【ライフカードStella】他社カードと比べた長所・短所:年会費分の価値はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ライフカードStella】他社カードと比べた長所・短所:年会費分の価値はある?

「女性向けだというライフカード<Stella>が気になるんだけど、どんなカードかよく分からない……」
「旅行に関する保険の充実したカードが欲しい……」

ライフカード「Stella(ステラ)」は、旅行好きのあなたにメリットの多いカード。
通常のライフカードとは違って、年会費(年1,250円+税)が発生するのが気になるところではありますが……。
「海外利用分3%キャッシュバック」「旅行先での疾病や怪我まで保証」など、旅行関連のサービスをはじめ「子宮頸がんと乳がんの検診を無料で受けられる」といった、無料版のライフカードには無いメリットが目を引くポイントとなっています。

今回はそんな「ライフカードステラ」について、その利用メリットや他社の女性向け&女性に人気のあるカードとの比較結果をまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合ったクレジットカードをあなたに合った方法で、活用していく方法が分かりますよ。

女性向けカードランキング
JCBカード W Plus L
年会費無料還元率:0.8%
JCBのプロパーカード。「JCB LINDAリーグ」の特典が受けられる。
三井住友カード アミティエ
年会費1,250円+税還元率:0.5%
安価な年会費で各種保険が「自動付帯」!
ライフカードStella
年会費1,250円+税還元率:0.5%
ライフカードに充実の保険と海外キャッシュバックサービスをプラス。

ライフカード「ステラ」ってどんなカード?

まずはライフカード「ステラ」とはどんなクレジットカードなのか、簡単に見ていきましょう。

①年会費に対して充実の保険が嬉しいポイント

ライフカード「Stella(ステラ)」の基本情報は以下の通りです。(情報は2018年11月現在のもの)

★ライフカード「ステラ」

年会費 1,250円+税 ※初年度無料
(条件付きで次年度以降も無料)
国際ブランド JCB
基本還元率 0.5%前後
(入会後1年間は0.75%前後)
利用可能枠 非公表
海外旅行損害保険 最高2000万円 国内旅行損害保険 最高1000万円
ショッピング補償 なし 追加発行可 家族カード
ETCカード
付帯電子マネー なし 支払日 毎月5日締め
26日・27日・28日または翌3日払い
支払い口座による
申し込み条件 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
※未成年者の場合は親権者の同意が必要です
その他
  • 入会後一年間はポイント還元率1.5倍(=実質0.75%)
  • 誕生月にはポイント還元率3倍(=実質1.5%)
  • 海外ショッピング3%キャッシュバック
  • 子宮頸がん、乳がんの無料検診クーポンプレゼント
※男性でも申込みいただけます

発行元の「ライフカード株式会社」は年会費無料のクレジットカード、その名も「ライフカード」を取り扱っているのですが……。
「ステラ」の特徴は、一般のライフカードとは異なり以下の保険サービスが付いていること。

★ライフカード「ステラ」の付帯保険

項目 保証額(上限額) 適用条件
海外旅行傷害保険 傷害による死亡
後遺障害
※自動付帯
2000万円 海外旅行中の怪我により死亡に至った場合、もしくは後遺障害が残った場合
傷害治療
※自動付帯
200万円 海外旅行中に怪我をして、治療費が発生した場合
疾病治療
※自動付帯
200万円 海外旅行中に病気にかかり、治療費が発生した場合
救援者費用
※自動付帯
200万円 海外旅行中、遭難などにより救援が必要になった場合
個人賠償責任
※自動付帯
2000万円 海外旅行中、第三者に損害を与えてしまったことにより法律上の賠償責任が生じた場合
携行品損害
※自動付帯
20万円
※自己負担3,000円
海外旅行中、手荷物(カメラなど)が盗難に遭ったり、破損した場合
国内旅行傷害保険 傷害による死亡 1000万円 国内旅行中の怪我により死亡に至った場合
後遺障害 40万円~1000万円 国内旅行中の怪我により後遺障害が残った場合
入院 日額5,000円
※入院8日目から
国内旅行中の怪我による入院または通院時
※宿泊施設、公共交通機関、宿泊を含むツアーで入院・通院の原因が発生した場合に限る
通院 日額3,000円
※通院8日目から
その他 シートベルト傷害保険 200万円
(死亡、重度後遺障害)
日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故
※急激かつ偶然な外来の事故に限る
※自動付帯……各種料金をライフカードステラで支払っていない場合にも保証あり
(この文字が付いていない場合、保証が下りるのはライフカードステラを使った決済時のみ)

1,250円+税という年会費にしては、保険内容はかなり充実しています。
特に「シートベルト傷害保険」については年会費1万円程度のカード相当と言って良いでしょう。

「ライフカードステラ」最大のメリットは、やはりこの付帯保険です。
この保険内容に1,250円+税の年会費を支払う価値を感じられるのなら、「ライフカードステラ」は非常にコストパフォーマンスに優れたカードとなるでしょう。

一方、旅行や車を運転する機会がない場合、ショッピング補償に魅力を感じない場合などには、年会費無料の「ライフカード」などを選んで差し支えありません。

★飛行機の遅延や手荷物紛失などの補償も受けたい、という場合にはJCBゴールドカードなども併せてご検討ください。

★1,000円ごとに1ポイント貯まるポイントを「170」貯めると、次年度の年会費に充てることができます。年会費無料でライフカード Stella を持つ裏技ですね。
参考:ポイントプログラム年会費無料コース

<子宮頸がん・乳がんの無料検診クーポンは自治体でもらえる>

ライフカードステラの公式HPには、利用メリットとして「子宮頸がん・乳がんの無料検診クーポンプレゼント」が挙げられていますが……。
実はこのクーポン、お住まいの自治体に申請すれば女性に限り誰でも受け取ることができます

よって、このクーポンがもらえること自体がライフカードステラを利用するメリット……とは言えません。あくまで「自治体に申請する手間が省ける」程度にお考えいただくと良いでしょう。

②海外での利用分は3%キャッシュバック

その他、各種保険以外の「ステラ」独自のメリットには「海外ショッピング利用3%キャッシュバック」が挙げられます。
サービスの利用には事前エントリーが必要となりますのでお気を付けください。

▲ライフカード公式HPより
▲ライフカード公式HPより

「海外利用時にはポイント還元率2倍」をうたうクレジットカード(セゾンアメックスなど)はしばしば見られますが、3%という数字は何とライフカードの通常還元率の6倍にあたります。

ただしキャッシュバックを受けられるのは「海外利用額年間80万円」まで、キャッシュバック額で言うと「年24,000円」までと制限が設けられていますのでお気を付けください。

JCBのサービスも利用できるって知ってた?賢く使って更におトクな海外旅行!

ここまでは、ライフカードステラの特徴について説明してきました。
ですがもちろん、ライフカードの特典のみならず、カード発行ブランドであるJCBのサービスも利用することができます!

LINE公式アカウントで手軽に情報をゲット!

LINE公式アカウントで手軽に情報をゲット!
JCBたびらば 公式HPより

JCBのLINE公式アカウントに友だち登録をすると、JCB会員向けの優待情報や、現地で日本語での対応をしてくれる窓口「JCB PLAZA」の案内など、様々な情報を手軽にゲットできます。

使い方はとっても簡単!
「海外情報」をクリックし、メニューの中から行き先を選択します。
そして、メニュー(優待・サービス・JCB PLAZA)から知りたい情報を選択するだけ!

メニュー(優待・サービス・JCB PLAZA)から知りたい情報を選択するだけ!
JCBたびらば 公式HPより

LINE公式アカウントについての詳しい説明は、こちらをご覧ください。
参考JCBたびらば 公式HP

JCBカードはハワイに強い!ハワイに特化した特典が盛りだくさん!

なんとJCBカードを見せるだけで、ワイキキ・トロリー(ピンクライン)が無料で乗車できるんです!(期間:2009年4月1日~2019年3月31日まで)

ワイキキ・トロリー(ピンクライン)が無料で乗車できるんです!
JCBキャンペーンサイト 公式HPより

その他にも、レストランなどを優待価格で利用できたり、もちろんレストラン・ホテル・ツアーなどの予約代行も行ってくれます。
怪我や病気になってしまった場合のサポートもしっかりしているので、安心できます。
さらにハワイでのインスタ映えするスポットを紹介している動画もあったりなど、SNSが流行っている今の時代ならではのニーズに応えてくれているのもいいですね。
せっかくハワイまで行ったのなら、素敵な写真をカメラに収めたいですものね。

インスタ映えするスポットを紹介している動画
JCBたびらばハワイ 公式HPより

ハワイでのサービスについての詳しい説明は、こちらをご覧ください。
参考たびらばハワイ 公式HP

「インフォメーションセンター」や「Jiデスク」が利用できる!

海外旅行出発前には、24時間年中無休そして無料で「インフォメーションセンター」を利用でき、レストランなどの予約代行や、お得な情報を教えてもらうことができます。
海外旅行中には、海外55都市にある「Jiデスク」を利用できます。
ツアーやレストランなどの予約代行はもちろん、怪我や病気、事故を起こしてしまった場合など緊急時のトラブル等にも日本語スタッフが対応してくれます。
また、「Jiデスク」の営業時間外であっても「海外24時間日本語緊急電話サポート」で年中無休で対応してくれるので安心です。

③ライフカード独自の「誕生月ポイント3倍」「年間利用額による還元率アップ」はおまけ程度に

ライフカード「ステラ」のポイントサービスは通常のライフカード(年会費無料のもの)と変わりありません。
「ステラ」では毎月の請求額に応じ、「1,000円ごとにLIFEサンクスプレゼント1ポイント」が貯まります。

この「LIFEサンクスプレゼント」は大体1ポイントあたり5円の価値を持ちます(ポイントをギフトカードなどに交換した場合。交換先により前後します)。
つまり1,000円につき5円相当が貯まる計算となり、実質還元率は0.5%前後と言えるわけですね。

この数字自体は決して高いとは言えませんが……。
ライフカードの大きな特徴である「誕生月ポイント3倍」「入会から1年間は還元率1.5倍」「年間利用額に応じて還元率アップ」といったサービスは「ステラ」でも適用されます。

▲ライフカード公式HPより2
ライフカード公式HPより

とは言えもとの還元率は高くないので、おトクさを重視するのなら他にもっと良いカードが多数存在します。
そのため、「ステラ」のポイント還元率アップに関しては「嬉しいおまけ」程度に考えておくと良いでしょう。

ライフカード「ステラ」は原則、おトクさよりも「保険内容の充実」を主な目的として申し込むクレジットカードとなります。

★「初年度ポイント1.5倍」「誕生月ポイント3倍」サービスが重複することはありません。
サービス期間が被った場合、誕生月ポイントが優先されます。

★LIFEサンクスプレゼントについて詳しくは、ライフカード公式HPをご覧ください。

女性向け&人気のある他社カードと「ステラ」の比較

ここからは、女性向け・あるいは女性に人気のある他社カードと「ステラ」を比較した結果をまとめていきます。

★表中「付帯保険」項目の見方:

年会費 還元率
(目安)
付帯保険 その他
海外 国内 買物
ライフカード「ステラ」 1,250円+税
※初年度無料
0.5%
【自】
×
  • 誕生月ポイント3倍
  • 海外ショッピング3%キャッシュバック

・海外/国内……海外/国内旅行傷害保険
・買物……ショッピング保険

・◎……傷害(けが)など、命にかかわりの無い出費も保証
・○……死亡・重度後遺傷害のみ保証
・×……保険の適用なし
【自】……自動付帯=当該カードを使っていなくても保証が下りる
(このマークが無い場合、旅行費などを当該カードで決済していないと保険が下りない)

※詳細については各社公式HPをご覧ください。

①各社の女性向けカード比較

女性向けという触れ込みのクレジットカードは、「ステラ」以外にも複数存在します。

★主な女性向けカードの比較

年会費 還元率
(目安)
付帯保険 その他
海外 国内 買物
ライフカード「ステラ」 1,250円+税
※初年度無料
0.5%
【自】
×
  • 誕生月ポイント3倍
  • 海外ショッピング3%キャッシュバック
  • シートベルト傷害保険あり
ライフカード「Barbieカード」 無料 0.5% × × ×
  • 毎月抽選で10名にバービーグッズプレゼント
三井住友カード アミティエ

1,250円+税
※初年度無料
◆他条件あり
0.5%
  • ショッピング補償は国内リボ・分割払いまたは海外利用分のみ
  • iD付帯
JCB CARD W plus L

無料 0.8% ×
  • ショッピング補償は海外利用分のみ
  • 39歳以下のみ申し込み可
楽天PINKカード

無料 1.0% × ×
◆年100万円以上の利用で半額、年300万円以上の利用で無料・他自動リボ払いでも優遇あり(非推奨)

ざっと見た限りでも、やはり「ステラ」の保険の優秀さは際立っていますね。その代わり、還元率はどうしても他社カードに劣りがちです。
前にも触れた通り、「ステラ」はおトクさよりも保険の充実を重視する場合におすすめのカードだと言えます。

②優秀&便利な人気カードとの比較

ここからは特別に「女性向け」ではないながらも人気の高いカードと、「ステラ」を比較してみましょう。
今回はステラと立ち位置の近い、「年会費2,000円以下」のカードのみをまとめさせて頂きました。

★各種人気カードと「ステラ」の比較

年会費 還元率
(目安)
付帯保険 その他
海外 国内 買物
ライフカード「ステラ」 1,250円+税
※初年度無料
0.5%
【自】
×
  • 誕生月ポイント3倍
  • 海外ショッピング3%キャッシュバック
  • シートベルト傷害保険あり
三井住友カード デビュープラス 1,250円+税
※初年度無料
※年1回の利用で無料
1.0% × ×
  • 25歳以下のみ申し込み可 ・ショッピング補償は国内リボ・分割払いまたは海外利用分のみ

/td>

JCB一般カード 1,250円+税
※初年度無料
※年50万円の利用で無料
0.4%
【自】

【自】
  • ショッピング補償は海外利用分のみ
オリコカード
THE POINT
無料 1.0% × ×
  • ショッピング補償は海外利用分のみ
REXカード 無料 1.25%
【自】
×
  • ポイントの使い道は実質キャッシュバックのみ
Ponta Premium Plus
(一般コース)
2,000円+税
※初年度無料
※年5万円の利用で無料
1.0%
【自】
×
  • Ponta付帯
横浜インビテーションカード 無料 0.5%
【自】
  • カードデザインが好評
リクルートカード 無料 1.2%
  • 元率を保ったまま、nanacoやEdyへチャージ(=二重取り)ができる
エポスカード 無料 0.5%
【自】
× ×
  • 指定期間、マルイでの割引サービスあり
ANAカード
(JCB)
2,000円+税
【自】
×
  • 1,000円につき5マイル付与相当
    (年会費+5千円で2倍)
    ※1マイルの価値が1円以上かつ変動しやすいのため実質還元率の記載なし
※「買物」項目において、
 ◎=年間最大保証額300万円以上
 ○=年間最大保証額300万円未満

特に気になるのは海外・国内旅行ともに優秀かつ高還元な「REXカード」「リクルートカード」あたりでしょうか。

★3つのカードの簡易比較

年会費 還元率
(目安)
付帯保険
海外 国内 買物 シートベルト保険
ライフカード「ステラ」 1,250円+税
※初年度無料
0.5%
【自】
×
REXカード 無料 1.25%
【自】
× ×
リクルートカード 無料 1.2% ×

やはり保険の面で優秀なのは「ステラ」ですが、この保険内容を少し落として普段使いのおトクさをアップしたい、という場合には他社カードも選択肢となりますね。

★その他、年会費の高いカードを選べば「ステラ」以上の保険を受けることもできます(JCBゴールドなど)。
保険内容を最重要視する場合には各ゴールドカード、またはそれ以上のグレードのカードもご検討ください。
また、普段から航空券を取得する機会があるのなら、効率よくマイルを貯められる航空会社系のカードの利用をお勧めしたいところです。

あわせて読みたい
ANAカードの徹底比較!

カード到着までは1~2週間が目安

ライフカード「ステラ」は申し込みから最短3営業日で発行手続きが完了します(ライフカード公式HPより)。

とは言えここからあなたの自宅にカードが届くまでには、さらに数日ほどの時間が必要。
実際の利用者からの報告によると、申し込みからカード到着までの必要日数は早くて1週間、遅くても2週間が目安となるようですね。

ちなみに「最短3営業日発行」を利用できるのは、以下の金融機関を引き落とし先口座に設定できる場合に限られます。

ライフカード公式HP「オンライン限定カンタン申込:対象金融機関一覧」

仮に「オンライン限定カンタン申込」対象外の金融機関を選択する場合には、書面のやり取りが必要になる以上、カード到着までには3~4週間ほどが必要になると見込まれます。

とは言え全国の地方銀行に加え信用金庫、労働金庫まで網羅しているので、ほとんどの場合では問題なくスピード発行を受けられることでしょう。

★クレジットカードの審査通過条件や本人限定受取郵便については、「クレジットカードの審査とカードの受け取りについて」のページをご覧ください。

まとめ

ライフカード「ステラ」は、通常のライフカードに充実の保険と海外キャッシュバックサービスをプラスしたカード
★その保険内容は年会費(1,250円+税)に対しかなり充実したもので、年会費の近い他社カードと比べても優秀
★保険以外の「ステラ」独自のメリットは「海外ショッピング利用3%キャッシュバック」。その還元率は何とライフカードの通常還元率の6倍にあたる。事前エントリーが必要なこと、キャッシュバックを受けられるのは「海外利用額年間80万円」までなことに注意。
「誕生月ポイント3倍」「入会から1年間は還元率1.5倍」「年間利用額に応じて還元率アップ」といったポイント関連サービズはあるが、基本還元率は高くない完全に「保険特化」のクレジットカードと言える

ライフカード「ステラ」は、保険に特化したピーキーなクレジットカード。 保険の利用機会がなければ選ぶ意味が無い一方で、旅行や自動車運転などの機会が多いのなら、トップクラスのコストパフォーマンスを誇るカードとなってくれることでしょう。

ライフカードStella(ステラ)の基本情報

カード名 ライフカードStella
申込み資格 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
提携カード
利用可能額 非公開
審査時間 最短即日
入手までの時間目安 1~2週間
入会金 無料
年会費 1,250円+税
(初年度無料)
支払日 毎月5日締め
26日・27日・28日または翌3日払い
支払い口座による
支払い方式 1回払い、分割払い、ボーナス併用分割払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い
分割払い(年率) 10.0%~14.9%
リボ払い(年率) 15.0%
キャッシング(年率) 15.0%、18.0%
遅延損害金(年率) 20.0%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 本人確認書類
本人限定受取郵便)
金融機関名 株式会社ライフカード
住所・所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
電話番号 0120-179-193
(ライフカードインフォメーションセンター)
新規お申込はこちら 「ライフカードStella」公式サイト


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。