JCB CARD Biz徹底解説!弥生、freee連携は申込理由にならないって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JCB CARD Biz徹底解説!弥生、freee連携は申込理由にならないって本当?
「面倒な確定申告を何とかしたい。
弥生と連携しているらしいJCBのビジネス用カードなら、明細入力の手間が省けそうだけれど…?」

そんな個人事業主、または法人代表者のあなたにとって、重要な申込先候補の一つとなるのが「JCB CARD Biz」
2020年2月17日に発行開始のこの新しいカードは、従来のJCBのビジネス用カードと異なり原則必要書類なし。個人カードと変わらない手間で獲得可能となっています。

……が、大手発行のプロパーカードらしくコストパフォーマンスの面ではイマイチと言わざるを得ないかも。
と言うのも、ウリの一つである「弥生」や「freee」との連携は個人用の楽天カードでさえ可能なんですね。

今回はそんな「JCB CARD Biz」について、公式HPに載っていないメリット・デメリットを、実際の「弥生」ユーザー視点からまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合ったビジネス用カードが分かります。

注意!

JCB CARD Bizは「従業員カード」の発行に対応していません
これを必要とする場合には、「JCB法人カード」をお選びください。

JCB CARD Biz
ETCカード券面
年会費1,375円※※ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
※初年度無料 ※従業員カード、家族カード発行不可
  • 公私の利用を明確化して、スムーズな資金管理を実現
  • 複数の支払いを一本化、手数料削減
  • 会計処理業務を大幅に効率化
  • 出張や移動をサポートする法人専用のおトクなサービスが充実

法人代表者・個人事業主向け「JCB CARD Biz」の基本情報とメリット・デメリット

法人代表者・個人事業主向け「JCB CARD Biz」の基本情報とメリット・デメリット

それでは早速、「JCB CARD Biz」とはどういったクレジットカードなのか見ていきましょう。

①「JCB CARD Biz」の基本情報

「JCB CARD Biz」の基本情報は以下の通りです。

JCB CARD Biz

▲▼JCB CARD Biz(一般)
年会費(税込)実質還元率
1,375円
※初年度無料
従業員カード、家族カード発行不可
0.5%相当
還元ポイント付与方法
Oki Dokiポイント利用額1000円につき5円相当の1ポイント付与
ポイントの使い道国際ブランド
他社ポイントへの交換
各商品との交換など
詳細公式HP
JCB
付帯保険ETCカード
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険は海外利用分のみ
1枚のみ発行可
(年会費、手数料無料)
電子マネー支払日
QUICPay
Apple Pay
Google Pay
公式サイトをご覧ください
申込条件
法人代表者または個人事業主
※カード使用者は20歳以上の方が対象
支払い用口座
法人口座、屋号付き口座、個人口座のいずれか
その他

「JCB法人カード」とは異なり、こちらは法人経営者、あるいは個人事業主といった「個人」に発行されるビジネス用カードとなります。

会社の経費管理、というよりは「個人の確定申告のために、私用のカードと事業用のカードを分けたい」という場合向きと言えるでしょう。

発行対象が個人ということから、発行手続き等は法人カードに比べ簡単。インターネット上での口座登録が可能なら、特に必要書類もありません

②事業者にとって嬉しいのは「弥生」や「freee」との連携、しかし……。

さて、おそらくあなたが「JCB CARD Biz」の取得を検討している第一の理由は、

  • 「弥生」シリーズ
  • freee
  • 「会計王」シリーズ
  • みんなの青色申告

といった会計サービスとのデータ連携にあるのではないでしょうか。
実際、各サービスとクレジットカードを連携させると、面倒な経費入力の手間を大幅に削減できます。

……が、実はこれに対応しているのはJCBのビジネスカードに限ったことではありません。
それどころか無料のもの含む他社の個人または法人カードを使っても全く同じことが可能です。

実際に私も「やよいの青色申告(クラウド版)」を使っているのですが、試しにサブで使っている「楽天カード(個人/無料)」を連携させてみたところ何の問題もありませんでした

実際に「弥生の青色申告」でデータ連携を行ってみた結果(楽天カード)

▲実際に「弥生の青色申告」でデータ連携を行ってみた結果(楽天カード)
よって「会計ソフトとの連携が可能」という点を、「JCB CARD Biz」の独自のメリットと言うことはできません

「私用のカードと事業用のカードを分ける」ことだけを目的とするなら、それこそ無料の楽天カードを使っても何の問題もないわけです。

各会計ソフトの提携クレジットカード(クリック/タップで開閉)
弥生シリーズ
  • JCB
  • MUFGカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • オリコカード
  • セゾンカード
  • ダイナースクラブ
  • ライフカード
  • 楽天カード
  • 三井住友カード
  • au Walletクレジットカード
  • CFカード
  • DCカード
  • dカード
  • JFRカード
  • NTTグループカード
  • OMCカード
  • TS CUBICカード
  • UCSカード
  • UCカード
  • VIEWカード
  • Yahoo!JAPANカード
  • アプラスカード
  • イオンカード
  • エポスカード
  • エムアイカードプラス
  • ゴールドポイントカード・プラス
  • ジャックスカード
  • スーパーICカード
  • セブンカード(VISA)
  • ポケットカード
  • りそなカード
  • 高島屋カード
  • 三井住友トラストクラブ
  • 出光カード
  • 東急カード
  • その他銀行提携カード等
freee
ログインして確認とのこと
ただし「dカード」「p-oneカード」は未対応
(その他のカードはほぼ使えると見て良いか)
ソリマチ(会計王、みんなの青色申告)
  • DCカード
  • JCB
  • MUFGカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカード
  • CFカード
  • dカード
  • JAカード
  • NICOSカード
  • OMCカード
  • SBIカード(Mastercard)
  • TS CUBICカード
  • UCSカード
  • UCカード
  • VIEWカード
  • Yahoo!JAPANカード
  • アプラスカード
  • イオンカード
  • エポスカード
  • オリコカード
  • ゴールドポイントカード・プラス
  • ジャックスカード
  • スーパーICカード
  • セゾンカード
  • セゾンカードローン
  • セブンカード(VISA)
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • りそなカード
  • 三井住友トラストカード
  • 三井住友トラストクラブ
  • 三重銀VISAカード
  • 出光カード
  • 東急カード
☆:個人カード、法人カードともに連携可
他は個人カードのみ連携可

③他社との差別化点は「JCB発行であること」「ビジネスカード限定特典」

さて、そうなると気になるのが「JCB CARD Biz」ならではの利点ですが……。

第一に挙げられる他社との差別化点は、「JCB社発行のカードであること」そのもの。
大手「JCB」のサポート体制は、高還元に特化した流通系カードに比べ優秀であることは間違いありません。
また「JCB CARD Biz」のカードフェイスは「いわゆるJCB」といったものではありませんが、シンプルゆえ場所を選ばず利用しやすいと言って良いでしょう。

一般カードということでステータス性がある…とまでは言えないかもしれませんが、少なくとも「JCB CARD Biz」を人前で使うことに躊躇することは無いかと思います。

また、各会計ソフトとの連携に対応している「個人カード」の数に対し、「法人カード(ビジネスカード)」は貴重となります。
(これは単に、法人カードを発行しているカード会社が少ないという話でもあるのですが)

以下のような「ビジネスカード限定特典」に魅力を感じたなら、これを理由に申込みを決めるのも良いでしょう。

JCBのビジネスカード限定特典

  • JCB.ANA@desk
    (ANAの出張手配システム)
  • JCB de JAL ONLINE
    (JALの出張手配システム)
  • じゃらんコーポレートサービス優待
  • アスクル優待
  • freee「法人ベーシックプラン」「個人スタンダードプラン」初年度年会費15%オフ
  • 福利厚生倶楽部

CHECKJCB公式HP「法人会員向けサービス一覧」

★一方で、

  • 個人で事業を行っており、特にビジネス関係の特典を利用する機会がなさそう
  • 年会費の安さや高還元を重視したい

といった場合であれば、各個人カードを事業用に用いた方が良いでしょう。

CHECK【初心者向け】クレジットカード、基本のポイント制度と高還元&優秀カード5選
※dカードはfreee連携未対応のため注意

④優秀なゴールドカードの取得を狙って申し込むのもアリ

「JCB CARD Biz」は3グレード展開。今回お話ししている一般カードは、その中でも最も年会費の安いものとなります。

  • 大手「JCB」社発行
  • 場所を問わず使えるデザイン
  • ビジネスカード限定特典

を理由に申込み先を選ぶのであれば、この「一般」カードで何の問題もありませんが……。
JCBは上位カードの優秀さに定評があるため、こちらを意識しておいて損はないはず。

今すぐに上位カードを作るのはちょっと…という場合であっても、将来的にゴールドカード(またはプラチナカード)を作りたい、という場合には「JCB CARD Biz(一般)」の利用実績が助けになってくれることでしょう。

ちなみに3グレードの中で、他社と差別化しやすいのは付帯保険等に優れた「ゴールド」カードとなります。

同系列の上位カード
JCB CARD Biz(ゴールド)
JCB CARD Biz GOLD年11,000円
※初年度無料
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
航空機遅延補償
┗手荷物紛失含む
    一般カードの機能に加え、

JCB CARD Biz(プラチナ)
JCB CARD Biz プラチナ年33,000円
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
航空機遅延補償
┗手荷物紛失含む
    ゴールドカードの機能に加え、

グレードごとの付帯保険比較(クリック/タップで開きます)
一般GoldPlat
海外/傷害死亡30005000
+5000
(1000)
10000
(1000)
海外/治療費100300
(200)
1000
(200)
海外/賠償責任200010000
(2000)
海外/携行品2050
(50)
100
(50)
海外/救援費用100400
(200)
1000
(200)
国内/傷害死亡3000500010000
国内/入院日額1日につき0.5
国内/手術費入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)
国内/通院費0.2
航空機
乗継遅延
2
航空機
出航遅延
2
航空機
手荷物遅延
2
航空機
手荷物紛失
4
ショッピング
(海外)
100500
ショッピング
(国内)
500
※各上限額を単位:万円として記載
(3000→3000万円、10000→1億円)
※表中(かっこ内)の数字は家族特約
※赤字は利用付帯(事前決済を条件に付帯)
※より詳しい内容については公式HPをご覧ください。
ここまでの内容をまとめると、「JCB CARD Biz(一般)」へ申込むべきは

といった条件に当てはまる方となります。

参考【JCB CARD Bizゴールド】ライバルカードと比べたメリット・デメリットを徹底解説!

参考JCB CARD Bizプラチナ徹底解説!多くの人は「ゴールド」で十分かも?

⑤ライバル他社ビジネスカードとの比較

「大手カード会社発行、かつ場所を問わず利用できるビジネス向けカード」である「JCB CARD Biz」
ですが、実のところ似たようなメリットを持つカードは他にも存在します。簡単に紹介させて頂きましょう。

各ビジネスカードの比較
三井住友カード for owners
三井住友ビジネスクラシックfor Owners年1,375円
※従業員カードは年440円/枚
VISA,Mastercard
海外旅行保険のみ
セゾンコバルト・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス®・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード年1,100円
※従業員カード無料
American Express
旅行保険なし

基本的なサービス内容と特典、上位カードの優秀さを考えるとやはり「JCB CARD Biz」が優勢になるとは思いますが、

  • 海外での利用を想定したい
  • 少しでも年会費を抑えたい
  • 将来的にコンシェルジュ付のプラチナカードが欲しい

といった場合には他社カードへの申込みも視野に入ります。

その他、各社の特典のうち利用機会の多そうなものを提供しているカードを選ぶのもありでしょう。

以下、各項目別の比較結果をピックアップさせて頂きましたので、こちらも参考にしてみてください。

機能ごとの比較
年会費セゾン・アメックスがやや安い(1,100円)
国際ブランド国内なら
他ブランド>Amex
海外なら
VISA,Mastercard>Amex>JCB
の順で加盟店が多いか
(海外は地域にもよる)
還元率どれも0.5%程度
データ連携すべて弥生、freee、ソリマチ提携
三井住友のみ「鑑定奉行21」も利用可
付帯保険国内旅行保険が付くのはJCBのみ※1
新幹線優待JCB、三井住友のみ「プラスEX(東海道新幹線の割引優待)」利用可(年1,100円)※2
紙の明細書JCB、セゾンは無料
三井住友は2020年9月~有料化
上位カード
  • 年会費に対する付帯保険に優れるのはJCBゴールド
  • 安価(2.2万円)にプラチナカードを作れるのはセゾン
※1 ゴールドカードの場合は圧倒的にJCB優勢
※2 別途「JR東海EXカード」を作ればセゾンも利用可ではある(必要価格は同じ)

「JCB CARD Biz」申込み~受け取りまでの流れ

「JCB CARD Biz」申込み~受け取りまでの流れ

「JCB CARD Biz」申込み~受け取りまでの流れは以下の通りです。

「JCB CARD Biz」入会の流れ

インターネットから申し込み
任意で口座登録
ここで済ませておくと後の手続きがスムーズ
審査
審査結果メール
(即日~数日程度)
口座登録が済んでいるなら
簡易書留でカード受取
(ここまで2週間程度)

「JCB CARD Biz」の発行対象はあくまで「個人」ですから、入会の流れも個人カードと変わりありません。法人代表者が申し込む場合であっても、法人の本人確認書類などは不要です。

また、入会後にインターネット上で支払い用口座の設定を済ませておけば、面倒な本人確認の手続き(後述)は不要に。
スムーズなカード受取のためにも、キャッシュカード等を用意した上で申込み手続きに入りたいところです。

★インターネット上で口座登録を行わない場合に必要となる、本人確認・口座登録の手続きは下記の2つです。

  • 本人確認書類のアップロードまたは本人限定受取郵便
  • 紙の口座振替依頼書の記入と返送

これについて詳しくはJCB公式HPをご覧ください。

まとめ

まとめ

ポイント
  • 「JCB CARD Biz」はJCB社の発行する法人代表者・個人事業主向けカード。
    各会計サービスとの連携は独自のメリットとは言えないが、

    • 大手発行の安心感
    • 場所を選ばず使えるデザイン
    • ビジネスカードならではの特典群
    • 優秀な上位カードの存在

    と、申込みのメリットは多い

  • 発行対象は「ビジネスをしている個人」なので、カード発行の流れも個人カードと同様。面倒な法人関連書類が不要なのは嬉しいところ

「弥生」や「freee」「ソリマチ」との提携は独自のメリットと言い難いものの、これにJCBならではの利点が加わると考えれば、申込みの理由は十分でしょう。

「場所を選ばず使えるビジネス用カード」という意味では最も無難、あるいは鉄板のカードの一つと言って良いかと思います。

CHECKJCB CARD BizとJCB法人カードは「従業員カードが必要か」で選んでOK
CHECK【JCB CARD Bizゴールド】ライバルカードと比べたメリット・デメリットを徹底解説!

JCB CARD Biz
ETCカード券面
年会費1,375円※※ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率0.5%
※初年度無料 ※従業員カード、家族カード発行不可
  • 公私の利用を明確化して、スムーズな資金管理を実現
  • 複数の支払いを一本化、手数料削減
  • 会計処理業務を大幅に効率化
  • 出張や移動をサポートする法人専用のおトクなサービスが充実

JCB CARD Bizの基本情報

カード名JCB CARD Biz
申込み資格法人代表者、または個人事業主
利用可能額個別設定
到着までの目安2週間前後
入会金無料
年会費1,375円(一般)
支払日公式サイトをご覧ください
担保不要
保証人不要
必要書類なし
(ネット上での口座登録時)
金融機関名株式会社ジェーシービー
住所・所在地東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
電話番号0120-668-500
貸金業登録番号関東財務局長(12)第00183号


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。