【イオンカードde家賃とは】他社カードの方がおトクなことも?良い物件の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「毎月の家賃負担を抑えるため、クレジットカード払いを使いたい。
近くの不動産屋に行ってみたら<イオンカードde家賃>という制度で、イオンカードでのみ支払いができるとのことだけれど……?」

イオングループが提供する家賃支払いサービス「イオンカードde家賃」
これは名前の通り、イオンカードを使って家賃支払いを可能にするサービスではありますが……。
不動産会社によってはイオンカードにかかわらず多くのクレジットカードを取り扱っているため、「イオンカードde家賃」に加盟しているにもかかわらず、他社カードを使った方がおトク……なんて事態も十分に考えられます。

今回は「イオンカードde家賃」について、その概要や単なる「クレジットカード決済対応」不動産会社との違い、この制度を出発点にした物件の見つけ方や支払いに使うイオンカードの選び方をまとめました。
読み終えていただければ、可能な限りおトクに引っ越し先を探す方法が分かります。

「イオンカードde家賃」ってどんなサービス?

まずは、「イオンカードde家賃」というサービスの概要について見ていきましょう。

①指定不動産屋が紹介する物件で、イオンカード決済が可能になる

「イオンカードde家賃」とは、イオンカードと特定の不動産会社が提携を結び、その不動産会社が提供する賃貸物件で「イオンカード」を使った家賃支払いが可能になる、というサービス。

家賃をクレジットカードで支払えるのなら、振込の際の手間や手数料を節約できますし、入金を忘れることもありません。
ついでにポイントも貯まるので、現金支払いよりはよほどメリットが多いと言えるでしょう。

ただし2018年9月現在、「イオンカードde家賃」の参加不動産会社は36に留まる模様。
全国の宅建業者数が12万を超えるらしい(参考PDF)ことを考えると今のところ普及率が高いとは言えず、「利用できたらラッキー」程度の立ち位置に留まりそうです。

★敷金や礼金などの初期費用・更新料や不動産管理会社に支払う管理費が対象になるか、また分割払いは可能か、といった詳細は不動産会社や物件によって異なります。

②ただし支払いをイオンカードにこだわる必要はあまりないかも……

「イオンカードde家賃」は、イオンカードと不動産会社が直接提携して提供するサービスですが……。
実はこれとは全く関係なく、クレジットカード払いに対応している物件は少なくありません。

「イオンカードde家賃」の加盟社数を考えると「一般的なクレジットカード対応物件数>>イオンカードde家賃の対応物件数」であることには間違い無いと言えます。
そういうわけで、「イオンカードで家賃を支払いたい」という場合であっても、まずは一般的なクレジットカード払いに対応した物件をあたるのが有効でしょう。

CHECK2.「イオンカードde家賃」を出発点に引っ越し先を探す方法

となると、気になってくるのが他社カードの存在。通常のカード払い対応物件であれば、そもそも「イオンカード」を選ぶ必要がなくなってくるわけですね。

イオンカードの還元率は、ごく普通の0.5%。(「ときめきポイント」の貯まるカードの場合)
年会費無料で1%以上の還元を実現させているカードが多いことを考えると、他社カードを選んだ方がおトクであるのは確かです。

もちろん「イオンカードde家賃」加盟社で、イオンカード以外のカードを利用できない物件を借りたい場合には、「イオンカード」を作るのがベストとなるのですが……。
「イオンカードde家賃」の参加企業を見る限り、その他のカードを使った支払いに対応している会社も少なくないのです。
(=「イオンカードde家賃」加盟の不動産会社を利用する場合であっても、他社カードを使える可能性がある)

カード払い対応の不動産会社を利用されるにしても、まずどういったカードを使えるのか(イオンカード以外のカードも使えるのか)という点は、事前に確認しておきたいところです。

★クレジットカードを使った家賃支払い方法の概要について詳しくは、以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
【家賃・契約金のクレジットカード払いFAQ】更新料、反映時間、分割

<「イオンカードde家賃」なら、連帯保証人は原則不要>

「イオンカードde家賃」を利用する上で、地味にうれしいのが「連帯保証人が原則不要である」こと。これはイオンカードが、あなたの支払い能力を保証してくれる(保証会社となってくれる)からですね。

最近は保証人不要の物件も増えてきたとは言え、やはり保証人に同意を取るなど無駄な手間を省けるのは嬉しいところ。
また、保証人を付けられない事情がある場合には、「イオンカードde家賃」加盟会社は心強い味方となってくれることでしょう。

★ただしイオンカードがあなたの支払い能力を保証する以上、「イオンカードde家賃」利用時には簡単な審査が入ります。
これまで問題なくクレジットカード(他社のもの含む)を使ってきたのなら問題は起きないと思われますが……。
あなたの支払い能力や信用情報によっては「イオンカードde家賃」の利用を断られ、連帯保証人の設定を求められる可能性もあります。あらかじめご留意ください。

クレジットカードを使った家賃支払いのできる物件を探す方法

ここからは「イオンカードde家賃」の基礎知識を踏まえた上で、クレジットカードを使った家賃支払い対応の物件を探す方法を紹介していきます。

①まずは「イオンカード」関係なしに、カード決済のできる物件を探してみよう

先述の通り、「イオンカードde家賃」の加盟者数は多くない上、通常のクレジットカード支払い対応不動産会社ともダブりがあります。
ついでにイオンカード以外を使える物件であれば、イオンカードよりポイント還元率の高いカードを使った方がおトク。

そのためクレジットカード(イオンカード含む)で家賃支払いを行いたいのなら、「イオンカードde家賃」にこだわらず、広い範囲で「カード払い対応物件」を探してみるのが良いでしょう。
以下に、クレジットカード払い対応物件を絞り込める不動産情報サイトの例を掲載させていただきました。

大東建託公式HP「クレジットカードで契約金・家賃が支払える」
at home公式HP「クレジットカードで支払える物件特集」
ライフルホームズ公式HP「クレジットカード利用可能物件特集」
ホームアドパーク公式HP「クレジットカードで支払い可能な物件特集」

この時点で気になる物件が見つかれば、それに越したことはありません。
賃貸情報サイトに掲載の不動産会社と連絡を取った上で、内覧や契約準備に進むことができます。

★この場合、家賃支払いには「イオンカード」よりも、その他の還元率の高いカードを使った方がおトクとなります。

あわせて読みたい
クレジットカードのポイント制度と、初心者向けの高還元カードについて
クレジットカードの使い分け:メイン使い向きのクレジットカードはどれ?

②お近くの「イオンカードde家賃」加盟店に行ってみよう

インターネット上で「ここに決めた!」という入居先が見つからなかったのなら、ここではじめて「イオンカードde家賃」加盟店をチェックしてみると良いでしょう。

ネット上にすべての物件が紹介されているわけではありませんので、ここでは実際に「イオンカードde家賃」加盟店に出向き、希望に合う物件を探してもらうのが効果的です。
(もちろんネット検索が可能な不動産会社であれば、これを使っても構いません)

「イオンカードde家賃」の加盟不動産会社は、以下の公式HPから確認可能です。

イオンカードde家賃

……とは言え加盟者数が少ない現状、お近くに当該店舗が無い可能性も低くありません。この点に関してはあらかじめご留意ください。
また、加盟社の取り扱いであってもすべての物件が「イオンカードde家賃」に対応しているとは限りませんので、この点についても確認しながら手続きを進めていく必要があります。

③希望物件が見つからなかったなら、クレジットカード払いを諦めるのも一考

クレジットカード払い対応物件、あるいは「イオンカードde家賃」加盟者が取り扱う物件に「これだ!」というものが見つからないのなら……。
クレジットカード払いは諦めて、銀行振り込みなどで支払いを行う物件にまで、視野を広げざるを得ません。

そもそもクレジットカード加盟店(クレジットカードを使えるお店、不動産会社を含む)は一定の加盟店手数料をカード会社に支払うことになるため、その分もともとの賃料が高めに設定されやすいです。
特に家賃重視で物件をお探しなら、クレジットカード払いにこだわらない方が希望にかなう物件を見つけやすいでしょう。

物件探しにはインターネットを使っても構いませんが、非公開物件のことを考えると実際にお近くの不動産屋さんに出向いた方が良いかと思います。
運が良ければ、非公開のカード払い対応物件を紹介してもらえるかもしれません。

「イオンカードde家賃」の支払いに選ぶイオンカードはどれがいい?

あなたが「イオンカードでの決済にのみ対応した物件」を借りることになった際、申込先の候補となるイオンカードは以下の通りです。

★以下に紹介するいずれのカードも、年会費は無料です。

★すべてのカードに以下のサービスが付きます。

  • イオングループの対象店舗でポイント2倍(200円につき2ポイント)
  • 毎月20日、30日はイオングループで5%オフ(例外店舗・商品あり)
  • 55歳以上なら毎月15日、イオングループ5%オフ(例外店舗・商品あり)
  • 毎月10日はショッピング還元率2倍(200円につき2ポイント) 他
「イオンカードde家賃」で使えるイオンカード(一部)
還元率 特徴など
イオンカード(WAON一体型) 0.5%
ときめきポイント
  • 電子マネー「WAON」機能付帯
  • イオンカード(ミニオンズ)
  • イオンシネマ鑑賞料1,000円(年50枚まで)
  • USJでポイント10倍
  • イオンカード(TGCデザイン)
  • イオンシネマ鑑賞料1,000円(年50枚まで)
  • OPA、VIVRE、FORUSで年4回10%オフ
  • イオンSuicaカード
  • 電子マネー「Suica」機能付帯
  • Suicaのオートチャージ可能
  • 「モバイルSuica」の登録無料
  • イオンカードセレクト
  • 電子マネー「WAON」機能付帯
  • イオン銀行のキャッシュカード機能付帯
  • 引き落とし口座に指定できるのはイオン銀行口座のみ
  • コスモ・ザ・カード・オーパス
  • 電子マネー「WAON」機能付帯
  • コスモ石油での燃料油が会員価格に(割引幅は店舗による)
  • イオンカードJMBカード 200円につき1マイル(JAL)※
  • JMB(JALマイルを貯める機能)付き
  • 電子マネー「WAON」機能付帯
  • ※JALマイルの価値はこれを航空券に交換する場合、1マイルにつき2円~

    上のカードはすべて年会費無料、還元率も大きく変わりませんのでどれを選んでも構いません。カードそれぞれのメリット(WAON付帯など)をもとに、さほど気構えず申込先を決めましょう。

    ただ、「今後もSuicaを使うか」「イオンシネマに行く機会があるか」といった点については、引っ越し先が決まるまで何とも言えないかも……。
    そう考えると、申込先カードは契約物件に目星を付けた上で決めたいところですね。

    ★上に紹介していないイオンカードも「イオンカードde家賃」の対象となります。
    詳しい内容については、以下の公式HPをご覧ください。

    イオンカード公式HP「カード一覧」

    まとめ

    「イオンカードde家賃」加盟不動産会社で対象物件を借りれば、家賃をイオンカードで支払える。ただし加盟社数はまだ少ない上、イオンカード以外のカード払いに対応していることも少なくない模様
    ★原則連帯保証人は不要なので、わけあって保証人を付けられない場合には心強い味方となってくれる
    ★加盟社数の関係から、カード払い対応物件を探すためには「イオンカードde家賃」にこだわらない方が良い。それでもネット上でピンと来る物件が見つからない場合に、加盟店舗に出向いてみるのが◎
    ただし家賃重視で部屋を探すなら、カード払い対応物件を諦めた方が良いことも……。
    ★家賃支払いに使うイオンカードはどれを選んでも構わないが、付帯サービスのことを考えると物件に目星をつけた上で申し込みたいところ

    毎月の家賃をクレジットカードで支払えるのなら、それに越したことはありません。
    まずは「イオンカード」にこだわらず物件を探してみた上、ピンと来るものがなければ、お近くの「イオンカードde家賃」加盟店舗に相談に行ってみましょう。

    あわせて読みたい
    【家賃・契約金のクレジットカード払いFAQ】更新料、管理費、反映時間、分割払い他
    イオンカード(ミニオンズ)のメリットと上手な使い方
    【イオンカード】系なら進路が決まれば高校生でもクレジットカードを作れる【1月から】
    イオンカードセレクトがイオンユーザーにとって最強にお得なカードである理由【徹底分析】

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。