ライフカードゴールドに年会費分の価値はある?メリット・デメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフカードゴールドに年会費分の価値はある?メリット・デメリットを徹底解説
「今使っている<ライフカード>から、ゴールドカードの案内が届いた。
年会費相当の価値があるなら、アップグレードを検討してもいいけれど…?」

ライフカードのゴールドカードは、年会費(11,000円)の甲斐あって通常カードの完全上位互換。
基本還元率などに差はないものの、これまでのカードに充実の付帯保険や空港ラウンジサービス等がプラスされる形となります。

が、この価格帯のゴールドカードには、似たようなメリットを持つライバルが多いという問題も…。

今回は「ライフカードゴールド」への入会を検討中のあなたのため、一般ライフカードやライバルカードと比べたこのカードのメリット・デメリットをまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたが「ライフカードゴールド」を選ぶべきか否かが分かります。

人気ゴールドカードランキング
MUFGカード
初年度年会費無料還元率0.5%
年会費がなんと2,095円(税込)。相場の5分の1という、格安ゴールドカード。
三井住友カードゴールド2020年新デザイン三井住友カード ゴールド
初年度年会費無料(オンライン入会)還元率0.5%~2.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが条件を満たせば年会費4,000円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!

「ライフカードゴールド」ってどんなクレジットカード?

「ライフカードゴールド」ってどんなクレジットカード?

それでは早速、「ライフカードゴールド」とはどういったカードなのか見ていきましょう。

①年会費は11,000円、サービス内容は通常のライフカードの完全上位互換

「ライフカードゴールド」の基本情報は以下の通りです。

ライフカードゴールド
年会費基本還元率
11,000円
(家族会員無料)
0.5%
(LIFEサンクスポイント)
国際ブランド付帯保険
VISA
Mastercard
☆海外旅行保険
☆国内旅行保険
☆ショッピング保険
☆シートベルト保険
(詳細公式HP)
電子マネーETCカード
Apple Pay
Google Pay
ID専用カード(任意発行)
☆年会費、手数料ともに無料
申込み条件
23歳以上で、安定した継続収入のある方がお申込みいただけます。
その他の特典など
☆ゴールドカードにしかない特典、または一般カードより優れた特典

年会費は11,000円(税込)と標準的なゴールドカード相当。
一般のライフカード(無料)と比べた際の主な利点は、付帯保険や各種特典内容ですね。このあたりに年会費に値する魅力を感じられたなら、アップグレードの理由としては十分でしょう。

一方でポイントサービスに、一般カードとの違いはありませんのでご留意ください。
基本還元率は据え置きの0.5%です。誕生月優待や利用額に応じた還元率優遇は存在しますが、還元率重視ならもともとの数字に優れた他社カードを選ぶべきでしょう。

②珍しいサービスは「シートベルト保険」「弁護士無料相談サービス」か

後に例を挙げて紹介させて頂きますが、年会費11,000円程度のカードは競争相手が非常に多いです。

そんな中、他社にあまりない「ライフカードゴールド」独自の利点について、真っ先に挙げられるのは、

シートベルト保険(最高200万円)
┗国内、自動車搭乗中にシートベルトを装着していた上での不慮の事故に対する補償
弁護士無料相談サービス(1時間)
┗提携法律事務所との電話または面談による相談

の2つでしょうか。
他社カードとの差別化を前提としたとき、以上の2点に魅力を感じたなら、「ライフカードゴールド」への申込みの意味は十分と言えるでしょう。

……とは言え、

  • 「シートベルト保険」の内容は任意の自動車保険で賄える
  • カード特典に関係なく無料相談を行っている法律事務所の存在

といった点を考えると、「独自の特典」目当てで「ライフカードゴールド」へ申し込むべき方はごく限られると言わざるを得ないかもしれません。

★その他の旅行保険や「L-Mall」含むポイント優遇、国内空港ラウンジサービス等に関しては多くの他社も同様のサービスを提供しているため、「申込み先にライフカードゴールドを選ぶ」理由にはなりづらいのが現状です。

③この価格帯のゴールドカードの割には取得しやすいが、ステータス性は微妙

正直なところ、サービス面では他社カードとの差別化を見込みにくい「ライフカードゴールド」。
そんな中において、明確でこそ無いもののこのカードの特色として挙げられるのがその「取得しやすさ」です。

比較的わかりやすい所から見ていくと、同価格帯の他社カードと比べた申込み条件の甘さは明らかですね。

年会費1.1万円のゴールドカード申込条件
ライフカードゴールド23歳以上で、安定した継続収入のある方
三井住友VISAゴールドカード原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
UCカードゴールド原則として満25歳以上で年収500万円以上の方

「23歳以上」という年齢制限のみが設定され、年収基準が設けられていない点を見ると、審査通過に最低限必要な年収目安や信用は、「大卒2年目の会社員」程度となるでしょうか。

また、「ライフカード」ではしばしばブラック状態の方の通過例も確認されています。
信用情報上の不安がある場合にも、「ライフカード」系列へ申し込んでみる価値はあるでしょう。

★ただし「ゴールドカードのわりに取得しやすい」ということは、裏を返すと「ゴールドカードとしての<箔>がない」ということでもあります。
ライフカードという会社の成り立ち(消費者金融アイフルの子会社)を考えても、このカードをいわゆる「ステータスカード」として使うことは難しいと言わざるを得ないでしょう。

④基本的には既存ライフカードユーザーや、審査に不安がある方向け

ここまで解説してきた「ライフカードゴールド」の特徴をまとめると、以下のようになります。

「ライフカードゴールド」簡易まとめ
  • サービス内容は無料ライフカードの上位互換
  • ライバルカードとの差別化点は
     ・シートベルト保険
     ・弁護士無料相談サービス
    だが、クレジットカードの特典として優先的に選ぶべきかと言うと疑問が残るかも
  • 同価格帯のゴールドカードに比べると取得難易度が低め

以上の内容から、「ライフカードゴールド」は、

▶現在すでにライフカードを利用中、年会費を支払ってさらに上位のサービスを受けたい
▶ゴールドカードが欲しいが、審査にあまり自信が持てない

といった層向けのクレジットカードと言えます。

広い層にためらいなくおすすめできるカード…とは言い難いものの、ライフカードの利点があなたの希望に合致するようであれば、そのまま申込みを決めてしまっても良いでしょう。

ブラック状態でも作成できるデポジットカードについて

ライフカードは「消費者金融の子会社で、元々ステータス性を気にする方にとって申込み先候補に入らない」という特性を活かしてか、「普通の会社でカードを作ることが難しい人」を対象にしたPRを積極的に行っています。

その中でも特に象徴的なのが、「ライフカードdp(デポジット)」というカードシリーズ。
こちらは簡単に言うと、「事前に限度額相当のお金を預け入れることで、信用が無くてもカードが作れる」というものですね。こちらのシリーズにもゴールドカードが存在します。

もしもあなたがブラック状態、あるいはそれに準じるくらい信用を欠く状況にあるのなら、こういった特殊なカードへの申込みを検討しても良いでしょう。

…とは言えデポジット(預入金)の負担は一時的とは言えかなり高額なものとなりますから、デポジットカードへの申し込み検討は通常のライフカード(ゴールド)の審査に落ちてからでも遅くはありません。

デポジット型ライフカード:「最も審査が甘い?」噂のクレジットカードの注意点
2020.09.08

主要他社ゴールドカードと「ライフカードゴールド」の比較

主要他社ゴールドカードと「ライフカードゴールド」の比較
ここからは、「ライフカードの他に自分に合ったカードがありそう…」というあなたのため、他社ゴールドカードとライフカードゴールドを簡単に比較させて頂きましょう。

★特記が無い限り、すべてのゴールドカードで国内空港ラウンジサービスを利用可能です。
またいずれのカードにも旅行保険が付帯しています。(金額などの詳細については公式HP参照)

主なゴールドカードの一覧(年会費が安い順)
年会費
※税込
還元率その他
オリコカード(ザ・ポイント)券面ORICO CARD
THE POINT
PREMIUM GOLD
1986円1.0
  • iDQUICPay付帯
  • クラブオフ
  • 空港ラウンジサービス無し
  • JCBゴールドEXTAGE券面JCBカード
    ゴールド
    EXTAGE
    3300円0.5
  • 20代専用
  • セブンイレブン等で優待
  • 堅実なステータス性
  • ミライノカードゴールド券面ミライノカード
    GOLD
    3300円1.0
  • QUICPay付帯
  • 住信SBIネット銀行で優待
  • 振込手数料他

    三井住友プライムゴールド券面三井住友プライムゴールドカード5500円0.5
  • 20代専用
  • 大手コンビニ等で優待
  • iD付帯
  • 堅実なステータス性
  • ジャックスカードゴールド券面ジャックスカードゴールド5500円
    ※2
    0.5~
  • 17万店舗以上の優待
  • 年会費に対し保険充実
  • ライフカードゴールド券面ライフカードゴールド11000円0.5
  • シートベルト保険
  • 1時間の弁護士無料相談サービス
  • セゾンゴールド・アメックス券面セゾンアメックスゴールド11000円0.5
  • 国際線手荷物無料配送(復路のみ)
  • その他優待店
  • dカードゴールド券面dカードGOLD11000円1.0
  • ドコモユーザーに大幅還元
  • 利用額優待
  • iD付帯
  • 三井住友ゴールド券面三井住友カードゴールド0.5
  • 目安30代~
  • 大手コンビニ等で優待
  • iD付帯
  • 堅実なステータス性
  • JCBゴールド券面JCBゴールド0.5
  • セブンイレブン等で優待
  • QUICPay付帯も選択可
  • 航空機遅延補償含む保険充実
  • 堅実なステータス性
  • Amazonゴールドかード券面Amazonカードゴールド1.0
  • プライム会員資格付帯
  • Amazon優待
  • 楽天プレミアム券面楽天プレミアムカード1.0
  • 海外空港ラウンジ
  • 楽天市場で優待
  • アメックス・グリーン券面アメリカン・エキスプレスカード13200円0.3
  • 空港ラウンジ
    └同伴者1名も無料
  • 空港関連の優待
  • ステータス性◎
  • ANA VISAワイドゴールドカード券面ANAワイドゴールドカード15120円2.0~※1
  • ANAや空港関連優待
  • 堅実なステータス性
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A ゴールド券面JAL
    CLUB-Aゴールドカード
    17600円2.0~※1
  • JALや空港関連優待
  • 堅実なステータス性
  • ダイナースクラブカード券面ダイナースクラブカード24200円0.3
  • 海外空港ラウンジ
  • 空港ラウンジ
  • レストラン優待他
  • ステータス性◎
  • ANAダイナースカード券面ダイナースANA29700円2.0~※1
  • 上の欄の特典に加え、ANA優待
  • アメックス・ゴールド券面アメリカン・エキスプレスカード
    ゴールド
    31900円0.3
  • 空港ラウンジ
    └同伴者1名も無料
  • 空港関連の優待
  • レストラン優待他
  • ステータス性◎
  • ※1 マイルを国内線航空券と交換する場合の目安値

    あなたがクレジットカードを選ぶ上で、

    • 還元率や付帯サービスの充実
    • ステータス性

    を重視したいのであれば、「ライフカードゴールド」よりも目的に適う他社カードを選んだ方が良いでしょう。

    各ゴールドカードについてより詳しく知りたい場合には、以下のページも参考にしてみてくださいね。

    目的別おすすめゴールドカード:高信用、高還元、低年会費他
    2020.09.29

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 「ライフカードゴールド」は、通常の無料ライフカードの上位互換。
      とは言えライバルカードの存在を考えると、このカードへ申し込むべきは

      • 既存ライフカードユーザー
      • ゴールドカードが欲しいが、審査に自信が無い

      といった方となるか

    • ステータスカードとして使うには少し無理があるが、これを逆手に取った「デポジットカード」の存在は信用情報に問題のある方にとってチェックして損なし

    基本サービス面から見ると、どうしてもライバルカードの存在が気になる「ライフカードゴールド」。
    ステータス性の点を考えても、広い層におすすめとは言い難いものの…。
    「取得しやすさ」はじめとする独自の利点に魅力を感じたなら、申込みの理由としては十分と言って良いでしょう。

    ライフカードゴールドの基本情報

    カード名ライフカードゴールド
    申込み資格23歳以上で、安定した継続収入のある方
    提携カード
    利用可能額30万円~200万円
    審査時間最短即日
    到着までの目安1~2週間程度
    入会金無料
    年会費1万円+税
    支払日毎月5日締め
    26日・27日・28日または翌3日払い
    (支払い口座による)
    支払い方式1回払い、分割払い、ボーナス併用分割払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い
    分割払い(年率)10.0%~14.9%
    リボ払い(年率)15.0%
    キャッシング(年率)13.505%
    遅延損害金(年率)20.0%
    担保不要
    保証人不要
    必要書類原則不要
    (オンライン口座登録時)
    金融機関名株式会社ライフカード
    住所・所在地神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
    電話番号0120-179-193
    (ライフカードインフォメーションセンター)
    貸金業登録番号関東財務局長(4)第01481号 日本貸金業協会会員 第005681号
    新規お申込はこちら「ライフカードゴールド」公式サイト
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。