PayPay支払い用クレジットカードはヤフーカード一択に:カード不要の支払いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「使えるお店の増えてきたPayPayを生活に取り入れたいけれど、VISA・Mastercard以外のカードは支払いに使えないみたい。
どうせならおトクに使えるカードを紐付けたいけれど……」

結論から言うと現在、「PayPay(ペイペイ)」をおトクに使う上で紐付けるべきクレジットカードは「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」一択です。
というのも2019年10月の仕様変更により、PayPayでは「ヤフーカード」以外のクレジットカードを使って支払いを行うとき、一切キャッシュバックを受けられなくなってしまったんですね。
(以前は他社カードでも0.5%のキャッシュバックが受けられました)
さらに他社カードユーザーはおトクなキャンペーンに参加できないことも多いため、継続して・賢く「PayPay」を使っていくには、「ヤフーカード」の作成が必要不可欠。実際に私も別にメインカードを持っていますが、PayPayにはヤフーカードを紐付けています。

今回は2019年10月現在の最新情報に基づき、「PayPayにヤフーカードを紐付けるべき理由」「何とかヤフーカードを作らず、極力おトクに使う方法」をまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたに合った方法で「PayPay」の使い方が分かります。

「PayPay」は手持ちのクレジットカードを紐付けて支払いができる!ただし……。

アプリ内に表示されるQRコードを店員さんに読み取ってもらって(あるいはお店に置いてあるQRコードを自分で読み取って)決済を行う「PayPay(ペイペイ)」

電子マネー払い等に比べると若干手間が掛かることは否めませんが……。
このPayPayは支払い方法に「クレジットカード」を設定できることから、「通常のPayPay還元と、クレジットカードの還元を同時に受けられる(二重取り)」というのが特徴…でした

……が、2019年10月の仕様変更により、「誰でも二重取りを受けられる」とは言い難い状況に。
まずは現在の「PayPay」キャッシュバック仕様について、簡単にお話ししていきます。

①「PayPay」紐付けが可能なのは「VISA」「Mastercard」または「ヤフーカード(JCB含む)」だけ

そもそも前提として、PayPayに紐づけられるのは「VISA」「Mastercard」ブランドのクレジットカード、もしくは「ヤフーカード(JCB含む)」のみとなります。
おトクさのお話の前に、これらのカードを持っていないとPayPayとクレジットカードを紐付ける(PayPayの請求先をクレジットカードに向かわせる)ことはできません。あらかじめご承知おきください。

現在JCB(ヤフーカード除く)、American Express、Diners Clubのみをお持ち、かつ新しくカードを作る気が無いのなら、後述の「口座振替」等を使い「PayPay」を利用するのが一般的でしょう。
とは言え加盟店(使えるお店)の数を考えると、この機会に「VISA」または「Mastercard」のカードを一枚作っておきたいところではあります。

②「ヤフーカード」以外のクレジットカードを紐付けても、PayPayのキャッシュバックは受けられない……。

さて、あなたが「VISA」または「Mastercard」ブランドのクレジットカード、もしくは「ヤフーカード」をお持ちであれば、PayPayとの紐付けが可能となるわけですが……。
冒頭でもお話しした通り、現在PayPayで利用特典(キャッシュバック)を受けられるクレジットカードは「ヤフーカード」のみとなります。

★「PayPayでのお支払いで最大1.5%付与」特典

還元率 1.5%
※PayPayボーナス(譲渡・出金不可)として付与
還元上限 7,500円/回
(=1回50万円までの決済はムダにならない)
15,000円/月
(=月100万円までの決済はムダにならない)
※Yahoo!系サービス利用時の還元請求書払い時の還元を含む
還元条件 「PayPay残高」または「ヤフーカード」での支払い
ヤフーカード以外のクレジットカードは還元対象外
※Yahoo!系サービス利用時の還元(1%)、請求書払い時の還元(0.5%)は除外
還元時期 決済の翌月20日前後
開催時期 指定なし(変更のない限りずっとこのまま)

要は「ヤフーカード」以外のクレジットカードを紐づけても、何一つおトクにならないわけですね。
「PayPayまたは現金にしか対応していないお店でキャッシュレス払いができる」という利点が無いではないですが、通常カード払いに対応しているお店であれば、わざわざPayPayを通し支払いを行うメリットはありません。(他社カードユーザーをも対象としたキャンペーン実施時を除く)

そういうわけで、現在日頃からおトクにPayPayを使うためには「ヤフーカード」の取得・紐付けが必須と言えます。

★「PayPay」利用に伴いもらえる「PayPayボーナス」とは、「PayPay残高」のうち譲渡・出金の対象外となるものを指します。
と言うと紛らわしいですが、実際のところはSuicaやnanacoのような「PayPay加盟店で使える電子マネー」と思っていただければ問題ないでしょう。

例えばコンビニで1,000円の買い物を「PayPay」で済ませたなら、その1.5%(15円相当)が翌月20日頃にキャッシュバックされ、あなたの「PayPay残高」に組み込まれます。

★ちなみに以前はヤフーカード以外のクレジットカードを使い支払いを行っても、PayPayのキャッシュバックを受けられました。
さらに紐付けカードの還元率によっては他社カードの方がおトクになったこともありましたが、今となっては過去の話です。お気を付けください。

③他社カード利用者はおトクなキャンペーンの対象外となってしまうことも多い

さらに分が悪いことに……。
「ヤフーカード」以外のクレジットカードを支払い方法として選択していると、おトクなキャンペーンに参加できないことも多いです。
参考に、現在実施されているキャンペーン内容を見てみましょう。

★現行の「PayPay」特典・キャンペーン内容(全国から利用しやすいもののみ紹介)

還元率・還元内容 適用される期間・場所

PayPay感謝デー

【他社カードユーザー対象外】
最高20%キャッシュバック
※上限1、000円/回
※上限5,000円/日
10月5日
PayPayチャンス(10月分)
【他社カードユーザー対象外】
最高1,000円または最高100円が抽選でキャッシュバック どこでも
2019年10月末まで
まちかどペイペイ
【他社カードユーザー対象外】
10%
(ヤフーカード払いなら実質+1%)
指定ポスターの貼ってあるお店
2019年11月末まで
ユニクロ×PayPay ヒートテック2枚購入時、1枚無料 2019年10月22日まで
Coke ON×PayPay アプリを使ったコカ・コーラ社商品購入で週100円キャッシュバック 2019年11月3日まで
DiDi×PayPay 最高2,000円/日
タクシー代割引
2019年10月末まで
他社カードによる支払い時、参加不可
他社カードによる支払い時も参加可

他企業とのコラボキャンペーンの場合は、支払い方法が指定されないことが多いようですが……。
「PayPay」が独自に実施するキャンペーンはいずれも、支払いに他社カードを用いた場合、参加不可。ちなみにこれまで実施されたキャンペーンについては「他社カードを使っても参加はできるが、還元率はヤフーカードユーザーに対し半分」といった冷遇措置が取られたこともありました。

…おそらく「PayPay」ユーザーの多くは、そのインストール理由に「おトクなキャンペーンをやっていたから」を挙げることかと思います。そしておそらく今後もPayPayは、期間限定のユーザーサービスを頻繁に実施していくことでしょう。
「他社カードを紐づけたままだとキャンペーンに参加できない」というのは、やはりこのアプリを利用する上で痛いところです。

おトクな「PayPay」利用には「ヤフーカード」入手がほぼ必須

「ヤフーカード」とそれ以外のカードで、明らかにおトクさが異なる「PayPay」。継続的にPayPayを使っていくためには、「ヤフーカード」の取得がほぼ必須と言えるでしょう。
ここからはそんな同カードの内容について、ごく簡単に紹介していきます。

①年会費無料なので、「PayPay」専用として作ってもデメリットは無い

現在の「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」基本情報は以下の通り。

★YJ Card「Yahoo!JAPANカード」

年会費 無料 国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
基本還元率 1.0%
(Tポイント)
利用可能枠 非公開
(おそらく10万円~)
海外旅行傷害保険 無し 国内旅行傷害保険 無し
ショッピング補償 年100万円まで※1
詳細:公式HP
追加発行可 ETCカード(有料)
家族カード(無料)
付帯電子マネー T-MONEY 支払日 末日締め
翌27日払い
申し込み条件
  • 有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方

以下の1点を満たす方

その他
  • Tポイントカードの機能付き(Tポイントが貯まる・使える)
  • Yahoo!ショッピング、LOHACO利用時、ポイント還元+1%
    (ただし追加ポイントは期間固定Tポイント=有効期間が短い上、Yahoo!系サービス、LOHACO、GYAOでしか使えない)

  • JCBブランドでも「PayPay」に紐付け可
※1 Yahoo!ショッピングでの購入商品なら年間200万円まで補償

「年会費無料」「基本還元率1%」という内容は楽天カードとまったく同じもの。もしそちらをお持ちであれば、「楽天ポイントの代わりにTポイントが貯まる」「楽天系の代わりにヤフー系で優遇を受けられる」カードと考えて頂くと分かりやすいかもしれません。

何にせよ、年会費が無料なので特にヤフーカードを作ること自体にデメリットは無し。「PayPay専用」として1枚手に入れておくのも大いにアリでしょう。
実際私もメインカードとは別に「ヤフーカード」をPayPay・ヤフー系サービス専用で使っていますが、特に困っていることはありません。

参考【実録!最短2分】ヤフーカードの審査難易度は低め:否決&時間が掛かる要因は?

<2枚目のカードを同時に使うことにデメリットはある?>

すでにクレジットカードを持っている状況で、新たにサブカードを作る際に気になるのは「メインカードと別日に引き落としが発生すること」「ポイントが分散すること」でしょう。

前者についてはどうにもなりませんが……(ヤフーカードの引き落とし日は毎月27日固定)。
後者については、ヤフーカードの利用で貯まるのが使い勝手の良い「Tポイント」であることから、そこまでの不便は感じません。
ファミリーマート等の加盟店はもちろん、ヤフーショッピング等のヤフー系サービスでも1ポイント1円相当としてTポイントをご利用いただけます。
その他各種税金・公共料金に「Yahoo!公金払い」を利用されているのであれば、こちらでもTポイントを活用可能ですね(私は主に国保の支払いに使っています)。

メインカード1枚に請求先をまとめる場合に比べ、ポイントが分散してしまうのは確かですが、Tポイントの「腐りにくさ」のおかげで、ポイントが無駄になることはほぼありません

CHECK【クレジットカードの使い分け】メイン向き・サブ向きの見分け方&用途別おすすめ

★ちなみにヤフーカード自体に「Tポイントを貯めて使う」機能(ポイントカード機能)が付いていますので、新しくTカードを作る必要はありません。
また既存のTポイントはヤフーカードに統合することができます。

★Tポイントの有効期限は「最後にポイントを使ったり、ポイントが貯まったりしたときから1年間」です。
要は1年に1回以上ヤフーカードを使えば(PayPay決済含む)有効期限は実質なしとなるわけですね。

★もちろんヤフーカードを生活上のメインカードとして用いても構いません。

②さらにPayPayとは別枠で、使い勝手の良い「Tポイント」がもらえる

先にお話しした通り、ヤフーカードを「PayPay」の請求先に設定したなら、「PayPay」利用ごとに1.5%の還元(PayPayボーナス/PayPay残高)を受け取ることができます。
これだけなら、後述の「口座振替」などでPayPay残高をチャージし、そこから支払いを行う場合と変わりないのですが……。

重要なのがこのヤフーカード、PayPayの利用とは別枠で「ヤフーカード利用分」のTポイントが貰えること。
要はヤフーカードを通した支払いであれば、「PayPay」利用分(1.5%)とヤフーカード利用分(1.0%)の還元を同時に受けられるわけです。

例:10,000円の決済を「PayPay」で行う場合、
PayPayのキャッシュバック(150円相当)+ヤフーカードのポイント付与(100円相当)
250円相当の還元(2.5%)

他社カード利用でもPayPayのキャッシュバックを受けられた頃であれば、どのカードを使ってもこの「二重取り」が可能だったのですが……。
2019年10月の仕様変更により、この芸当ができるのは「ヤフーカード」だけとなってしまいました。

参考「PayPay」支払い方法別の実質還元率

PayPay(ヤフーカード払い) 1.5%(PayPay)
+1.0%(ヤフーカード)
2.5%
PayPay(PayPay残高払い) 1.5%(PayPayキャッシュバックのみ)
PayPay(他社カード払い) 1.0%(楽天カード紐付け時)

ということで、今現在「PayPay」をおトクに利用するためには「ヤフーカード」の入手・紐付けがほぼ必須と言えます。

参考ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)の高い還元率を利用してTポイントを貯める方法!

<本人認証は事前に済ませておこう>

PayPayは「クレジットカードにあらかじめ設定されたパスワード」を使った本人認証(3Dセキュア)の手続きを済ませない限り、利用可能額が「30日間5,000円」と厳しく制限されてしまいます。

とは言えこの手続き自体はごく簡単ですのでご安心ください。
「ヤフーカード」の会員ページで同カードのパスワードを設定後、「PayPay」の方で同様の手続きを済ませればOK。スムーズに進めば5分も掛からないだろうと思います。

▲実際の「PayPay」スクリーンショットより

詳しい方法についてはPayPay公式HPに解説がありますので、こちらをご覧頂くのが良いでしょう。

CHECKPayPay公式HP「クレジットカードの本人認証サービス(3Dセキュア)を利用しよう」
ちなみに本人認証後の利用上限額は「24時間で最高2万円」「30日間で最高5万円」に。

またPayPay独自の基準により、ユーザー名の隣に青いバッジが表示されたなら「1ヶ月あたり25万円(1日あたりの制限なし)」までの決済が可能となります。

参考PayPayの使い方>「認証バッジ」の獲得で25万円/日までの決済が可能に

ヤフーカードを作らず「PayPay」を極力おトクに使うには

実際のところ、PayPayをおトクに・継続的に使っていくためには「ヤフーカード」取得をおすすめせざるを得ない状況なのですが……。
「事情あって新しくカードを作れない」あるいは「何度かPayPayを試してみて、カードを作るか決めたい」という声はしばしば聞かれるところ。
そこでここでは、「ヤフーカードを作らず、極力おトクにPayPayを使う」方法を紹介させて頂きます

①銀行口座との紐付けを行い、必要に応じチャージを行うのが一番手軽

PayPayの支払い方法は、大きく分けて「クレジットカード」「PayPay残高払い」の2つ。先述の通り、クレジットカード払いは「ヤフーカード」を除きキャッシュバックを受けられないため、ここでは「PayPay残高払い」の利用を前提に解説を進めさせていただきましょう。
(ヤフーカードと同じく1.5%還元対象/キャンペーン参加可)

「PayPay残高」とは、PayPay加盟店で使えるチャージ式の電子マネー。スマートフォン上で使えるSuicaやnanacoのようなものですね。
このPayPay残高は、「銀行口座からの振替」(預金の移動)によって誰でも簡単にチャージすることができます。

▲PayPay公式HPより。PayPayアプリトップページより銀行口座の登録が可能です。

アプリ内の「最短2分で登録完了」という記載通り、銀行口座の設定は決して難しくありません。
一応公式HPに内容が掲載されていますが、画面に従って必要事項を入力していけば手続きはすぐに完了するはずです。

▲こちらは「三井住友銀行」口座紐づけ後の実際のスクリーンショット。
チャージ金額を選択、「チャージする」をタップすれば、簡単に残高を増やすことができます。
チャージ単位は一見1,000円ですが、金額を直接入力すれば最低100円から入金できるようですね。

★2019年10月現在「三菱UFJ銀行」「武蔵野銀行」など、一部の口座は振替に利用できないため、この場合は後述の「その他のチャージ方法」(またはクレジットカード払い)を利用する必要があります。

CHECKPayPay公式HP「利用可能な金融機関」

★ちなみに銀行振込などを通してチャージした「PayPay残高」(PayPayマネー)は、別のPayPayユーザーへ送金したり銀行振込の形で出金することができます。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

CHECKPayPay公式HP「PayPay残高を送る・受け取る」
CHECKPayPay公式HP「わりかん」
CHECKPayPay公式HP「PayPay残高を銀行口座に出金(払い出し)したい」

<その他の「PayPay」チャージ方法>

「銀行振替」以外の「PayPay残高」チャージ方法は以下の通り。(※印は出金不可)

  • セブン銀行ATMへの現金入金
  • ヤフオクの売上金振替
    ※ヤフーカードからの振替
    ※ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
    (ソフトバンクまたはワイモバイルユーザーのみ利用可)

ヤフオクの売上金があるのなら、こちらを使ってみるのも良いですね。
ただしその他の方法については銀行振替の方が何かと便利「メインバンクが三菱UFJ銀行なせいで振替が使えない」といった場合にのみ検討することとなるでしょう。

これに該当してしまう場合には、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」が利用できるならそちらを(ただしチャージ~請求のタイムラグには注意)、それが難しいなら「セブン銀行ATMへの現金入金」を選ぶのが基本となりそうです。
詳しい手順については、以下の公式HP(もしくはPayPayアプリ)をご覧ください。

CHECKPayPay公式HP「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ方法」
CHECKPayPay公式HP「現金でチャージがしたい(セブン銀行ATMからのチャージ方法)」
CHECKPayPay公式HP「ヤフオク!でもPayPayが使える!」

★その他旧Yahoo!マネー(2019年9月サービス終了)をお持ちであれば、PayPayへの引継ぎが可能です。

CHECKPayPay公式HP「Yahoo!マネーの引き継ぎ」

②ただしTポイント還元を受けられない分、ヤフーカードのおトクさには劣る

ただし先に触れた通り、「PayPay残高」払いの場合はクレジットカードを経由しないことから、「二重取り」を受けることはできません

★「PayPay」支払い方法別の実質還元率(再掲)

PayPay(ヤフーカード払い) 1.5%(PayPay)
+1.0%(ヤフーカード)
2.5%
PayPay(PayPay残高払い) 1.5%(PayPayキャッシュバックのみ)
PayPay(他社カード払い) 1.0%(楽天カード紐付け時)

もちろん「PayPay」利用により貯まった「PayPay残高」を使って買い物を行うのであれば、これは気にならないところですが……。
可能であればお買い物に十分なPayPay残高を貯めるまでの間、できる限り早い段階で常時1%の還元をプラスできる「ヤフーカード」を作っておきたいところです。

<セキュリティのことを考えると、クレジットカードの紐付けが不安……>

「PayPay」はじめとするスマホ決済サービスへ、クレジットカードを紐付けることに抵抗を覚える方は多いです。
実際、不正利用が相次いだセブンぺイの不祥事も記憶に新しいところ。またPayPayもサービス開始直後の2018年末に似たような問題を起こしていますが……。(参考朝日新聞デジタル

PayPayは以前の不正利用問題を受け、現在以下の対策を設けています。

  • 利用規約に、不正利用の被害に遭った際の全額補償を明記
  • 先述の本人認証サービスの導入
  • セキュリティコードを複数回誤って入力した際、アカウントにロックが掛かる

こういった対策が功を奏したのでしょう、2019年以降に大きな不正利用問題は見られませんし、仮に被害に遭ったとしてもその金額はPayPayが全額負担してくれるはず。
よってセキュリティ・安心面についてそこまで不安に思う必要はないでしょう。普段からインターネットショッピング等でクレジットカード払いを利用しているのなら、まったく同じ気持ちでPayPayをご利用いただけます。

まとめ

    ポイント
    • 2019年10月以降、PayPayは「ヤフーカード」以外のクレジットカードを経由した支払いに一切のキャッシュバックを行わないことに……。
      よって現在「PayPay」キャッシュバックとクレジットカードのポイントの二重取りができるのは「ヤフーカード」だけで、ヤフーカード以外のクレジットカードをPayPayに紐付ける意味はほぼ無い。(一部キャンペーンやPayPay以外のキャッシュレス決済に対応していないお店を除く)
    • ヤフーカードであればPayPayの基本還元率1.5%に加え、同カードの基本還元(1%)の二重取りが可能(計2.5%)。年会費無料で取得デメリットが無い&腐りにくい「Tポイント」がもらえるのも嬉しいところ
    • ヤフーカードを作らないのであれば、「銀行振替」を使った「PayPay残高のチャージ+PayPay残高払い」が基本(還元率1.5%、各キャンペーン参加可)。
      ただしクレジットカードの還元を受けられないことを考えると、極力早い段階でヤフーカードを作っておきたいところ

    仕様変更により「ヤフーカード払い一強」となってしまったPayPayの支払い方法。
    このカードの取得自体にデメリットはありませんから、PayPayを継続的に利用していく予定であれば、早いうちに申し込みを済ませたいところです。

    ヤフーカードの基本情報

    カード名 Yahoo!JAPANカード
    (ヤフーカード)
    申込み資格
    • 有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    以下の1点を満たす方

    • 18歳以上で安定した継続収入のある方
    • 本人が無収入でも配偶者に収入のある方
    • 学生(高校生を除く)
    提携カード Yahoo!JAPAN
    利用可能額 非公開
    審査時間 最短2分
    到着までの目安 1~2週間程度
    入会金 無料
    年会費 無料
    支払日 末日締め
    翌27日払い
    支払い方式 1回払い
    リボルビング払い
    分割払い
    ボーナス払い
    分割払い(年率) 12.19%~14.93%
    リボ払い(年率) 18%
    キャッシング(年率) 18%
    遅延損害金(年率) 14.6%
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 原則不要
    金融機関名 ワイジェイカード株式会社
    住所・所在地 福岡市博多区博多駅前三丁目4-2
    電話番号 092-451-5971
    貸金業登録番号 福岡財務支局長(2)第00174号
    新規お申込はこちら
    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。