ETC専用カード

ETC専用カード

ETCシステム以外で利用できない「ETC専用カード」なら、防犯対策もしやすい

クレジットカードタイプのETCカードは、「ETC専用カード」と「クレジットカード一体型ETCカード」の2種類に分けることができます。
ETCカードの種類
※クレジットカードタイプではないETCカード「ETCパーソナルカード」についてはこちら

このうち、このページで解説しているETC専用カードは、その名のとおりETCカードとしてのみ使用可能なカードです。
つまり、高速道路の代金を精算する以外に、ショッピングなどの用途には使えません。
そのため、もし車内にETCカードを忘れてしまっても悪用される心配が少ないという点で安心です。ただし、万が一ということもありますから車を離れる時は必ずETCカードを車載器から抜いて携帯するように習慣づけましょう。

既にクレジットカードをお持ちの方であれば、カードを発行している会社の公式サイトなどで簡単にETC専用カードを申し込むことができます。その場合、新規に入会するよりも審査期間が短くスピード発行してもらえるというメリットがあります。
もちろんこれから新しくクレジットカードを作る方も、申し込み時にETCカードを作るかどうか選択することができるようになっています。(中にはETCカードを作っていないクレジットカード会社もあるので要注意!)
ETCカードの新規・追加発行については、以下のページで詳しく解説しています。
ETCカードを作るために

また、ETC専用カードはメインのクレジットカードに紐付けされたサブカードとして発行されますが、クレジットカード本体の年会費は無料でもETCカードは年会費が有料であったり、規定の条件を満たさないと年会費がかかってしまうカードもあるのでカード選びの際は慎重に比較検討してくださいね!
代表的なETCカードを比較する(※年会費無料のカードも紹介しています!)

ETC専用カードを利用して支払った通行料金は、メインのクレジットカードと同一の口座から引き落とされます。家族が利用した高速料金も同一口座で支払いたいという場合は、家族カードを発行して、家族名義のETCカードを発行してもらうことで解決できます。
ETCカードはクレジットカードとほぼ同じものとしてと考えられますので、カード券面に記載されている名義人以外が利用することは原則として許可されていません。他人への貸与には十分注意しましょう。
1台の車両(車載器)で複数のETCカードを使用する場合

社長さんにオススメしたい法人用ETCカード

ETC専用カードには、個人で使用する個人用カード以外に、会社や個人事業主さんに発行される法人用ETCカードがあります。料金精算やポイントを一括管理できるので大変便利ですよ。
また、複数枚のETC専用カードを発行することが可能なので、従業員に配布するのにも重宝します。
くわしくは以下のページを参考にしてくださいね!

ETC法人カードの作り方
おすすめのETC法人カード



>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ


 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.