エポスカード審査(マルイカードの作り方・即日発行)完全ガイド




エポスカードの公式サイトはこちら

エポスカードは丸井グループ発行のクレジットカード。以前は真っ赤なカードフェイスが印象的な「赤いカード」「マルイカード」という名前で知られていたクレジットカードです。

そんなマルイカード(丸井カード)、現在は「エポスカード」と名称変更。年会費無料のまま、マルイにとどまらない幅広い店舗の優待サービスが用意された、超お得カードにパワーアップしています!

そんなエポスカードは、クレジットカードには珍しく、即日発行が可能なカードです(クレジットカードで即日発行はまだまだ少数派です)。

しかも仮カードではなく、正規のプラスチックカードが申し込んだ日に即日受け取れるのは、エポスカード以外ではセゾンカードかアコムACマスターカードだけ。急ぎでクレカがほしい人にもぜひ注目してほしい一枚です。

ここでは即日発行もできるエポスカード(新マルイカード)の申込方法を徹底ガイドしつつ、豊富な優待の内容や、よりお得な利用方法など、エポスカードの詳細情報をお伝えしましょう。

エポスカードを申し込む前に確認したい7つのポイント【徹底解説】

【こちらも即日発行が可能】セゾンカードインターナショナル

【20秒でわかる!】エポスカード10のメリット

  • 年会費ずっと無料!
  • WEB申込み→店舗受け取りを使えば最短で即日発行も可能
  • カラオケ30%オフなど、5,000店舗を超える各種優待サービス
  • 入会特典で2,000円分のポイントかクーポンをGET!
  • ネットショッピングはポイントアップサイト「たまるマーケット」経由で最大30倍ポイント
  • 年に4回の「マルコとマルオの7日間」には丸井のお買い物が全品10%オフ
  • 持っているだけでOK!海外旅行保険が自動付帯
  • ETCカード無料
  • 70種類以上からカードフェイスが選べるサービス「エポスデザインカード」
  • オトクなのはマルイだけじゃない!バリエーション豊富なコラボカード
【目次】

エポスカードを即日発行してもらう申込み方法
即日発行ならインターネット経由でがおすすめ
審査は?本当に即日完了するの?
審査通過を待って店頭受け取り 店頭申込みでも即日発行できる?
即日審査が完了しなかった場合の発行時間と受け取り方法は?

エポスカードの特典・優待・メリット、1~11
1. 年会費無料&ETCカード無料
2. いつでももらえる入会特典
3. カードフェイスが選べる「デザインカード」
4. マルイで年4回10%OFF
5. ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由で最大30倍ポイント
6. たまったポイントは電子マネーや商品券、ポイント移行など楽しみがたくさん!
7. 5,000店舗を超える優待ショップは優待情報サイト「エポトクプラザ」でチェック!
8. アメックス並みの海外旅行保険は自動付帯
9. 盗難時の不正使用は最大61日前まで金額補償
10. ネット決済専用「エポスバーチャルカード」無料発行でネットショッピングも安心
11. 楽天Edyと相性抜群!チャージ時も利用時もエポスポイント付与

もうひとつ忘れてはいけない、エポスカードの最大のメリットは?
エポスカードをきっちり利用して、エポスゴールドカードへ無料インビテーション
ワンランク上の優待!エポスゴールドカードとは?

エポスカード、3つのデメリット
1. マルイでのポイント優待が縮小傾向
2. ポイント期限がある
3. 家族カードがない

まとめ|こんな人はエポスカードがオススメ

「エポスカード」の関連ページ

クレジットカード審査の関連ページ

エポスカードを即日発行してもらう申込み方法

エポスカードは、即日発行ができる貴重なクレジットカードです。たいていのクレジットカードは、申し込み後、審査を経て発行まで、通常2~3週間はかかるもの。急ぎで欲しい場合、待ち時間がちょっと辛いですね。

エポスカードなら、即日審査を完了し、申し込んだ日にカードを受け取ることが可能。仮カードなどではなく、プラスチックの正式なカードが受け取れます。

ここでは、即日発行のための方法や流れを説明しましょう。

即日発行ならインターネット経由でがおすすめ

スムーズな即日発行なら、あらかじめホームページ経由でインターネットから申し込みをしておくのがおすすめです。スマートフォンでは「エポスカードお申込みアプリ」が利用できます。

免許証を撮影すれば、氏名や生年月日といった項目の入力が省略できます。

もちろん、マルイの店舗に行き、直接申し込んでも即日発行できる場合はあります。しかし、審査結果を待つ間、待機していなくてはいけません。最短で30分程度とホームページで案内されていますが、それはあくまでも最もスムーズにいった場合の話。最悪、その日のうちに審査が終わらない可能性もゼロではありません。

審査が待てずに帰ってしまったら、せっかく店舗まで行ったのに、無駄足になってしまいます。

つまり、インターネットで申し込みし、審査結果がはっきりするまで、自宅などで待機しておく方が、その後の流れがスムーズに進みます。

審査は?本当に即日完了するの?

即日発行、というからには、当然審査もその日のうちに完了します。インターネットから申し込んだ場合も、店頭申込みの場合も、特に問題がなければすぐに審査完了します。

ただし、実際には審査に時間がかかるケースもありますし、結果的に審査落ちしてしまうこともあります。

そのようなケースも踏まえ、インターネットで申し込みをしてから審査結果を待つ、という方法をおすすめしているのです。

審査通過を待って店頭受け取り

ネット申し込み後、審査通過の連絡をメールで受け取ったら、最寄りのマルイ店舗に行き、エポスカードセンターでカードを受けとりましょう(店舗により営業時間が異なりますのでご注意ください)。

ちなみに、ネットで申し込み後、やはり店舗に受け取りに行けない、という場合は、もちろん郵送でも受け取れます。佐川急便の「受取人確認配達サービス」で配送されますので、受け取り時に運転免許証やパスポートなど、本人確認書類をご用意ください。

郵送受け取りの場合は即日受け取りではなく、10日前後で届きます。

店頭申込みでも即日発行できる?

はい、可能です。ネット申し込みにせず、いきなり店舗で申しこんでも最短で即日発行可能。運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類と、利用代金の引き落としに使いたい銀行のキャッシュカードがあれば、手続き出来ます。

即日審査が完了しなかった場合の発行時間と受け取り方法は?

インターネット申し込みでも、店舗申し込みでも、審査に時間がかかった場合は即日発行できない場合があります。

営業時間内に審査が完了しなかった場合や、審査完了したけど受け取りに行けなかった場合は、もちろん翌日以降に店舗受け取りができます。

店舗受け取りにすれば、当日受け取れない場合でも、クレジットカードの発行時間としては格段に速く2日~数日程度の受け取りができます。

ちなみに…平均的なエポスカードの発行時間を調べてみました!

★インターネット上には、クレジットカードの審査情報をまとめているサイトが多数あります。

そのうち、筆者が信用を置く某サイトでは、エポスカードの平均的な到着日は、申込日から数えて8日程度。これは、即日発行の人だけでなく、郵送等で申し込んだケースも含まれています。

多くのクレジットカードが発行まで2~3週間かかると案内していることを思えば、1週間前後で届いているケースが多く、スムーズな取得が期待できます。

なお、クレジットカードの情報を口コミサイトで集める場合は、利用者の数が多く、より多角的に情報が集まりやすいサイトがおすすめです。特定のカードだけを強引に推していない点もポイント。

また、クレジットカードは特典や優待情報などが結構変わりますので、出来るだけ投稿日時の新しい書き込みを参考にするようにしましょう。

では、審査の通過状況はどうでしょう?

★エポスカードの審査は、即日発行を売りにしているからといっても、手抜きをしているワケではありません!

クレジットカード会社に申込みをすると、申込書に従って内容を精査しますし、申込者の個人信用情報の登録情報照会は、もちろん行われています。

エポスカードの審査通過率は、75%。80%以上通しているクレジットカードが多い中、数字だけ見るとエポスカードはかなり辛口に見えます。しかし、これは年会費無料で幅広い人がチャレンジしやすいカードである証拠。また優待や各種サポートが充実していて、人気が高い証拠でもあります。

もし、特に不利な条件などの心年会たりがないのにクレジットカード審査に落ちてしまった、という場合は、カード欲しさに何件も一度に申込みしていないかを考えてください。年会費無料のカードを数カ所いっぺんに申し込むと、申込回数でアウトになることがあります。

エポスカードに限らずクレジットカードの申込みは、ここぞというカードを、絞り込んで申し込むようにしてください。

エポスカード基本スペック

年会費 永年無料
発行時間 最短、即日発行
ショッピング枠
(利用可能枠)
審査により
個別設定
リボ・分割払い
(3回以上)金利
15.0%
キャッシング枠 審査により
個別設定
キャッシング金利 18.0%
増枠(増額)について 利用実績に応じて増枠
ブランド
ETC 無料
マイレージ
電子マネー
コラボレーションカード/提携カード モディエポスカードなど多数
家族カード なし
ポイント還元率 基本0.5%~
最大15%以上
※キャンペーンで最大30倍、さらにボーナスポイントあり
海外旅行保険 自動付帯

エポスカードの特典・優待・メリット、1~11

では、ここからはエポスカードの各種メリットを、順を追って説明しましょう。

1. 年会費無料&ETCカード無料

エポスカードは年会費はずっと無料。入会金も発行手数料もいりません。

ETCカードも無料発行です。

2. いつでももらえる入会特典

入会時には、2,000円相当のポイントか2,000円分のマルイで使えるクーポン券がもれなくもらえます(申し込み方法やカードの受け取り方法により、ポイントかクーポンかが決まります)。

3. カードフェイスが選べる「デザインカード」

通常のカードフェイスに加え、70種類以上もの色々なデザインから、好きなカードフェイスが選べる「デザインカード」はエポスならではのサービスです。

通常はこの2種類ですが…

デザインカードの人気第一位は
レオパード柄!

第2位は水玉にフラワー柄

第3位はカラフルなマカロン柄

このような凝ったデザインから好きなものを選ぶことができます。

ただし、発行手数料が500円だけ掛かりますのでご注意ください。

4. マルイで年4回10%OFF

エポスカードはもともと丸井のカードなので、マルイでのショッピング優待があります。

「マルコとマルオの7日間」と名付けられた優待期間は、1年に4回。この期間中は、マルイ店舗でのお買い物やマルイネット通販「マルイweb channel」のショッピング代金が10%OFFになります。

またネット通販での配送料は、ショッピング利用額により決まります。1万円以上のショッピング利用では無料。1万円未満のショピングは半額になります。

なお、2016年3月末までは、マルイでのお買い物でポイント優待があります。

▼マルイでのポイント優待
マルイでのポイの優待(ネット通販を含む) マルイでの現金払い&一般のVISA加盟店
1回払いまたはボーナス一括 200円で 2ポイント 200円で 1ポイント
リボ払いまたは3回以上の分割払い 200円で 3ポイント 200円で 2ポイント

クレジット払いでのポイント優待があるほか、現金払いでもポイント付与されるのが最大の特徴でしたが、残念ながら2016年3月末日で廃止が決定しています。

マルイでのポイント優待は、2016年4月以降、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードだけの特典として残ります。マルイでのお買い物が多いユーザーの場合は、最低でもゴールドカードにランクアップしたほうが、メリットが高いでしょう。

5.ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由で最大30倍ポイント

ポイントアップサイトとは、ネットショッピングの際に、そのサイトを経由して利用するとクレジットカードポイントが倍増するサイトのことです。

例えば、楽天市場やAmazonといった大手ショッピングモールでも、そのサイト内からアクセスするだけで、ポイントが指定の倍率で付与されます。

エポスカードのポイントアップサイト「たまるマーケット」は、高倍率のお店がたくさん!また提携ショップが多いため、買いたい商品が見つかる確率も高いと言えます。ネットショッピングの際にはとりあえずたまるマーケット経由で商品検索をするのがおすすめです。

▼ポイントアップの一例
ショップ名 ポイント倍率
ポイント 2倍~30倍
ポイント3倍
ポイント2倍
ポイント10倍
ポイント25倍
ポイント3倍
ポイント11倍
ポイント5倍
コンテンツごとにボーナスポイントを設定

なお、ポイント倍率は支払いに使ったエポスカードのポイント(エポスポイント)に反映されます。それとは別に、お店独自のポイントシステムがあった場合は、そのポイントも付与されます。

例えば楽天市場で買い物をした場合、通常の2倍~30倍のエポスポイントが付与されますが、楽天スーパーポイントもカットされることはなく、そのまま付与されます。

6.たまったポイントは電子マネーや商品券、ポイント移行など楽しみがたくさん!

ポイント制度が充実しているエポスカード。たまるマーケットを活用してザクザクためたポイント利用には、どのような方法があるでしょうか?

マルイのお店やネット通販で使える!

エポスポイントは、500ポイント=500円換算で、マルイのお店やネット通販の割引に利用できます。 

電子マネー「エポスVISAプリペイドカード」にチャージ

エポスVISAプリペイドカードは、国内外のVISA加盟店で使える電子マネーのこと。エポスカードユーザーなら、年会費・手数料無料で発行してもらえます。ここに、エポスポイントが1ポイント=1円単位で移行し、電子マネーとして使うことができます。

さらにエポスVISAプリペイドカードは、利用代金の0.5%(200円に付き1円)がキャッシュバック。ポイントでチャージして、さらに利用毎にキャッシュバックが受けられる、お得な利用方法です。

各種商品券、ギフト券に交換

たまったポイントを、好みのギフト券や商品券に交換することができます。

▼ギフト券交換の一例
1,000 ポイント マルイ商品券
1,000円
VJAギフトカード
1,000円
クオカード
1,000円
iTunesギフトコード
1,000円
3,000 ポイント スターバックスカード
3,000円
iTunesギフトコード
3,000円

マイルなど、他社ポイントに移行

所定のポイントが貯まると、マイルに変換したり、他のポイントサービスに移行させたりできます。

▼マイル移行
1000 ポイント ANAマイル:500マイル
(ゴールドカード・プラチナカードは600マイル)
JALマイル:500マイル
▼ポイント移行
1000ポイント ANAスカイコイン
1,000コイン
dポイント
1,000ポイント
auウォレットポイント
1,000ポイント
500ポイント ノジマスーパーポイント
500ポイント
スターバックスカード
500円チャージ

グッズに交換

たまったポイントを、エポスオリジナルグッズと交換できます。

寄付する

500ポイントを500円に換算し、指定の団体に寄付もできます。

支援団体には、ユニセフ、日本赤十字社、WWFなどいろいろな団体があります。

7.5,000店舗を超える優待ショップは優待情報サイト「エポトクプラザ」でチェック!

エポスカードの詳しい優待情報は、エポスNetの優待サイト「エポトクプラザ」でまとめてチェックすることが可能です。その数、5,000件以上!

どのような優待があるのかを、一部紹介しましょう。

グルメ

優待内容
魚民などモンテローザグループ ポイント5倍
ロイヤルホスト 10%OFF
横浜中華街梅蘭 10%OFF

エンターテイメント

優待内容
劇団四季 サイトからの予約&ポイント10倍
など
各種演劇・
コンサート
サイトからの申込
ハウステンボス 指定のパスポートや飲食代など
7%OFF
八景島
シーパラダイス
ワンデーパス
優待割引
よみうりランド ワンデーパス
優待割引
太秦映画村 入村料優待割引
映画館 ユナイテッドシネマ・イオンシネマなど、通常1800円→1300円に
優待割引

カラオケ

優待内容
シダックス ルーム料30%OFF
&ポイント5倍
ビッグエコー ルーム料30%OFFまたは
飲み放題コース 30%OFF
ジャンカラ ルーム料金優待

トラベル

優待内容
ANA たまるマーケット経由で
ポイント4倍
日本旅行 ポイント5倍
H.I.S. ポイント3倍
東急ホテルズ 宿泊料金
最大50%OFF
各種ホテル
宿泊料金優待
アパホテル
箱根ホテル
富士屋ホテルなど多数

このほかにも、ショッピングモールや温泉/スパ施設、美容院、ネイルサロンなど、簡単にピックアップできないほどの優待施設が多数あります。

レジャー施設の割引などは、親企業の株を持っていれば、株主優待を受けられることがあります。しかし、クレジットカードの優待では、株主になっている限られた範囲の優待ではなく、幅広く多くのショップや企業の優待を受けられるのが最大の魅力です。

自分が良く使うお店や、行ってみたいお店、利用してみたいサービスがあるかどうか、エポトクプラザでいちど調べてみるのも良いですね!

8.アメックス並みの海外旅行保険が自動付帯

クレジットカードの特典と言えば、海外旅行保険。エポスカードにも、もちろん海外旅行保険が付いています。

補償はカード発行日の翌日出発の旅行から適応され、1回の旅行につき最大90日までOKです。

エポスカードの海外旅行保険は、死亡保障こそ500万円とおさえめですが、本当に見てほしいのは傷害・疾病の治療費用。海外に強いハイグレードカードとして名高いアメリカンエキスプレスカードでも、傷害治療補償は現金払いの場合200万円、クレジットカード払いで300万円です。年会費無料のエポスカードで、治療補償を200万円~270万円補償しているのは、はっきり言ってかなり貴重。

また、その他にも注目すべきは
・賠償責任
・携行品損害
・救援者費用

の3項目がきっちり補償されている点です。年会費無料カードでは、救援者費用補償は付いていないことが多いのですが、エポスカードでは100万円補償されています。

死亡保障こそ500万円と低めですが、そもそも海外旅行で死亡するリスクよりも、病気になったり、事故・盗難にあう確率の方が大きいものです。また、急病やケガなどで家族の迎えが必要になった際にも、救援者補償が付いているので安心です。

エポスカードの海外旅行保険は、現実的に必要な箇所の保証を手厚くした、使える旅行保険になっています。

しかも、この保証はカードを持っているだけで補償が使えるカード自動付帯です。

クレジットカードの旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」があります。 自動付帯とは、、そのカードを持っているだけで、自動的に補償を受けられるというもの。一方、利用付帯とは、そのクレジットカードを旅行代金の支払いに「利用」した時だけ、補償を受けられる、という決まりです。

例えば年会費無料で人気の高い楽天カードでも、海外旅行保険は利用付帯。一方、エポスカードは持っているだけで補償が受けられる自動付帯です。サブカードとして持っているだけでも付帯されます。海外旅行保険を自動付帯にしているのは、クレジットカードとしてかなりスペックとして高いといえます。

▼海外旅行傷害保険の補償額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
★傷害治療費用 1事故あたり200万円
★疾病治療費用 1疾病あたり270万円
★賠償責任 (免責なし) 1事故あたり2,000万円
★携行品損害(免責3,000円) 20万円(年度に1回、1旅行中)
★救援者費用 100万円(年度に1回、1旅行中)
注:ただし、補償はカード会員本人のみとなりますので、ご注意ください。

9.盗難時の不正使用は最大61日前まで金額補償

クレジットカードは、盗難や紛失の場合、不正利用されるのが心配ですね。

エポスカードでは、紛失の届け出をした日から最大61日前までさかのぼって、不正利用分を補償してくれます。

エポスカードはセキュリティ対策に力を入れており、利用毎に金額等をメール送信してくれる「カード利用通知サービス」や、エポスNetログイン時に通知してくれるサービスも設定可能。
万一不正利用があった場合でも、いち早く発見できるサービスが用意されています。

また、海外での利用や、海外のネットショップの利用を停止することもできます。普段必要のない場合は停止しておけば、海外からの不正利用などを防げますね。

10.ネット決済専用「エポスバーチャルカード」無料発行でネットショッピングも安心

便利なネットショッピングですが、クレジットカード情報の入力に不安を感じる人も少なくありません。

エポスカードでは、ネットショッピング時に利用できるバーチャルカードを無料発行。バーチャルカードと言っても実際のプラスチックカードが発行されるわけではなく、ネット決済専用の番号が発行される仕組みです。

この番号は、実際のエポスカードのカード番号の代わりになるもの。ネットショッピング時にバーチャルカードの番号を入力することで、クレジットカード番号を入力することなく、手持ちのエポスカードでの決済が可能になります。

「でも、バーチャルカードのカード番号が漏えいしたら同じことなんじゃない?」と思った方、ご安心ください。

バーチャルカードは実際のカード発行でないため、初回の申込みはもちろんのこと、利用停止や番号の再発行もエポスNet(会員ページ)から簡単に行えます。不安な場合は頻繁に番号を変えることも可能。

また、利用限度額もエポスNetで変更出来るため、普段は0円に設定しておくと第3者が使うことは出来ません。自分がショッピングに使いたい時だけ、限度額設定すれば安心です。

11.楽天Edyと相性抜群!チャージ時も利用時もエポスポイント付与

エポスカードでは、楽天Edyにチャージした場合でも、エポスポイントが付きます(1,000円チャージして5ポイント)。

さらに、「Edyでポイント」を事前にエポスポイントで受け取りに設定しておくと、楽天Edyの利用分にたいして、エポスポイントを受け取ることが出来ます。

つまり、チャージする時と利用時の両方で、エポスポイントを2重に受け取ることが出来ます。

また、楽天Edy以外では、以下の電子マネーとの組みあわせがおすすめです。

モバイルSuica

エポスカードでモバイルSuicaへチャージすると、チャージ分にエポスポイントがつきます。

スターバックスカード

スターバックスカードへのチャージも、エポスポイントが付与されます。オートチャージにも設定できるため、効率よくエポスポイントが貯められます。

また、楽天Edyのように、利用した分でエポスポイントをためることはできませんが、エポスポイントを電子マネーとしてスターバックスカードにチャージすることは可能です。


もうひとつ忘れてはいけない、エポスカードの最大のメリットは?

さて、ここまでエポスカードのメリットについて説明しましたが、実はエポスカードを持つ意味は、これだけではありません。

エポスカードを継続利用していれば、年会費無料のままエポスゴールドカードにアップグレードできるチャンスがあるのを知っていますか?

エポスカードをきっちり利用して、エポスゴールドカードへ無料インビテーション

エポスカードをおおむね1年利用し、その間に年間50万円以上の利用があれば、エポスゴールドカードへのインビテーションが届きます(利用状況により、個人差はあります)。

ダイレクトにエポスゴールドカードを申しこんだ場合、年会費は5,000円かかります。しかしエポスカードからインビテーションを受けて申し込むと、なんと年会費は永年無料になります。アップグレードのための費用も、もちろん必要ありません。

エポスカードでためたポイントも引き継げるほか、ポイント期限も無期限に変更されます。

即日発行&多くの優待を楽しみながら、1年後にゴールドカードを手に入れるのが、エポスカードの最大のメリットであり、楽しみとも言えますね!

ワンランク上の優待!エポスゴールドカードとは?

では、一般のエポスカードと、エポスゴールドカードの主な違いをまとめておきましょう。

▼エポスカードとエポスゴールド比較
エポスカード⇒ゴールドカードに
アップグレードしたらここが変わる!
エポスカード エポスゴールドカード
年会費 永年無料 招待から申込むと永年無料(通常5,000円
申し込み 即日発行可能 エポスカードからの招待または直接申込み
ポイント期限 2年 期限なし
マルイでの現金払いポイント 2016年4月より廃止
マルイでのポイント優待 2016年4月より廃止
★通常ポイント:200円で1ポイント/リボ・分割のみ200円で2ポイント
200円で2ポイント/リボ・分割のみ200円で3ポイント
ボーナスポイント なし 年間100万円利用で10,000円分のボーナスポイント
海外旅行保険 最高500万円
※本人のみ対象
最高1,000万円
※本人のみ対象
空港ラウンジ なし 本人無料、同伴者有料
VISA優待 通常優待 Visaゴールドカード優待

この一覧以外にも、優待が使える店舗数が増加するほか、優待内容もさらに充実しています。

エポスカードからエポスゴールドカードへのインビテーション(招待)や、優待の説明は、こちらで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

エポスカードを無料でゴールドカードにする方法とインビテーション条件

エポスゴールドカードの3つのデメリット

1. マルイでのポイント優待が縮小傾向

エポスカードは、マルイでお買い物する際には、現金払いでもポイントがたまる「ポイントカード」の機能もかねていましたが、2016年4月より、現金払い時のポイント付与が廃止されると決定されています。

また、それに伴い、マルイでのクレジット払いも通常ポイントの付与に引き下げ(200円で1ポイント)。リボ払いと分割払い時のみポイント2倍(200円で2ポイント)になります。

優待も多くお得感の高いエポスカードですが、マルイでのポイント付与は縮小傾向。したがって、トータルなメリットを考えると、やはりしっかり利用したのち、マルイでのポイント優待も継続しているエポスゴールドカードへのインビテーションを手に入れるのがベターでしょう。

2. ポイント期限がある

エポスカードのポイント有効期限は、一般的なクレジットポイントと同様に、ポイント加算日から2年間です。ただし、3か月以内に失効するポイントは、有効期限を延長するサービスも行っています。

なお、エポスゴールドカード・エポスプラチナカードでは、ポイントは無期限で貯めることが出来ます。

エポスカードからゴールドカードへとグレードアップした場合、切り替え時に保有していたポイントも無期限に変更されます。

3. 家族カードがない

これはエポスカード全体でのデメリットと言えますが、家族カードの設定はありません。

まとめ|こんな人はエポスカードがオススメ

では、最後にずばり、エポスカードをおすすめするのは、このようなケースです!

◆素早く作れるカードが欲しい人

「海外旅行に行く」「大きい買い物をクレジット払いにしたい」などの理由で、急ぎでクレカを作りたい場合、エポスカードがオススメです。最短で即日発行も可能です。

◆分かりやすく、かつ優待サービスの多いカードが欲しい人

ポイント優待や店舗での割引特典など、クレジットカードの定番サービスが充実していて、それぞれ専用サイトを経由することで分かりやすく利用することが可能です。提携している店舗が5,000件以上というのは、破格の充実ぶりです。

◆オトクにゴールドカードを手に入れたいと思っている人

エポスゴールドカードを無料で手に入れたい人は、エポスカードで履歴を積むのがおすすめです。

年会費が永年無料のゴールドカードはエポスゴールドカードかイオンゴールドカードくらいしかありません。

どちらも一般カードからのインビテーション(招待)制ですが、イオンカードの方は
・直近1年の利用が100万円以上
・直近1年間のイオングル―プのみの利用が60万円以上
などの条件があります。

エポスゴールドカードはおおむね1年間に50万円以上の利用でインビテーションが届きます。マルイグループで、との縛りはありませんので、イオンゴールドより取得しやすいと考えられます。オトクなゴールドカードへの最短距離は、エポスカード、とも言えますね!


エポスカードの公式サイトはこちら


 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.