あなたのお財布が変わる!三菱UFJ銀行(MUFG)が電子財布導入へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのお財布が変わる!三菱UFJ銀行(MUFG)が電子財布導入へ!
三菱UFJ銀行(MUFG)が2019年に、電子財布サービスの導入を決めました。でも、電子財布って具体的に何のことか分かりづらいですよね。

電子財布とはクレジットカード情報や電子マネーなどの、支払い情報を保存するソフトウェアのこと。例えば電子財布をインストールしたスマホをかざせば、スマホ1つで支払いをすることができます。

実は、政府や銀行は電子財布を含めた、キャッシュレス支払いの普及に力を注いでいます。ですので、今後電子財布はより便利な支払い手段になると考えられます。

ここでは、三菱UFJ銀行(MUFG)の電子財布の特徴や使い方、サービス開始の背景を説明します。

読み終えていただければ、MUFGの電子財布の疑問点も解消されて、その便利さをますます実感できるでしょう。

三菱UFJ銀行(MUFG)の電子財布(デジタルウォレット)サービスとは?

2019年に三菱UFJ銀行(以下 MUFG)が、電子財布(デジタルウォレット)を導入すると発表がありました。

読売新聞『三菱UFJ 、キャッシュレス対応へ「電子財布」』

電子財布をわかりやすく言えば、クレジットカードや電子マネーの支払い情報を保存したソフトウェアのこと。

Apple社の『Apple Pay』やGoogle社の『Google Pay』なども、MUFGと同じ電子財布ですね。

2019年にMUFGがサービスを開始する電子財布は、「MUFGアプリ」という名前のアプリ型の電子財布。

MUFGの電子財布は、クレジットカードや電子マネーの情報をアプリに保存し、場面に応じて支払い手段を選んでスマホで決済するというもの。

MUFGアプリが浸透することで、世の中のキャッシュレス化がより一層進むだろうという見方もあるようです。

では、そんなMUFGアプリの対応決済手段や使い方、利用できる場所を確認していきましょう。

①使える決済手段は、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・MUFGコインの4種類!

MUFGの電子財布は、以下の4種類の決済方法に対応予定です。

★MUFGの電子財布で使える決済手段

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • MUFGコイン(仮想通貨)

出典:読売新聞『三菱UFJ 、キャッシュレス対応へ「電子財布」』

これら4種類の内、具体的にどの会社のサービスが使えるのかは現時点ではわかっていません。例えば、電子マネーのSuicaは使えるのか、PASMOは使えないのかなどの、具体的な情報は続報を待つ必要があります。

ただし、現時点で一番の注目点がMUFGコインが使えることですね。

MUFGコイン:MUFG Innovation Hubホームページより出典:MUFG Innovation Hubホームページより

★MUFGコインとは

  • MUFGが2018年に発行予定の独自仮想通貨
  • 1コイン=1円で値が固定されている
  • アプリを使って、コインでの支払いや、個人間での送金ができる
  • MUFGのInnovation Hubによれば、2017年の5月から1,500名の三菱UFJ銀行の行員が既に使いはじめているとのこと。 

    さらに2018年の4月からは、本社のある丸の内のビル内のコンビニでMUFGコインでの支払い実験が行われています。

    ビットコインなど従来の仮想通貨と違うのは、実用性の高さです。MUFGコインは投機目的ではなく支払いや送金のスムーズさなど、日常の使いやすさを重視されている仮想通貨です。

    仮想通貨といえば、やっぱりビットコインを思い浮かべますよね。

    それじゃあ、三菱UFJの電子財布でもビットコインは使えるのかな?」とも思いますよね。

    読売新聞の記事の情報によりますと、MUFGの電子財布で使える仮想通貨は『MUFGコイン』のみとされています。

    ですので、MUFGの電子財布はビットコインを使えません。(今後状況が変わる可能性はあります。)

    ②使い方は、スマホタッチとQRコードの2つ!

    MUFGの電子財布の使い方は、すごくシンプルです。
    「MUFGアプリ」を起動して、QRコードを読み取るか、リーダーにかざすだけです。

    朝の通勤中の急いでいる時などは、現金を出すのも一苦労ですよね。しかしワンタッチで決済できるとなると、時間もかからずスムーズにお会計ができて便利ですね!

    「デジタルウォレット」のイメージ出典:読売新聞『三菱UFJ 、キャッシュレス対応へ「電子財布」』より

    なぜ、三菱UFJ銀行(MUFG)は電子財布のサービスを行うの?

    MUFGアプリの基本的な機能をチェックしてきたところで、次にMUFGが電子財布のサービス開始の背景について確認していきましょう。

    私は以下の4つのポイントが、サービス開始の主な背景であると考えます。

    • 1.キャッシュレスを当たり前にすること
    • 2.お店の負担の削減
    • 3.お金の見える化とデータの活用
    • 4.MUFGコインの浸透を目指す

    ①キャッシュレスを当たり前にすること

    MUFGの電子財布を使えば、現金を持たずにスマホ1台で支払いができるようになります。消費者側からしたら、この便利さがキャッシュレスの最大のメリットです。

    コンビニでの支払いも、オンラインのショッピングもお手軽にでき、財布の中も詰め込むことなくスッキリできます。キャッシュレスとは、それだけ便利な支払い方法なのです。

    実は、三菱UFJ銀行を始め、三井住友銀行やみずほ銀行など含め銀行業界全体で、キャッシュレス化を進めています。

    (ここで言うキャッシュレスには、クレジットカード・デビットカード払いも含めます。)

    参考全銀行協会『藤原会長記者会見(みずほ銀行頭取)』より

    また、政府の「未来投資戦略」では2027年の6月までに、キャッシュレスの普及率を4割にしようという目標があります。

    2015年時点での、日本のキャッシュレス普及率は18.4%です。

    海外と比べたら、低めですね。お隣の韓国に至っては、89.1%と世界でも断トツのキャッシュレス大国です。

    各国のキャッシュレス決済比率の状況出典:経済産業省『キャッシュレスビジョン』より

    日本でキャッシュレス化が低い理由としては、

    • いまだに根強い現金主義
    • 治安の良さから、現金を持っていても心配がない
    • 街中にATMがたくさんあって、現金を手に入れやすい

    などの理由が挙げられます。

    未だ約2割のキャッシュレス率を4割にするため、MUFGの電子財布がリリースされるという背景があるのです。

    今後は年々増える訪日観光者*の支払いの利便性を上げる必要がありますし、2020年には東京オリンピックも控えています。

    参考*JNTO『訪日外国人統計データ

    今後は、政府や銀行の取り組みもあって、今以上に日本でもキャッシュレス化が進む可能性は高いでしょう。

    ②お店の負担の削減

    キャッシュレス化をすることで、お店は現金の支払いの事務的な作業をカットできます。

    現金支払いは、店員さんがレジで清算をして、お釣りを渡す必要があります。しかし、MUFGアプリを含め電子財布で、キャッシュレスで簡単に支払えるようになれば、その事務作業をなくすことができます。

    場合によっては、レジでの清算は無人でも対応が可能になるでしょう。

    例えば、コンビニのローソンでは無人の実験店舗の検証を行なっています。

    ローソン無人実験店舗検証出典:経済産業省『キャッシュレスビジョン』より

    キャッシュレス化によって、お店からお金を管理する店員さんがいなくなる日がいつか来るかもしれませんね。

    ③お金の見える化とデータの活用

    MUFGの電子財布を使えば、お金の使用履歴は電子情報ですので全てデータ化されます。そうなると、お金の流れは全てクリアになりますし、マーケティングのビッグデータとして使うことも可能です。

    それらのデータを活用することで、新たなビジネスチャンスに繋げることもできるということですね。

    三菱UFJ銀行では、ビッグデータを活用した経営コンサル事業も行なっているため、今後はMUFGアプリもそのデータ収集の1つの手段となるでしょう。

    日経新聞『三菱UFJ、口座情報分析し経営助言 ビッグデータ活用』より

    ただし、私たちの情報がどこまで活用されるのか、という懸念点はありますよね。

    日経新聞からわかる情報としては、以下の通りです。

    • 私たちの口座振替の情報
    • TwitterなどのSNSでのつぶやき

    そしてMUFGアプリが使われるようになれば、以下の情報もビックデータとして使われるようになるでしょう。

    • クレジット・デビットカードの決済情報
    • 電子マネーの決済情報
    • MUFGコインでの支払い情報や、送金情報

    現金では決してわからないお金の流れが、電子化されればここまでクリアになります。

    これらのデータの活用は消費者一人一人の生活スタイルや嗜好性の解明に役立つものです。よりパーソナライズされたマーケティングデータとして、活用されることでしょう。

    ④MUFGコインの普及を目指す

    『Apple Pay』や『Google Pay』など今ある電子財布と比べた際に、MUFGアプリならではの特徴がMUFGコインを使えることです。

    当然、今後進むキャッシュレス化にあたって、三菱UFJ銀行はこのMUFGコインを普及させることが大きな目標としてあります。

    その普及の一環として、MUFGアプリをリリースするというのは非常に自然なことです。

    MUFGコインは日本の銀行としては初の独自仮想通貨ですので、今後本当に普及するかは未知数です。

    毎日新聞『三菱UFJが取引所開設へ 価格安定図る』より

    ちなみに、世界に目を向けてみると2017年8月に世界の大手銀行が参画するUtility Settlement Coin(以下:USC)というプロジェクトがあります。こちらのUSCは銀行独自の仮想通貨を発行するプロジェクトで、三菱UFJ銀行も参画するプロジェクトです。

    他にはドイツ銀行、UBS、HSBCなど世界の名だたる銀行が名前を連ねています。世界的にも銀行独自の仮想通貨のプロジェクトは実験段階のため、今後の動きに注目していきたいところですね。

    FINANCIAL TIMESより

     

    まとめ

    ★三菱UFJ銀行(MUFG)の電子財布は2019年にリリース予定
    ★使える決済手段は、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・MUFGコインの4つ
    ★MUFGコインは、2018年に発行予定の三菱UFJ銀行独自の仮想通貨。支払いや個人間の送金ができる。
    ★今は現金を使う人が多いが、今後は急速にキャッシュレス化していく可能性がある。

    支払いの便利さという面から、MUFGの電子財布は間違いなく便利です。今後MUFGの電子財布が普及するかどうかは、MUFGコインがどこまで普及するのかというのがポイントになると思います。

    今後のキャッシュレス化していく社会の中で、MUFGがどんな動きを見せてくれるのか注目ですね!

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。