ETCカードの取り扱いに関する注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

走行時は常に差しておき、車を降りるときは必ず抜く!!がETCカードの基本

ETCカードは、いつもクルマに差しっぱなしという人が多いことに驚かされます。とくに、ETC専用カードの場合は、有料道路の料金精算以外に利用できないために、その傾向が高まっているようです。

しかし、ETCカードも一種のクレジットカードですから、盗難に遭う可能性があります。とりわけ近年は国内でも車上荒らしの被害が深刻となっていますので、ドアに施錠していても被害にあってしまうということも十分考えられます。とくにバイクの場合、サービスエリアやパーキングエリアの駐車場で、カードを抜かれるという被害が多発しているようです。

また、意外と知られていないようなので是非お伝えしたいのですが、クレジットカードが不正利用された場合、カードに付帯している保険で損害金額が補償される場合がほとんどです。しかし、ETCカードを車載器に挿入(セット)したまま放置していて盗難されたとなると、管理を怠ったということで自己責任を問われてしまい補償対象外となってしまうようです。自動車を降りるときは、必ずETCカードを携帯するようにしましょう。

また、ETCカードを車内に放置していると盗難の恐れがあるだけでなく、カードが劣化して使えなくなってしまう危険があります。真夏の車内温度は70℃を超えてしまうこともありますが、クレジットカードは50℃を超えると変形する可能性があると言われています。一度変形してしまったカードは無理に車載器に押し込まずにカード会社に再発行してもらいましょう。

ちなみに車載器によっては、「ETCカードはエンジンをかけてからセットし、エンジンを切る前に抜いて下さい」と説明書に記載されている場合があります。これは、エンジンのON/OFF時にカードが入っていると異常電流が流れてICチップが壊れる可能性があるためです。
そうはいっても、これはメーカーが万が一のための安全策をとって記載している注意事項であり、このことが原因でカードが使えなくなったという人は私の周りにはいないのですが、念のため説明書に記載されているとおりに操作したほうがいいでしょう。

ETCカードの挿入に関するトラブル
ETCカードの有効期限

ETCカードを保管する上での注意点は?

ETCカードはクレジットカードと同じく、磁気や汚れ・水分に弱いという特徴があります。
車内では、オーディオ機器や携帯電話のスピーカーの近くに置かないようにしてください。また、車載器はもちろんサイフに無理に押しこむなどして変形させないように注意しましょう。

また、ICチップの部分が汚れていたり濡れていたりすると、読み取りにくくなってしまうので、かわいた布で優しく拭いて下さい。カードの読み取りができない場合も、ゲートは開かず通過不能となってしまいますよ。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。