大阪市で「楽天銀行コンビニ支払サービス」を使った納税が可能に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なびお
大阪市が何か新しいサービスを導入したみたいだけど…

3月8日に、大阪市が納税方法に「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)を導入したことが発表されました。

「楽天銀行コンビニ支払サービス」とは、楽天銀行が収納代行サービスを手掛けている株式会社電算システムと提携して提供しているサービス。
※収納代行:公共料金などの支払いの受け付けを、店や自治体などの収納機関の代わりに代行業者が行うこと
楽天銀行アプリで払込票のバーコードを読み込むことで、楽天銀行口座から即時に税金を支払うことが出来るシステムです。
こちらのシステムを使った納税は3月14日から可能になります。

CHECK電算システム、大阪市が「楽天銀行コンビニ支払サービス」による収納代行サービスを導入

今回はこの「楽天銀行コンビニ支払サービス」での納税について、その詳細とメリットを分析しました!
読んでいただければ、今回のニュースで日々の生活がどのように変わっていくのか実感出来ますよ。

「楽天銀行コンビニ支払サービス」の流れとメリット

まずは「楽天銀行コンビニ支払サービス」を使った納税について、詳しく説明いたします。

①スマホ1つですぐに納税できる!

「楽天銀行コンビニ支払サービス」を使った納税は楽天銀行アプリから行います。

【管理人】なびこ
納税を行う流れは以下の通りです


▲「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」の利用方法(株式会社電算システム発表より)

「楽天銀行コンビニ支払サービス」を使った納税方法

楽天銀行アプリにログイン

「入出金・振込」のメニューから
「コンビニ支払サービス」を選択

スマホのカメラで
払込票のバーコードを読み取る

支払い内容を確認

あなたの口座から支払われる

このように、スマホ1つでいつでもどこでもすぐに納税が可能です。
「あ!今日までに納税しないといけないのを忘れてた!」
「足を怪我していて、銀行やコンビニまで行くのは辛い……」
こういった状況の時に助かりますね。

②全税目納税可能、ただし注意点も

なびお
でも、納税できない税目があるんじゃないの?

大丈夫!
「コンビニ収納用バーコード」が印刷されていれば、全ての税が納付可能です。

なびお
わあっ、助かるなぁ!
【管理人】なびこ
ですが、このサービスを使って納税する場合は以下の点に注意が必要です

★「楽天銀行コンビニ支払サービス」納税の注意点

  • 「コンビニ収納用バーコード」が印刷されていない納付書では利用不可
  • 領収証書は発行されない
    領収証書を必要とする場合は金融機関・コンビニエンスストア等の窓口で納付
  • 納付書1枚あたりの金額が30万円を超える場合は利用不可
  • 【管理人】なびこ
    また、利用には楽天銀行の個人口座が必要ですので、その点にもご注意くださいね

    ③納税1回ごとに楽天スーパーポイントが貯まる!

    さらに「楽天銀行コンビニ支払サービス」で納税すると、金額に関わらず1件ごとに楽天スーパーポイントが10ポイント付与されます

    最も、楽天スーパーポイントは1ポイント⇒1円として換算されますので、もらえるのは10円くらい
    また、色々な楽天サービスで10ポイント貯める場合は……

    楽天スーパーポイント10ポイントを貯めるのにかかる金額(ポイント加盟店などを利用しない場合)
    楽天カード 1000円
    楽天Edy 2000円
    楽天ポイントカード マクドナルド:1000円
    デイリーヤマザキ:1000円
    湘南美容クリニック:2000円
    ホワイト急便:1000円

    …と、結構あまりかかりません。

    なびお
    納税金額は結構高くなるし、ちょっと割に合わないような気も……
    【管理人】なびこ
    実際、大阪市の納税はクレジットカードでも可能です
    なびお
    あれ。
    それじゃあ、クレジットカード払いの方がポイントが貯まるか……
    【管理人】なびこ
    その通りですが、クレジットカード払いだと納付書1枚あたりの金額が5千円を超える場合はシステム手数料がかかってしまいます

    クレジットカード払いの際にかかるシステム手数料は以下の通り。
     

    クレジットカード納付でのシステム手数料
    納付金額 システム手数料(税込)
    5,001円~10,000円 33円
    10,001円~20,000円 100円
    20,001円~30,000円 167円
    30,001円~40,000円 234円
    40,001円~50,000円 301円
    以後、1万円ごとに、システム利用料が67円ずつ加算(システム利用料一覧表でさらにチェック可能)
    ※端数処理の関係で66円になる場合があります。

    1万円までの場合は33円、2万円までは100円と結構少ない金額に感じますが、出来る限り出て行くお金は減らしたいですよね。

    また、個人市・府民税や固定資産税などは多額になりがち。
    例えば大阪市HPの「個人市・府民税の計算例 (給与所得者の場合)」に記載されている、個人市・府民税額の合計は111,100円。
    これをクレジットカードで払うとなると、システム手数料は770円もかかってしまいます。
    770円、ランチが1回出来る金額です……。

    以下のサイトで払込票の金額からシステム手数料を割り出せます。
    CHECKシステム利用料試算|大阪市税 納付サイト

    【管理人】なびこ
    また「金融事故を起こしてしまってクレジットカードを持てない」といった場合でも「楽天銀行コンビニ支払サービス」での納付は出来ますよ
    なびお
    納税通知書を見ると気分が重くなっていたけど、ポイントがもらえるのなら少しは前向きになれるかも!

    「楽天銀行コンビニ支払サービス」を使えばおトクかつ、幅広い方々が手軽に納付できますね!

    ★楽天スーパーポイントを受け取るには、楽天銀行のお客さま優遇プログラム『ハッピープログラム』への登録が必要です。

    ★クレジットカードを使った納税については、以下のページで説明しています。

    あわせて読みたい
    自動車税はクレジットカード払いできる!ポイントも貯まって便利でお得!
    固定資産税はクレジットカードで払う!ネットで簡単・ポイントも貯まる!

    大阪市が「楽天銀行コンビニ支払サービス」を取り入れた背景

    なびお
    でも、どうして大阪市は「楽天銀行コンビニ支払サービス」を取り入れたんだろう?

    実は、大阪市は収納代行会社としてこの株式会社電算システムと契約しています。そのため、今回「楽天銀行コンビニ支払サービス」を早期導入することが出来たのです。

    なびお
    そうだったんだ!

    また大阪市は今回の導入前にも、同じく株式会社電算システムと提携している「PayB」「LINE Pay 請求書支払い」を使ったスマホ決済サービスを使った納税を取り入れています

    CHECK全国初!「LINE Pay 請求書支払い」による市税の収納を開始します
    CHECK市税を即時に口座から納付できるリアルタイム口座引落しサービス「PayB(ペイビー)」のご案内

    【管理人】なびこ
    また2月14日から、Apple Payを使った納税も出来るようになっていますよ
    なびお
    大阪市はスマホ決済サービスを取り入れた納税に積極的なんだね
    【管理人】なびこ
    大阪市が取り入れているスマホ決済サービスの一つ「PayB」は、秩父市岐阜市など他の自治体も取り入れていますよ
    【管理人】なびこ
    今回のニュースの影響で、ますますスマホ決済を通じた納税を取り入れてもらえると嬉しいですね

    <大阪市のスマホ決済納税比較>

    今回導入された「楽天銀行コンビニ支払サービス」は、これまで大阪市の納税で導入されているスマホ決済サービス

    • PayB
    • LINE Pay 請求書支払い
    • Apple Pay での納税と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?
    スマホ決済サービス比較
    メリット デメリット
    楽天銀行コンビニ支払サービス
  • 納付書1枚あたり30万円まで納付出来る
  • システム利用料などの負担はなし
  • 納付1件ごとに楽天スーパーポイントが10ポイント付与される
  • 楽天銀行の普通口座を持っていないと利用できない
  • PayB
  • 納付書1枚あたり30万円まで納付出来る
  • システム利用料などの負担はなし
  • 他のサービスと比べるとなじみが薄く、利用する場合は新たにダウンロードが必要になる可能性がある
  • LINE Pay 請求書支払い
  • 多く使われている「LINE」を使って納税が出来る
  • システム利用料などの負担はなし
  • 納付書1枚あたりの金額が5万円以上の場合は利用できない
  • 事前に「LINE Pay」にチャージしておく必要がある
  • Apple Pay
  • 納付書1枚あたり30万円まで納付出来る
  • アプリをダウンロードする手間がいらない
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • Apple Pay対応機種を持っていないと利用できない
  • 多く使われている「VISA」ブランドに対応していない(Apple Payを通さない場合は利用できる)
  • 納付書1枚あたりの金額が5千円を超える場合はシステム利用料が発生する
  • 納税証明書をすぐに発行できない
  • 4つの方法はそれぞれ異なるメリット・デメリットがあります。
    自分が一番使いやすいものを選んでくださいね。

    ★この4つの内どの方法でも、領収証書は発行されません
    領収証書が必要な場合は、金融機関・コンビニエンスストア等の窓口で納付するようお願いいたします。

    まとめ

    ★3月14日から、大阪市で「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)を利用した納税が可能になる
    ★「楽天銀行コンビニ支払サービス」はスマホ1つで全税目納付が可能
    しかし利用には楽天銀行の個人普通預金口座が必要
    ★「楽天銀行コンビニ支払サービス」で納税すると、金額に関わらず1件ごとに楽天スーパーポイントが10ポイント付与される。
    クレジットカード払いの場合よりは少ないが、システム手数料は不要
    ★今回の「楽天銀行コンビニ支払サービス」の他にもスマホ決済サービスを使った納税を多く取り入れている大阪市。
    それぞれ違う特徴があるので、自分に合ったものを選びやすい

    なびお
    大事な納税だからこそ、手軽に出来る方がいいよね!

    今回取り入れられた「楽天銀行コンビニ支払サービス」で納税すれば、手数料無しで家から出ずにすぐ納税でき、さらにちょっとしたボーナスももらえます。
    日本全国で、おトクかつ手軽に納税が出来るようになるといいですね。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。