ライフカードStellaは「超・限られた国に行くとき」以外メリットなし?その根拠と特典一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「短期留学中に使うクレジットカードを作りたい。
ライフカードStellaは海外利用時、3%もキャッシュバックを受けられるそうだけれど…」

ライフカードの中でも海外での利用に向く「ライフカードStella」
…ではあるものの、正直このカード、限定的な地域以外ではほぼ使い物にならないかも?

今回は

  • ライフカードStellaの特典内容
  • ごく限られた地域でしか使えないと言える根拠
  • その他の海外利用向けクレジットカード

について、分かりやすくまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたがこのカードを作るべきかそうでないかが分かります。

女性向けカードランキング
JCBカード W Plus L
年会費無料還元率:0.8%
JCBのプロパーカード。「JCB LINDAリーグ」の特典が受けられる。
ライフカードStella券面ライフカードStella
年会費1,250円+税還元率:0.5%
ライフカードに充実の保険と海外キャッシュバックサービスをプラス。

1分でチェック!ライフカードStella(ステラ)のメリット・デメリット

1分でチェック!ライフカードStella(ステラ)のメリット・デメリット
ライフカードStella(ステラ)の特性について、はじめにまとめてしまうと以下のようになります。

1分でチェック!ライフカードStella
  • 最大の特徴は、安い年会費(1,375円、初年度無料)で
    • 海外決済分の3%キャッシュバック
    • 各種保険付帯
    • 海外での日本語アシスタンスサービス

    といった海外で便利&おトクな特典の付帯

  • ただし国際ブランドは「JCB」のみなので、東アジアやハワイなど、限られた地域以外では使い物にならないかも…
    ┗アメリカ本土やヨーロッパ等へ行く予定なら、VISA、Mastercardブランドを選ぶべき
  • ちなみに日本国内においてはもっと優秀なカードがたくさんあるため、選択肢にはほぼ入らない

要はこの「ライフカードStella」、「ハマれば強いもののかなり限定的な状況でないとハマらない」ちょっとピーキーなカードだということですね。

そもそも日本国内で使う場合のスペックが微妙ということもあり、このカードを最大限生かせるのは「JCBカードが使える、日本以外の国や地域に行く人」のみとなりそうです。

あわせて読みたい
その他の海外で使いやすいクレジットカード(VISA/Mastercard)には何がある?

▲▼ライフカード
年会費1,375円
※初年度無料
国際ブランドJCB
還元仕様1,000円ごとに5円相当の「LIFEサンクスプレゼント」還元
(=実質還元率0.5%)
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
シートベルト保険
追加カード家族カード(年440円)
┗初年度無料
ETCカード(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
申込条件
日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
※男性も申込可
その他特典など
  • 海外利用分は3%キャッシュバック
    ┗年間80万円相当まで、要事前エントリー
  • 海外アシスタンスサービス

魅力はやっぱり「海外3%キャッシュバック」はじめとする海外関連特典

魅力はやっぱり「海外3%キャッシュバック」はじめとする海外関連特典
「ライフカードStella」の概要をチェックしたところで、ここからはこのカードの詳しいサービス内容について見ていきましょう。

①海外での決済は3%キャッシュバック!海外事務手数料を加味してもおトク(※注意点あり)

「ライフカードStella」における最大の特徴は、海外決済分に対し3%のキャッシュバックを受けられること。

例えば海外で10万円カードを使ったなら、その3%にあたる3,000円が、次回の支払いから減額される形となるわけですね。

  • 事前エントリーが必要
  • キャッシュバックとは別に、1.6%の海外事務手数料が発生する
  • キャッシュバック上限額は年間80万円

…と注意点は多いものの、注目すべき特典であることはまず間違いないでしょう。

ちなみに海外事務手数料はどのクレジットカードを使っても発生するものであり、1.6%というJCBのそれはVISA、Mastercard(2%)に比べても安いです。

②治療費や携行品損害補償を含む海外旅行保険も自動付帯

ライフカードStellaには、以下の保険サービスが付帯しています。

★ライフカードStellaの付帯保険
海外旅行保険(自動付帯)
傷害死亡
後遺障害
最高2000万円
傷害治療
疾病治療
最高200万円
賠償責任最高2000万円
携行品損害最高20万円
※自己負担額3,000円
救援者費用最高200万円
国内旅行保険(利用付帯)
※保険適用条件については公式HP参照
傷害死亡
後遺障害
最高1000万円
傷害手術なし
傷害入院5,000円/日
傷害通院3,000円/日
シートベルト保険
最高200万円(死亡、後遺障害)

※日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故を補償

ショッピング保険
年300万円まで
(自己負担額5,000円)
※「ライフカードStella」で購入した商品が90日間に偶然破損または盗難に遭った場合、損失額を補償
※その他、どのクレジットカードにも付帯する不正利用補償が付帯

このカードの年会費は1,375円(初年度無料)ですが、年会費に対しての保険内容はそこそこ充実していると見て良いでしょう。

注目すべきはやはり自動付帯(=カード決済などの条件なく適用される)の海外旅行保険。

このカードを持ってさえいれば、追加料金を支払うことなく安心をプラスできるのは嬉しいところです。

③海外アシスタンスサービスを使えば、日本語で各種予約代行やトラブル対処をお願いできる

その他ライフカードStellaには、「海外アシスタンスサービス」が付帯しています。

こちらはライフカードだけでなく、多くのクレジットカード会社が提供するサービスではあるものの…。

  • 観光案内
  • レストランの予約
  • カード紛失や病気など、トラブル発生時の案内

などに、世界20箇所のデスクから日本語で対応してくれるということで、いざというときには心強い味方となってくれそうです。

★滞在国ごとの連絡先については以下の公式HP情報をご覧ください。

ライフカード公式HP「海外アシスタンスサービス」

④その他のライフカードStella特典一覧

その他、ライフカードStellaには以下の特典が設けられています。

ポイント関連
  • 初年度は還元率1.5倍(0.75%)
  • 誕生月は還元率  3倍(1.50%)
  • 年間利用額に応じた還元率優待
    ┗最高2倍(1%:年200万円~)
    ※上記サービスの重複なし
  • 「L-Mall」経由のネットショッピングでポイント優待
その他

このカードはそもそも日本国内での利用に向かない(=国内なら他のカードを使った方がいい)ため、ポイントアップの特典を生かせる機会は限られるかもしれませんが…。

あたりの特典は、機会があれば活用したいところです。

ただし国際ブランドは「JCB」のみ、ハワイなど限られた地域以外では使いづらい…

ただし国際ブランドは「JCB」のみ、ハワイなど限られた地域以外では使いづらい…
海外関連の各種サービスを備えた「ライフカードStella」。

これがVISA、Mastercardブランドであれば、安価な海外用サブカードとしてそれなりにおすすめできたのですが…。

冒頭でも触れた通り、このカードの国際ブランドは「JCB」限定
そして日本発祥であるこのJCBを使える国や地域は、正直かなり限られます

少なくとも以前訪れたヨーロッパ(フランス語圏)では、ハブ空港以外でJCBのロゴを見かけることはありませんでした。

JCBの加盟店(=使えるお店)が多いのは、日本を除くと

  • ハワイ
  • グアム
  • 韓国
  • 台湾

などとなっている模様。

せっかくの海外系特典ではありますが、そもそもカード自体を使えないならキャッシュバックも意味がありません

ということでこのカードを選ぶべきは、JCBの普及率が高い以上の国や地域に行かれる方に限られそうです。

★一応アメリカ本土でも、Discover加盟店ではJCBを使えることもあるようですが…。

どの程度普及しているかはイマイチ不明、かつVISAやMastercardを選べるならそちらの選択が無難と言わざるを得ないのが実情です。

学生なら似た内容でVISA、Mastercardを選べる「学生専用ライフカード」を選びたい

学生なら似た内容でVISA、Mastercardを選べる「学生専用ライフカード」を選びたい
もしもあなたが現在学生であるのなら…。

ライフカードStellaと似た特典(海外3%キャッシュバック等)を持ち、

  • VISA
  • Mastercard

ブランドを選択できる「学生専用ライフカード」を選んだ方が良いでしょう。

3%キャッシュバックの上限額は10万円と縮小されるものの、「学生専用」カードであれば年会費は無料

何より、VISA・MastercardであればJCBよりも(おそらく日本国内においてさえ)使えるお店が多くなります。

学生専用ライフカードは海外で活躍!航空系カードとの複数持ちも便利
2022.06.09

★ただし学生専用ライフカードの場合、卒業後は海外キャッシュバックなどの主要特典が適用されなくなりますのでご注意ください。

その他の海外で使いやすいクレジットカード(VISA/Mastercard)には何がある?

その他の海外で使いやすいクレジットカード(VISA/Mastercard)には何がある?
ここでは参考情報として、海外旅行時に便利なサービスを備えるVISA、Mastercardブランドのカードをまとめさせて頂きました。

★海外で使いやすい主なクレジットカード
Delight JACCS CARD
Delight JACCS CARD券面
リクルートカード
リクルートカード券面
  • 年会費無料
  • 実質還元率1.2%
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
  • 年11,000円
  • 実質還元率1.0%
  • 海外空港ラウンジサービス(無料)
  • 国際線利用時、手荷物無料配送
    (トラベルコース選択時)
    ┗ただし年2回まで
  • 楽天市場の還元率+3%(実質5%)
TRUST CLUBワールドカード
TRUST CLUB ワールドカード券面
  • 年13,200円
  • 実質還元率0.75%
    ┗ボーナスポイントあり
  • 国際線利用時、手荷物配送2個無料
  • レストラン優待
  • 会員制ゴルフ場予約
  • 海外ラウンジ利用には都度32US$発生
ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • 年22,000円
  • 基本還元率1.5%~
  • コンシェルジュサービス
  • 航空機遅延補償等
  • 海外ラウンジ無料は年6回まで
  • 国際線利用時の手荷物配送無料(往路、帰路ともに2個ずつ)
  • グルメ特典など多数
※すべて海外旅行保険、海外アシスタンスサービス付き

安価なカードを選びたいのなら、旅行保険完備かつ還元率も高い

  • Delight JACCS CARD
  • リクルートカード

あたりが、
サービスを充実させたいなら

  • 楽天プレミアムカード
  • ジャックスカードプラチナ

あたりが有力な候補となってくれることでしょう。

  • 海外空港ラウンジを利用したいか
  • 手荷物無料配送サービスを利用したいか

あたりがカード選びのポイントとなってきそうですね。

★どのカードも海外利用時には、2%の海外事務手数料が発生します。
(VISAまたはMastercardブランドの場合)

ちなみにライフカードは全体的に、日本国内で使うには微妙なスペック

ちなみにライフカードは全体的に、日本国内で使うには微妙なスペック
ここまではライフカードStellaを、「海外で利用すること」前提にお話しさせていただきました。

理由は簡単でこのカード……というよりライフカードの非提携カードは全体的に、国内で使う場合の基本スペックが低く、あえて選択する意味がほぼ無いからです。

実際、「ライフカードStella」は

  • 年会費1,375円(初年度無料)
  • 還元率0.5%

というスペックを持っていますが…。

上にも挙げた「リクルートカード」は、

  • 年会費無料
  • 還元率1.2%

ということで、明らかに「Stella」より上ですね。

「ライフカードStella」の特徴は海外で利用した際のキャッシュバック特典や付帯保険にあり、日本国内であえてこのカードを使う意味はほぼありません

その他の高還元カード等を選んだ方が良いでしょう。

常時2%超えの最強カードはどれ?高還元率クレジットカードの比較一覧
2022.06.16
【低スぺ低還元】ライフカードの「両極端」なメリット・デメリット【柔軟審査】
2022.03.18

ライフカードStella(ステラ)についてのまとめ

ライフカードStella(ステラ)についてのまとめ

1分でチェック!ライフカードStella
  • 最大の特徴は、安い年会費(1,375円、初年度無料)で
    • 海外決済分の3%キャッシュバック
    • 各種保険付帯
    • 海外での日本語アシスタンスサービス

    といった海外で便利&おトクな特典の付帯

  • ただし国際ブランドは「JCB」のみなので、東アジアやハワイなど、限られた地域以外では使い物にならないかも…
    ┗アメリカ本土やヨーロッパ等へ行く予定なら、VISA、Mastercardブランドを選ぶべき
  • ちなみに日本国内においてはもっと優秀なカードがたくさんあるため、選択肢にはほぼ入らない

海外利用特化、しかしJCBブランドのせいで使える場所がかなり限られるという意味でピーキーな性質を持つ「ライフカードStella」。
とは言え上手くハマれば、他のカードよりずっとおトクに使えることは確かです。

JCB加盟店の多い、日本以外の国や地域に滞在する予定があるのなら、ぜひチェックしておきたい1枚と言えそうですね。

▲▼ライフカード
年会費1,375円
※初年度無料
国際ブランドJCB
還元仕様1,000円ごとに5円相当の「LIFEサンクスプレゼント」還元
(=実質還元率0.5%)
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
シートベルト保険
追加カード家族カード(年440円)
┗初年度無料
ETCカード(無料)
スマホ決済ApplePay
Google Pay
申込条件
日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
※男性も申込可
その他特典など
  • 海外利用分は3%キャッシュバック
    ┗年間80万円相当まで、要事前エントリー
  • 海外アシスタンスサービス
  • 初年度は還元率1.5倍(0.75%)
  • 誕生月は還元率  3倍(1.50%)
  • 年間利用額に応じた還元率優待
    ┗最高2倍(1%:年200万円~)
    ※上記サービスの重複なし


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。