一体型ETCカードとは

一体型ETCカードとは

二枚持ちが面倒という人におすすめの一体型カード!ただし、車内放置は危険度高!!

ETCカードといえば、クレジットカードとは別で発行される「ETC専用カード」(クレジット分離型)が主流です。 しかし、クレジットカードと一体化している「一体型ETCカード」も少なからず存在しています。

一体型ETCカードとは、一般のクレジットカードとETCカードの両方の機能を持ち合わせているカードのことです。
一体型ETCカードであれば、高速道路料金の支払いを行うことと、クレジット払いによる買い物などの両方を一枚のカードで行うことが可能です。
ただし、ショッピングの支払いに使える店舗は、契約しているカード会社の提携店となるためカード会社によって異なります。

ETCカードは専用カードを発行しているカード会社の方が多く一般的と言えますが、
「これ以上カード枚数を増やすのは嫌」「二枚のカードを管理するのは面倒」
…という需要はあるので、一体型ETCカードの発行を行っているクレジットカードもあります。
たとえば、「JCBドライバーズプラスカード」などは分離型か一体型か選択することができます。
また、「三井住友VISAカード」もかつては一体型ETCカードを発行していましたが、現在は分離型のみを提供しています。
その他の代表的なクレジットカードについて

確かに、カードを一枚だけ持てばいいという点は大変便利なのでメリットといえますが、車載器から抜き忘れて盗難にあった場合に、専用カードよりも悪用されやすいというデメリットがあります。
また、カードの読み取り部はどうしても摩擦などで劣化します。クレジットカードとETCカードの両方を頻繁に利用する方であれば、ETC専用カードをもっておいたほうが無難でしょう。

このような点を考慮した上で、あえて一体型カードを選ぶというのであればカードの取り扱いには十分注意してください。車を離れる時は、「必ずカードを車載器から抜いて携帯」が基本ですよ!
ETCカードの取り扱いに関する注意

一体型ETCカードじゃないとポイントは合算されないの?

いいえ。それは誤解です。
カード会社が実施しているポイントサービスは、カード会社によってポイントの付与方法は様々です。
しかし、ガソリンを給油した場合、ポイントがアップされたり、キャッシュバック率が増えるというカードは存在しますが、ETCカードが分離しているからといってポイントが別管理になるということはありません。メインのクレカに合算されるので心配不要です。



>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.