ETCカードの種類

ETCカードの種類

「ETC専用のカード」と「クレジットカードとしても利用できるETCカード」の2種類がある

ETCシステムは、高速道路代を信用情報に基づいて後払いするシステムですから、精算に利用するETCカードはクレジットカードの一種という位置づけであると考えることができます。

クレジットカードタイプのETCカードの他にETCパーソナルカードというものがありますが、「ETCカード」という時は大抵クレジットカードタイプのものを指していますので、このページではクレジットカードタイプの説明をします。

そして更に、クレジットカードタイプのETCカードは2種類にわかれます。

(1)ETC専用カード
(2)クレジットカード一体型ETCカード

どちらのカードもクレジットカード会社が発行していますが、そのカード自体がショッピングなどで利用できるクレジットカードとしても使用できるかどうかという点に違いがあります。

まず(1)のETC専用カードは、有料道路の通行料金を支払うためだけに使用することができる専用のカードです。
ETC専用カードについて詳しくはこちら

そして、(2)の一体型ETCカードは、高速料金の精算に使えるだけでなく買い物などにも利用することができるカードです。
一体型ETCカードについて詳しくはこちら

つまり、ETCカードの発行・利用に必要なクレジットカードと別々で存在しているか・一体化しているかの違いがあります。単純に、所持するカードが1枚か2枚か、ということですね。

ここで注意しておきたいのが、ETCカードは料金の決算に使用するICチップの他に車載器と接続するための端子が埋め込まれているため、通常のクレジットカードをそのままETC車載器に挿入しても、ETCを利用することはできないということです。ETCシステムを利用するためには、「ETCカードとして機能するカード」を入手する必要があります。

そしてETCカードにはETCの利用履歴が記録されているため、カード発行会社から送られてくる利用明細を見れば『利用日時・利用区間・車種・料金・割引』などの情報を確認することができます。

また、この情報を利用して高速道路会社から、ETC利用照会サービスというETC利用履歴を照会することができるサービスも提供されています。

→そもそもETCカードの作り方が分からない方は、こちら(失敗しないETCカードの作り方)からお読みください!

ETCカードでスピード違反の取り締まり?

実はあまり知られていないのですが、ETCカードには通過スピードが記録されています。ゲートの通過速度は20km/h以下と制限されていますが、あまり守られていないのが実情です。
今後、記録されている速度情報からスピード違反の取り締まりが行われる・・・なんてことにならないといいですね。
なお、高速道路上には料金所以外のポイントにもセンサーが設置されていて必要な情報を記録しています。



このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.