ヤフーカード改悪!2020年に選ぶべきPayPay紐付け用クレジットカードとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフーカード改悪!2020年に選ぶべきPayPay紐付け用クレジットカードとは
「身の回りに「PayPay」対応のお店が増えてきた。
どうせならクレジットカードを紐付けて、おトクに利用したいけれど……」

かつてはクレジットカード紐づけ時であっても、カードの通常還元とは別にキャッシュバックを受けられた「PayPay」

ですが2019年、そして2020年の度重なる改定(改悪と言っても良いでしょう)によって、現在は

  • ヤフーカード以外のクレジットカードを使うとき、PayPayのキャッシュバックなし
  • ヤフーカード利用時のキャッシュバック1.5%、ただし通常利用分のTポイント付与なし

…という方向で落ち着いています。要はヤフーカード含むクレジットカード紐付けのメリットが、どんどん削減されているわけですね。

今回はクレジットカードユーザーのあなたのため、現行の「PayPay」仕様や「PayPay」紐付けに向いたカード情報を簡潔にまとめました。

読み終えていただければ、今のあなたがどのように「PayPay」を使っていくべきか分かります。

「PayPay」は手持ちのクレジットカードを紐付けて支払いができる!ただし……。


アプリ内に表示されるQRコードを店員さんに読み取ってもらって(あるいはお店に置いてあるQRコードを自分で読み取って)決済を行う「PayPay(ペイペイ)」

電子マネー払い等に比べると若干手間が掛かることは否めませんが……。
このPayPayは支払い方法に「クレジットカード」を設定できることから、「通常のPayPay還元と、クレジットカードの還元を同時に受けられる(二重取り)」というのが特徴…でした

が、2019年10月、そして2020年2月の仕様変更により、クレジットカードと「PayPay」キャッシュバックの二重取りは不可能に。
まずは現在の「PayPay」キャッシュバック仕様について、簡単にお話ししていきます。

①「PayPay」紐付けが可能なのは「VISA」「Mastercard」または「ヤフーカード(JCB含む)」だけ

そもそも前提として、PayPayの紐付けに対応しているのは、

  • VISA
  • Mastercard

ブランドのクレジットカード、または

  • ヤフーカード(JCB含む)

のみとなります。

おトクさのお話の前に、これらのカードを持っていないとPayPayとクレジットカードを紐付けることはできません。あらかじめご承知おきください。

現在JCB(ヤフーカード除く)、American Express、Diners Clubブランドのカードのみをお持ち、かつ新しくカードを作る気が無いのなら、後述の「口座振替」等を使い「PayPay」を利用するのが一般的でしょう。

…とは言え加盟店(使えるお店)の数を考えると、この機会に「VISA」または「Mastercard」のカードを一枚作っておきたいところではあります。

②現行の「PayPay」キャッシュバック仕様について

さて、そんなPayPayですが……。
不定期に行われる仕様変更により、クレジットカードユーザーはどんどん利用しづらくなっているのが現状。
ここ最近の大きな改定(改悪)は以下の2回です。

★ここ最近のPayPay関連改定
2019年10月
  • 「ヤフーカード」以外を紐付けた際の「PayPay」キャッシュバック率を0%
  • 「ヤフーカード」利用時のPayPay還元率を1.5%
  • (2019年10月)

2020年2月「PayPay」利用時のヤフーカード還元率を0%に(2020年2月)

2度目はPayPayというよりヤフーカード側の改悪ですね。とは言えこの2つは関わりの深い、同グループのサービスです。

やや分かりにくい現行の「PayPay」と各クレジットカードの還元制度についてまとめると、以下のようになります。

★現行の還元制度(2020年2月~)
PayPayカード還元
ヤフーカード紐付け1.5%なし
他社カード紐付けなしカードごとの通常還元
銀行振替チャージ1.5%なし

要は、おトクさの順で並べると

  1. 還元率1.5%以上の他社カード紐付け
  2. ヤフーカード紐付けまたは銀行振替等によるチャージ
  3. 還元率1.5%未満の他社カード紐付け

…となるわけですね。

以前はヤフーカード紐付けで安定して2.5%(PayPay1.5%+Tポイント1%)の還元を受けられたことを考えると、ヤフーカードの優位性は落ちたと言って良いでしょう。

ただし他社カード利用者はキャンペーンに参加できないことが多い

PayPayは何らかのキャンペーン実施時、「ヤフーカード以外のクレジットカードユーザー」を除外することが多いです。この場合は他社カード払いより、やはり「ヤフーカード」の方が優位と言えるでしょう。
実際、最近の「ローソンおトクweekキャンペーン」等もこのパターンが採用されていますね。

▲PayPay公式HP「ローソンおトクweekキャンペーン」概要より
……とは言えこれに関しては、「キャンペーン期間中だけ銀行振替でPayPay残高をチャージ+支払い」という方法で参加することも可能ではあります。

★現在実施中のキャンペーンやその参加条件については、以下の公式HPをご覧ください。

PayPay公式HP「キャンペーン」

結局「PayPay」紐づけにおすすめのクレジットカードは?


ここからは現行の「PayPay」紐付けにおすすめしたいクレジットカードについて、簡単に紹介させて頂きます。

①単純な実質還元率で言うなら「マイル還元率1%の航空会社系カード」がべスト

「ヤフーカード」利用時のPayPay実質還元率は現在1.5%。
となれば、これを上回る還元率を持つカードを使ったなら、「ヤフーカード+PayPay払い」以上におトクと言えるわけです。

実質還元率1.5%超を達成できるのは、主に「マイル還元率1%以上の航空会社提携カード」。中でも利用しやすいのは「JALカード」でしょう。

JAL普通カード
年会費実質還元率
5,500円
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
2.0%~
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
還元ポイント付与方法
JALマイル利用額100円につき1マイル還元
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
ポイントの使い道国際ブランド
JAL、またはその提携社の搭乗券購入(推奨)
他、ポイント交換等
VISA
Mastercard
※その他のブランドもありますが、PayPay紐付け不可
付帯保険ETCカード
海外旅行保険
国内旅行保険
(詳細公式HP)
発行元により異なる
(JCBや東急カード発行なら完全無料)
申込条件
18歳以上(高校生を除く)の方
その他
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可

貯めたマイルをJAL(または提携航空会社)の航空券に交換することを前提とした場合、1マイルあたりの価値は2円を超えます

1マイルあたりの価値の計算例(クリック/タップで開きます)
ハイシーズン
(往復15,000マイル)
往路
  • 2020年8月11日
  • 東京→新千歳、普通席
  • 運賃は3.2万円程度
    (特便割引21利用時)
帰路
  • 2020年8月16日
  • 新千歳→東京、普通席
  • 運賃は3.7万円程度
    (特便割引21利用時)
合計
  • 「特便割引21」を使い現金で航空券を購入した場合の価格は計6.9万円程度

→このとき15,000マイルの価値は6.9万円程度
1マイルの価値は4.6円
(実質還元率4.6%)

JALカード割引の利く期間
(往復11,500マイル)
往路
  • 2020年4月18日
  • 東京→新千歳、普通席
  • 運賃は1.5万円程度
    (ウルトラ先得利用時)
帰路
  • 2020年4月19日
  • 新千歳→東京、普通席
  • 運賃は1.8万円程度
    (ウルトラ先得利用時)
合計
  • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」を使い現金で航空券を購入した場合の価格は計3.3万円程度

→このとき11,500マイルの価値は3.3万円程度
1マイルの価値は約2.86円
(実質還元率2.86%)

キャンペーン参加を前提としないのなら、「ヤフーカード」より安定しておトクになると言って良いでしょう。

★PayPay紐付けを前提とする場合、VISAまたはMastercardブランドをお選びください。

★「ショッピングマイル・プレミアム」は、マイル還元率が通常の0.5%→1.0%となるJALカードの有料サービス。
とは言え年44万円カードを利用するのであれば、加入した方が結果的におトクです。
(1マイル=2.5円として計算した場合)

★他社カードユーザーが参加できないキャンペーンが実施される際には、サブのヤフーカード、もしくは銀行振替によるチャージの利用をおすすめします。

★先述の通り、PayPayにヤフーカード以外のクレジットカードを紐づけても、PayPay残高の還元を受けることはできません
(カード利用に応じた通常マイルは貰えます)

正直なところ他社カードを使うのであれば、おトクさの方面で「PayPay」を利用する意味はありません。通常カード払いより「PayPay」払いの方がスムーズ、と感じる場合にのみPayPayをご利用ください。

★もちろんANAカード他、その他の航空会社提携カードを使っても構いませんが……。

  • JALの方がANAに比べ、航空券購入に必要なマイルが少ないことが多い
  • マイル還元率1%を達成させるための年会費はJALカードの方が安い

といった理由から、「ANAでもJALでも良い」という場合にはJALカードの選択が推奨されます。

あわせて読みたい
【年会費別ANAカード】JCBカードと他社の徹底比較!マイル還元率・付帯保険も
片道3〜5回搭乗で1回無料!AIRDOカード(エアドゥカード)のポイント制度と上手な使い方
Solaseed Airカード(ソラシドエアカード)は日常決済でマイルが貯まる!JALカードとの比較も

②「ヤフーカード」は改悪後であっても1.5%の還元を維持

特に飛行機を利用する予定はない、あるいはキャンペーンに積極的に参加したい、という場合には、今でも「ヤフーカード」の選択が無難でしょう。

ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)
年会費実質還元率
無料1.0%
還元ポイント付与方法
Tポイント利用額100円につき1ポイント還元
ポイントの使い道国際ブランド
ヤフーショッピング等を含む、Tポイント加盟店での利用等VISA
Mastercard
JCB
付帯保険ETCカード
ショッピング保険年550円
申込条件
18歳以上(高校生を除く)の方
その他
  • PayPay決済時のTポイント還元なし(2020年2月~)
  • PayPay紐付け&利用時、1.5%キャッシュバック(PayPay残高)
  • PayPayのキャンペーンに参加できる、唯一のクレジットカードとして扱われることが多い
  • ヤフーショッピング等で還元率+1%

PayPay利用時のTポイント還元は受けられなくなってしまいましたが、「1.5%」の還元率(PayPay利用時)は決して低い数字ではありません。

カード自体も年会費無料で特にデメリットなく作成できるため、「キャンペーン実施中のみヤフーカードとPayPayを使う」といった方法を取るのも良いでしょう。

セキュリティのことを考えると、クレジットカードの紐付けが不安……

「PayPay」はじめとするスマホ決済サービスへ、クレジットカードを紐付けることに抵抗を覚える方は多いです。
実際、不正利用が相次いだセブンぺイの不祥事も記憶に新しいところ。またPayPayもサービス開始直後の2018年末に似たような問題を起こしていますが……。(参考朝日新聞デジタル)

PayPayは以前の不正利用問題を受け、現在以下の対策を設けています。

  • 利用規約に、不正利用の被害に遭った際の全額補償を明記
  • 本人認証サービスの導入
  • セキュリティコードを複数回誤って入力した際、アカウントにロックが掛かる


こういった対策が功を奏したのでしょう、2019年以降に大きな不正利用問題は見られませんし、仮に被害に遭ったとしてもその金額はPayPayが全額負担してくれるはず。よってセキュリティ・安心面についてそこまで不安に思う必要はないでしょう。

普段からインターネットショッピング等でクレジットカード払いを利用しているのなら、まったく同じ気持ちでPayPayをご利用いただけます。

ヤフーカードを作らず「PayPay」のキャンペーンに参加するには

PayPay残高とTポイントの「二重取り」ができなくなってしまったヤフーカード。
ですが、

  • 航空券取得を前提としない場合の実質還元率の高さ(1.5%)
  • PayPayの各種キャンペーンに参加できる

という意味では、やはり他の一般的なカードより優位となります。

そこでここでは、

  • 何回かPaypayを使ってみてからヤフーカードの取得を決めたい
  • 普通の決済には航空会社系カードを使うけれど、キャンペーンには参加したい

というあなたのため、ヤフーカードと同じく1.5%還元&キャンペーン参加が可能な決済方法について解説させて頂きましょう。

①銀行口座との紐付けを行い、必要に応じチャージを行うのが一番手軽

PayPayの支払い方法は、大きく分けて「クレジットカード」「PayPay残高払い」の2つ。

先述の通り、クレジットカード払いは「ヤフーカード」を除き各種キャンペーンに参加できないため、ここでは「PayPay残高払い」の利用を前提に解説を進めさせていただきましょう。
(ヤフーカードと同じく1.5%還元対象/キャンペーン参加可)

「PayPay残高」とは、PayPay加盟店で使えるチャージ式の電子マネー。スマートフォン上で使えるSuicaやnanacoのようなものですね。
このPayPay残高は、「銀行口座からの振替」(預金の移動)によって誰でも簡単にチャージすることができます。

▲PayPay公式HPより。PayPayアプリトップページより銀行口座の登録が可能です。
アプリ内の「最短2分で登録完了」という記載通り、銀行口座の設定は決して難しくありません。
一応公式HPに内容が掲載されていますが、画面に従って必要事項を入力していけば手続きはすぐに完了するはずです。
▲こちらは「三井住友銀行」口座紐づけ後の実際のスクリーンショット。
チャージ金額を選択、「チャージする」をタップすれば、簡単に残高を増やすことができます。
チャージ単位は一見1,000円ですが、金額を直接入力すれば最低100円から入金できるようですね。

★2020年1月現在、「三菱UFJ銀行」など一部の金融機関はPayPayチャージに未対応となっています。
この場合は後述の「その他のチャージ方法」(またはクレジットカード払い)を利用する必要があります。

PayPay公式HP「利用可能な金融機関」

★ちなみに銀行振込などを通してチャージした「PayPay残高」(PayPayマネー)は、別のPayPayユーザーへ送金したり銀行振込の形で出金することができます。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

PayPay公式HP「PayPay残高を送る・受け取る」
PayPay公式HP「わりかん」
PayPay公式HP「PayPay残高を銀行口座に出金(払い出し)したい」

②その他の「PayPay」チャージ方法について

「銀行振替」以外の「PayPay残高」チャージ方法は以下の通り。(※印は出金不可)

  • セブン銀行ATMへの現金入金
  • ヤフオクの売上金振替
  • ※ ヤフーカードからの振替
  • ※ ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
    (ソフトバンクまたはワイモバイルユーザーのみ利用可)
  • ヤフオクの売上金があるのなら、こちらを使ってみるのも良いですね。

    ただしその他の方法については銀行振替の方が何かと便利「メインバンクが三菱UFJ銀行なせいで振替が使えない」といった場合にのみ検討することとなるでしょう。

    これに該当してしまう場合には、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」が利用できるならそちらを(ただしチャージ~請求のタイムラグには注意)、それが難しいなら「セブン銀行ATMへの現金入金」を選ぶのが基本となりそうです。
    詳しい手順については、以下の公式HP(もしくはPayPayアプリ)をご覧ください。

    PayPay公式HP「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ方法」
    PayPay公式HP「現金でチャージがしたい(セブン銀行ATMからのチャージ方法)」
    PayPay公式HP「ヤフオク!でもPayPayが使える!」

    ★その他旧Yahoo!マネー(2019年9月サービス終了)をお持ちであれば、PayPayへの引継ぎが可能です。

    PayPay公式HP「Yahoo!マネーの引き継ぎ」

    まとめ

    ★2020年2月~の各還元仕様
    PayPay+ヤフーカード
    • 還元率1.5%(PayPay残高)
    • 2020年2月の改悪により、Tポイント付与の対象外に
    • ただし各種キャンペーンに参加できるという意味での優位性は残っている
    PayPay+他社カード
    (またはPayPayを用いない通常カード決済)
    • 還元率は紐付けカードによる
    • PayPay利用による還元、その他恩恵なし
    • 実質還元率1.5%超のカード(主に航空会社系)を紐付ければヤフーカード紐付け時より高還元
    • PayPayキャンペーン参加不可
    銀行振替によるPayPay残高チャージ
    +PayPay払い
    • 還元率1.5%(PayPay残高)
    • 各種キャンペーンに参加可能
    • 三菱UFJ銀行は現在銀行振替に未対応
    つまり…
    通常時は航空系カード等を利用
    +キャンペーン時のみヤフーカードまたはPayPay残高での決済が◎

    ユーザーにとって、嬉しいとは言い難い改定が続いている「PayPay」「ヤフーカード」。

    紐付けられるカードの多様性が広がった…と言えば聞こえは良いものの、普段の支払い方法を見直すべき人は多いかもしれません。

    ヤフーカードの基本情報

    カード名Yahoo!JAPANカード
    (ヤフーカード)
    申込み資格
    • 有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方
    • 以下の1点を満たす方
      • 18歳以上で安定した継続収入のある方
      • 本人が無収入でも配偶者に収入のある方
      • 学生(高校生を除く)
    提携カードYahoo!JAPAN
    利用可能額非公開
    審査時間最短2分
    到着までの目安1~2週間程度
    入会金無料
    年会費無料
    支払日末日締め
    翌27日払い
    支払い方式1回払い
    リボルビング払い
    分割払い
    ボーナス払い
    分割払い(年率)12.19%~14.93%
    リボ払い(年率)18%
    キャッシング(年率)18%
    遅延損害金(年率)14.6%
    担保不要
    保証人不要
    必要書類原則不要
    金融機関名ワイジェイカード株式会社
    住所・所在地福岡市博多区博多駅前三丁目4-2
    電話番号092-451-5971
    貸金業登録番号福岡財務支局長(2)第00174号
    新規お申込はこちら
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。