クレジットカード裏面&店頭でのサインの書き方:適当な署名で困るのはどんなとき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード裏面&店頭でのサインの書き方:適当な署名で困るのはどんなとき?
「はじめて作ったクレジットカードが届いた。
必ず署名しろと書いてあるけれど、どう書けば良いのかわからない……」
「お店で書かされるサインをもっと簡略化できないかな?」

日本国内で利用する分には、あまり重視されることも無いクレジットカードの裏面の署名(サイン)。実際のところ、サインなしでも決済できてしまうことは多々あるのですが……。
署名一つで安全性を高められるなら、これを利用しない方法はありませんよね。

今回は「クレジットカードとサイン」をテーマに、カード裏面へのサインと、決済や安全性との関係をまとめました。
読み終えていただければ、クレジットカードに関するトラブルを事前に防ぐ方法が分かります。

★デビットカードを利用中の場合は、「クレジットカード」をすべて「デビットカード」に読み替えた上でご覧ください。
サインの概要や使われ方について、クレジットカードとデビットカード間の違いはありません。

クレジットカード裏面のサイン(署名)はなぜ必要?

クレジットカードが届いた際、封筒を開けると「必ずカードの利用前に、カード裏の記入欄に署名してください」といった文面が見られるかと思います。
この記入欄についてはあえて説明するまでも無いでしょう。以下の画像の「③」の部分ですね。
クレジットカード裏面&店頭でのサインの書き方:適当な署名で困るのはどんなとき?
三井住友カード公式HPより、カード裏面のサンプル。(現在、このように顔写真付きのカードは多くありません)

とりあえず、このサインは忘れずに済ませてください
理由は簡単で、カード裏面にサインが無いと

  • そもそも決済を断られることがある
  • 不正利用などの被害に遭った際、補償を受けられないことがある

といった無駄なデメリットが増えるからです。サイン一つで決済をスムーズにし、安全性を高められるなら安いものでしょう。

そしてこのサインは、サインが必要な決済(後述)において「支払い承認の証拠」、そして「購入者がカードの持ち主である」ことを確認するために用いられます。
後者に関してはカードの筆跡と購入時の筆跡が明らかに違うことで、不正利用を疑えるというわけですね。このためこのサインは普段の筆跡で、あまり気構えず記入することが重要となります。

ちなみに特に署名の形式に規定はなく、「本人が書いたもの」と分かればニックネーム等ですら問題なく認められるとのこと。
「読めないくらいの崩し字」でも、ちゃんとあなたがそれを決済時、ある程度再現できるのならOKです。

実は、署名そのものに、文字や言語に関する決まりはございません。漢字で書いてもローマ字で書いてもいいのです。「自分が書いたものである」と証明さえできれば、下の名前だけでも、ニックネームでも、イニシャルでも構いません。

(三井住友カード公式HPより)

★言うまでもないことですが、カード裏面のセキュリティコード(3ケタまたは4ケタの数字)にサインが被って読めなくならないよう、お気を付けください。

<海外での不正利用を防ぐためには日本語表記が◎>

サインは漢字でもローマ字でも問題ない、というのは先述の通りですが……。
各カード会社は「漢字を使ったサイン」を公式に推奨している模様。これは外国人による不正利用をある程度ブロックできるからですね。

ただし、万一の際の偽造を防ぐという観点からは、漢字が最適です。漢字は画数が多く、バランスが取りにくいので、書きなれていない人は真似しにくいからです。海外でクレジットカードを使用する機会が多い人などは、漢字でフルネームを書いておくといいでしょう。

(三井住友カード公式HPより)

なお、サインパネル(署名欄)のご署名につきましては、不正利用を防ぐため、比較的他者に真似されにくい漢字でのご記入を推奨いたしております。
(※特に海外では有効です。)

(ライフカード公式HPより)

そういうわけで、基本的にサイン欄には漢字(日本語)名を記入しておくのが無難
とは言え、筆記体での表記などにこだわりがある場合はその限りでありません。

★ブロック体のアルファベットは、誰からも真似しやすい(=不正利用の危険が高い)ため非推奨となります。

お店でサインを求められたときには

さて、前述の通りクレジットカードのサインは「購入者による支払いの承認」に加え、「カードの持ち主と購入者が同一人物と、筆跡を見て確かめるため」利用されるものですが……。
正直に言うと少なくとも日本で使う場合、この点が気にされることはほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。というより、そもそも最近は暗証番号決済の普及により、決済時にサインを求められること自体が少なくなっていますね。

CHECKよくある質問:サインが必要なお店とそうでないお店の違いは何ですか?

サインが必要なお店で買い物をした際であっても、思い返してみれば私自身、カードの署名と似ても似つかないサインを書いていることが少なくありません。
が、(今のところ)書き直しを求められたことも無いため、サインの文化はほぼ形ばかりのものになっていると言って良いかと思います。
仮に書き直しを求められた場合であっても、その場で署名欄に寄せた文字を書けば、問題なく決済を済ませられることでしょう。

ただしこれはカードの不正利用が疑われにくいほど、治安のよい日本国内での話。
(もちろん国や地域によりますが)海外において、クレジットカードは身分証明書に近い役割を持つほど重要視されることは珍しくありません。それに伴い、当然サインの重要性も大きくなります。

この場合、あまり記入欄の署名とかけ離れたサインをしてしまうと無駄な面倒ごとに巻き込まれることは十二分に考えられます。
そういうわけで少なくとも海外利用時には、記入欄の署名に寄せたサインを心がけたいところです。

……とは言え海外においても暗証番号を使った決済の採用は増えており、サイン自体が求められないことも少なくないようですね。

クレジットカードのサインに関するよくある質問と回答

最後に、クレジットカードのサインに関するよくある質問にお答えしていきます。

①サインを書き損じてしまったらどうすれば良いですか?

発行元に連絡すれば、新しいカードを発行してもらえます。
というのも不正利用を防ぐという目的上、カード会社は「再発行」以外の方法を取ることができないからですね。

もし、署名を書き損じてしまったら、速やかにクレジットカード会社に連絡をして再発行してもらいましょう
署名を訂正したり上書きしたりした痕跡のあるクレジットカードは、使用することができません。使用しているうちに署名が薄くなってきた場合も上書きはせず、再発行依頼をするのが賢明です。

(三井住友カード公式HPより)

修正テープなどを使うと不正利用を疑われる可能性があります。サインを書き損じたら、速やかにカード発行元に連絡を取ってください。
ちなみに連絡先はカードの裏面に書いてあります。

②サインが必要なお店とそうでないお店の違いは何ですか?

お店側が取り入れている決済システムによって変わります。なので利用者の立場ではどうすることもできません。
体感ではありますが、比較的小規模なお店ほどサインが必要になりやすいよう思えますね。

ちなみにスーパーマーケットやショッピングセンターなどでは「3万円以内ならサイン不要」と規定されていることが多いようです。

★決済機にカードを挿入し暗証番号を入力するタイプの決済方法(ICチップ決済)であれば、サインは必要ありません。
最近はこの方法を導入しているお店が増えており、サインを求められる機会は以前に比べ少なくなっています。

③家族名義のカードについて、家族の名前でサインを行い決済することはできますか?

もちろんお店の対応によっては出来ることもありますが、カード会社の規約には必ず禁止されていることですのでやめておくのが無難です。

また、カードは、会員本人以外は使用できないものです。会員は、 他人に対し、カードを貸与、預託、譲渡もしくは担保提供すること、またはカード情報を預託しもしくは使用させることを一切してはなりません。

(JCB公式HP:PDFより)

家族カード(本会員の利用分とまとめて請求が行われる追加カード)を作れるクレジットカードも多いので、まずはそういったカードの取得を検討してみてください。

④サインは水性ペンで構いませんか?

ペンやカードの性質によりそうです。
私の場合は油性ペンを持っていなかったので水性ボールペンでサインを入れていますが、今のところ「若干滲んでいるものの、反別には問題ない」程度ですね。
とは言えお財布が濡れてしまったときのことなどを考えると、油性ペンを使うに越したことは無いでしょう。

⑤結婚で姓が変わったのですが、再発行を依頼するべきでしょうか?

再発行以前に、クレジットカード会社を相手に名義変更の手続きを行う必要があります。インターネットを通して名義変更の申し込みができる会社も多いので、まずはご利用中のクレジットカードの会員サービスをチェックしてみましょう。
名義変更が済めば、追って新しいカードが送られてくるかと思います。

参考三井住友カード公式HP「クレジットカードの名義を変更しないとどうなる?名義変更しないリスク」

まとめ

クレジットカードが届いたら、利用前にまずサイン! 無署名のカードはそれだけで「カード決済を断られる」「不正利用の被害に遭う」といった無駄なデメリットを負いかねない
★サインは本来、筆跡により購入者=カード利用者本人という確認を行うためのもの。記入はアルファベットでも漢字でも問題ないが、不正利用のリスクを減らすためには漢字の使用が推奨されている
★正直なところ、国内であれば購入時のサインは適当でもあまり問題にならない
一方で海外ではクレジットカードの重要性が高いため、余計なトラブルを防ぐため極力署名欄通りのサインを心がけたいところ

国内で利用する分にはあまり重要視されない、クレジットカードの署名。
ただし同じ心持で海外に行くと、思わぬ面倒に巻き込まれる可能性があります。余計なトラブルを防ぐためには、普段から署名欄通りのサインを使っておくと安心ですね。



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。