ETC/一般共用レーンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETC搭載・非搭載にかかわらず通行可能な「ETC/一般共用レーン」は、時間帯や交通量によってかわる可能性あり

有料道路の料金所でETCに対応しているレーンは、2種類あります。そのうちの一つが、「ETC/一般共用レーン」と呼ばれるものです。これは、その名のとおり、ETC搭載車とETC非搭載車の両方が通行可能となっています。
それに対して、ETC専用レーンはETC搭載車のみが通行可能なレーンです。
通行レーンの見分け方

ETC/一般共用レーンは、ETC搭載車であれば一旦停止することなくノンストップで通過することが可能ですが、非搭載車の場合は一般レーンと同様に、一旦停止をして手渡しで料金の支払いをします。支払いには現金はもちろん、ETCカードや一般のクレジットカードが利用できます。ETC専用レーンとは異なり、常に先行車がETC非搭載車である可能性を考慮して、追突事故を起こさないように十分に注意する必要があります。

もちろん、ETC搭載車ならETC専用レーンを通行する方が効率がよいのですが、道路の渋滞状況を考えてETC搭載車専用と一般車専用が混在するレーンが用意されています。
そのため、時間帯や交通量によってレーンがかわる可能性があります。このレーンは、いつも共用レーンだから、といった見込みで運転せずに必ず看板を確認してからレーンに入るようにしてください。また、無理な車線変更は大変危険なので余裕をもって案内表示を確認しておき、安全に目的のレーンに入れるようにしましょう。

ちなみにETC/一般共用レーンを利用する車は、ETC搭載車が圧倒的に多いようです。非搭載車がこのレーンを利用する場合は、追突のリスクを回避するためにもハザードを点灯させて車を停止させるのが賢明ですね。

ETC/一般共用レーンを通行してもETC割引きは受けられるの?

共用レーンを通行した場合でもETC割引きは適用されます。
ただし、無線通行をしないとETCを利用したと認定されないため割引きが受けられなくなってしまいます。ついうっかり停止して、通行券を受け取らないように注意してください。

ETC割引制度について

>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ




カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。