カーシェア対応ロードサービス付クレジットカード4選! 見つかるベストなカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、急成長中の「カーシェアリング」
手軽に利用できて、とても便利ですよね。

しかし、カーシェアリング大手各社を利用していて、万一の故障やトラブルの際、かかった費用は、追加のオプション補償に加入していないと自己負担となってしまいます。

利用するたびに毎回オプション補償に入らないといけないのは嫌ですよね。

一回のオプション補償費用は数百円でも月に4,5回利用すれば、年間1万円以上支払うことになってしまいます。

かといって、オプション補償に加入せずにパンクでもしたら実費負担なのですから困ったものです。
さらに事故でも起こした時には、NOC(営業補償)を支払わないといけない場合もあり、これが2万〜5万円も取られるのですから、やってられません。

参考NOCとペナルティ料金について(タイムズカープラス 公式ホームページ)

そこで便利なのが、ロードサービス付帯のクレジットカードです。
これならば事故や故障にあった時も安心です。

ですが、ロードサービス付帯のクレジットカードの全てが、カーシェアリングに対応しているわけではないということはご存知でしたか?

今回の記事では、その点も合わせて、ロードサービスの基本情報から、カーシェア時の利用シーンによってのオススメカード、各種カードのサービス内容の比較などをお伝えしていきます。

読み終えていただければ、自分にとって一番ベストなカードを選択することができますよ。これで安心して車の運転ができます。

目次

クレジットカード付帯のロードサービスとは?

自動車を運転する際、万一の事故やトラブルの時に利用することができるロードサービスを備えておけば、安心して出かけることができますよね。

ですが、前提知識として、「普通のクレジットカードにはそもそもロードサービスが付いているのかどうか?」

「カーシェアリングやレンタカー、友人の車の運転の場合に対応してもらえるかどうか?」疑問に思いますよね。

その点からさらっと確認していきましょう。

①ロードサービスを付けたいなら専用クレカが必要!カーシェアでも使えるロードサービス付きクレカ一覧

まず大前提ですが、ロードサービスは、ENEOSカードなどの石油系カードやロードサービスに特化しているカードでないと基本的には付いていません

「楽天カード」「イオンカード」など、お買い物でよく使うようなクレジットカードには付いていないんですね。

ロードサービスを備えたいなら専用のカードを持つ必要があります。

ロードサービス付帯・費用・カーシェア・レンタカー対応の有無
ロードサービスの有無 年会費 カーシェア・レンタカー対応
楽天カード なし
Yahoo!カード なし
イオンカード なし
P-oneカード あり 初年度700円 対象外
CLUB AJカード
あり 初年度無料
次年度2,000円
対象
ENEOSカードS
あり 初年度無料
次年度1,250円
対象
出光まいどプラスカード
あり 年会費750円 対象
ロードサービスVISAカード
あり 初年度無料
次年度2,000円
対象

クレジットカードに付帯するロードサービスの中でも、「P-oneカード」のように、自己所有の車両のみ対応となっているクレジットカードもあるので注意が必要ですね。

まずは、クレジットカードに付帯しているロードサービスの基本サービスを押さえておきましょう!

①24時間365日いつでも対応

クレジットカードに付帯しているロードサービスは、事故や故障トラブルの際、365日、24時間フルタイムで受付対応してもらえます。
受付体制も全国、数千箇所の出動拠点からロードサービスのプロが30分から1時間程度で現場までかけつけてくれます。

★ロードサービスの流れ

ロードサービスの流れ

トラブル発生

ロードサービスデスクに電話

30分〜1時間を目安に現場到着

出動スタッフがその場で即対応

緊急サービス完了

これなら、いつ何時トラブルが起きても安心できますね。

②バッテリー上がり、パンクなどはその場で即対応

車の運転中に、特に多いトラブルとしては以下のようなものがあります。

★JAF救援依頼内容

  • バッテリー上がり
  • パンク、バースト
  • ガス欠時のガソリン補充
  • キーのとじ込み
  • JAF公式ホームページ

    これらのトラブルには、もちろんその場ですぐに対応してもらえます。
    上記以外のトラブルにも30分以内で完了する軽微なトラブル無料で受けることができます。
    その場ですぐに対応してくれるのはとても嬉しいサービスですよね。

    ③その場から動かなくなってしまった車両も大丈夫!レッカー搬送にも対応


    CLUB AJカード公式HP

    クレジットカード付帯のロードサービスでは、事故や車両トラブルで、その場から動けなくなってしまった時、ご自宅または近くの修理工場までレッカー車での搬送対応をしてくれます。

    ここが1つのカードを選択する際の重要なポイントなのです。
    無料で搬送してくれるレッカー距離が10km~50kmまでと、カードによって異なってきます。

    詳細は後で詳しく説明しますね。

    普段の使い方を考えて、自分にはどれくらいのレッカー距離が必要なのかを考えておきましょう。

    ④現場で車両修理ができないときでもアフターフォローサービスで安心

    クレジットカード付帯のロードサービスは、アフターフォローサービスもバッチリ対応です。


    CLUB AJカード公式HP

    ★帰宅困難時のアフターフォロー

  • 宿泊費用
  • 帰宅費用
  • 搬送費用
  • 上記のような手厚いアフターフォローを受けることが可能です。

    このサービスが付帯していると、万が一その場では修理ができなくて帰宅が困難になってしまった際には非常に助かりますよ。

    アフターフォローサービスで補償してくれる金額は、カードごとに違います
    これもカードを選択する上でとても重要なポイントとなってきます。
    こちらも後で合わせて説明させていただきますね。

    もし、これらを費用を自己負担することになるとかなり高額な金額になってしまいます。

    例えば、自宅近くの修理工場まで100kmあったとします。
    JAFでレッカー移動にかかる料金は、1kmあたり720円の料金がかかります。

    JAF公式HP

    1km720円で100kmの距離を搬送してもらうとなんと72,000円の請求を受けることになります。
    これはかなりの出費ですよね。
    お財布へのダメージは計り知れませんよね。

    このように、アフターフォローサービスはとても助かる、うれしいサービス。いざという時、高額の出費を少しでも抑えるためにも備えておくと安心です。

    ⑤ JAF会員・カーシェアリング大手各社とのロードサービスを比較

    クレジットカードに付帯しているロードサービスが「JAF会員」「大手カーシェアリング各社」のロードサービスと比べて、サービス内容に違いがあるのか確認していきましょう。

    クレジットカード付帯ロードサービス・JAF会員・大手カーシェアリング各社のロードサービス内容比較表
    費用(年会費) レッカー搬送 バッテリー上がり パンク キーとじ込み アフターフォローサービス
    クレジットカード付帯ロードサービス 750円〜2,000円/年会費
    JAF会員 4,000円/年会費 なし
    タイムズ カー     プラス 309円/利用毎 なし
    カレコ カーシェアリングクラブ 324円/利用毎 なし
    ※タイムズカープラス、カレコカーシェアリングクラブのロードサービス内容はオプション補償加入時の場合のみ

    上記をみてもらえばわかるように、「JAF」年会費が高く、「カーシェアリング大手各社」は利用する時に毎回オプション補償料金の300円程度を支払う仕様になっています。
    金額や利用頻度を考えるとクレジットカード付帯のロードサービスが優れていることがわかります。

    しかも、補償内容を比較してみてもクレジットカードに付帯しているロードサービス十分に故障やトラブルに備えることができるのです。

    むしろ、アフターフォローのサービスを考えるとクレジットカード付帯のロードサービスの方が内容も充実しているほどです。

    これは、クレジットカード付帯のロードサービスを選ばない手はないですよね。

    とはいえ、クレジットカード付帯のロードサービスもカードごとに補償金額、ポイントの還元率などが異なり、サービス内容は様々なのです。

    自分に一番必要なカードを見つけるにはそういった点を押さえる必要があります。

    ここからは、当サイトがオススメする、自己所有以外の車両にも対応出来るロードサービス付帯のクレジットカードを紹介していきます。

    CLUB AJカード

    「全国オートバイ協同組合連合会」「JACCS」が提携して発行しているクレジットカードが「CLUB AJカード」です。
    「CLUB AJカード」は、ロードサービスに特化したクレジットカードとなっています。

    ① CLUB AJカードの基本情報

    CLUB AJカードの基本情報は以下の通りのなります。

    CLUB AJカードの基本情報
    年会費 初年度無料
    2年目以降2,000円(年間10万円以上のカード利用で無料)
    家族会員 なし
    ETC 無料
    還元率 0.5%
    国際ブランド Mastercard
    付帯保険 紛失・盗難補償・ネット不正利用
    申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)

    年会費は初年度無料。2年目以降は、2,000円かかるが、カードを年間10万円以上利用すれば次年度は無料となります。
    月々の固定費など(スマホ代、光熱費)をCLUB AJカード払いに設定しておけば簡単にクリアできまよ。

    ②レッカーサービス50kmまで無料が嬉しい!

    CLUB AJカード付帯のロードサービスの特徴としては以下の通り。

    CLUB AJカード付帯のロードサービスの特徴
    サービス内容
    レッカーサービス 50kmまで
    バッテリー上がり ジャンピング無料
    キーとじ込み 無料
    パンク・バースト 無料
    落輪引き上げ 無料(全ての車輪落輪時一部有料)
    ガス欠時燃料補給 無料
    その他30分以内の作業 無料
    アフターフォローサービス 宿泊費・帰宅費用・搬送費用をサポート

    「CLUB AJカード」は、ロードサービス付帯のクレジットカードの中でもトップクラスのレッカーサービス移動距離を無料で設定しています。
    レッカー距離50kmというのは「CLUB AJカード」の優位性といっていいでしょう。

    もちろん365日24時間いつでも対応してくれて、車はもちろんのこと、バイクのトラブルもしっかりと対応してもらえるのはこのカードだけです。

    これだけの補償内容があれば、田舎など修理工場までの距離が離れている時、その場から動けなくなってしまう故障などの時も安心してサービスを無料で利用することができますよね。

    ③長距離メインで利用・バイクも乗る人にオススメ

    CLUB AJカードはこんな場合にオススメ

  • 年会費はできれば無料になるカードがいいと思っている
  • 旅行など長距離利用がメイン
  • 普段は車を利用しているが、バイクにも乗る
  • 普段、車を運転するときは長距離がメインという人は、遠方での故障で帰宅困難になった場合などとても困りますよね。

    「CLUB AJカード」なら、100km以上の遠方でのトラブルの際には、帰宅費用、搬送費用、宿泊費用をサポートしてもらえます。

    例えば、当日、帰宅困難で宿泊が必要になった時、1名につき最高15,000円まで宿泊費を補償してもらえるなど、手厚い補償を受けることができます。

    ★アフターフォローサービスの内容

    帰宅費用サポート
    トラブル時、当日・翌日の公共交通機関の費用を1名につき最高20,000円までサポート

    搬送費用サポート
    修理完了後の車両を自宅までの搬送手配、費用を最高50,000円まで負担

    宿泊費用サポート
    トラブル時、当日・宿泊を必要とする場合、1名につき最高15,000円までの宿泊費用を負担

    ただし、このサービスはいずれか1つだけの利用となっているおり、全てを補償してくれるわけではないので気をつけましょう。

    また、「CLUB AJカード」なら、バイクにも対応していて、車と同じように、ロードサービスを利用することができます。
    バイクまで補償しているロードサービス付帯のクレジットカードは少ないので貴重な存在のカードとなっています。

    ④CLUB AJカードで年間10万円以上利用できない人はオススメできない

    メインカードですでに固定費などの支払いを設定していて、支払い設定カードを変更するのは面倒臭いと思っている場合。
    または、普段クレジットカードで支払いをあまりしないなどの場合は、「CLUB AJカード」の年会費を無料にすることはハードルが高めになってしまいあまりオススメはできません。

    そのような場合は、これから紹介する「ENEOSカードS」「出光まいどプラス」の方が良いかもしれませんよ。

    あわせて読みたい 必見!CLUB AJカードで最高のロードサービス 3つのメリットと超お得な割引優待!

    ENEOSカード S

    「トヨタファイナンス」「JXTGエネルギー」が提携して発行しているクレジットカードが「ENEOSカードS」です。
    「ENEOSカード」は、石油系カードの中では会員数No1のクレジットカードとなっています。

    ①ENEOSカード Sの基本情報

    「ENEOSカードS」の基本情報は以下の通りです。

    ENEOSカードS基本情報
    年会費 初年度無料
    2年目以降1.250円(1回以上のカード利用で無料)
    家族会員 無料
    ETC 無料
    還元率 0.6%
    国際ブランド JCB・VISA
    付帯保険 紛失・盗難補償
    申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)

    年会費は初年度無料。2年目以降1.250円かかるが、カードを1回でも利用すれば無料になります。
    家族カードとETCカードも年会費無料
    ポイント還元率は低いのでメインのカードというよりは、ガソリン給油やロードサービスを備えるためだけのサブカードというイメージですね。

    ②ガソリン代がいつでも2円/L引きでお得

    「ENEOSカードS」の付帯ロードサービスの特徴としては以下の通りです。

    ENEOSカードの特徴
    サービス内容
    レッカーサービス 10kmまで
    バッテリー上がり ジャンピング無料
    キーとじ込み 無料
    パンク・バースト 無料
    落輪引き上げ タイヤ一本まで無料
    ガス欠時燃料補給 無料
    その他30分以内の作業 無料
    ガソリン・軽油割引 2円/L 引き

    「ENEOSカードS」の、最大のメリットとしてはガソリン代がいつでも2円/L引きとなる特典ががあることです。

    付帯されているロードサービスの補償内容としては、レッカー移動距離が「JAF」などよりも短い10kmまでとやや物足りないものとなっています。

    ですがトラブル時、緊急要請などが簡単に行うことのできる「ENEOSカードアプリ」無料で利用することができてとても便利です。


    ▲ENEOSカードアプリ(ENEOSカード公式ホームページ) 
    万一のトラブルの際、どこに連絡してよいいかわからなくなった時も、「ENEOSカードアプリ」があれば連絡もカンタンです。
    GPS機能で現在位置をフォローしてくれてすぐにかけつけてくれます。

    もちろん、請求金額ポイント管理もできちゃいますよ。

    ③年会費は絶対無料・近場の利用がメインの場合にオススメ

    ENEOSカードSはこんな場合にオススメ

  • 年会費は絶対払いたくない
  • 買い物、送り迎えなど、近場の利用がメイン
  • このように考えているのでしたら、「ENEOSカードS」がオススメです。
    なぜなら、年会費をすごく簡単な条件で無料にすることができるからです。
    例えば、ガソリン給油を一回でも利用すれば、2年目以降、年会費は無料になります。
    これってすごく簡単に条件クリアできますよね。

    「ENEOSカードS」のロードサービス内容は、無料レッカーサービスが10kmまでと距離は短めの設定です。
    ですが、普段は買い物や子供の送り迎えなどがメインという場合は「ENEOSカードS」の付帯ロードサービスでも十分な内容となっています。

    もちろん、30分までの軽微な修理作業はしっかり無料で対応してもらうことができます。

    ④遠方でのトラブル時のアフターフォローサービスが付いていない

    「ENEOSカードS」は、遠方での故障やトラブルの時、宿泊費などを負担してくれるアフターフォローサービスの設定がありません

    年会費が実質無料ということを考えれば仕方のないことですが、他のカードと比べるとデメリットといっていいでしょう。
    レッカー移動距離も10kmまでだったりと、近場利用がメインのカードという感じですかね。

    あわせて読みたい
    エネオスカードとエネオスETCカードを作る4つのメリット

    出光まいどプラス

    「出光」「セゾン」が提携して発行しているクレジットカードが「出光まいどプラス」です。
    今なら、入会特別キャンペーンを実施中です。
    入会後1ヶ月間ガソリン・軽油・灯油が割引になる特典が付いてきます。

    キャンペーン情報
    ガソリン・軽油 5円/L 引き
    灯油 3円/L 引き

    この割引特典は期間限定とはいえ嬉しいですよね。最大限に活用しましょう。

    ①出光まいどプラスの基本情報

    出光まいどプラスの基本情報は以下の通りです。

    出光まいどプラス基本情報
    年会費 年会費無料
    年会費750円・1,500円でロードサービス付帯
    家族会員 無料
    ETC 無料
    還元率 0.5%
    国際ブランド JCB・VISA
    MasterCard
    AMERICAN EXPRESS
    付帯保険 紛失・盗難補償
    申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)

    ただ持っているだけでロードサービスをつけたいなら、「出光まいどプラス」最安です。
    ロードサービスを付帯させるには年会費750円が必要ですが、カード自体の年会費は無料となっています。

    年会費1,500円のアフターフォローサービス付きのロードサービスもありますが、近場の利用がメインなら750円のロードサービスで十分でしょう。

    参考までに説明すると、アフターフォローサービスとは、遠方でのトラブル時、車が動かせず帰宅困難となった時の宿泊費用などを負担してもらえるサービスのことです。

    ②ガソリン2円/L引き・ロードサービスを2つから選択できて便利

    出光まいどプラスの付帯ロードサービスの特徴は以下の通りです。

    出光まいどプラス付帯のロードサービス特徴
    サービス内容
    レッカーサービス 10kmまで
    バッテリー上がり ジャンピング無料
    キーとじ込み 無料
    パンク・バースト 無料
    落輪引き上げ タイヤ1本または2本まで無料
    ガス欠時燃料補給 無料
    その他30分以内の作業 無料
    アフターフォローサービス スーパーロードサービスのみ付帯
    レンタカー費用・帰宅費用・宿泊費用
    ガソリン・軽油割引 2円/L 引き

    「出光まいどプラス」は、石油系カードということで、ガソリン、軽油を2円/L引きをいつでも受けることができます。
    頻繁に車を運転する場合にはとても助かる優待サービスです。

    ロードサービスが年会費750円1,500円の2種類あり、利用シーンによって好きな方を選択できるのはうれしい設定になっています。

    年会費1,500円の「出光スーパーロードサービス」には、宿泊費などを負担してもらえるアフターフォローサービスがプラスされます。

    補償内容は以下の通り。

    ★出光スーパーロードサービス(1,500円)のアフターフォローサービスの内容

    帰宅費用サービス
    トラブル当日の公共交通機関の費用を20,000円を上限としサポート

    レンタカーサービス
    目的地に移動するための代替車両としてレンタカー代を10,000円を上限とし、サポート

    宿泊費用サービス
    トラブル当日、宿泊を必要とする場合、15,000円を上限とし、宿泊費用をサポート

    ただし、このサービスは、100km以上の遠方でのトラブルの際に利用することができます。
    また、利用できるのはいずれか一つだけですので気をつけましょう。

    また、年会費は貯まったポイントで支払うことが可能となっています。

    他のカードのようにロードサービスが自動で付帯しているわけではないので入会時ロードサービス加入を忘れないように気をつけましょう。

    ③現金主義で近場利用がメインの場合はオススメ

    出光まいどプラスはこんな場合にオススメ

  • クレジットカードはあまり利用しないけどなるべく安い年会費でロードサービスを備えたい
  • このように考えているのでしたら、「出光まいどプラス」がオススメです。

    ロードサービスを他のカードと比べて安く備えることができます。
    他のカードとは異なり、750円または1,500円のロードサービス年会費を払えばロードサービスが付帯される設定となっています。
    普段クレジットカードは使わない場合には「出光まいどプラス」が一番コスパが良いです。

    「出光まいどプラス」付帯のロードサービスは、無料レッカーサービスが10kmまでと距離は短めの設定ですが、30分までの軽微な作業はしっかり無料対応してもらうことができますよ。

    ④カード年会費と別にロードサービス費用を払わないといけない

    「出光まいどプラス」は、カード年会費は無料ですが、ロードサービスを付帯させるには年会費を払う必要があるというのは先ほど説明しました。
    やはり、年会費が実質無料にならないというのは、デメリットといってもいいでしょう。
    普段から支払いはクレジットカードという場合は他のカードの方がコスパがよくなります。

    また、充実したロードサービスを付帯させるには、年会費1,500円かかるという点も気になります。

    「出光まいどプラス」では、最低限のロードサービス補償を備えることのできる、年会費750円のサービスを選ぶのが無難かと思います。

    あわせて読みたい 出光カードまいどプラス/出光ETCカードの実力を5つのポイントから検証

    ロードサービスVISAカード

    「三井住友トラストカード」が発行する「ロードサービスVISAカード」です。
    ETCカード一体型なので、カーシェア利用時など、ETCカードを忘れるということが無くなりますね。
    ですが、ガソリン給油などカード利用したい時にはいちいちカードを抜いて利用しなければいけないので、面倒臭いこともあります。

    ①ロードサービスVISAカードの基本情報

    ロードサービスVISAカードの基本情報は以下の通りです。

    ロードサービスVISAカード基本情報
    年会費 初年度無料
    2年目以降 2,000円
    家族会員 初年度無料
    2年目以降 1,500円
    ETC 初年度無料
    2年目以降 500円 (ETCカード一回以上利用で無料)
    還元率 0.6%
    国際ブランド VISA
    付帯保険 紛失・盗難補償
    ショッピング保険
    海外旅行保険
    申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)安定した収入のある方

    年会費は初年度無料で2年目以降は、2,000円かかります。

    ETC一体型カードで、ETC年会費は500円かかりますが、ETCカードを1回以上利用で無料となります。これは簡単に無料にすることができそうですね。

    ②年会費を払うだけあって 納得のロードサービス

    ロードサービスVISAカードの付帯ロードサービスの特徴は以下の通りです。

    ロードサービスVISAカードの特徴
    サービス内容
    レッカーサービス 15kmまで
    バッテリー上がり ジャンピング無料
    キーとじ込み 無料
    パンク・バースト 無料
    落輪引き上げ 無料
    ガス欠時燃料補給 無料
    その他30分以内の作業 無料
    アフターフォローサービス レンタカー費用・帰宅費用・宿泊費用・送迎費用

    「ロードサービスVISAカード」では、365日24時間いつでも受付可能。
    車はもちろんバイクにも対応しています。

    レッカーサービスは15kmまで。
    やや短い距離設定となっていますが、近くの修理工場までなら十分な距離でしょう。
    バッテリー上がりパンクなど、30分以内の軽微な作業は無料で対応してもらえます。

    さらに、100km以上の遠方でのトラブルの際には、レンタカーサービス帰宅費用送迎費用宿泊費用をサポートしてもらえます。
    ただし、サービスは重複して利用することはできないので気をつけましょう。

    ③旅行好きで、年会費は気にしないという場合にオススメ

    ロードサービスVISAカードはこんな場合にオススメ

  • 長距離利用がメイン
  • 年会費がかかっても充実のサービスをが欲しい
  • 海外旅行に行く予定がある
  • こんな考えをお持ちでしたら、「ロードサービスVISAカード」がオススメです!

    なぜなら、海外旅行保険が最高2000万円まで補償されるからです。
    他の紹介したカードには海外旅行保険は付帯されていません。

    年会費2,000円はかかりますが、充実した付帯ロードサービスも付いていると考えれば、コストパフォーマンスは良いです。

    遠方でのトラブルの際、アフターフォローサービス最も充実している点もメリットの1つですね。

    ★ロードサービスVISAカードのアフターフォローサービスの内容

    ①帰宅費用サポート
    事故または故障当日の公共交通機関の費用を同乗者を含め一人当たり21,000円を上限としサポート

    レンタカーサービス
    目的地に移動するための代替車両として24時間を上限として無料での利用が可能

    宿泊費用サポート
    事故または故障当日、宿泊を必要とする場合、一人当たり15,000円を上限とし、宿泊費用をサポート

    送迎費用サービス
    最寄りの交通機関、宿泊施設までの送迎をサポート

    上記のように、補償内容が充実したアフターフォローサービスが付帯されています。

    「ロードサービスVISAカード」特有のサービスとしては、「送迎費用サービス」です。
    このサービスは、故障などの現場から、最寄りの駅や宿泊施設まで送迎してくれるというものです。
    これ実は、場合によってはすごく助かります。

    例えば、富士山5合目まで車でドライブしていたとしましょう。

    目的地まであと少しというところで、突然の故障。その場から動けなくなってしまいました。
    最寄りの駅は遥かかなた。宿泊施設も近くにはないという状況。
    救援車には、原則同乗ということはできません。タクシーで向かうとなればそれなりの料金がかかってしまいますよね。

    このような場合、送迎費用サービスの出番です。
    無料で最寄りの駅やホテルまで送迎してもらえます

    さらに、このサービスに限って、他のサービスとの重複利用が可能となっているという点がとてもお得なところとなっています。これは助かりますよね。

    また、希望があれば、無料で家族や勤務先へ緊急連絡、状況説明を頼むこともできるメッセージサービスもあります。

    ④やっぱり年会費2,000円が気になる

    「ロードサービスVISAカード」は、年会費は無料にすることはETCカード以外できません
    もし、家族カードETCカードを発行して年会費を払うとなると、4,000円の年会費がかかってきます。
    これでもJAF会員の年会費と同じ金額ですが、やはり少しでも年会費が安いほうがよいというのが普通の考えですよね。

    お財布の中に使わず、ただ眠らせておくには、もったいないカードです。

    旅先で使えるお得な付帯サービス・割引優待

    今回紹介しているクレジットカードに付帯しているサービスは他にもあります。
    出先で利用できるお得なサービスもありますよ。

    しっかりと確認してカード選びの参考にしていきましょう。

    オススメカード付帯サービス比較一覧表
    付帯サービス・割引優待など
    CLUB AJカード
  • ジャックストラベルデスク
  • J’sコンシェル
  • ENEOSカード なし
    出光まいどプラス
  • tabiデスク
  • ショッピング優待
  • ロードサービスVISAカード
  • VJトラベルデスク
  • VJホテルステイプラン
  • ①CLUB AJカードのお得な優待サービス

    CLUB AJカードでは、お得な優待サービスがたくさん用意されています。

  • パッケージツアーを優待価格で利用できる「ジャックス・トラベルデスク」
  • 全国230,000件以上で利用できる優待サービス「J’sコンシェル」
  • 「ジャックス・トラベルデスク」では、大手旅行代理店の海外旅行のパッケージツアーを3%〜5%引きの優待価格で利用することができます。
    Webで予約できてとても便利に手配を済ますことができますよ。

    さらに、全国230,000件以上で利用することのできる「J’sコンシェル」は非常にお得な内容となっています。
    ホテル、レジャー、レストラン、ショッピングでの優待サービスを受けることができます。


    CLUB AJカード公式ホームページ

    例えば、109シネマズの映画チケットが500円引きになったり、カラオケ歌広場の室料が20%offになったりします。
    普段使いできる優待サービスが盛りだくさんです。

    どんな優待があるのか探すのも楽しくなりそうなボリュームとなっています。

    ②出光まいどプラスのお得な優待サービス

    出光まいどプラスの優待サービスもお得な内容となっています。

  • 国内外パッケージツアーが最大8%off
  • になる「tabiデスク」

  • 三井アウトレットパークなどで使える割引クーポン発行できる「ショッピング優待」
  • 「tabiデスク」では、国内外のパッケージツアー旅行料金が最大8%offになります。

    条件としては、「tabiデスク」で予約をし、「出光まいどプラス」で料金を支払うだけです。

    とてもお得なサービスとなっています。
    Webからの予約ももちろん可能です。

    「ショッピング優待」も充実しています。
    例えば、「三井アウトレットパーク」で利用できる割引クーポンをもらうことができます。内容は施設によって異なりますが、5%〜15%程度割引になる店舗もあります。
    また、レストランですとドリンク一杯無料になったりもしますよ。貰っておいて損はないと思います。

    さらに、「カラオケ SHIDAX」の室料20%offもあるので、ご家族、友人とぜひ活用してみてください。

    ③ロードサービスVISAカードのお得な優待サービス

    「ロードサービスVISAカード」の優待サービスはこのような内容となっています。

  • 国内外のパッケージツアーが最大5%offになる「VJトラベルデスク」
  • 全国のホテルに優待料金で宿泊できる「VJホテルステイプラン」
  • 「VJトラベルデスク」では、国内外のパッケージツアーの料金が最大5%offの割引を受けることができます。
    お得に旅行の予約をすることが可能です。

    「VJホテルステイプラン」は全国81箇所のホテルに3,000円〜50,000円程度の割引優待料金で宿泊できるサービスです。
    急な出張などの際に、利用してみてはどうでしょうか。

    まとめ

    ★普通のクレジットカードにはロードサービスが付帯されていないため、ロードサービス付帯の専用カードを申し込必要がある
    ★レッカー移動距離が50kmまでとロードサービス付帯クレジットカードの中でも最長設定の「CLUB AJカード」
    ★年会費無料条件のハードルが低く、ガソリン代をいつでも2円/L引きを受けれる「ENEOSカードS」
    ★ロードサービス年会費が750円で付帯する、クレジットカードをあまり利用しない場合には、コスパが一番良い「出光まいどプラス」
    海外旅行保険ショッピング保険も付帯。アフターフォローサービスが完璧「ロードサービスVISAカード」

    ロードサービス付帯のクレジットカードは、年会費も実質無料〜2,000円程度と低コストで維持できるので、「JAF会員」やカーシェアリングの「安心保証」に加入するよりもコストパフォーマンスに優れています。
    万一の故障やトラブルに備えて一枚持っておくと費用面などでとても助かります。

    カードによってサービスの内容が異なるので、ご自分の利用シーンなどをよく考えてピッタリのクレジットカードを選びましょう。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。