ETC車載器のセットアップ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車載器に記録される車両情報は暗号化され不正防止されている

ETCシステムでは料金所を通過する際、車載器にインプットされたクルマの車両情報を読み取って、料金を算出しています。そのための車両情報をインプットする作業を「ETC車載器のセットアップ」と呼びますが、このインプット作業をする時は、なりすまし等の不正を防止するために、情報を暗号化した上で行わなくてはなりません。

セットアップ作業は、重要かつ高度な技術が求められるため、「セットアップ店」と呼ばれる登録制の専門店が実施しています。セットアップ店として登録するためには、技術はもちろん信頼のおける店であるかどうかも厳格に審査されています。

セットアップ店は2014年11月現在、全国に約26,000店存在しています。そのうち自動車(四輪車)のETCセットアップ取扱店は約25,500店、バイク(二輪車)は約1800店です。まれに両方取り扱っている店もありますが、一般的にはどちらかのみの扱いとなっているので下記のステッカーを目印にしてください。

大型のカー用品店では大抵セットアップが可能です。近くにある店舗を知りたい方は、下記のサイトから確認してください。

参考: 一般財団法人ITSサービス高度化機構
セットアップ店検索
http://www.go-etc.jp/shop_search/

車載器には個人情報も記載されているの?

車載器には、住所や氏名のような個人を特定する情報は含まれていません。居住地を変更しても再セットアップする必要はありませんが、ナンバープレートがかわった場合は再セットアップ(有料)が必要です。また車載器では通行料金の決済はできません。通行料金の決済には、ETCカードが必要です。

セットアップ証明書は大切に保管しておくこと

セットアップには以下の書類が必要です。

・セットアップ申込書
・車検証
・車載器の管理番号

※代理人(車検証に記載されている車両所有者本人以外)が申請する場合、実車の持ち込みが無いときは委任状が必要になります。

ETCセットアップの手順はこちら

セットアップが終わったら「セットアップ証明書」という書類を忘れずに受け取って下さい。この書類には、再セットアップを行ったりマイレージサービスなどを申し込むときに必要な「車載器管理番号」が記載されているので、車検証と一緒に紛失に気をつけて保管しておいてください。

セットアップ証明書が必要になるのはどんな時?

(1)マイレージサービスの申込み
(2)ETC関連のサービス申込み
(3)車両変更などで再セットアップが必要になったとき
(注意)セットアップ証明書は再発行してもらえません。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。