三井住友ビジネスプラチナカードに年5.5万円の価値はある?特典一覧と他社カード比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友ビジネスプラチナ券面

「VISAかMastercardの、特典に優れたビジネスカードが欲しい。
となると気になるのは、大手三井住友のビジネスプラチナカードだけれど…」

三井住友ビジネスプラチナカードは、貴重なVISA・Mastercardブランドのプレミアム・ビジネスカード。

年会費は55,000円と決して安くありませんが…。
ビジネスカードのライバル自体が少ないこともあり、意外と選択肢に入りやすいカードとなっています。

今回はそんな「三井住友ビジネスプラチナカード」(for Ownersカード含む)について、他のカードと比べたメリット・デメリットや特典内容をまとめさせて頂きました。
読み進めて頂ければ、あなたがこのカードを導入すべきか否かが分かります。

法人カードランキング
三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費永年無料
対象の三井住友カードと2枚持ちで還元率最大1.5%!
JCB一般法人カード
年会費1,375円(税込)初年度無料
同価格帯の他社カードよりも品質の高いサービス!

1分でチェック!三井住友ビジネスプラチナカードの特徴とメリット・デメリット

1分でチェック!三井住友ビジネスプラチナカードの特徴とメリット・デメリット
三井住友ビジネスプラチナカード(個人事業主向けの「for Owners」含む)の特性を、はじめにまとめてしまうと以下のようになります。

1分でチェック!三井住友ビジネスプラチナカード
  • 貴重なVISA/Mastercardのプラチナビジネスカード。
    国内外での使いやすさ+コンシェルジュなどプラチナ独自のサービスに魅力を感じるなら十分選択肢に入る
  • ただし年会費は5万5000円と、American Expressブランドの高コスパビジネスプラチナカードの2倍以上…
  • 特典内容として目を引くのは、ビジネス関連よりもUSJやゴルフといったレジャー関連か
  • 特に海外に行く機会があるなら特典に優れる「Mastercard」ブランドが優先されるが、見た目が良いのはVISAの方

前提として、このカードは「コスパ」重視でビジネスカードを選びたい…という方には向きません。

このカードの半額以下の年会費で、似たような特典を揃えたビジネスプラチナカードは複数存在するからですね。

ということでここからは「5万5000円の年会費を支払ってでも、このカードを選ぶべき人」の条件について見ていきましょう。

あわせて読みたい
他社のプラチナビジネスカードとの比較

三井住友ビジネスプラチナカードの基本情報と主な特典内容

三井住友ビジネスプラチナカードの基本情報と主な特典内容
それでは早速、三井住友ビジネスプラチナカードの特性についてお話しさせていただきます。

①本カード年会費は55,000円、追加カードも年5,500円と正直高額

「三井住友ビジネスプラチナカード」(個人事業主向けの「for Owners」含む)の基本情報は以下の通りです。

三井住友ビジネスプラチナ券面

▲▼三井住友ビジネスプラチナカード
年会費55,000円
国際ブランドVISA
Mastercard
還元仕様200円につき1円相当の「Vポイント」還元
(実質還元率0.5%)
※その他利用額に応じたギフトカード還元あり
付帯保険海外旅行保険
┗乗継遅延補償等あり
国内旅行保険
┗乗継遅延補償等あり
ショッピング保険
詳細公式HP参照
追加カード追加カード
(年5,500円)
ETCカード
(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
Vポイント払い(VISAのみ)
支払日
  • 15日締め翌10日払い
  • 末日締め翌26日払い
  • (選択可)

申込条件
【三井住友ビジネスプラチナカード】
法人
【三井住友ビジネスプラチナカード for Owners】
満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
その他特典など
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス

他多数、追って解説

クレジットカードの基本機能そのものはごく普通といったところ。

実質還元率0.5%という数字も、一般グレードの三井住友カードと変わりありません。

にもかかわらずこのカードの年会費は55,000円と高額。

そのため「三井住友ビジネスプラチナカード」は、

  • 特典
  • 国際ブランド(VISA/Mastercard)
  • 他社カードとの兼ね合い

といった、「還元率以外」の部分に魅力を感じるか否かがポイントとなってくることでしょう。

★三井住友カードの利用に応じてもらえる「Vポイント」は、1ポイント=1円相当でお買い物やキャッシュバック、ギフトカードとの交換などにご利用いただけます。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersなら、マクドナルド・セブン‐イレブン・ローソンなどで、還元率が+2%されます。
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

ただしこれは三井住友のプロパーカード(非提携カード)に共通する特典であり、「ビジネスプラチナカード for Owners」独自のサービスとは言えません。

②注目すべきは貴重なVISA/Mastercardの「プラチナビジネス」カードであること

三井住友ビジネスプラチナカードにおける最大の特徴が、「VISA」「Mastercard」ブランドを選択できる「プラチナカード」であること。

と言うとVISA・Mastercardブランドなんてありふれているじゃないか、と思われるかもしれませんが…。

実のところ、この2つのいずれかのブランドを有する「プラチナ」ビジネスカードは、

  • 九州 VISAビジネスプラチナカード、りそなVISAビジネスプラチナカードなど、三井住友カード系列の類似カード
  • ラグジュアリーカード(Mastercardのみ)

くらいしかありません。
ちなみに年会費はすべて5万5000円~です。

「ビジネス」カードにこだわらなければ選択肢は増えるものの…。

国内外で使いやすいVISAまたはMastercardブランド、かつ

  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス

といった「プラチナカード」独自の特典を持つカードをお探しなら、自然と申込先は限定されてくるということですね。

特に三井住友ビジネスプラチナカードがおすすめなのは……

個人事業主であれば個人向けカードでも代用は利きますが…。

特にVISA・Mastercardブランドのカードを探す法人にとって、三井住友ビジネスプラチナカードは非常に重要な選択肢となってくれるはずです。

★ただしVISA、Mastercardブランドにこだわりがないのなら、コスパに優れるAmerican Expressブランドのカードを検討してみても良さそうです。

★「freee」や「弥生」シリーズといった会計ソフトでの明細読み取り等は、ビジネスカードでなくとも可能です。

③意外と「USJ」「ゴルフ」といったレジャー関連の優待が目を引く

プラチナカードの特典内容というのは、意外とどのカードも似たり寄ったりとなりやすいのですが…。

三井住友カード独自の利点と言えるのは、USJやゴルフ関連といったレジャー系優待の充実でしょうか。

三井住友プラチナカードのレジャー系優待
【V】VISA限定優待
【M】Mastercard限定優待

このあたりの特典に魅力を感じるなら、年会費の安い他社カードよりも三井住友カードの選択を優先したいところです。

ちなみにUSJ関連の優待に関して言えばカードを提示するだけで適用されるため、プライベートでの来園でも差し支えありません。

★VISA、Mastercard限定優待は、国際ブランドを同じくする他社プラチナカードにも適用されます。

★レジャー系優待は、個人向けのプラチナカードと同内容となります。

④カードデザインならVISA、サービス・特典内容ならMastercard優勢か

プラチナカードのような上級カードの場合、「VISA」「Mastercard」といった国際ブランドが、それぞれ独自の特典を追加してくれます。

そしてこの観点から言うと、優秀なのは「Mastercard」の方。
特に、

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

を使った国際線利用時、手荷物配送料が往路・帰路ともに2つずつ無料になる特典は目を引きますね。

Mastercard公式HP「Mastercard® T&E Savings:国際線手荷物無料宅配(2個)」

その他グルメ優待の内容においても、Mastercardの方が上と見受けられますが…。

  • 一部のビジネス優待、ホテル優待等がVISAとMastercard間で異なる
  • VISAブランドの方がカードデザインとの相性が良い(見た目が良い)

といった点はやや気になるところ。

それぞれの特典内容とデザインを見比べた上で、あなたに合ったブランドを選択したいところです。

★ちなみに国内外において、「VISA、Mastercardのどちらかしか使えない」場所はかなり稀です。
(=カードを使えるお店に大きな差は無し)

参考VISAビジネスオファー公式HP
参考Mastercard® ビジネス・アシスト公式HP

▼三井住友ビジネスプラチナカード券面三井住友ビジネスプラチナ券面
三井住友ビジネスプラチナカード券面(Mastercard)

⑤参考:三井住友ビジネスプラチナカードの付帯保険内容

三井住友のプラチナカードに付帯する保険の内容は以下の通りです。

★三井住友プラチナカードの付帯保険
海外旅行保険(原則自動付帯)
傷害死亡
後遺障害
最高1億円
傷害治療
疾病治療
最高500万円
賠償責任最高1億円
携行品損害最高100万円
※自己負担額3,000円
救援者費用最高1000万円
国内旅行保険(利用付帯)
傷害死亡
後遺障害
最高1億円
傷害手術最高20万円
傷害入院5,000円/日
傷害通院2,000円/日
渡航便遅延保険
(海外…自動付帯/国内…利用付帯)
乗継遅延
(客室料・食事代)
最高2万円
出航遅延費用等保険金
(食事代)
最高2万円
手荷物遅延
(衣料購入費等)
最高2万円
手荷物紛失
(衣料購入費等)
最高4万円
ショッピング保険
年500万円まで
(自己負担額3,000円)
※「三井住友プラチナ」で購入した商品が90日間に偶然破損または盗難に遭った場合、損失額を補償
犯罪障害被害保険
最高1000万円
※第三者の故意による加害行為やひき逃げによってケガをされた場合の死亡や治療費に対する保険金支払い

保険金の上限は他のプラチナカードより高く、優秀だと言えるでしょう。
(年会費の高さを考えると妥当とも言えるかもしれませんが…)

特に乗継や手荷物紛失についての補償は、海外で使いやすいVISA・Mastercardブランドとの相性も良いだろうと思います。

参考三井住友カード公式HP「カード付帯保険サービス」

⑥三井住友ビジネスプラチナカードの主な特典一覧

三井住友ビジネスプラチナカードの主な特典を、カテゴリ別にまとめました。

★主な三井住友ビジネスプラチナカード特典
スタンダード
  • コンシェルジュサービス
  • 追加カード発行(年5,500円)
  • ETCカード(無料)
    ┗中小企業向けビジネスカードなら枚数制限なし
  • 6ヶ月ごとに利用額の0.5%相当のギフトカード付与
    ┗利用額50万円/6ヶ月以上の場合。上限3万円分
  • その他三井住友カードのキャンペーン等
トラベル
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 【M】国際線利用時の手荷物無料配送(2個まで)
  • 【V】国際線利用時の手荷物配送割引
  • 海外用携帯電話などのレンタル料金割引
  • 新幹線優待(別途年会費1,100円)
宿泊
グルメ
レジャー
ビジネス

あえて年会費の高いVISA、Mastercardブランドを選択する意味を考えると、やはり

  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国際線利用時の手荷物無料配送
  • 海外ホテル優待

といった、海外に出向く際に使える優待を活用したいところですね。

一方ビジネスカードというわりにビジネス関連の特典は一般カード相当。
こちらについては「おまけ」程度と思った方が良いかもしれませんね。

三井住友カード公式HP「提供サービス一覧」

三井住友ビジネスゴールドカード(VISA、Mastercard)との比較

三井住友ビジネスゴールドカード(VISA、Mastercard)との比較
三井住友ビジネスプラチナカードの1つ下のグレードに当たるのが、「三井住友ビジネスゴールドカード」

ここでは2グレードのカードを比べてみました。

★2グレードの三井住友ビジネスカード比較
ゴールドプラチナ
券面三井住友ビジネスゴールド券面三井住友ビジネスプラチナ券面
ブランドVISA、Mastercard
本カード年会費11,000円55,000円
追加カード年会費2,200円5,500円
還元率0.5%
利用可能枠上限300万円上限500万円
旅行保険上限5000万円上限1億円
乗継遅延補償等×
国内空港ラウンジ
海外空港ラウンジ×
2グレード共通特典
  • 海外用携帯電話の料金割引
  • 各宿泊施設優待
    ┗Hotels.comなど
  • VISA、Mastercard提供のビジネス優待
プラチナにしかない特典
  • コンシェルジュサービス
  • 手荷物無料配送(Mastercardのみ)
  • USJやゴルフ関連などのレジャー優待
  • 各グルメ優待 他

年会費に4倍の差があるだけあって、「プラチナにしかないサービス・特典」はかなり多いですね。

一応同系列のカードとは言え、「ゴールド向きの方」「プラチナ向きの方」はハッキリ分かれることでしょう。

具体的に言うと、

  • コンシェルジュサービス
  • 国際線関連優待
  • グルメ優待
  • USJなどのレジャー優待

に興味がないならゴールドカードを、
これらの特典を重視したいならプラチナカードを選ぶ形で問題ないかと思います。

他社のプラチナビジネスカードとの比較

他社のプラチナビジネスカードとの比較
ビジネスプラチナカードを選択する上で、どうしても気になるのが他社の高コスパカード。

特にセゾンプラチナ・ビジネスアメックスのサービス内容は特筆すべきものだと言えます。

ということで、2つのカードを比べてみました。

★2つのビジネスプラチナカード比較
セゾンアメックス三井住友
券面セゾンプラチナ・アメックス券面三井住友ビジネスプラチナ券面
ブランドMastercardVISA、Mastercard
本カード年会費22,000円
年200万円以上の決済で翌年半額
55,000円
追加カード年会費3,300円5,500円
還元率実質2.25%~

※SAISON MILE CLUB加入時(無料)
※1JALマイル=2円と換算時

0.5%
利用可能枠非公開上限500万円
手荷物無料配送往路、帰路1個ずつ往路、帰路2個ずつ
(Master)
割引のみ
(VISA)
旅行保険上限1億円
乗継遅延補償等
国内空港ラウンジ
海外空港ラウンジ
共通/類似特典
  • コンシェルジュサービス
  • 各グルメ優待
  • 各宿泊施設優待
三井住友カードにしかない特典
  • USJやゴルフ関連などのレジャー優待
  • VISA、Masterard提供の各種優待
※セゾンアメックス独自の優待については公式HP参照

セゾンアメックスは三井住友の半額以下の年会費であるにもかかわらず、実質還元率は4倍以上となりうるわけですね…。

またコンシェルジュサービス、国内外のラウンジサービスなど共通するサービスも多いです。

そんな中、差別化点となるのはやはり

  • 国内外で使いやすいVISA、Mastercardブランドであること
  • USJはじめとするレジャー系優待

でしょうか。

American ExpressはJCBと提携を結んでいるため、日本国内だとステッカーが提示されていなくても、利用出来るお店は意外と多いのですが…。

海外、特にヨーロッパ等において、American Expressブランドを使えるお店はかなり限定的。
それに比べてVISA・Mastercardブランドの普及率は圧倒的に高いです。

あえてコスパの良くない「三井住友カード」を選ぶべきは、やはり国内外で使いやすい「VISA」「Mastercard」ブランドを重視したい場合だと言えるでしょう。

ちなみに最近は、日本国内においてもVISA、Mastercardにしか対応していない個人店などが増えている印象にありますね。

三井住友ビジネスプラチナカードについてのよくある質問と回答

三井住友ビジネスプラチナカードについてのよくある質問と回答
ここからは、三井住友ビジネスプラチナカードについてのよくある質問にお答えしていきます。

①「ビジネスプラチナ」と「ビジネスプラチナ for Owners」の違いは何ですか?

「ビジネスプラチナ」は中小企業(法人)専用のカードですが、「for Owners」は「法人代表者」「個人事業主」に発行されるカードとなっています。

要は法人に対し発行されるか、個人に対し発行されるかという違いなわけですね。

その他にも、以下のような差異が設けられています。

★2つのビジネスカードの比較
ビジネスプラチナ
  • 中小企業(法人)専用
  • 支払い方法は「1回払い」のみ
  • キャッシング不可
  • ETCカードの発行枚数制限なし
  • ポイント有効期限が2年
ビジネスプラチナ
for Owners
  • 「法人代表者」「個人事業主」といった個人に対し発行
  • リボ払いや分割払い、キャッシング枠も利用可
  • ETCカードは1枚まで
  • ポイント有効期限が4年
※年会費や基本的な特典内容は共通
「ビジネスプラチナ for Owners」のカード情報
三井住友ビジネスプラチナfor Owners
三井住友ビジネスプラチナfor OwnersETCカード券面
年会費55,000円(税込)ETC
年会費
550円
国際
ブランド
VISA還元率0.5%〜2.5%
  • ビジネスシーンをより快適に。急な支払いに対応、経費の効率化にも
  • 充実の付帯サービス。空港ラウンジサービス、海外・国内旅行傷害保険、接待・会食でお得な優待特典。

②プライベート用のカードも、三井住友カードに揃えた方が良いですか?

プライベート用・ビジネス用のカードをどちらも「三井住友カード」にすれば、合算可能なVポイントが貯まるということでポイントの管理は楽になりますが…。

特典において重なる部分が多いことを考えると、個人的には別のカードを使った方が利点が多いのではないかと思います。
(還元率重視なら個人用カードをANAやJALのゴールドカードにする等)

カードを提示するだけで使えるビジネスカードの特典なら、プライベートでも問題なく活用できますし、そもそも自営業者の場合はプライベートとビジネスの出費の境目があいまいなことも多いですしね。

とは言え

  • 三井住友カード社が好き、安心感がある
  • 三井住友カード社での利用実績を積みたい

といった場合には、三井住友のカードで揃えてももちろん問題ありません。

③追加カード(従業員カード)は何枚まで発行できますか?

特に指定はないようですが…。

法人向けの「三井住友ビジネスプラチナカード」におけるカード使用者数は20名以下が目安となっているようです。

★カード利用者数20名以上が前提となる「コーポレートカード」に、現在プラチナグレードはありません。

④ETCカードを複数枚発行できますか?

中小企業向けの「ビジネスプラチナ」カードであれば、ETCカードの発行枚数に制限はありません。

ただし「for Owners」カードの場合、発行可能なETCカードは1枚のみとなります。

参考三井住友カード公式HP「1枚のビジネスカードに対してETCカードは何枚発行できますか?」

★プラチナ会員の場合、ETCカードの年会費は無料です。

⑤審査は厳しいですか?ダメ元での申込みにデメリットはありますか?

個人事業主限定の「for Owners」の方では30歳という厳しめの年齢制限が設けられていることからも、審査難易度は決して低くないと推測されます。

ビジネスカードの口コミは少ないため、参考程度に同社の個人向けプラチナカードの情報を見てみると…。

審査に通過されているのは、年収700万円前後~の方が多いようですね。

とは言え1枚のカードの審査に落ちることに大したデメリットはありませんので、このカードが欲しいとお考えならば、半ばダメ元で申し込みを行ってみても良いでしょう。

ちなみに万が一審査に落ちてしまった場合、同じカードの再審査を受けられるのは一般に「前回の審査の6ヶ月後から」とされています。

★ただし短期間にあまり多くのカード(半年で10枚など)へ申し込むと、一時的に審査が不利に進みやすくなります。

三井住友ビジネスプラチナカードについてのまとめ

三井住友ビジネスプラチナカードについてのまとめ

1分でチェック!三井住友ビジネスプラチナカード
  • 貴重なVISA/Mastercardのプラチナビジネスカード。
    国内外での使いやすさ+コンシェルジュなどプラチナ独自のサービスに魅力を感じるなら十分選択肢に入る
  • ただし年会費は5万5000円と、American Expressブランドの高コスパビジネスプラチナカードの2倍以上…
  • 特典内容として目を引くのは、ビジネス関連よりもUSJやゴルフといったレジャー関連か
  • 特に海外に行く機会があるなら特典に優れる「Mastercard」ブランドが優先されるが、見た目が良いのはVISAの方

コスパが良い…とは言い難いものの、貴重なVISA・Mastercardブランドの「三井住友ビジネスプラチナカード(for Owners)」

国内外で使いやすいブランドは、海外ラウンジはじめとする国際線関連の特典とも相性が良いです。

特に海外に行く機会がある方にとっては、年会費以上の価値を見出しやすいビジネスカードとなってくれることでしょう。

三井住友ビジネスプラチナ券面

▲▼三井住友ビジネスプラチナカード
年会費55,000円
国際ブランドVISA
Mastercard
還元仕様200円につき1円相当の「Vポイント」還元
(実質還元率0.5%)
※その他利用額に応じたギフトカード還元あり
付帯保険海外旅行保険
┗乗継遅延補償等あり
国内旅行保険
┗乗継遅延補償等あり
ショッピング保険
詳細公式HP参照
追加カード追加カード
(年5,500円)
ETCカード
(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
Vポイント払い(VISAのみ)
支払日
  • 15日締め翌10日払い
  • 末日締め翌26日払い
  • (選択可)

申込条件
【三井住友ビジネスプラチナカード】
法人

【三井住友ビジネスプラチナカード for Owners】
満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方

その他特典など
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 指定ホテル優待
  • ホテル、旅館予約サービス優待
    Relux
    Hotels.com
    Expedia
  • 【M】国際線利用時の手荷物無料配送(2個まで)
  • 【V】国際線利用時の手荷物配送割引
  • 海外用携帯電話などのレンタル料金割引
  • 6ヶ月ごとに利用額の0.5%相当のギフトカード付与
    ┗利用額50万円/6ヶ月以上の場合。上限3万円分
  • マクドナルド・セブン‐イレブン・ローソンなどで還元率2.5%

※他、公式HPにて確認可

【V】VISAのみ適用
【M】Mastercardのみ適用


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。