エポスカード1枚で海外旅行傷害保険は十分なのか?徹底検証!

エポスカードが他の年会費無料カードと大きく差をつけているのが海外旅行傷害保険
実は珍しいんですよ、年会費無料カードでエポスほどの保険がついてるのって。

旅行中に事故にあったり、病気にかかってしまったりした時に、軽いものであっても保険がないと100万円をゆうに超える医療費が請求されてしまうので、海外旅行保険付きの年会費無料カードとしてエポスカード(丸井カード)は特に人気があります。

今回はそんなエポスカードの旅行保険を特集します。 実際に海外でもしものことがあったらどれくらい費用がかかるのか?それをマルイカードでまかなうことはできるのか? あくまで実用性にこだわって検証します!

エポス以外のカードも合わせて検討したい方は、こちらの記事もご覧ください。
海外旅行保険付き最強クレジットカード一覧!年会費無料の付帯保険、有料なら?

関係ないけど、カードデザインが好きという声も。



エポスカードの公式サイトはこちら

エポスカードを無料でゴールドカードにする方法。インビテーション条件

目次
そもそもエポス付帯の海外旅行保険ってどんなの?
  エポスカードの旅行保険の概要
  救援者費用とか損害賠償とかいろいろあるけどどういう意味?
  エポスの保険は「自動付帯」
  ゴールド会員には補償がさらに手厚くなるよ
  他のカードの保険と合算することもできる
  カバーしきれない部分も少しはある

海外旅行保険はエポスカード1枚あれば十分なのか?
  傷害・疾病治療費に注目しよう
  お国別、エポス1枚で大丈夫か判定
  まとめ~海外での医療費は高めに見積もるべし

保険で選ばれている人気カードを比較してみた

エポスカードの関連ページ

そもそもエポス付帯の海外旅行保険ってどんなの?

エポスカードの旅行保険の概要

まずは、この海外旅行傷害保険にはどういった補償があるのかを見てみましょう。

傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
医療費キャッシュレスサービス あり

※金額は1事案、1旅行中の限度額

どうですか?年会費なしでこれが自動付帯ですよ? ピンと来ませんか。ですよね。 では、ピンと来るように解説を進めましょう。

救援者費用とか損害賠償とかいろいろあるけどどういう意味?

まずはそれぞれの補償内容がどんな時に支払われるものなのか、そこから理解を深めたいと思います。


傷害死亡・後遺障害
補償額:
最高500万円
これは説明するまでもないでしょう。
海外旅行期間中に事故による不幸があった時や、ケガをして後遺症が残ってしまった場合の補償金です。

ただし、対称となるのはあくまで「不慮の事故」。例えばケンカや飲酒運転など「そんなの自分のせいでしょ」というような理由によるものや、他にもスカイダイビングなど危険なスポーツ中の事故などまでは面倒見てくれません。


傷害治療費用
補償額:
最高200万円
こちらも読んで字のごとしですね。事故でケガをした時の治療費用などを補償します。
対象外となるものは死亡・後遺障害と同じです。


疾病傷害治療費用
補償額:
最高270万円
同じく見たまんまです。海外で急に発症することが多いのが感染症や盲腸、心臓や脳の病気など。このような疾病の治療・入院費用を補償してくれます。

ただし虫歯や歯周病などにだけは気をつけてください。なぜなら歯科疾病が補償対象外だから。そんなん国内にいるうちに歯医者さん通っとかんかい、ってことらしい。


賠償責任 補償額:最高2000万円
不意に他人にケガをさせてしまったり、人のものを不意に壊してしまって賠償・弁償することになった、という場合です。
その損害賠償額、裁判になってしまった際はその訴訟費用までもが補償されます。


救援者費用 補償額:最高100万円
旅行に不慣れな方には聞き慣れない言葉かもしれません。
これに該当するものは、まず第一にカードの所有者が遭難した際の捜索や救助にかかる費用です。

実はそれよりも重要なのがここから。
事故や病気の報せを受けた家族が現地に駆けつける為の渡航費や宿泊費、そして国内の病院などへ搬送するための費用。これも補償対象です。

特に病人やけが人を搬送するにはチャーター機が必要になるので、この補償が無ければとんでもない出費が待っています。


携行品損害(免責3,000円) 補償額:1点10万円、最高20万円
渡航先によっては治安にも気をつけなければなりません。
それでも万が一持ち物が盗難にあってしまった時、あるいは不慮の事故で持ち物が破損してしまった際の補償がこちらです。
品物1点につき最高10万円、一回の旅行に付き合計20万円までが補償されます。ただし免責分の3,000円だけ自己負担が必要です。

ただし単なる置き忘れや紛失、外装に傷がついた程度の軽度な損傷、サビや変色などの自然な損耗は補償されません。
また、カードや書類などの損害額が算定できないものや現金、金券類なども対象にはなりません。


医療費キャッシュレスサービス
実際に診療や治療を受ける際、その場での費用をカード会社が支払ってくれる、というものです。
もし逆にこのサービスが無かったとしたら、ヘタすると数百万円にも上る治療費を一時的にとはいえ自分で支払わなければなりません。
その上、さらに悪い事に手持ちが無かったりしたら治療自体が受けられないことも…

実際にこのサービスが必要になった時は、保険会社のアシスタンスサービス窓口に電話で相談しましょう。もちろん24時間、日本語で対応してくれます。

ちょっと見落としがちなのが、クレジットカードの旅行保険は総じて死亡時・後遺障害の補償があくまで事故によるものが対象であること。つまり病死が補償対象外なのです。 もし海外で脳疾患や心臓発作などを起こしても、治療費・入院費用はカバーされるものの、それによる死亡・後遺障害への補償はされません。
死亡時に関しては別途疾病死亡保障特約のある保険に加入するか、あるいは日頃から健康管理をするほかありません。

エポスの保険は「自動付帯」

保険でカードを選ぶときに落とし穴になりがちなのが、自動付帯なのか、それとも利用付帯なのか。

エポスカードの場合は自動付帯。 これは補償を受けるのにカード利用などの条件がなく、ただカードを持っているだけで海外旅行の際に保険の対象になるということです。

逆に利用付帯のカードだとどうなるかというと、旅行にあたって利用した旅行会社や宿泊施設、航空券やタクシーなどの代金の支払いをそのカードで行っていることが補償の条件となります。楽天カードがその例ですね。
中には三井住友VISAクラシックのようにカード利用によって補償金額がアップするというものも。

ゴールド会員には補償がさらに手厚くなるよ

エポスカードの魅力は、年間利用額がそんなに大きくなくてもゴールドカードが年会費無料で持てること。
詳しくは以前こちらで解説した通りです。
エポスカードを無料でゴールドカードにする方法

ゴールド会員になると、補償額がこのように変わります。

傷害死亡・後遺障害 500万円 → 1,000万円

傷害治療費用 200万円 → 300万円

疾病治療費用 270万円 → 300万円

また、ゴールドカードを持っていると国内19空港とホノルル、仁川の空港ラウンジが無料で利用できるようになります。

余談ですがセントレアのラウンジは生ビールがおかわり自由。熊本空港に至っては球磨焼酎までフリードリンク扱い。さすが焼酎消費量5位の県。

他のカードの保険と合算することもできる

もし他にも保険の付帯されるカードを持っているなら、その最大補償額は合算することができます
例えば、もう一枚のカードに200万円の疾病治療費補償が付いていたとすると、エポスの270万円と二社合わせて最大470万円の補償を受けることができます。

そのため、渡航する機会の多い方は旅行保険が付帯されるカードをメインカード以外にも複数枚所持していることが多いようです。

ただし、唯一例外なのが死亡時の補償。これだけはどちらか保障額の大きい方のカードから補償金を受け取ることになり、二重取りはできません。

エポスカードは持つのにコストがかからず、かつ保険が自動付帯であることから、こうしたサブカードとしての用途にも非常に適しています。カード使わなくても見せるだけで割り引きになる店舗も多いし。

エポスと組み合わせているという声の多かったカードは後半にまとめました。

保険で選ばれている人気カードを比較してみた

カバーしきれない部分も少しはある

エポスの保険は非常に優秀な部類ではありますが、完璧ではありません。
さすがに旅行一回で数千円するような掛け捨ての保険に比べると補償されない部分は出てきてしまいます。

航空機遅延費用
航空機が天候などにより遅れたために宿泊費や食事代が必要になった場合。

緊急歯科治療費用
急な歯痛など。

家族特約
加入者だけではなく、その家族まで補償対象となるかどうか。

とはいえ、これらはエポスに限らずゴールドカードやプラチナカードでようやく付帯されるレベルの補償なので、通常カードに望むのは酷なのかもしれません。

海外旅行保険はエポスカード1枚あれば大丈夫なのか?

では、実際もし海外で万が一の事態になったとして、その費用をエポスカード1枚でまかなうことはできるのでしょうか?

傷害・疾病治療費に注目しよう

海外旅行保険で補償請求される頻度の高いものは1位治療費・救援者費用、そして2位携行品損害となっています(ジェイアイ傷害火災保険調べ)。
このうち特に必要な額が膨れ上がるのは治療費。

保険の紹介を見るとクレジットカード付帯でも損保会社の商品でも死亡時の補償額を「最高○千万円!」みたいにうたってますが、実のところ死亡による補償金の請求件数は決して多くありません。要するに、人間そんなに簡単には死にません。この金額はさほど重要ではありません。

なので、旅行保険の真価は治療費にどれだけの補償額が設定されているかで決まります。

では、エポスカードの医療費補償は必要十分な額なのか?
渡航先ごとにその答えを探ってみましょう。

お国別、エポス1枚で大丈夫か判定

中国・韓国・台湾

近場ということもあり、渡航者の多い地域。医療費は比較的安めです。台湾だけは例外的にやや高め。
虫垂炎(盲腸)の治療費を例に取ると日本国内で40万円という水準に対し中国・韓国では10~35万円の範囲。概ね日本より安いか、骨折や専門医療など治療内容によってはやや高いという程度。
ただし、診療報酬が統一されている日本と違い、基本的に海外では公立病院か私立か、地域によっても費用に差が大きく生じます。

これくらいの水準であれば諸費用を含めても国内の医療費とそこまで大きくは変わらず、自力で帰国できる程度の怪我や病気であればエポスカードの保険だけでも足りることが多いようです。
しかし、長期に渡る集中治療やチャーター機での搬送が必要な場合などにも備えるなら、他のカードなどと組み合わせた方が良さそうです。


東南アジア

平均医療費を比べると、内科診療で日本の4分の1ほど。
地域柄ケガや病気にかかりやすいのか医療費の請求事例が多い地域です。
全体的に診療報酬は安めですが、手術などの高度な治療では高級医療施設を利用しなければならず、国内より数倍高くなってしまうことも。

もちろん保険は複数組み合わせておくに越したことはありませんが、エポスだけでもまぁなんとかなるだろうというところ
大掛かりな治療が必要になると厳しいのは変わりませんが、それでも中国・韓国ほどではないようです。ただし、距離が離れる分、日本への医療搬送は高くなります。


中南米

国によって開きがありますが、メキシコやブラジルなど旅行で人気のある国々は日本よりやや高額の水準。
また日本からの距離があることで、医療搬送の費用も高くなりがち。
できるだけ複数のカードを組み合わせるか、掛け捨ての保険にも加入することをおすすめします


ヨーロッパ・オーストラリア

高いです。
オランダなんかその最たるもので、処方箋がないと薬も買えない上、もし検査入院でもしようものなら1泊でも保証金と合わせて30万円は軽く取られます。
医療費タダでおなじみの北欧も、税金納めてない旅行者には結構な額が請求されるんですねえ。
もともと物価自体がとんでもなく高いスイスにも要注意です。

もし日本への医療搬送が必要になると500万円もかかるケースもあり、重い病気やケガをした時のことを考えるとエポスカード1枚では心配です。他のカードや掛け捨ての保険を併用してください


アフリカ・中東

物価が低い地域だと医療費自体は低額なのですが、高度な医療設備が乏しい地域では重症の場合ヨーロッパに搬送して治療するケースが多々あります。
もしそうなると搬送含め500万円は軽く必要になるため、ヨーロッパ同様に保険付帯のカードを複数枚持つ、別途旅行保険に加入するなどの自衛策が必要です。

なお、「戦争その他の変乱」による負傷や損害は補償されませんので、紛争地域にカード一枚で赴くのは別の意味も含めてお控えください。


アメリカ・ハワイ

絶句です。
日帰り手術で100万円超えは当たり前、入院費用はスイートルーム並、命に関わるケガでもすれば田園調布に家が立つ金額に。
その医療費の高さは外務省のお墨付き。そりゃアメリカでの自己破産の理由の6割が医療費が支払えないから、なんて状況にもなりますわな。

必ず、補償額の大きな旅行保険に加入してください。必ずです。

まとめ~海外での医療費は高めに見積もるべし

ご覧頂いたとおり、海外旅行中にケガや病気をすると、ほとんどの国において日本国内よりも高額な医療費がかかります
というより、日本の医療費が内容に対して異常に安いと言ったほうが正確でしょうか。
国民健康保険などの「海外療養費制度」を利用すれば一部払い戻しはできるものの、国内で同等の治療を受けた場合の治療費(世界的に見れば超割安)を基準にして算定されるので大した額にはなりません。

結論から言うと、ちょっとしたケガや風邪程度であれば、エポスの旅行保険でカバーできます
しかし、医療費の高い国では骨折や虫垂炎、肺炎ともなると治療費を補いきれなくなってきます。
ましてや命に関わるほどの病気や大怪我、自力で帰国できなくなった際にはどの国であってもカード1枚の保険だけでは補償しきれません。

とは言えエポスの補償額は決して低いということはありません。
死亡時の高額補償を売りにするゴールドカードやプラチナカードなどでも、高い年会費の割に治療費用は多くが300万円止まり。
年会費無料で270万円の治療費用補償が無料付帯というのはずいぶん強気な設定だと言えます。

ですが、基本的にクレジットカード付帯の旅行保険はあくまで最低限必要な補償額と考えておきましょう。
万が一「最悪の事態」が起きたときに備えるという意味合いで保険に加入するのであれば、カードを複数枚持つか掛け捨ての保険に合わせて加入するなどして治療費の補償額を合計500万円以上にはしておいたほうが良いでしょう。

保険で選ばれている人気カードを比較してみた

エポスカードは年会費無料な上に保険が自動付帯、つまりカード利用がなくても旅行保険が効力を持っています。
そのため他のカードと組み合わせて補償額を上乗せすることができるのです。
エポスとセットで使えるおすすめカード、よく選ばれているカードはこちら。

楽天カード



楽天カードの公式サイトはこちら
傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
医療費キャッシュレスサービス あり

エポスのちょっと物足りない点がポイント還元率。その点楽天カードなら還元率1%なので普段使いにも最適。
まさにエポスと足りない点を補い合えるカードです。

ただし、保険に関しては額は高めであるものの、気をつけるのは利用付帯であること。
とは言え年会費無料でキャッシュレス診療可というカードは貴重。1円も払わずに保険に入りたいなら楽天+エポスは最強の組み合わせだと断言していいでしょう。

ちなみに、キャッシュレス診療の可否は保険デスクに電話すると可能だと教えてくれますが、公式サイト上には明示されていません。言えばいいのに。

楽天カード(楽天ETCカード)のメリットとデメリット

ちなみに、楽天カードにはゴールドカード的位置付けである楽天プレミアムカードがあります。
このカードの保険の補償額は通常カードと大差なかったのですが、2015年12月から傷害・疾病補償が300万円に大幅アップしました。もちろん医療費キャッシュレスサービスも対応しています。
さらに国内旅行保険まで兼ね備え、宿泊費の割り引き、世界中の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスまで付いてきます。
旅行や出張の多い方はこちらも検討してみる価値はあるはずです。
楽天プレミアムカードと楽天ETCカードを作る4つのメリット



楽天プレミアムカードの公式サイトはこちら

オリコカードiB(iD×QUICPay)



オリコカードiBの公式サイトはこちら
傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
医療費キャッシュレスサービス なし

初年度無料、それ以降の通常年会費も年に一回使えば無料のカードです。
こちらも付帯保険に力を入れており、補償額もエポスと追いつけ追い越せのいい勝負をしています。

もちろんどちらか一枚しか持てないなんてこともないので、エポスと両方持てば疾病補償は470万円。これなら万が一のことをそこまで心配せずに旅行ができる金額に到達します。
医療費キャッシュレスサービスなしなのが惜しいところか。
オリコカードiB(iD×QUICPay)と無料ETCカード


JCBゴールド



JCBゴールドの公式サイトはこちら
傷害死亡・後遺障害 1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
救援者費用 400万円
携行品損害(免責3,000円) 50万円
医療費キャッシュレスサービス あり
航空機遅延保険 あり
家族特約 あり

もし最上級の保険を求めるならこれ。
年会費こそかかるものの、補償内容はまさに至れり尽くせり。金額が大きいだけでなく、手荷物が届かなくて仕方なく購入した衣料品や、航空機が遅延した時の宿泊費や食事代まで補償してくれます。
さらに家族特約があるので、同行の家族までもが補償対象。
JCBゴールドとETCスルーカードを作る5つのメリット

それにしても、このクラスでも傷害・疾病は300万止まり。エポスの270万円という金額と比べると、マルイカードが無料でありながらいかに健闘しているかがわかります。


今回の記事はここまで。
海外利用や保険を重要視してカードを選ぶ方にも、あまり保険を意識してなかった方にも、参考にしていただけたら幸いです。

保険関係ないけど、丸井カードは74種類のデザインカードから絵柄が選べることを最後に伝えておきたい。見た目大事。




 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.