ETC2.0(DSRC)とは?割引・車載器・再セットアップと助成金は?

国土交通省は、これまでのETCが進化した「ETC2.0」の本格導入を2016年春から施行すると発表。

巷ではこの「ETC2.0」について様々な憶測や情報が飛び交っていますが、確実にわかっているのは「今後従来のETC車載器は廃止され、ETC2.0が主流になっていく」ということ。

「なんだかよくわからない」という方、まずはこのページを《隅々まで》読んでください。

「そもそもETC2.0ってなに?」「何が変わるの?」「割引は効くの?」「キャンペーンは?」「どんな車載器があるの?」

当サイトではETC2.0について(メリットとデメリット、導入方法についても)どこよりも詳しく、いち早い情報をお届けします。ドライバーのみなさん、必見です!

あ、大切なことをお伝えしていませんでしたね。ETC2.0には、従来のETCカードがそのまま使えます!
下記のページでは、各種ETCカードの徹底比較・検証を行っています。どのカードがお得か?便利か?ぜひETCカード選びの参考にしてください。

ETC完全ガイド:ETC割引や料金、クレジットカード比較まで

年会費無料のETCカード(人気クレジットカード23枚)徹底比較!

【目次】

ETC2.0って何?今までのETCとの違い。メリットとデメリットは?
 ETC2.0。これまでのETCと何が違うか
 ETC2.0を使うメリット
 ETC2.0のデメリット

ETC2.0を付けたい!助成金や割引は?
 ETC2.0車載器の新規購入支援
 DSRC対応機種利用者にも!再セットアップ助成金

ETC2.0に対応してる?車載器の見分け方

ETC2.0対応の人気車載器を紹介!
 売り上げNo.1!Panasonic CY-DCR140D
 大注目の新製品!デンソーDIU-A010
 バイクに対応しているETC2.0車載器ってあるの?

  何ができる?どう変わる?もっと専門的に「ETC2.0」
 ETC 2.0(DSRC)の高度な双方向通信機能で渋滞緩和、安全な運転を支援
 ETC2.0は広域の経路案内を実現
 ETC2.0なら広域の渋滞回避、安全運転支援、災害時支援が1つに
 ETCゲート廃止・迂回経路の料金割引・商用車の運転管理支援も視野に
 民間企業との提携でもっと便利に
 ETC2.0で提供される情報は4つ、個人を特定できないビッグデータ
 ETC2.0の導入の壁は「価格」
 ETC2.0(DSRC)導入済みなら、最大2700円返金キャンペーンが決定
 ETC2.0の真価は災害時の緊急対応で発揮
 ETC2.0車載器の購入は2016春以降か、3~5年後が目安になるかも…

ETC2.0の関連ページ

ETC2.0って何?今までのETCとの違い。メリットとデメリットは?

ETC2.0。これまでのETCと何が違うか「ざっくりと」

まずは「次世代ETC」とも呼ばれる「ETC2.0」について、ざっくりと説明しておきましょう。

2001年にスタートした高速道路料金所通過システム、「ETC」は、搭載車限定の割引の効果もあり、現在では普及率は9割以上。むしろ「ETCレーンを通過しない車」のほうが珍しくなってきました。

これまでの「ETC」というのは、有料道路を通過する際、ETC車載器とETCカードを利用することによって、料金を自動的に精算できるようにしたシステムのことを言います。

これに対しETC2.0というのは、従来のETC機能の進化版です。

これまでのETC車載器の通信機能を大幅にアップさせたDSRC(専用狭域通信)というものを利用し、全国の高速道路等に設置されている「ITSスポット」という通信用アンテナとの間で、高速・大容量の相互通信を自動的に行います。

それらの相互通信で受けられる様々な情報提供やサービスのことをまとめて「ETC2.0」と呼んでいるのです。

ざっくり言うと…

●スマホのように、勝手に情報(事故情報や渋滞情報など)を教えてくれて、スムーズ、かつ安全
●その情報に従って経路で通行すれば、ETC割引もUP!
●ETC2.0に従って、渋滞をさけるために高速を降りて、下道を通って、また高速に復帰しても割引は継続。
●将来的には電子マネーのように、ガソリンスタンドや駐車場やファーストフード店のドライブスルーでお財布を出す必要がなくなる

「うーん、ざっくりすぎる…」という方、ご安心ください。ETC2.0についてさらに《専門的に》知りたい方のために、後半の記事でがっちり説明しています!

続々増えるITSスポット

車載器を通して道路状況など様々な情報の通信ができるITSスポットは、2016年春のETC2.0本格始動に向けて着々とその数を増やしています。全国の高速道路他、サービスエリアや道の駅にも設置。現在のところその数は1600か所に上ります。今後も新規開通道路をはじめ、スポットは増えていく予定です。

ETC2.0を使うメリット

さて、上でも簡単に説明しましたが、ETC2.0を使うとどんな良いことがあるのか。ETC2.0のメリットをまとめてみました。

カーナビの5倍!より広範囲の道路状況を把握
これまでのカーナビの場合、ガイドに対応できる範囲は約200km。ETC2.0なら、全国に設置されたITSスポットからの通信を駆使し、なんと最大1000km区画の道路状況をナビに反映させることができます。より広い区域の渋滞や事故情報、天候などをいち早く知らせ、ベストな経路を提示してくれることで、ドライバーの負担は《大きく》軽減されます。
画像通信により、現場の状況も一目瞭然。特に長距離ドライバーにとってはメリットが大きいと言えます。

より安全に!危険回避情報
ルートの先にある落石や落下物などの障害物、カーブなどで見えづらい道の渋滞情報、積雪や霧などの危険情報を事前にしらせてくれます。遠方で起こった地震や津波といった自然災害も素早く察知できますから、危険を回避し、より安全なドライブが可能になります。

ETC2.0で高速料金が安くなる!?
ドライバーにとって重要なのが料金…ですよね!?
2016年春からETC2.0が本格的に導入されますが、国はETC2.0を搭載した車両を対象に、通行料金の割引きを実施することを決めています。当面は圏央道に限られていますが、今後はさらに割引き対象が拡大されていくものと予想されます。
また、ETC2.0のガイドに従い、渋滞を避けたルートを選択した車両にも割引きを適用する方針が発表されています。「ETC2.0で安く走る」という時代は、もうすぐそこまで来ています。

財布を出さずに乗ったまま決済!今後広がる民間サービス
ETC2.0の通信技術と民間業者が提携することによって、今後様々なサービスが広がっていくことが《期待》されています。
現在予想されているのは、ガソリンスタンドやドライブスルー、街なかの駐車場利用時に、「車から降りずに」「小銭やクレジットカードを出さずに」料金の清算ができるようになるということ。ETCレーンを通過するのと同じように、様々な支払いを自動決済できるということですね。今のところまだ「こうなればいいな」という段階ですが、数年後、ETC2.0が主流になる頃には「走りながら支払い」が当たり前になっているかもしれません。

ETC2.0のデメリット

なんだか良いことずくめのように思えるETC2.0ですが、デメリットだってもちろんあります。

ETC2.0への移行は、とにかくお金がかかります
ETC2.0のサービスは、従来のETC車載器では受けられません。対応機種に付け替える必要があります。そこで負担になるのがその費用。従来のETC車載器であれば5000円程度から買えますが、ETC2.0車載器の場合、万単位でお金が飛んでいきます。
さらに取り付け料金、セットアップ料金が別途かかりますから、安い機種でも3万円は見ておいた方が無難です。
さらにさらに、お持ちのカーナビがもしETC2.0(ITSスポットサービス)に対応していなかったら…カーナビ連動ができませんので、ETC2.0の情報サービスを十分に活かすことはできません。もしカーナビまで買い換えとなったら、下手をすると数十万円が吹っ飛びます。これはかなり痛いです…。

2015年6月30日までに購入したDSRC車載器は再セットアップが必要
DSRC車載器自体は発売から数年経っていますので、既に使用しているという方もいるでしょう。そこで注意したいのが、「対応機種だからそのままでETC2.0が使える」と思っている人が非常に多いということです。

ETC2.0の情報提供サービスはDSRC車載器(専用狭域通信:ITSスポット対応車載器)を通じて行われますので、既にDSRC対応機種をお持ちの場合は新たに車載器を購入しなくても大丈夫です。 ただし、2015年6月30日より前に購入、セットアップを行った車載器の場合、そのままでは新しいETC2.0のサービスを受けることができません。取扱い店舗へ持ち込み(ETC車載器販売店、カー用品店や整備工場などなら大抵対応してくれます)《再セットアップ》を行う必要があるのです。しかも費用もかかります。(3~4千円)

ETC車載器の再セットアップ方法(ETC2.0でも同じです)

ETC2.0を付けたい!助成金や割引は?

ETC2.0の新サービスを受けるには、ETC2.0対応の車載器(DSRC車載器)が必要になります。

まだまだ普及率の低いETC2.0。「興味はあるけどどうしていいかわからない」「お金が心配」「最新車載器は?」といった様々な疑問に、当サイトがまとめてお答えしましょう!

ETC2.0車載器の新規購入支援

先ほど「ETC2.0」はお金がかかると書きましたが、少しでも負担を減らしたい気持ちは皆一緒。そこで一番気になっている(であろう)助成金情報から見て行きましょう。

これまでのETC2.0(DSRC)のセットアップ数は全国で100万件あまり。(2016年1月時点)まだまだ低い数字です。ETC2.0対応の車載器価格は2万円代~3万円代が中心で、従来のETC車載器に比べかなり高額ですから、興味はあっても手が出ないという人も多いでしょう。ちなみに、ETC車載器設置費とセットアップ料金(大体5~6千円程度)も別途かかります。
そこで本格導入が予定されている2016年春以降に向けて、国も普及率アップのため追い込みをかけ始めました。(出遅れ感も否めませんが…)

あっと言う間!?VICSセンターのモニターキャンペーン
これに応じる形で、まずVICSセンター(道路交通情報通信システムセンター)が、2016年1月1日から2月29日までの期間限定でキャンペーンを行いました。これはキャンペーン取扱い店舗にてETC2.0車載器の新規購入、セットアップを行い、アンケートモニターに登録した人を対象に、先着5000名まで2万円をアンケート協力金としてキャッシュバック(セットアップ店頭で割引)するというもの。出足はにぶかったものの、口コミや宣伝の効果もあってか、2月に入り急激に件数を伸ばし、29日の最終日を待つことなく5000件に到達、終了となりました。

あきらめないで!NEXCOが購入支援を発表
「なんだ終わっちゃったのか~」とがっかりした人、ご安心ください。2015年12月に、NEXCO東日本/中日本/西日本が、ETC2.0対応車載器を新規購入する人に対し、1台につき1万円を助成する方向で検討中であることを発表しました。
車載器購入支援予定台数は数十万台程度。詳細はまだ(2016年2月22日時点)発表されていませんが、おそらく2016年春以降の実施になると思われます。まずは業務用車両が中心になるようですが、ノーマルETC導入の際に大規模な割引やキャンペーンを行った経緯を考えると、ETC2.0も同じような展開になる可能性が高いとみてよいでしょう。新規購入を考えている方は、あとちょっとだけ待ってみてもいいかもしれません。

DSRC対応機種利用者にも!再セットアップ助成金

2015年6月30日より前に購入したDSRC(ETC2.0)車載器には再セットアップが必要ですが、もちろん費用がかかります。店舗によって多少のばらつきがありますが、再セットアップ費用は大体3000円~4000円程度。購入当時は割引もなく通常のETCより高値で購入しているのに、再セットアップで更にお金がかかるなんて、割にあいませんよね。
でも大丈夫!今なら、再セットアップに申込み、アンケートに答えるだけで最大2700円の助成が受けられるキャンペーンを行っています!

キャンペーン期間は2015年10月29日~2016年3月31日まで、先着10万名となっていますが、現時点(2月18日)で実施件数が1万程度の件数にとどまっていますから、延長や再キャンペーンの可能性もアリです。ただしこの後急激に申し込みが増える可能性もゼロではありません。既にDSRC対応車載器を積んでいて、ETC2.0へのアップデートを考えている方は、ぜひ《早めに》キャンペーン実施店舗へ問い合わせをしてください!

セットアップとは

自動料金精算や、ETC2.0の情報サービスを受けるのに必要な車両情報を、車載器に登録する作業のことです。「セットアップカード」に暗号化した車両情報を車載器に読み込ませ、登録します。登録には車検証が必要ですが、個人を特定できるような情報は収集されませんので、ご安心を!
また、別の車に車載器を付け替えた場合や、引っ越しで車両のナンバープレートを変更した場合などには再セット・アップが必要になります。車載器自体の譲渡や廃棄には特に手続は必要ありませんが、ETCマイレージサービスを利用している方はETC車載器番号等の変更を行う必要があります。

ETC車載器の登録セットアップ方法と料金

ETC2.0に対応してる?車載器の見分け方

「今自分の車についている車載器がETC2.0に対応しているかわからない」という方は、車載器本体を見てみて下さい。「ETC」マークの他に、「DSRC」や「ITSスポット」の表記があればOK。ETC2.0に対応できますので、新たに車載器を購入する必要はありあせん。 ただし、2015年6月30日より以前に購入、セットアップを行ったものは再度セットアップを行う必要があります。それ以降のものは既に対応済みですので、そのままETC2.0のサービスを受けることができます。

ETC2.0対応の人気車載器を紹介!

さてここで、新しく車載器の購入を考えている方に豆情報を。

ETC2.0は、カーナビと車載器を接続し連動させることでその効力を存分に発揮します。各メーカーでは続々とETC2.0対応の車載器を発表していますが、車載機を選ぶ前に、まずはカーナビがDRSCに対応しているか、そして手持ちのカーナビと連動できる車載器メーカー・機種であるかの確認が必要です。

それを踏まえた上で今注目のETC2.0車載器情報をご紹介しましょう。

売り上げNo.1!Panasonic CY-DCR140D

口コミサイトで1位をひた走っているのがパナソニック製のCY-DSR140Dです。標準小売価格は2万円~2万5千円程度と、ETC2.0車載器としてはごく一般的な価格。2015年11月にはCY-ET2000という更にコンパクトに取付ができる新モデルも発売しています。

高速だけでなく一般道も渋滞回避!
これまでは高速道路通行時のみ渋滞回避の情報を提供していましたが、CY-DSR140DはITSスポットと光電波ビーコンの情報をうまく利用することによって、高速だけでなく一般道での渋滞情報もカーナビに反映させ、回避させることが可能となりました。

業界初!ITSスポット/光VICS統合アンテナ
CY-DSR140Dは車載器本体とアンテナ部が別になった《アンテナ分離型》の車載器です。
従来の商品は、このアンテナ部もITS用アンテナと光VICSビーコンユニット(別売り)に分かれていました。ここを改善したのがCY-DSR140Dです。「ITSスポット通信」と「光VICS」、二つの電波を受信するのに必要なアンテナを一つに統合。VICSユニットを別に購入して設置するなどの手間がかからずDSRCアンテナの設置が一つで完了するため、とても便利で、車内もスッキリ!

大注目の新製品!デンソーDIU-A010

ETC車載機メーカーとしては中堅どころのデンソー。このデンソーが2016年1月に行われた東京オートサロンで驚きの新商品「DIU-A010」を発表しました。

カーナビもスマホもいらない!発話型車載器
DSRC通信はカーナビと連動してその機能を十分に発揮する、と書きましたが、デンソー製の一部車載器はスマホとの連動が可能です。スマホに専用アプリをダウンロードし、車載器とスマホをBluetooth通信でつなぐことで利用できる機種をすでに販売しています。

ところが!!

今回発売されたDIU-A010は、なんとそのスマホすら必要ないのです。車載器内部にGPSアンテナを内蔵し、車載器のみで音声ガイダンスによるETC2.0サービスを受けることができる、発話型車載器ということになります。これ、すごくないですか!?
価格はメーカー希望価格で¥25,470。映像によるサービスは受けることができませんが、今使っている古いカーナビを買い替えなくてもETC2.0が利用可能というのは嬉しいですね。また、コンパクトで付け替えも簡単。今後バイク等への転用も期待されます。

ETC車載器を取り扱っているメーカーはこちらでも紹介しています。
ETC車載器の代表的メーカー

バイクに対応しているETC2.0車載器ってあるの?

まずは結論からばっさり申し上げます。
「残念ながら、現状(2016年2月現在)、バイク(二輪車)対応のETC2.0車載器はありません!」

乗用車の高速道路ETC利用率が9割に達したのに対し、バイクは全車の平均を10%以上下回っているという統計が出ています。ETC2.0の前に、バイク用ETC車載器自体がまだまだ普及していないのです。

ETC2.0が本格的に始動するのは2016年の春からですが、ETC2.0対応のバイク用車載器が登場するまでにはまだ数年かかるとも言われています。

ただし今後従来のETCは廃止になっていくわけですから、二輪車だけ置いてけぼり、というわけにはいきません。バイク用の音声タイプなど、必ず対応機種が出てくるはず。バイカーのみなさん、ここは焦らず、ETC2.0対応の二輪車用車載器の登場を待ちましょう。

バイク二輪車・ETC取り付けガイド

何ができる?どう変わる?もっと専門的に「ETC2.0」

ここからは、ETC2.0についてもっと詳しく知りたい!具体的に何が変わるかわからない!という方のために、更に掘り下げて、更にマニアックに解説していきたいと思います。

ETC 2.0(DSRC)の高度な双方向通信機能で渋滞緩和、安全な運転を支援

世界初!日本のETC2.0は双方向通信ができる優れモノ
日本のETC2.0システムは世界でも類を見ない、車両との無線通信に特化した「ITS(高度道路交通システム)スポット」という通信システムを導入しています。
この「ITSスポットサービス」では、無線基地局を利用して有料道路の利用料の収受を行います。
車載器と、道路に設置された基地局(DSRC路側アンテナ)との無線通信を利用して、車載器に挿入されたETCカードへ請求を行う他に、車載器を経由して、渋滞情報や事故の起きやすい場所での注意を促してくれる機能があるのです。
今までは、車から、ETCのゲートへ(車載器からゲートの通信機へ)の一方向だった通信が、基地局から車載器への情報提供も可能な、「双方向通信」を実現しました。
しかし、この世界初の「双方向通信システム」は、あまり認知されておらず、「ITSスポットサービス」は普及していないことも事実です。
先日、国土交通省から本格的に2016年に本格的に導入されると発表された、ETC2.0(DSRC)では、この道路側に設置された「ITSスポット」と「車に取り付けた車載器」との双方向の通信を最大限に活用した、ドライバーの安全運転支援サービスや渋滞回避サービスが発表されました。

「ETC2.0」は2011年から実用化されていた「ITSスポットサービス」の新ネーム
2016年から本格導入が考えられている「ETC2.0」の「ETC車載器と道路側の通信アンテナで双方間通信のサービス」は、2011年にカーナビ画面でリアルタイムな道路交通情報の配信ができるようになって以降、今までも実用化されていました。
「ITSスポットサービス」と呼ばれていたサービスです。
しかし、双方向通信をフル活用した「車載器へのリアルタイムな情報提供」は、ETC車載器の価格が高いことなどもあり、普及率は1%未満と低い数字のまま。
知名度が低く未だに「ITSスポット」を知らないドライバーも多いことでしょう。
そこで、国土交通省は「もっと国民に親しんでもらえる名前に」と、2014年10月3日より、今まで「ITSスポットサービス」とのサービス名称を「ETC2.0」に改名。
来年2016年から本格的な双方向通信「ETC2.0」を利用した、渋滞解消に乗り出すと発表しました。
国交省ではETC2.0を利用した渋滞回避では、経路別に料金の優遇制度を導入することを検討していると発表したことから、大きな注目を浴びています。例としては、2016年4月から、首都圏の移動において都内に入らず(首都高速道路を使わず)、圏央道を利用したETC2.0搭載車両は、高速料金が2割引きになるということが決定しています。今後は更に優遇措置の対象が広がるものと予想されます。

ドライバーにリアルタイムな情報提供を行うDSRC(専用狭域通信)
ETC2.0で利用される通信を、DSRC(専用狭域通信)と呼びます。 DSRCとは、「Dedicated Short Range Communications」の頭文字を取った略称で、「専用狭域通信」で、車と高速道路上の通信機に特化して設計された近距離無線通信技術です。
この電波システムでは、アンテナの出力強度の調整と高精度の混線防止システムを併用することで通信エリアを意図的に狭くし、発信する情報のコントロールを行います。
この狭域・双方向通信でできることは、ドライバーへのリアルタイムな情報提供、必要な区域の情報を活かした観光地などの案内サービス、ガソリンスタンドの案内などさまざまです。
今まではカーナビやスマートフォンがこの役割を担っていましたが、ETC2.0では、ETC車載器を経由して、今までよりも広い範囲の情報を網羅することができるようになります。
さらに、国土交通省ではビッグデータなどを利用して渋滞時間や事故の起きやすい時刻、天候などを予測。
「道路を賢く使う」をテーマに、渋滞回避ルートの提示や、急カーブのアラートなどでドライバーの安全な運転を支援してくれるのです。

カーナビ情報は狭い区間の情報にしか対応できない
ドライバーの運転支援は、今までもカーナビが行っていました。 まず、身近に利用しているカーナビのシステムを確認してみましょう。
カーナビなどで受信する渋滞情報は通称「VICS(ビックス)ビーコン」と呼ばれる道路交友情報通信システムサービスです。このVICSの情報は、一般道では2.4Ghz帯を利用した通信で、山間部では電波の受信がしにくい、渋滞や事故情報が最大で200kmの狭域に限定されるなどの問題を抱えています。
また、送受信できるデータ容量も簡易画像1枚程に制限を受けています。
これらの問題を解決したのが、ETC2.0(DSRC)です。
ETC2.0の導入を本格的に開始する2016年から8年後、2024年にはカーナビなどで利用されているVICSビーコンの通信サービスは終了する予定となっています。

ETC2.0は広域の経路案内を実現

カーナビやスマートフォンでは、先ほどお伝えした通り、通信可能区域は200km。
さらにVICS(ビックス)の電波は都道府県単位で分かれているので、渋滞情報も都道府県単位で情報がわかるだけでした。
しかし、ETC2.0(DSRC)を利用すれば、最大で1000km区間の広域情報をリアルタイムで知ることができます。
遠距離の運転でも、目的地までの渋滞情報、迂回経路情報を提示してくれるということです。
また通信容量がカーナビの通信システム「VICS」の2倍に増えたことから、リアルタイムの写真データの送信を可能にし、区間ごとの情報はより明確にカーナビに配信されます。
ETC2.0対応のカーナビやスマートフォンを利用することで、広範囲の経路案内、事故情報の音声、画像情報が連動し、ドライバーをサポートしてくれます。

ETC2.0なら広域の渋滞回避、安全運転支援、災害時支援が1つに

ETC2.0(DSRC)は「ドライバーへのリアルタイムな情報提供を行う」という点が、今までのETCとの大きな違いとなります。 具体的に国交省から行われるのは、渋滞回避支援、安全運転支援、災害時支援の3つです。

渋滞回避支援
広域の道路情報をリアルタイムに配信。前方の渋滞状況を写真で見せてくれるなど、今どこで、どのくらいの渋滞が起きているかを目で確認することができます。
> 通信容量が拡大したことから、実際に、渋滞している状況を画像で確認できることもETC2.0の特徴。
ETC2.0(DSRC)では、大容量のデータ通信が可能となっているため、写真などデータ容量の大きい情報も、リアルタイムで配信することができるのです。
日本は諸外国と比較すると車線が狭いこともあり、渋滞が起きやすいのが現状。
しかし、渋滞の時間帯などを調査すると「渋滞が起こりやすい時間」や「渋滞が起こりやすい条件」はある程度、決まっています。
実際に国交省の調査では、ピンポイントで渋滞地点を突き止めるなど、ビッグデータを応用した渋滞回避策を練っています。
そこで、渋滞のない時間帯の走行を促すことで、渋滞緩和を推進しようという計画です。
渋滞中は、事前に渋滞を回避する効率の良いルート選択もできます。

安全運転支援
道路上からの落下物や、渋滞末尾情報など、事故が起こりやすい急カーブなどで事前に音声で注意を促してくれます。 積雪や霧などで視界が悪い場合、先ほどの渋滞と同じようにその場所の画像データを送信。 事前にドライバーに、道路状況を知らせることで安全運転を促進する役割を果たしてくれます。

災害時支援
災害発生と同時に状況にあわせて、支援情報の提供を行います。 緊急地震速報では震度5以上の場合にアラートが鳴り、ハザードランプの点灯、後方車への確認の上、左側の徐行運転を促します。
緊急時にドライバーが落ち着いて行動できる手助けを行うのです。

ETCゲート廃止・迂回経路の料金割引・商用車の運転管理支援も視野に

ETC2.0の普及に関して、国では「渋滞緩和」と「ドライバーの安全運転支援サービス」を大きなポイントとしています。
完全に決定したわけではありませんが、今後、導入が予定されているサービスは、ETCゲートバーの撤去、迂回路を走行したドライバーへの優遇措置、商用車の運転管理支援などです。

ETCゲートの撤去
今までETCでの有料道路走行は、ETCゲートを通過する必要がありました。
しかし、2016年春を目処に、ETC2.0を普及することでETCレーンのゲートバーの撤去、一定速度での通行も可能になる計画も持ち上がっています。
今までは時速20km以下の走行、ETCゲートバーが開くまでは走行ができませんでした。
このETCレーン前の急な減速、ゲートバーは交通事故の一因ともなっていたのです。
しかし、ETC2.0を搭載した車両専用に作られるETCレーンでは、今までのような大幅な原則の必要なく、ゲートの廃止も検討されています。
本格的に導入されれば、さらなる渋滞の緩和、スムーズな料金所の通過が実現します。

迂回路を選択したドライバーへの優遇措置
ETC2.0を利用して迂回経路を利用したドライバーには、優遇措置がとられる計画もあります。 上でも書きましたが、一部経路別の通行料金優遇制度が既に決定、2016年春から実際に施行されます
また迂回した先で事故な起こり通行不可になった場合、一般ルートを表示、再度、高速道路に乗り直しても追加料金の負担をなくす措置も考えられています。
料金面での優遇措置が拡大する可能性が濃厚な現在、ETC2.0の導入、渋滞を回避した迂回路の利用で、高速代の節約ができる日も遠くないでしょう。

商用車の一括管理
商用車(大型トラック)は道路橋に与える負荷が高いため、大型車両は通行許可が必要です。
今まで、一定の大きさ、重さを超える車両に関しては国土交通省による許可を取らなければ走行できませんでした。
ETC2.0(DSRC)との提携で商用車、大型車の走行許可の取得はスムーズになります。
さらに現在、走行している大型車両の走行経路を把握。急ハンドルや急ブレーキなど事故につながる情報を物流業者へ提供し、事故防止に役立てる計画です。
これら大型車の走行経路の管理がスムーズになることにより、渋滞の緩和、物流ネットワークの支援を同時に行うことができます。
その他、民間企業参入によるサービスも拡大する見通しです。

民間企業との提携でもっと便利に

フェリーなどの車の出入管理や、公共駐車場でのキャッシュレス決済など、ETC2.0は民間サービスとの連携も果たしています。
フェリーではたくさんの車が乗り入れるため、今までは車の出入管理に大幅な時間と人員を割いてきました。
しかしETC2.0では、車載器の情報をフェリーの乗降口の通信システムとリンクさせ、スムーズな出入管理を実現しています。
また、民間駐車場でもETC2.0のシステムとリンクさせたキャッシュレス決済が既に開始されています。
ETC2.0と連動させた車載器による車の管理機能は大型駐車場などでも活用できるため、今後、駐車した位置の把握など、ドライバーによる車の管理も、もっと簡単に、便利になると予測されています。

ETC2.0で提供される情報は4つ、個人を特定できないビッグデータ

ETC2.0の運転支援サービスでは、リアルタイムの道路情報の取得が必須となります。
そのため、個人情報の面で不安を覚える人も多いようです。
ETC2.0で送られる登録情報は、プローブ情報と呼ばれ、国土交通省の公式ホームページでは

--引用
● ETC2.0車載器及びETC2.0対応カーナビに関する情報(無線機に関する情報(製造メーカ、型番等)、カーナビゲーションに関する情報(製造メーカ、型番等))
● 車両に関する情報
● 走行位置の履歴
※ 車載器のセットアップの際に提供いただいた車両情報の一部で、車両番号や自動車登録番号、車両番号4ケタの情報を除く
● 急な車両の動きの履歴
※ 走行開始地点、走行終了地点など個人情報に関わる情報は除く
/引用

の4つの情報を収集、今後の渋滞回避や迂回路などの運転者支援に役立てると記載されています。
いずれも、収集した情報から特定の個人は判別できないビッグデータのみの収集となります。
この件に関しては国土交通省公式サイトでも公開されています。

ETC2.0の導入の壁は「価格」

カーナビと連動した情報の収集、安全運転支援などの機能を携えたETC2.0(ITSスポット)の普及率が低い、最大の理由は導入にかかる費用と考えられています。
従来のETCシステムの導入コストは8000円前後ですが、ETC2.0を搭載した車載器は、車載器単体でも16,000円~40,000円(2016年2月・価格.com参考)と、従来と比較して2~4倍の導入費用がかかります。
また現在、ETC2.0(DSRC)搭載のETC車載器を利用している人でも、安全運転支援サービスなどを利用するためには再セットアップが必要です。
再セットアップにも3000円程度のセットアップ料金がかかるため、普及には金銭的な壁が大きく立ちはだかっているようです。

ETC2.0(DSRC)導入済みなら、最大2700円返金キャンペーンが決定

ETC2.0の導入に関して、国土交通省では2013年に一度、助成金の給付を行っています。
2016年以降から本格導入を行うという指針から、上の記事でも書きましたが、2015年10月29日~2016年3月31日までの申し込み者を対象に、先着10万名に「最大で2700円の助成金支給」を決定しました。
対象者、助成金の条件は以下のとおりです。

1. 2015年6月30日以前にDSRC対応の車載器を購入している
2.ETC2.0(ITSスポット)の再セットアップ作業を行った人
3.申込書に封入されたアンケートに回答した人

今回のキャンペーンでは、既にETC2.0に対応した車載器を購入している人への「再セットアップ」促進と考えられます。
既に導入している人であれば、「再セットアップ料金分」に近い還元額になると考えられます。

ETC2.0の真価は災害時の緊急対応で発揮

ETC2.0だけが持つ最大の特徴は、災害支援のアナウンスです。
従来のカーナビシステムでは、緊急地震速報などを受信、ドライバーへの注意喚起を行うことはできましたが、ドライバーへの運転支援情報の提供は行われていませんでした。
ETC2.0では、緊急地震速報が入った際には「ハザードランプを点灯させ、後続車を確認、車を左側へ、徐行運転を」というアナウンスが流れます。
緊急時にドライバーが取るべき対応を、具体的にアナウンスしてくれるのです。
安全運転支援サービスを搭載しているETC2.0は災害時にその真価を発揮すると言えるでしょう。

ETC2.0車載器の購入は2016春以降か、3~5年後が目安になるかも…

新規購入支援が行われるとはいえ、ETC2.0はまだ「これから」の部分が多く、新しくETC2.0に対応した車載器の購入を「今すぐ」に行うには少々不安がある点は否定できません。
ここからは、完全な私見ですが、仕事で毎日のように長距離を走行することがない限り、導入に踏み切るのであれば今後、3~5年後が目安になると考えます。
大きな理由は、9年後となる2024年に現在のカーナビシステムの通信を行うVICS(ビックス)サービスが終了する予定だということ。
現在のカーナビの渋滞情報を配信する通信サービス・VICS(ビックス)の終了が本格的に決定すれば、民間企業の情報通信サービスもETC2.0に移行せざるをえません。
民間企業との提携が大きくなれば、ETC2.0は、カーナビと連動する運転支援システムと、決済システムが1つになった非常に便利なものになるのです。
この観点から、民間企業との提携、運転者支援システムの2つを存分に利用できるのが、数年後になると考えられるからです。
また本格的な導入が、2016年春ですから、2016年春以降、ETC2.0の普及を目的とした導入における優遇措置や助成金が始動する可能性は0ではありません。
普及促進の助成金給付などが決まった際には、改めて検討する…それが無難ではないかと思います。




>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.