JTB旅カードJMBは初めての海外旅行に最適!還元率最大2.0%でマイルも貯まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「海外旅行に備えてカードを作りたい。
旅行会社が発行しているJTB旅カードJMBならお得なサービスがたくさん受けられるかな?」

はい、その通りです!
「JTB旅カードJMB」は海外旅行保険が無条件で適用される上に、JALマイルを貯めることも可能。さらに、JTBとJCBの役立つトラベルサービスも受けることが出来るんですよ!

今回は「JTB旅カードJMB」のメリットを、他のJCBカードの比較と交えてご紹介します。
「JTB旅カードJMB」を使って、海外旅行を今まで以上に楽しみましょう!

「JTB旅カードJMB」の特徴を見てみよう!

「JTB旅カードJMB」は、独自のポイントシステムの「JTBトラベルポイント」「JALマイル」を同時に貯められたり、海外旅行傷害保険がクレジットカード利用をすることなく自動で付帯していたりと旅行好きにはもってこいのクレジットカードです。
その他にも、会員限定のお得な優待サービスなども充実しているので普段使いにも適しているカードとなっています。

①まずは基本情報と申し込み条件を確認しよう

「JTB旅カードJMB」は、大手旅行会社JTBと航空会社JALが国内唯一の国際ブランド株式会社JCBと提携して発行しているクレジットカードです。

まずは、基本情報を見ておきましょう。

★JTB旅カードJMB

年会費 2,000円+税 国際ブランド JCB
基本還元率 1.0% 利用可能枠 10万円〜100万円
海外旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯 国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯
ショッピング補償 最高100万円(カード利用 追加発行可 家族カード

ETCカード
付帯電子マネー QUICPay 支払日 毎月15日締め
翌10日払い
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)

年会費は2,000円+税で国際ブランドはJCBのみの設定となっています。

家族カードも追加発行可能で、最大8枚まで作ることができます。
家族会員の年会費は1,000円+税です。

また、ETCカードを発行することもできます。もちろん年会費は無料です。

さすが旅行会社が発行しているクレジットカードということで、国内外の旅行傷害保険も付帯しているのは嬉しい設定です。
海外旅行傷害保険に限っては自動付帯なのも良い感じです。

さらに、ショッピング保険も「JTB旅カードJMB」で購入した商品に限り補償される利用付帯とはなりますが、旅行の時などは、この保険がついているだけで非常に安心できますよ。

また、申し込み条件も18歳以上からとなっているので、旅行好きな大学生(20歳未満は親権者の同意必要)でも一枚持っておけば、とても活躍できるクレジットカードとなっています。

ご自分が審査に通るかどうか不安に思った場合は、クレジットカードの審査通過条件と確認電話【実録】を参考にしてください。

<なぜ「JMB」?「JCB」じゃないの?>

「JTB旅カードJMB」は、「国際ブランドが「JCB」なので「JMB」ではなくJCBの間違えではないの?」と勘違いしまいがちなのですが、「JMB」とは、「JALマイレージバンク」の略です。

JTBとJALが提携して発行しているクレジットカードということでこのような名称になっています。

旅行会社と航空会社の発行しているクレジットカードなのだから、当然旅行にスポットを当てたクレジットカードに仕上がっています。
後ほど詳しく説明しますが、このカードの一番の特徴である、JTBのポイントとJALマイレージが同時に貯まっていくというポイントシステムが旅行好きにはたまらない設定となっています。

やっぱり「JTB」と「JMB」と「JCB」は少しややこしくてわかりづらいですよね…..

②一番のポイントは「JTBトラベルポイント+JALマイル」を同時に貯められること

「JTB旅カードJMB」は、通常のJTBトラベルポイントに加えて、飛行機での移動にJALを利用することでマイルも同時に貯めることができるクレジットカードです。
つまり、「クレジット機能」+「JTBトラベルポイントシステム」+「JALマイレージカード」が一体型のクレジットカードとなっています。
なので、特別な手順を踏むことなくカード利用するだけで、ポイントとJALマイルを貯めることが可能となっています。
さらに、「JTB旅カードJMB」でJTB海外ツアー商品を購入することで「JALツアーマイル」500マイル貯まるのです。

まずは、「JTBトラベルポイント」から順を追って説明していきますね。

⑴JTBトラベルポイント

「JTBトラベルポイント」は、「JTB旅カードJMB」のショッピング利用や「JTBトラベルメンバー」が旅行商品などを購入した際に貯まるポイントのことです。
貯まった「JTBトラベルポイント」は、1P→1円相当としてJTBホームページやJTB販売店で利用することができます。

ポイントの利用単位は、利用シーンによって異なります。

JTBホームページ 100P単位
JJTBグループ販売店 1,000P単位

となっていますので、有効期限(ポイント付与確定日から翌年末まで)の迫っているポイントはJTBホームページで消化するなど、工夫するといいと思います。
ポイントを無駄なく利用できるのは嬉しいですよね。

JTB旅カードJMBのポイント還元率は安定の常時1.0%です。普段のショッピング利用、ガソリン、スマホ代、電気・ガス・などの公共料金の支払いなどももちろん対象。

通常利用

常時1.0%

JTB販売店

追加で0.5%

JTBホームページ

追加で0.5%〜1.0%

さらに、JTB販売店やJTBホームページを利用することで通常ポイント1.0%に加えて、追加ポイント還元を受けることができます。
全国863店舗あるJTBグループ販売店での利用なら基本ポイント1.0%加えてさらに0.5%、JTBホームページ事前決算なら0.5%〜1.0%のポイントが追加付与されます。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度ですから最大2.0%のポイント付与は、とても高還元となっています。

⑵JALマイルは「フライトマイル」+「ツアーマイル」が貯まる

JALマイレージバンクは、カード入会するだけで利用することができます。JALのフライト利用はもちろんのこと。様々なシーンでマイルを貯めることができます。

  • 「フライトマイル」….. JALグループ航空機などに搭乗した際に貯まる通常マイルのこと
  • 「ホテルマイル」….. 世界各国15,000軒の提携ホテルを利用すると貯まるマイルのこと
  • 「マイルパートナー」….. 店舗・インターネットでのショッピング利用で貯まる

さらに、提携しているホテルを予約すると貯まる「ホテルマイル」やショッピングなどで貯まる「マイルパートナー」もあります。

その他にも、宅配サービスやレンタカーなどの旅行の準備、旅行先でもマイルを様々なところで貯めることができます。

そして、このカードの特徴として強調しておきたい特典は「JAL海外ツアーマイル」です。 「ルックJTB」「JTBグランドツアー」で海外ツアー商品を購入すると、往復で500マイルがもれなく貯まります。

「フライトマイル」「JAL海外ツアーマイル」でマイルをガンガン貯めちゃいましょう。

また、貯めたマイルはJTBトラベルポイントに簡単に交換することもできます。
JALのホームページからたったの2ステップで交換できます。
手続きには1分もかかりませんよ。(適用には最大5日を見ておく必要はあります)

JALマイルからJTBトラベルポイントへは等価交換

10,000マイル→10,000トラベルポイント

JTBトラベルポイントからJALマイルへの交換は50%交換

5,000トラベルポイント→2,500マイル

交換して獲得したマイルとトラベルポイントには有効期限があるので注意が必要です。
マイルは交換申し込み日から36ヶ月後の月末まで。
トラベルポイントは積算日の翌年末までです。

③最大1,000万円の海外旅行保険が無条件で付与される!

⑴海外旅行傷害保険

「JTB旅カードJMB」は、海外旅行傷害保険が自動付帯していて旅行先での万一のケガや病気に備えることができます。
補償内容は以下の通り。

★海外旅行傷害保険 補償内容(自動付帯)

項目 本会員・家族会員
死亡・後遺障害 最高1,000万円
傷害・疾病治療費 最高150万円
賠償責任(自己負担額1,000円) 最高2,000万円
救援者費用 最高200万円

「死亡・後遺障害補償」は、最高1,000万円まで補償。そして、一番利用する可能性が高い「傷害・疾病治療費補償」最高150万円まで補償してくれます。 「傷害・疾病治療費補償」は、旅行先での万一のケガや病気の際に、現地での入院、治療費を補償してくれるとても重要な保険です。
なので自動付帯してくれている「JTB旅カードJMB」は海外旅行の際、とても心強いクレジットカードとなります。

でも、これだけの補償額では不安という場合には、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯している「エポスカード」と併用するのがおすすめです

海外旅行傷害保険の補償内容は以下の通り。

★エポスカード海外旅行保険補償内容

種類 金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円(自動付帯
傷害治療費用 200万円(1傷害の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円
携行品損害 20万円
エポスカードの傷害・疾病治療費用と併用すると、、、
JTB旅カードJMBの治療費用補償
150万円

エポスカードの治療費用補償
(入院・通院200万円
または
(疾病治療費270万円

=最高420万円

「エポスカード」を併用することで、傷害治療費は最高350万円
疾病治療費は最高420万円まで補償内容を上乗せすることが可能ですよ。

これだけの補償額を備えておけば、万一のケガや病気もほとんどの場合なんとかなりますね。

エポスカードについて詳しくは、エポスカードのメリット・デメリットをご覧ください。

⑵国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険も利用付帯ながら付いています。

★国内旅行傷害保険 補償内容(利用付帯)

項目 本会員
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院日額 なし
手術費用 なし
通院日額 なし

補償内容としては、最低限のものとなっていますが、万一に備えて付帯しているのは嬉しい設定です。

でも、どうしても国内旅行保険の補償額も充実させたい場合は「JTB旅カードJCBゴールド」がおすすめです。

詳しくは、
▶︎JTB旅カード JCBゴールドは高還元率1.5%!しかも海外旅行に強い!

④「ロード・ホームアシスタンス」など日常生活に役立つサービスも充実!

JTB旅カードJMBには、「ロードアシスタンス」「ホームアシスタンス」が付帯されています。
どちらも突然のトラブルの時、役に立つサービスなので付いていると助かることがあります。

⑴ロードアシスタンス

JTB旅カードJMBには、24時間365日年中無休で対応してくれるロードサービスが無料付帯されています。

  • レッカーサービス
  • 故障時現場対応応急修理サービス
  • 宿泊費用、帰宅費用、搬送費用サービス

まずレッカーサービスとは、事故などでその場から動けなくなった場合、現場から最寄りの整備工場まで運んでもらえるサービスです。30kmまでのけん引、基本料金、出張料金を無料で対応してもらえます。
これならその場から動けなくなってしまった時なども安心です。

故障時現場対応応急修理サービスとは、思いがけない故障、トラブルがおきた時、その場で応急修理対応してくれるサービスです。
以下のようなトラブルには現場対応可能です。

  • バッテリー上がり
  • パンク
  • カギ開け
  • ガス欠時のガソリン補充

また、これら以外のトラブルでも30分以内で対応できる故障なども無料で応急作業してもらえます。

さらに、宿泊費用、帰宅費用、搬送費用サービスも補償してくれるからすごい。
事故や故障をした後、自走不能で修理を余儀なくされた時のアフターフォローも安心の無料サービスとなっています。

事故当日、帰宅が困難だと判断された時、宿泊費用をサポートしてもらえます。
宿泊費用は原則、最寄りのビジネスホテルクラスとなります。

最寄りのビジネスホテルクラスとなります。
JTB公式HP

帰宅費用は、自宅までの公共交通機関を利用してかかった費用を負担してもらえます。
宿泊費用、帰宅費用も後日返金請求をしないといけないので領収書などはしっかりと残しておきましょう。

⑵ホームアシスタンス

JTB旅カードJMBには、自宅での急なトラブルにも対応してくれるサービス「ホームアシスタンス」が付帯しています。
緊急トラブルや健康相談から年金、法律相談まで受けることができるのです。

  • 水回りトラブルの緊急対応
  • 鍵紛失などのトラブル対応
  • ガラス破損などでの業者の手配や応急処置対応
  • 医療健康相談
  • 食生活相談
  • 法律相談
  • 年金・税金相談

このような、緊急トラブルや日常生活での相談サービスが無料で付いています。
いざという時助かるサービスばかりです。

⑤「えらべる倶楽部」などオトクな会員専用トラベルサービスに注目

「JTB旅カードJMB」では、全国10,000ヶ所以上の提携施設で利用することのできる優待特典「えらべる倶楽部ライフ」があります。
ホテルやレジャー施設など特別価格で利用することができます。

  • 東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンのチケットを特別価格で購入できる
  • エースJTBやルックJTBでの旅行代金を5%補助などの優待価格で購入できる

一部の優待とはなりますが、このようなお得なサービスがあります。

利用方法も簡単。
カード裏面の「えらべる倶楽部」のマークを施設の受付で呈示するだけで大丈夫です。

「Visa/MasterCard」ではなく「JTB旅カードJMB」を選ぶ理由は?

「VISAやMasterCard」ではなく「JTB旅カードJMB 」を選ぶ理由は、ズバリJCB独自の無料付帯サービスがとても優れているからです。

①「インフォメーションサービス」と「Jiデスク」

「JTB旅カードJMB」では無料で利用することができる「インフォメーションサービス」があります。
海外出発前に役立つ情報提供や事前の予約、手配などを24時間年中無休で、しかも無料でサポートを受けることが可能です。

また、海外55都市に設置されている「Jiデスク」では旅行中、万一の盗難や急病などの様々なトラブルを日本語スタッフが対応してくれます。

緊急時以外も、オプショナルツアーやホテル予約、情報提供から送迎の手配なども受けることが可能です。

慣れない海外旅行で、アドバイスや面倒な手続きを代行してもらえるのはとても助かりますよ。

②たびらば(旅LOVER)

海外旅行で役立つ情報や優待特典を受けることのできる「たびらば(旅LOVER)」が便利で安心のサポートをたくさん提供しています。

その中でもおすすめのサポートとお得な優待特典はこのような内容となっています。
▲旅らば(旅LOVER)HP
旅らば(旅LOVER)HP

「LINE」を使って「現地の最新情報検索」「ちょっとした相談」まで手軽にLINEで済ませることができます。
利用方法はとても簡単。
「JCB LINE公式アカウント」友達追加するだけです。旅行中も現地滞在の日本人スタッフが対応してくれるので安心ですよ。

また、「たびらば(旅LOVER)」にはJCB会員限定優待サービスで旅行予約サイト「エクスペディア」から予約すると、ホテル料金が8%offになる特典があります。

たびらば(たびLOVER)HP</a>
たびらば(たびLOVER)HP

例えば、タイ首都バンコク、5スターホテルの「マンダリン オリエンタル・バンコク」を予約した場合、普段は49,500円のところを45,540円で利用することができます。

「エクスペディア」は、世界3万都市に渡る人気ホテルや400社の航空会社と提携している、世界最大のオンライン旅行予約サイトです。これだけの提携件数があれば好みのホテルは必ずみつかるはずです。
そんな「エクスペディア」8%offで利用できるのはすごくお得感がありますよね。
さらに、合計10万円以上の航空券+ホテルの予約2500円offの特典も受けることができます。
合わせて利用することでさらにお得に予約することが可能です。
利用方法は、予約時に指定クーポンコードを入力するだけ。
ただし、利用の際注意しないといけない点がいくつかあります。

  • 支払いにはJCBカードを利用すること
  • 優待期間は2019年1月31日までと
  • 優待が適用されるにはJCBカードとエクスペディアの提携サイトからの予約のみと

まず、予約の支払いはJCBカードを利用しなければクーポンコードを利用することができません。 2019年1月31日という期間設定があるので、この期間中のみの優待サービスとなっています。
また、JCBカードとエクスペディアの提携サイトからでないと割引を受けることができません
他サイト経由や直接エクスペディアへのアクセスだと利用することができませんので気をつけましょう。

アクセスはこちら︎

また、便利なスマホアプリ「JCB海外優待たびらば」もあります。
「JCB海外優待たびらば」

「JCB海外優待たびらば」アプリダウンロード

「JCB海外優待たびらば」とは、JCBのお得な優待情報や旅行先で役立つ機能がたくさん詰まった便利でお得なスマホアプリです。

グアム、ロサンゼルス、台湾など人気海外エリアの優待情報を検索することができます。

アプリのサービス内容としてはこんな感じです。

  • 全23エリアから優待店の検索ができる
  • オフラインで利用できるエリアマップ
  • JCBプラザ ラウンジ情報などのサービスチェック
  • チップ計算機能
  • 英語フレーズ集
  • 現地情報

アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの人気エリアの優待店検索が簡単に検索することができます。
また、オフラインで利用することのできるエリアマップナビ機能はとても便利です。
海外ではマストな機能といってもいいです。

<「海外旅行ではJCBカードは不向き」って聞いたんだけど…>

結論から言うと、JCBは日本人観光客の多い国などでは、問題なく利用できますが、それ以外の国だと利用できる店はすごく少なくなります
アメリカ大陸では取扱店が拡大しています。
アジア特に韓国、台湾など以外に旅行に行かれる際には、VISAやMasterCardを一枚持っておくといいと思います。

ただ、主要都市など日本人に人気の観光地ではJCBは力を発揮します。

例えば、ハワイなどではJCBカードを持っていることで様々な優待サービスやサポートを受けることができます。

ワイキキ中心部を走るトロリーに無料で乗車できたり、JCB会員限定の無料ラウンジを利用できたりもします。

また、ホテルやレストランなどの予約を頼むことのできる「JCBプラザ」が無料で利用することもできます。
もちろん日本語での対応なので安心です。

詳しくは、
▶︎ハワイ旅行ならこのクレジットカードで決まり!お得な優待サービスで遊び尽くせ!

他の海外旅行保険付きJCBカードと比較してみよう

カード選びをするときには、他のクレジットカードとの比較が重要となってきます。
今回は、海外旅行保険が付帯しているJCBカードとの比較をいくつか紹介します。

①「楽天ANAマイレージクラブカード」はマイルが貯まるが、国内保険はなし

★JTB旅カードJMB

年会費 初年度無料
2年目以降540円
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし 追加発行可 家族カード

ETCカード
付帯電子マネー 楽天Edy 支払日 毎月月末締め
翌27日払い
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)で楽天会員登録済みの方

「楽天ANAマイレージクラブカード」は、ANAのマイルを貯めることのできる一体型クレジットカード。

年会費は初年度無料、2年目以降は540円となります。
ですが、1回以上のカード利用で無料となるので条件設定としてはかなり低く設定されています。実質無料と考えてもいいでしょう。

旅行傷害保険は、海外旅行が最高2,000万円までで利用付帯となっています。

補償金額は以下の通り。

★楽天ANAマイレージクラブカード海外旅行補償内容

死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療費 200万円まで
賠償責任 2,000万円まで
救援者費用 200万円まで
携行品損害 20万円まで

付帯条件は利用付帯です。
利用付帯は、出発当日などの空港までの移動手段、公共交通機関等の利用料金をカード利用することでも付帯されます。

しかし、国内旅行は付帯されていないので「国内旅行保険も欲しい」と考えている、またはJALマイル派の場合は「JTB旅カードJMB」の方がいいですね。

しかし、ANAマイルが貯めたくて場合、年会費実質無料でANAマイルが貯まって、旅行保険が付帯する「楽天ANAマイレージクラブカード」はコスパはかなりいいですけどね。

「楽天ANAマイレージクラブカード」「JTB旅カードJMB」と比べて選ぶ理由をあげると以下のようなものがあります。

★JTB旅カードJMBと比べて優れていること

  • 年会費が実質無料
  • ANAマイルが貯まる
  • 海外旅行傷害保険の補償内容が充実している(ただし利用付帯

あわせて読みたい
楽天ANAマイレージクラブカードのマイルとポイントは貯るのか?マイレージカード全解説

②「JCBカードW」は日常使いでも便利、女性にうれしい「plus L」もある

JCBカードW

国際ブランド JCB
年会費/
ETC年会費
無料 還元率 1%〜7%
  • 39歳以下だけが申し込める特別限定のJCBカード!
  • 普段からポイント2倍で、さらに、Amazonやセブンイレブンの利用はポイント3倍
  • よく行くコンビニやイトーヨーカドー・スターバックスなどでもポイント3倍~5倍
  • 国内・海外の旅行保険が最高2000万まで補償!
  • ◎家族カード有り

9月30日までの入会で最大11,000円ぶんもらえる!↓

★JCBカードWとplus L

年会費 無料 国際ブランド JCB
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 最高100万円(利用付帯) 追加発行可 家族カード

ETCカード
付帯電子マネー QUICPay 還元率 1.0%〜
申し込み条件 18歳以上39歳以下(高校生は除く)

「JCB CARD W(plus L)」は、年会費無料でポイント還元率1.0%以上を実現している高還元カードです。

普段のカード利用でもポイントをたくさん貯めることができるのでおすすめ。
また「JCBオリジナルシリーズパートナー」の利用で最大20倍のポイントを貯めることができるのが最大の魅力です。

さらに、海外旅行保険が年会費無料で付帯しているのもポイントとなります。

補償内容は以下の通り。

★JCB CARD W(plus L)海外旅行補償内容

死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療費 100万円まで
賠償責任 2,000万円まで
救援者費用 100万円まで
携行品損害 20万円まで

付帯条件は利用付帯です。
利用付帯とは「JCB CARD W(plus L)」で、海外渡航するまでの公共交通機関の利用料金をカード利用などすることで付帯されます。

あとは、海外旅行に限りショッピング保険も付帯しています。

こちらもカード利用が条件となっていますが、100万円を限度に補償してくれるので万一の破損などに備えることができます。

また、このカードの一番の特徴としては、女性向けのサービスを備えた「plus L」があると言う点です。

「plus L」は、女性疾病保険が任意付帯しているクレジットカードになっているのです。
しかも、掛け金は290円からととても低い金額設定となっています。

▲JCBカード公式HP
JCBカード公式HP

この保険は乳がん、子宮がん、妊娠合併症など女性特有の病気での入院、手術は、通常保険金の2倍の額を補償してくれるというものです。

この機会に、補償金額を充実させておきたい場合は入っておくと、とても安心ですね。
ただし、気をつけないといけないことは、このクレジットカードは申込み資格39歳以下が入会対象だという点です。

「JCB CARD W(plus L)」「JTB旅カードJMB」と比べて選ぶ理由をあげると以下のようなものがあります。

★JTB旅カードJMBと比べて優れていること

  • 年会費が無料
  • 女性疾病保険に特別料金で月々290円〜加入することができる
  • 海外旅行傷害保険の死亡補償等の補償内容が最高2,000万円(ただし利用付帯

③「リクルートカード」は高還元率、よく使う電子マネーも搭載できる

★リクルートカード

年会費 無料 国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯 国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯
ショッピング補償 最高200万円(カード利用 追加発行可 家族カード

ETCカード
付帯電子マネー VISA/MasterCard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、smartICOCA

JCB:nanaco、モバイルSuica
還元率 1.2%
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)

「リクルートカード」は年会費無料でポイント還元率1.2%の驚異の高還元率クレジットカードです。

また、電子マネー搭載もしていて種類も豊富です。
国際ブランドごとに搭載される電子マネーが異なりますので気をつけましょう。

★利用可能電子マネー

VISA/MasterCard nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、smartICOCA
JCB nanaco、モバイルSuica

電子マネーのチャージでもポイント加算の対象となるので普段から上記の電子マネーを利用している場合は嬉しい設定となっています。

さらに、旅行傷害保険やショッピング保険が海外、国内共に利用付帯とはなりますが付いているのもこのカードの特徴です。

★リクルートカード旅行傷害保険補償内容

海外 国内
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高1,000万円
傷害・疾病治療費 100万円まで なし
賠償責任 2000万円まで なし
救援者費用 100万円まで なし
携行品損害 20万円まで なし
ショッピング保険 200万円まで 200万円まで

国内外で補償してくれる、旅行傷害保険とショッピング保険が年会費無料で付いてくるのは旅行好きには嬉しい設定となっています。

ただし入会の際、リクルートIDを発行してからの申し込みとなるので他のカードより一手間多いです。

また、ポイント還元率は確かに高いのですが、利用先はリクルート関連のみ(じゃらんやホットペッパーなど)とポイントの使い道が限定されてしまいます。

しかし、持っていて損のないクレジットカードとなっています。 「リクルートカード」「JTB旅カードJMB」と比べて選ぶ理由をあげると以下のようなものがあります。

★JTB旅カードJMBと比べて優れていること

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率1.2%と高還元
  • 利用可能電子マネーが充実
  • 国内外旅行傷害保険が付帯している(ただし利用付帯

あわせて読みたい
リクルートカードとETCカードを作る5つのメリット:ETCカードつきクレジットカード100選

<余裕があれば「ゴールドカード」もチェックしてみよう>

実は、JTB旅カードにはワンランク上のゴールドカード「JTB旅カードJCBゴールド」というカードがあります。
年会費15,000円+税で高めの設定となっていますが、旅行保険等の補償内容もかなりグレードアップしています。
もし余裕があるならば、選択肢に入れてみても良いクレジットカードでとてもおすすめです。

補償内容は以下の通り。

★JTB旅カードJCBゴールド

年会費 15,000円+税 国際ブランド JCB
基本還元率 1.5% 利用可能枠 50万円〜350万円
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯 国内旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯
ショッピング補償 国内外最高500万円(カード利用 追加発行可 ETCカード

家族カード

付帯電子マネー QUICPay 支払日 毎月15日締め
翌10日払い
申し込み条件 20歳以上(高校生は除く)

旅行傷害保険やショッピング保険の補償内容はご覧の通りとても充実しています。
ポイントの還元率も常時1.5%と高還元率です。

旅行向けクレジットカードの中でもトップクラスの内容となっています。

詳しくは、
あわせて読みたい
JTB旅カード JCBゴールドは高還元率1.5%!しかも海外旅行に強い!

「JTB旅カードJMB」申し込みからカードが届くまで

「JTB旅カードJMB」のカード申込みは以下の3通りの方法で申し込めます。

  • オンライン申し込み
  • JTB販売店
  • 通常郵送

ですが、オンライン入会がスピーディーで簡単なのでおすすめ。

オンライン入会の申し込みの流れとしては以下の通りです。

JTB旅カードJMB申込の流れ

JTB旅カードJMBの公式HPにアクセス

規約に同意
 個人情報取扱に関する条項
 会員規約
 を確認の上「同意する」をクリック

個人情報の入力
 申し込みフォームに必要事項を入力

申し込み内容の確認

受付番号・本人確認方法の設定等

審査・発行手続き

カード発行

上記の申込み手順が完了いたしますと、約2週間〜3週間程度でお手元に届きます。

<急な旅行ですぐにクレジットカードが欲しい場合はエポスカードがおすすめ!>

海外旅行出発まで時間がない。でも保険が付いているクレジットカードを作っておきたいという場合には、「エポスカード」が最短即日発行でおすすめです。

あらかじめWEB申込みを完了させておき、審査が通れば全国のマルイ店頭で受け取りが可能です。
より即日発行をスムーズにするためには、WEB申込みが最善策ですよ。 
エポスカードについて詳しくは、エポスカードのメリット・デメリットをご覧ください。

まとめ

★JTBポイントとJALマイルを同時に貯めることができて効率的で海外旅行保険も自動付帯なのは「JTB旅カードJMB」だけ
★会員専用の付帯サービス「ロードアシスタンス」「ホームアシスタンス」が便利
★全国10,000ヶ所以上で利用することのできる「えらべる倶楽部」の優待価格がとてもお得
★他にも海外保険付帯しているおすすめのクレジットカードはあるが、海外旅行という点からは「JTB旅カードJMB」一番バランスが良い

年会費2,000円+税で海外旅行保険が自動付帯していて、ポイントとマイルを同時に貯めることのできる「JTB旅カードJMB」はとてもコスパの良い旅行向けクレジットカードとなっています。
会員専用の付帯サービスも充実しています。
ただ、年会費は無料ではありません。
しかし、他の旅行保険付帯のクレジットカードと比較しても「JTB旅カードJMB」は、トータルバランスに優れています。

「JTB旅カードJMB」詳細情報

カード名 JTB旅カードJMB
申込み資格 18歳以上であり、学生ではないこと
提携カード JCB
利用可能額 10万円~100万円
審査・発行期間 web 最短2週間
郵送 最短3週間
入会金 無料
年会費 2,000円+税
支払い方式 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
分割払い(年率) 15.00%
リボ払い(年率) 15.00%
キャッシング(年率) 18.00%
遅延損害金(年率) 6.00%〜14.60%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
金融機関名 株式会社ジェーシービー
住所・所在地 東京都港区南青山5-1-22
青山ライズスクエア
電話番号 0120-800-920
貸金業登録番号 関東財務局長(12)第00183号


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。