使った分だけチームに貢献!浦和レッズ公認クレジットカードを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【VIASOカード(浦和レッズデザイン)】生活するだけでレッズに貢献!機能面や取得の流れも

「浦和レッズ公認の提携クレジットカードがあるらしい。
ファンとしてメリットがあるのなら、作ってみたいところだけれど…?」

結論から言うと、浦和レッズのクレジットカード「VIASOカード(浦和レッズデザイン)」を作るべきは、自分のおトクさよりレッズへの貢献を優先したい方。

というのもこのカードにおける唯一最大の特徴こそが、「利用代金の一部がレッズ強化費に充てられる」ことだからです。

今回はそんなVIASOカード(浦和レッズデザイン)について、実際のメリット・デメリットを簡潔にまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたがこのカードを作るべきか否かが分かります。

VIASOカード(浦和レッズデザイン)
VIASOカード(浦和レッズデザイン)ETCカード券面
年会費無料ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%〜1.5%
  • ネットショッピングでポイント最大10%
  • カードご利用金額の一部がチーム強化費に使われる
  • ◎家族カード有り

1分でチェック!VIASOカード(浦和レッズデザイン)を作るべきはどんな人?

1分でチェック!VIASOカード(浦和レッズデザイン)を作るべきはどんな人?
結論から言うと、「VIASOカード(浦和レッズデザイン)」を作るべきは以下の方となります。

1分でチェック!VIASO(浦和レッズデザイン)を作るべき人
  • クレジットカードとしての機能性やおトクさより、「レッズへの貢献」を優先したい方
  • 浦和レッズデザインのクレジットカードが欲しい方

条件は非常に簡単ですね。

正直に言うとこのカード、クレジットカードとしての機能は微妙と言わざるを得ません。

そのためあえてこのカードを選ぶべきは、やはり最大の特徴である「浦和レッズと提携している」という部分に強い魅力を感じる方、となってくるわけです。

特徴はやっぱりデザイン&「利用代金の一部がレッズ強化費に還元」

VIASOカード(浦和レッズデザイン)における第一の特徴は、やはり名前の通りのカードデザイン。

VIASOカード(浦和レッズデザイン)▲VIASOカード(浦和レッズデザイン)

そして第二にしてより重要な特徴が、カード決済分の0.255%が、浦和レッズの運営会社に自動還元されるという点です。

この還元されたお金は、移籍金などのチーム強化費に充てられるとのこと。

特別な負担なく、日々のお買い物にこのカードを使うだけでレッズに貢献できるというのは、他社のカードに無い特別なポイントであること間違いなしです。

ただしその他のクレジットカードとしての機能(還元率など)や特典は微妙…

そんなVIASOカード(浦和レッズデザイン)ではありますが…。

先ほどから触れている通り、クレジットカードとしての機能自体は正直微妙。

年会費が完全無料なのは良いのですが、実質還元率は0.5%と楽天カードの半分です。

VIASOカード(浦和レッズデザイン)

▲▼VIASOカード(浦和レッズデザイン)
年会費無料
国際ブランドVISA
還元仕様1,000円につき5円相当のポイント蓄積
1年に1度キャッシュバック
(実質還元率0.5%)
付帯保険海外旅行保険
ショッピング保険
┗ただし自動リボ払い(楽Pay)期間のみ適用
追加カードETCカード
┗発行手数料1,100円
銀聯カード
┗発行手数料1,100円
家族カード
┗無料
スマホ決済ApplePay
申込条件
18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。

※すでにVIASOカードをお持ちの場合は切り替え手続きが必要(手数料1,100円)

その他特典など
  • カードショッピング枠利用分の0.255%が浦和レッドダイヤモンズ株式会社へ還元
  • 新規入会で最大1万ポイント獲得
    (各種条件あり)
  • 携帯料金、インターネット代金、ETC利用時はポイント2倍
    ┗格安SIMなど例外あり
  • 「POINT名人.com」経由のネットショッピングでポイント優待

付帯特典は一見充実しているようにも見えますが、「レッズ」に関するものを除くと、多くのカード会社に共通するような内容ですね。

特に同じく「自動キャッシュバック」システムを敷いている「P-oneカード<Standard>」との差は気になるところ。

ということでVIASOカード(浦和レッズデザイン)は、クレジットカードとしての機能やおトクさを求めて選ぶようなカードではないと言えるでしょう。

★2つの自動キャッシュバックカードの比較
VIASOP-one
Standard
券面viaso浦和レッズ券面
他21種類
P-oneスタンダード券面
基本還元率0.5%1.0%
キャッシュバックの頻度年に1度毎月
海外旅行保険ありなし
国内旅行保険なし
ショッピング保険リボのみなし
類似特典
  • 指定サイト経由でポイントアップ
  • レンタカー優待

レッズ関連の優待特典などは特になし

レッズ関連の優待特典などは特になし
残念ながらこのカードに、

  • 観戦チケットやスタジアムグルメについての優待
  • ポイントを貯めて限定グッズと交換

……といった「ファンカードあるある」のようなサービスは設けられていません

このカードの「浦和レッズ」要素は、先にも触れた

  • カードデザイン
  • 利用額の0.255%がレッズに還元

の2点のみ。

少し物足りない部分はあるかもしれませんが…。

現状レッズ提携のクレジットカードが他にないことを考えると、これ以上のことは言えませんね。

やはりこのカードは、贔屓のチームに貢献したい、熱心なファン向けと言えるでしょう。

VIASOカード(浦和レッズデザイン)のメリット・デメリットについてのまとめ

VIASOカード(浦和レッズデザイン)のメリット・デメリットについてのまとめ

ポイント
  • VIASOカード(浦和レッズデザイン)の特徴はカードデザイン、そして利用額の0.255%がレッズ強化費に自動還元されること
    ┗限定グッズプレゼントなどの特典はなし
  • ただしクレカとしての機能は微妙。おトクさを求めるなら素直に他社カードを選んだ方がよい

「クレカとしての機能は微妙だが、自動的にレッズに貢献できる」VIASOカード(浦和レッズデザイン)。

その特性から、こちらはある意味「真のファンカード」とも言っても良いかもしれませんね。

「ポイントが貯まらない」VIASOカードのメリットって?ライバルカード比較&審査難易度も
2022.05.19

VIASOカード(浦和レッズデザイン)

▲▼VIASOカード(浦和レッズデザイン)
年会費無料
国際ブランドVISA
還元仕様1,000円につき5円相当のポイント蓄積
1年に1度キャッシュバック
(実質還元率0.5%)
付帯保険海外旅行保険
ショッピング保険
┗ただし自動リボ払い(楽Pay)期間のみ適用
追加カードETCカード
┗発行手数料1,100円
銀聯カード
┗発行手数料1,100円
家族カード
┗無料
スマホ決済ApplePay
申込条件
18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。

※すでにVIASOカードをお持ちの場合は切り替え手続きが必要(手数料1,100円)

その他特典など
  • カードショッピング枠利用分の0.255%が浦和レッドダイヤモンズ株式会社へ還元
  • 新規入会で最大1万ポイント獲得
    (各種条件あり)
  • 携帯料金、インターネット代金、ETC利用時はポイント2倍
    ┗格安SIMなど例外あり
  • 「POINT名人.com」経由のネットショッピングでポイント優待


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。