プライオリティ・パス付帯の無料カードは存在しない…安価に海外空港ラウンジを使うには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プライオリティ・パス付帯の無料カードは存在しない…安価に海外空港ラウンジを使うには「海外出張のために空港ラウンジの利用権を手に入れたいけれど、手持ちのカードじゃどうにもならないみたい……」

多くの海外空港ラウンジを、無料で利用できる「プライオリティ・パス<プレステージ会員>」
この資格の付帯したクレジットカードは、基本的にゴールドカードを上回る「プラチナ」ランク以上となります。
唯一の例外は「楽天プレミアムカード」ですが、それでも1万円の年会費発生は避けられません。

今回はできる限り安価に海外空港ラウンジを利用したいというあなたのため、申込先候補となる「プライオリティ・パス」会員資格付帯の各種カード、あるいはその代替手段について簡単にまとめました。

読み終えていただければ、今のあなたにとってベストな申し込み先が分かります。

無料で作れるプライオリティ・パス資格付帯カードは存在しない

無料で作れるプライオリティ・パス資格付帯カードは存在しない
結論から言うと、海外空港ラウンジの無料利用資格を得られるクレジットカードに「年会費無料」のものは存在しません

理由はごく簡単で、「海外空港ラウンジの無料利用資格」自体が本来高価なものだからですね。

例えば世界1300以上の空港ラウンジを無料で利用できるようになる「プライオリティ・パス」プレステージ会員
この資格を得るには、本来429米ドル(1ドル110円としたとき4.7万円程度)の年会費が発生します。

この「プライオリティ・パス」プレステージ会員は、同等の資格が特典として用意されているクレジットカードがいくつか存在します。
これを使えば、もう少し安い年会費(1万円~)で海外空港ラウンジを利用できるようになりますが……。

さすがに無料、あるいは1万円未満で自由に海外空港ラウンジを利用することはできませんので、あらかじめご承知おきください。

★ちなみに海外空港ラウンジの利用が年1回くらいであれば、わざわざカードを作るよりラウンジで直接利用料を支払った方が安く済むことも多いです(必要費用はラウンジによって異なります)。
例:

  • ロサンゼルス空港Alaska Lounge通常料金…50$/1人
  • フランクフルト航空SKY Lounge通常料金…39€/1人(3時間)

極力安く作れるプライオリティ・パス「プレステージ」会員資格付帯カード

極力安く作れるプライオリティ・パス「プレステージ」会員資格付帯カード
クレジットカードに付帯する「海外空港ラウンジを無料で使えるようになるサービス」は、

  • プライオリティ・パス「プレステージ」
  • Lounge Key(ラウンジ・キー)

の2種類。
とは言え対象空港数はプライオリティ・パスの方が多く、回数制限も無いため、こちらを利用できるならそれに越したことは無いでしょう。

そこでここからは、「極力安くプライオリティ・パスのプレステージ会員資格を得られるカード」のうち、特に優秀で申し込みやすいものについて紹介させて頂きます。

★主なプライオリティ・パス/プレステージ会員資格付帯カード
楽天プレミアムカード
年会費1.1万円
(家族550円)
▶手荷物宅配等のサービスは選択制
▶とにかく安く海外空港ラウンジを使いたいなら
MUFGプラチナ・アメックス・カード
▶年会費2.2万円(税込)
(家族1名無料)
▶コンシェルジュ
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料
▶航空機遅延補償
▶所定レストランのコース1名無料
セゾンプラチナ・アメックス・カード
セゾンETCカード券面

新規入会&利用で最大9,000円分ポイントプレゼント
※ ビジネスカードの申し込みページへリンクしますが、個人も申し込み可能です。
▶年会費2.2万円
(家族3000円)
▶コンシェルジュ
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料
▶航空機遅延補償
各種優待制度
JALプラチナカード

▶年会費34,100円(家族17,050円)
▶コンシェルジュ
▶実質還元率2%~
(JALマイル1円=2円と仮定する時)
▶JALでの優待あり
TRUST CLUB Platinum Card
▶年会費3.85万円
(家族無料)
▶コンシェルジュ
▶実質還元率1%~
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
※年会費はいずれも税込み価格(10%)
※いずれのカードも同伴者の利用は有料(US$32)
※いずれのカードも国内空港ラウンジ利用可
※いずれのカードも家族会員は本会員とほぼ同様のサービスを利用可(海外空港ラウンジ含む)

①安さ重視なら「楽天プレミアムカード」が最優先

「できる限り安く」プライオリティ・パスのプレステージ会員資格を手に入れたいなら、真っ先に検討すべきは「楽天プレミアムカード」の取得。
年会費は11,000円(税込)と、無料で海外空港ラウンジを利用できるカードにしては破格の低価格となっています。

★楽天プレミアムカード
年会費(税込)基本還元率
11,000円
(家族550円)
1.0%
(楽天ポイント)
国際ブランドETCカード
VISA
Mastercard
JCB
American Express
発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険
ショッピング保険
詳細公式HP
1.63%
(VISA、Master)
1.60%
(JCB)
2.00%
(Amex)
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
無し「トラベルコース」選択時のみ年2回無料利用可
(成田、羽田、関空、中部)
その他
  • 特典は「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」から1つを選択
    • ○楽天市場コース…毎週火曜日、木曜日に楽天市場でポイント+1倍
    • ○トラベルコース…国際線利用時の手荷物無料配送(年2回)、国内宿泊優待
    • ○エンタメコース…Rakuten TV、楽天ブックスでポイント+1倍
  • 楽天市場での還元率+3%、お誕生月ポイント+1倍 他
  • 国内空港ラウンジ(同伴者有料)

基本還元率も1%と高めなので、「できる限り低負担で海外空港ラウンジを利用したい」という場合には打ってつけと言えるでしょう。

……ただし「安価に海外空港ラウンジを利用できる」という特徴を実現させるためか、その他のサービス面は以下で触れる他社カードに比べ貧相
ゴールド相応のカードということもあり、コンシェルジュも付きません。あらかじめご確認の上お申し込みください。

②MUFGやセゾンのプラチナカードはコスパ優秀

年会費は22,000円(税込)と楽天プレミアムカードの2倍ながら、コストパフォーマンスに優れるのがMUFG(三菱UFJニコス)やクレディセゾンのプラチナカードです。

24時間365日いつでも個人的な要望(レストランの予約他、カードで決済できるものなら大体何でもOK)に応えてくれるコンシェルジュサービス、航空機遅延や手荷物紛失に伴う損害の補償等を利用したいのであれば、このあたりのカードが最安値となりますね。

★MUFGプラチナ・アメックスカード
年会費(税込)基本還元率
22,000円
※家族会員1名無料
※2人目以降は3,300円
0.4%程度
(グローバルポイント)
国際ブランドETCカード
American Express発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険
犯罪被害損害保険
ショッピング保険
詳細公式HP
2.0%
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
あり(2万円まで)往路、帰路ともに1個無料
その他
セゾンETCカード券面

新規入会&利用で最大9,000円分ポイントプレゼント
※ ビジネスカードの申し込みページへリンクしますが、個人も申し込み可能です。
★セゾンプラチナ・アメックスカード
年会費(税込)基本還元率
22,000円
※家族会員1名無料
※2人目以降は3,300円
0.5%
※通常
1.0%
「SAISON MILE CLUB」加入時
2.0%~
「SAISON MILE CLUB」加入、かつJALマイルを航空券と交換する場合
国際ブランドETCカード
American Express発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険
ショッピング保険
詳細公式HP
2.0%
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
あり
※乗継遅延関係3万円まで
※手荷物紛失10万円まで
往路、帰路ともに1個無料
その他

2つのカードは

  • 年会費税込22,000円
  • American Expressブランド(+それに伴う宿泊施設優待など)
  • プライオリティ・パス「プレステージ」会員資格付帯

といった点で共通します。
申込先を決める際には、独自のメリットを見比べてみると良いでしょう。

★年会費2.2万円(税込)のプラチナカード比較
MUFGカードの長所
セゾンカードの長所
  • SAISON MILE CLUB(無料)によるJALマイル還元(1%)
  • 航空機遅延補償、手荷物補償の上限金額が高い
※その他優待対象店等に違いあり

ご自身で航空券を取る機会があるのなら、国内線はもちろん国際線でも有用なJALマイルをためやすい「セゾンカード」への申し込みが優先されそうですね。

参考JAL公式HP「提携社特典航空券」

注意!アメックスブランドでの海外決済

年会費のわりに付帯サービスに優れるMUFGやセゾンのプラチナカードですが……。
American Expressのカードはいずれも海外事務手数料が高い(2.0%)というデメリットを持ちます。海外での多額の決済を前提とするなら、このブランドは避けた方が良いかもしれません。

この場合は後に紹介するJALカード等の他、

といったカードが主な申し込み先候補となることでしょう。

③機能性重視ならJALやTRUST CLUBのプラチナカードも要チェック

マイル還元率や手荷物配送について、さらなるサービスを期待するのであれば、年会費3万円台のカードも視野に入ることでしょう。


★JALプラチナカード
年会費(税込)基本還元率
34,100円
※家族会員は半額
2.0%~
※JALマイルを航空券と交換する場合の実質還元率
国際ブランドETCカード
JCB
American Express
※VISA、Masterは取り扱い無し
発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険
ショッピング保険
詳細
公式HP(JCB)
公式HP(Amex)
1.6%
(JCB)
2.0%
(Amex)
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
あり(JCBブランド選択時のみ)
※乗継遅延関係2万円まで
※手荷物紛失4万円まで
往路、帰路ともに1個無料(American Expressブランド選択時のみ)
その他
  • コンシェルジュサービス
  • 搭乗マイル+25%
  • 毎年初回搭乗2000マイル付与
  • JCBブランドはDiscover加盟店でも利用可
  • その他空港やJAL関連の優待あり
  • Amexブランドなら国空港ラウンジ利用時、同伴者1名も無料
★TRUST CLUBプラチナ Visaカード
年会費(税込)基本還元率
38,500円
※家族会員無料
1.0%相当
国際ブランドETCカード
VISA発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険
キャンセル保険
ショッピング保険
詳細
公式HP
1.63%
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
あり
※乗継遅延関係2万円まで
※手荷物紛失4万円まで
往路、帰路ともに2個まで無料
その他

プラチナグレードのカードとなると、各社が競って独自の特典を用意するため一概にどれが優れているとは言いづらくなります。

基本的にはあなたに刺さるメリットの有無をもとに、申込先候補を絞っていくと良いでしょう。

参考年会費3万円台のプラチナカード比較
JAL
(JCB)
JAL
(Amex)
TRUST
CLUB
還元率◎※1◎※1
海外決済
手数料
○+
加盟店数
(目安)
手荷物
無料配送
×
※1 JALまたは提携社での航空券取得を前提とする場合

★ちなみにANAのプラチナ(プレミアム)カードは最低7.7万円/税と高額ですので除外しました。
このページで触れていない、航空会社提携カードについては以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
【年会費別ANAカード】JCBカードと他社の徹底比較!マイル還元率・付帯保険も
「スカイマイルJCB」のメリット・懸念&年会費別「デルタ航空」提携カード比較
【ユナイテッド航空】MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカードのメリットと類似カード間比較

注意!プライオリティ・パス「スタンダード会員」資格付帯カードについて

クレジットカードの話題で「プライオリティ・パス付帯」と言うと、一般には最上位の「プレステージ会員」資格を得られる権利の付帯を指します。

…が、例外が無いわけではありません。
例えば「アメリカン・エキスプレスカード」(年会費1.32万円)に付帯するのは「スタンダード」会員資格であり、そのサービス内容は海外空港ラウンジ料金を「若干安く利用できる」(US$32/回)程度に留まります。
「プライオリティ・パス」付帯カード=海外空港ラウンジを無料で利用できる…とは限りませんのでご注意ください。

参考プライオリティ・パスのグレード
プレステージ会員…海外空港ラウンジを「何度でも、無料で」利用可能
(ここまで紹介したカードは全てこれ)
▶スタンダード会員…海外空港ラウンジを「若干安く」利用可能
※スタンダード・プラス会員というものも存在しますが、クレジットカードの付帯サービスとしては確認されていません。

プライオリティ・パス「プレステージ」付帯カード以外による空港ラウンジ利用について

プライオリティ・パス「プレステージ」付帯カード以外による空港ラウンジ利用について
上の項目では、比較的多くの方にとって申し込みやすいであろうプライオリティ・パス「プレステージ」会員資格付帯カードを紹介させて頂きましたが……。
サービスの細分化しやすい上位カードの場合、ピンと来る申込先を選ぶのは少し難しいもの。

そこでここからは参考程度に、「プライオリティ・パス<プレステージ会員>」以外を使い、海外空港ラウンジの利用権を得られるカードについて紹介させて頂きます。

①独自サービスを備えるダイナースクラブカード

ステータスカードとしても名高いダイナースクラブカードは、世界の空港と独自の提携を結んでいます。

ダイナースクラブカード
年会費24,200円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料
国際
ブランド
Diners Club還元率0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
  • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
  • 帰国時の手荷物一個配送無料
  • その他ゴルフ、エンタメ優待など

★ダイナースクラブカード
年会費(税込)基本還元率
24,200円
※家族5,000円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
国際ブランドETCカード
Diners Club発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険>
ショッピング保険
詳細
公式HP(PDF)
1.3%
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
無し復路のみ1個無料
その他

海外事務手数料も他ブランドに比べ安い(1.3%)ため、その意味でも海外で利用しやすいと言えるでしょう。
(参考VISA/Mastercardは1.63%、JCBは1.6%、Amexは2.0%)

…ただし

  • Dinersブランドの加盟店は国内外ともに他ブランドより少ない
  • 同年会費帯のカードにあるコンシェルジュや遅延補償、手荷物配送(往路)等のサービスが付かない

といったデメリットについてはあらかじめ押さえておく必要があります。

★ダイナースクラブの提携空港ラウンジについては以下の公式HPをご覧ください。

ダイナースクラブ公式HP「ご利用いただける海外空港ラウンジ」

②ラウンジ・キー付帯カード

「プライオリティ・パス」のライバルにあたるのが「ラウンジ・キー」のサービス。
プライオリティ・パスに比べると提携空港は少ないようですが、それでも世界1,000箇所以上のラウンジを利用可能となっています。

ラウンジ・キー公式HP「ラウンジ検索」

こちらのサービスの付帯するカードまで加えれば、申込先の選択肢も広がることでしょう。
ここでは年会費2万円程度の、コストパフォーマンスに優れるものを紹介させて頂きます。

ジャックスカードプラチナ

★ジャックスカードプラチナ
年会費(税込)基本還元率
22,000円
※家族会員無料
1.5%相当~
※前年度利用額に応じ更に優待あり
国際ブランドETCカード
Mastercard発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険>
ショッピング保険
詳細
公式HP
1.63%
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
あり
※乗継遅延関係3万円まで
※手荷物紛失6万円まで
往路、帰路ともに2個まで無料
その他

Orico Card THE PLATINUM

★Orico Card THE PLATINUM
年会費(税込)基本還元率
20,370円
※家族会員無料
1.0%
国際ブランドETCカード
Mastercard発行手数料、年会費共に無料
付帯保険海外事務手数料
海外旅行保険
(携行品補償付き)
国内旅行保険
ショッピング保険
詳細
公式HP
1.63%
航空機遅延
手荷物紛失保険等
国際線利用時の手荷物宅配サービス
あり
※乗継遅延関係3万円まで
※手荷物紛失10万円まで
往路、帰路ともに2個まで無料
その他

いずれもMastercardのプラチナカードということで、特典内容が似通っていますね。
(国際線利用時の手荷物配送サービスやレストラン優待はMastercard提供)

2つの中から申込先を選ぶなら、

  • 還元率重視ならジャックス
  • 手荷物紛失補償の上限額、あるいはiD・QUICPay付帯等を重視するならオリコ

を選択すると良いでしょう。公式HPに掲載の優待内容を見比べてみるのも有効かと思います。

ジャックス公式HP「ジャックスカードプラチナ」
オリコ公式HP「Orico Card THE PLATINUM」

まとめ

まとめ

★海外空港ラウンジを無料で使える主なカード
楽天プレミアムカード
【プライオリティ・パス/プレステージ】
年会費1.1万円
(家族550円)
▶手荷物宅配等のサービスは選択制
▶とにかく安く海外空港ラウンジを使いたいなら
MUFGプラチナ・アメックス・カード
【プライオリティ・パス/プレステージ】
▶年会費2.2万円(税込)
(家族1名無料)
▶コンシェルジュ
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料
▶航空機遅延補償
▶所定レストランのコース1名無料
セゾンプラチナ・アメックス・カード
【プライオリティ・パス/プレステージ】
▶年会費2.2万円
(家族3000円)
▶コンシェルジュ
マイル還元率1%(JAL)
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料
▶航空機遅延補償
各種優待制度
セゾンETCカード券面

新規入会&利用で最大9,000円分ポイントプレゼント
※ ビジネスカードの申し込みページへリンクしますが、個人も申し込み可能です。
ジャックスカードプラチナ
【ラウンジ・キー】
▶年会費2.2万円
(家族無料)
▶コンシェルジュ
基本還元率1.5%
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
▶航空機遅延補償
▶所定レストランのコース1名無料
海外空港ラウンジ無料は年6回まで
ジャックスカードプラチナ
Orico Card THE PLATINUM
【ラウンジ・キー】
▶年会費2.2万円
(家族無料)
▶コンシェルジュ
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
▶航空機遅延補償
▶所定レストランのコース1名無料
海外空港ラウンジ無料は年6回まで
Orico Card THE PLATINUM
ダイナースクラブ・カード
【独自提携】
▶年会費2.42万円(家族5000円)
▶国際線帰路のみ手荷物配送各1個無料
海外事務手数料が安い(1.3%)
▶所定レストランのコース1名無料
ダイナースクラブカード
年会費24,200円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料
国際
ブランド
Diners Club還元率0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
  • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
  • 帰国時の手荷物一個配送無料
  • その他ゴルフ、エンタメ優待など

JALプラチナカード
【プライオリティ・パス/プレステージ】
▶年会費34,100円(家族17,050円)
▶コンシェルジュ
マイル還元率1%(JAL)
▶JALでの優待あり

TRUST CLUB Platinum Card
【プライオリティ・パス/プレステージ】
▶年会費3.85万円
(家族無料)
▶コンシェルジュ
▶実質還元率1%~
▶国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
※年会費はいずれも税込み価格
※特に記載のない限り、海外空港無料利用に回数制限なし

先にも触れた通り、各社が独自の優待を多く用意する上位カードについて、「このカードが優秀」と言い切ってしまうことは困難。

上に挙げたカードはいずれも海外空港ラウンジを無料で使えますので、

  • 年会費を抑えたい
  • 手荷物配送サービスを利用したい
  • マイルを貯めたい
  • コンシェルジュを使いたい

…といったその他の希望を考えた上で、あなたに合った申込先を選んでみると良いでしょう。



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。