    もちろんあなたに合ったスマートフォン決済が見つかれば、それを利用して頂く形で構わないのですが…。

    個人的な意見を言うと、特にスマートフォンを使った決済にこだわりがないのであれば、面倒の無い高還元クレジットカード払いを使ってしまっても良いように思います。

    ★主な高還元クレジットカード
    (カード名をクリック/タップで詳細情報がひらきます)

    JALカード(一般)
    JALカード
    ETCカード券面
    年会費5,500円
    ※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
    ETC
    年会費
    発行元により異なる
    (JCBや東急カード発行なら完全無料)
    国際
    ブランド
    還元率2.0%~
    ※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
    • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
    • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
    • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
    • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可
    年会費5,500円
    ※ショッピングマイル・プログラム加入時
    実質還元率2%~
    ※ショッピングマイル・プログラム加入時
    ►JAL利用機会ありなら年会費を支払ってでも入会の価値あり
    ┗さらに20代の方は「CLUB EST」という限定特典付きカードを選択可
    ►学生は無料の「JALカードnavi」を選択可
    P-one Wiz
    年会費無料
    還元率1.495%
    リボ払い専用、カード到着後の設定変更は必須
    ▶1%オフ+残額に実質0.5%還元
    REXカード
    REXカード
    REX カードETCカード
    年会費無料ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率1.25%
    (2千円ごとに25ポイント付与)
    • ベネフィット・ステーション優待(J’sコンシェル)付きで、コスモ石油他、全国17万店以上で割引あり
    • ジャックスモール経由のネットショッピングでamazon等での還元率+0.5%
    • ◎家族カード有り

    年会費無料
    還元率1.25%
    ※2020年11月請求分より1%に改悪
    ▶人を選ぶような要素が特にない、無難なカード
    ▶17万店舗以上で優待を受けられる「J’sコンシェル」
    リクルートカード
    リクルートカード
    年会費無料ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率1.2%
    • 無料、高還元、ポイントも腐りにくい優良カード
    • 「nanaco」等へのチャージでもポイントが貯まる
    • 海外旅行保険に加え国内旅行、ショッピング保険付き
    • JCBブランドに限り、ETCカード関連費用無料
    • ◎家族カード有り

    年会費無料
    還元率1.2%
    ▶月3万円まで、nanaco、楽天Edyといった電子マネーへのチャージでも1.2%還元
    ▶リクルートポイントはやや用途が狭い
    Visa LINE Payクレジットカード
    Visa LINE Payクレジットカード
    年会費1,375円
    ※初年度無料
    ※年1回の利用で翌年も無料
    還元率1.0%
    2021年4月まで3%
    ▶半年あたりのLINE Pay獲得ポイントが5,000以上+このカードの取得を条件に「プラチナ」会員へ。「LINE Pay」還元率が3%となる(今後変更される可能性あり)
    ※参考:楽天カード、ヤフーカードの基本還元率は1.0%

    特に飛行機を利用する機会があるのなら、下手にスマホ決済を利用するより「JALカード」(またはANAカード等)を使った方が実質高還元ですね。目安還元率は2%~ですが、国際線利用時にはその倍以上となることもあります。

    航空会社系でないカードに関して言えば、スマホ決済サービスと比べ一長一短というところですが…。
    各スマホ決済サービスの還元率が低下の一途を辿っていることを考えると、サービスの安定したクレジットカードを利用するのも十分に現実的と言えるでしょう。

    参考JAL普通カード徹底解説!実質還元率2%超の条件&申込み先の選び方

    ★上の高還元カードは「PayPay」と紐づけて使っても還元率が変わりません。
    スマホ決済を利用したいのなら、「高還元クレジットカード+PayPay払い」を利用しても良いでしょう。

    まとめ

    まとめ

    このページで紹介したキャッシュレス決済
    還元率
    ヤフーカード
    (またはPayPay残高)
    +PayPay払い
    0.5%
    厳しい条件をクリアできれば最高1.5%
    他社カード
    +PayPay払い
    使うカードの還元率による
    JALカードなら実質2%~
    通常のカード払い
    LINE Pay1%~3%
    (会員ランクによる)
    楽天ペイ楽天カードを使ったチャージ時は1.5%
    その他は決済方法等による

    ヤフーカードを使ってなおPayPayの還元率が一般クレジットカード未満となれば、無理をしてPayPayを使う必要もありません。

    日々の支払いの上で何を重視したいか(スマートフォンを使いたいか、手間を掛けてでも高還元を狙いたいか等)を考慮した上で、あなたに合った方法を選んでみてくださいね。

    ヤフーカードの基本情報

      

    カード名Yahoo!JAPANカード
    (ヤフーカード)
    申込み資格
  • 有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方
  • 以下の1点を満たす方

    • 18歳以上で安定した継続収入のある方
    • 本人が無収入でも配偶者に収入のある方
    • 学生(高校生を除く)
    提携カードYahoo!JAPAN
    利用可能額非公開
    審査時間最短2分
    到着までの目安1~2週間程度
    入会金無料
    年会費無料
    支払日末日締め
    翌27日払い
    支払い方式1回払い
    リボルビング払い
    分割払い
    ボーナス払い
    分割払い(年率)12.19%~14.93%
    リボ払い(年率)18%
    キャッシング(年率)18%
    遅延損害金(年率)14.6%
    担保不要
    保証人不要
    必要書類原則不要
    金融機関名ワイジェイカード株式会社
    住所・所在地福岡市博多区博多駅前三丁目4-2
    電話番号092-451-5971
    貸金業登録番号福岡財務支局長(2)第00174号
    ヤフーカード
    ETCカード
    年会費無料ETC
    年会費
    550円/年
    国際
    ブランド
    還元率1.0%
    • ヤフーショッピングで還元率+1%
    • Tポイントカード機能付き
    • PayPayで優待あり
    • ◎家族カード有り

    

    コメント

    1. 守銭奴 より:

      役に立ちました!

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。