【QUICPay(クイックペイ)とは】すぐに分かる概要・メリット&導入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【QUICPay(クイックペイ)とは】すぐに分かる概要・メリット&導入方法

「申し込もうとしたクレジットカードに<QUICPay>なる機能が付いているらしい。
全く馴染みが無い名前だけれど、これが付いていて良いことはあるのかな?」

「QUICPay」(クイックペイ)は、簡単に言うと「クレジットカード(+一部デビットカード等)を読取機にかざすだけで支払えるようにする機能」のこと。
一応電子マネーの区分には入りますが、Suicaやnanaco等といっしょくたに考えてしまうと余計に分かりづらくなってしまいます。
基本的には「カード払いをより便利にするもの」とだけお考えいただくと良いでしょう。

今回はそんな新しい決済方法「QUICPay」について、その概要と使い方、導入方法をまとめました。
読み終えていただければ、今後の日常の支払いをよりスムーズにこなせるようになりますよ。

そもそも「QUICPay」って何?

そもそも、「QUICPay」(クイックペイ)とはどういった支払方法なのでしょうか?
簡単に概要を解説していきます。

①簡単に言うと「かざすだけのカード払い」を可能にするシステム

冒頭でも触れた通り、「QUICPay」とは「<決済機にかざすだけ>でクレジットカード払いを可能にする」システムのこと。

例えば、あなたが「JCB一般カード(QUICPay搭載型)」というクレジットカードを持っていれば……。
QUICPayの対応店において、店員さんに「QUICPayで」と伝えるだけで、以下のような決済機での支払いを有効にしてもらえます。

▲カシオ公式HPより、電子マネー読取機の例

あとは、この決済機の上にクレジットカードをかざせばOK。「ピピッ」という音とともに決済が完了となります。

現金払いより手軽なことについては、言うまでもありませんが……。
さらに通常のクレジットカード払い(JCB)に比べても、レジでカードを切ってもらう(または暗証番号を入力する)手間が無い分、ずっとスムーズに支払いが可能なんですね。

忙しい朝の時間や混雑する状況であっても簡単&スピーディに支払いを済ませられるのが、「QUICPay」導入における最大のメリットとなります。

★「QUICPay」を搭載できるデビットカード、プリペイドカードについても同様となります。
(この場合は口座残高、もしくはチャージ残高から利用金額を即時引き落とし)

★「QUICPay」の主なタイプ(詳細は後述
概要 具体例
QUICPay付帯カード クレジットカードに「QUICPay」機能が埋め込まれている
  • JCB一般カード(QUICPay搭載型)
  • ORICO CARD THE POINT
  • QUICPay(nanaco)※
スマホ決済 スマートフォンアプリと「QUICPay」対応カードを紐づけ
  • Apple Pay
  • おサイフケータイ
    ※いずれも対応端末のみ利用可
QUICPay専用カード クレジットカードと別々に専用カードを発行
  • JCBカード
  • セディナ
※「セブンカード」系との紐づけ必須

②電子マネーの一種でありながら、チャージの必要が無いのが嬉しい

すでに何らかの電子マネーで支払いを行ったことがあるのなら、上で解説した方法について既視感をお持ちでしょう。
というのも、QUICPayにおける「決済機にカードをかざして決済」という方法は、「Suica」「nanaco」「楽天Edy」などの「チャージ式電子マネー」と共通するんですね。
そのため、単に「支払のスムーズさ/スピーディさ」という点では、これらの電子マネーとQUICPayの間に違いはありません

★ 電子マネーの分類
具体例 決済方法 備考
チャージ式電子マネー Suica
nanaco
楽天Edy など
決済機にかざす 事前チャージが必要(=前払い)
後払い式電子マネー QUICPay
iD など
決済機にかざす クレジットカードに請求される(=後払い)

が、その一方で前述のチャージ式電子マネーには、名前通り事前のチャージ(入金)が必要。
これに対し、「QUICPay」は紐づけられた(あるいはQUICPayが搭載された)クレジットカード(あるいはそれに準するカード)から決済を行うので、カードの利用限度額に引っかからない限り、いくらでも・何度でも支払いをこなすことができます
チャージの手間が必要ないから、(限度額に余裕があれば)気兼ねなく日常の支払いに使えるのは嬉しいですね。
こののように、クレジットカード等と紐づけを行うタイプの電子マネーを「後払い式電子マネー」(あるいはポストペイ型電子マネー)と呼びます。

あわせて読みたい
【9社徹底比較】あなたに合ったおすすめの電子マネーはこれだ!85店対応表も

ちなみに、QUICPayの利用分は「その瞬間、クレジットカード決済を行った場合と同じように」処理されます。
例えばコンビニエンスストアにおいて、クレジットカード決済(レジでカードを切ってもらう)とQUICPayで支払いを行った場合では、請求タイミング・金額・付与ポイントともに何の違いも無いわけですね。
支払い自体はQUICPayを使った方がスムーズなので、基本的にはこちらを使っていきたいところです。

★「QUICPay」の加盟店(=使えるお店)は大手コンビニエンスストア、一部のガソリンスタンド、ドラッグストア、飲食店など多岐にわたります。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。現在地や住所からの検索も可能です。

QUICPay公式HP「QUICPayの使えるお店」

★チャージ式のプリペイドカード(au WALLETプリペイドカード)を親カードとしてQUICPayを利用する場合、親カードへのチャージが足りていないとQUICPayの利用はできません。

QUICPay自体にポイント制度はありません。利用分に応じて、通常のクレジットカード会社のポインのみが貯まります。
手軽さではなくおトクさ(ポイントの二重取り)を意識したいのなら、「リクルートカード+nanaco」等を利用すべきです。
(ただしこの場合、残高が尽きるたびにチャージが必要となる上、リクルートカードだとポイントがたまるのは月3万円分のチャージまで)

③類似電子マネー「iD」と、加盟店以外の違いはほぼ無い

「QUICPay」と並んで主流となっている後払い式電子マネー(クレジットカード等に紐づける電子マネー)に、「iD」が挙げられます。

この「QUICPay」と「iD」ですが、使い勝手の上で違いはほぼ無いと言っても過言ではありません。「チャージ不要で、スムーズに決済できる」という点では全く同じです。

……が、加盟店(=使えるお店)はiDの方が多い模様。
大手飲食チェーン「すき屋」においても、使えるのはiDのみとなっているようですね。

▲QUICPay公式HPより▼iD公式HPより。同じ地名で検索しても、iDの方が多くのお店が検出されています。

とは言え、この「QUICPay」と「iD」は多くの場合、「クレジットカードのおまけ」程度に付いてくるもの。
よほど「iD」にしか加盟していないお店を利用される場合を除き、「カードに付いてきた電子マネー」を使うのが基本となるでしょう。

この「カードに付いてくる」電子マネーとは、例えば三井住友カードなら「iD」、JCBなら「QUICPay」といったように発行元ごとに決まっています。(詳しくは後述)
オリコの「オリコカード・ザ・ポイント」等は例外的に、QUICPayとiDの両方が搭載されていますね。

QUICPay公式HP「QUICPayの使えるお店」
iD公式HP「使えるお店」

★QUICPay、iDを使えるお店は確認できている限り、すべてクレジットカード払いに対応しています。(=カード払いNGで、後払い式電子マネーにのみ対応しているお店はほぼ無い
よって、後払い式電子マネーを導入しても、現金無しで決済のできるお店自体を広げられるわけではありません。
あくまでQUICPay、iDは「支払いをスムーズにする方法」としてお考え下さい。

「QUICPay」の入手方法と使い方

ここからは、実際に「QUICPay」を生活の中に取り入れていく3つの方法を紹介していきます。

★「QUICPay」の主なタイプ
決済方法 概要
QUICPay付帯カード クレジットカードを決済機にかざす クレジットカードに「QUICPay」機能が埋め込まれている
スマホ決済
(ApplePay、おサイフケータイ)
スマートフォンでアプリを開き、それを決済機にかざす スマートフォンアプリと「QUICPay」対応カードを紐づけ。現在主流の方法
QUICPay専用カード 専用カードを決済機にかざす クレジットカードと別々に専用カードを発行

①提携カード会社が発行する「QUICPay付帯カード」をチェック!

「QUICPay」を導入する上で、最もスムーズかつ簡単な方法は「QUICPay付帯カードを手に入れる」というもの。
つまり「最初からQUICPay機能の付いているカードを選ぶ」ということですね。主な「QUICPay付帯カード」をまとめてみました。

★QUICPay付帯カード
年会費 ポイント還元率
JCB一般カード
(QUICPay搭載型)
1,250円+税
※初年度無料
※Web明細登録+年50万円以上の利用で無料
0.4%前後
ORICO CARD THE POINT
iDも同時付帯
無料 1%
ミライノカード(JCBのみ) 900円+税
※初年度無料
※年10万円以上の利用で無料
0.5%

※各カードの上位カード(ゴールド等)も同様にQUICPay付帯

意外と付帯カード自体は多くありません。
この中から申し込み先を選ぶ方法としては……。

  • 将来的にJCBのステータスカード(ゴールドカード、THE CLASS等)を手に入れたいのなら「JCB一般カード」
  • ポイント還元率を重視したいのなら「オリコカード」

が基本となるでしょうか。住信SBIネット銀行をメインバンクとしているのなら、「ミライノカード」も選択肢に入ります。

これらの「QUICPay付帯カード」であれば、加盟店の店員さんにQUICPayで支払いたい旨を伝え、決済機にクレジットカードをかざすだけで支払いが可能。
別途カードを発行する必要が無いので、お財布がかさばらずに済むのが嬉しいポイントとなります。

JCBカードにはQUICPay付帯のものとそうでないものが存在します。これから申し込みを行う場合には「QUICPay搭載型」であることを確認しましょう。(即日発行タイプはQUICPayの搭載不可)
また、すでに同カードをお持ちならカード裏面に「QUICPay」のロゴマークが付いていないかチェックしてみてください。

◀QUICPayのロゴマーク

これが付いていない場合、後述の「スマホ決済」「専用カード発行」、もしくはカードの切り替え申請を用いてQUICPayを利用することになります。

★iD付帯カードまで視野に入れるのなら、選択肢は「三井住友VISAカード」「dカード」等にも広がります。

②対応カードをお持ちなら「Apple Pay」「おサイフケータイ」でスマホ決済にも使える

「Apple Pay」「おサイフケータイ」などスマホ決済が流行っていますよね。
実は、その中身こそ「Suica」や「QUCIPay」「iD」などの、電子マネーなんです。

つまり、スマホ決済の種類として QUICPay があるというわけです。

なので、たとえば支払いの時に「Apple Pay で!」と言うと、「Suica 、 QUICPay、iD のどれを使いますか?」と聞かれたりします。

★スマホ決済には、決済方法に対応する端末が必要となります。

  • Apple Pay……iPhone 7以降のiPhone/Apple Watch Series 2以降のApple Watch
  • おサイフケータイ……公式HPなどをご確認ください。

どちらの決済方法も利用できない場合に関しては、専用カードの導入項目をご覧ください。

「QUICPay付帯カード」自体は決して多くありませんが……。

QUICPayと提携を結んでいるクレジットカード会社自体なら少なくないため「ApplePay」または「おサイフケータイ」という形で、QUICPayを使うことができます。

まずは、あなたがお持ちの、あるいは検討中のクレジットカードの発行元が、以下のHP内に見られるか確認してみてください。

QUICPay公式HP「お申し込み方法:発行会社一覧」

「スマホ決済の対応端末」と「提携会社のクレジットカード」さえあれば、スマホ決済、この場合はスマートフォンを使った「QUICPay」払いが可能に。(QUICPayモバイル)
この場合、所定のスマートフォンアプリに「QUICPay」機能が搭載され、スマートフォンの画面を決済機にかざすことで「QUICPay」払い(=紐づけられたカードでの決済)ができるようになります。

★ただし、一部発行元は「おサイフケータイ」に対応していません。あらかじめご了承ください。

(1)Apple pay

あなたがApple pay対応端末(iPhone 7以降のiPhone/Apple Watch Series 2以降のApple Watch)をお持ちなら、早速これを導入してみましょう。

方法自体はごく簡単。
自動的にインストールされているアプリ「Wallet」を選択し、カメラ機能を使って対応クレジットカードをスキャンするだけです。


▲apple公式HP内の動画より

セキュリティコード等、最低限の情報を入力し承認されれば、すぐにApple Payを利用可能に。
この場合、決済を行う際にはQUICPayカードの代わりに「支払画面を開いたWalletアプリ」を決済機にかざすことになります。

★より詳しい方法については以下の公式HPをご覧ください。

Apple公式HP「Apple Pay」

(2)おサイフケータイ

すぐに利用を始められる「Apple Pay」に対し、Android系の「おサイフケータイ」は原則カード会社への申し込み手続きが必要となります。
申し込み方法は発行元によって異なりますが、多くの場合で郵送物の受け取りが必要とやや面倒ですね。
また、会社によっては「おサイフケータイ」自体利用不可なこともあり、Apple Payに比べると対応が遅れていることは否めません。

★主な発行元の「おサイフケータイ」申請方法
アメリカン・エキスプレス
  • 電話+郵送
エポスカード 2018年7月現在、「おサイフケータイ」でのQUICPay利用不可

オリコ
  • インターネット+郵送
ジェーシービー
  • インターネット
  • インターネット+郵送
ジャックス 2018年7月現在、「おサイフケータイ」でのQUICPay新規申し込み不可
(ApplePayのみ利用可)
セゾン
  • 店頭カウンター(即日可)
  • インターネット+郵送
セディナ
  • インターネット+郵送
  • 電話+郵送
ビューカード 2018年7月現在、「おサイフケータイ」でのQUICPay利用不可
(ApplePayのみ利用可)
UC
  • インターネット+郵送
楽天カード 2018年7月現在、「おサイフケータイ」でのQUICPay利用不可
(ApplePayのみ利用可)
※発行元クリック/タップで公式HPの詳細ページへ
※その他の発行元については、各公式HPなどをご覧ください。

利用できるようになるまでの過程はやや面倒ですが、この設定手続きさえ済ませればあとはQUICPayの専用アプリを入れ、店頭で決済を行うだけとなっています。

▲アプラス公式HPより

★今後「Google Pay」のサービス充実等により、Android端末での「QUICPay」を利用しやすくなっていくと考えられます。
現在の最新情報については、各カード発行元の公式HPをご覧ください。

③一部のクレジットカード会社なら「QUICPay専用カード」の発行も可

その他、一部のクレジットカード会社は「QUICPay専用カード」を発行しています。
これは名前の通り、QUICPayの加盟店でのみ決済に使えるカードのことですね。利用には親カード(QUICPay専用カードを提供するカード会社が発行するカード)が必要となります。(=家族カード等と同じく追加カード扱い)

「QUICPay専用カード」を提供している会社については、以下の公式HPから確認可能。

QUICPay公式HP「お申し込み方法:発行会社一覧」

JCBのように、ロゴマークの隣に「カードタイプ」の文字があれば、QUICPay専用カードの発行を受けられます。

クレジットカードとQUICPayが分離しても、特にサービス内容・使い方は変わりません。
QUICPay専用カードで支払いを行った分は、親カードに請求が向かいます。

★さらにごく一部のカード会社(JCBなど)では、キーホルダー型等、特殊な形のQUICPay専用端末を利用できます。詳しくは各公式HPをご覧ください。

<1回あたりの支払額は2万円が上限となりやすい>

「QUICPay」を使った決済の上限額は、あなたが持つ「QUICPay」の種類と加盟店によって変わってきます。

QUICPay の機能アップ版が QUICPay+です。身近なところではApplePayに搭載されています。

★QUICPay、1回あたりの支払い上限額
QUICPay+対応のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
もしくはApplePayでの支払い
QUICPay対応のクレジットカードでの支払い
(付帯カードなど)
「QUICPay」加盟店 2万円まで 2万円まで
「QUICPay+」加盟店 店ごとの上限額まで 2万円まで

「QUICPay」における、1回当たりの決済上限額は原則2万円

ただし「ApplePay」などQUICPay+対応のものであれば「QUICPay+」の加盟店(公式HPから確認可)で利用した場合に限り、2万円を超える決済も可能となります。

見たところ加盟店は「QUICPay+」の方が多い様子なので、ApplePayの利用環境が整っていれば、2万円を超える決済も十分に現実的ですが……。

▲「高円寺」での加盟店検索結果。右手に表示されたQUICPayマークで、「+」の有無が分かります。

すべての加盟店で2万円を超える支払いができるわけではない点についてはご留意ください。

また、当然QUICPay+対応カードやApple Pay以外の方法で2万円を超える支払いを行いたいのなら……。
QUICPayでの支払いはあきらめて別の手段、主にQUICPayの請求先となる本カードでの支払いが求められます。

まとめ

「QUICPay」とは、カード払いをよりスムーズにするための支払い方法。
チャージ式の電子マネーとは異なり、クレジットカード(またはデビットカード等)に紐付けられているのでチャージの必要がないのが嬉しい!
★一方、ポイント制度などは無いので「使い勝手特化」の支払い方法となる。ポイントの二重取りは不可能
★導入方法は主に「付帯カードの取得」「スマホ決済」「専用カードの取得」の3種類。付帯カードとApple Payは特に勝手に優れるので、できればこれらの方法を使いたい

「QUICPay」(とiD)の導入については、どうしても契約先のクレジットカード会社頼みなところがあります。たとえばApple Payにしか対応していないクレジットカード会社なら、スマートフォンを買い換えない限りQUICPayを利用できないユーザーも少なくないでしょう。
とはいえ便利な支払い方法であるのは確かなので、この機会に「付帯カード」等の取得を検討してみても良いですね。

あわせて読みたい
【9社徹底比較】あなたに合ったおすすめの電子マネーはこれだ!85店対応表も


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。