学生におすすめのクレジットカード4選+α!利用場面別に紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生におすすめのクレジットカード4選+α!利用場面別に紹介
「学生でも使いやすいおトクなクレジットカードってあるのかな」

クレジットカードの中には、学生のみが作ることのできる特典豊富な「学生カード」があります。
多種多様なカードが出ているため、使いたい場面に合ったカードを選ぶことが重要です。

例えば、普段使いでは主要コンビニで3%還元の「三井住友カードデビュープラス」がおすすめ。
海外旅行へ持って行くなら、海外で3%還元のある「学生専用ライフカード」がぴったりです。

ここでは、利用場面別におすすめのカードを4枚、メリットからデメリットまで解説します。
初めてカードを持つ上で、気を付けたいポイントについても説明していますよ。

読み終えていただければ、学生のあなたにぴったりのクレジットカードがきっと見つかります。

利用場面別おすすめ学生カード4選!

学生カードは現在さまざまなサービスを持ったものが発行されています。
使いたい場面に合わせたカードを選び、上手に使っていきましょう。

早速、利用場面別おすすめ学生カード4選をチェックしていきます。

利用場面別おすすめ学生カード4選

また、学生カードだけでなく「学生でも作れる一般カード」も紹介しています。

卒業しても長く使えるカードを作りたい方は合わせてご確認ください。

①【普段使いに】コンビニ3社とマクドナルドで+2%還元の「三井住友カードデビュープラス」

三井住友カードデビュープラス
三井住友カードデビュープラスは普段使いでどんどんポイントが貯まる18~25歳専用クレジットカード。

年会費は1375円ですが、年1回の利用で無料にできるので実質年会費無料です。

このカードは、クレジットカードを日々の節約で使いたいと考えている方におすすめです。

このカードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

三井住友カードデビュープラスの基本情報
年会費国際ブランド
1375円
※初年度無料
※年1回以上利用で翌年無料
Visa
基本還元率利用可能枠
1%学生用:最大30万円
一般:最大100万円
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
なしなし
ショッピング補償追加発行可
年間100万円まで
※海外での利用もしくは国内でのリボ払い・3回以上の分割払いのみ対象
ETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
なし翌月10日または翌月26日
申し込み条件
高校生を除く満18歳~25歳までの方

(1)「三井住友カードデビュープラス」のメリットや特典

このカードには日々の生活で役に立つ特典が3つ付帯しています。

 

三井住友カードデビュープラスの特典

  • コンビニ3社とマクドナルドでポイント特典
    セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ3社とマクドナルドで+2%還元。
    200円ごとに6ポイント貰える。
    ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
    ※一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。
  • 「ポイントUPモール」経由のネットショッピングでポイント特典
    会員専用サイト「ポイントUPモール」からAmazon等にアクセスすることでポイント最大20倍。

  • 「ココイコ!」事前エントリーで街の店舗でポイント特典
    会員専用サイト「ココイコ!」からエントリーすることでヤマダ電機など街の店舗で追加ポイント獲得。

この中でも特に嬉しいのが、コンビニ3社とマクドナルドでのポイント+2%還元
特別な手続きもなく、ただコンビニ3社とマクドナルドでカードを使うだけでたくさんポイントが貰えます。

コンビニ3社とマクドナルドでのポイント獲得の例

昼食を600円分購入
コンビニ3社とマクドナルドなら200円ごとに6ポイント貰える
→6ポイント×3倍=18ポイント

平日5日間使えば100円相当のポイントになるのでなかなか嬉しいですね。
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

ネットショッピングや街での買い物も一手間かけるだけで追加ポイントが貰え、さらにおトクになります。

活用できる場面が多いカードと言えるでしょう。

またこのカードは、26歳以降の初回更新時に「三井住友カードプライムゴールド」へ切り替えることができます。

将来的にゴールドカードを持つことを目指している方にもおすすめです。

三井住友カードプライムゴールドについてはこちらの記事をご確認ください。

(2)「三井住友カードデビュープラス」のデメリット

三井住友カードデビュープラスのデメリットは以下の2点です。

三井住友カードデビュープラスのデメリット

  • 旅行保険が付帯していない
  • 一度に大きくポイントを貰えるような魅力的な特典が少ない

まず、このカードには旅行保険が付帯していません

海外では多くの保険が使えず医療費が高くなってしまいがちなので、海外旅行の際は専用の保険があると安心です。

このカードを持って海外旅行へ行く際は、ぜひ旅行保険のあるサブカードを作っておきましょう。

2つめのデメリットは、大きくポイントを貰えるような特徴的な特典がないことです。

良くも悪くも「まとまった」性能なので、特化したカード運用をしたい方は別のカードを検討すると良いでしょう。

また、デメリットではありませんが、実はこのカードには「学生用」と「一般用」の2種類があります。

機能は変わりませんが、限度額は違います。
よく似ていて申し込みの際に間違えやすいので注意しましょう。

詳しくはこちらの項目をご確認ください。

三井住友カード デビュープラスは審査を不安に思う必要なし!申込手順も解説
2021.10.08

②【海外旅行に】海外で3%キャッシュバック!「学生専用ライフカード」

学生専用ライフカード
学生専用ライフカードは18~25歳の学生のみが申し込める年会費無料カードです。

このカードの特徴は、海外旅行で便利な特典が多数付帯していること。

海外旅行を検討している学生におすすめのクレジットカードです。

それでは、このカードのメリットとデメリットを確認していきましょう。

学生専用ライフカードの基本情報
年会費国際ブランド
無料Visa
MasterCard
JCB
基本還元率利用可能枠
0.4~0.5%最高30万円
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最高2000万円なし
ショッピング補償追加発行可
なしETCカード
付帯電子マネー支払日
なし毎月5日締め当月26日支払い
申し込み条件
高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方

(1)「学生専用ライフカード」のメリットや特典

このカードには海外旅行で役に立つ特典が2つ付いています。

学生専用ライフカードの特典

  • 事前申請することで海外での利用額の3%をキャッシュバック
  • 補償範囲の広い海外旅行保険が自動付帯

このカードは事前に会員サイトから申請することで、海外での利用額の3%をキャッシュバックしてくれます。

海外での利用額キャッシュバックの例

海外旅行先で5万円分カードを利用
→50000円×3%=1500円が返ってくる

さらに、このカードには海外旅行で必須の旅行保険も付帯しています。

学生専用ライフカードの海外旅行保険
傷害死亡・後遺障害最高2000万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用最高200万円
救援者費用等最高200万円
個人賠償責任危険最高2000万円
携行品損害最高20万円

補償範囲が広く、傷害や疾病の治療費用まで補償しています。

この海外旅行保険が自動付帯するのも嬉しいところ。

例えば友達が一括で料金を支払った海外旅行でも、カードを持っているだけで保険を利用できます。

海外旅行に必携のクレジットカードと言えるでしょう。

(2)「学生専用ライフカード」のデメリット

海外旅行で大活躍の学生専用ライフカードですが、国内利用では他のカードに見劣りしてしまいます

例えば、このカードの還元率は0.4~0.5%です。

この還元率は低くはありませんが、「三井住友カードデビュープラス」などの高還元カードに比べると控えめな数字です。

その差を埋めるだけの国内での特典もないため、国内利用でこのカードを選ぶ理由はほとんどありません。

海外旅行が前提のカードとして考えておきましょう。

学生専用ライフカードについて、より詳しい説明を読みたい方は以下の記事をご参照ください。

学生専用ライフカードは高還元・海外で便利!他の高還元カードと比較
2021.11.30

③【国内旅行に】入会+1回搭乗で航空券1枚相当のマイルが貰える「JALカードnavi」

JALカードnavi

JALカードnaviは、航空会社JALの発行する、18~30歳の学生のみが申し込めるクレジットカード。

年会費は無料。
カードを使う度、ポイントではなくマイルが貯まる点が特徴のカードです。

JALの飛行機を使うことでどんどんマイルが貯まるため、国内旅行で大活躍します。

メリットからデメリットまで詳しく見ていきましょう。

JALカードnaviの基本情報
年会費国際ブランド
無料Visa
MasterCard
JCB
基本還元率利用可能枠
100円=1マイル10万~30万円
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最高1000万円最高1000万円
ショッピング補償追加発行可
なしETCカード
付帯電子マネー支払日
なし15日締め翌月10日支払い
申し込み条件
以下の条件を満たす方
①高校生を除く18歳以上30歳未満の学生
②日本に生活基盤がある
③日本国内での支払いが可能

(1)「JALカードnavi」のメリットや特典

JALカードnaviの特典は大きく分けて以下の3つ。
いずれも旅行をおトクに楽しめるようになる便利な特典です。

 

JALカードnaviの特典

  • 豊富なマイル特典
    入会プレゼントの2000マイル、搭乗時の獲得マイル10%アップボーナスなど、マイル特典が豊富。
  • 特典航空券が最大6割引
    マイル交換で貰える航空券が特別割引。
    例えば、羽田ー那覇は片道3410マイル(通常7910マイル)。
  • 国内外旅行保険が自動付帯
    補償範囲が広く使いやすい旅行保険が自動付帯する。

JALカードnaviにはマイルを貰える特典が多数付帯しています。
カードの利用で貰えるマイルと合わせて、どんどんマイルを貯めることができます。

JALカードnaviの主なマイル特典

  • 入会時2000マイルプレゼント
  • その年初めての搭乗で1000マイルプレゼント
  • 搭乗時の獲得マイル10%アップ
  • TOEIC等、語学検定好成績達成で500マイルプレゼント

貯めたマイルは「特典航空券」と交換するのがおすすめです。

「特典航空券」とはマイルで交換できる航空券のことで、通常の航空券と同じように使うことができます。

マイルで買った航空券と考えても良いでしょう。

さらに、JALカードnaviユーザーならこの特典航空券が割引されます

特典航空券割引の例

羽田ー那覇の片道航空券
通常:7910マイル
割引後:3410マイル

入会プレゼント+初搭乗ボーナスの合計3000マイルを活用すれば、貯めるのがそこまで難しいマイル数でもありません。

補償範囲の広い旅行保険も自動付帯しており、飛行機を使った旅行にぴったりの一枚と言えるでしょう。

(2)「JALカードnavi」のデメリット

JALカードnaviのデメリットは、マイルを活用できないとカードの本領を発揮できない点です。

多くの特典がマイルに関連しているため、マイルを活用できないとほとんど魅力のないカードになってしまうのです。

また、特典航空券等と交換した後に残った端数のマイルの使い道が少ない点も気になります。

他の景品とマイルを交換する場合、少ない場合でも必要マイル数は2000マイル以上。

JAL ミニマイル特典|少ないマイル数での交換を案内しているJAL公式サイトのページ
頻繁に飛行機に乗る場合を除いて、貯めたマイルを全て活用するのは難しいかもしれません。

このカードの詳しい情報は以下の記事をご確認ください。

JALカードnaviはマイル高還元!JALを使うなら作って損なし
2020.07.09

④「楽天カードアカデミー」など特定のグループでおトクなカードもおすすめ

クレジットカードの中には特定のグループで特別おトクになるカードがあります

例えば「楽天カードアカデミー」なら、楽天グループで有効な特典が多数付帯しているのです。

お気に入りのお店でクレジットカードの宣伝を見かけたら、詳しく調べてみるのがおすすめです。

今回はそんな「グループ特化型」カードから、楽天カードアカデミーを例として解説していきます。

楽天アカデミー券面

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーの基本情報
年会費国際ブランド
無料Visa
JCB
基本還元率利用可能枠
1%最高30万円
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最高2000万円なし
ショッピング補償追加発行可
なしETCカード
付帯電子マネー支払日
楽天Edy月末締め翌月27日払い
申し込み条件
高校生を除く満18~28歳の学生

(1)「楽天カードアカデミー」のメリットや特典

楽天カードアカデミーのメリットは、なんといっても楽天グループで高還元なことです。

このカードを使うだけで楽天市場や楽天ブックスがさらにおトクになります。

楽天カードアカデミーの主な特典

  • 「楽天市場」で常時ポイント3倍
    楽天カードアカデミーで楽天市場の買い物を支払うと、100円ごとに3ポイント貰える。
    「SPU」対象サービスを利用するとさらにポイントを貰える。
  • 「楽天ブックス」でポイント4倍
    入会から1年間期間限定で楽天ブックスで100円利用するごと4ポイント獲得。
  • 高速バス予約でポイント3倍
    楽天トラベルを使い、楽天カードアカデミーで高速バスを予約すると100円ごとに3ポイント貰える。
  • ゲーム等ダウンロードでポイント3倍
    楽天ブックスダウンロード販売でこのカードを使うと利用100円ごとに3ポイント。

また、「楽天学割」を併用することでさらに特典を獲得することができます。

楽天学割は満18~25歳の楽天ユーザー限定サービス。
手続きを踏むことで以下のような特典を受けられます。

楽天学割の主な特典

  • 楽天ファッションで使える500円クーポンを毎月配信
  • 楽天ファッションで常時ポイント2倍
  • エントリーすることで毎週土曜日楽天ビックのポイント5倍
  • アプリ経由で楽天ビューティのポイント2倍

楽天グループをよく利用するならば作って損のないカードです。

(2)「楽天カードアカデミー」のデメリット

楽天カードアカデミーのデメリットは以下の2点です。

楽天カードアカデミーのデメリット

  • 楽天グループを利用しないとほとんど特典を活かせない
  • 旅行保険がツアーにしか適用されない

楽天カードアカデミーを活用する場合、楽天グループの利用はほぼ必須です。

「カードを作った時は楽天を使っていたけど、気が付いたら使わなくなっていた」
という場合は、カードを変更した方が良い可能性があります。

また、楽天カードアカデミーには海外旅行保険が付帯していますが、残念ながらこの保険は少し使いにくいです。

「出国前に楽天カードアカデミーで決済した旅行ツアー」のみが補償の対象になるためです。

場合によっては海外旅行保険のあるサブカードを用意しておく必要があるかもしれません。

楽天カードアカデミーについて詳しくは以下の記事をご確認ください。

学生用楽天カードは追加ポイント特典あり!一般カードと徹底比較解説
2021.11.30

⑤「JCB CARD W」など、年会費無料のカードは学生でも狙い目

最後に、学生カードではないものの「学生でも狙える人気のカード」を1枚紹介します。

一般カードには学生向けの特典があまりないものの、卒業後も使いやすいというメリットがあります。

作る場合は、審査が比較的易しい年会費無料のカードを選ぶのがおすすめです。

今回は例として「JCB CARD W」を紹介していきます。

JCB CARD W

JCB CARD Wの基本情報
年会費国際ブランド
無料JCB
基本還元率利用可能枠
0.6~1%カード発行時に通知
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最高2000万円なし
ショッピング補償追加発行可
最高100万円
※海外のみ
ETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
なし15日締め翌月10日支払い
申し込み条件
18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上39歳以下の学生。

(1)「JCB CARD W」のメリットや特典

JCB CARD Wは通常のJCB CARDよりも2倍ポイントが貯まりやすいカードです。

通常1000円利用で1ポイント貯まるところ、このカードなら1000円ごとに2ポイント貯められます。

貯めたポイントは1ポイント=3~5円の価値で交換でき、キャッシュバックやAmazonギフト券に換えられます。

ポイントは優待店「JCB ORIGINAL SERIES」でカードを使うと効率よく貯められるためおすすめです。

JCB ORIGINAL SERIESの主な例
Amazonポイント3倍
メルカリポイント2倍
セブンイレブンポイント3倍
スターバックスカードへのオンラインチャージポイント10倍

また学生カードと比較した場合、JCB CARD Wは卒業後も人目を気にせず使えるという隠れたメリットもあります。

「社会人になってからカードを作りなおすのは面倒くさいな」と感じる方は学生でも作りやすい一般カードを狙うのも良いでしょう。

(2)「JCB CARD W」のデメリット

JCB CARD Wはおトクなカードですが、一般カードであるため学生に向けた特典が少ないというデメリットがあります。

目を見張るような特典も少ないため、単純に学生カードと比較した場合見劣りしてしまう部分も少なくありません。

このカードは学生でなくても作れるので、学生の内は学生カードの学生限定特典を活用するのがおすすめです。

卒業後、学生カードを作れなくなったタイミングで入会するのもひとつの手です。

JCB CARD Wについて詳しくは以下の記事をお読みください。

2021年版JCBカードWとAmazonカードの徹底比較!Amazonをよりおトクに使うには?
2021.11.09

学生カードの特徴 初めてのカードにぴったりな半面デメリットもある

次に、学生カードの特徴を解説します。

メリット・デメリット、一般カードとの違いを確認し、自分に合った一枚を選べるようにしていきましょう。

①学生カードとは「学生にしか申し込めないカード」 そのため審査も学生基準

学生カードとは、名前の通り学生にしか申し込めないカードを指します。

カードの審査も学生基準です。

通常のカードの審査では、多くの場合以下の項目が重視されます。

通常のカード審査で重視される項目

  • 勤務先/職業
  • 勤続年数
  • 役職
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住(持ち家か賃貸か)
  • 信用情報(過去に借金や延滞がないか)

学生はまだ働いていないことが多いため、学生カードの審査では、上記の項目はほとんど重視されません。

審査が不安な学生は、学生カードを申し込むのがおすすめです。

②特典・機能は社会人向け一般カードよりも優れているものがほとんど

実は、特典や機能を比較すると、多くのカードで一般カードよりも学生カードの方が優れています

学生という少人数を対象にした特典である分、通常のカードよりもおトクな特典を追加できるのです。

また、新規ユーザーをどんどん取り込みたいという思惑もあります。

「ライフカード」と「学生専用ライフカード」など、一般カードと学生カードの2種類を展開しているカードは、ぜひどちらもチェックしてみてください。

③【デメリット】利用限度額が10万~30万円と低め 高額の買い物では注意

メリットの多い学生カードですが、利用限度額が少なめというデメリットがあります。

利用限度額とは

クレジットカードで1度に借りられる上限金額のことです。
ひと月に使える限度額ではないため注意しましょう。

例:利用限度額10万円のカードの場合
前月に4万円使い、まだ引き落とされていないとき
使える残りの金額は
10万円-4万円=6万円

学生カードの利用限度額は10万~30万円であることが多いです。

一方で、一般カードの利用限度額は多くの場合最大100万円程度
比べてみると学生カードの限度額は確かに少ないです。

とはいえ、学生が約1ヶ月の間に10万円以上使う機会はあまりないと思います。

利用限度額に注意して使う必要はありますが、明確なデメリットとは言えないでしょう。

④【デメリット】卒業すると使えなくなってしまうカードが多い

卒業すると使えなくなってしまう学生カードが多いことも、学生カードのデメリットのひとつです。

「JALカードnavi」など多くの学生カードは、学校を卒業するタイミングでカードの有効期限が切れ使えなくなってしまいます。

「学生専用ライフカード」などの有効期限が切れず継続して使えるカードでも、学生限定特典は無効になってしまうものがほとんどです。

カードが使えなくなるタイミングで一般カードへ切り替えることもできますが、カード番号変更などの手間は生じてしまいます。

ひとつのカードを長く使いたい、という方は一般カードを検討するのも良いかもしれません。

同じカード名で「学生用」と「一般用」の2種類があるカードもある

クレジットカードの中には同じ名前で「学生用」と「一般用」の2種類があるカードがあります。

例えば「三井住友カードデビュープラス」学生用一般用の2種類があるカードです。

この2種類のカードは基本的にカードの見た目も性能も全く同じです。

しかし、利用限度額のみは学生用の方が少なく、一般用の方が多く設定されています。

伴って審査基準も「学生用」は学生基準、「一般用」は一般基準になっていると考えられます。

よく似ていて間違えやすい2枚なので、申し込みの際はよく確認して申し込みましょう

学生が初めてカードを使う上で注意したい点

最後に、学生が初めてカードを使う上で注意したい点を2点説明します。

上手く使えば便利なクレジットカードですが、使い方を誤ると余計なお金まで支払ってしまいます

ここでカードの賢い使い方をチェックしておきましょう。

①「分割払い」「リボ払い」「キャッシング」は手数料がかかる

クレジットカードには数種類の支払い方法があり、中には手数料のかかってしまう支払い方法もあります

3回以上の「分割払い」「リボ払い」は手数料がかかってしまうため注意が必要です。

クレジットカードの主な支払い方法と手数料の有無
支払い方法手数料の有無
1回払いなし
2回払いなし
分割払い(3回以上)あり
リボ払いあり

分割払いやリボ払いは、支払い回数を複数に分けて一度に支払う金額を少なくする支払い方法です。

とても便利ですが、返済に長い時間がかかる上、支払い額も手数料分増えてしまいます。

小学生でも分かる!リボ払いの仕組み&上手に最低限だけ使う方法
2021.08.11

分割払いもリボ払いも10%以上の低くない手数料がかかってしまうので、極力使わないようしましょう。

また、クレジットカードには「キャッシング」というATMから借入する形で現金を引き出す機能があります。

海外旅行などで現地の通貨を簡単に調達でき便利なのですが、このキャッシングにも手数料がかかります

利率はリボ払いと同じかそれ以上に高く、例えば三井住友カードデビュープラスなら18%です。

キャッシング返済の例

1月1日に5万円借り、毎月5000円ずつ返済した場合
支払い回数:13回
手数料:5237円

やはりカードに慣れない内は使わないようにしましょう。

②紛失時はカード会社に連絡して「利用停止」にしてもらおう

カードを紛失してしまった場合、不正利用されてしまう恐れがあります。

カードの紛失に気付いたらすぐカード会社に連絡しましょう。

カード会社に連絡することで、カードを「利用停止」にでき不正利用を防ぐことができます。

仮に不正利用されていたとしても、過失がなければ使われてしまった金額は返ってくるので安心です。

カード会社への連絡方法が分からないときは「(カード名) 紛失」と検索しましょう。

ほとんどの場合、各カード会社トラブルデスクの電話番号が載ったページが一番に出てきます。

また、普段からカードは財布の目につきやすい場所にしまうなど、紛失を避ける工夫をしておきましょう。

まとめ

ポイント
  • 普段使いではコンビニ3社とマクドナルドでポイントがどんどん貯まる「三井住友カードデビュープラス」がおすすめ。
    ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
    ※一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。
  • 海外旅行へ持って行くなら海外では利用額の3%が返ってくる「学生専用ライフカード」がおすすめ。
  • 飛行機を使って旅行するならマイルを貯めやすく、安く航空券に交換できる「JALカードnavi」がおすすめ。
  • お気に入りのお店がカードを出していたら要チェック
  • 年会費無料の一般カードなら学生でも作れることがある。
  • 学生カードは学生にしか作れない。審査が易しい上、特典が多く一般カードよりもおトクなことも多い。ただし、利用限度額は学生カードの方が低く、卒業すると使えなくなってしまうものが多い。
  • 3回以上の分割払い、リボ払い、キャッシングは手数料がかかるのでカードに慣れるまで使わない方が良い。紛失時はカード会社に連絡して利用停止にしてもらい、不正利用を防ごう。

学生カードは審査難易度が低く特典も多いため、初めてのクレジットカードにぴったりです。
自分に合ったものを選んで、上手にカードを活用していきましょう。



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。