4つのマイメロ&クロミちゃんクレジットカード♪申込先の選び方~受取方法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UCSカード(マイメロディ)券面UCSカード(マイメロディ・クロミ)券面


「はじめてのクレジットカード取得を検討中。
どうせならかわいいカードを選びたいけれど…?」

そんなマイメロちゃん、そしてクロミちゃんファン必見となるのが、マイメロディデザイン・クレジットカード
現在は2社が、それぞれ2種類の「マイメロディデザイン」を用意しているため、4つのデザインの中から好きなものを選べるようになっています。

今回はそんな4つの「マイメロ」カードの基本情報、そして「デザイン」以外の面から見た申込先の選び方、はじめてのカード受取の流れ等を簡単にまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合った可愛いカードを手に入れる方法が分かります。

見た目で選んでOK?全4種類のマイメロカード


「マイメロディ」デザインのクレジットカードを取り扱っているのは、全部で2社。
取り扱いの会社が違うカードの間では、ポイント制度や特典内容が異なるのですが……。

  • 入会費・年会費は完全無料
  • 基本還元率0.5%

という基本的な部分はどちらも同じですので、特に細々したサービスを気にしないのなら、「見た目」で申込先を選んでしまって良いでしょう。

各マイメロディ・デザインカードの券面は以下の通りです。

UCSカード・マイメロディ(2種)
マイメロディVIASOカード(2種)

クロミちゃんのいるデザインは1つだけですので、これを重視するなら「UCS」の方に申し込むこととなりますね。

カードのデザインだけで申込先を決められたなら、それはそれで良いのですが……。

ここからは「サービス面を見て申込先を決めたい」あるいは「申込予定のカードについてもっと詳しく知りたい」というあなたのため、各マイメロカードについてもう少し詳しく解説していきます。

クロミちゃんファン&アピタ・ピアゴ利用者なら「UCSカード」がおすすめ


現在2社が取り扱う「マイメロディ」デザインのクレジットカード。
基本的なサービス面ではどちらの会社を選んでも大きな違いは無いのですが、

  • クロミちゃんデザインのカードが欲しい
  • スーパー「アピタ」「ピアゴ等の利用機会がある

といった場合には、「UCSカード」の選択がおすすめ。

ここからはそんな「UCS」のマイメロディ・デザインカードについてお話しさせて頂きます。

▲UCSのマイメロデザインカード(2種)
★マイメロディ・デザインの「VIASOカード」については、この後の項目をご覧ください。

①アピタ、ピアゴ、宇佐美などの実店舗での優待が嬉しい

「UCSカード(マイメロディ)」の基本情報は以下の通りです。

★UCSカード(マイメロディ)
年会費基本還元率
無料0.5%

(200円につき1ポイント)

国際ブランド

ETCカード
VISA年会費、発行手数料ともに無料
付帯保険支払日
ショッピング保険
盗難保険
不正利用補償
毎月15日締め
翌10日払い
申込条件
18歳以上(高校生でない)
その他
「アピタ」にて9の付く日に5%オフ
「ピアゴ」にて毎週金曜日5%オフ
宇佐美直営のガソリンスタンドで2円/ℓ引き
指定レジャー施設等でポイント優遇または割引等
ドン・キホーテUNYで一部商品割引等
UCSパックツアーでポイント優遇、または旅行代金割引
「ぽいん貯モール」経由のネットショッピングで還元率アップ(サンリオショップ含む)
入会時の利用限度額は10万円~30万円と低いため注意

優待を受けやすい「アピタ」「ピアゴ」の営業エリアは限定的ですが、もしこれらのお店の利用機会があればかなりラッキー。

仮に優待店舗の利用機会が無くても、クレジットカード自体は各「VISA」マークのお店で問題なく利用可能です。

②貯めたポイントは限定マイメロディグッズとも交換できる

UCSカードでは、「請求額200円ごとに1が付与されます。
Uポイントは商品券などへの交換を想定する場合、1ポイントあたり1円相当となるのですが……。

「マイメロディ」カードユーザーは、貯めたUポイントを限定・マイメログッズと交換することができます。

★交換グッズの例(画像は公式HPより)



「ポイントを貯めて限定グッズがもらえる」というのは、もう一方の「VIASOカード」には無いメリット。
せっかくマイメロディカードを作るのであれば、ぜひとも限定グッズを手に入れたいところです。

★現在の交換対象「マイメロディ」グッズについては、以下の公式HPをご覧ください。

CHECKUCSカード公式HP「マイメロディ会員さま限定・Uポイント交換のご案内」

★「Uポイント」の有効期限は「最長2年」、具体的には「当年3月~翌年2月請求分までに獲得したUポイントが、翌々年2月17日の午後9時まで」有効とのこと。
特に多くのポイントを要する商品を狙う場合にはお気を付けください。

★「マイメロディ」グッズ以外の主な交換商品
1000「Uポイント」
→図書カード(1000円分)
→ギフトカード(1000円分)
→ユニー商品券(1000円分)
→ユニコ電子マネー(1000円分)
→JMBマイル(500マイル)
→ユニセフへの寄付(1000円分)
→日本赤十字社(1000円分)

③VIASOカードとは異なり、無条件でのショッピング保険付き

UCSカードは、後述の「VIASOカード」とは異なり無条件で「ショッピング保険」が付帯します。
その内容は、

以下の条件を満たす場合、「商品購入額-3,000円」を補償

  • UCSカードを使い、5,000円~100万円の物品を購入
  • 購入から90日間以内、かつ事故発生から45日以内に連絡

というもの。
例えば3万円のワンピースを購入後、その帰り道に置き引きにあってしまった…なんて場合、自己負担額3,000円を差し引いた2万7000円の補償を受けられるわけですね。

ショッピング保険のサービス自体はそこまで珍しいものではありませんが、こういった保険が無条件で付いているのは安心ですね。

ただしカードとしてのスペックが優れているわけではない

  • 指定店で優待を受けられる
  • ポイントを限定マイメログッズと交換できる
  • ショッピング保険付き

といった意味では「VIASOカード」より優れる「UCSカード」。

……ですが、これらのメリットはあくまで「VIASOカード」と比べた場合の話であり、その他のサービス面においてはより優秀な無料カードが数多く存在します。
特に「マイメログッズ以外の交換先・交換レートが微妙」というのはちょっと痛いところですね。

参考オリコカードはUCSカードの2倍のペースでポイントが貯まり、Tポイントや楽天ポイントといった使い勝手の良い他社ポイントに交換可

もちろんデザイン面、そして「貯めたポイントを限定グッズに交換できる」という意味では他に代わりのない「UCSカード(マイメロディ)」ですが……。

もしも今後カードを使っていく上で、「おトクさ」「利便性」を重視したいのであれば、他社の高還元カードの利用も併せて検討したいところです。

あわせて読みたい
【高還元クレジットカード5選】各ポイントの貯め方使い方まで詳しく解説!

とにかく簡単にカードを使いたいなら「VIASO」カードを選ぼう

続いては、「とにかく簡単に」利用できることが特徴のVIASOカード(マイメロディ・デザイン)についてお話しさせて頂きましょう。

▲マイメロディ・デザインのVIASOカード
★VIASOカード(マイメロディ)
年会費基本還元率
無料0.5%
(1000円につき5ポイント)
国際ブランドETCカード
VISA
Mastercard
年会費無料
発行手数料1,100円
付帯保険支払日
海外旅行保険
ショッピング保険
(リボ払い時のみ)
盗難保険
不正利用補償
毎月5日締め
当月27日払い
申込条件
18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
その他
累計ポイントが1,000に達したとき、支払い用口座に1ポイント=1円として入金
ETC通過料金、携帯電話料金、インターネット料金の還元率2倍(例外あり)
「VIASO eショップ」経由のネットショッピングで還元率アップ(サンリオショップ含む)

特徴は「累計ポイントが1,000に達したとき、支払い用口座に1ポイント=1円として入金」されるという、自動キャッシュバックサービス。これによりポイント交換の手間が発生しないのが嬉しいところです。

VIASOカードのポイントシステム詳細

  • ポイントが貯まる期間は「入会月から1年間」
  • 1年後、貯まったポイントが1000ポイント以上であれば、1ポイント=1円として支払い用口座に入金される
    (=年に1回キャッシュバック)

※2年目以降も同様
貯まったポイントが1000ポイントに満たない場合は帳消しとなる
(=ポイントすべてが無駄になる)

優待店舗数はUCSカードに比べ少ないものの、UCSの優待を利用する機会が無さそうであれば、かえってVIASOカードの方が手間なく・おトクに利用できるかも。

「難しいことなしにクレジットカードを作りたい」という場合には、こちらのカードを選ぶのが無難でしょう。

★VIASOカードのポイントシステムの仕様上、年間カード利用額が20万円以下(月平均1万666円以下)になると推測される場合の申込はおすすめしかねます。

「マイメロディカード」受け取りまでの流れ


「マイメロディカード」一般的な受取の流れは以下の通り。
UCSカードであってもVIASOカードであっても、大きな流れに違いはありません。

「マイメロディカード」取得の流れ

インターネットから申し込み
ネット上で支払い口座登録
(VIASOカードのみ)
審査
※申込確認の電話が入る可能性あり
メールで審査結果連絡
※VIASOカードは最短即日
※UCSカードは1週間以上掛かることも
支払い口座登録用紙の郵送
(UCSカードのみ)
郵送にてカード受け取り
(ここまで2週間程度~)

何かやるべきこと(口座登録など)があればその都度メール等で連絡が入りますので、カード会社の指示に従っておけばそれでOK
クレジットカードの取得が初めてであっても、「何をすべきか分からなくてカードを作れない」といったことは無いでしょう。

★UCSカードの場合(またはVIASOカードで、ネット上での口座登録ができなかった場合)には、「本人限定受取郵便」という方法でのカード受け取りが必要となります。

こちらは簡単に言うと「本人確認書類(運転免許証、保険証など)を配達員に提示し、本人証明を行った上で重要書類を受け取る」方法。
特に難しくはありませんが、利用する上では事前の電話打ち合わせまたは指定窓口への来局が必要となるためやや面倒ではあります。
あらかじめご承知おきください。

参考クレジットカードの審査と入手の流れ:本人限定受取郵便について

★もしもあなたがすでに「VIASO」カードをお持ちであれば、カード番号を変更せず「マイメロディ」デザインへの切り替えが可能です。
これを希望する場合には、カード裏面に記載の電話番号にお問い合わせください。

ただしこの場合は1,100円の発行手数料が掛かる上、国際ブランド(VISAまたはMastercard)の変更はできません。
また、1人が2枚以上の「VIASO」カードを取得することも不可能となってます。

クレジットカードの審査って厳しいの?

マイメロディカードに限らず、すべてのクレジットカードは「要審査」

……とは言えここで挙げたようなカードの取得難易度は、決して高くありません。

  • 過去に何らかの後払いサービス(クレジットカード、各種ローン、分割払い等)で長期延滞等の問題を起こした
  • 多額の借金(奨学金や自動車ローン、住宅ローン等は含まない)がある
  • といった場合でなければ、高確率で審査通過を狙えることでしょう。学生やフリーターの方でもOKです。

    また仮に審査に自信が無くても、1つのクレジットカードの審査に落ちてしまうことにさほどのデメリットはありません。

    審査に落ちてしまってからのことは、実際に結果を受け取ってから考えても遅くないため、正真正銘のブラック状態でも無い限りは「ダメ元」で申し込んでみるのも手段の一つです。

    まとめ


    • マイメロディデザインのカードを取り扱っているのは「UCSカード」「VIASOカード」の2社。
      この2社が2種類ずつのデザインを展開していることから、「マイメロディ」デザインのクレジットカードは全4種類となる
    • 「UCSカード」はアピタ等での優待の他、貯めたポイントを限定マイメログッズと交換できる
    • 「VIASOカード」は貯めたポイントを自動でキャッシュバック。面倒なくカードを使いたいならこちら

    2社が2種類ずつ取り扱うマイメロディカード。とは言え「年会費無料」「基本還元率0.5%」といった基本情報に違いはありません。

    そのため優待店を利用する機会があるか、限定デザイングッズを手に入れたいか、といった個人的な要素を元に、申込を先を選ぶのが基本となることでしょう。

    あわせて読みたい
    5つの「UCSカード」取得メリットと申込先の選び方を分かりやすく解説!
    三菱UFJニコスに突撃取材!MUFGカード/VIASOカードのメリットとは

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。