プライオリティ・パス付きクレジットカード総まとめ:同伴者無料/年会費1万円他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プライオリティ・パス付きクレジットカード総まとめ:同伴者無料/年会費1万円他
「海外の空港ラウンジを、公私ともに気軽に使いたい……」

そんな需要に応えるのが「プライオリティ・パス」
単純に入会しようとすれば429米ドル(プレステージ会員)が必要となるこのサービスですが、一部のクレジットカードを使えば半分以下の年会費で、世界1200ヶ所以上の空港ラウンジを何度でも利用できるようになります。

今回はそんな「プライオリティ・パス」、もしくは類似サービスへ入会/利用できるクレジットカードを、年会費や付帯保険、その他空港周りのサービスといった複数の観点から詳しくまとめました。
読み終えていただければあなたに合ったカードを使い、空の旅をより快適にする方法が分かります。

<そもそもプライオリティ・パスって?>

プライオリティ・パスとは、世界1,200以上の空港ラウンジを利用するための会員サービス。
ここで利用できるラウンジは「快適な空間で最高のおもてなし」(公式HPより)をモットーに、軽い飲食物やインターネット環境の提供をはじめとする様々なサービスを提供してくれるもので、空港での時間をより良いものにしてくれます。
対象となる空港ラウンジやサービスの詳細について詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

プライオリティ・パス公式HP

★プライオリティ・パスの会員資格は3種類に分けられますが、このページでは最上位の「プレステージ会員」、つまり何度でも海外空港ラウンジを無料で利用できるものを中心に取り扱っています。

★クレジットカードを取得せず、プライオリティ・パスに単独で加入することもできますが、クレジットカードの年会費の方がずっと安いためおすすめできません。
(プレステージ会員の場合、単独加入時の年会費は4.4万円程度であるのに対し、この会員資格が付帯する「楽天プレミアムカード」の年会費は1万円+税)

海外空港ラウンジの年会費&利用料が無料になるクレジットカード20選

それでは早速、海外空港ラウンジを無料で利用できるようになるクレジットカードを見ていきましょう。

①年会費ごとのプロパーカード総一覧

提携カードを含めると非常に数が多くなってしまうため、今回はプロパーカード(カード会社が他社と提携せず発行するカード)のみを20種類だけまとめました。

表中詳細項目の見方
年会費 同伴者 C 航保 配送 特徴的なサービスなど
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円+税 有料
(税抜2千円)


  • 犯罪被害損害保険
  • 24時間健康・介護相談サービス
  • 同伴者……海外空港ラウンジにおけるカード会員の同伴者の利用料金を記載。
         単に「有料」とのみ記載の場合、標準価格US27$が発生
  • C   ……コンシェルジュサービスの有無
  • 航保 ……航空機の遅延/手荷物補償の有無
            (海外旅行保険/国内旅行保険といった基本の保険は全カードに付帯あり)
  • 宅配  ……国際線利用時の、自宅・空港間の手荷物無料配送サービスを指す。
         数字は(往路の配送個数上限)・(復路の配送個数上限)。
         上の表の例(MUFGアメックス)の場合、往路1つ、復路1つずつ無料配送可

★年会費2万円以上のカードはどれも指定飲食店・宿泊施設の優待等を備えているため、この点に関する情報は原則割愛しています。

プライオリティ・パス「プレステージ会員」資格、もしくは類似サービス付帯カード
年会費 同伴者 C 航保 配送 特徴的なサービスなど
楽天プレミアムカード 10,000円+税 有料
(税抜3千円)
年2回まで
  • 楽天市場での還元率最大+7倍
    ※手荷物宅配サービス(年2回まで)や国内宿泊優待は3コース中「トラベルコース」を選択した場合にのみ付帯
【招待制】JCBゴールド ザ・プレミア 15,000円+税
※年100万円以上の決済で▲5,000円
1名無料※ JCBゴールド会員を対象とした招待制
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円+税
※年200万円の決済で翌年半額
有料
(税抜2千円)
海外のみ
  • 弁護士紹介サービス
  • ビジネス関連優待(個人利用も可)
  • 家事代行サービスの優待
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円+税 有料
(税抜2千円)


  • 犯罪被害損害保険
  • 24時間健康・介護相談サービス
ダイナースクラブカード 22,000円+税 有料
(ラウンジによる)
0・1
  • プライオリティ・パスではなく、ダイナースクラブの独自サービス
    利用方法や対象空港は公式HPを参照のこと
  • 空港前泊ホテルサービス
  • 空港送迎タクシー・サービス
  • JCBプラチナ 25,000円+税 1名無料
    • プラチナカードとして標準的なサービス(飲食店優待、宿泊施設優待など)
    アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円+税 有料 海外のみ

    【招待制】楽天ブラックカード 30,000円+税※ 2名無料※ ○※ -※ 年2回まで ・詳細情報は非公開
    【招待制】セディナプラチナカード 30,000円+税 有料※ 不明 -※
    • 詳細情報は非公開
    エポスプラチナカード 30,000円+税 有料
    • プラチナカードとして標準的なサービス(飲食店優待、宿泊施設優待など)
    TRUST CLUBプラチナカード 35,000円+税 有料 2・2
    【招待制】JCBザ・クラス 50,000円+税 1名無料※ -※
    • 詳細情報は非公開
    三井住友プラチナカード 50,000円+税 有料 2・2
    • プライオリティ・パスサービスは他サービスとの選択制
    • 手荷物宅配を無料で利用できるのはMastercardブランド選択時のみ
    • 宝塚歌劇SS席優先販売
    • USJの優待パス付与
    ラグジュアリーカード(チタン) 50,000円+税 有料 3・3
    • 海外の現地ホテルへの手荷物配送可
    • TOHOシネマズ優待
    • ワインお買い物券への高レート交換
    • 家事代行サービス優待
    ラグジュアリーカード(ブラック) 100,000円 有料 3・3 チタンカードの優待内容に加え

    • 指定レストランからのリムジン送迎
    • テイスティングイベント招待
    アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 130,000円+税 1名無料 海外のみ 2・2※
    • 提携ブランドショップで営業終了後のショッピング等、特別優待
    • ゴルフ、テニス、スキー保険
    • 個人賠償保険
    • 電化製品などの2年間保証
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード 130,000円+税 1名無料

    • カード更新で指定ホテルの無料宿泊券プレゼント
    • デルタ航空の専用ラウンジも利用可
    • プライベートクルーズ
    • ヘリコプタークルージング

    ※サービス内容は個人向けプラチナカードと異なる

    【招待制】ダイナースクラブ・プレミアムカード 130,000円+税 有料※ 海外のみ※ 0・1※ ・ダイナースの独自サービス+プライオリティパスも利用可
    【招待制】ラグジュアリーカード(ゴールド) 200,000円+税 有料 3・3 ラグジュアリーカード(ブラック)の優待内容に加え

    • 個人賠償責任保険
    • 国立美術館優待
    【招待制】アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード 350,000円+税※ 2名無料※ 海外のみ※ 不明
    • 世界一高ステータスともいわれる招待制カード。詳細情報は非公開。
    ※公式情報が確認できなかったもの。参考程度にご覧ください。

    ご覧の通り、プライオリティ・パス(またはその類似サービス)関連の優待が付くのは高額な年会費の発生する上位カードばかり。

    こういったクレジットカードは個別に様々なメリットを備えているため、一概にどれが優秀と言い切ることができません。レストランでの優待を重視したい方、空港関連のサービスを重視したい方、カードの知名度やステータス性を重視したい方それぞれに、おすすめしたいカードが変わってくるのは当然です。上の表中に気になるサービスを見付けられたのなら、まずはそのカードの詳細をチェックしてみると良いでしょう。

    そういうわけで、結局の模範解答は「公式HPなどをご覧の上、最も惹かれたカードを選ぶのがベスト」といったものになってしまうのですが……。
    これで終わらせるわけにもいきませんので、ここからは比較的特徴的なクレジットカードをピックアップし、詳しいサービス内容を見ていこうと思います。

    ★上記の他、提携カードにもプライオリティ・パス(または類似サービス)関連の優待を備えたものは多く存在します。
    特に航空会社提携カードは還元率にも優れているため、ご自身で航空券を取得される機会が多いのなら、こちらも併せてご検討ください。

    あわせて読みたい
    ANA提携カードの比較
    デルタ航空提携カードの比較

    ②コスパ重視なら「楽天」や「セゾン・アメックス」「MUFG」に注目

    まず紹介するのはコスパ重視、つまり安い年会費で海外空港ラウンジを利用できるクレジットカード。
    最安値は「楽天プレミアムカード」(上位ゴールドカード相当)の1万円+税ですが、もう1万円足せばずっとサービスの充実した他社プラチナカードまで視野に入ります。

    ★招待制の「JCBゴールド・ザ・プレミア」は除外しています。

    年会費2万円以下のプライオリティ・パス会員資格付きクレジットカード
    楽天プレミアムカード セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
    盤面(画像は公式HPより) 名前 名前 名前
    年会費(本人) 10,000円+税 20,000円+税 20,000円+税
    年会費(家族カード) 500円+税 3,000円+税 3,000円+税
    (1人目は無料)
    国際ブランド VISA
    Mastercard
    JCB
    American Express American Express
    ポイント還元率 1.0% 0.5%
    (JALマイル換算なら2.5%前後)
    ※JAL航空券への交換前提
    0.4%程度
    +各種ボーナスポイント
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    年会費・利用費無料
    ※同伴者は3,000円/1回
    年会費・利用費無料
    ※同伴者は2,000円/1回
    国内空港ラウンジ
    (同伴者有料)※1

    (同伴者有料)※1

    (同伴者有料)※1
    コンシェルジュサービス ×
    国際線利用時の手荷物宅配 「トラベルコース」選択時のみ、年2回無料 割引のみ 往路・復路ともに1つずつ無料
    その他のサービス等 ・楽天市場での還元率最大+7倍
    ・ビジネス関連優待
    ・宿泊関連、家事代行などの優待 他
    ・グルメ優待 
    ・宿泊施設優待 他
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1000万円
    最高4000万円※2
    最高1億円
    (1000万円)※3
    最高1億円
    (1000万円)
    治療費用 最高300万円 最高300万円
    (同上)
    最高200万円
    (同上)
    疾病治療費用 最高300万円 最高300万円
    (同上)
    最高200万円
    (同上)
    賠償責任 最高3000万円 最高5000万円
    (同上)
    最高3000万円
    (同上)
    携行品損害
    /1旅行
    最高30万円
    最高20万円
    最高50万円
    (同上)
    最高50万円
    (同上)
    救援者費用 最高200万円 最高300万円
    (同上)
    最高200万円
    (同上)
    航空機 乗継遅延 最高3万円
    (同上)
    最高2万円
    出発遅延 最高3万円
    (同上)
    最高1万円
    手荷物遅延 最高10万円
    (同上)
    最高1万円
    手荷物紛失 最高2万円
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高5000万円 最高5000万円
    (1000万円)
    最高5000万円
    (1000万円)
    手術費用 2.5万円または5万円 5万円~10万円
    入院日額 5,000円/日 5,000円/日
    (同上)
    5,000円/日
    通院日額 3,000円/日 3,000円/日
    (同上)
    2,000円/日
    航空機 乗継遅延 最高2万円
    出発遅延 最高1万円
    手荷物遅延 最高1万円
    手荷物紛失 最高2万円
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高300万円 年間最高300万円 年間最高300万円
    その他の補償 ・商品未着あんしん制度(楽天市場での商品未着に対する補償) 犯罪被害傷害保険
    ※1 価格はラウンジによる
    (羽田空港内のラウンジであれば13歳以上1,080円/シャワー非利用時)
    ※2 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(指定条件を満たすことにより適用される保険)を指す
    ※3 旅行保険項目中の(かっこ内)は家族特約(同居の家族などに適用される保険)を指す

    3つのカードの中から申し込み先を選ぶなら、

    と言うところでしょうか。
    先述の通り、どれが優れていると言うわけでもありませんので、各特典やスペックを見比べた上、魅力を感じたものに申し込むと良いでしょう。

    ★同伴者の空港ラウンジ利用料を無料にするためには、最低でも「JCBプラチナ」(年会費25,000円+税)の取得が必要になります。

    ★その他にも多くの会員特典が設けられています。詳しくは公式HPなどをご覧ください。

    ③ステータス性や関連サービスまで含めたならやっぱり「アメックス」「ダイナース」は見逃せない

    「ダイナースクラブ」「アメリカン・エキスプレス」はあえて説明する必要もないくらい、ステータスカードとして有名ですね。
    もちろんそれだけでも取得の価値はありますが……。
    実はこれらのカード、空港(とくに国際線)利用時のサービスが、国内カード会社の商品に比べても非常に充実しているんです。

    外資系クレジットカードの比較(インビテーション不要のもの)
    ダイナースクラブカード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
    盤面(画像は公式HPより) 名前 名前 名前
    年会費(本人) 22,000円+税 29,000円+税 130,000円+税
    年会費(家族カード) 5,000円+税 12,000円+税
    ※1枚目無料
    無料(4枚まで)
    国際ブランド Diners
    (JCB加盟店でも利用可)
    American Express American Express
    ポイント還元率 0.3%程度 交換先による
    (キャッシュバックなら0.3%~)
    交換先による
    (キャッシュバックなら0.3%~)
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    類似サービスの提供
    ※同伴者は有料
    (価格はラウンジによる)
    年2回まで無料
    (スタンダード会員+Amex独自優待)
    ※同伴者は有料
    (27$)
    本人会員+同伴者1名まで無料
    (2人目以降27$)
    国内空港ラウンジ
    ※同伴者は有料
    (価格はラウンジによる)

    ※同伴者1名無料
    (価格はラウンジによる)

    ※同伴者1名無料
    (価格はラウンジによる)
    コンシェルジュサービス
    国際線利用時の手荷物宅配 復路のみ1つ無料 往路・復路ともに1つずつ無料 往路・復路ともに2つずつ無料との情報あり
    その他のサービス等 空港パーキング優待
    空港間タクシー送迎
    スパ・エステ等優待
    コナミスポーツ優待
    ゴルフ場利用・レッスン優待 他
    空港パーキング優待
    空港間タクシー優待
    大型手荷物宅配優待
    国際線利用時、手荷物の無料ポーター(お運び) 他
    左記に加え
    提携ブランドショップの営業時間後の利用
    ヘリコプタークルージング優待など
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高5000万円
    最高5000万円※2
    最高1億円
    (1000万円※1)
    最高5000万円
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    治療費用 最高300万円 最高300万円
    (200万円)
    最高1000万円
    (同上)
    疾病治療費用 最高300万円 最高300万円
    (200万円)
    最高1000万円
    (同上)
    賠償責任 最高1億円 最高4000万円
    (同上)
    最高5000万円
    (同上)
    携行品損害
    /1旅行
    最高50万円 最高50万円/1旅行 最高100万円
    (同上)
    救援者費用 最高300万円 最高400万円
    (300万円)
    最高1000万円
    (同上)
    航空機 乗継遅延 最高2万円 最高3万円
    出発遅延 最高2万円 最高3万円
    手荷物遅延 最高2万円 最高3万円
    手荷物紛失 最高4万円 最高6万円
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高1億円 最高5000万円
    (1000万円)
    最高1億円
    (1000万円)
    手術費用 5万円~20万円 最高20万円
    入院日額 5,000円/日 5,000円/日
    (同上)
    通院日額 3,000円/日 3,000円/日
    (同上)
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    最大年間500万円 年間最高500万円 年間最高500万円
    その他の補償
    • ゴルファー保険
    • キャンセル補償(急な怪我などによる旅行、コンサート等のキャンセル料補償)
    • キャンセル補償
    • ゴルフ、テニス、スキー保険
    • 個人賠償保険
    • 電化製品などの2年間保証
    ※1 旅行保険項目中の(かっこ内)は家族特約(同居の家族などに適用される保険)を指す
    ※2 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(指定条件を満たすことにより適用される保険)を指す
    ※ 有料分の同伴者料金は27$(US)

    2017年からインビテーション(招待)不要となったアメックスのプラチナカードについては、ゴールドカードとの年会費差が非常に大きい点にお気を付けください。

    さてご覧の通り、これらのカードの利点は「空港パーキング優待」「空港間タクシー送迎」等をはじめとする空港関連サービス。普段から航空機(とくに国際線)を利用される機会があるのなら、活用の機会も多いかと思います。

    一方、保険の内容や還元率は年会費を同じくする国内カードに劣りますので、まさに一長一短と言えるでしょう。
    (還元率に関しては航空会社との提携カードを選ぶことで改善可能、ただしその分年会費は高くなる)

    ★その他にも多くの会員特典が設けられています。詳しくは公式HPなどをご覧ください。

    ★各種保険内容について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    Diners Club公式HP「保険」
    American Express公式HP「保証規定」(ゴールド
    American Express公式HP「Platinum Card Regulations」(PDF)

    ★アメックス・ゴールドの入会で得られる「プライオリティ・パス」会員資格は「プレステージ」ではなく「スタンダード」です。
    本来はラウンジ利用の都度に利用料の発生する会員ランクではありますが、アメックス側のサービスにより年2回までこれを無料で利用できる形となります。

    ★ダイナースクラブの独自の空港ラウンジサービスは、指定空港ラウンジにてダイナースクラブカードと航空券を提示するのみで利用できます。
    詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

    ダイナースクラブ公式HP「空港ラウンジ」

    注意!海外空港ラウンジサービスを受けるには別途申し込みが必要

    難易度の高い「プライオリティ・パス」会員資格付きのクレジットカードを入手したからと言って、ここで安心することはできません。
    これは肝心な海外空港ラウンジサービスを利用するために、もう一つの手間を踏む必要があるからです。

    というのも、海外空港ラウンジは国内のそれとは違い、クレジットカードを提示するだけで利用することはできません。ラウンジを利用するためには、原則カード会社から「プライオリティ・パス」会員カードを送ってもらう必要があるんですね。

    申請方法は主に電話またはインターネット等となっていますが、おそらくはカード裏の電話番号に電話を掛け、プライオリティ・パスを送ってほしい旨を伝えるのが一番早いでしょう。
    送付スピードはカード会社によるようで、確認した限りで最速は1週間(セゾン・プラチナ・アメックス)、最遅は4週間(アメックス)でした。長めに見積もって、ラウンジを利用する1ヶ月前までには申請を済ませておきたいところです。

    ちなみに細かな海外空港ラウンジの使い方やサービス対象となるラウンジは、会員カードとともに送られる冊子で確認できるかと思います。

    参考プライオリティ・パス公式HP「プライオリティ・パス会員証の使用方法」

    ★ダイナースや航空会社系カードなど、発行元が独自に空港ラウンジサービスを展開している場合には利用方法が異なります
    詳細については各公式HPをご覧になるか、直接発行元等へお問い合わせください。

    まとめ

    ★カードを手に入れるだけで「プライオリティ・パス」の会員資格を手に入れられるクレジットカードは意外と多い。
    ただしその対象は上位カードに限られ、最も安価なものでも年会費は「楽天プレミアムカード」の1万円+税(プレステージ会員の場合)
    ★コストパフォーマンス重視なら、前述の楽天プレミアムカードよりサービスの充実した「セゾン・プラチナ・アメックス」はじめ低年会費プラチナカードも有力な選択肢
    ★ステータスカードとして有名な「アメリカン・エキスプレス(ゴールド以上)」「ダイナースクラブ」も海外空港ラウンジサービス付き。さらに空港パーキング優待・空港間タクシー優待など空港関連のサービスも手厚いので要チェック
    ★プライオリティ・パスを利用するためには、会員資格だけではなく専用カードの提示が必要。
    海外に出向く前には余裕を持って、専用カードの発行を依頼しておかなければならない

    海外に出向く機会が多いのなら、ぜひ持っておきたいプライオリティ・パス。
    選択肢が上位カードばかりという性質上、一概にどれがおすすめと言い切ってしまうことはできませんが……。
    メリットが細分化していると言うのは、あなたに合った会員サービスが見つかる可能性が高いということでもあります。
    まずは年会費の予算を決めた上で、条件に合ったクレジットカードの公式HPなどをチェックしてみると良いでしょう。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。