5つのVISAプリペイドカード・チャージ方法一覧と乗り換えのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「手持ちのVISAプリペイドカードを、チャージしてもう一度使いたい……」

多くのプリペイドカード(前払い式カード)では、同じカードを「チャージ」して複数回利用できます。
が、その方法や発生する手数料はプリペイドカードによってバラバラ
あなたの利用状況によっては、新しく別のカードを作り直した方がおトクになることも……。

今回は「VISA」マークの付いたプリペイドカードをお持ちのあなたのため、大手カードのチャージ方法とその手数料をまとめました。
読み終えていただければ、今後とも便利に支払いを進めていく方法が分かります。

総合人気ランキング
JCB CARD W
年会費無料還元率1~7%
39歳以下だけが申し込める特別限定のJCBカード!
三井住友VISAデビュープラス
初年度年会費無料還元率1.0%
安心の【三井住友ブランド】今だけ最大10,000円分もらえる!(25歳迄)
ライフカード
年会費無料還元率0.5%
誕生月はポイント3倍(1.5%!)今だけ最大14,000円分もらえる!

プリペイドカードのチャージ方法には何がある?

まずは、主なVISAプリペイドカードのチャージ方法と、その際に発生する手数料を見てみましょう。

各VISAプリペイドカードのチャージ方法と手数料
チャージ方法 手数料
三井住友VISAプリペイド
※1
インターネットバンキング 200円
クレジットカード
(Visa、Mastercard)
200円
(一部カード※2 のみ無料)
三井住友カード
「ANA VISAプリペイドカード」
コンビニ払い 200円
銀行ATM 200円
インターネットバンキング 200円
クレジットカード
(Visa、Mastercard)
200円
(一部カード※2 のみ無料)
ソフトバンクカード セブン銀行ATM払い
ゆうちょ銀行ATM払い
無料
ソフトバンクまとめて支払いチャージ(携帯料金合算) 無料
Tポイント 無料
口座振替
(りそな銀行系列・
ジャパンネット銀行)
無料
口座振込 金融機関による
Vプリカ
★チャージではなく「購入」「新規カード発行」扱い
(=カード番号などが変わる)
コンビニ払い 200円~390円
(使える金額との差額)
インターネットバンキング 200円
クレジットカード
(Visa、Mastercard、ライフカード)
200円
WonderGOO 200円
バンドルカード コンビニ払い
クレジットカード
インターネットバンキング
無料
ポチッとチャージ
(後払い決済)
500円または800円
(チャージ額による)
プラスチック製の、実店舗で使えるカード
原則ネットショッピング専用カード
※1 消費者金融「プロミス」のカードローン契約で貰えるものはこのカード。
※2 VJAオムニカード協会加盟各社発行のもの(多くは地銀系のカード)

見ての通り、カードによってチャージの方法や手数料はバラバラですね。この様子だと、すべてをいっしょくたにしてチャージ方法を解説することはできません。

仮にあなたの持っているカードが希望のチャージ方法に対応していなかったとき、そして手数料の発生を避けられそうにないときには、プリペイドカードの乗り換えも視野に入るでしょう。
特に「三井住友VISAプリペイド」の場合、人によってはどうやってもチャージができないという状況も考えられます。

あわせて読みたい プリペイドカードを乗り換えた方が良いのはどんなとき?

「三井住友VISAプリペイド」でチャージを行う例

プリペイドカードのチャージ方法は、使うカードによってバラバラ。
そこで今回は最大手「三井住友VISAプリペイド」を取り上げ、そのチャージ方法をまとめました。

<事前にチェック!チャージの上限額>

各プリペイドカードには、「チャージ上限額」をはじめとするいくつかの制限が設けられています。
「三井住友VISAプリペイド」における、簡単な制約内容は以下の通り。

三井住友VISAプリペイドのチャージ規定
1枚あたりのチャージ上限額 30万円
1日あたりのチャージ上限額 30万円

「クレジットカードの代用」として使う範囲なら、ほとんど問題にならない金額とは思われますが……。
事情があって高額な決済を行う場合(公共料金や税金の一括支払いなど)には事前にチャージ上限額を確認しておきましょう。カードによっては、この上限額がより低く設定されていることもあります。

①チャージ方法は「インターネットバンキング一択」となりやすく、手数料も抑えにくい

前提として、「三井住友VISAプリペイド」はチャージ手数料を抑えるのが難しいカードです。

三井住友VISAプリペイドのチャージ方法・手数料
インターネットバンキング 200円
クレジットカード
(Visa、Mastercard)
200円
(一部カード※のみ無料)
コンビニ払い
★「ANA VISAプリペイドカード」のみ
200円
銀行ATM
★「「ANA VISAプリペイドカード」のみ
200円
VJAオムニカード協会加盟各社発行のもの(多くは地銀系のカード)

手数料を抑えるためには、指定されたカード(主に地銀との提携カード)を使うしかないわけですが……。
そもそもクレジットカードを持てる状況にあるのなら、プリペイドカードを使う必要性がほとんどないので、あまりこの方法は現実的ではありません。

そういうわけであなたが持っているのがコンビニ払い・銀行ATMに対応していない「三井住友VISAプリペイド」で、クレジットカードを取得できないのなら、チャージ方法は「インターネットバンキング」に限られます。

インターネットバンキングとは、ネット上で預金の管理や振込等を行えるサービスですね。
対応している金融機関自体は非常に多く、各銀行はもちろん信金、農協、漁連まで利用できるようですが……。

このサービスを利用するためには、あなたが口座を置いている金融機関で別途、インターネットバンキングの登録を済ませる必要があるのでお気をつけて。
ネット上で登録のできる三井住友銀行などごく一部を除き、ほとんどの金融機関ではインターネットバンキングを利用できるようになるまで、1~2週間くらいの時間が掛かります。

ベリトランス(決済代行会社)HP「取扱金融機関一覧」

インターネットバンキングを利用できる状況にあるのなら、チャージ自体は簡単です。
マイページ(会員専用ページ)にログイン後「チャージ」を選択、チャージ金額やチャージ方法(インターネットバンキング払い)をクリック/タップ。
その後は金融機関側のページにジャンプしますので、画面の指示に従い口座番号などを入力すればすぐに決済が完了します。
(ただし、マイページへの残高反映までには最長3時間ほどが掛かるとのこと/公式HPより)


▲三井住友カード公式HPより

が、この際必ず200円の手数料が発生してしまうのは惜しいですね……。
このカードを使い続けていくのなら、できる限り1回あたりのチャージ額を増やしてチャージ回数を抑えたいところです。

三井住友カード公式HP「ログイン」

★あなたがクレジットカードとインターネットバンキングの利用環境のどちらをもお持ちでないのなら、「三井住友VISAプリペイド」へのチャージは不可能です。
今後もプリペイドカードを使っていきたいのなら、別カードへの乗り換えをお勧めします。
(再発行と言う手が無いわけではないですが、発行手数料が高いので非推奨)

②「ANA」プリペイドならコンビニや銀行ATMでの支払いも可

同じ三井住友カードが発行するプリペイドカードであっても、あなたが持っているのが「ANA VISAプリペイドカード」なら、クレジットカード払い・インターネットバンキング払いに加え「コンビニ払い」「銀行ATM払い」が可能となります。

★同じ決済方法に対応しているプリペイドカードなら、大体の支払いの流れはこのカードと同じものとなります。(会員ページでチャージ額や支払方法の設定→支払い)

★「ANA VISAプリペイドカード」の場合、いずれの方法も200円の手数料が掛かります

(1)コンビニ払い

「コンビニ払い」は、その名の通りコンビニエンスストアの店頭レジで支払いを行う方法。
「ANA VISAプリペイドカード」の支払いに対応しているコンビニと、支払いの概要は以下の通りです。

「ANA VISAプリペイドカード」のコンビニ払い
セブンイレブン マイページでチャージ額、支払方法の設定
→表示された「払込番号」をレジ店員に伝える
→支払い
ローソン
ミニストップ
マイページでチャージ額、支払方法の設定
→表示された「お支払い受付番号」を元にコンビニ端末「Loppi」または「famiポート」「Kステーション」でレシートを発券
→発券されたレシートをレジに持って行き支払い
ファミリーマート
サークルK/サンクス
デイリーストアー マイページでチャージ額、支払方法の設定
→表示された「オンライン決済番号」をレジ店員に伝える
→支払い
セイコーマート マイページでチャージ額、支払方法の設定
→表示された「お支払い受付番号」を元にコンビニ端末「倶楽部ステーション」でレシートを発券
→発券されたレシートをレジに持って行き支払い
※リンク先:公式HPの詳細情報(端末の操作方法など)

最も手間がかからないのは、コンビニ端末の操作が不要な「セブンイレブン」「デイリーストアー」ですね。複数のコンビニを選べる環境にあるのなら、こちらのお店に入ると良いでしょう。

三井住友カード公式HP「ログイン」

★「ANA VISAプリペイドカード」以外のカードをご利用の場合、必ず支払いに対応しているコンビニを事前にご確認ください。
例えば「バンドルカード」は、セブンイレブンでの支払いに対応していません。

(2)銀行ATM払い

「ANA VISAプリペイドカード」なら、「ペイジー」(反映時間が限定されない入金方法)を通した各銀行のATMを使った支払い手続きも可能。
支払の流れはコンビニ払い等と変わらず、「マイページ(会員専用サイト)でチャージ額・支払い方法の設定→入金」となります。

三井住友カード公式HP「ログイン」

ただし、ペイジーを通した決済に対応しているATMは「都市銀行ATM+ゆうちょ銀行ATM+大手地方銀行ATM」に限られますのでお気をつけて。
詳しい支払方法や対応ATMについては、以下の公式HPをご覧ください。

三井住友カード公式HP「ペイジー決済 銀行ATMでのお支払い方法」
Pay-easy公式HP「ペイジーが使える金融機関(ATM)」

プリペイドカードを乗り換えた方が良いのはどんなとき?

使っている会社によっては、どうしても余計な手数料が発生しやすいプリペイドカード。言うまでもなく、この手数料は利用者にとって無駄な出費に過ぎません。
そのためこれからも継続してカードを使っていきたいのなら、思い切って乗り換えに踏み切るのも一考です。

乗り換え先として有力なのは、チャージ手数料を抑えやすい「携帯キャリア系のプリペイドカード」、あるいは「デビットカード」でしょう。

携帯キャリア系プリペイドカード
手数料無料となるチャージ方法
dカードプリペイド
(Mastercard)
  • docomoの携帯電話料金との合算払い
  • au WALLETプリペイドカード
    (Mastercard)
    ※auとの回線契約必須
  • コンビニ払い
  • auショップ払い
  • じぶん銀行残高払い 他
  • ソフトバンクカード
    (VISA)
    ※ソフトバンクとの回線契約必須
  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM払い
  • ソフトバンクの携帯電話料金との合算払い
  • ※いずれも基本還元率0.5%、発行手数料無料

    日本国内において、VisaカードとMastercardカードの間にほとんど使えるお店(加盟店)の違いはありません。
    そのため、現在ご利用の携帯キャリア、あるいは手数料無料となるチャージ方法の使いやすさを元に申し込み先を選んでしまってOKです。

    また、もう一つの候補となる「デビットカード」は口座直結で支払いを行うカード。こちらを使うと、決済と同時に銀行口座から利用金額が引き落とされます。

    クレジットカードの代用品となる支払い方法について詳しくは、「高校生/クレジットカードを作れない人向けの決済方法」ページをご覧ください。

    ★あなたが18歳以上(高校生を除く)なら、より使い勝手の良いクレジットカードの取得をお勧めします。

    あわせて読みたい
    未成年のためのクレジットカード入門※高校生不可

    <乗り換え元のカードはどうすればいい?>

    現在のカードを手放して新しいカードを取得する場合、基本的に元のカードは廃棄して構いません。この際、ゴミを見てもカード番号が分からないようにきちんとハサミを入れておくと良いでしょう。

    ただし、チャージされたお金が返金されることはありません。そのため、すでにチャージした残高はできる限り使い切りたいところですが……。
    プリペイドカードは原則、現金との併用が不可能。(=プリペイドカードを使い切って、差額を現金で支払うことはできない)
    この仕組みのため、会員サービス等で残高を確認後、できる限りギリギリの金額の物品を購入するのが「極力損をしない」コツとなります。

    まとめ

    ★プリペイドカードのチャージ方法は発行元/利用カードによってバラバラ。場合によってはチャージ環境が整っておらず、「どうやってもすぐにはチャージできない」という状況も
    ★チャージ時(あるはVプリカ等の購入時)に発生する手数料は利用者にとって無駄な出費に過ぎない
    現在お持ちのカードで手数料の発生を避けられず、これからも継続してカードを使っていきたいのなら、チャージ/決済時に手数料のかからない「携帯キャリア系プリペイドカード」もしくは「デビットカード」等の利用をおすすめしたいところ

    クレジットカード会社が発行するカード、あるいはコンビニなどで購入できるカードはどうしても無駄な手数料が発生してしまいがち。
    1回、2回程度の利用ならさほど気にならないかもしれませんが、今後も継続してカードを使っていきたいのなら、より便利でおトクなものへの乗り換えを検討したいところです。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。