車載プリンタとは

車内で即座に利用明細を発行!プリンターを設置しているSAまで行く必要なし。

車載プリンタは車内に搭載できる小型のプリンタで、車内に居ながらにしてすぐにETCの利用明細を発行することができます。
卓上プリンタの場合はプリンタを置いている場所まで行かなければなりませんが、車載プリンタであれば明細をもらうために移動する必要がありません。
個人にはあまり縁のないものかもしれませんが、利用明細が頻繁に必要になる職種の場合は便利ですね。

たとえばこんな使い方があります

●タクシーの運転手 →乗客に利用明細を求められた時に発行
●営業者、社用車  →客先への請求明細として/日報に添付するなどして管理者への提出用に
●観光バス      →幹事への請求明細として
●運送会社      →荷主への請求明細として

価格が高めなこともあり(40,000円~60,000円くらい)主に車両を扱う仕事の方が利用しています。「ETCを利用しましたよ」という証明が必要な場合は、やはりその場で発行できる方が助かるでしょう。

発行される明細には、必要とされるであろう内容が一通り記載されています。
利用明細に印字される情報は以下の通りです。

●入口料金所
●出口料金所
●利用日時
●利用料金
●車種

料金所名が卓上プリンタに登録されていない場合は料金所番号が印字されます。
なお、ETCカード番号は記載されないので、利用明細を紛失しても問題になることはありません
当然ながら、通行料金が確定していない明細は発行されません。料金が確定した時点で印字される仕組みになっています。

車載プリンタの使い方

車載プリンタのメーカーで一番メジャーなのが株式会社デンソーです。
使用方法は各メーカーによって若干異なりますが、ここではデンソー製の車載プリンタを例に特徴、機能について紹介します。

・車載プリンタ本体の取り付け
車載プリンタは車載器に接続して使用します。
取り付けはワンタッチ着脱式です。
取り付けの際は必ず添付の取扱説明書を確認しながら行って下さい。

・プリント用紙の装着
ペーパーロール紙を入れてカバーを被せるだけで完了です。
ワンタッチ操作で簡単に行えます。

・明細の発行方法
ETCレーンを利用するだけで自動的に明細が発行されます。
過去の履歴発行も簡単なボタン操作で可能となります。

・領キー…最新の履歴を発行します。
・日キー…1件前(過去側)の履歴を発行します。
・Rキー…1件後(最新側)の履歴を発行します。
・領キー長押し…全履歴を順に発行します。

▼注意点▼
卓上プリンタを車載用として利用するのはNGです。
故障の原因となりますので絶対にやめましょう。

導入価格と導入後にかかる費用ってどれくらい?

購入価格は40,000円~60,000円くらいで、インターネットなどで購入できます。
別途、ロール紙(10巻入で6,000円くらい)を用意する必要があります。
価格帯的に、「気軽に導入できる!」というわけにはいきませんね。
明細の発行が頻繁に必要になる方以外は、導入するメリットが薄いと言えます。

なお、タクシー会社や運送会社を対象とした組合に加入することで、標準的な価格より安く購入することも可能です。
車載プリンタが必要となる方はそちらも検討してみて下さい。

※PC上でETCの利用履歴を管理できる「卓上履歴管理装置」というものもあります。
装置をPCと紐づければ、履歴を管理したいETCカードを挿入するだけでOKです!

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.