【消費者金融系クレジットカード】ブラックでの審査通過例&より低難易度なカードとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【消費者金融系クレジットカード】ブラックでの審査通過例&より低難易度なカードとは
「訳あって普通のクレジットカードを作れない。
消費者金融会社が発行するカードであれば、信用情報に問題があっても作れそうだけれど…?」

正真正銘の消費者金融会社が取り扱うクレジットカードは現在1種類だけ。
こちらのカードでも、いわゆる「ブラック状態」の方の審査通過が確認されてはいますが……。
実は最も審査難易度が低いとされるカードは他に存在します。

今回は主に信用情報問題を理由にクレジットカードの審査に不安を感じているあなたのため、具体的な申し込み先候補をまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたにとって一番のカードが分かります。

消費者金融が取り扱うクレジットカードは「ACマスターカード(アコム)」のみ

現在、正真正銘の「消費者金融会社」(個人への小口融資を専門とする会社)が取り扱うクレジットカードは「ACマスターカード」(アコム発行)の1種類のみ

まずはこちらのカードについて、詳しく解説を進めさせていただきます。

<事前にチェック!申込条件>

ACマスターカードへ申し込むためには「申込者本人が仕事をしており、収入を得ている」必要があります。あらかじめご確認ください。

申込者が専業主婦、無職、あるいは収入を得ていても仕事に就いていない(年金生活等)場合、このカードへ申し込むことはできません。
(アルバイト、自営業者は問題なし)

①実際の「ACマスターカード」審査通過例

消費者金融系クレジットカードへの申込を検討するにあたって気になるのが、とにかく「審査に通れるか」否かでしょう。

そこでここでは、実際の「ACマスターカード」申込者に実施したアンケートの中から、いくつかの通過例を紹介させて頂きます。

★スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート調査実施時に、「申込/契約が事実と確認できる画像」を頂戴しています。

★表中「S」はショッピング枠、「C」はキャッシング枠を示します。

ACマスターカード審査通過者
属性契約内容
  • 20代
  • 年収200万円
  • アルバイト
  • 勤続6ヶ月
  • 他社借入20万円
  • 5年以内に2ヶ月以上の延滞
  • 1ヶ月以上他社カード等延滞中
S:20万円
C:10万円
(金利18%)
  • 30代
  • 年収500万円
  • 会社員
  • 他社借入200万
    (銀行カードローン)
S:60万円
C:160万円
(金利14%)
  • 30代
  • 年収120万円
  • 自営業
  • 2ヶ月以上他社カードを延滞「中」
審査落ち

ご覧の通り、ACマスターカードでは 

  • 延滞を理由とした金融ブラック状態
  • 多額のカードローン債務のあり

といった属性での審査通過が確認されています。

一般的なクレジットカードに比べ、「ACマスターカード」が信用情報問題に寛容であることはまず間違いないでしょう。

★ちなみに気になるのは自営業者の方の審査落ち例ですが……。
アコムに限らずどの消費者金融においても、「自営業+ブラック状態」という属性での審査通過は困難となっています。

しかもこの方の場合は「現在進行形で他社での支払義務を果たしていない」とのことで、審査落ちもやむを得ないでしょう。

②無料・即日で作れるが、「低還元」「リボ専用」といったデメリットは把握しておきたい

そんな「ACマスターカード」の基本情報は以下の通り。
ACマスターカード

年会費実質還元率
無料0.25%
還元ポイント付与方法
利用額から毎月0.25%を自動キャッシュバック
ポイントの使い道国際ブランド
Mastercard
付帯保険ETCカード
不正利用補償取り扱い無し
申込条件(公式HPより)
20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
その他
  • リボ払い専用、引き落とし額の変更不可
    「実質一括払い」のためにはATM、銀行振込を使った手動入金が必要
    (参考公式HP)
  • ブラックでの通過例を複数確認済み
  • 唯一の消費者金融取り扱いクレジットカード
  • 必ずキャッシング枠が付帯(アコムのカードローンと同サービス)
    審査結果によってはキャッシング専用カードが発行される
  • アコムの無人契約機「むじんくん」利用時、カードの即日発行可
    ┗ACマスターカード未対応の「むじんくん」も多いため注意

正直なところ、機能面での問題は大きいです。
少しスペック表を見ただけでも、

  • 低還元(0.25%、デビットカード並み)
  • ETCカード取り扱いなし
  • リボ払い専用、しかも引き落とし額の変更不可

…といった問題が確認できますね。

クレジットカードとして優秀とは言い難い「ACマスターカード」。
この性質から、このカードは「普通のカードを作れない人が、やむを得ず作成する」ことが前提となるでしょう。

ちなみにインターネット上の評判等を見ていると……。
このカードはブラック状態真っただ中、というよりは「ブラック明け直後で信用情報が無い」という状況の方に人気がある様子。これは「カードの利用実績(クレヒス)を積み、一般的なカード取得を狙う」ためですね。

要するに踏み台というわけですが、「通常のカードの審査には通らないが、何とか利用実績を積みたい」という場合には強い味方となってくれることでしょう。

貸金業社から年収の3分の1に達するお金を借りている場合、審査通過はできない

現行のACマスターカードには、必ずキャッシング枠(というよりアコムのカードローンサービス)が付帯します。

この仕様上、あなたがすでに「貸金業者から、年収の3分の1に達するお金」を借りている場合、ACマスターカードの審査に通ることはできません(いわゆる総量規制)。

ここで言う「貸金業者」とは、主に

  • 消費者金融会社のカードローン
  • クレジットカード会社のキャッシング枠

の2つ。ショッピングリボや銀行カードローンは該当しません
あらかじめご確認ください。

例1:年収300万円、プロミス、アイフルから計100万円の借入あり
→ACマスターカードの審査通過不可

例2:年収300万円、三井住友銀行から100万円の借入あり
→ACマスターカードの審査通過を狙える

③「ACマスターカード」取得の流れ

基本的な「ACマスターカード」取得の流れは以下の通りです。

「アコム」
来店契約の流れ

インターネットから申し込み
審査開始
※申込確認の電話が入る可能性が高い
原則として在籍確認あり
メールに従って
必要書類(公式HP参照)の提出
メールで審査結果連絡
(最短30分)
インターネット上で契約手続き
アコムの無人店舗「むじんくん」
または郵送でのカード受取

(選択可)
※「むじんくん」でのカード受取時、郵送物なし
  • 在籍確認(勤務先確認)あり
  • 無人機でカードを受け取れる

といった特徴は、一般のクレジットカードと異なる部分ですね。

カード受け取り方法は「来店」でも「郵送」でも構いませんが、すべての無人店舗が「ACマスターカード」に対応しているわけではありません
事前にお近くの店舗情報を確認しておくことをお勧めします。

アコム公式HP「店舗・ATM検索」

★在籍確認(勤務先への確認電話)は

  • 申込直後にアコムへ電話で相談
  • 勤務先を確認できる書類の提出

により、高確率で回避可能です。絶対に電話を避けたい、という場合にはご検討ください。

とは言えアコムが在籍確認の際、その社名や用件を第三者に伝えることはありません。
電話は「○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」といったように、お客さんや知り合いを装う形で掛けられます。

最も低難易度とされるカードを発行しているのは「ライフカード」(アイフル系)

最も低難易度とされるカードを発行しているのは「ライフカード」(アイフル系)

先にも触れた通り、正真正銘の「消費者金融会社」が取り扱うクレジットカードは「ACマスターカード」だけ。
ですが、実のところ「ACマスターカード」よりさらに審査難易度が低いとされるカードは別に存在します。

その名前は「ライフカード(dp)」
dpとはデポジット、つまり預り金のことで、こちらは「担保となるお金を事前に支払うことで、獲得できるクレジットカード」ですね。

ライフカード(デポジット型)

▲▼ライフカード(デポジット型)
年会費還元率
5,000円
(一般カード)
10,000円
(ゴールド、限度額90万円以下)
20,000円
(ゴールド、限度額100万円以上)
0.5%
(LIFEサンクスポイント)
国際ブランドETCカード
mastercard年会費、発行手数料ともに無料
限度額5万円のとき発行不可
限度額
(デポジット額)
支払日
5万円
10万円
(一般カード)
20万円
~190万円
(ゴールドカード)
支払い用口座によって異なる
その他
  • カード受取時、「限度額+年会費」を代金引き換えにて、現金で支払い
    ┗限度額は自分で設定可能
    最低負担額5万5000円
  • お誕生月はポイント3倍
  • 提携レジャー施設、サービス等での優待
  • 1時間の弁護士無料相談サービス
  • 各種付帯保険あり
  • 国内空港ラウンジサービス
  • ロードサービス
    (限度額100万円以上の場合のみ付帯)
  • ☆:ゴールドカードのみの特典

    デポジット(預入金)はカード利用者が支払い延滞などの問題を起こした場合にのみ没収されます。

    この仕組み上、ライフカード社側はどんなに信用情報に問題のある人にカードを発行しても、損をすることがありません。

    カード会社にとってのリスクはライフカード(dp)の仕組みのほうが低く、デポジットが払えるならば審査も寛容と考えられます。
    「最も審査難易度の低い」カードはACマスターカードでは無くこちらと言って良いでしょう。

    ……とは言え「ライフカード(dp)」の一時負担金や年会費は非常に高額。
    こちらへの申込を検討するのは「ACマスターカード」等の審査に落ちてしまった後でも遅くはありません。

    あわせて読みたい
    ライフカードに聞いた!デポジット型カードの審査詳細&クレヒス積みについて

    ★ちなみにライフカード社自体は「信販会社」(クレジットカード会社)ですが、その親会社は大手消費者金融会社として知られる「アイフル」です。
    広義の「消費者金融系カード」と言えないことも無いでしょう。

    まとめ

    まとめ

    • 消費者金融が発行するクレジットカードは、現在「ACマスターカード」の1つのみ。
      イメージに違わず審査難易度は低めで、ブラック状態や多くの借金を抱えた方でも通過できる可能性あり
    • ただしカードとしての機能には問題が多く、「一般カードを作れない人が、クレヒス積みのためと割り切って」使うのが一般的
    • デポジット型の「ライフカード(dp)」はACマスターカードよりさらに低難易度。
      ただし一時負担金、年会費がかさむため、申込検討は「ACマスターカード」の審査に落ちてしまった後で良い

    何らかの信用情報問題を抱える場合、強い味方となってくれるのが消費者金融系(またはデポジット型)のクレジットカード。

    機能面での問題が多いとは言え「ACマスターカード」の方は無料で作成できますので、「クレヒス積みのため」と割り切って申込を行ってみるのも良いでしょう。

    ACマスターカードの基本情報

    カード名ACマスターカード
    申込み資格20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    利用可能額10万円~300万円
    審査時間最短30分
    到着までの目安1週間前後(郵送受取時)
    入会金無料
    年会費無料
    支払日選択制
    支払い方式リボ払いのみ
    担保不要
    保証人不要
    必要書類公式HP参照
    金融機関名アコム株式会社 
    住所・所在地東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
    電話番号0120-07-1000
    貸金業登録番号関東財務局長(13)第00022号
    新規お申込はこちら
    ACマスターカード
    年会費無料ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率0.25%
    • 最短1~2時間でカード発行
    • 審査基準がカードローンに近い
    • アコムのカードとバレないデザイン
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う業務の縮小により、クレジットカードを発行できない場合がございます。
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。