JCB CARD Bizプラチナ徹底解説!多くの人は「ゴールド」で十分かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JCB CARD Bizプラチナ徹底解説!多くの人は「ゴールド」で十分かも?

「接待や会食に使うお店を提案してくれる、コンシェルジュサービス付きのビジネスカードが欲しい。
大手JCBのプラチナカードであれば、大事な席の予約も任せられそうだけれど…?」

2020年2月17日に発行開始の、新しいビジネスカード「JCB CARD Biz」
中でもプラチナカードは3グレード中最高位であり、コンシェルジュサービスはじめとする機能面の充実が特徴です。

……が、単に「コンシェルジュ」はじめとするプラチナカードならではの特典を重視する場合、他社ライバルカードの存在はどうしても気になるところ。

そこで今回は「JCB CARD Bizプラチナ」と、ライバルとなる他社プラチナビジネスカードを比較。それぞれのメリット・デメリットをまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたが作るべきカードが分かります。
JCB CARD Biz プラチナ

注意!

JCB CARD Bizシリーズは「従業員カード」の発行に対応していません。
従業員カードを必要とする場合には、「JCB法人カード」をお選びください。

「JCB CARD Biz プラチナ」基本情報&他社カードと比べたメリット・デメリット


それでは早速、「JCB CARD Bizプラチナ」の特性について見ていきましょう。

①JCB CARD Bizプラチナの基本情報

「JCB CARD Bizプラチナ」の基本スペックは以下の通りです。
JCB CARD Biz プラチナ

▲▼JCB CARD Biz プラチナ
年会費(税込) 実質還元率
33,000円
※初年度無料
従業員カード、家族カード発行不可
0.5%相当
還元ポイント 付与方法
Oki Dokiポイント 利用額1000円につき5円相当の1ポイント付与
ポイントの使い道 国際ブランド
他社ポイントへの交換
各商品との交換など
詳細公式HP
JCB
付帯保険 ETCカード
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
航空機遅延補償
1枚のみ発行可
(年会費、手数料無料)
電子マネー 支払日
Apple Pay
Google Pay
毎月15日締め
翌10日払い
申込条件
法人代表者または個人事業主
※カード使用者は25歳以上の方が対象
支払い用口座
法人口座、屋号付き口座、個人口座のいずれか
下位カードと比べた利点
利用枠150万円~
コンシェルジュサービス
►プライオリティ・パスのプレステージ会員資格付帯により、海外空港ラウンジ無料
►個人向けプラチナカードよりマットな質感
►グルメ優待などのプラチナ会員限定特典
JCB CARD Bizシリーズ共通の利点
►freee、「弥生」シリーズ、ソリマチ(会計王/みんなの青色申告)と提携、明細の移行により確定申告などの手間を減らせる
 ┗ただしこれは各個人カードでも可能
入会の流れは個人カードと同一、申込みはネットで完了
►年会費は経費として申告可
アスクル、じゃらん優待などの法人向けサービス
►利用明細は紙(無料)、またはPDFで受取可
►年1,100円で「プラスEX(東海道新幹線の割引優待)」サービス利用可
昭和シェル石油、セブンイレブン等でのポイント優遇
その他優待店での割引あり

3万3000円(税込)という年会費は、セゾン・MUFG以上、三井住友カード未満という立ち位置。
「JCB」という発行元が与えてくれる安心感やステータス性を踏まえて考えると、プラチナカードにしては安い方と言って差し支えないかと思います。

②ゴールドと比べた利点は主に「コンシェルジュ付帯」「海外空港ラウンジ無料」

「JCB CARD Biz」は3グレード展開。
ただしこの中において他社ビジネスカードと差別化しやすいのは、年会費のわりに付帯保険が充実しているゴールドカード(年1.1万円)です。

最上位となるプラチナカードにおける、ゴールドカードと比べた利点は、

  • コンシェルジュサービスの付帯
  • 海外空港ラウンジを無料で利用できる
    (ゴールドも利用可だが都度32US$発生)
  • 利用上限額が高い
    (ゴールドは最高250万円)
  • グルメ優待などのプラチナ会員限定特典

と言ったところ。

その一方で、もしも

  • 上記の利点に特に魅力を感じない
  • コンシェルジュサービスの付いた個人用カードをすでに持っている

といった場合には、申込み先はゴールドカード(ともすれば一般カード)で十分かもしれません。

あわせて読みたい
【JCB CARD Bizゴールド】ライバルカードと比べたメリット・デメリットを徹底解説!
JCB CARD Biz徹底解説!弥生、freee連携は申込理由にならないって本当?

ちなみにプラチナカードの付帯保険内容は、一部の上限額除きゴールドと大差ありません
これはプラチナカードの付帯保険が乏しいというよりは、ゴールドカードが優秀過ぎるためです。
よって保険の充実は、ほとんどの場合で「プラチナ」選択の理由にはなりません。

JCBの各付帯保険について詳しく見る(クリック/タップで開きます)
一般 Gold Plat
海外/傷害死亡 3000 5000
+5000
(1000)
10000
(1000)
海外/治療費 100 300
(200)
1000
(200)
海外/賠償責任 2000 10000
(2000)
海外/携行品 20 50
(50)
100
(50)
海外/救援費用 100 400
(200)
1000
(200)
国内/傷害死亡 3000 5000 10000
国内/入院日額 0.5
国内/手術費 5~20
国内/通院費 0.2
航空機
乗継遅延
2
航空機
出航遅延
2
航空機
手荷物遅延
2
航空機
手荷物紛失
4
ショッピング
(海外)
100 500
ショッピング
(国内)
500
※各上限額を単位:万円として記載
(3000→3000万円、10000→1億円)
※表中(かっこ内)の数字は家族特約
※赤字は利用付帯(事前決済を条件に付帯)
※より詳しい内容については公式HPをご覧ください。

③ただし機能的なプラチナビジネスカードにはライバルも多い……。

さて、プラチナカードに申し込むべきは「プラチナ」独自の利点に魅力を感じた方、というのは今お話しした通りですが……。

実は「プラチナ独自の利点」は他社プラチナカードとも共通する内容。こういった事情から、ライバルカードの存在はどうしても意識せざるを得ないでしょう。

ここでは簡単に、各ビジネスプラチナカードを比較させて頂きます。

★特に記載のない限り、

  • コンシェルジュサービス付帯
  • 海外/国内空港ラウンジ無料
  • 海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険、航空機遅延補償付帯
  • 指定店でのグルメ優待あり
  • 弥生シリーズ、freee、ソリマチ製品(会計王/みんなの青色申告)との連携可

となります。

JCB CARD Biz(プラチナ)
JCB CARD Biz プラチナ 年33,000円
還元率0.5%
JCB
►マットな質感が珍しい
►旅行保険に18歳以下の子供を対象とした家族特約が付く
►国際線利用時の手荷物配送サービスは限定的
詳細公式HP
アスクル、じゃらん優待など
►JCBブランドなので海外では利用しづらい
MUFG CARD Platinum Business
American Express Card
MUFG CARD Platinum Business American Express Card 年22,000円
還元率0.4%
American Express
国際線利用時の手荷物無料配送(往路・帰路それぞれ1個ずつ)
►犯罪被害傷害保険(最高1000万円)
►西濃運輸優待などのビジネスAmex特典
詳細PDF
►一流ホテル優待などのプラチナAmex特典
詳細公式HP
►Amexブランドなのでやや利用できるお店が限られる。また海外での事務手数料が他ブランドより高い(2%)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 年22,000円
マイル還元率1%
(JAL、SAISON MILE CLUB選択時)
American Express
►西濃運輸優待などのビジネスAmex特典
詳細PDF
►一流ホテル優待などのプラチナAmex特典
詳細公式HP
その他のセゾンカード優待
►Amexブランドなのでやや利用できるお店が限られる。また海外での事務手数料が他ブランドより高い(2%)
ダイナースクラブビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード 年29,700円
還元率0.3%相当
Diners Club
コンシェルジュ、航空機遅延補償なし
►国際線利用時の手荷物無料配送、ただし帰路のみ
►ゴルファー保険
空港、トラベル関連の特典が多い
►限度額の一律の制限なし
►実はJCB加盟店でも決済可。ダイナースブランドの提示がなくても使えることは多い
►海外事務手数料が安い(1.3%)が、加盟店数はVISA、Masterに比べ少ない。欧州などでの利用は難しい模様
三井住友ビジネスカード for Owners
プラチナカード
三井住友ビジネスカード for Owners
プラチナカード 年55,000円
還元率0.5%相当
VISAまたはMastercard
国際線利用時の手荷物無料配送
(往路・帰路それぞれ2個ずつ/Mastercardブランドのみ
海外空港ラウンジサービスは選択制
詳細公式HP
►VISAまたはMastercardブランドなので国内外で利用しやすい
►大手コンビニ等でポイント5倍
じゃらん優待、出張手配などのビジネスカード限定特典

年会費が高いわりに、独自の利点も個人カードで代替しやすい三井住友カード、提供サービスが大きく異なるダイナースクラブカードは置いておくとして……。

やはり気になるのは

  • JCBプラチナより年会費が1.1万円安い
  • コンシェルジュサービス付き
  • 空港ラウンジサービスを無料で使える

といった特性を持つ、MUFGやセゾンのプラチナカード。

「JCB Bizゴールドではなく、JCB Bizプラチナを選ぶべき理由が、他社プラチナカードの利点と被る」というのはやはり痛いところと言わざるを得ません。

単純にプラチナカードならではのサービスに期待しているのなら、MUFGやセゾンのカードを選んでも差し支えないかと思います。

★JCBの場合、プラチナ会員でなければ適用されない「ビジネス関連」の特典はありません。このことから一番落ち着きやすいのは「個人用のカードを他社プラチナカードにして、ビジネスカードはゴールドにする」という形のように思えます。

個人プラチナカードは法人プラチナカードに比べ数も多いことから、選択肢も広がることでしょう。

CHECK2.ただし個人カードとの兼ね合いを考えると、結局「ゴールド」で十分かも…

④基本的には「国内利用想定」かつ「JCBであることを重視したい」場合におすすめ

どうしても他社プラチナカードとの差別化に悩まされやすい「JCB CARD Bizプラチナ」。

そんな中、このカードへの申込みの決定打となるのは、

  • 大手「JCB」発行の安心感やステータス性
  • (珍しい、マットな質感の券面デザイン含む)

  • 日本国内で使う分であれば、Amexブランドより加盟店が多いこと

といった、カードスペック以外の部分となるでしょう。

基本的に、「JCB CARD Bizプラチナ」は

といった場合におすすめのプラチナカードとなります。

★逆にカードスペック(コストパフォーマンス、還元率等)を重視したいのなら、マイル還元率1%を達成しているセゾン・アメックス等の選択が推奨されます。

また、特にビジネス用の特典を利用するつもりが無ければ、各個人カードをビジネス用に使うのもありでしょう。

★ちなみに国産カードの中でトップクラスのステータス性を誇る「JCB THE CLASS」(完全招待制)は、ビジネスカード扱いである「JCB CARD Biz」とは別系統。
「JCB CARD Biz」系列で実績を積んでも、THE CLASSのインビテーションを受けることはできません

「海外利用に弱い」というデメリットは相性の良い個人カードで補完したい

JCBカードの機能面でのデメリットは

  • 海外決済に弱い
  • 国際線利用時の手荷物配送サービスが限定的
  • といった分かりやすいもの。
    このあたりを補ってくれる個人カードは、非常に相性が良いと言えます。

    JCBの欠点を補完してくれるカード例
    Orico Card THE WORLD
    年9,982円
    (家族無料)
    還元率1.0%
    Mastercard
    ►iD、QUICPay付帯
    国際線手荷物無料宅配(1個まで)
    TRUST CLUB ワールドカード
    年13,200円
    (家族無料)
    還元率0.75%
    年収400万円~
    Mastercard
    国際線手荷物無料宅配(2個まで)
    キャンセル保険
    ►グルメ優待
    ►海外空港ラウンジサービス
    (入場料は有料/32US$、ただしJCB Bizプラチナがあれば気にしなくてよい)

    単に「海外で決済する」ことだけを目的とするのなら、無料のVISAまたはMastercardブランドのクレジットカードでも差し支えありませんが……。

    スーツケース持ち歩きのための徒労を考えると、やはり手荷物無料宅配サービスの付帯は嬉しいところです。

    ただし個人カードとの兼ね合いを考えると、結局「ゴールド」で十分かも…


    申込み先にゴールドカードではなく「プラチナ」カードを選ぶ意味は、先述の通りコンシェルジュはじめとする「プラチナカード限定の特典」にあります。

    が、よく考えれば「プラチナカード限定の特典」を利用する上で、何もビジネスカードをプラチナランクにする必要はありません

    個々の決済事情にもよりますが、あなたが普段プライベートで使うためのカードを「プラチナ」ランクにした場合でも、コンシェルジュ等のサービスは問題なく利用できるわけですね。
    (もちろん仕訳等はやや面倒になるかもしれませんが)

    こういった事情、そして他社カードとの差別化を考えても、JCB CARD Biz系列でおすすめしやすいのは、やはり「ゴールド」カードなように思います。

    少なくともクレジットカードの利用頻度が「私用>事業用」であれば、「私用のカードをプラチナにして、事業用カードはゴールドに留める」のがコストパフォーマンス的にも一番優秀と言えるでしょう。

    JCBゴールドと相性の良いカード
    ジャックスカードプラチナ
    年22,000円
    基本還元率1.5%
    Mastercard
    ►コンシェルジュ付
    ►国際線往路・復路にて手荷物配送各2個無料
    ►所定レストランのコース1名無料
    海外空港ラウンジ無料は年6回まで
    このカード+JCB Bizゴールドの年会費
    =JCB Bizプラチナの年会費
    ダイナースクラブ・カード
    年24,200円
    基本還元率0.3%
    Diners Club
    ►コンシェルジュは付かない
    ►海外空港ラウンジは利用可
    ►国際線帰路のみ手荷物配送1個無料
    ►海外事務手数料が安い (1.3%)
    ANAダイナースカード
    年29,700円
    マイル還元率1%
    (ANA)
    Diners Club
    ►コンシェルジュは付かない
    ►海外空港ラウンジは利用可
    ANA関連の優待、ボーナスマイル付与等
    ►コンシェルジュは付かないが、ステータス性と高還元の両立で優先度高い
    ►国際線帰路のみ手荷物配送1個無料
    ►海外事務手数料が安い (1.3%)
    JALプラチナカード
    年34,100円
    マイル還元率1%
    (JAL)
    JCB
    American Express
    ►コンシェルジュ付
    ►海外空港ラウンジサービス
    JAL関連の優待、ボーナスマイル付与等
    ►国際線往路・復路にて手荷物配送各1個無料(※Amexブランドのみ)

    JCB CARD Bizプラチナの年会費は年3.3万円。
    同じ年会費を支払うのであれば、「JCB CARD ゴールド(1.1万円)+ジャックスプラチナ(2.2万円)」の併用の方が、できることは多そうです。

    その他もう少し年会費をプラスして、ダイナース系列などへの申込みを検討するのもありでしょう。

    ★もちろん個人カード、ビジネスカードの両方をプラチナランクにしても構いませんが、コンシェルジュサービスや海外空港ラウンジサービスといった特典が重複し、無駄になることが多いためおすすめはしかねます。

    あわせて読みたい
    【JCB CARD Bizゴールド】ライバルカードと比べたメリット・デメリットを徹底解説!

    まとめ


    • 「JCB CARD Biz」の最上位はプラチナカード。
      ただしゴールドカードと比べた「プラチナならではの特典」は他社とも共通するもので、差別化は難しいと言わざるを得ない
    • 複数のライバルカードと優秀な個人向け上位カード、そして優秀な「JCB CARD Bizゴールド」の存在を考えると、コスパ的に優秀なのは「個人カードをプラチナ等にする+ビジネスカードはゴールドに留める」という方法か
    他社、そして同社の優秀なビジネスカードの存在を考えると、「どうしてもJCB CARD Bizプラチナでなくてはならない」方は少ないでしょう。

    もちろんプラチナカードに年会費相応の魅力を感じたならば、そのまま申し込みを進めてしまって構いません。
    が、同時に使っていくであろう個人カードのことを考えると、「ビジネスカードはゴールドに留め、差額の年会費2.2万円で出来ることを探す」方が有意義なように思えます。

    JCB CARD Bizプラチナの基本情報

    カード名 JCB CARD Bizプラチナ
    申込み資格 法人代表者または個人事業主
    ※カード使用者は25歳以上の方が対象
    利用可能額 利用枠150万円~
    審査時間 最短即日
    到着までの目安 2週間程度
    入会金 無料
    年会費 33,000円
    支払日 毎月15日締め
    翌10日払い
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 なし
    (ネット上での口座登録時)
    金融機関名 株式会社ジェーシービー
    住所・所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
    電話番号 0120-668-500
    貸金業登録番号 関東財務局長(12)第00183号

    JCB CARD Biz プラチナ

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。