東京オリンピック公式カード発行開始!その使い勝手は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月21日、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が2020年東京オリンピック大会公式クレジットカードとプリペイドカードの発行開始を発表しました。

CHECK東京五輪、大会公式カードを発行

ですがこの東京オリンピック公式カード、実際の使い勝手は良いのでしょうか?
今回はこの東京オリンピック公式カードについて、使う上で知っておきたい特典やポイントをまとめました!

東京オリンピック公式カードのスペックは?

まずは今回発行される東京オリンピック公式カードの基本情報から見ていきましょう。

①カードの種類は「クレジットカード」と「プリペイドカード」の2種類

今回発行される東京オリンピック公式カードは「クレジットカード」「プリペイドカード」の2種類となります。

東京オリンピック公式クレジットカード

東京オリンピック公式クレジットカード基本情報
年会費 無料 国際ブランド VISA
基本還元率 0.1% 利用可能枠 非公開
支払い方法 指定の金融機関口座からの引き落とし 支払日 毎月15日締め
翌10日払い
申し込み条件
  • 満18歳以上の方(高校生は除く)
  • 東京オリンピック公式プリペイドカード

    東京オリンピック公式プリペイドカード基本情報
    年会費 無料 国際ブランド VISA
    キャッシュバック還元率 0.25% カード残高上限額 30万円
    チャージ方法
  • クレジットカード
  • インターネットバンキング
  • セブン銀行ATM
  • 申し込み条件
  • 満12歳以上の方(小学生は除く)
  • クレジットカードのみでなく、プリペイドカードもあるのが嬉しいですね。
    まだクレジットカードを持てる年齢に達していない、または金融ブラック状態であるなど、様々な理由でクレジットカードを持てない・または持ちたくない状況でも安心して公式カードに申し込みが出来ます。

    ★カードの申し込みにはTOKYO 2020 IDの登録が必要です。

    ②ブランドは「VISA」のみ

    クレジットカード・プリペイドカード共に、カードブランドは「VISA」のみ。
    これはVISAが東京2020大会のスポンサーを務めているのが大きいですね。

    しかし、世界シェア№1のブランドであるVISAクレジットカードが使えるたいていのお店で利用できますのでさほど問題ではありません。
    特にクレジットカードを持つことが出来ない場合、色々なお店でキャッシュレスで支払えるこのプリペイドカードはとても便利ですよ。

    <オリンピックでは現金とVISAしか使えない!>

    東京オリンピックのチケット購入・競技会場内での支払いは現金・VISAカードのみとなっています。

    「オリンピックを見に行きたいけれど、VISAカードを持っていない!」という場合は、これを機会に東京オリンピック公式カードに申し込んでおきましょう。

    ③スペシャル特典がもりだくさん!

    「東京オリンピック公式カードって、普通のクレジットカード・プリペイドカードとどこが違うの?」
    そんな疑問をお持ちのあなたに耳寄りな情報を。
    東京オリンピック公式カードでしか受けられないお得なスペシャル特典が用意されているんです!
    現在受けられる特典は3つ。さらに、今後も特典が追加される予定なんですよ。
    それぞれの特典を順に見ていきましょう!

    (1)入会者全員にオリジナルステッカープレゼント!

    東京オリンピック公式カードに申し込むと、カード送付の際東京オリンピックのマスコットキャラクターである「ミライトワ」と「ソメイティ」のオリジナルステッカーがもらえます

    入会者特典ステッカー(※こちらのデザインはイメージです)
    ▲入会者特典ステッカー(※こちらのデザインはイメージです)

    (2)東京オリンピックチケットが当たる!

    公式カードに入会した上でキャンペーンにエントリーすると、抽選で15組30名様に東京2020オリンピック 観戦チケットが当たります

    キャンペーン期間は2019年2月25日~3月31日。
    キャンペーン期間が始まるまでに、余裕を持って準備しておきましょう。
    また、日程・競技・席種は選べません。

    ちなみに、この後も第2弾(2019年6月1日~9月30日予定)、第3弾(2020年1月1日~3月31日予定)のキャンペーンが予定されています。
    まだ何が当たるのかは分かりませんが、今からとても楽しみですね。

    (3)公式カードでチケットを購入すると還元率が2倍!

    もしこのキャンペーンに外れてしまった場合でも大丈夫。
    この東京オリンピック公式カードで東京2020大会チケットを購入すると、還元率が2倍になるんです!

    クレジットカードの場合は、カード利用で貯まるワールドプレゼントのポイントが2倍に。
    プリペイドカードの場合は、利用した翌月にチャージ残高に還元される金額が2倍になります。

    東京2020大会公式チケット販売サイトでチケットを購入した場合のみ適用されますので、気をつけてくださいね。

    ④カードデザインはそれぞれ3種類!

    東京オリンピック公式カードのデザインは3種類用意されています。
    クレジットカード・プリペイドカードのデザインは同じですが、クレジットカードは背景色が「藍色」、プリペイドカードは「紅色」となっています。
    東京オリンピックのテーマカラーですね。
    どんなデザインが用意されているか見ていきましょう。
    文字をシンプルかつスタイリッシュにデザインした「スタンダード」。

    横型に東京オリンピック公式マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」をデザインした「マスコットA」。

    同じく「ミライトワ」と「ソメイティ」を、こちらは桜の花びらを背景に縦型にあしらった「マスコットB」。

    どれも甲乙付けがたいデザインですね。
    「どのデザインも気になる……」という場合でも大丈夫!
    クレジットカードとプリペイドカードは両方持つ事が出来ますし、プリペイドカードは複数枚持てます。
    気になるデザインのカードを入れて、お財布の中身を華やかにさせましょう!

    ⑤VISAのタッチ決済対応!

    東京オリンピック公式カードはクレジットカード・プリペイドカード両方とも、VISAのタッチ決済に対応

    タッチ決済とは、レジのリーダーにカードをタッチさせるだけで支払いが出来るシステム。
    店頭やレジ、決済機に以下のマークがついていれば、タッチ決済が使えます。

    VISAのタッチ決済(非接触決済)
    VISAのタッチ決済(非接触決済)より

    サイン・暗証番号なしで買い物できるのはとても助かりますね。

    東京オリンピック公式カードの使い勝手を分析!

    さて、ここまで東京オリンピック公式カードのスペック・特典をご紹介しましたが……。
    カードを持つにあたって気になるのは、実際の使い勝手ですよね。

    果たして東京オリンピック公式カードは便利に利用できるカードでしょうか?
    様々な観点から分析しました。

    ①クレジットカードはメインカードには不向き?

    クレジットカードの場合は、カードで1,000円(税込)の支払いにつき三井住友カード株式会社のワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。

    ポイント還元率はこのポイントを何と交換するかによって変わりますので一概には言えませんが……
    以下に例をまとめました。

    ★ポイント交換先別還元率
    ANAマイレージと交換する場合 0.3%
    楽天スーパーポイントと交換した場合 0.5%
    楽天Edyと交換した場合 0.4%
    Amazonギフト券と交換した場合 0.5%

    ポイントの貯まり具合としては、正直100円ごとに1ポイント貯まるオリコカード・ザ・ポイント楽天カードと比べると貯めにくいです。

    また交換する場合でも、還元率はクレジットカードとしては平均的
    年会費は無料ですので、メインカードとして使うよりは、東京オリンピックチケット購入などで使うサブカードとして使った方がいいでしょう。

    ②プリペイドカードはチャージが少し難しい……

    一方、プリペイドカードの場合はカードで払った金額の0.25%が翌月チャージ残高に還元されます。

    こちらも、キャッシュバックの還元率はVISAプリペイドカードの中では平均的ですね。
    参考【Visaプリペイド】16種類のカード比較

    また、プリペイドカードを使う上で気になるのがチャージ方法。
    この公式カードへのチャージ方法は以下の3種類です。

  • クレジットカードでチャージする
  • インターネットバンキングを通じて、銀行口座からチャージする
  • セブン銀行ATMでチャージする
  • この内インターネットバンキング、VJAに加盟しているカード会社以外のクレジットカードからチャージした場合は手数料がかかってしまいます
    またセブン銀行ATMでチャージする場合、わざわざATMまで行かなければいけないというのはおっくうですね。

    ③決め手はやはり「特典」

    東京オリンピック公式カードの使い勝手は、普段使いとして見た場合は少し微妙ですが……。
    このカードでしか得られないキャンペーン参加権、東京オリンピックチケット購入がお得になるというメリットは強いです。

    東京オリンピックに行くのならばぜひとも持っておきたいカード
    年会費無料ですので、記念として持っておくのも良いですね。

    まとめ

    ★今回発行される東京オリンピック公式カードは「クレジットカード」「プリペイドカード」2種類
    ★カードブランドはオリンピック公式スポンサーである「VISA」のみ、だがVISAは世界シェアナンバー1なので問題は無い
    抽選で東京オリンピックのチケットが当たる、カードで東京オリンピックチケットを購入すると還元率2倍など東京オリンピックに関するお得な特典が受けられる
    ★カードデザインは3種類。
    クレジットカード&プリペイドカードの2枚持ちやプリペイドカードの複数持ちも可能なので、異なるデザインのカードを2~3枚持つことも可能
    ★クレジットカード・プリペイドカード共に、普段使いとしては良くも悪くも平均的
    しかし東京オリンピックに行くのならば持っておくべき

    今後も特典の追加が予定されている東京オリンピック公式カード。
    このカードを手に、大舞台に望む選手たちを応援しましょう!

    東京オリンピック公式カードの申し込みはこちらから!
    CHECK東京オリンピック公式カード申し込みページ

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。