1分で分かる!クセ強「ACマスターカード」5つのデメリットとそれでも申し込むべき人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アコムACマスターカードの審査とデメリット。審査通過者の体験談2名を掲載!

「クレジットカードの審査に落ちてしまった。
アコムのACマスターカードというカードなら、普通のカードに比べても審査が甘いらしいけれど…?」

ACマスターカードは審査が甘い…というよりは、普通のクレジットカードと少し異なる審査基準を持ったカード。
具体的に言うとブラック状態、あるいはそれに近い状況の方にとって、重要な申し込み先候補となってくれます。

…が、クレジットカードとしての機能性は最底辺ですので、「審査の甘さ」以外にこのカードを選ぶ理由はほぼないと言ってしまっても良いでしょう。

今回はそんなクセの強い「ACマスターカード」について、審査傾向を含むメリット・デメリットを分かりやすくまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたがこのカードを選ぶべきかどうかが分かります。

1分でチェック!アコム「ACマスターカード」実際のメリット・デメリット

1分でチェック!アコム「ACマスターカード」実際のメリット・デメリット
アコムが発行するクレジットカード、「ACマスターカード」の特性を、はじめにまとめてしまうと以下のようになります。

★1分で分かる!ACマスターカード
▶還元率やクレジットカードとしての使い勝手・ユーザーサービスは正直最低レベル
強いて長所を挙げるなら「即日発行・入手」が可能なことくらい
▶特性は一般カード会社と大きく異なる審査基準。ブラックやそれに近い状況でも通過できる可能性あり
┗同様の特性を持つ「ライフカードdp」とは違い、無料で作成できるのもポイント
→「普通のクレジットカードを作れない」人におすすめ

特性は非常に分かりやすいですね。

正直なところ、普通のクレジットカードを作れる人が、あえて「ACマスターカード」を選ぶ意味はありません
向き・不向きが非常にハッキリしたカードだと言えるでしょう。
(どうしても今日中にカードが必要な事情が無い限り、審査が甘いとされる楽天カード等を選ぶのがベターです)

▲▼ACマスターカード(アコム)
年会費完全無料
国際ブランドMastercard
還元率0.25%
(キャッシュバック)
付帯保険なし
追加カードなし
(ETCカード、家族カードの発行不可)
電子マネーなし
(ApplePayも未対応)
申込み条件
  • 20歳~70歳で、仕事をして収入を得ている
    無職や専業主婦の申込不可
その他・特典など
  • ブラック状態やそれに近い方の通過例が多い
  • 自動リボ払い、さらに引き落とし額の増額不可
    (=「実質1回払い」にはATMやインターネットバンキング等を使った都度支払いが必要)
  • 必ずキャッシング機能…というよりはアコムのカードローン機能が付く
    ┗審査結果によってはローン専用カードが発行されることも
  • 特典と呼べるような特典は存在しない

正直に言うとクレジットカードとしての機能は最底辺…。知っておくべき5つのデメリット

正直に言うとクレジットカードとしての機能は最底辺…。知っておくべき5つのデメリット
まずはACマスターカードへ申し込むにあたり、最低限知っておきたい5つのデメリットについて解説させて頂きます。

①完全リボ払い制、しかも増額引き落としすら不可

ACマスターカードの最大の欠点として挙げられるのは、やはり「リボ払い専用」であること。
お店で1回払いと伝えようが、自動的にリボ払いが適用されます。

公式HPより▲公式HPより

実を言うとこれだけなら、高還元カードとして人気を集める「P-one Wiz」(実質還元率1.495%)等にも共通するところですが…。

なんとこのACマスターカード、毎月の引き落とし額を調整する機能そのものがありません
「支払い待ちのリボ残高が10万円のとき、毎月の支払額は5,000円」というように、支払額はアコムが自動的に決定します。

もちろん毎月の負担額を引き上げることによる、「実質一回払い」は可能ではあるのですが…。
引き落とし額そのものの増額に対応していないアコムの場合、「実質一回払い」には、

  • インターネットバンキングを使ったインターネット返済
  • ATM入金
  • 銀行振込
  • といった手段を毎月用いる必要があります。
    面倒だからと放っておくとリボ残高が膨らんでいく結果になりますので、都度支払いはほぼ必須と言えるでしょう。

    普通のクレジットカードであれば必要ない手間を掛けさせられることは、明らかなデメリットと言わざるを得ません。
    ここまで不便なカードは、実のところ「ACマスターカード」ただ1つです。

    ★ちなみにアコムの締め日は毎月20日。
    リボ払い手数料(年15%、月1.25%程度)を発生させないためには、「毎月20日までに使った分を、翌6日までに全額支払い」する必要があります。期間が短いためご注意ください。

    ②還元率は0.25%と「楽天カード」の4分の1

    ACマスターカードの還元率は0.25%
    ポイントが貯まる形ではなく、毎月の支払額から0.25%が減額(キャッシュバック)される形となります。

    …が、言うまでもなくこの数字は標準的クレジットカードと比べ、かなり低いもの。
    同じく「審査が甘い」カードとして挙げられやすい楽天カード(還元率1.0%)に比べると、実に4分の1相当となりますね。

    ACマスターカードを必要とする方にとって還元率はあまり重要でないとは思いますが、他カードと比べたデメリットであることは確かです。

    ③ETCカードや家族カード、ApplePay等の追加カード・電子マネーには一切対応していない

    ACマスターカードには、

  • ETCカード
  • 家族カード
  • Apple Pay
  • といった、一般クレジットカードには標準装備されている機能が設けられていません。

    その特性上、家族カードに対応していないことは大きな問題でないとは思いますが…。
    特にETCカードを必要としている場合には注意が必要です。

    ④会員特典はほぼ皆無と言ってよい

    ACマスターカードに、会員特典と呼べるようなサービスはありません
    さすがに不正利用補償は標準装備ですが、旅行保険・ショッピング保険や会員限定の優待サービスなどは一切なし

    強いて言えばアコムのカードローン機能が必ず付くことくらいでしょうか。(と言っても別に他カードのキャッシング枠と比べ条件が良いわけでもないのですが)

    還元率の低さ、ETCカード等に対応していないことを含めても、本当にこのカードは「クレジットカードさえ作れれば何でもいい」という方向けなわけですね。

    ⑤審査結果によっては普通のアコムのカード(ローンカード)が発行される

    先述の通り、ACマスターカードには必ず「アコム」のカードローン機能が付帯します。
    …というよりこの「ACマスターカード」自体、「クレジット機能が付いたアコムのカードローン」と考えた方が適切でしょう。

    というのもこのカード、審査結果によってはアコムのカードローン(ローン専用カード)のみが発行されてしまうんですね。

    もちろんこの場合は契約のキャンセルが可能ですが…。
    独立したクレジットカード、というよりは「クレジット機能付きのカードローン」と考えたなら、このカードのサービス内容にも納得できるのではないかと思います。

    ちなみにアコムのカードローンの上限金利は18%(=月1.5%)で、一般的なクレジットカードのキャッシング枠と変わりありません。

    が、

  • 初回30日間無利息
  • 一般的なキャッシング枠に比べると、いくらか大きなお金を借りやすい
  • といった、やや異なる特性を持つのは確かです。

    それでもACマスターカードが選ばれる理由は「ブラックに強い柔軟審査」

    それでもACマスターカードが選ばれる理由は「ブラックに強い柔軟審査」
    ここまで解説してきた通り、クレジットカードとしての機能性は最低レベルと言って差し支えない「ACマスターカード」。

    にもかかわらずこのカードが一定の人気を集めているのは、一般クレジットカード会社と異なる、消費者金融ならではの審査基準にあります。

    これについては、実際のアンケート結果をご覧いただくのが早いでしょう。

    参考ACマスターカードの審査通過状況
    属性契約内容
    • 年収250万円
    • 会社員(2年)
    • 5年以内にクレカ等の強制解約
    • 5年以内に任意整理
    • キャッシング枠10万円
      ※ローン専用カードのみ発行の参考例
    • 年収350万円
    • 会社員(0年)
    • 5年以内に2ヶ月以上の携帯料金延滞
    • 5年以内に携帯等の強制解約
    • クレカ審査落ち歴多数
    • 詳細体験談あり
    • 総利用枠50万円
    • キャッシング枠50万円
    • 年収400万円
    • 会社員(5年)
    • 他社債務3社計130万円
    • 2年以内に1ヶ月以上クレカ延滞
      (ブラック未満の延滞情報)
    • キャッシング枠10万円
      ※ローン専用カードのみ発行の参考例
    • 年収500万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入200万円(銀行)
    • 総利用枠不明
    • キャッシング枠160万円
    • 年収600万円
    • 会社員(30年)
    • 他社借入130万円(銀行)
    • 8年前に個人再生
    • キャッシング枠50万円
      ※ローン専用カードのみ発行の参考例

    「楽天カード」あたりを含む一般カードでは審査通過は難しいだろうという方であっても、「ACマスターカード」(またはアコムのカードローン)であれば審査通過を狙えることが分かりますね。

    さすがに「自己破産から5年以内」といった重度ブラック状態での審査通過は難しいかと思いますが…。

    • 5年以内にクレジットカード等の支払いを、長期間延滞した(※申込時は清算済みであること)
    • 5年以内にクレジットカード等の強制解約処分を受けた
    • 5年以内に任意整理をした

    くらいのブラック状態であれば、ACマスターカードへ申し込んでみる価値はあるだろうと思います。

    ★ちなみに審査に不安を持つ理由が「収入の低さ」にあるのなら、楽天カード等の一般カードでも十分審査通過を狙えます。
    ACマスターカードは、基本的に「信用情報」(クレカ等の利用履歴)に問題がある方向けとなります。ご承知おきください。

    ACマスターカードで信用情報を積むことが、一般カード取得の足がかりに

    ACマスターカードで信用情報を積むことが、一般カード取得の足がかりに
    あえて申込先にACマスターカードを選ぶ意味は、「一般カード会社と異なる審査基準」のみだと言えますが…。
    これに関係するメリットとなるのが、「ACマスターカードで信用情報を積める」ということ。

    アコム含むすべてのクレジットカード発行会社は、「個人信用情報機関」というところに加盟しており、あなたのクレジットカード等の利用履歴(=信用情報)はすべてそこで保存・共有されています。
    これが悪く働いた結果が、いわゆる「ブラック状態」だというわけですが…。

    この信用情報は良い方向に働くことも珍しくありません。
    具体的に言うと、あなたが現在ブラック状態やそれに近い状態であっても、ACマスターカードを取得し適切に利用していけば、「良い信用情報(=カードの利用実績)」を蓄積していけるわけですね。
    その結果、ブラック状態等が明ける頃には、ACマスターカードのようなデメリットを持たない一般的なクレジットカードを作れる…かもしれないというわけです。

    一般的なクレジットカード会社は、信用情報をまったく持たない方を嫌います(申込者の年齢にもよりますが)。
    そして信用情報は一般に5年分しか残らないため、ブラック状態から開けたばかりの方は「信用情報を持たない=一般的なカードの審査に通れない」状況となっていることが多いもの。

    この「普通のカードの審査に通れない空白期間」を、「普通のカードとは審査基準が異なるACマスターカード」が埋めてくれるかもしれない、というわけですね。

    要は普通のカードを作るための「足がかり」として最適だということです。

    ★ちなみにACマスターカードは、信用情報がない(ブラック明け含む)状況でも、多くの場合で問題なく取得可能です。

    一般クレジットカードと全然違う?ACマスターカード発行の流れ:来店可能なら即日発行も

    一般クレジットカードと全然違う?ACマスターカード発行の流れ:来店可能なら即日発行も
    クレジットカード…というよりは「クレジット機能付きのカードローン」と言った方が適切な「ACマスターカード」。
    その特性上、契約の流れも一般カードとは一部異なります。実際に見ていきましょう。

    ①ACマスターカード発行の流れ

    インターネット申込みを用いる場合の「ACマスターカード」契約の流れは以下の通りです。

    ACマスターカード
    取得の流れ

    インターネットから申し込み
    審査開始
    携帯電話へ申込み確認
    このときクレジットカード発行希望を伝えること
    自動返信メールの指示に従い
    必要書類のアップロード
    書類提出と前後する形で在籍確認
    メールや電話で仮審査結果連絡
    (毎日9時~21時)
    インターネット上で契約手続き
    後日カードの郵送
    ※即日での来店受取も可

    基本的にはクレジットカードというよりカードローンの契約過程ですね。

    さて、現在アコムにおいて、「ACマスターカード」と「アコムカードローン」の申込み口は共通です。
    そのためACマスターカードの発行を希望する場合には、電話確認の際に「クレジットカードを作りたい」旨を伝える必要がありますのでご注意ください。

    ★アコムの無人店舗(むじんくん)への来店が可能なら、ACマスターカードの即日受取も可能です(土日祝日含む)。
    ただしすべての店舗が「ACマスターカード」発行に対応しているわけではない模様。あらかじめご確認ください。

    アコム公式HP「店舗・ATM案内」

    ②カードの取得には「必要書類」の提出が必要

    アコムは一般的なカード会社と異なり、口座登録のみを使った本人確認に対応していません
    その結果、契約のためには各必要書類を提出する必要があります。

    ★アコムの必要書類(ネット申込時)
    スマホアプリから提出
    以下からいずれか1点
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証
    (3)パスポート
    (4)マイナンバーカード
    インターネット(スマホアプリ以外)で提出
    以下からいずれか2点
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証+住所確認書類(公共料金の領収書など)
    (3)パスポート
    (4)マイナンバーカード
    またはいずれか1点+住所確認書類(公共料金の領収書など)
    備考
    ※本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合、上の書類に加え「住所確認書類」(公共料金領収書など)が必要となります。
    ※その他収入証明書、勤務先確認書類などが必要になる場合があります。
     ┗この場合はアコムから案内あり
    ※来店契約を選ぶ場合は一部内容が異なるためご注意ください。

    必要書類の提出…とは言っても実際のところは「スマートフォン等で撮影+送信」という形で済みますのでご安心ください。

    基本的には必要書類が少なくて済む、スマホアプリの活用をおすすめします。

    審査のときに勤務先に電話が掛かってくる「在籍確認」って?

    審査のときに勤務先に電話が掛かってくる「在籍確認」って?
    カードローン契約が前提となる「ACマスターカード」では、一般的なクレジットカードの審査とは異なり「在籍確認(勤務先確認)」が要求されます。

    これは簡単に言うと、申込者が「申込内容通りの職場に勤めている」ことを、アコムが確認する過程のこと。
    要は無職の人が、職業を偽って申し込みを行ったりしていないかを確認しているわけですね。

    そしてアコムにおける在籍確認の方法は、原則として「電話」。
    つまりアコムからあなたの勤務先に、連絡が入る形となります。

    …が、このときアコムが電話を取った第三者に対し、社名や用件を明かすことはありません。
    電話は「〇〇(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」程度の内容で、あなたが電話を取るか、第三者が「××は本日お休みです」などの対応を取ってくれればそれで完了。
    時間にして1分も掛からないでしょう。

    ということで、この在籍確認についてそこまで不安に思う必要はありませんが…。

  • どうしても名指しで電話を掛けられるのは困る
  • 勤務先が閉まっていて、誰も電話を取る人がいないときに、カードの即日発行をしたい
  • という場合には「勤務先を確認できる書類」の提出により電話の回避が可能。

    こちらの方法を用いたい場合には、アコム担当者から電話が掛かってきたときに、その希望をお伝えください。

    アコム「ACマスターカード」よりも審査が甘いクレジットカードについて

    独自の審査基準を一番の特徴とする「ACマスターカード」。
    …ではありますが、「日本で最も審査が甘いクレジットカード」はACマスターカード…ではありません。こちらの「ライフカードdp」です。

    ライフカード(デポジット型)券面
    ライフカードゴールド券面
    ★ライフカードdp(デポジット型)
    年会費5,000円
    (一般カード)
    10,000円
    (ゴールド、限度額90万円以下)
    20,000円
    (ゴールド、限度額100万円以上)
    還元率0.5%
    国際ブランドmastercard
    デポジット(預入金)
    • カード受取時、代金引換で「利用可能枠+年会費」を支払い
    • 利用可能枠は以下から選択
      • ○5万円(一般)
      • ○10万円(一般)
      • ○20万円~190万円(ゴールド)

      ※デポジットはカードを問題なく利用し続けられた場合、解約時に返金

    備考
    • ETCカードを付けられるのは利用可能枠10万円~
    • キャッシング枠なし

    この「ライフカードdp」は、信用の代わりにお金を預けるとも言うべきクレジットカード。
    初期負担額は最低5万5000円からと高額なものの、ACマスターカードでは審査通過が難しい、破産者などでも審査結果に期待を抱けます。

    …が、初期負担額の都合上、申込みのハードルが非常に高いのは確か。
    こちらのカードへの申し込みを検討するのは、完全無料で作れる「ACマスターカード」の審査に落ちてしまってからでも遅くはないでしょう。

    ちなみに発行元の「ライフカード」社は一応クレジットカード会社ですが、アコムのライバルにあたる消費者金融「アイフル」の子会社です。

    ACマスターカードの基本情報とメリット・デメリットのまとめ

    ACマスターカードの基本情報とメリット・デメリットのまとめ

    ★ACマスターカードの特性(再掲)
    ▶還元率やクレジットカードとしての使い勝手・ユーザーサービスは正直最低レベル
    強いて長所を挙げるなら「即日発行・入手」が可能なことくらい
    ▶特性は一般カード会社と大きく異なる審査基準。ブラックやそれに近い状況でも通過できる可能性あり
    ┗同様の特性を持つ「ライフカードdp」とは違い、無料で作成できるのもポイント
    →「普通のクレジットカードを作れない」人におすすめ

    人を選びはするものの、「他に選べる申込先がない」方にとっては救世主ともなりうる「ACマスターカード」。

    特に信用情報に不安があり、一般的なクレジットカードの審査に通過できないという場合には、重要な申し込み先候補となってくれることでしょう。

    ACマスターカード
    年会費無料ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率0.25%
    • 最短1~2時間でカード発行
    • 審査基準がカードローンに近い
    • アコムのカードとバレないデザイン
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う業務の縮小により、クレジットカードを発行できない場合がございます。
    ▲▼ACマスターカード(アコム)
    年会費完全無料
    国際ブランドMastercard
    還元率0.25%
    (キャッシュバック)
    付帯保険なし
    追加カードなし
    (ETCカード、家族カードの発行不可)
    電子マネーなし
    (ApplePayも未対応)
    申込み条件
    • 20歳~70歳で、仕事をして収入を得ている
      無職や専業主婦の申込不可
    その他・特典など
    • ブラック状態やそれに近い方の通過例が多い
    • 自動リボ払い、さらに引き落とし額の増額不可
      (=「実質1回払い」にはATMやインターネットバンキング等を使った都度支払いが必要)
    • 必ずキャッシング機能…というよりはアコムのカードローン機能が付く
      ┗審査結果によってはローン専用カードが発行されることも
    • 特典と呼べるような特典は存在しない
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
    • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。