【PayPay】クレカなしでのチャージなら銀行振替がベスト!実際にやってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PayPay】クレカなしでのチャージなら銀行振替がベスト!実際にやってみた
「SNSで話題の<PayPay>が気になるけれど、クレジットカードを持っていることが前提みたい。
クレカなしでも使えるなら試してみたいけれど……」

ご安心ください、「PayPay」(ペイペイ)クレジットカード無しでも問題なく利用可能。もちろんおトクなキャンペーンにも参加できます。
ただしもしもあなたがクレジットカードと同じくらい便利な「チャージ」を希望するのなら、ちょっと工夫が必要かも。

今回は「PayPay」が気になる、クレジットカードをお持ちでないあなたのために、クレカなしで決済を行う方法、そして実際に「チャージ」を行ってみた記録を簡単にまとめました。
読み終えていただいたなら、あなたに合った方法で「PayPay」を使っていけることでしょう。

★「そもそもPayPayって何?どんなサービスなの?」といった場合には、先に以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
PayPayとは:基本の仕組み、利用メリットと実際に使ってみた記録

★「ヤフーカード」を使った支払いが可能であれば、ここで紹介する「PayPay残高へのチャージ+支払い」という方法よりもほぼ常時1%おトクとなります。
あなたが18歳以上であるなら、こちらも併せてご覧ください。

あわせて読みたい
2019年10月より、PayPay支払い用クレジットカードはヤフーカード一択に

現在の「PayPay」チャージ方法一覧

「PayPay」の支払い方法は大きく「クレジットカード払い」「PayPay残高払い」の2つに分かれます。

基本的に便利&おトクなのは「クレジットカード払い」(というよりヤフーカード払い)なのですが……。
年齢などを理由にこれを利用できない(あるいはセキュリティ面で不安がある)というユーザーも少なくないハズ。
そんな需要に応えて、PayPayは以下の4つのPayPay残高「チャージ」方法を提供しています。まずはあなたに一番合っていそうなものをチェックしてみましょう。

★「PayPay」のチャージ方法(2019年10月現在)
利用できる人 概要
銀行振替 「PayPayの銀行振替に対応した」銀行口座を持っている人
三菱UFJ銀行口座は現在ご利用いただけません。
  • 銀行口座の預金をPayPay残高に移動させる
  • 手続きがアプリ上で完了し、スムーズ&スピーディなので一番おすすめ
  • オートチャージ対応
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い ソフトバンクまたはワイモバイルと契約を結んでいる人
  • チャージ代金を携帯電話料金と一緒に請求
  • セブン銀行ATM 誰でもOK
  • セブン銀行ATMを通し現金を支払ってチャージ
  • ヤフオク!売上金 ヤフオク売上金を持っている人
  • ヤフオク!との連携を通しチャージ
  • ヤフーカード ヤフーカードユーザー
  • ヤフーカードを使いチャージ
    ※他社カードでのチャージには対応していません。
  • PayPayマネーへのチャージ(本人確認完了時/詳細後述)
    PayPayマネーライトへのチャージ(詳細後述)
    ※いずれも手数料は掛かりません。

    幅広くおすすめしやすい方法順に並べてみました。というわけで「銀行振替」(預金チャージ)が使えそうなら、これを利用するのがベストでしょう。
    ここからは各チャージ方法について、もう少し詳しく解説していきます。

    ★「PayPay残高」のチャージ/利用上限額は「24時間につき50万円」「30日間につき200万円」と高額です。一般的な決済であれば気にする必要は無いでしょう。
    とは言えもちろん「チャージに必要な預金残高が足りない」といった場合は話が別。
    また「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」には別途チャージ額制限が設けられています。

    ★以前は「Yahoo!マネー」と呼ばれる電子マネーを経由したチャージも可能でしたが、2019年9月末の「Yahoo!マネー」サービス終了に伴いこちらは利用できなくなってしまいました。
    もしもこちらの残高をお持ちであれば「PayPay」への移行が可能です。詳しくは以下のページをご覧ください。

    PayPay公式HP「Yahoo!マネーの引き継ぎ」

    ★利用できる状況が限られるため上の表には含めていませんが、キャンペーン等により「PayPayギフトカード」を受け取り、そこからのチャージが可能な場合もあります。

    PayPay公式HP「ギフトカードからのチャージについて」

    「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」はどう違う?

    PayPayはSuicaやnanacoのように、あらかじめチャージした「PayPay残高」の範囲で支払いが可能(クレジットカードを利用しない場合)。
    が、紛らわしいことにこの「PayPay残高」には以下の4種類が存在します。

    ★PayPay残高の小分類
        有効期限 概要
    ↑優先して支払われる PayPayボーナスライト 60日間 キャンペーン等でもらえる
    送金・わりかん・出金不可
    PayPayボーナス 無制限 「PayPay」利用に応じたキャッシュバックでもらえる
    送金・わりかん・出金不可
    PayPayマネーライト 「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて払い」等でチャージ可
    送金・わりかんに使えるが出金は不可
    PayPayマネー 銀行振替などでチャージ可
    送金・わりかん・出金可
    ※本人認証の手続が必要です。

    要は意図的なチャージで増やせるのが「PayPayマネー(ライト)」、PayPay利用に応じてもらえるのが「PayPayボーナス(ライト)」というわけですね。

    とは言えこれらの小分類の間で異なるのは「送金」「わりかん」「出金(払い出し)」ができるか否か、という点だけで、「PayPay加盟店でお金と同様に使える」という意味では全部同じです。
    PayPayユーザーの間でお金を送ったり、一度チャージした残高を払い出ししたりするつもりがないのなら、「PayPay残高」の小分類についてそこまで気にする必要は無いでしょう。
    強いて言えばキャンペーン参加時、「PayPayボーナスライト」の有効期限を切らして喪失してしまわないよう、気を付けたいということくらいでしょうか。(有効期限はアプリ内で確認可能です)

    ★送金、わりかん、出金(払い出し)について詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

    PayPay公式HP「PayPay残高を送る・受け取る」
    PayPay公式HP「わりかん」
    PayPay公式HP「PayPay残高を銀行口座に出金(払い出し)したい」

    一番簡単&便利なチャージ方法は「銀行振替」

    「PayPay」を利用する上で、一番簡単かつ便利なチャージ方法は「銀行振替(口座振替)」
    まずはそう言える理由と、利用上の注意点について簡単にお話ししていきます。

    ①最短2分の登録手続きを済ませれば、いつでも千円単位で手動&オートチャージ可能に

    「銀行振替」によるチャージとは、あなたの銀行口座に入っている預金を「PayPay残高(PayPayマネー)」に移し替えることを指します。

    先述の通り、PayPay残高のチャージ方法には5つの種類がありますが……。

    といった点から、最も優秀なのはこの「銀行振替」チャージだと言って良いでしょう。

    ★5つの「PayPay残高」チャージ方法の比較
    手続きの簡単さ 払い出し(出金) オートチャージ
    銀行振替 OK OK
    ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い 不可 不可
    セブン銀行ATM
    来店が必要
    OK 不可
    ヤフオク!売上金 OK 不可
    ヤフーカード 不可 OK
    PayPayのオートチャージって?

    PayPayには、PayPay残高が一定の基準(任意で設定できます)を下回った時に銀行振替(またはヤフーカード)を使い、自動的にチャージを行う機能=オートチャージ機能が付いています。
    この機能さえあれば、クレジットカードが無くてもPayPay残高を気にせずお買い物ができるわけですね。(もちろん口座にチャージ金額以上のお金が預けられている必要はありますが)

    例:1,000円を下回ったとき3,000円のオートチャージを行う設定の場合、
    コンビニ利用によりPayPay残高が500円に
    あらかじめ設定しておいた口座から自動的に銀行振替、PayPay残高は3,500円に

    オートチャージの利用は任意ですので、使わないなら使わないでも一切問題ありません。
    今の段階では「こういう機能もある」くらいに思っていただければ良いでしょう。

    PayPay公式HP「オートチャージ機能について」

    ②ただし「三菱UFJ銀行」口座はじめ、銀行振替に対応していない銀行も…。

    そういうわけで数あるチャージ方法の中でも最も優秀な「銀行振替」ですが……。
    最大の問題が、「そもそもPayPayが一部の銀行口座に対応できていない」こと。特に2019年10月現在、「三菱UFJ銀行」口座が銀行振替に利用できないのは痛いところです。

    PayPay公式HP「利用可能な金融機関」

    「三菱UFJ銀行」ユーザーはじめ、普段ご利用の口座が「銀行振替」に対応していなかった場合には、後述する別のチャージ方法(またはクレジットカード払い)を選択する必要があるでしょう。

    ★とは言え対応行は「順次拡大予定」とのこと。三菱UFJ銀行ユーザーであっても、今一度公式情報をご覧頂くことをおすすめします。

    ★あなたのメインバンクが「利用可能な金融機関」に含まれていたなら、チャージ方法は「銀行振替」に決めてしまって構いません
    次の項目は飛ばして、「4.実際に銀行振替で「PayPay」チャージをやってみた」の箇所をご覧ください。

    「銀行振替」を利用できない場合に使える4つのチャージ方法

    ここからは「三菱UFJ銀行」ユーザーはじめ銀行振替を利用できないあなたのために、それ以外に利用可能な4つのチャージ方法について解説していきます。

    ①「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」による後払いチャージ

    あなたが「ソフトバンク」または「ワイモバイル」の携帯電話を利用しているのなら「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」によるチャージが最も簡単です。

    ソフトバンク・ワイモバイルを利用していないのなら、次の項目をご覧ください。

    これは簡単に言うと、携帯電話料金と一緒にPayPayチャージ分を請求してもらう支払い方法。
    チャージ~支払いまでにタイムラグが発生するため、使い過ぎ(チャージしすぎ)には重々気を付ける必要がありますが……。
    チャージ手続き自体はごく簡単ですので、「銀行振替」に次いで利用しやすいチャージ方法と言って良いでしょう。

    ★ソフトバンク、ワイモバイルと「PayPay」の連携方法については以下の公式HPをご覧ください。

    ソフトバンク・ワイモバイル連携方法(携帯電話回線での連携)
    ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ方法

    ★「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」基本情報(利用上限)
    使用者年齢 「まとめて支払い」上限額
    12歳未満 2,000円/月
    12歳~19歳 20,000円/月
    20歳以上 100,000円/月
    ★「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」基本情報(請求日)
    締日
    (My softbank等で確認可)
    利用期間 支払日
    月末 毎月1日~末日 翌月26日
    10日 毎月11日~翌10日 翌月6日
    20日 毎月21日~翌20日 翌月16日
    ※携帯料金支払いにクレジットカードを利用している場合、別途タイムラグが生じます。

    ★親御さん等に携帯電話を支払ってもらっている場合、無断で「まとめて支払い」を利用するのはやめておきましょう。(請求書等により絶対にバレます)

    ②セブン銀行ATMを使った現金チャージ

    「銀行振替」も「まとめて支払いも利用できそうにない場合、最も現実的なチャージ方法となるのが「セブン銀行ATM」を使った現金チャージ
    「セブン銀行ATM」にはPayPay等のアプリとQRコードを組み合わせて取引を行う機能がありますので、これを使ってチャージすることとなります。

    セブンATMを使ったチャージの利用イメージ▲PayPay公式HPより、セブンATMを使ったチャージの利用イメージ

    チャージのたびにATMで手続きを行う必要がある、というのは「銀行振替」「まとめて支払い」(+クレジットカード払い)に比べ明らかに面倒ですが……。
    PayPay利用頻度が高いのであれば何度もチャージせずに済むよう、一度にまとまったお金を入金しておけると良いですね。

    ★詳しいチャージの手順については以下の公式HPをご覧ください。

    PayPay公式HP「現金でチャージがしたい(セブン銀行ATMからのチャージ方法)」

    ★「セブン銀行」は全国のセブンイレブンの他、イトーヨーカドーといった系列店等に設置されています。
    また「PayPay」アプリ内にもお近くの「セブン銀行ATM」を探す機能が付いています。

    ★2019年10月現在、「セブン銀行」以外のATMを使った現金チャージには対応していません。

    ③ヤフオク!の売上金を使ったチャージ

    もしもあなたが「ヤフオク!」を通して何かを売却したことがあるのなら、その売上金を使い「PayPay残高」へのチャージが可能です。
    ……とは言えこの方法は利用できる方がごく限られる上、業者でも無い限り継続的に売上金をチャージすることは困難。
    よってここでは、公式HPによる案内を紹介するに留めさせていただきます。

    ヤフオク公式HP「ヤフオク!でもPayPayが使える!」

    ④ヤフーカードを使ったチャージ

    あなたが「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」をお持ちならば、こちらを使ったチャージも可能です。(※他社カードでのチャージは不可)

    ……とは言えヤフーカードがあるのなら、わざわざ「PayPay残高」を経由せずとも、ヤフーカードで直接支払いを行うことで支払い額の1.5%のPayPay残高+1.0%のTポイント(ヤフーカード利用分)を受取可能。

    期間限定のキャンペーンでたまに見られる、

    • PayPay残高支払い時、20%キャッシュバック
    • ヤフーカードでの支払い時、19%キャッシュバック

    といった微妙な差が設けられているような場合を除き、ヤフーカードユーザーがわざわざPayPay残高を使う意味はほぼ無いでしょう。
    (この場合もヤフーカードのTポイント還元を含めて考えれば、実質還元率は20%と変わりありません)

    あわせて読みたい
    2019年10月~、PayPay支払い用クレジットカードはヤフーカード一択に

    ★ちなみに「PayPay残高支払い時、20%キャッシュバック」キャンペーン実施中にヤフーカードを使ってPayPay残高へのチャージを行えば、「PayPayによる20%キャッシュバック」に加えヤフーカードの1%還元(Tポイント)を受け取ることができます。
    このときの還元率は実質21%となり、銀行振替などでPayPay残高をチャージする場合よりもおトクとなりますね。

    ★ヤフーカードを使ったチャージには任意パスワードを用いた本人認証(3Dセキュア)が必須となります。
    詳しい手順については以下の公式HPをご覧ください。

    PayPay公式HP「本人認証サービス(3Dセキュア)とは?」

    クレジットカードの紐付けはセキュリティ面で不安…

    先の「セブンペイ」の不祥事もあり、QRコード決済サービスにクレジットカードを紐付けることに抵抗を感じる方は多いです。
    実際、PayPayもサービス開始直後の2018年末には不正利用騒ぎがありましたが……。

    PayPayはこの問題を受け、すでに

    • 利用規約に、不正利用の被害に遭った際の全額補償を明記
    • クレジットカード払い時、本人認証を通過しないと利用限度額を厳しく制限
    • セキュリティコードを複数回誤って入力した際、アカウントにロックがかかる

    といった対策を講じています。

    これにより2019年以降、PayPayで大きな不正利用問題は起きていません
    また仮に被害に遭ってもその金額は全額PayPayが負担してくれるとのことですから、クレジットカードの紐付けをそこまで不安に思う必要は無いでしょう。

    そして、PayPayでは支払い方法に「PayPay残高」ではなく「ヤフーカード」を登録することで、すべての還元率を実質1%引き上げることができます。
    (ヤフーカード利用による1%還元を受けられるようになるため/一部キャンペーン等除く)
    あなたが「18歳以上」というヤフーカードの申込条件を満たしているのなら、銀行振替等を使い「PayPay残高」をいちいちチャージするよりも、「ヤフーカード払い」を利用することをおすすめします。

    ★「PayPay」支払い方法別の実質還元率
    PayPay(ヤフーカード払い) 1.5%(PayPay)
    +1.0%(ヤフーカード)
    2.5%
    PayPay(PayPay残高払い) 1.5%(PayPayキャッシュバックのみ)
    PayPay(他社カード払い) 1.0%(楽天カード還元分/PayPay還元なし)

    参考【実録!最短2分】ヤフーカードの審査難易度は低め:否決&時間が掛かる要因は?

    実際に銀行振替で「PayPay」チャージをやってみた

    普段「PayPay」の支払い方法には「ヤフーカード」を使っている私ですが……。
    ここではクレジットカードの利用に抵抗がある、あるいは年齢制限などを理由に申し込みができない、というユーザーも少なくないハズ。
    というわけで各チャージ方法の中でも最も利用しやすい「銀行振替」を試してみました。

    ①Yahoo!マネーの登録等が不要になったことで、口座登録はより簡単に

    私が「PayPay」アプリをインストールしたのは2019年2月頃。当時は口座登録の際に「Yahoo!Iマネー」(現在サービス終了)等への登録とYahoo!IDとの紐付けが必須でした。
    正直これは少し面倒だったのですが……。

    公式HPを見直してみたところ、今はすべての手続きを「PayPay」上で済ませられるようになった模様。
    外部サービスの登録・紐付けが不要になったことで、口座登録は非常にスムーズになったと言って良いでしょう。

    ……というわけで当時の私の古い記録は参考になりません。ここでは公式HP情報を紹介させて頂きます。
    PayPayでの口座登録方法-1PayPayでの口座登録方法-2▲PayPay公式HPより

    要は「PayPay」をインストール後に表示されるトップページから「銀行口座登録」を選択、あとはアプリの指示に従い必要事項を入力するだけで登録手続きを済ませられるわけですね。

    ★ただし上の解説はごく簡略化されたもののようで、実際のところは「口座を登録したい銀行へのログイン」が必要となる模様。
    以下は三井住友銀行の例となります。

    三井住友銀行でのログイン▲三井住友銀行の場合は「店番号」「口座番号」というキャッシュカードに記載の情報でログインできるのですが、他行だとインターネットバンキングの利用手続きが必要になる可能性があります。
    あらかじめご承知おきください。

    ★口座振替によりチャージしたPayPay残高を出金(払い出し)できるようにするには、別途「本人確認」の手続きが必要です。(出金の予定が無いなら飛ばしてしまっても構いません)

    PayPay公式HP「本人確認をする」

    ②口座登録後のチャージは数秒程度で完了

    ここからは2019年10月に、私が実際にチャージを行った記録となります。
    ……といっても口座登録さえ済んでいれば、チャージ自体は最短数秒で完了することでしょう。

    まず、「PayPay」アプリのトップページから「残高」を選択します。トップページから「残高」を選択

    次いで「残高にチャージ」を選択。「残高にチャージ」を選択

    こんなかんじでチャージ額を選択できます。希望の金額をお選びください。
    (ちなみに金額を直接入金すれば、100円単位~チャージ可能です)

    チャージ金額選択ここでは「1,000円」を選んでみました。

    チャージ完了です。

    PayPayチャージ完了
    画面上部に表示されている時間(10時17分→10時18分)を見ても分かる通り、一連の過程で経過したのは1分程度。スクリーンショットを撮りながらでなければもっと短い時間でチャージできたかと思います。

    これくらいの手間であれば、「コンビニでPayPayアプリを提示したもののチャージ残高が足りない!」という場合にもすぐに対応できそうですね。
    (もちろん事前にチャージ残高を確認しておくに越したことはありませんが)

    チャージ後の画面▲チャージ後の画面。1,000円分のチャージが即時反映されていることが分かります。

    まとめ

    ★「PayPay」のチャージ方法(2019年10月現在)
    利用できる人 概要
    銀行振替 「PayPayの銀行振替に対応した」銀行口座を持っている人
    三菱UFJ銀行口座は現在ご利用いただけません。
  • 銀行口座の預金をPayPay残高に移動させる
  • 手続きがアプリ上で完了し、スムーズ&スピーディなので一番おすすめ
  • オートチャージ対応
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い ソフトバンクまたはワイモバイルと契約を結んでいる人
  • チャージ代金を携帯電話料金と一緒に請求
  • チャージ~支払いにタイムラグが生じるため、使いすぎに注意
  • セブン銀行ATM 誰でもOK
  • セブン銀行ATMを通し現金を支払ってチャージ
  • ヤフオク!売上金 ヤフオク売上金を持っている人
  • ヤフオク!との連携を通しチャージ
  • ヤフーカード ヤフーカードユーザー
  • ヤフーカードを使いチャージ
    ※他社カードでのチャージには対応していません。
  • PayPayマネーへのチャージ(出金可/本人認証完了時に限る)
    PayPayマネーライトへのチャージ(出金不可)
    ※いずれもチャージ手数料は掛かりません。

    クレジットカード(特にヤフーカード)を利用できないのであれば、極力手軽に「PayPay残高」をチャージする方法を知っておきたいところ。
    「銀行振替」を利用できるなら迷う必要はありませんが……。
    お持ちの口座の都合上、それが難しいのなら、各デメリットを踏まえた上で「まとめて支払い(請求までにタイムラグあり)」「セブン銀行ATMチャージ(来店必須)」といった方法も検討したいところです。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。