【初心者&デイトレーダー向き】ネオモバイル証券のメリットと知っておくべき注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【初心者&デイトレーダー向き】ネオモバイル証券のメリットと知っておくべき注意点
2019年4月よりサービス提供を開始した、新しい証券会社「SBIネオモバイル証券(ネオモバ)」
もともとSBI証券は手数料の安さに定評がありますが、そのSBI証券とCCCマーケティング、つまりTSUTAYAやTポイントの運営元がタッグを組んで始めた「ネオモバ」は、

  • 「1株から、Tポイントを使っても投資できる」という意味で初心者に
  • 「定額制で投資し放題」という意味で上級者(特にデイトレーダー)に
  • おすすめの証券会社となっています。

    そこで今回はそんな「ネオモバ」について、類似サービスと比べたメリット・デメリットや利用上の注意点を簡単にまとめました。

    一株から取引可能、かつTポイントを使えるので「株取引を低リスクで始めてみたい」初心者におすすめ

    SBIネオモバイル証券は、SBI証券とCCCマーケティング(TSUTAYAやTポイントの運営元)の合弁子会社。というわけでこの証券会社では投資の際、現金の代わりに「Tポイント」を使うことが可能です。

    言うまでもなくTポイントは使ったら無くなってしまうため、継続的なメリットと言うことは難しいものの……。
    普段からTSUTAYA等を利用する機会が多い、あるいは日々の決済にヤフーカード等を使っている場合には、「貯まったTポイントを投資に使う」という選択肢も生まれやすいことでしょう。もちろん証券口座に入金されている現金を使った投資も可能です。

    またTポイント投資と相性が良いのが、「一株から買える」というSBIネオモバイル証券の特性。
    正直ほとんどの株式は100株以上ないと恩恵を受けづらいものですが、「はじめて株を買うにあたり、ローリスク・ローリターンでお試し取引をしてみたい」「どうしても欲しい会社の株があるが、100株はちょっと高価すぎて買えない」という場合には打ってつけと言えるでしょう。

    ちなみに証券口座(株式の取引に使う口座)の開設手続きもインターネットから済ませることができます。
    (ただし郵送で取引パスワードを受け取る必要があるため、即日利用開始は不可)

    あわせて読みたい
    ネットで簡単!「ネオモバ」の始め方

    「おまかせで長期的に資産を増やす」ことを目的とするならロボアドバイザーも活用したい

    ネオモバには「WealthNavi for ネオモバ」という、ロボアドバイザーによる資産運用サービスが存在します。これは簡単に言うといくつかの質問に答え、月々好きな金額(5,000円~)を積み立てていくことで、自動で資産運用をしてくれるサービスのことですね。

    預かり資産の1%を手数料として徴収されることから短期の利用には向きませんが、「自分で運用するより低いリスクで、長期的にお金を増やしたい」という場合にはぜひチェックしてみてください。

    参考SBIネオモバイル証券公式HP「WealthNavi for ネオモバ>無料診断(最短1分・全6問)」
    参考SBIネオモバイル証券公式HP「WealthNavi for ネオモバ」

    ★ロボアドバイザーを利用する場合であっても、通常取引と同じく「資産が減ってしまうリスク」を排除することはできません。

    他社と比べた最大の特徴は「月額制(200円~)で投資し放題」なこと

    「Tポイントを使える」「1株から取引できる」といった特徴は、ある程度取引に慣れた方にとってメリットと言うには物足りないだろうと思います。

    ある程度株取引の経験のある方、特に短期間に多数の取引を行うデイトレーダーの方にとっての「SBIネオモバイル証券(以下ネオモバ)」最大の特徴は、「月額制」であることでしょう。
    証券会社で株取引を行う際には普通その都度(プラン等によっては日額で)手数料が掛かるものですが、ネオモバならその心配は不要。その意味では「月あたりの取引数が多い人ほどおトクになりやすい」と言って良いかと思います。

    「ネオモバ」月間サービス利用料
    国内株式約定代金(=売買が成立した金額)合計額 サービス利用料(月額)
    50万円以下 200円+税
    50万円超~300万円 1,000円+税
    300万円超~500万円 3,000円+税
    500万円超~1000万円 5,000円+税
    以下約定額100万円ごとに利用料+1,000円(税抜)
    ※利用額を問わず、期間限定Tポイント200円付与(ネオモバ以外で利用不可)

    また「取引が多いほどおトク」と言うと、反対にこれから投資をはじめたい株初心者はしり込みしてしまいそうですが……。
    ネオモバでは月額利用料を問わず、月間サービス利用料を支払うことで「200ポイント(200円相当)」を受け取ることができます。
    よって月当たりの約定代金が50万円以下なら、実質税金負担(税率8%なら16円)のみで取引が可能なわけですね。

    以上の内容からネオモバは

  • 「1株から、Tポイントを使っても投資できる」という意味で初心者に
  • 「定額制で投資し放題」という意味で上級者に
  • 向いた証券会社と言えます。

    ★もらえる200ポイントは一応「Tポイント」(正しくは「期間限定Tポイント」)の名を冠してはいますが、「ネオモバ」以外の場所では使えません。ご注意ください。

    ネオモバを使っていない時にはサービスの一時停止が可能です。このとき月間サービス利用料(とTポイント付与)は発生しません。

    参考取引額などによっては本家「SBI証券」を使った方がおトクかも

    サービス料の支払い方法は「クレジットカード決済」一択となります
    どのカードを使っても構いませんが、「Tポイントを使って投資できる」という点と相性が良いのはヤフーカード(利用額100円ごとにTポイント1ポイント付与)ですね。

    事前に知っておきたい「ネオモバ」の気になる点

    そんなネオモバですが、当然良いことばかりとまでは言えません。
    ここからは事前に知っておきたい「ネオモバ」の気になる点についてお話ししていきます。

    ①NISA口座と異なり、運用益には20.315%が課税される

    株に興味があるのなら、聞いたことがあるであろう「NISA」口座。2019年8月現在、ネオモバに「NISA」の取り扱いはありません。

    この「NISA」口座(一般NISAとも)とは、「開設から5年間、年間120万円まで非課税で運用できる口座」のこと。
    じゃあ普通の税金はと言うと「運用益の20.315%」。つまりネオモバはじめ、普通の証券会社の口座で株取引を行うと、利益の2割くらいを徴収されてしまうわけですね。しかもSBI証券のNISA口座でふつう100株以上の取引を行うのであれば、取引手数料も掛かりません

    というわけで

  • それなりにまとまった金額(数十万円~)の株を購入し、特に売買せずに持っておきたい
  • 取引を行うにしても、数万円程度の株をたまに売買する程度に抑えたい
  • といった場合にはNISAの方がおトクなのですが……。

    SBI証券の場合、単元未満株(主に100株未満の数の株)を購入する際には約定代金の0.54%の手数料が発生すること、そしてNISAの取引上限額を考えると、

  • いきなり100株を買うのは怖いのでもっと小さな取引を行いたい
  • どう考えても年間120万円の取引制限はすぐに超えてしまう
  • といった場合には「ネオモバ」の方が向いていると言えそうです。

    …株取引が初めてであれば、「ネオモバ」で気になる企業の株を少しだけ買ってみて、手ごたえを掴んだらSBI証券などで「NISA」口座を作ってみるのも良さそうですね。

    参考SBI証券公式「NISA/つみたてNISA/ジュニアNISA」

    ②株主優待などを受けるためには一定数(100株が多い)の株の所有が必要

    「ネオモバ」の特徴の一つに数えられるのが、「どんな株も1株から買える」という点。
    確かにはじめて株取引を行う場合には嬉しいこの仕様ですが、ある程度株取引に慣れた人はほとんど1株単位で株を買ったりしないのではないかと思います。

    というのも各社の株には、あらかじめ「単元株」というものが定められています。これは「通常の売買単位」のことで、多くは100株ですね。
    そして普通、単元株以上の株式を所持していない限り、「株主総会の議決権」「株主優待」といった株主の特権を得ることはできません。(会社によって例外もありますが)

    1株からの購入で大企業の株を簡単に手に入れられる……とは言っても恩恵を得るにはやはりそれなりの出費が必要になりやすいためお気を付けください。
    とは言え「ネオモバ」を通し、単元株では到底手の出ないような株を購入できるメリットがあるのは確かです。
    (1株4万円程度、単元株で取引を行うと最低400万円程度が必要になる任天堂株など/2019年8月現在)

    ★ちなみに単元株に満たない株式(単元株100株の会社であれば1株~99株)は「単元未満株」あるいは「S株」と呼ばれます。
    もちろん単元未満株を何度か購入して単元株数を獲得できれば、議決権や株主優待といった特典を獲得可能です。

    リアルタイムで単元未満株を売買することはできません単元未満株の発注ができるのは1日2回のみ、かつタイムラグが生じますので、デイトレードのためには単元株での取引が必須となることでしょう。

    ネオモバタイムスケジュール▲ネオモバ公式HPより

    ★各社の単元株や株主優待の条件などについては、「ネオモバ」あるいは各証券会社を利用する際に確認可能です。

    参考SBI証券HP上の「SBIホールディングス」情報(2019年8月23日付)。
    単元株が100株であること、株主優待の内容が1株以上の保持者と100株以上の保持者の間等で異なることが分かります。

    SBIホールディングス株売買単位
    SBIホールディングス株優待条件

    ③取引額などによっては本家「SBI証券」を使った方がおトクかも

    冒頭で少し触れた通り、ネオモバの母体の一つであるSBI証券は手数料の安い、利用しやすい証券会社として有名です。
    そのため利用状況によっては、もしかすると本家「SBI証券」を使った方がおトクかもしれません。

    参考「SBI証券」2つのプランにおける発生手数料(いずれも税抜)
    スタンダードプラン
    (取引ごとに手数料発生)
    アクティブプラン
    (日額制)
    約定(売買)代金
    5万円以下
    50円/回 0円/日
    5万円超~10万円 90円/回
    10万円超~20万円 105円/回 191円/日
    20万円超~30万円 250円/回 286円/日
    30万円超~50万円 429円/日
    50万円超~100万円 487円/回 762円/日
    100万円超~150万円 682円/回
    150万円超~200万円 921円/回 1,162円/日
    200万円~3000万円 以降100万円ごとに
    +400円/日
    3000万円超 973円/回
    参考「ネオモバ」月間サービス利用料
    国内株式約定代金(=売買が成立した金額)合計額 サービス利用料(月額)
    50万円以下 200円+税
    50万円超~300万円 1,000円+税
    300万円超~500万円 3,000円+税
    500万円超~1000万円 5,000円+税
    以下約定額100万円ごとに利用料+1,000円(税抜)
    ※利用額を問わず、期間限定Tポイント200円付与(ネオモバ以外で利用不可)

    具体的に言うと「積極的な取引を前提とせず、株を持っておきたい」という場合には、月額制のネオモバより「SBI証券スタンダードプラン」の方が安くつきそうですね。

    とは言えこのあたりは「ネオモバ」で何回か少額取引をやってみて、今後の取引方針が何となく定まったころに乗り換えを検討しても遅くはなさそうです。

    ネットで簡単!「ネオモバ」の始め方

    「ネオモバ」の利用を決めたら、口座開設の流れを見て行きましょう。

    ★ネオモバに限らず、証券会社を通し株取引を行う際にはまず株取引用の口座(証券口座)を作成、そこにお金(またはTポイント)を移し、その残高の範囲内で株を買ったり売ったりすることとなります。

    「ネオモバイル証券」口座開設の流れ

    インターネットからメールアドレス登録

    自動返信メールに従って口座開設申し込み
    ユーザーネームとログインパスワードの付与

    マイナンバー確認書類と
    本人確認書類の撮影・アップロード


    簡易書留で「口座開設完了のご案内」が届くまで待つ

    届いた案内に従って配当金の受け取り方法などの選択
    必要手続きが済み次第取引が可能に

    「ネオモバ」口座開設に必要な書類
    全利用者 マイナンバー確認書類いずれか一点

  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 通知カード(緑色の写真の付いていないもの)
  • 住民票の写し(発行の際にマイナンバー記載を依頼する必要があります)
  • マイナンバー確認書類に「通知カードまたは住民票の写し」を選択した場合の追加書類 以下A、Bのいずれかを提出

    A.写真付きの本人確認書類以下のうちいずれか一点

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

  • B.写真なしの本人確認書類いずれか2点

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し(※マイナンバー確認書類にこれを利用した場合、選択不可)
  • 2016年以降、どの証券会社においてもマイナンバーの確認は必須となっています。(「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」等に基づく)
    マイナンバーカード、通知カードをお持ちでない(あるいは記載住所と現住所が異なる等)の場合には市区町村役所で住民票の写しを取得する必要がありますが、この場合はやや手間が掛かりそうですね。(ついでに300円くらいの手数料が発生します)
    とは言え必要なものさえ揃っていれば、各書類は「スマートフォン等で撮影+案内に従いアップロード」という簡単な方法で提出可能です。

    基本的に、各手続きはネオモバからのメールや手紙の案内に従っておけば完了するはずですが……。
    簡易書留は受取にサインまたは捺印が必要になりますのでご了承ください。ご家族がいらっしゃれば、その方に受け取ってもらっても構いません。

    ★その他詳細については各公式HPをご覧ください。

    SBIネオモバイル証券公式HP「本人確認書類について」

    SBIネオモバイル証券公式HP「SBIネオモバイル証券の口座開設について」

    ★証券口座を作るにあたり、審査は行われません。

    ★口座開設手続きを行う過程で、源泉徴収の有無を選択することができます。
    源泉徴収や確定申告がよく分からない、という初心者は「源泉徴収あり」の方をお選びください。こちらを選択しておけば、株取引のために確定申告を行う必要はありません。

    SBIネオモバイル証券公式HP「特定口座とは」

    ★口座開設後の取引方法詳細などについては公式HPをご覧ください。
    ちなみに2019年9月からスマートフォンアプリ版も提供開始予定とのことですが、ブラウザ版であっても特に不自由なく、スマートフォン上での取引を進められるかと思います。

    SBIネオモバイル証券公式HP「かんたんガイド」

    まとめ

    SBIネオモバイル証券(ネオモバ)「どの会社の株も1株から購入できる」「Tポイントを現金と同じように使える」という意味で小額取引を利用しやすい。ローリスク・ローリターンで株取引を始めたい投資初心者にはピッタリ
    ★料金システムは「月額制」なので、毎日多額の取引を行うデイトレーダーなら本家SBI証券よりおトクになりやすい
    ★一方で

  • 年間取引額や取引状況によっては「NISA」口座や本家SBI証券の方がおトク
  • 株主優待や株主総会への出席などを目的とするなら、多くの場合で1株を買っても意味がない
  • といった知っておくべき注意点も。
    とは言え初心者に向いているのは確かなので、「とりあえずネオモバで取引してみて、より自分に合った口座開設を検討する」のがベストか

    広くおすすめされやすい「SBI証券」に対し、「初心者あるいはデイトレーダー向き」という、ちょっと極端な性質を持つSBIネオモバイル証券(ネオモバ)
    デイトレーダーの方に関しては言うに及ばずですが、「習うより慣れよ」の姿勢で「とにかく取引をやってみたい!」という初心者には最適な証券会社とも言えそうです。

    ★株式取引を行う上で、資産が減ってしまうリスクを避けることはできません。あらかじめご承知おきください。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。